アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
かんちち☆すい〜と 〜陥没乳首の診療日誌〜
町医者の息子である主人公『野口秀樹』は、医師を目指す超健全な男の子。彼は学年でも評判の美少女『仁科朝美』ちゃんとの、清いお付き合いが始まったばかり。だけどひょんな事情で 医院のNET診療をするハメにっ?しかもそのお相手は、付き合い始めた朝美ちゃん本人!!相手が見えない朝美ちゃんは、主人公をお医者さんと勘違いし、誰にも言えない『体の悩み』を打ち明けてしまう。普段とても清楚な朝美ちゃんの悩み、それはなんと『陥没乳首』!!乳首が未発達なため、乳房に埋没してしまっているこの状態を治す治療方法といえば……そう、ズバリ『乳首を弄ってオナニーする事』!!こうして、医者として相談を受けてしまった主人公は、真面目な治療をしようと試みるけれど、妄想・暴走・感度MAX状態の朝美ちゃんの治療は、モニターごしにどんどんエスカレート!治療の為、朝美ちゃんから語られるHな妄想の数々に主人公は耐えられるのか?患者にオトナの魅力たっぷりの学級担任、自称・オナニーの達人『柏野真知子』先生も加わり、天下無敵の『ひとりえっち』ラブコメディ。治療!?オナニー!?それとも……恋!?

OL狩り 〜濡れたオフィス〜
主人公『高柳慎』は、『株式会社藤崎服飾会社』に務める、ごく普通の社員。周囲の人間を押しのけてでも這い上がろうとする会社の風潮とは裏腹に、主人公は生真面目で、おっとりとした性格のために、会社内での地位はなかなか上がらない毎日を送っていた。同棲していた彼女『上野準』は、同期でありながらその辣腕を振るい、すでに主人公の上司となっていた。そんなある日、いつまでもうだつの上がらない主人公に、準は最後の出世のチャンスをあげようと大きな商談のとりまとめを回した。だが、その期待すらも裏切り、出世欲しさの他の人間にその仕事を半ば取られてしまい、挙句そのプロジェクトが破談して会社に致命的な損失を与えてしまう。この商談が元で、彼女に愛想を尽かされ、主人公は同棲していた部屋を追い出される。しかも、彼女の上申が元で後任の責任を取らされ、会社をクビになってしまった。途方に暮れるまま痛飲していた所、暴漢に襲われている女性を発見し、偶然助けることとなる。幸いなことに、助けた彼女…『風間恭子』の父親が『KOYAMAコーポレーション』という前にいた会社のライバル会社の人事部長をしており、いきさつを話すと娘を救ってくれたお礼に、会社の人事に口を利いてくれるとの事だった。思わず転がり込んできた幸運だったが、それもたった1日で打ち崩される。入社初日に、専務と人事部長の密談を聞いてしまったからだ。『自分は適度に出世させられて、横領の罪を着せられてクビにされる捨て駒』衝撃的な事実を突きつけられ、会社内の全てが悪意に満ちて見えてくる。主人公は、何かを隠しているらしい恭子を、横領の事に関連していると誤解し、衝動的に凌辱してしまう。しかし、隠していたのは、父親の浮気…社会的な弱みの証拠だった。それをもとに、主人公は思いつく。些細な良心など捨て、周囲の人間を押しのけて生き延びる道を。周囲の女性を次々と堕とし利用していくことで、会社の重要な地位を押さえれば、横領の罪を着せられる前に、反撃に出られると。こうして主人公は、生まれ変わる。ささやかな善意を捨て、ドス黒い悪意を持つ人間に…。

浮気妻〜巨乳人妻乱れマンション〜
ブティックの企画部の企画部長勤務という妻と結婚した、何のとりえも無い主人公は、主夫として昼間の社宅に残る事になった。躍進企業にしてはつつましい社宅に引越して来たのだが、隣の部屋に住む社長夫人を始め、昼間の社宅は熟れた身体とヒマを持て余す主婦達の巣窟だった。ある昼、主人公は「影の女社長」といわれる社長夫人から誘惑される。自分の妻の職場での地位と引き換えに昼の性欲処理をして欲しい、夫では満たせない変態性欲を満たして欲しいというのだ。半ば脅迫に近いその提案を、主人公は受け入れてしまう。巧妙に夫の目を盗み、淫靡な要求は日を追う毎にエスカレートしていった。やがて、近所の主婦達も巻き込んでいき、昼間の社宅は欲望の殿堂へ……。その結末は……?

オゲレツ大百科
主人公・宗一郎は自他ともに認めるマッドサイエンティスト。ある日、メイドであり幼馴染でもある芙柚香が発見した祖先の書物『オゲレツ大百科』には少女型ロボットの設計図が記されていた!友人に莫大な借金を負って製作したロボット・愛依は、ほとんど人間と変わらない機能を持つ可愛い少女であったが、何と愛依にはオゲレツ大百科に記された淫具の設計図を読み解く機能が備わっていたのだ!芙柚香をモニターに、愛依を助手として、友人に借りた資金を返済せよ!

いけない保健室
主人公『倉崎涼』は、風見学園に通う男子学生。成績、運動とも中の上、これといった特徴も無く、目を見張るような活躍もしない平凡な学生で、毎日をそれなりに過ごしてきのだが、最近、保健室に入り浸ることが増えてきた。その理由は色気のある話でも、身体が弱くなったからでもなく、そこにいる保健医に目をつけられて……気に入られて数々の仕事を押し付けられるようになったからであった。きついだけで何のメリットも無い仕事に嫌気がさした頃、一つの噂を耳にする。「保健室では女学生のHな秘密の相談をしている」あの先生に限ってまさかとは思いつつも、好奇心とちょっとした期待を胸に真実を探り始める。そしてその探求行動の末に、主人公がつかんだ真実とは……。

Hide Mind
時は現代より少し先の話、機械化が進み、人の仕事は肉体より頭脳を使用した仕事が多くなっていた。現代人は身体よりも、精神面でのメディカルケアを必要とする時代になる。需要は供給の増加を生み、メンタルカウンセリングには優れた医者が多くなった。そんなカウンセラー達でも手に負えない患者が居る。それがランクS。異常性二重人格に近いこの症状は、治療する医師たちにも危険が及ぶ事から扱いが非常に困難とされ、平均完治率は1%を下回っていた。しかしそんな中、ランクS患者のみを専門にするサイコセラピストが現れる。彼の名は五月雨樹(さみだれ・いつき)、その独特で異端な治療法からヒュプノティスト(Hypnotist)と呼ばれていた。『強力な催眠によって対象者の全ての記憶と潜在能力を封印し、同様に催眠効果によって新たな性格に調教する』あまりにも奇抜、そして和を嫌い、孤独を好むその性格から、異端中の異端とされた男の、ランクSの治療実績、実に99%。そんな彼の元に、日本から一組の家族が訪れた。患者の名は春川伊織(はるかわ・いおり)。両親達は治療費にしては法外な金を積んだうえで“伊織を消してくれたなら”どんな性格になっても良い、二週間後に引き取りに来る、といって彼女と彼女専属のメイド、真由美(まゆみ)を置いてゆく。彼女の隠された恐るべき人格とは?彼は伊織をどんな性格に変えてゆくのか?真由美、助手として治療のヘルプをする看護士、沢渡加奈。そして主人公。三人は伊織の治療を成功に導く事ができるのか。今、一大サイコカウンセリングが始まろうとしている。

マシーナの輝石 〜オゲレツ大百科外伝〜
蒸気の町、グリノックに暮らす主人公は、蒸気機械技師として天才的な手腕を持ちながらも、興味がない依頼は全く引き受けないという偏屈な所がある男。とある事情から自律動人形のイリスと同居しつつ、何となく日々を暮らしていた。そんなある日、幼馴染でもあり、かつて生活していた教会(孤児院も兼ねている)。が地上げに遭っているとの連絡が入る。有名な某貴族を後ろ盾に持つ彼らは、どこからか手に入れたのか(おそらく偽造だろう)土地の権利書を盾に、立ち退くか莫大な金で利権を買い取るかの選択を迫った。万策尽きたと思われた時、一筋の光明が差し込む。奇矯な行動で名を馳せているその貴族であり主人公の友人でもある、ジョン=J=マッコイ。彼が以前持ち込んだ本が、伝説の古都市『ヤーパン』で書かれた秘本であったのだ。主人公ですら読めない、失われた古文字で書かれた本を、イリスはたどたどしくも解読する。どうやら、イリスのアーク・マスターが入力した情報が、解読の助けになっているようだ。だが、本の内容は、何と淫具の開発書だった!使いモノにならないと思われたそれらを見て、ジョンが驚くべき依頼を持ちかけてくる。『その本を解読し、書かれている技術を用いて淫具を制作してほしい。』淫具を彼に届ける度に、それに応じて高額の成功報酬を提供してくれるという。失われた文明の技術に、主人公の興味は急速に高まってゆく。作るものがちとアレだが、この際は無視だ。自分の研究意欲を満たすため、いや、哀れな孤児たちを救うために、知力を振り絞って淫具を開発するのだ!

ちちくりナース24時
主人公の岡本秋尋はK市在住のごく普通の青年。いつもどおり入院している妹の冬花の見舞いに行ったところ、帰宅中に交通事故に巻き込まれて両足を骨折してしまう。そして、妹と同じ病院に担ぎ込まれ、成り行き上、同じ病室に入院することとなった。同病院には、恋人の鮎子や、姉の夏貴も勤めており、何かと退屈はしない毎日を送っていたが、秋尋もいっぱしの男性。溜まるものはすぐにも溜まってしまう。そんな秋尋をみかねて、鮎子はこっそりと人目を盗みながら病室で往診とみせかけたHな奉仕をしてくれていたが、運悪くその現場を妹の冬花に見られてしまっていた。兄の情事をこっそりと見てしまった冬花は、次第に募る想いを膨らませていく。そして、ある夜、意を決して兄に迫る。妹の切実な内面を吐露され、怪我で動けない秋尋に冬花は自分の体を捧げるのだった。経過はどうあれ、妹の想いを受け止めてしまった秋尋。しかしこんなことを恋人に話せようはずもない。かくして、秋尋はこの日から人目を盗みながらの恋人とのエッチ、恋人に隠れながらの妹とのエッチという奇妙な病院生活を余儀なくされる。場所が場所だけに、おおっぴらに事をすることができない苦悩とは裏腹に、バレてはいけないという背徳感から、興奮は高まるばかり。そんな悶々とした状態に、姉の夏貴も奇妙な交わりを見せ、秋尋の入院生活は波乱に満ちたものとなっていく。禁欲生活を強いられる筈の場所で、身近過ぎる快楽に溺れていく秋尋の行く末は…?

ひみ☆ツイ
夏休み。主人公、下倉裕太(しもくらゆうた)は無類の“ぶっかけ”好き。彼は親戚の経営する海の家を手伝いながら、桜野林檎(さくらのりんご)が旅行から戻ってくる日を指折り数えていた。裕太にとって林檎はぶっかけを受け入れてくれる年下の彼女であり、義妹である下倉みうの大親友でもある。林檎がいなくなって5日が経ったある日の夜。欲求不満の裕太は、あろうことかソファーで眠る体操服姿のみうに昂奮してしまう。湧き起こる欲望に抗えず、気付けば幼い義妹にぶっかけていた。―やっちまった!!汚濁を拭き取って去ろうとするが、最悪なことにみうは起きてしまう。裕太は正直に性癖を白状し、必死で謝る。すると、みうの口から突然の告白と要求が飛び出した。「今夜のこと黙ってるから……だから、明日からも同じことして?」明日旅行から戻ってくる林檎にこのことを知られれば破綻は免れられない。裕太は、秘密厳守を条件に要求を受け入れた…。こうして、彼女に秘密で義妹にかけまくる“ぶっかけオンリーライフ”は幕を開けた。

淫行可憐同好会
主人公である「月代愛理(つきしろあいり)」は特にコレと言った特徴のない転校生。とはいえその気さくな性格と十人並み以上のルックスで、すぐに新しいクラスに溶け込むのでした。しかし、気になるのは転入以来ずっと欠席のままの隣の席。聞けばこの席の主は「雪輪六華(ゆきわりっか)」という女の子なのですが、何故かクラスのみんなの風評は曖昧なモノばかり…。そんなある日、久し振りに登校した六華は目を見張らんばかりの美少女。しかし、クラスのみんなの彼女への接し方は、憧れであったり、戸惑いであったり、嫌悪であったりとかなりまちまち。愛理はそんな六華に親しげに接するも、彼女は「気に入ったわ」と妖しげに微笑むばかり。愛理はそんな六華が気になって仕方が無く、気付けばクラスで孤高を保つ彼女の姿を目で追ってしまいます。そしてある日の放課後、人目を避けて入っていった保健室。そっと愛理がドアの隙間から覗き見ると…、そこで六華は男子生徒と性行為に浸り、淫靡な表情で微笑んでいたのでした。

淫乳団地妻
主人公は叔父が管理職についている団地の、管理人代行を引き受ける事になった。最初は渋々だった主人公も団地に住む女性達を見て、俄然やる気を起こす。ただそのやる気は女性達をいかにして自分のモノにするかという歪んだ方向に向けられるのだった。

淫乳家族〜僕と母と姉と妹と〜
主人公は、ちょっと甘ったれな高校生。引きこもりになりかねないダメ少年だが、実母、実姉、実妹が三人とも主人公のことが大好きで、とても甘やかされて育っている。しかも、家族は巨乳の家系でスタイル抜群。父親は早くになくなっており、その父親の膨大な保険金と遺産でのんきに暮らしている家族。家族は主人公にとことん甘く、一種どんな願いでも聞いてしまうためとんでもないことになっていく。ある時、自室でオナニーしていた主人公は母親にその現場を見られてしまう。ところが、母親はむしろ「そんなことしなくてもお口でしてあげるわ♪」とフェラ奉仕してくれるのだった。あげく母親が姉妹の前で「自分でしなくてもいつでもお母さんがしてあげるわよ」といってしまい、家族全員から奪い合われる状態に!あっというまに全員と肉体関係になってしまう。しかし、並の甘ったれではない主人公は次第に暴走。自分の家族達を相手に、今まで妄想しているだけだったとんでもない変態エッチ生活を始めてしまうのだった。次第に歯止めがなくなるエッチ生活にも、主人公のためならと嬉々として従う母、姉、妹。時々罪悪感やインモラルな気持ちは感じつつも、退廃生活まっしぐらの主人公であった。

永遠月の巫女
小さな村が舞台の物語。自然が多く残るこの村に、突出した三家があった。一つは彬(あきら:主人公)の家。もう一つは真夕(まゆ)の家、そしてもう一つは千夏(ちなつ)の家。主人公の家は、代々他の二つの家の娘を正妻と妾として迎え入れていた。二十歳となる日、主人公は満月か姫のどちらかを妻に、妾に受け入れなければならない。しかし、二十歳となる日は残り約一週間となっていた。小さな頃から漠然とそのことを教えられていたけれど、未だに実感が湧かない主人公。両親とお妾さんも、平和にのほほんと一緒に過ごしていたが、危機感を抱かない主人公に焦りを感じ始め、自分たちはゴールデンウィーク中に旅行をするという名目で、三人を、その期間一緒に暮らさせよう、ということになる。そして当日。両親と妾さんの三人が旅行に出掛けると、入れ替わりに大きな荷物を持って主人公の家へやって来る真夕と千夏。ここから、三人の生活が始まるのだった…。

巨乳極楽セミナー
ニートの主人公が放り込まれたのは、意識改革セミナー。上司のいじめ、馴染めない同僚が原因でニートとなった主人公。腫れ物を触るような家族の対応も気に入らず、最近ちょっとDV気味に。堪りかねた彼の両親は、睡眠薬を食事に混ぜ、人里離れた山中で行われている意識改革セミナーに送り出してしまった。目覚めた主人公の眼前にはタンクトップ、ショートパンツ姿のムチムチ美女。しかし彼を待っていたのは、異常なカリキュラムだった。

皇女凌俗放送 〜楽園のプロパガンダ〜
小さな南の島国で軍事政権が誕生した。そこに呼び出された主人公、名TVプロデューサー『片仲ケンジ』。彼が軍事政権に依頼されたのは、政見放送を使って国民の人心誘導をする事。そこでケンジは前政権の忘れ形見である二人の姫を徹底的に貶める番組を作成し、人心誘導に利用する事を提案する。さぁ、公開凌辱放送の始まりだ。皇女のあられもない姿を、民衆の前に引きずり出せ!!二人の皇女を様々なシチュエーションで凌辱する番組を製作&公開し、民衆の気持ちを誘導してゆくシミュレーションアドベンチャー

性奴学艶祭〜肉欲に溺れる女教師達〜
名門【鋼山学園(はがねやまがくえん)】にて、自治会長を務める主人公『真藤彰彦』。2年に1度の大きな学園祭を控えたその裏で、彼が密かに進める計画があった。水面下で進められた、学園の大人たちに対する徹底した叛意。優等生という仮面に隠された狂気は、学園の華である美人教師に向けられる。女教師たちを陵辱・調教し、奴隷化した彼女たちを学園祭のメインステージ…衆人環視の中で痴態を晒させ、学園の面目を徹底的に潰す事。信頼で築かれた関係などいらない。学園を、狂気に満ちた恥辱の宴で塗りつぶしてやるのだ。暗い歓びに身を震わせ、主人公の凌辱計画が今、幕を開けようとしている…。

宿り蟲 〜僕が触手で触手が僕で〜
大人しく内向的な性格から、常にいじめの対象とされてきた主人公。ある日、空から降ってきた触手の種を、そうとは知らずに拾ってしまったことから、物語の幕は上がる。翌日、主人公の部屋に忽然と姿を現した小悪魔リリム。彼女の手違いから、主人公は触手の種と融合してしまう。種を分離させるには、女性を襲って精気を集め、新たな触手の種を生み出すしかない。釈然としないまま、主人公はクラスメイトでいじめっ子の2人の少女を標的に、復讐と実益を兼ねた触手陵辱を始めるが…?

狂想の肉宴 弐
山間にひっそりとたたずむ小さな山村『彩ヶ峰村』。村には古くから独自の風習・習慣があり、村人達はそれらを頑なに守り、暮らしを営んできた。その中でも特に異質な『肌紬(はだつむぎ)』と呼ばれる儀式…。十年に一度の周期で執り行われるその儀式は、村最高の権力を握る一族『葛西家』に数人の少女が輿入れをするという、古い時代の忌むべき遺産だった。多くの村人達がこの悪習の為に、幾度も耐えがたきを堪え、涙を呑んできた。そしてまた儀式の年となった今、主人公は『紬女(つむぎめ)』と称される少女達を『調教』する役目を任される。過去に大切な人をその儀式に奪われた主人公は、誰にも話せない目的を胸に秘めてそれを果たす為に少女達をその手にかけていく。そして淫靡な色に染まった宴が幕を開ける…

狂想の肉宴
主人公『水鏡志郎』は、何年も音信不通だった義妹『水鏡京華』から突然の手紙を受け取ります。内容は簡潔なもので、旅館『明星』という場所に来て欲しいというものでした。突然の呼び出しを不審に思いつつも、志郎は『明星』へ行くことを決意します。そこでは義妹と再会を果たし…更に4人の女性との出会いが待っていました。京華は志郎から乱暴を受けた過去がありながら、昔のままに彼を慕ってくれています。そんな義妹に志郎もかつての思慕の想いを再び抱くようになります。女将の吉野詩鶴を始めとする『明星』従業員達もまた、志郎を暖かく迎えてくれます。その中で、心休まる一時を過ごす志郎。しかし、それも京華が志郎を呼び出した本当の目的を口にするまででした。京華の口から語られた目的…それは彼女がこの世で最も憎む男、実父である『水鏡輝義』が愛しんだこの『明星』を潰してしまう事だったのです。父親を憎む義妹の気持ちが良く理解できる志郎は、躊躇いながらも彼女に協力を約束してしまいます。そして彼は…一人、また一人と『明星』の従業員 を手にかけていくのです。気心の知れた女性達を汚して いく事で、志郎は昂揚感を覚えると同時に罪悪感に苛まていきます。相反する二つの感情が次第に彼の心を蝕んでいき、その行動にも歯止めがかからなくなってしまいます。そんな志郎がたどり着く先には何があるのか…

汚辱遊戯
ある田舎町、そのささやかな中心街からも更に離れた所にある一軒の民家。そこに二人だけで棲む兄弟が居た。彼らの他の家族がどうしたのかは誰も知らず、室内のおぞましき光景は他の誰も知らない。それは、彼らだけの永遠の我城。だが、その誰も訪ねる事の無いはずのその家で、何年ぶりかの呼び鈴が鳴る。それは雨を避けるため、やむなくこの家の門戸を叩いた三人の旅行者だった。彼らは何者かの命に従い、その客人を招き入れる。それこそは快楽とかけ離れた狂気の宴の始まりだった。

ちょこっと☆RHAPSODY
叔父夫婦が急な海外転勤になった関係で、従姉妹と同居する事になった主人公。実は主人公に淡い思いを抱いていた従妹は、これを機に2人の仲を進展させようと心に誓う。そして迎えた、同棲生活の初日、事件は起こった。 突然感じた衝撃と、直後に覚えた奇妙な浮遊感。部屋の天井から自室を見下ろすと、横たわる自分。これはいわゆる『幽体離脱』というものだろうか!?原因が分からず動揺する主人公の前に、2人の可愛い少女が現れる。 なんと彼女たちは天使と悪魔でライバル同士。霊の管理を生業にする彼女たちは、今日も今日とて競争していたのだが、誤って健康体である主人公の魂を切り離してしまったらしい。主人公を巻き込んだことを悪く思った天使と悪魔は、霊糸が回復して肉体と霊魂が安定するまでの間(およそ一週間ほど)、主人公の傍にいたいと申し出てくるのだった。そうして始まった『お兄ちゃん争奪戦』に、天使、悪魔それぞれの『お目付役』も絡んで、事態はどんどんエスカレート。風雲急を告げる女たちの戦い、その行方はいかに!?

乳姫大祭
本国から隔離された孤島――比女島(ひめのじま)緩やかに過疎化が進んでゆくその閉鎖的な島には、時代を跨いで脈々と受け継がれる、或る風習が在った。島に存る神社に祀られている『乳姫能賣大神(にゅうきのめのおおかみ)』神々の中でもっとも豊満な乳房をもち、美と豊穣を司るというその女神に供物をささげ、祟霊を鎮め、その年の豊作を祈願するというのである。そしてその供物とは、女神に劣らぬ美貌と魅惑的な身体を持つ神聖な“女体”彼女らは供物として巫女となり、観衆を前にその身体の全てを尽くし、魅乳による奉仕を披露するのだ。祭の名は――乳姫大祭――本年も、島中の男どもの白濁液をかぶる2人の巫女が選ばれた。主人公はその教育係として、祭りの華に相応しい淫らな巫女を指導する事を依頼される。巫女に快楽を教え、やがて迎える乱交の儀式を成功に導く為に……。

接待媚品〜巨乳OL達の淫らな午後〜
新埋立地開発事業に携わる一流企業『ミサカ・コーポレーション』。この会社の目覚しい躍進の裏には、麗しきOL達を凌辱調教し、闇社会の権力者達に肉奴隷として提供する裏事業の存在があった。主人公『御坂祐司』は、その会社を継ぐべき長男であり、実質的な副社長。この度、父親から任された新規プロジェクト発足に伴い、自らも肉奴隷調教・接待を行うべく計画を練りこんでいた。父親が成し遂げた埋立地1次開発事業をそのまま引き継ぎ、2次開発事業をさらに磐石なものとするには、新たな肉奴隷が必要となる。こうして、名目上2次開発プロジェクトと銘打って集められた美しきOL達を、主人公は徹底的に調教し、肉奴隷として権力者達に提供していくのだった。今宵も、哀れな生贄たちの嬌声は、闇夜に溶け込んでいく…。

乳セレブ
主人公は普通の大学生だが、唯一、父親が世界的な社交ダンスのダンサーであるため嫌々ながら社交ダンスについてはかなりの才能と経験を持っている。とはいえ、本人は社交ダンスが嫌いなのでそれとは無縁に暮らしてきたが、ある日、父親に騙される形でセレブ達の個人ダンス教師に任命される。ふざけるな、と思ったもののセレブ達の提示した授業料は一回分で自分の月のバイト代並。それに釣られて出かけた主人公の前に、はちきれんばかりの巨乳を持つ、セレブな人妻二人が現れる。世間知らずを絵に描いたような2人は、主人公の言うことなら何でも信じてしまう箱入りぶり。ダンスの家庭教師のハズが、生活全般について家庭教師をする羽目になっていく。調子に乗った主人公は2人ともを喰ったあげく酒池肉林。さらにセレブマダムの実の娘もダンス教室にかこつけて食べてしまい、セレブ若妻についてくるメイド2人も食べてしまう。そして、乱交まみれの派手な日常が、今日も繰り広げられる…。

汚染病棟
桐島拓哉(主人公)は、名が通った大病院に勤める一介の医師だ。ある夜、拓哉は深夜病棟の巡回をしていると、微かな喘ぎ声を聞きつける。興味と不安の入り混じった複雑な心境のまま、その声のもとを探る拓哉。ついには『立ち入り禁止』の札が下がる未知の部屋に、踏み入ってしまった。そこで彼が見たものは、噎せ返るような匂いの中、繰り広げられる肉欲の宴。信用ある大病院にあるまじきこの行為の真相を確かめるべく、拓哉は院長を問い詰める。 しかし、逆に『協力するか、消されるかしかない』と脅されてしまう。つまり、拓哉に牝奴隷を育て上げる調教師となれというのだ。拓哉は悩んだ末、『調教師』としての道を選ぶ。『病院の存続…そして生きるため』

双子隷嬢
主人公は、ファッション界を牛耳る大企業『祁答院(けとういん)グループ』の一社員。しかしながら、彼は同業他社の諜報などを生業とする企業スパイ部門『暗躍部』のメンバー。ある日、業界を二分する最大のライバルともいえる大宮司グループへの工作命令が下った。結平は、この命令に人知れず歓喜する。大宮司の汚いやり口で両親を死に追いやられた恨みを晴らす時が来たのだ─と。こうして大宮司に下働きとして潜入した彼は、不正と弱みを握り、『暗躍部』で培った合法・非合法あわせた辣腕によって、ついに大宮司グループを崩壊にまで追い込んだ。最後に残されたのは、大宮司の総帥が最も大切にしていた双子の愛娘のみだった。結平の働きに満足した上司は、褒美として大宮司姉妹の処遇を委ねる。淫虐に満ちた双子姉妹調教の日々が幕を開ける…。

乳辱遊戯
都会を離れた人気の少ない避暑地の一角。年に数度しか使われない個人所有のロッジに1人の男が侵入していた。彼の名は『蕨伝吉(わらびでんきち)』。乳首という部位に異常な執着を持ち、その執着を性犯罪の実行にまで移してしまうような、性欲の権化たる男だ。チカン・ノゾキの常習犯の彼は、つい最近に強姦未遂事件を起こし、あわや逮捕のところをかろうじて逃げおおせた。そして追跡の手を振り切るうちに辿り着いたのが、このロッジだったのだ。誰もいないロッジに隠れ住むことを決意して数日……予期せぬ来訪者が現れる。……それは、2人の若い少女。ロッジの本来の持ち主だった。伝吉と遭遇した彼女たちは、彼を不審者として警察に通報しようとするが、伝吉はそれを阻止すべく、少女たちを捕縛、監禁する。衝動的にやったことだが、冷静になって初めて彼は気付く。『これは、女を犯し愉しむための絶好のチャンス』ではないか……と。彼はビデオを回す……少女たちの痴態を記録に収めるために。収めた記録は、そのまま彼の趣味ホームページ『@NIPPLE』へと流される。乳首への凌辱行為に特化した内容のそのホームページは、彼の新しい凌辱録が追加される度に、暗い歓喜と期待で沸き上がった。電子の海へとさらけ出された、少女たちの凌辱録は、新たな要求を得て、さらなる過激な凌辱を求めようとする。伝吉の紡ぎだす次なる凌辱の記録は……。人間としての尊厳すら失うほどに乳首を弄ばれる少女たちの運命は……。

理詠子 〜謀略の連鎖〜
主人公「長峯祐希(ながみねゆうき)」は、気弱だが人当たりの良い少年。すでに父は他界し、母は私立学園の理事長として忙しく、祐希の生活の面倒は、姉・理詠子が見ていた。理詠子は、祐希に姉弟を超えた歪んだ愛情を抱き、禁断の関係を持ちながらも、祐希自身はそれを疑うことを知らなかった。そんなある日、不意に出た母親の再婚話。新しい父親には連れ子がおり、祐希は新たな義姉が3人増える事となった。お互い、唐突に出来た新たな家族の出現に途惑う。そんな中、弟ができたという事実に、長女は母親代わりに守り育てることを誓い、次女は恋人に振られた腹いせにからかってやろうと心に決め、三女は憧れていた姉弟という関係に心を躍らせる。しかし、収まりがつかないのは理詠子だ。彼女は3人の女達を見た瞬間から、弟へ向ける視線の意味を感じ取っていた。そして、それは間をおかず現実のものとなる。これまで不可侵だった自分のモノを奪われる恐れと怒りに憎悪を滾らせながら、3人の連れ子の凌辱計画を練り始める。自分だけの弟に色目を使う恥知らず達を陥れるために…。

接待倶楽部
スポーツ優良校、そして学生の自治能力の高さで近隣に名を馳せる『紅花学園』。この学園には、表には隠されている『伝統』があった。学園が各部活動に供出する予算、それを巡って繰り広げられる、とある儀式だ。それは、『予算査察員』として選ばれた男子学生に対して、追加予算を求める各部活動屈指の美女たちが、『エッチな接待』を行うことだった。友人の計らいでその『予算査察員』に選ばれた主人公は、色々な美少女たちとエッチしまくりで嬉しい悲鳴の毎日。しかし、主人公に以前から想いを寄せていた二人の幼馴染みも絡んできて、事態は予想もつかない状況に!果たして、主人公(と、予算)の行く末は?

部費げっちゅ〜!
スポーツの名門校であるオリーブ学園。優秀なコーチや機材設備に恵まれた各部の活動の基盤となるのは、学園予算委員会か供与される多額の部活動費だった。主人公は学園自治会の予算部に臨時の査察員として選ばれた。各部活動の交渉役は、予算を少しでも多くもらうために、予算を決めるための査察を行う主人公に、あの手この手で取り入ろうとする。あの手この手とは……もちろん、男なら誰でも喜ぶ『エッチなこと』だった。果たして、各部長たちは見事主人公に取り入り、より多くの部費を手に入れることが出来るのだろうか?





〜 ペット保険無料資料請求 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット