アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
プリンセスブレイブ
舞台は前作から一年過ぎたあとの世界。パーティーの帰りの本城家の面々。ビンゴの景品の麻雀牌をかき回す本城家。今夜もいつものように平凡な夜のはずでした。そこに不意に黒い霧。高らかな笑い声。霧の中からは邪な表情を浮かべる黒衣の理人が現れます。黒衣の理人は自らを理人の邪心と名乗り、不思議な力で聖たちの心をとりこんでしまいます。さらに理人本人もちっぽけな犬に変えられ、そのままポイと外に捨てられてしまいます。どうしていいのかも分からずに、とぼとぼと家の周りをうろうろしていたかわいそうな理人を謎の美少年が拾い上げます。少年の名はヒースクリフ。異国の退魔師ヒースクリフの力を借りながら再び自分の黒い影と立ち向かうことになる理人。しかし行く手に立ちはだかるのはなんと心を奪われた少女たち。彼女たちを元に戻すためにはゲームに勝利し、そして彼女たちを抱きしめてやる以外方法がないようです。さぁ、迷うヒマはありません。ゲームを始めましょう!

プリンセスブライド
部活中の家庭科室で、5人の少女からいっぺんにプロポーズを受けてしまった主人公・理人。少女たちはそのまま押しかけ妻として主人公の家で同居し始めてしまいます。主人公だけが戸惑いのまま続く新婚生活?!通学路で、教室で、台所で、部屋で…彼女たちによる主人公のキモチの争奪戦が繰り広げられます。もちろん夜…だって、新妻の大事なおつとめ!少女たちは主人公争奪戦の淑女協定としてカードを作ります。各自が決められた枚数を持ち、主人公に抱いてほしいときそのカードを差し出します。カードを受け取って、気持ちを受け止めるかどうかは主人公次第…そしてカードを一番最初に使い切った少女が晴れて王子様の心を射止めるというルール。一つ屋根の下、いつ差し出されるか判らない、少女の気持ちのめいっぱい詰まったプリンセスカード…あなたは受け取れますか?拒めますか?

彼女たちの流儀
主人公、兎月胡太郎はすましていれば深窓のお嬢様で通るような可憐な美少年。両親の離婚以来、家を出た母と2人で暮らしてきたが、母の急死によって実家に帰る事になった。元は華族だという、地方の旧家。5年振りにその敷居をまたいだ胡太郎は、母といる間一度たりと会う事を許されなかった双子の姉たち、鳥羽莉と朱音に再会した。2人は5年も経つにしては驚くほど変わらぬ姿であったが、かつては感じ得なかった妖精めいた美しさに溢れていた。再会を喜ぼうとした胡太郎だったが、下の姉・鳥羽莉(とばり)の態度はあまりに冷たかった。それから半年。姉たちの通う学園に転校した胡太郎は、それなりに新しい学園生活を満喫していた。クラスメイトになった幼馴染の少女や変わった友人、病欠で留年しているもうひとりの姉・朱音。騒がしくも愉快な学生生活は、あわただしくも過ぎて行く。しかし、鳥羽莉だけは胡太郎に笑顔を見せなかった。いつも一緒に遊んでいた、幼いころの鳥羽莉…優等生として慕われている学園とは違い、屋敷の中では淡々と振舞う姉は、どことなく嫌いだった父に少し似ていた。つまり、苦手だった。初めは打ち解けようとした胡太郎だったが、つれなくあしらわれて挫折した。もう、姉が自分を見てくれる事はないのだと思っていた。その夜までは。

ふりフリ
とある時、とある場所にある街、星降り台。そこは不思議な力を持つ、何処からやってくるのか分からない落下物――ガラクタで有名な観光地。そんな星降り台に住んでいる学生・穐春秋(あきはるあき)は、夏のある夜、下校途中にガラクタが落ちてくるのを見かける。本物のガラクタを手に取る事は、この街に住んでいる人間でも中々無いチャンス。早速、春秋は、ガラクタが落ちたと思われる場所へと向かう。そこで見つけたのは、光輝く小さな欠片。その光も、春秋が手に取ると同時に失われ、それ以上はうんともすんとも言わない。「まぁ、こんなもんだよね」光を失った欠片をポケットに入れて、帰ろうとする春秋。そんな春秋の元に、夜空を横切り落ちてくる光が二つ。「な、なんだぁ?」光と共に降り立ったのは、おかしな格好をした二人の女の子。これが、ガラクタの降り注ぐ街で始まる、さらに不思議なおはなしのはじまりはじまり。

鬼まり。
都会から遠く離れた寒村、詩乃塚村。その山の頂点に位置する詩乃塚神社の一人息子、美作秋人は、自分の交友範囲の狭さ、有体に言えば友人の少なさに悩んでいた。というのは、もう昔の話。秋人達の奮闘と多くの人々の協力もあり、詩乃塚例大祭で大成功を収めた詩乃塚神社の名は、今やその界隈で知らぬ者が居ないほどに浸透し、御当地アイドルがいる神社としてかつての賑わいを取り戻しつつあった。そして、互いに通じあわせた秋人と綾子。長きにわたる紆余曲折を経て晴れて恋人同士となった二人は、ぎこちないながらも幸せへ向かって歩き出す。そんなある日、「愚姉」美作小春は突然1つの誓いを宣言する。「私、美作小春は、本日を持ちまして、あーくんの、あーくんによる、あーくんのための、立派なお姉ちゃんになります!!」今、再びへっぽこお姉ちゃんの暴走が始まる…!

鬼うた。
都会から遠く離れた寒村、詩乃塚村…その村の頂上に位置する神社、詩乃塚神社の神主の息子・美作秋人は、自分の交友関係の狭さ(率直に言えば友人の少なさ)に悩みを抱える学生。ポンコツ美人で超絶ブラコンの愚姉・美作小春に振り回され、想いを寄せる幼馴染・宮部綾子には何故か日常的にストーキングされ、様々な噂とともに完全にクラスで“浮いた”存在になり友人皆無の現状を、心機一転、改善するために意気込んでいた。しかし、学校の新年度を明日に控えた夜に、運悪く賽銭泥棒に遭遇し殺されてしまい、その短い人生に幕が降ろされ…たかに見えたが、突如現れた見た目少女の鬼の姫にして土地の守り神・姫歌に助けられ、一命を取り留める。しかし、姫歌はその代償として力の大半を失ってしまい、秋人を助けた礼として自分の面倒を見ろと言って家に転がり込んできた。ここぞとばかりに秋人に甘えまくる姫歌に、嫉妬心を燃やした小春は事あるごとに姫歌と対立。そして、秋人は姫歌VS小春の「駄々甘え合戦」の渦中に巻き込まれていく…

眠れる花は春をまつ。
とある都会の喧騒から遠く離れた村、「天咲村」。全国にその名を轟かせる大財閥「天童家」の息子にして、生まれ持っての不幸体質でもある主人公・天童一馬は、今日も今日とて自身38回目となる誘拐事件の人質として捕らえられていた。颯爽と現れた天童家のメイド・三島葉子によって救出され今回もなんとか事無きを得る一馬。しかし、妹・天童一花は泣きながら叱責、もう一人のメイド・野々村樹子にも心配され、周囲に迷惑ばかりかけてしまう自分の不幸体質に頭を悩ませていた。しかし、悩んだところで改善の策など見つかるはずも無く、一馬は自分の不甲斐なさに落胆する日々を送っていた。そんな折、一馬は自身を「座敷童」であると名乗る一人の少女と出会う…

ネコっかわいがり!
イヌミミとネコミミが当たり前に存在する世界。舞台は小さなイヌネコ診療所。診療所の院長は人間の女医、クレイン先生。情緒不安定、体調不良を訴えるネコミミたち。主人公ジャックは気のいい大型種のイヌミミ。その役割は助手兼雑用。ちなみにここに来るまでの記憶はなく、先生への恩返しに診療所の手助けをしている。先生には遠慮なしに、こき使われ、 入院患者たちにはわがまま放題を言われながらも、愛すべき彼は穏やかな毎日を送っていた。ただし患者への治療法以外は…治療方法は主に患者との性行為。先生の出すカルテに従う場合、患者の希望に任せる場合…ふと疑問に思うときもあるが、これは治療なのだと自分に言い聞かせる。それに…もちろん自分だって発情するわけで…まぁ…とにかく、過去のない彼には、この診療所が全てなのだし。

ラブ・バインド
SMに関して並々ならぬ情熱がある少年・要。しかし容姿も能力も十人並みで、学園内でも地味な存在。当然、実際にプレイを試せる相手など居るはずもなく、一人妄想を浮かべて悶々とする日々を送っていた。そんな彼の周りに現れる、初恋の相手だった、幼馴染の先輩。とんでもない要求を突きつける、変わり者の後輩。秘密の顔を持っていた、担任の先生。彼と彼女の期待と想いが交わった時から、初めてどうしの二人による、擦れ違いと試行錯誤でいっぱいの関係が始まった。

今日、僕の彼女が最低の下衆野郎に汚されます。
ずっと好きだった幼なじみである主人公・灯夜に告白して、ついに恋人関係になった霧島梨緒。陸上部の期待のホープとして、学園生活も順風満帆であった彼女。しかし、恋愛ご法度な陸上特待生という彼女の立場をネタに近づこうとする、一人の男の姿が…。こうして始まった関係が続くにつれ、「主人公のため」という名目もやがて崩れ落ち、身も心も許すようになってゆく─。時を同じくして、主人公妹・さとみは、愛する兄が幼馴染と相思相愛になってしまったことに戸惑い、悲しみにくれていた。日常は続く。最愛の女性達が堕ちていくさまを、愛する人だけが知らないまま─。

姉はエロコミ編集者〜淫汁ぶっかけ生指導〜
主人公は商業誌でデビューしたばかりの成年コミック作家。ある日、長年離れていた姉・琴乃と再会するが、彼女は新任の担当編集者だった。仕事上のパートナーとなった琴乃は、Hシーンや漫画の構成に悩む弟にアドバイスするうち、身体を張って様々なシチュエーションを実演するようになる。コスプレをはじめ、弟の創作意欲に火を付ける為にSMや露出プレイのネタのお手伝いも。編集者として姉として琴乃は弟に身を捧げていく。

発情女子校生 DEVOTE2 〜いけない放課後〜
ある日イキナリ5人の女の子達に意味深な告白をされちゃった主人公。といっても、主人公・広瀬哲也は、私立の学園に通っているフツーの生徒。好きにしていいと言われても、何をどうしていいのやら。でも人なみにHなことに興味津々のお年頃で、あれやこれやと、彼女たちにエッチなプレイをイロイロ要求してしまいます。でもそれがだんだんとエスカレートしてしまい、時にはちょっと反省したりして…。

発情女子校生 ワルイコトシタイ
女の子も年頃になるとエッチなコトに興味津々。ケータイから入ってくる情報過多で、どんどん耳年増になっちゃう。「でもホントのところどうなの?」「ホントにそんなに気持ちいいの?」知りたい、経験したい。部活などでセーシュンすることもなく時間をもてあまし、日々放課後の教室で繰り返される“猥談”。いつしか実際に体験してみようということになる。そして、その快感からどんどん性欲の深みにはまっていくことに…。

発情看護婦さん 〜注射器2〜
いきなり原因不明の腹痛で失神し、見ず知らずの病院へ担ぎ込まれたオレ。極貧生活とは打って変わって白衣の天使に囲まれてウハウハなエンジョイライフが始まるかと思いきや、そこに居たのは、昔フラれた彼女だった。

キミをベタベタにさせてあげる
主人公朝倉慎吾は、学園に通う男子生徒。ある日、交通事故に巻き込まれたものの、命に別状はなくしばしの入院の後、無事退院。またいつも通りの学園生活に戻るはずだった。しかし、再登校初日、人気の無くなった放課後の教室で慎吾は担任の女教師・加賀野恭子に、性的に襲われてしまう。抵抗空しく、恭子に好き放題されてしまう慎吾。その日から、隙あらば学園内で慎吾にイタズラを仕掛けてくる恭子。更に、怪我をして担ぎ込まれた保健室で、新任の養護教諭、五十嵐皐月に犯され、怪我を負わせた体育教師の森本司からは、謝罪ついでに迫られて。神聖なはずの学び舎の中で、三人の女教師から受ける、お誘いの数々。慎吾はそれに溺れるのか、流されるのか、それとも?

姉妹妻
若くして夫を亡くした人妻・美紗子。昼は女教師として、そして夜は家庭の良き母として過ごしていた。しかし、その美紗子に牡の欲望をいだく3人の男達…。美紗子の義理の息子で、若い性欲をもてあましている真一。学校の同僚教師で、精神的なSMを好む隆二。同じく学校の用務員で、みさかいなく女を犯す源三である。プレーヤーは異なった視点の三人の主人公となり、妖艶な人妻・美紗子、若さに溢れる妹・美樹をおとしめてゆくのだった。

姉妹妻2 〜あなたと見た桜〜
主人公「相葉一成」は近所付き合いのあった森尾家の次女“菜々子”に少年時代から憧れを寄せていた。大学受験に失敗した一成は、都内の予備校に通うため故瑛一・菜々子夫婦の家に下宿することになる。菜々子の妹で一成の幼馴染み結花。さらには森尾家の長女千草も転がり込んで三姉妹との生活が始まる。奔放な人妻、長女の千草やバイト先の積極的な人妻“穂奈美”のアプローチを受け、右往左往しながらも気丈に振舞う菜々子の心に触れようと懸命になる一成。そして最初は口ゲンカの絶えない結花だったが次第に一成を意識しだす。そこに兄、瑛一と瓜二つの沢木健太郎夫妻が隣に引っ越してくる。揺れる菜々子の心 ……。あふれ出る気持ちに振り回され、意識しあいつつ素直になれない登場人物たち。それぞれの想いの行方はどこに向かう?

姉妹妻3 〜仕舞妻〜
主人公・伏見健太(ふしみけんた)は、探検家の父と海洋冒険家の母に育てられ、彼らのアグレッシブな生活を反面教師とした結果、雅や侘び寂びの世界に憧れる美大生。両親が行方不明となった後も、特に悲観せず毎日を過ごしていた。そんなある日、健太は美術館で一枚の絵を目にし、心打たれる。「これこそ、自分の目指していたモノだ!!」と、作者である日本画家に弟子入り希望の連絡を取ったところ、即刻画家の家へと呼び出される。喜び勇んで荷物をまとめ、見知らぬ街へと向かう健太。そこで彼は、もう一つ自分の中での、運命的な出会いをする。画家の妻である大原葵(おおはらあおい)に、一目惚れしてしまったのだ。弟子としてではなく、家を空けてばかりの画家に代わる男手として呼び出された事を知るが、惚れた弱みもあって結局留守番兼雑用係扱いで、居候する事に……。

射精管理する姉
父親の転勤で、両親と別居することになった姉弟。ある日お姉ちゃんに、ボクがオナニーしている現場を目撃された。マズいことに、ボクの手には、お姉ちゃんのパンティが…そう、大好きな、紗月姉ちゃんのパンティをおかずにオナニーしていたのだ。お姉ちゃんに怒鳴られるかと思ったら、意外にも優しい笑顔…でも、発せられた言葉は、もっと意外なものだった…「今日から私の許可無しにオナニーも射精も禁止。守れなかったら晩御飯抜き」

死神のテスタメント〜menuet of epistula〜
遥か遠い昔の話――如何なる願いでも叶えられる“黒衣の書<エピストゥラ>”と呼ばれる魔道書が存在していたという。あるモノは巨万の富を手にし、あるモノは不老を手に入れ、時代の権力者となった。しかし、権力者たちの時代は長くは続かず、突如として“謎の死”を遂げ、その存在は消えていった。時を同じくして、人々の間では“死神を見た”という噂が立ち始める。権力者たちは死神に命を奪われたのだと……。そして時が経つにつれ、これらの出来事は人々の記憶から風化していった――そして現代。世間では“謎の連続猟奇事件”がテレビで報道され、同時に“ある都市伝説”の話題も人々の間で噂されるようになっていた。――ある日、同じ学園に通う学生を街で見かけた浅山瑠依。その学生が消えた先の路地裏、そこで見た光景は――漆黒を切り裂く月光に照らされた“死神”の姿だった。

BLOODY†RONDO 〜Windows8対応版〜
“江神真紅郎”には二つの顔がある。昼間は同年代の学生に囲まれ平凡な日常を過ごす一方、日が落ちると仕事をするため街へと繰り出す。真紅郎の仕事とは、人間の中に紛れ込む吸血鬼を狩ることだった。ある日の夜、いつものように仕事の依頼を請け現場へと向かうのだが、そこには野良吸血鬼に囲まれた一人の少女の姿があった。吸血鬼を片付けた後、気を失っている少女を保護し、自宅へと連れ帰りベッドに寝かせることにする真紅郎。しかし、この少女は人間ではなく……。ほどなくして現れたハンター、新たなる吸血鬼、そして……。様々な思惑が絡み合った運命は大きく加速してゆく。

エクソダスギルティー・オルタナティブ
【■過去編――紀元前1200年】自らの死期を悟った“マーサ”は、愛する息子である“大地の剣士”アーレスに最後の望みを託した。アーレスはマーサの言葉を伝えるため、もうひとりの“神の唄”の称号を持つ“ウィル”という少女を捜し求め、ひとり村をあとにするのだった。【■現代編――紀元2000年】“カスミ”の今回の獲物は“失われたモーゼの十一戒目”を見つけ出すこと。小さい頃に居候していた“橘レイナ”が都合よく南ヨーロッパの発掘調査をしていると聞きつけ、観光を装い現場周辺の捜索に乗り出すのだが……。【■未来編――紀元13800年】シティーギルドで花屋の娘として普通に育てられてきた少女“スィー”は、18歳の誕生日を境に、その貧しい中でも平和で楽しかった毎日が一変する。何者かに突如襲われた育ての親である“ネーネ”が、死に際に告げた事実。それは“スィーが王位継承権を持つ最後の女王である”ということだった。

ゾンビの同級生はプリンセス 〜不死人ディテクティブ〜
俺を殺したヤツを、絶対ぇに探し出す!幼なじみで同級生の華恋を目の前で連れ去られ、俺はその場で殺された。口惜しくて、ムカついて、地縛霊になってでも絶対ぇに犯人を見つけてやる‥‥そんな風に思いながら死んでいたら、渡りに船、掃き溜めに鶴。魔界の王女を名乗る月奈(アイツ)が現れた。「私の下僕(しもべ)になり、私の目的に協力するなら助けてやろう。これは契約だ」イチもニもなくうなずいた俺は、アイツの言う通り復活した。不死(ふし)人(びと)として――死ぬようなメにあっても死なない。いや、死ねない。うらやむそこのキミ、これがどういうことが分かるかね。そんなにイイもんじゃないんだぜ?なにせ感覚は人並みだ。ナイフで刺されれば刺された痛みが、金属バットで撲殺されれば殴られた痛みが、毒殺されようもんなら長時間嘔吐と格闘せねばならない。痛くて苦しくて、普通のヤツならマジで死ぬようなメにあっても、俺は死ねない。どうせなら、痛みを感じない屈強な肉体が欲しかったぜ‥‥俺が不死身なもんだから、アイツの人使いの荒いこと、荒いこと。下で事件が起きれば、「ちょっとそこから飛び降りて、様子を見てきなさい」と、15階の窓を指さすのは日常的光景だ。俺のことは、もはや人とすら見ていないだろう。実際、もう人じゃないがね。魔界の辺境で発掘した破魔の太刀を、研ぎ育てるのが目的というから、頭のネジが十本は飛んだ王女様の道楽ってところだが、アイツの頭脳はありえないくらい明晰で、訳の分からない難事件が次々と解決されていく。そして、犯人の中に眠る邪悪なる想念魔凶(まきょう)を、破魔の太刀で斬り、あろうことかそれを太刀が喰らうのだ!常軌を逸した連中が、非日常的な怪事件に立ち向かう、不死人ディテクティブADV、ここに開幕!

シスターコントラスト!
「ねえお兄ちゃん、起きて、起きてよ――」その日まで、僕に妹なんていなかった。幼い頃に両親が離婚し、それからは母とのふたり暮らし。その母も、昨年他界した。天涯孤独の身となった僕に、何年も会っていなかった父から、一通のメールが届いた。言われるままに父の家に向かう僕を、立て続けに奇妙な出来事が襲った。僕の目の前に現われたもう一人の僕、そして光の洪水……。気がつくと、一人の少女が僕の顔を覗き込んでいた。「ねえお兄ちゃん、起きて、起きてよ――」――お兄ちゃん?僕に妹なんていないはずだが……?しかし、彼女の顔には確かに見覚えがあった。幼い頃に一度だけ会った、父の再婚相手の連れ子だ……。彼女がなぜ僕を「お兄ちゃん」と呼ぶのかわからないまま、父の家へと向かった僕を迎えたのは父ではなく、3人の“妹”だけだった。その時になって、僕はようやく、僕の周りで起こっていることを認識しはじめた。どうやらここは、僕のいた世界ではないらしい。そしてこの世界では、僕は父の再婚相手の娘である妹たちと暮らしているらしい。こうして、僕と妹たちの新しい生活が幕を開けた……!

ZAN!(惨)〜陵辱の館〜
ヒロイン神崎沙織の父は小さな町工場を経営していました。しかし、不景気のために会社は倒産し、多額の借金を抱えてしまいました。尊敬する父は拉致されてしまって行方不明になり、母も重い病気にかかってしまいます。こんな時、ある債権者が沙織に『いい話』を伝えにきました。全寮制の女子学園の私立天馬学園に授業料免除の優待生として入学させてくれる上に、債務弁済のためのバイトを紹介してあげるというのです。願ってもない話に、沙織は飛びつき、転校手続きをします。7月の下旬、1学期最後の日に、沙織は転校してきます。そして、学園近くの鳴沢理事長の別荘へ、『住み込みでバイトする』ためにやってきます。山と森と湖に囲まれた緑沢高原にある鳴沢理事長の別荘は、まばゆいばかりの緑に包まれ、小鳥がさえずり、これ以上はないと言えるほどのすばらしい環境です。沙織「こんな素敵なところで生活できるなんて…」しかし、その感激も長くは続きませんでした。別荘に着いた日の夕方、身元引受人の志保から、驚愕の事実を知らされます。志保「貴方は会員制の秘密クラブで働くのよ。お金持ちの男性に性的奉仕をするのよ」沙織「そ、そんな…」てっきり家政婦として働くものだと思っていた沙織は、この、あまりに厳しい現実に泣き崩れます。しかし沙織は結局、『家族を救うために』、自らの身体を捧げる決心をします。沙織の、地獄の日々が始まりました…

隷属の魔女エイプリル 〜淫辱の魔法調教〜
「デニス、紅茶を用意なさい。肩を揉みなさい。魔道書を買ってきなさい」大魔法使いエイプリルに弟子入りしたデニス。しかし、いつまで経ってもロクな魔法を教えてもらえないどころか、小間使い以下の扱いを受け続けていた。なんとかならないものかと思案していたデニスは、ある日、地下書庫で妖精の封じられた一冊の本を発見する。「封印をといてくれたら、憎たらしいあの魔女に復讐できる力をあげる」

天巫女姫
幼いころに両親を亡くし育ててもらっていた祖父も他界して、途方にくれていた「天野誠」の元に神社に住む叔母から、一緒に暮らそうという手紙が届く。ほとんど記憶の残っていない生まれ故郷で待っていたのは、父の代わりに宮司代理として神社を管理している叔母の「御巫あやめ」と、自分の実家であるはずの神社に住み込みで働いているという「御巫咲耶」、「橘椿」、「比良坂菊里」の、3人の巫女たちであった。そして誠の出くわす奇妙な出来事。生ける屍、彷徨う魂、死なない女、枯れない花…。この地方に伝わる「不老不死の果実」の伝説と妙に符号する出来事。冗談としか思えないような出来事に戸惑いつつも、どこか懐かしさを感じる誠。いったい、誠とはどんな関係があるのか?両親は、なぜ死んでしまったのか?自分が継ぐというこの神社には、どんな秘密が隠されているのか?夏は本番を迎え、天姫神社の祭りが始まる!

BIN★CANダーリン
進学校での受験競争に疲れて倒れてしまった主人公・佐々木裕也(名前変更可)は、療養も兼ねて、親の実家近くにある学校へと転校してきた。それまでとは違う穏やかな日々に一息をついた彼は、勉強漬けだった自分の毎日が急にバカバカしく思えてしまい、これからは自分を変えて、お気楽にやっていこうと決める。となれば欲しいのはカノジョ。女の子と仲良くイチャイチャした〜い、ってな具合に、積極的に女の子たちに声をかけ始めるのだが…今まで女のコに縁の無かった彼が、思い通りに恋愛なんてできるのか?

マージ〜MARGINAL〜
管財人の話では、その別荘は欧州から直接運んできた建物で、祖父が言うにはこの館は無人で、ここ何年も訪れた人間はいないらしい。だが…。「ご主人様?ご主人様…ですよね?」無人と教えられた館でメイド達と出会い、訝しく思いながらも、主人公は彼女たちと関係を深めていくことに。やがて明らかになる、彼女たちの意外な正体。途中で館のメンバーに「とほほん」な巫女を加え、どたばたの毎日が繰り広げられる。そんな中、浮かび上がってくる『敵』の存在とは──主人公に、祖父が託した願い…。『おまえには権利がある…繋ぐか…それとも断ち切るか』物語は、主人公とメイド達の心の交流を主軸としつつ、意外な方向へと向かってゆきます。

白鷺の鳴く頃に
白鷺の鳴く頃、僕は父の親戚の家に行くことになった。バスに揺られて到着したのは、山奥にある旧家だった。お屋敷ともいえるその家で、僕は不思議な体験をすることになる。親戚の家にしばらく滞在することになった僕は、初めて出会う人たちに戸惑う。館の女主人、娘、息子。そしてメイド。古風な屋敷とも言えるそこで、狂気を迎えるか、それとも…。理性か欲望か。狂気に従うか。僕が訪れた屋敷に隠された真実は───?昨日と今日。今日と明日。遥かなる時の流れに残されたかのような屋敷を訪れた僕。法事で訪れたはずが、屋敷の中で運命の決断を迫られる。時の流れに身を任せるか、狂気の中に溶け込むか。真実が明らかになったとき、僕は───。僕は永遠の時の存在を知ることになる。白鷺の切ない声を聞いた時、理性と欲望の狭間で揺れ動く僕の気持ちは、どの運命を選択するのだろうか?





自動車保険一括見積もり ★500円分商品券プレゼント

動画 アダルト動画 ライブチャット