アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
星彩のレゾナンス
本土の南方に位置する織戸伏島。澄んだ海と緑豊かな自然に囲まれた観光地であるが、古くからの因習に縛られた離島でもあった。遥か昔、空から降ってきた大きな火の玉は、三日三晩、島の森を焼き、島民達も焼き尽くそうとした。漁に出た男たちのいない間、島を守る女たちは炎を鎮め、火の玉が再び暴れないように封をほどこしたと語り継がれる。現在でも、封印の過程は祭として行われており、少女が2人、一対の≪巫女≫に選ばれ、封印の儀式を行う。かつての巫女であった母親の消息を求め、高遠鼎という一人の少女が、巫女を選出するという学園――崎嘩女学園への転入届けを手に、織戸伏島へ辿り着く。明るみに出る島の秘密――祭事を司る松籟会という組織。祭が近づくにつれ、現れる異形のモノ≪穢れ≫と呼ばれる存在。巫女に選ばれるべく少女達は一対の存在として、切磋琢磨し、絆を深め合っていく。そして、二人の魂が共鳴する時、≪穢れ≫を祓う奇跡の力が宿る。少女達の恋と友情、そして魂を結ぶ絆の物語が――今、始まる。

古色迷宮輪舞曲
閑静な住宅街の一角に佇む喫茶店『紅茶館・童話の森』。絵本や童話、壁掛けオルゴールなどが並ぶアンティークな店内。紅茶の優しい香りと、俗世離れした女性店主が訪れる客を迎える。主人公・名波行人は不思議な既視感に誘われるまま、喫茶店でアルバイトを始めた…。その日、店に大きな木箱が届く。木箱に入っていたのは、大量のウサギのぬいぐるみ……そして、銀色の髪に紅い瞳をした不思議な少女だった。サキと名乗った少女は行人に伝える。『≪運命の輪≫が狂っていること』『一週間後、行人には≪死≫が約束されていること』『行人に近しい人間には≪不幸≫が訪れること』サキの言葉通り、行人を中心に次々と不幸が訪れる。半信半疑ながらも、行人は彼女を信じるようになっていく。『助かる方法は、狂った≪運命の輪≫を元に戻すこと』そんな彼らに残された日は、たった一週間。「あえて言わせてもらうならば…≪悲劇≫へようこそ、だ」

職員室
新学期――新しい学校、新しいクラス、新しい級友。学生たちだけでなく、教師にとっても環境が大きく変化するこの時期。俺、五代史郎も、新米教師のひとりとしてこの学園にやってきた。俺以外に今年新たにこの職員室に入るのは、同じく新米の安藤聡美と、有名進学校から転任してきたと言われる高城つばきの2人。これから新任の挨拶をして着任式も終了。俺たちは、晴れてこの職員室の一員になる――と思っていたのは、何も知らない俺たち3人だけだった。この職員室に存在する、もうひとつの《裏着任式》。どうやら「表」と「裏」の着任式を終えて、はじめて同僚から仲間として認められるようだった。だが…待ち受けていた《裏着任式》とは、凶暴な性欲をむき出しにした男たちの激しい悪意の固まりであり、同僚の女教師を弄び、奴隷として従属させるための、暗く陰湿な儀式だったのだ――。

その花びらにくちづけを ミカエルの乙女たち
聖ミカエル女子学園、1年雪組のクラス委員長“安曇璃紗(あづみりさ)”は、今日もクラスの問題児“綾瀬美夜(あやせみや)”と口論をしていた。生真面目で押しの強い璃紗と、なれ合いを嫌う美夜はとことん相性が悪く、いつも怒鳴り合い寸前の口論になることが多いのだった。そんなおり、季節はクリスマスを控え校内は浮かれ気分。カップル&にわかカップル達がイチャつく中、学生有志たちによる「ミカ女ベストカップル」の投票で沸き立つ校内。恋人の居ない璃紗は他人事と思っていたのだったが……なんと美夜とペアで選ばれてしまう!?もちろん恋人関係を否定する璃紗だったが、推薦したクラスメイト達は「いつも楽しげで幸せそう」と、良家のおっとりお嬢様的思考でニコニコするばかり。仕方なく「形だけ」と受ける二人だったが、この後のクリスマス&バレンタインデーの際にも、他のペア4組と共に、各種イベントの委員として矢面に立たねばならないらしい。しかも……その他4ペアというのが、実質上の学生会である「環境整備委員会」の委員長、“松原優菜”とその後輩の“織田七海”。売れっ子学生モデルの“北嶋紗良”とその従姉、“北嶋楓”。文化祭の歌姫、“川村玲緒”とその恋人、“沢口麻衣”。さらには「リリ・プラチナム」というファンクラブを持つ、留学生の“粢エリス”と、校内一の祐筆と名高い“霧島雫”……という、校内でも屈指の大物カップルばかり。この先のイベントを、大物カップル達に混じりこなせるのか?そしてクリスマスとバレンタインという恋人イベントを、美夜と一緒に過ごせるのか?

その花びらにくちづけを 天使のあこがれ
看護学院の一年生、りんごは、同郷で家族ぐるみの付き合いをしていた千秋の部屋に同居をする事に。千秋はりんごにとって憧れの人であり、千秋の様な立派なナースになる事が、人生の目標なのだった……が。いざ同居が始まった途端、予想以上に千秋が自身に無頓着で、それでいてスキンシップ好きな事を思い知らされるりんご。普段の女神様の様な千秋と、セクハラ三昧な千秋のギャップに、りんごは大混乱してしまい……!?

その花びらにくちづけを 天使たちの春恋
看護学院に入学した優乃は、クラスメイトにして同室の皐の世話焼きに燃えていた。皐は看護学院を主席入学した天才ではあるものの、空気を読まない性格や、生活能力が極端に低い……一種の変人だったのだ。それ以降、まるで出来た姉が生活能力の無い妹の世話をする様な関係に、優乃は充実した日々を送っていたのだが……「ボクは君に友情を超えた感情を持っている。いや、それは愛情と言っても差し支えない」そんな突然の皐の告白に、優乃は……

その花びらにくちづけを アトリエの恋人たち
あの賑やかだったベストカップルの行事も一段落…3年生の卒業式も無事終わり、璃紗はまったりした日々を送っていました。相変わらず授業をサボり続ける美夜に振り回されてはいたものの、今ではすっかりお熱い恋人同士、毎日が幸せでいっぱいです。今日も旧校舎の屋根裏部屋にある、二人だけの秘密のアトリエで一緒の時間を過ごすのが当たり前になってしまいましたが…生真面目な璃紗はこの部屋を私物化する事にちょっと罪悪感。ふと、美夜にここを見つけた経緯を聞くのですが、このアトリエには、璃紗の思いも寄らぬ、甘い甘いロマンスが隠されていて…

その花びらにくちづけを 天使たちの約束
看護学院に入学して以来、なにかと成美に口論をふっかけてくる晶。そんな毎日にすっかり馴れきってしまった成美は、今日も教室で晶との口論を愉しむ余裕すらも。ところが、その日はあまりに激しい晶の罵詈雑言に思わず「黙らないと、その口、封じるわよ!」「できるものなら、やってごらんなさいよっ!!」成美はその唇についキスをしてしまい……!?

その花びらにくちづけを 白雪の騎士
女子学生達が夏服に衣替えをする6月…2年生に進級した安曇璃紗(あづみりさ)は、1年生達がベストカップルの投票に沸き立っている、というウワサ話を聞きつける。璃紗自身もクラスメイト達の思い込みから、「綾瀬美夜(あやせみや)」とベストカップルに選ばれてしまい、当時こそ否定したものの、今ではすっかり相思相愛の恋人同士としてお熱い毎日を過ごしていた。そして、1年生のペアが選ばれることで、2&3年生のペアとの顔合わせが行われることに。自分たちの他には……「環境整備委員会」の委員長、松原優菜とその後輩の織田七海。従姉妹同士でアイドルでもある北嶋紗良と北嶋楓。文化祭の歌姫、川村玲緒とその恋人、沢口麻衣。1年生のカップルは、「究極の淑女」の呼び声も高い文武両道の才媛、白河沙雪(しらかわさゆき)、そして入学早々全国クラスの100m走記録を出してしまったという、篠崎六夏(しのざきりっか)。ところが…璃紗が彼女たちに挨拶をした途端、「リサ姉っ!」そう言って抱きついてくる六夏。互いのペアの目の前での熱い抱擁に、周囲の女学生達は黄色い悲鳴で大騒ぎに!?校内を揺るがすこのスキャンダル(?)に、璃紗と美夜、六夏と沙雪達は…どうなってしまうのだろうか!?

ママぷりっ!?DL版 典子&千代編
「やはり淳には、まだ母親が必要だ」突然発した父さんの一言が始まりだった…母さんはボクが小学校低学年の時に他界した。それから今日まで、うちは父子家庭。初めはあった寂しさも、慣れてしまえば生活の一部として受け入れることもできた。なんで今頃になって…とにかく父はボクの前に4人の女性を連れて来た。この中からボクの母親として最も相応しい女性と結婚すると言っている。そのために彼女たちとボクを一緒に生活させて「ママハハ偏差値」なる物をつけるらしい。でもボクとしては、母さん以外の母親なんてあり得ないわけで当然4人にはさっさとお帰り願わなくてはならない。彼女達の「ママハハ偏差値」を1点でも下げること。これを目標に、ボクとママハハ候補達の共同生活が始まった。

ママぷりっ!?DL版 和穂&はるか編
「やはり淳には、まだ母親が必要だ」突然発した父さんの一言が始まりだった…母さんはボクが小学校低学年の時に他界した。それから今日まで、うちは父子家庭。初めはあった寂しさも、慣れてしまえば生活の一部として受け入れることもできた。なんで今頃になって…とにかく父はボクの前に4人の女性を連れて来た。この中からボクの母親として最も相応しい女性と結婚すると言っている。そのために彼女たちとボクを一緒に生活させて「ママハハ偏差値」なる物をつけるらしい。でもボクとしては、母さん以外の母親なんてあり得ないわけで当然4人にはさっさとお帰り願わなくてはならない。彼女達の「ママハハ偏差値」を1点でも下げること。これを目標に、ボクとママハハ候補達の共同生活が始まった。

ちゅうちゅうナースDL版 玲霞と奏 編
交通事故でとある病院に入院することになった主人公。毎日熱心に世話してくれる優しい看護婦の七霞に好意を抱き、悶々と入院生活を送っていた。ある日の深夜、寝付けなかった主人公は、トイレに行くため病室を出る。ナースステーションの前を通りかかると、そこには七霞の姿が…。いつもと違ってどこか不自然な様子に近寄って見ると、なんと七霞は血液パックにストローを刺しておいしそうに血を飲んでいた!?そう、ここは吸血鬼が合法的に血液を得る為に設立された病院だったのだ!主人公に気付いた七霞は、秘密を守る為に彼を手にかけようとする。しかしまだ未熟な吸血鬼だった七霞は本来精神を乗っ取り、記憶を操作するはずだった主人公を、吸血鬼にしてしまったのだった。更にその未熟さ故、主人公は血や精気を求めるという吸血鬼としての本質は持っているものの、牙を持たず太陽の光に弱く体力も一般の人間以下のとても脆弱な吸血鬼になってしまっていた。七霞の父親である院長レスタトの調べで、主人公はゆっくりと本当の吸血鬼になるべく変化を続けていることが判明する。しかしその間は吸血鬼としての精力が暴走する危険性を秘めており、それを防止するには、体内に蓄積される精力を一定量放出しなければならなかった。精力の放出…その方法はモ・チ・ロ・ン えっち!人間に戻る方法も無いではないが、院長の妻で薬剤師の愛紗に薬を調合してもらわねばならない。完全に吸血鬼化するには一週間の時間を要し、薬の調合にも一週間かかる。その間、主人公は己の虚弱体質に恐怖しながら、何とか生き残らなければならない──。責任を感じる七霞や、主人公の主治医で七霞の姉の玲霞、隣の病室に入院する奏や幼なじみの真緒らの捨て身のえっち!…では無く、献身的な看護に守られて、主人公の生死をかけた一週間が始まろうとしていた。

ちゅうちゅうナースDL版 七霞と真緒 編
交通事故でとある病院に入院することになった主人公。毎日熱心に世話してくれる優しい看護婦の七霞に好意を抱き、悶々と入院生活を送っていた。ある日の深夜、寝付けなかった主人公は、トイレに行くため病室を出る。ナースステーションの前を通りかかると、そこには七霞の姿が…。いつもと違ってどこか不自然な様子に近寄って見ると、なんと七霞は血液パックにストローを刺しておいしそうに血を飲んでいた!?そう、ここは吸血鬼が合法的に血液を得る為に設立された病院だったのだ!主人公に気付いた七霞は、秘密を守る為に彼を手にかけようとする。しかしまだ未熟な吸血鬼だった七霞は本来精神を乗っ取り、記憶を操作するはずだった主人公を、吸血鬼にしてしまったのだった。更にその未熟さ故、主人公は血や精気を求めるという吸血鬼としての本質は持っているものの、牙を持たず太陽の光に弱く体力も一般の人間以下のとても脆弱な吸血鬼になってしまっていた。七霞の父親である院長レスタトの調べで、主人公はゆっくりと本当の吸血鬼になるべく変化を続けていることが判明する。しかしその間は吸血鬼としての精力が暴走する危険性を秘めており、それを防止するには、体内に蓄積される精力を一定量放出しなければならなかった。精力の放出…その方法はモ・チ・ロ・ン えっち!人間に戻る方法も無いではないが、院長の妻で薬剤師の愛紗に薬を調合してもらわねばならない。完全に吸血鬼化するには一週間の時間を要し、薬の調合にも一週間かかる。その間、主人公は己の虚弱体質に恐怖しながら、何とか生き残らなければならない──。責任を感じる七霞や、主人公の主治医で七霞の姉の玲霞、隣の病室に入院する奏や幼なじみの真緒らの捨て身のえっち!…では無く、献身的な看護に守られて、主人公の生死をかけた一週間が始まろうとしていた。

Black-Teacher-Core 〜ブラックティーチャーコア〜
全国でも有数のお嬢様校として知られている私立聖涼学園に、教育実習生として赴く事になった主人公。私立の一貫校として有名なその学園で男に対しての免疫もほとんどない少女たちが、どんな風に楽しませてくれるのか?それが元より教育者になりたいと言う確固たる意思を持たない彼がわざわざ実習に赴く理由だった。

ひしょ×ひしょ
茹だるような暑さで、毎日が 季節は夏──アルバイトで1週間の泊まり込みから帰宅した俺を待っていたの、予期せぬ客人だった。燕尾服を着た一人の老人とイカツイ黒スーツの男。「おはようございます大輔様」「……………おはようございます」表情の読めない老人。名刺を出す。「?…紫宮(しのみや)財閥ってあの有名な…」そこにはTVでも毎日のようにCMを見かける大企業と同じ名前があった。『執事』の話をかいつまんでみると、どうやら自分は「紫宮(しのみや)財閥」の総帥、柾綱の孫にあたるらしい。更には、このたびその柾綱の願いにより、財閥を継ぐ者を選抜、自分にはその資格があるから総帥になるレースに参加して欲しい。といった内容だった。「オ、オレが総帥!?」驚く俺に、「候補でございます」燕尾服の老人は落ち着き払ってそう述べると背後に停めた馬鹿でかい車に俺を誘った。 こうして俺は財閥の総帥を決める『総帥レース」に参加する事になる。パートナーとして協力してくれる秘書は 「献身」「忠実」「強気」と3タイプ。『秘書』…主をたて、それでいてただ従順なだけではなく、時には頼もしく仕事をサポートしてくれる才色兼備な憧れの存在。一生縁なんて無いと思っていた美人秘書が俺の目の前に!?彼女とアッチの面でもパートナーシップを結びたい!なんて考えてもいいだろう?

ぶらばん!〜The bonds of melody〜
とある田舎町でのおはなし――主人公が通っていた赤城山学園は、過疎による人口減少に伴い、廃校になってしまいました。そして、この春から通うことになった円山学園。元赤城山学園の生徒たちはそれぞれ新しい学園のクラブに受け入れられていきましたが、主人公の所属するブラスバンド部だけは、なぜか別々のままでした…それというのも、相手側の顧問が「レベルの低い人間は必要ない」と受け入れを拒否。でも、正式にブラスバンド部として認められるのはひとつだけ。審議の結果、学園が出した結論は――「1ヶ月後に学内コンテストを行い、投票数の多かったほうを正式なブラスバンド部とする」というものでした。相手はコンクール銀賞の強豪。そこへ、主人公の肩をたたく顧問の先生…「よろしくな。新部長!」かくして、波乱万丈のクラブ活動がはじまるのでした。

E×E DL版
火事が起こった。八坂総合病院で起こったその火事は、付近を巻き込むほどの大火災となって沢山の被害をもたらした。そこには、とある研究のために病院で働いていた伏見籐矢の母親、伏見鈴乃も含まれていた。………火事から10年、籐矢は人並みの幸せと不幸せを味わいなら、ごくごく普通に成長する。しかし、未だ彼の心には母親を失った事故の記憶が深く刻み込まれていた。燃え盛る炎と、何も出来ない子供の自分、そして母を失ったという過去。そんな悲しみを抱えながらも、妹の真姫奈と姉のような白峯沙耶と楽しく暮らしていた。そんなある日――いつもの日常を送る籐矢は見知った顔の女性を見かける。それはどう見ても伏見鈴乃にしか見えない女性だった。籐矢はどうしてもその女性のことが気になり、その姿を追いかける。そして対面した女性は、間違いなく自分の母親であった。その母と会話する籐矢だが、どこか、違和感を覚える。そんな籐矢に対して、鈴乃は笑いながら襲い掛かってきた。自分の母親に突然襲われ、抵抗することもままならずそのまま命の危機に晒される。そこに突如現れた日本刀を手にした女性が籐矢の命を救うが――死んだはずの母親が生きている理由、目的、その行動。そして、母親が関わっていたという研究……全てがわからぬまま困惑すると同時に、籐矢の胸の奥にはとある気持ちが湧き上がる。母さんが生きているなら……今ならまだ……――抱え込んだ悲しみと過去と対峙する伏見籐矢は、真実を求めて歩き出す。

夏空カナタ DL版
日本で唯一の常夏の島『塔弦島』沖縄と変わらない緯度にありながら一年を通して真夏に近い気温を保つ不思議な島である。何故そんな不思議が起こり得るのか?それは海底火山からくる海流の影響などと言われているが、どれも噂の域を出ず、真実を知る者はいない……。【−茅羽耶の章−】冬休みを利用し、島でペンションを経営する叔母のもとに訪れた『朝倉壮太』は、ペンションでアルバイトをしながら従妹の姉妹や、幼馴染の少年と楽しい日々を過ごしていく。そんな中、壮太は立ち寄った喫茶店で一人の少女と出会った。気さくで明るい『上坂茅羽耶』という少女。初対面ながらも楽しく会話を重ね、交流を持つうちに、それが運命であるかのように少年と少女は惹かれ合う。いつの間にか出会って数日とは思えないほど親密になった二人。そして、夕暮れの浜辺で導かれるようにキスを交わす。しかし、それは悲劇の始まりだった。翌日、壮太は茅羽耶と会うために喫茶店に向かう。そこで再会した上坂茅羽耶に昨日までと何ら変化はない。いつも通り魅力に満ちた少女であった。ただ一つ、朝倉壮太という少年の記憶を失っていること以外は――。塔弦島の“秘密”と少女たちの“秘密”二つの“秘密”が紡ぎ出す不思議な島の物語が今始まる。

少女連鎖 〜淫猥少女・年上青年連続絶頂責め〜
とある女の子の家庭教師として、屋敷に招かれる主人公。そこで主人公は無理やり拘束され、射精させられ、童貞を奪われる。肉体的に、そして精神的に女の子に責められ屈服する恥辱。なのにそこから湧き上がる、抗えない快感。徐々に主人公の中の、秘められたM性が開花していく。エッチシーンでの主人公は、常に受身の姿勢。エッチの主体を握るのは、女の子達です。ある時は女の子によって強制的に、ある時は女の子からの命令に従わされて。そしてそのどれもが、主人公が心の奥底で望んでいた事なのです。

少女連鎖2-童貞少年・快楽責め-
前作でまゆら達に調教を受けた青年・彰宏も、いまやすっかり屋敷の一員となったある日。屋敷の主・まゆらは、再び誰かを自らの元に招こうと決める。選ばれたのは、かつて彰宏が家庭教師を勤めていた少年・晴樹。支配者たる少女・まゆら、ふたなりのメイド・由梨江、M気質のペット・恵美、そして倒錯に堕ちた青年・彰宏。そんな屋敷の住人達によって、晴樹の幼い性に異常な体験が刻み込まれていく……。

Real痴漢電車
痴漢をすることで女性を絶頂へと導くことを覚えた主人公は、その行為を「癒し(ケア)」と名付けて日々電車に乗る。昨日「癒し」た少女がまた同じ時間、同じ車両に乗ってくる…。それはつまり、「癒し」を待っているということ!なら、それに応えるのが、自分に課せられた務めというものだ。

許嫁
平凡な学生生活を送っていた主人公。しび主人公の前に突然『許嫁』だと紹介され一人の少女が現れる。祖父によって勝手に決められた縁談・・・・そして、突然現れた許嫁の少女と過ごす日々。新たな生活を送る中、主人公はどんな未来を選ぶのか?このまま、許嫁を受け入れるのか?−−それとも!?

はじめてのおいしゃさん DL版
ゆうなちゃんとまいなちゃんは双子の女の子。医大を卒業し、引っ越してきたばかりの“おにいちゃん”の事が大、大、ダイスキになりました。そんな夏のある日、ゆうなちゃんとまいなちゃんは診察を受けにやってきました。“おにいちゃん”は色んな方法でふたりを診察してあげます。ちょっとえっちなイタズラをしながら……。

はじめてのおるすばん DL版
しおりちゃんとさおりちゃんは双子の女の子。ふたりともおとなりに住んでいる“おにいちゃん”が大好き。最近は、Hなことに興味津々。“おにいちゃん”にいろいろ教えてもらっています。そんなある日、しおりちゃんとさおりちゃんは“おにいちゃん”といっしょにおるすばんすることになりました。季節は夏。夏休み中なので、時間はたっぷりあります。さてさて、どんな楽しいおるすばんになるのでしょう?

いじめられっ子物語 〜いたいけな彼女〜
学生生活の最後の夏休み直前。突如、海外引っ越しを余儀なくされた拓巳。うわっつらだけの友だちとの退屈な学園生活になんの未練もない。そんなある日、クラスでいじめられっ子の七瀬ほのかに罰ゲームとして冗談で告白、付き合うことに。拓巳は、引っ越すまでの間のただの暇つぶしのつもりだった。しかし、一生懸命尽くすほのか。拓巳はそんなほのかを疎ましく思い始め、彼女にさまざまな命令をしていく。命令することでしか相手を信用できない拓巳と、命令されないと生きていけないほのか。心の傷から生まれる歪んだ愛情が暴走していく…。

女囚監獄〜葵、お嬢さま絶頂地獄編〜
殺人の罪で女子刑務所に収監されることになった主人公「朱鎖 葵」持ち前の正義感と潔癖症から班長の神流に逆らったために次々と襲いかかる屈辱の虐め。冤罪を主張する葵は真実を見つけることができるのか?数々の淫虐に耐えきれず、快楽に心を蹂躙されるのか?

オレの妹のエロさが有頂天でとどまる事を知らない
妹が最近エロくなってしまい困っている!少し前までは目を合わせれば舌打ち、口を開けば「死ね」と吐く可愛くない妹だった。そんなある日、主人公は交通事故に遭い、生死の境を彷徨うことに。暗闇の中、自分を呼ぶ声に目を開けるとそこには泣き顔の妹が。最初は夢かと思っていたけど、どうやら現実らしい。素直になれなかった妹が、事故をきっかけに素直に、そして自分の欲望をとどまることなくさらけ出していく。

快楽女装M少年 女子校生にいじられて
主人公は平凡で内気な男の子だったが、入学式の日、隣のクラスの実里に一目惚れをしてしまう。彼女を追って演劇部に入部するのだが、そこで部長の陶子に女装をさせられてしまう。ところが、女装した主人公は超美少女に変身する。

ママにおしおき〜ボクもう我慢できない〜
主人公、小山内圭太は全寮制の男子校に通う明るい男の子。半年前に父親が行方不明になって以来、団地で一人暮らしをする母親が心配でしょうがない。実は圭太は幼い頃から、母親の明子にそれ以上の感情をもっていたのだ。冬休みを機に久しぶりに帰宅する圭太。再会した今、圭太の抱える激しい欲望に火がつこうとしていた。

はじめてどうし
主人公「生方雄也」と義妹「はつみ」は仲の良い2つ違いの兄妹。しかし、雄也は幼い頃から無垢なはつみに妹以上の感情を持っていた。ZEROが贈る密着度抜群の初々しくもラブラブなH物語。処女と童貞の二人がどんどんHに?





〜 出会い系女性会員募集 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット