アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
めたもるふぁっく運動会!〜飛び込めパンツの向こう側〜
「女の子にエッチなイタズラしたい」俺こと「花坂 槙」は日頃からそんな事ばかり考えて生きている変態だ。普通のイタズラなんてもうどうでもいいんだよ!例えばパンツになって穿かれて、オマ○コをもてあそんだり…ブラジャーになって一日中おっぱいを揉んだり…、普通じゃ出来ないイタズラ…そういう事がしたいんだよ俺は!そんな俺の願いは、ある変態との出会いにより叶うこととなった。「自分の体を様々な物に変身させる」能力を得たのだ。タイミング良く明日は運動会……、フッフッフッ……この力の全て、開放させてもらうぜ!!

ギャル処女!?
駅前の繁華街などで見かける『ギャル』と呼ばれる女の子。ケバケバしいメイク、挑発的な言葉づかい…見た目はカワイイんだけど、僕にとっては苦手な存在だ。僕の幼馴染「智花」もその『ギャル』である。だからあまり仲が良く無い。けど…ある日、彼女達『ギャル』は意外にも純情で、素直な所があると知った。遊び歩いていて、ヤリマンな…ギャル。一途で純情な女の子らしい…ギャル。どっちが本当の『ギャル』の姿なの…?

乱交コンパ★〜新入社員にHなご褒美〜
厳しい就活の末、何とか就職できた主人公。就職した会社で開かれた歓迎会は乱交Hをして交遊を深めるという突拍子も無いものだった!新人として不安を感じる主人公は、先輩や同期の女性とH三昧の飲み会を通して、一人前の社会人になれるのだろうか?

ロリぽこ〜中出し妊娠させ放題〜
「嬉しいな元気な赤ちゃん産み育て」そんな言葉が入り口に掲げられている、ほんのり田舎臭のする良き場所「孕み町」ここは屈指の出産率を誇る場所である為、人口が減少する現代では注目の的になっていた。そんな町に住む主人公、隆俊は年齢的に立派な男となるべく、また「義務」でもある…女性を孕ませる時期がやってきた。果たして、彼は女の子を立派に妊娠させる事が出来るのか……!?

ままん教室〜未来のHなお勉強〜
主人公、鷲ノ巣桂は就職活動中。いつも外出する時に挨拶してくれる、和菓子屋のパート従業員である水島穂花に憧れているが、彼女はすでに人妻であり妊婦だった。そんな折、交通事故から一人の男性を助けることに。その男性から渡されたメモには『藤田産科』の住所が書かれており、伝言を頼まれた桂は親切心から産院に向かう。産院の医院長に事情を説明しようとした桂だが、何を勘違いされたのか母親教室の指導員を任されてしまう。驚く桂に医院長は尋ねる…「君、妊婦は好きかね?」桂は迷わず答えた、「はい!好きです」…というわけで、いつの間にか桂は藤田産科に就職することになってしまった。授業の初日、気合を入れ教室のドアを開けるとそこには憧れである水島穂花や、妊婦である妹の姿が。そのほかに穂花の友人やなぜか母親と、幼馴染たちも加え、よく分からない状況のまま、母親教室での日常が始まった…。

ひめ恋☆ふぇち恋〜あの娘の性癖に異常アリ!〜
私立優徳学園は共学であるが、男子と女子の生活スペースが分断されている特殊な学園である。そんな場所だから、写真部である陸人(りくと)に…女子の写真(ブロマイド)を撮ってくれ、という依頼が絶えない。乗り気ではないが今日も女子の写真を撮っていく…男子たちには凄く需要があるのだ。そんな時、一部の女子から写真部を廃部にするように、という意見が出た。何とかして見返してやりたいと思った陸人は、エロイ写真の方がもっと需要があり、自分の力を示せるのでは…と考えた。そこで彼は、撮影対象である女の子に近づき…写真を撮らせてくれるよう直接交渉する。交渉しながらこっそりHなイタズラをして、美しき被写体になって貰う。

アイドル★クリニック 〜恋の薬でHな処方〜
アイドル好きが高じ、芸能事務所専属の薬剤師として働く主人公・牧野爆耶。ある時、若手新人アイドルの千代田柚花が収録前に喉の薬をもらいに訪れるが、その際に様々な種類の薬瓶を盛大に倒してしまう。後片付けをし、“あがり症”を持つ柚花の為に薬の製造を始めた爆耶。機械の調子が悪く、謎の音がしたものの、無事に試薬が完成する。収録を終え、爆耶の元にやってきた柚花は収録中に起こした自分のミスを引きずり泣き出してしまう。そんな柚花を落ち着かせるために製造したばかりの試薬を飲ませ、何とか柚花を落ち着かせることに成功した爆耶。しかし、柚花の様子がどんどんおかしくなっていき……?

触祭の都 Best Price版
首都西部に位置する大規模都市を突然襲った、震災。…それから、そこは、地獄になった。滝沢 裕也は、奇跡的に一命を拾った。しかし、街のあまりの変貌振りに事態を把握できず、途方にくれたまま、自分の家族達を探していた。裕也は、倒れた自宅の瓦礫の下から、やっとのことで妹の梨花を見つけ出す。梨花の無事を喜ぶ裕也。その時、上空をヘリコプターが駅のほうへ飛んで行くのを目撃する。裕也は、とりあえずヘリの飛んでいった駅に向かってみようと梨花をつれて歩き出す事にした。そこで、ヘリの隊員らしい人と出会うが、様子がおかしい。彼の口や身体から、何かが出ている!!やっとの事で、ショッピングモールに逃げ込むが、そこは暑い防火扉に仕切られたスペース。そこには、生存者がいた。今、明日を生きる権利を奪われた人々の生死をかけた悲劇の幕があがる…。

大犯盛 〜痴態を曝け出した人妻たち〜 Best Price版
俺は仕事の相棒であるカメラを片手に、今日も店内を撮っていく。ここはとあるスーパー。郊外型の大形店ほどではないが、中規模相当の店舗だ。だが町の商店街を脅かすには十分なその存在で、地元の商店街は衰退の一途をたどっている。なぜ俺がカメラを持ってこのスーパーに居るのか――。それは監督兼カメラマンとしてこのスーパーのドキュメンタリー撮影を行なっているからだ。『このスーパーを通して、この街の人々の暮らしや関わり合いなど、人とのふれあいをテーマに撮らせて欲しい――』そう言ってスーパーのオーナーに取り入り、少し裏の伝手をも使ってこうして撮影する許可を得ることに成功したのだ。が――。(さて……今日の被写体は誰にするかな……)しかし、俺の真の目的は別なものだった。実は町の商店街にはもう一つ昔からやっている小さなスーパーがある。その小さなスーパーのオーナーにして商店街の会長でもある人物が俺のおやじなのだ。そのスーパーは勿論、ここの新興のスーパーの煽りを受けて火の車だ。当然、おやじとしてはなんとかしようとした。だが店舗の規模も知られた知名度もここの中型スーパーのほうが圧倒的に有利でなかなか巻き返しができない。しかもこのスーパーの店長は実は地元出身の俺の良く知る人物だったのだ。これにはかなりショック受けたようで、おやじはすっかり元気を無くしてしまった。そこで仕方なく俺が重い腰を上げ、一肌脱ぐことにしたのだった。そうして俺は計画を練り、行動を起こしてようやく潜入できたのがつい最近だ。その計画とは、このスーパー自身の不正現場をリークする――要するに荒を見つけて暴露し、窮地に追い込もうという作戦だ。さらに、俺の本業であるAV作品を作るため、今回は素人企画として潜入撮影し、あわよくばハメドリAVとして売り出し一儲けしようとも考えていた。まあ、そもそもどっちのスーパーが残っても俺にはあまり興味がない。腰を上げたのも勿論、実家から軍資金が出たというのが大きな理由だ。(ここ数日間、色々と被写体の吟味をしていたが、ここにはなかなかいい子が多いしな……)最初はスーパーの不正現場を撮る方にやる気が出ていたが、今ではむしろこっちの方のやる気が勝っていた。(ああ……早く撮りたい。そろそろある程度人を絞って俺の作品の出演交渉を進めていこう……)ここ数日間で、とりあえずある程度の目星は付けている。そこで俺はもう一度その被写体を吟味するため彼女たちの働く現場へと向うことにした。

Chu(治癒)してあげちゃう 押しかけお姉さんの性交恥療
俺、瀬川晃(せがわあきら)はごく普通の学園に通う、ごく普通の男子だ。そんな俺には母親の他に、昔からの知り合いと言うか、よく知った年上の女性が二人いる。一人は、陽之宮優(ひのみやゆう)。俺は優姉って呼んでる。教師をしているんだけど、何でも優しく包んでくれる、まるで俺のお姉ちゃんという感じの女性だ。もう一人は、鷹森紗那(たかもりさな)。幼馴染で、俺より一つ年上だけど、子供の頃はよく一緒に遊んだ女の子だ。物心が付く前に父親を失い、兄弟もいない俺だけど、実の弟のように面倒を見てくれた優姉と、遊び相手だった紗那のおかげで、幼いながらも寂しいと感じることは無かった。ただ、いつも二人に囲まれていた為なのか、あまり男同士の付き合いがなかった俺。そんな環境のせいなのか、自分の体が他の男の子たちと違うって事に、中々気付けなかった。学園の身体測定で判明した、俺の体のオカシイところ。え……チ、チンコって、毛が生えるものなの……?もしかして……俺が、お、オナニー?オナニーをシたことが無いから!?(違う)優姉に相談して連れて来られたのは、美人で魅惑な女医さんのいる病院。橘貴美香(たちばなきみか)と名乗ったその女医さんに、診察してもらった結果は、あまりにショッキングな内容だった。えええっ!このままだと俺の♂(チンコ)、無くなっちゃうかも、だって!?その衝撃的な事実に、俺の心はすでに張り裂けそうだったのに、その治療法は、更にそれを上回る、前代未聞の内容だった。女の人とエッチし続けろ、だってぇ!?しかもそれを聞いた母さんは、『避妊はちゃんとしなきゃダメよ♪』なんて見当はずれな事を言っているし。いやいやいや、そういう問題じゃないと思うんですけど……こうして、これまでの平凡な毎日から一変した、あまりに刺激的すぎる日々が始まったのだった……

狙われた女神天使エンゼルティアー
お願い!やめてください――!助けた人達が欲望に満ちた目で、私の身体に手を伸ばしてくる。優理はある事件をきっかけに、女神天使ホーリールージュである涼音に導かれエンゼルティアーへと変身し、魔族と戦うことになる。友人や大切な人、そして人間界の平和を守る為、健気に戦う優理。だが魔族は、エンゼルティアーの性格を見抜くと狡猾な罠を仕掛けてくる。エンゼルティアーがエネルギーを使い果たしたと見るや、わざと男達を汚染する。そして、助けたければ男達の性的欲求を満たすしかない、と脅してくるのだった。だが、それだけではなかった。魔族以外にもエンゼルティアーを狙っている者達がいたのだ。それは魔族の魔の手から助けた男達だった。力を使い果たしたと知ると、好色な目をして襲い掛かかってくる男。魔族に脅されていると嘘をつき、性的な奉仕を迫ってくる男。正体をばらされたくなければと言って、脅してくる男――。優理は、変身している時だけでなく、変身していない時も助けた人達にその身体を狙われてしまうのであった……。

巫女さんといっしょ!〜イケナイご奉仕奮戦記〜
ひょんなことから姉妹ゲンカに巻き込まれた、清川神社の神主・松波信一郎は、御神体である数珠丸恒次を台座から落とし、刀の化身と名乗る少女の力を受けて、魂を肉体から弾き出されてしまう。少女に連れ添って現れた沙耶と名乗る女性の提案で、すぐに呪術用の木偶に魂を移したのだが、その副作用として、今の信一郎は、ちょっとしたことでも欲情し、我慢すると暴走するカラダになってしまったらしい。そして、それが重なると魂そのものが消滅してしまうという。「だから、私たちが信一郎様にご奉仕して、溜まった欲望を解消してあげなければなりません」「えええええええっ!?」─そんなこんなで、お兄ちゃん大好きなふたりの妹巫女たちと、二柱の神様によるめくるめくご奉仕生活が始まるのであった─

やくCHU! 〜ただいま媚薬開発中〜
主人公は大学薬学科4回生。研究室でこっそりホレ薬の研究をしていたが、それが教授にばれて大学院への進学は絶望的となった。就職浪人は目の前…という時、その才能に目をつけていた従姉妹の女医に声をかけられる。なんでも傾きかけた病院を立て直すために力を貸して欲しいらしい。その方法とは、媚薬などのHな薬作りで、看護婦達が協力するというものであった。

罪囚
暁市――戦後の都市整備事業によって、焦土と化した街には幹線道路が走り、整然とした街並みと活気のある商店街を得るに至った。が、その後の開発事業からの遅れが目立ち、ここにきて慌てたような再開発プランが台頭している。真新しいマンションの隣には、潰れてしまいそうな民家が軒先を連ね、夜でも明るいメインストリートから角を曲がると薄暗い路地に出る。工事中の看板がそこかしこに立ち並び、再開発に取り残されたスーパーは廃屋と化し、少年達がツルんでは溜まり場にしている。街自体が、どこか危なっかしい雰囲気を持っていた。主人公――上條玲は、そんな街に似合った青年だった。彼の日常とは、日の当たる場所と日の当たらない場所とのコントラストの元に成り立っていた。気心の知れた友人達との学生生活と、チンピラ気取りの連中とのケンカに、彼は自分の居場所を感じていた。日常とは、それを考えた時に浮上する幻想でしかなく、現実も同様であることを、彼は知ることになる。闇から這い出てきた異形の者達によって――

けもの学園
桜におおわれた、山頂へと続く山道。ボクは、重い荷物と共にその道を登っていた。「大黒獣学園」……山頂にある、ボクが入学する学校の名前だ。亜人や精霊達の通う全寮制の学園。どんな出会いがあるのだろう?どんな生活になるのだろう?その好奇心に、ボクは突き動かされた。誰しもが期待に胸を膨らませる春。桜の花びらを乗せた春風は、ボクにどんな未来を運んできてくれるのだろうか?その答えは、この桜並木を抜けた先に待っている。

CHEERIO!
ずっと続くと思っていた毎日。唐突に終幕を迎え、その意味は失われた。いや。オレはきっと勘違いをしていたんだろう。『……絶対だよ?』オレたちは約束した。あれから1ヶ月が過ぎようとしている。見えなかったものがおぼろげに見えはじめる。そんな単純なこと。そんな簡単なこと。…オレは知らなかった。例えばそれは見なれた風景。あるいは季節のうつろい。オレの気持ち。彼女の想い。それは、変わらない。そして、変わりつづける。

Flugel 〜約束の青空の下へ〜
遥か昔の事か……遠い未来の事か……。その世界には自然の力を利用した「魔法」を扱える人間と、その恩恵を受けられない人間の二通りの人々が一緒に暮らしていた。人々は助け合い、補い合い、美しい共存をはかっていた。だが、「魔法」を持たぬ人々の一部がその力を妬み、石炭や石油を利用した「内燃機関」を発明。道具や機械の力を以て、「魔法」を駆逐していった。「魔法」を使う者は徐々に居場所を失い、ついには戦争に利用されるに至る。「魔法」を使う人々はこの状況を憂い、ついには「魔法」を持たぬ人々と決別。以来、完全な「棲み分け」となってしまった2種の人間達。それからお互いの生活を脅かすことなく、長い年月が経っていた。……そう、1人の「魔女」が、内燃機関の世界へ訪れる、その日までは……。鉱山のふもとに存在する街。その街に炭坑夫として働く“リック”の姿があった。“メルファ”と“ケイン”の孤児3人で暮らしており、日々の生活の為に働き続けていた。そんなある日、彼は人通りの少ない裏通りで、1人の女性を発見する。名前は、“ミュシャ・ヒリーベンツ”。彼女は遙か遠くにある「世界の果て」と呼ばれている場所に住む者だという。彼女は「魔法」が扱えるらしく、その「魔法」の力を密かに狙っている者がいるという。その話を聞いたリック達はミュシャをその「世界の果て」に連れて行くことを約束する。

だっこしてぎゅっ! 〜オレの嫁は抱き枕〜
茨森学園(いばらもりがくえん)に通う主人公・暮里夕弥(くれさと・ゆうや)は『女の子が描かれた萌え抱き枕』が大好きな、重度の抱き枕er(ダキマクラー)。(※抱き枕er=抱き枕収集家、愛好家)自室ではたくさんの『抱き枕=俺の嫁』に囲まれ、幸せな生活を送っていた。そんなある日、学園の廊下で、白衣姿の見知らぬ少女に突然声を掛けられる。「暮里夕弥くん、君を抱き枕er(ダキマクラー)と見込んで頼みがある」少女の名は茨森とばり(いばらもり・とばり)。安眠促進枕研究部(あんみんそくしんまくらけんきゅうぶ)、通称『マクラ研』の部長らしい。その証拠に彼女の手には、見たことのない絵柄の『抱き枕』が。素材、印刷レベル、絵柄…全てがハイクオリティで、夕弥は一瞬で心を奪われる。駄目元で、枕を譲って欲しいと願い出る夕弥。するととばりは「頼みをきいてくれるなら、譲ってもいい」と言ってくれるがそこには何やらトンデモない狙いが隠されていて……!?『抱き枕』はただの枕ではなく、とばりの開発したハイテク抱き枕。この枕を抱いて寝ると、夢の中で『本物の女の子になった抱き枕』に会えるらしい。とばりの頼みとは、夢の世界で生まれたての抱き枕『灯(あかり)』と恋をして、彼女の『心』を育てること。そんなバカなと思いながらも、枕欲しさに部長の出した条件をのんだ夕弥。抱き枕を手に上機嫌で帰宅して早速新しい『嫁』と眠りにつくがそこには部長の言った通り、不思議な夢の世界が広がっていた―――。

とらぶる@ヴァンパイア!〜あの娘は俺のご主人さま〜
主人公「下野部 律」は少し勘の鋭いただの新任副教師。赴任先の女学園で感じたクラシックな雰囲気にも慣れ始めたころ、何かと話題の耐えない問題児「姫獅子獅音」率いるこれまた悪名高い「姫獅子一派」がなにやらあやしげなイベントを行っているとの知らせを受ける。根っからの熱血真面目教師な律は、「教育によって歪んだ生徒達を更正できる!」と信じている為、彼女達を見過ごせない。果たして儀式の場に踏み込んだ主人公。そこで彼は首謀者「姫獅子獅音」が実は吸血鬼だということを知るはめに。そんな馬鹿なと思うまもなく、彼は獅音たちを守るために重傷を負い、絶命してしまう。気が付けば自分の部屋。あれは夢だったのだろうか?そう思いさわやかな登校時、清清しい笑顔で獅音が朝の挨拶を交わして来る。「おはよう、下僕」どうやら律は昨夜重傷を負った後、血を吸われ不死の存在となってしまったらしい。「緊急事態だったとはいえ、お前は我の下僕となったわけだ」彼女達は「世界征服」を標榜しており、その手駒として律を利用することを告げるだがそこは熱血教師、自分の陥った状況にもめげず、必ず彼らを更生して見せることを心に誓うのであった。

ファウスト
時は20世紀初頭の英国。大学を好成績で卒業したエドワード・デップは、民俗学者の卵として、現在、師事するアルフレッド教授の下で研究所勤めをしていた。そんなある日、彼の住む街で猟奇的な連続殺人事件が起こった。被害者は一様に血液を抜かれ、まるで“吸血鬼”にでも襲われたかのような酷い様相だった。この事件は「吸血鬼連続殺人」として新聞記事を賑わせた。奇しくもエドが師事する教授は、吸血鬼の研究に取り組んでおり、彼自身もこの事件に興味を惹かれた。そして、ある夜、エドは不思議な雰囲気を漂わす少女と出会い……。

Rimlet
ある雨の夜。雨宿りをしていた高峰純也(主人公/名前変更可能)は、降りやまない雨に苛立ちを感じていた。そんなとき、一人の少女が純也の目の前で倒れ込んだ。慌てて駆け寄り、抱き起こすと、彼女は何事もなかったように立ち上がる。少女――、八重咲玲奈を心配した純也は、彼女を家まで送ることにした。彼女に連れられ、着いた場所は「リムレット」という名の喫茶店だった。それから純也と玲奈、そこのマスターとウェイトレス・綾瀬麻由美との付き合いが始まった。

いもほり −お兄ちゃん奮戦記−
大学卒業を間近に控えた主人公・平良浩志(タイラヒロシ)。彼には卒業と同時に結婚するつもりの恋人、米倉奈美(ヨネクラナミ)がいた。冬休み、奈美の両親に挨拶する為に彼女の実家に向かうが、あいにく父親は出張中、浩志は奈美の父親が帰ってくるまでの1週間、彼女の実家に留まることとなった…。ところが、そんな彼に奈美の妹達が一目ぼれをしてしまって、さぁ大変!!浩志は3人の妹たちから(エロエロな)攻撃を受ける毎日。挙げ句の果てに沈黙を保っていた母親までが、参戦!浩志は四人の攻撃を避け、父親に美奈との結婚を申し出ることが出きるでしょうか?それとも、誘惑に負けて落ちてしまうのでしょうか?婚約をかけた一週間。男の戦いの始まりです。

僕と4人の女教師
渡辺瞬は都内学園に通う3年生である。学力は人並みだが、ひ弱で女性的な容姿と、臆病な性格はしばしば苛めの対象にもなった。かといって、非行に走るわけでも、引きこもりになるわけでもなく、ときおり彼をからかう悪友はいるものの、日々平穏な生活を過ごしているごく平凡な学生だった。しかし、そんな彼の平穏な生活も、3年の春に新たに学園に赴任してきた女教師園川香澄によって打ち消されてしまう。美しく清らかな女教師香澄を前にすると、ただでさえ臆病な性格はより一層拍車を掛けられ、まともに舌を動かすことすらままならなくなってしまう。ここまでなら、誰でも経験のある年上の女性への憧れで済んだことかもしれない…。しかし、憧れの先生、園川香澄の許婚が最低最悪の教師津積義章と知ったところから、物語は動き始めるのであった。

てすた 〜Teach&Study〜
槁ヶ丘(けやきがおか)学園進学と同時に両親が長期海外出張へ出かけてしまい、予期せぬフリーダムライフを手に入れた主人公、前島直紀(まえじま なおき)はハムを丸かじりしたり、風呂上がりに全裸で家を歩き回って牛乳を飲んだりと、天国ライフを大満喫していた。…しかし、そのことですっかり忘れていたことがある。それは『学園というものにはテストがある』ということ。まあ、そんなわけだったので、入学後最初に行われた中間テストの点は、平均点から大幅にマイナスした感じだったわけで。しかし自分の実力を把握していた直紀は特に問題視していなかった。だが、一時帰国してきた父親に隠していたはずのテストの答案を見られてしまう。形容しがたいほど怒りで変化した父親の形相から、いつものごとく殴られる事を覚悟した直紀だが、降りかかってきたのは拳ではなく、とんでもない言葉だった。それは…『お前のような自己管理も出来ない奴は、学園の寮に入れてやる!』槁ヶ丘学園の寮と言えばバリバリの体育会系で、自由及び女っ気というものが全くないので有名である。そんなところに入寮させられては、天国ライフが地獄ライフへ真っ逆さまなのは必至。当然、直紀は必死で抗議し、なんとか2つの妥協案を引き出す事に成功する。1つは、『夏休み明けのテストで平均点以上出せば、今まで通りの生活をしてよい』というもの。平均点まで上げるということは、現在の直紀の平均点から少なくとも20点は上げなければいけないわけで、かなり困難なのは目に見えている。かといって今まで通り勉強をしていたからといっても、成績が良くなるわけは到底ない。そこは親もわかっているらしく、それがもう1つの妥協案に表れている。それは『家庭教師を雇う』というものだったのだ。そして、家庭教師が来る当日。どうせオッサンかガリ勉タイプが来ると思っていた直紀だが、現れたのは予想に大いに反して、綺麗な女性だった。あわよくば、ちょこっとお色気のある授業も…と、妄想に走りつつ、互いに自己紹介。彼女の名は『皆瀬川由子(みなせがわ ゆうこ)』。何故か緊張しまくっている由子を見て、「この先生、家庭教師初めてなんだ」と一人納得する直紀。しかし、次の瞬間、「それっ!」の声と共に体当たりされ、マウントポジションをとられてしまう。そして、そんなこんなで直紀のフリーダムライフをかけた、由子に幼馴染である『矢村和美(やむら かずみ)』を巻き込んだ勉強生活が始まるのだった。

誘惑っぽい!
どこにでもいるような学生──皆見悟流(みなみ さとる)は、学園に通うバスで時折見かける女学生、西島澪(にしじま みお)を見かけることが密かな楽しみになる。一息つこうと屋上へ向かった悟流は、偶然澪と出くわす。その時、澪のスカートがふわりと浮き上がり、何にも遮られていない秘部が悟流の目前で露わになった。──彼女は、下着を穿いていなかった。声も出せず、澪は慌ててその場を立ち去る。悟流は、今見た光景が衝撃的すぎて、身動きすら叶わなかった。(な、なんで……穿いてないんだ!?)真相を確かめるべく再び屋上に足を向ける悟流。そこで再び、澪と出会った。会えたものの、こっちの名前すら知らない相手に、どう話を切り出せばいいか悟流は悩んだ。けれどその悩みは、彼女の行動によって、解消された。あの時と同じように、悟流の前に澪の秘部がさらけ出される。しかし、あの時と違うのは──。「ねえ、見えた? それとも……見たかった?」くるりと回り、その勢いでスカートがめくれあがる。──そう。澪は、まぎれもない自分だけの意志で、淫らな痴態を悟流に見せつけたのだった。悟流は戸惑いつつ嫌悪しつつ、しかしどこか惹かれていく自分を否定しきれなかった。悟流を誘う非日常への扉が、今、大きく開いたのだった。

きみのかたちがうつる
渡山忠広(とやまただひろ)は槁ヶ丘(けやきがおか)学園にある科学部の幽霊部員。ある日、最近疎遠気味の幼なじみで上級生でもある科学部部長、真井めぐみ(まないめぐみ)に呼び出される。目的は最近噂になっている学園内の不思議現象を科学的に解明することだった。面倒くさく思いながらも、夜に同じ科学部員で同級生の檜上大祐(ひかみだいすけ)と後輩の志野美織(しのみおり)も交えて忍び込んでみることになる。しかし、それらしい発見をする前に忠広とめぐみは、この学園の学生と思われる男女が校舎に忍び込んでエッチをしているのを目撃してしまい、そこから焦って逃げた後、そのままうやむやのうちに解散してしまう。しかし次の日、その昨日見た男女と思われる人物が、鏡の前で不思議現象を見たらしいという噂が流れる。そしてそれについて調査すると、学園内には『鏡』についていろいろな噂が流れていることがわかる。ある人曰く、その鏡は夜のある時間に人の姿を映すと、映った人間のドッペルゲンガーが出現し、その人を数日以内に殺してしまう。またある人曰く、世の中に絶望すると鏡の中の世界に引き込まれる。さらにある人曰く、その鏡は幸せの鏡で、その前で念じていれば、願いをかなえてくれる等々……。そして校舎内にある鏡を調べれば何かわかるというめぐみの結論で、めんどくさがる忠広をよそに再び潜り込むことになるが……。

みちくさ
槁ヶ丘学園に通う平凡な学生である主人公、嵯峨智秋(さがちあき)は小さな引っ越しを余儀なくされた。特に大きな事情ではなく、単純に家の改築工事の為である。その引っ越し先もそんなに離れているわけではなく、転校する事もなかった。――ささやかな影響はあったが。引っ越し先が山一つ越えた先にあり、都内近郊とは思えないほど拓けていない土地だったのだ。通学経路も変わり、新たな足となった単線電車だが、本数が極端に少なく、不測の事態でしばしば停車し、時にはそのまま運休となる事もあった。そして、その日、乗っていた電車が停まっても焦る者は誰もいない。もちろん智秋も例外ではなく、この空いた時間をどうするかぼんやりと考えていた。その時、視界の隅に歩いている見慣れた制服の女学生の姿が映る。けれど、ただそれだけなら、目を惹く事はなかった。彼女、日向つばめ(ひむかいつばめ)が歩いていたのは、車内の通路ではなく、――線路の上、だった!

巫女 −みにょっ!−
四畳半のアパートで一人暮らしをしつつ予備校通いをしている毎日であったこの主人公、産まれてこの方運とかツキとかと言う言葉とはまったく無縁である。不運を母、災難を父、貧乏神を友として暮らしてきた。大学受験を身近に控えたある日のこと、主人公のアパートに主人公の幼馴染の従姉妹が訪れる。しかも…『なぜか巫女姿で!』 状況判断ができないまま、いきなり彼女の話は核心を突く。「お兄さま!このままですとお兄さまのお命はあと1ヶ月ですわ!」 いきなり現れた巫女姿の幼馴染に余命を宣告される主人公…。落ち着かせてその理由を問いただすと彼女の言うには、主人公は産まれついての超霊媒体質で、ただ存在しているだけで、そこら中にいる「地縛霊」や「浮遊霊」、「悪霊」や「怨霊」に「貧乏神」や「厄病神」果てはサタンクラスの大悪魔までをも引き寄せてしまう力があるらしい…今までは持って産まれた「幸運」のおかげで なんとか命を永らえて来たがそれももう限界…見る人が見れば主人公の背後は『ものすごいコトになっている…らしい』彼女は幼馴染の「お兄さま」のために学校を卒業してすぐに高尾山にある「巫女養成専門学校」を通信教育で卒業しそのまま主人公を救うべく彼のアパートに来たらしい。ちなみに彼女の身に着けている「巫女セット」は、学校の通信販売で50万円のローンを組んで購入した…そうだ。とは言っても、生まれついての『科学の子』そう言った『非科学的なこと』は一切信じない主人公。そんな極めてアヤシイ巫女学校の話も頭から信じることはできなかったがなんせ従姉妹で幼馴染で「お兄さま」と呼んでくれて…しかもなにより久しぶりに会う彼女がめちゃくちゃカワイイといった非常に『わかりやすい理由』によって、彼女との共同生活を始めることになった。

みにょっ!2 −今度は社務所−
夏休み、幼なじみの真納水那由華(まなみなゆか)と一緒に、生まれ故郷の神社で住み込みのアルバイトをすることになった主人公・生田政和(いくたまさかず)。しかしバイト先の日扇神社は、村人からも恐れられる『悪霊神社』だった。バイト初日に神主が除霊中の事故で入院。政和はただ一人の男手として日扇神社を切り盛りしていかなければならなくなる。はりきる新米巫女・那由華、マイペースなお姉さん巫女・日扇御守(ひおうぎみもり)、謎の魔法巫女・イングリッド…。急きょ結成された即席巫女軍団。彼女たちと同居するドタバタの社務所生活。問答無用で転がり込んでくる人外の居候たち…。はたして政和は、迫り来る邪霊から日扇神社を守り切れるのか?連日連夜のHな除霊に、政和の体はもつのか?ADVパートでは、巫女たちと共同生活をしながら神社の仕事をこなし、カードバトルパートではパートナーに選んだ巫女をサポートして邪霊と戦う、コメディタッチの恋愛除霊アドベンチャーゲーム。夏休みが終わる頃、政和の隣にいるのはヒロインの内の誰か…それとも全員?

降魔録
遠い昔に荒ぶる鬼神を封印したといわれる霊峰「怨室ノ峰」の陸奥鬼寺。その周囲では、現代でも鬼神の呪いによって奇怪な事件が頻発していた。霊峰“怨室ノ峰”の若き退魔師である天真郷志郎は、同じ退魔師・出水睦那、陸奥鬼寺の住職の娘・岩倉百音と共に、そうした事件の解決に奔走していた。鬼神の封印が日々弱まり、より過酷さを増していく妖魔との戦いの中で、それぞれに浮かび上がってくる因縁……。戦いの果てに何が待っているのか!?





〜 車検一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット