アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
真・NOZOKI魔2〜女学寮の秘密〜
前作『真・NOZOKI魔 〜下宿屋姦視24時〜』で、覗きに関する『異能』に目覚めた主人公『覗木原良太(のぞきばらりょうた)』。全国でも有数の伝統と格式を誇る『聖ヴェルモア学園』の女教師寮が改装するという事で、新たな獲物が彼の住んでいる下宿屋にやってくる。一時的に女子寮と化した『一条荘』で、NOZOKI魔の新たなる挑戦が始まるっ!彼女らのプライベートを覗きまくれ!秘密を暴け!弱みを握れ!そして……思う存分そのカラダをもてあそんでやれ!新・覗き魔シリーズ第二弾!

メアメアメアSP
ある夜、突然やってきたのはHなことに全然免疫のない、少し触っただけでイってしまう敏感体質の新米サキュバスだった。一人前のサキュバスになる為にHな勉強を手伝ってやろうと、家で学校で特別レッスン!

ゆめいろアルエット!
“何でも願いの叶うペンダント”というものを手に入れたのは、遠い幼い日の話。最初に願ったのは何だったか…、それも忘れてしまった。そして時は流れ――場所は私立の学園。生徒会長が凄い権力を持っていたり、年間行事がやけに多かったり、昼休みは伝説の焼きそばパンの争奪戦があったり、人気の女子学生に親衛隊がいたり……。主人公「神崎要」はそんな毎日がお祭りのような、瑞鳥学園の2年生。ある日幼なじみの「橘夕」に命令されて、新聞部の部費を改鼠するため、夜の生徒会室に忍び込む。しかし、学生宿直中の生徒会長「月代柚姫」に見つかり、捕まってしまった。そして、そこで彼女に不思議なことを言われる。「あぁ、なるほどキミが最初の生徒か」この日を境に、神崎要の周囲に変化が起こる。突然、許嫁を名乗る転校生がやってきたり家に帰れば後輩が義妹になっていたりメイドさんがやってきててご主人様になったり。些細な一言が、すべて現実になっていく。

ましろサマー
夏にもかかわらず雪が降った。それは町に古くから伝わる願い事を叶えてくれる雪…。願いを込めた者、祈りを捧げた者、様々な想いが町を覆った。そんな不思議な夏から数年、「雪」の記憶は徐々に皆から忘れられていく。そんな中、主人公八坂慶二はごくごく普通の、平穏に満ちた学園生活を望んでいた。しかし望むのは勝手とばかりに彼の周りには何故か問題を起こそうとする女の子ばかりが集まる。家事以外はポンコツ…な従姉・千尋。万能すぎる(ん?)スポーツ少女・亜季、小銭に反応する(んん?)お嬢様・咲乃。気がつけば濡れている(んんん?)少女・澪。ドMストーカー(んんんん!?)少女・夏穂…。気がつけば平和な学園生活はどこにもなかった…。

ANGEL MAGISTER
そこは『天上界』と『魔界』が存在する世界。かつて『魔界』の総軍を指揮し、監視者である『天上界』に牙を剥いた男がいた。魔界を統べる業王の息子であり、闇の皇子と称される男――バアル。しかし、彼の野望は天上人によって、粉々に打ち砕かれてしまう。バアルは敗北し、百年に渡って幽閉された上、その記憶を奪われてしまう。ようやく娑婆に出てきたとき、バアルは自分の名前すら忘れていた。出来ることと言えば、強制労働の日々の中で覚えた、土方仕事ぐらい。不景気で食っていくことができず、その日ぐらしの日々を送っていた。そんな中、その異常な魔力に目を付けられて、ある仕事に勧誘される。それは『天上界』にあるメルイート魔法学園にて、臨時講師をしてみないかというものだった!その話に飛びつくと、トモヤ=レイオットと名を代えて、教職に就くことに。トモヤが担当するのは、メルイート魔法学園の落第生を集めた通称『落ちこぼれ組』。問題児三人の面倒を見ることになり、魔界的指導で奮戦することに!果たして一番大切な『はぁと』の魔法を教えることができるのか……?

現在もいつかもふぁるなルナ
この世界――人間界と並行して存在していた、魔法使いの暮らす『魔法界』。ある時を境に人間界と魔法界の相互の行き来が可能になり、人間界には様々な変化が生じた。普通の人間が、魔法を使えるようになり始めたのだ。それを機に人間界と魔法界は協力して、魔法使いを育成する学園を作ることにした。そのうちのひとつ、「桜月学園」に転入してきた「一之瀬心」は、女の子の近くでくしゃみをすると大変なことになってしまう、困った才能の持ち主だった。しかし学園の理事長兼生徒会長であるアルテミスは、心の魔法の才能は稀有なものであると伝える。心の魔法の力は、魔法界の王族に匹敵する「Sランク」だったのだ。心は妹のみさきと共に学生寮「時乃荘」に入ることになり、新生活をスタートする。そこで待っていたのは個性豊かな女の子たち。何を隠そう、心は女の子が大好きだった。そう、大好きなあまりに、子供の頃から女装して生活しているほどに……。誰も気がつかないほど、完成された心の女装とは!?そんな心がまともに恋をすることが出来るのか!?頑張れ一之瀬心、きっと未来は君の手の中にある!注・あくまでもこのゲームは、恋と魔法と女装で構成されています。

シロガネオトメ
秋篠市、銀古美町(いぶしちょう)。その名前の由来にもなった、かつて銀の採掘で栄えた町。その町の外れの小山の上にある、『銀神社』(しろがねじんじゃ)。その宮司を務める家系である久川家に、二人の少女……もとい、ひとりの少女とひとりの男の娘が暮らしていた。少女の名前は麻嶺夕希(あさみねゆき)。持ち前のさっぱりした性格と、周りの人を動かす行動力で、秋篠中央学園女子部において、生徒たちから熱烈に慕われる人気者。男の娘の名前は灰羽翼(はいはねつばさ)。彼女(?)もまた、見た目があまりに可愛らしく、言動も女性そのものということで、特例で女子だけの学園に通わせてもらえていた。夕希と翼は子供の頃から身寄りがなく施設で育った。その頃からずっと仲がよく、常に離れずに行動していた。二人は同じ家に引き取られ、男女ながら同室で寝起きし、日々を明るく楽しく、時々ちょっぴり道を踏み外すような遊びをしつつ過ごしていた。翼は夕希に一途な想いを向け続けているが、二人は友達以上でこそあれ、それ以上の関係にはならずにいた。そんな微妙な距離感のままで迎えた、学園に入って二回目の春のこと。ある日、夕希と翼は学園からの帰り道で、空腹で行き倒れていた巫女姿の少女・白銀更紗(しろがねさらさ)を助ける。更紗はにわかには信じがたいが、本物の「退魔師」で、「魔王」と呼ばれる強大な妖魔を追ってやってきたのだという。学園に潜んでいる可能性の高い魔王を見つけて打倒するため、更紗はしばらくの間、久川家に居候することになる。退屈な日々に変化を求めていた夕希は、自分の期待していた通りに大きな変化が訪れたと感じ、更紗に全面的に協力することにする。夕希がそうなら、翼も気持ちは同じだった。しかし学園には魔王以外にも強力な妖魔に取り憑かれた生徒がいて、その中には夕希の友人も含まれていた。更紗は彼女たちを助けるため、夕希に力を借りたいと言い出す。なぜ夕希かというと、夕希は女の子に慕われる女の子であり……美少女が大好きで。人には言えないような、ちょっとエッチな特殊能力を持っているからなのだった。乙女たちの心は重なりあって輝く。強く、優しく、しろがねのように。

MIND
とある私立学園で働く主人公は、悪友が手に入れた特殊な『媚薬』を使って日頃からの妄想・・・・・・自分の勤める学園に通う『少女達の躰』をいただくという計画を実行に移すことにした。その手段として、学校の健康診断の再検診を装い、彼女達を悪友の親の診療所に呼び出すことにする。純情可憐な少女や、ボーイッシュな子・・・・・・学園内で出会う女の子の中から餌食とすべき獲物を物色し、どの少女を毒牙にかけるのか・・・・・・それを選ぶのは貴方です。

GUN GRAVE
“何でも屋”として広野を渡り歩く旅のガンマン、トリフ・ボッキーニ。ある日トリフは、海賊に襲撃された駅馬車を発見する。その中の唯一の生き残りであるランペル・フォアグラーを近くの町まで運ぼうとしたが、ランペルの怪我は重く、町への途中で死んでしまう。ランペルは死ぬ間際、形見のペンダントを一人娘に届けてくれるようトリフに頼み、『夢と希望をやる』と謎の言葉を残した。ランペルの死から4年。トリフは、娘が住んでいるという辺境の町フィグタウンにたどり着いた。しかし、町の人々は口を揃えて、ランペルの娘プラム・フォアグラーは、2年前に死んだと言う。しかし、プラムの墓はどこにも見つからない。不審に思い、プラムの生死を確認しようとするトリフは、次第に、フォアグラー家に伝わる伝説の銃『グランウォーター』を巡る争いに巻き込まれていく……。

マーブルCandySoft*ナイショのお勉強セット
小さな女の子との秘密の恋愛を描いた『隠恋ぼ』『通心ぼ』をお得なセットにしました。『隠恋ぼ』では「夏」をテーマに強い日差しや蒸すような室内でお昼寝中の少女たちに…そんな主人公の出来心から始まる小さなひと夏の恋愛を描いた作品となっています。2作目の『通心ぼ』では1年という期間を通し、教師の「瀬田誠人」を中心としたサクセスストーリーを展開。『隠恋ぼ』で築き上げたいたずらシチュエーションはもちろん。さらにパワーアップしたさまざまなシチュエーションも必見の一作。年頃の女の子ならではのあるあるや、無知な女の子ならではのシチュエーションを取りそろえた、ナイショのお勉強セットとなっております。

通心ぼ 〜ママにもナイショの時間割〜
有名な私立学園の教師になりたくて単身都会へと移り住み、周辺の学園で下積みを重ねて数年。待ちに待った転勤の知らせに思わず期待が高まった。が、その辞令を見て愕然とする。新たな勤務地は辺鄙な田舎町。希望とは正反対の場所である。とはいえ上からの命令、 不服ながらも新しい職場へと足を運んだ。そこで目にしたのは、小さく古びた校舎。あまりの寂れ具合に落胆の色を隠せないまま先生達に初日の挨拶を済ませ、居候先の橋本家と向かった。新学期。初めて教壇に立ち、教える程しかいない学生の前で自己紹介を行うと、思いがけない人の温かさが返ってきた。都会のピリピリとした教室の空気と違い、しばらく忘れていた家族のような温かさ。僕の気持ちは、次第に揺れ動いていった。

ふたりじめ
主人公「桃井良太」は青月学園の3年生だ。一学期も終わり、これから学園生活最後の夏休みを迎えようとしている。良太はこの夏休み前に幼馴染であり、ずっと好きだったクラスメイト「園井明日香」に告白し、実は相思相愛な事がわかって学園公認のカップルとなっていた。そんな中、良太の義妹「桃井千夏」が夏休み限定で良太の家に転がり込んできた。両親が1ヵ月間旅行にいってしまい家を空けるからだ。だが、良太は千夏が自分に対して強い想いを抱いていることを知っていた。血は繋がっていないとはいえ、兄妹の関係である良太はそれに答えることが出来なかった。一人暮らしを始めたのもそれが理由のひとつでもあった。夏休みが始まりのんきに遊びほうけている良太であったが、色々な人と出会う事になる。病気の女の子や新人ナース、女教師、ちょっとアブノーマルな娘など、心と身体のふれあいを通して人間的に成長していく良太―――。そして、ふたりの美少女からの愛情にはさまれながら忘れられない夏休みを過ごす。

女子寮辱
良家の子女が通う美鷺女子学園。その人里はなれた敷地内の一角にある、美鷺寮にはたくさんの女子生徒が生活しているが、夏休みの為ほとんどの生徒が里帰りしてしまっていた。残っているのは帰省する予定の無い者と、部活の合宿などで学園にとどまる必要のあるものだけだったが、不順異性交遊禁止など厳しい校則のなかで皆それぞれの学園生活を謳歌していた。 犯罪者である彼らが訪れるまでは…。

人妻搾乳飯店
中華料理屋のバイトである主人公は、厨房を任され額に汗する日々を送っていた。しかしそんなある日、横浜の中華街で料理店を経営している叔母が怪我で入院したとの連絡が入る。そして、急遽その「乳々飯店」という店の店長代理を任されることになってしまう!!その店は中華街でも行列のできるほどの人気があり、中でも「特製の杏仁豆腐」は人気のメニューとなっていた。叔母の知り合いの人妻たちがウェイトレスとしてフロアを取り仕切ってくれたこともあり、戦場のような厨房をなんとか切り盛りする主人公。やっと初日が終わってへとへとになって店長室のソファーにぶっ倒れているところに、人妻の一人が恥かしそうに明日の仕込みについて相談してきた。「…あの、あ、明日の分のおっぱいを絞っていただかないと…」何と!!「特製の杏仁豆腐」には人妻たちの母乳が入っていたのだった!

人妻搾乳百貨店 DL版
怪我をした叔母の代わりにバイトで入った「乳々飯店」。今では正式に店長として認められた主人公は、忙しいながらも充実した、そしてエッチな日々を過ごしていた。そんなある日、超有名百貨店からテナントを出店して欲しいと要請がやってきた。「乳々飯店」の名物「乳々豆腐」のスイーツとしての評判に目をつけた百貨店の女社長から、破格の条件でテナントの提案をされる。しかし数少ないスタッフで店を切り盛りしている上、「乳々豆腐」の製造方法は秘中の秘であるため主人公は出店を渋る。とにかく一度出店予定のフロアを視察することになった。ところが!見学最中に主人公が美貌の受付嬢と起こした『揉め事』を女社長に目撃されてしまい、やむなく出店しなければならないことに!?乗り気でないまま出店準備を始めた主人公に、さらなる試練が襲いかかる。「美紀」が妊娠したため、「乳々豆腐」の材料である「母乳」の味が変化してしまったのだ!苦境に立たされた主人公は、百貨店のデパガ達から最高の母乳を探すことになった。果たして、主人公は乳々豆腐の味を取り戻し、百貨店のテナントを成功させることができるのだろうか!?

しおふきマーメイド「だめ、コーチ! なにか出ちゃうぅ!」
主人公の誠(まこと)はごくごく普通の大学生。アパートの近所に温水プールがあり、特技というほどではないが泳ぎは達者な方なので、暇つぶし&水着姿の女子鑑賞として、毎日のように通っていた。今日ものんびり泳ぎを楽しんでいると、顔なじみの監視員のお姉さんである根岸日向子に、半ば強引にコーチの仕事を押しつけられる。しぶしぶ生徒を待つ誠だったが、時間になってやってきたのはスタイル抜群、清楚な美人の若妻・本郷鞠奈だったのだ!先ほどまでの不満は何処へやら、ニコニコ顔で鞠奈を指導する誠。しかし、鞠奈は本当に泳げないらしく、バタ足も満足に出来ない状態だった。誠は鞠奈の魅力的な身体に直接触っているうちに、下半身が元気になってしまう。それに気づいた鞠奈は顔を赤らめるものの、嫌がるどころか誠の肉棒を求めてきた!夜の生活の不満?それとも、もしや美人局?そうは思っても乞われるままに、鞠奈を抱きしめて行為に及ぶ誠。ところが、愛撫の為に指を膣内に挿入すると、鞠奈は異常なまでに激しく感じ始めてしまう!そして、鞠奈はひときわ大きな嬌声を上げると、局部から大量の液体を噴出してしまって……!?プールの中で花開く、主人公の意外な(エロの)才能!!凛々しいお姉さんから欲求不満の若奥様、童顔巨乳から色気ムンムンセレブまで、この指で潮を噴かせてみせましょう!!

びんかんアスリート
主人公の持田茂(もちだしげる)は普通の大学生。近所の有名な大型スポーツジムでバイト中、ひょんなことから話が進み、スポーツニュースなどでおなじみの人気ビーチバレー選手・三輪朝香(みわあさか)のマッサージを担当することに!ドキドキしつつもベッドの上に寝そべった三輪選手の引き締まった肢体を揉みし抱いていく主人公。気持ちよさのためかうとうとしている彼女の身体をふとみると、頬は上気し、股間にうっすらシミが出来ているのに気づく。「これって……もしかして、マッサージされて感じてるってこと?」半信半疑ながらも調子に乗った主人公、マッサージをしている振りをしながら股間に指を滑り込ませて布地の上からアソコをなぞり上げたりしていると、染みはますます大きくなりまるでおもらしをしたように、ベッドの上まで濡らしてしまう。なんと、主人公は「女性を気持ちよくする天性の才能」をもっていたのだ!!そして主人公の”特別マッサージ”を受けた三輪選手は、以前にも増してめざましい活躍を見せる。その評判を聞きつけ次々と主人公の元にやってくる、各種目の有名女性アスリート達。果たして、バイトから一転、天才マッサージ師として噂になった主人公の運命は…?

おしゃぶりアナウンサー
理想のテレビ番組を作ることを夢見て憧れのマリテレビに入社した蓑田久太郎(みのだきゅうたろう)。ADとして雑用ばかりをさせられる日々でも、いつか番組作りを出来る日を夢見て、馬車馬のように働いていた。しかし、配置転換でゴールデンタイムの人気バラエティー番組『テンパリ・ショータイム』の担当ADになったところから人生の歯車が狂い始める。番組で司会進行を務める人気女子アナ『西尾彩』に何故か目を付けられてしまった久太郎は『みのキュー』というあだ名を付けられ、まるで彩専属のマネージャであるかのように、使い走りは当然のこと、収録後にマッサージをさせられたり、全身タイツで番組の1コーナーで身体を張らされたりと散々なイジメ(?)を受けることに。そんなある日、いつものようにコーヒーを入れるように命じられた久太郎はふとしたイタズラ心とちょっとした復讐心からコーヒーに自分の精液を混ぜて彩に飲ませてしまう。微かに違和感を覚えつつも特に気にせずにコーヒーを飲み干す彩の姿に、久太郎は興奮を覚えつつも、罪悪感に襲われるのだった。その日の収録後、いつものように彩に控え室に呼び出される久太郎。『今日のコーヒーなんかおかしな味がしたけど……あんた何かした?』彩の追求に激しく動揺する久太郎だったが……。『あのコーヒーのお陰かわからないけど……今日の収録、自分でも驚くくらいスムーズに喋れたのよね……』『まさか、あんたのコーヒーに不思議な力があるとは思えないけど……試してみる価値はありそうね……』こうして、久太郎の精液に秘められた不思議な力により、美人女子アナ達との夢とHに溢れた、魅惑のハーレム生活が始まるのだった。

つるつるナース
主人公である森本徹(もりもととおる)は普通の大学生。実家からの仕送りを止められて困っていたところ、求人サイトにのっていた『1週間食べて寝ているだけで○十万円!』という、新薬実験のバイト募集の広告が目に入る。すこし不安があったものの、楽に稼げそうなところに惹かれて面接へ行く徹。しかしバイト先の病院『桃谷クリニック』は予想に反して最新式の設備と、美しいナース達揃いの夢のような環境だった。そして、面接に合格した徹は桃谷クリニックでしばらく宿泊することになった。女医や看護師達の美しさに鼻の下を伸ばし、こんなバイトで金が稼げるなら楽なもんだと気楽に構える徹。ところが、投薬開始の翌日になって異常事態が発生!いつも以上に膨らんだパジャマのズボンをずり下ろすと、そこには何といつもの倍近いサイズに膨らんだペニスと、それをも覆い隠すほどのびたアフロヘアーのような陰毛があった!慌ててナースコールを押した主人公だったが、かけつけた看護師も目を丸くするばかり。投薬を行った女医も呼び出されてその症状を見て一言。「これはいかん、私とした事が精力剤と毛生え薬を同時に投与してしまったようだ(棒)」すぐに黒々とした陰毛を剃り落とすが、薬が効きすぎて剃っても剃っても生えてくるありさま。激怒し、「訴えてやる!」と鼻息を荒くする徹だったが、「私達の毛も自由に剃っていいですから、ここはひとつ穏便に…ね♪」と、自らの局部をさらして誘惑する院長にまんまとなだめすかされてしまった!その日から、事態を隠蔽するため、徹は特別病棟に隔離されることに。その代わり、毎日美人の看護師達が剃毛しにやってくる。しかも慣れない剃毛に興奮して勃起したチンポをお口でやさしくなだめてくれるサービス付き!ところが『こんな生活も悪くない』と調子に乗った徹が、看護師まで剃毛し始めた事でクリニックは大混乱に?!果たして、主人公は普通の身体に戻れるのか?パイパンになってしまった看護師達とのただれた関係はどうなるのか?!

おしかけスクランブル「あの子とわたし、どっちを選ぶの…?」
主人公である吉田孝弘(よしだたかひろ)は、地方に転勤した親元を離れ、ひとり暮らしの貧乏生活を満喫している学生だ。そんな彼の生活は、ある日を境に一変することになった。「吉田孝弘様のお家をご存じですか…?」登校中、見るからに礼儀正しく、清楚な雰囲気が漂う女の子に突然訪ねられる。自分の名前が出たことにびっくりするも(こんな綺麗な子が?何かの間違いだろ)と思った孝弘は、その場は知らないと言って切り抜ける。その日の放課後、朝のことを思い出し(あんな綺麗な子が、俺を探してたのなら嬉しいよな……でもまぁ何かの間違いだろうなぁ)と考えながら歩いていると、突然角から飛び出してきた、見るからに生意気そうな女の子とぶつかってしまう。「いったいわねー、気を付けなさいよ!」口論となるも、「とにかく気を付けてよね。私、急いでるから」と一方的に悪者にされ逃げられる。「俺が何したってんだ」という思いを抱えたまま、孝弘は帰宅するのだった。そして夜。インターホンに出てみると、そこには朝の女の子がいた。「貴方が孝弘様だったのですね。ふつつか者ですが、宜しくお願い致します」「南城ちづる」と名乗った女の子は、俺の許嫁として育ち、このたび俺に嫁ぐために実家を出てきたのだという。何が何だかわからないが、夜遅くに追い返す訳にも行かず、一晩泊めることに。翌日。ちづるの事で悩みながら帰宅すると、そこには見たことのある顔が。「あーー、あんたは!!」部屋には、昨日ぶつかった、生意気そうな女の子「霧村陽子」が上がり込んでいた。こうして、男一人の静かな暮らしは終わりを告げ。おしかけ美少女二人との、ドタバタあわただしい日々が幕を開けたのだった。

ぱいずりチアリーダーVS搾乳応援団!
主人公・高柳 慎(たかやなぎ しん)は鳳(おおとり)学園の応援団に所属する大学生。本人は応援団なんて全く興味なかったのだが、義理の姉である高柳 侑子(たかやなぎ ゆうこ)にムリヤリ入団させられている。応援団の歴史と伝統は長く続いているものの、現在の部員は主人公と義姉の二人だけの弱小部なので部費も少なく校舎裏の倉庫が部室となっていた。かたや応援団のライバルである学園のチアリーディング・チーム『パープルフェニックス』はここ数年全国大会で優勝をねらう程のチームに成長し、学園の期待も大きいため部費も多く、選手達専用の宿舎も備えて万全の体制であった。そのチームのエースに抜擢された雫石 ちえり(しずくいし ちえり)は、今年こそ優勝をと張り切っていたのだが、ある日、主人公と接触の接触事故で足を捻挫。大会も迫っている中、エースを怪我させたことで主人公への責任が追及される。チアリーディング部の監督兼コーチ・鷹山 皐月(たかやま さつき)は、その事態をうけて決断する。それまで同部のマネージャーをやっていた蔵 真琴(くら まこと)がちえりの代わりに選手として練習参加、そして主人公が真琴の代わりにマネージャーを含めた雑用をすることに。おまけに、ちえりが担当していた女子寮の管理も、任されることになったのだ。義姉は主人公をチアリーディング部に取られることに最初は反発するも、この機会に部を貶める作戦を思いつく。その作戦とは、主人公に出所のあやしい搾乳薬を手渡し、チアリーダー達をたらしこんで弱みを握り、部を崩壊させるというものだった。義姉の命令にさからえず、しぶしぶそれを承諾する主人公。こうして、なし崩し的に、マネージャー兼女子寮の住み込み管理人兼雑用係兼、応援団のスパイ……にまでなってしまった主人公。ところが、マネージャーになった初日、コーチである皐月からとんでもない指示が出された。「チア部員は、羞恥心を克服するためこいつ(主人公)とパイズリ特訓しろ!」戸惑うチア部員達と主人公。チア一筋で恋愛にも疎い彼女たちが恥じらい戸惑う中、見本を見せてやるといってコーチは主人公にパイズリをし始める!!かくして、チア部の美少女達と女子寮生活はインパクトたっぷりに開始されたのだった。

巨乳トライ! -短期集中乳揉みレッスン-
主人公「緒田 啓佑(おだ けいすけ)※名称変更可能」は普通の大学生。両親が出張で忙しく、女子学園で教師をしている義姉の美央(爆乳)とほぼ二人で暮らしている。初体験は義姉(教師)に家庭教師されていた最中に奪われ、以来彼女には頭があがらず、パシリ的扱いをされていた。主人公もまた皮肉なことにおかげで頭はよく、家庭教師のアルバイトを街の公園にある掲示板で細々と募集しているが教え子は現れない。――ある日、義姉の留守中に義姉の教え子である小早川綾乃がテスト前なので勉強を教えて欲しいと押しかけてきた。義姉は留守だと断るものの、どうしても勉強を教えて欲しいと泣きそうになる彼女を見かねて主人公で良ければと、臨時の家庭教師として勉強を見てあげる事に。ところが家に上がり込んだ彼女は勉強するどころか主人公の事ばかりを根掘り葉掘り聞いてくる。呆れた主人公が、どうして俺に興味があるのかと尋ねると、義姉のスタイルが良いのは弟に毎日揉んでもらっているからだと学園で教え子達に吹聴しているらしい!驚く主人公を尻目に、彼女は本気で悩んでいると胸を露出してくる。結局胸を揉んであげているうちに二人とも盛り上がってしまい「男の人を知ればもっと……ですよね!?」と、彼女の処女を奪ってあげる事になる。それから数日後、義姉にバレやしないかと冷や冷やしながら過ごす主人公だったが、その彼女がバストアップに成功したということで、友達まで引き連れて再びやってきてしまう!それからと言うモノ様々な女の子たちが主人公に胸を揉まれてはSEXまでもつれ込み、義姉(実は主人公の事を好きさ余って苛めている)にバレて大騒動!さらに掲示板を見て現れる様々な教え子たち!はたして、主人公はどうなってしまうのか?そして切実なる彼女たちのバストアップへの思いは成功するのだろうか!?

おっぱい学園マーチングバンド部!
主人公はとある学園に通っている、ごく普通の男子学生。唯一の趣味はカメラでいろんな写真を撮る事なのだが、たまたま風景を撮影していたときに、学園でも人気のあるマーチングバンド部の練習風景をファインダーに納める。マーチングバンド部の見事な隊列と一生懸命で凛々しい女の子達にみとれつつシャッターを切る主人公。それに気付いた部の取り巻き達に「いやらしい写真を隠し撮りしていた」と糾弾され、もみ合いとなった結果、大事なカメラが壊れてしまった!帰り道。壊れたカメラを首からぶら下げてとぼとぼと歩いている主人公に、繁華街で客引きをしてそうな、バニーガールのお姉さんが声を掛けてくる。バニー「ふふふ……少年ー。すっごいカメラ、ほしくなーいー?」突然の申し出に戸惑う主人公だが、バニーガールのお姉さんは無理矢理おしつけるようにカメラを主人公に渡してくる。仕方なくそのカメラを家に持ち帰る主人公。次の日。カメラを壊してしまった件でマーチングバンド部の顧問教師から謝罪したいと言われ、主人公は1日だけ部活動の写真を撮らせてもらえることになった。しかし自分のカメラは壊れてしまったので、仕方なく、謎のバニーさんから渡されたカメラで写真を撮る。主人公(あ……なんか、頬が上気してきて、汗がふえたような……?)すると、写真を撮られるたび頬を上気させ、まるで発情しているような様子のマーチングバンド部の女の子達。緊張しているだけかと思ったがどうもおかしいと思いカメラを調べると、メモが挟まっていた。バニー「このカメラで女の子を撮ると、その子は発情してエッチになるの。使い方はキミ次第!」メモの内容に驚きつつも、目の前の事態をみてそれが嘘ではないと突きつけられる主人公。ところがマーチングバンド部の女の子のからは、主人公に写真を撮られると気持ちよく演技出来る、演技に艶がでるといった意見があがり、それを真に受けた顧問の美奈穂から、専属カメラマンの申し出が……こうして始まる、カメラマンの主人公とマーチングバンド部の女の子達とで繰り広げられるエッチでドタバタの日々!果たして、謎のバニーガールさんの正体は?そして発情カメラでエッチになる女の子達を前に、主人公の理性はどこまで保たれるのだろうか!

デカくてエッチな俺の姉
瀬川俊介(せがわしゅんすけ)は平均より背が低いことを気にしている男子学生。親元を離れ、今は男子校の学園寮で生活をしていたのだが……この春休み、実家からの呼び出しを受けて十数年ぶりに帰省することになった。――程なくして、実家についた俊介を待っていたのは、自分の記憶の中よりもずっと大きくなった、三人の姉達だった!たじろぐ主人公にも構わず、長女の朝霞(あさか)が久しぶりにあった弟に、顔をほころばせ抱きついてくる。朝霞の大きなおっぱいで圧死しそうなところを何とか引きはがして、自分を実家に呼んだ理由を問いただす。「その……貴方の精液を、お姉ちゃん達に飲ませてほしいの……」聞けば、姉たちは発作的に発情してしまう原因不明の病気になってしまい、その発作を抑えておく治療薬として、精液が必要なのだという。突拍子もない話しを信じられない俊介は「姉にそんなことできるか!」と家を出ようとする。しかし時既に遅く、次女・月乃(つきの)によって玄関の扉や窓はすべて鍵を掛けられてしまっていた!そこに3女の夕希(ゆき)も加わり、抵抗むなしく俊介はズボンを引きずり下ろされて……!?ちっちゃい弟が、自分より背の高いお姉ちゃん達に囲まれて朝昼晩、ひとつ屋根の下で1日中精液を搾り取られるエロエロエロエロ軟禁生活!回数を重ねるたびにエスカレートするお姉ちゃん達からのエッチに、俊介の身体はどこまで持つのか!?

おっぱい以外がダメすぎる姉
主人公は学園2年生。中肉中背で目立たない容姿で運動は苦手だが、家庭科の成績だけは別。そして炊事洗濯などの家事全般スキルは学生とは思えない手際のよさで、クラスの友人達からは、熟練した主婦のようだと噂されていた。主人公がそんな風になったのは、一緒に暮らしている「ダメすぎる姉達」に原因があった。長女は主人公の担任で明るい女教師。生徒達からも慕われている。しかし家ではズボラでパンツ1枚の生活、料理どころか家事全般はまるで駄目。次女は売れっ子の恋愛小説家、物静かで可憐な女流作家というのが世間の認知。しかし実はお酒大好きで酔いやすく、お酒を飲んだら弟に対して絡む・脱ぐ・エッチを迫る。三女は学園の風紀委員長。クールで理知的、成績は校内1位で教師達や委員会からの信頼も厚い。しかし実は嫉妬心が強く弟にかまってもらえないとものすごく不機嫌になる性格。そんなダメな姉たちだが、弟である主人公の悩みはそれだけではなかった。少し前に、姉たちは発作的に「発情」をしてしまう原因不明の病気にかかってしまい、その発作を抑えておく治療薬として、精液が必要なのだということを、医師に説明される。「病気になったならしかたないな〜弟の精液もらわないとな〜」そんな病気にかかってしまった姉たちはむしろこれ幸いと、弟の精液をもとめてくる!家にいるときだけでなく学校で、町内で、外出先で、主人公が枯れ果てるまで搾り取られる!?

ごっくんアスリート!
上城和希(主人公、姓名変更可能)はごく普通の学生。ただし、その姉である怜奈(れな)は女子陸上界で今一番注目されているホープだ。その年の夏休み、特にすることもなく、今日もその姉が出演しているTV番組をぼーっと眺めていたところ、突然、顔が柔らかい肉につつまれる感触が。柔らかい感触と甘い囁きに驚いて振り向くと、そこにはTVの中と同じ、姉の顔があった。収録じゃないのか!?と思っていたので驚く主人公。姉は、そんな主人公の考えを見透かしたようにからかう。「生放送だと思ってた?思ってた?目の前にお姉ちゃんがいて今どんな気持ち?」姉のペースにまきこまれまいとアオリをスルーして、何の用かと問いかける主人公。怜奈は悪戯っぽく笑うと「これから練習だから……いつもの、お願い♪」と言ってくる。そう言われて顔を赤くしてしまう主人公。姉の言う“いつもの”というのは……主人公の精液を摂取することだからだ!――姉との行為をするようになったのは数ヶ月前。当時、成績が伸び悩んでいた姉に、どこから聞いてきたのか男性ホルモンとタンパク質摂取は精液が一番、だから精液を飲ませて欲しい、という相談をうけ、1回だけならと了承してしまったのが始まりだった。その一件以来、本当に成績を伸ばした姉に頼み込まれてしまい、自分の精液を提供することになってしまったのだ。戸惑う主人公を押し倒し怜奈は豊満なおっぱいをさらけ出す。「うわっ、すっごくおっきくなった。アンタってば、ホントにおっぱい好きなんだから、もう……」そう言っておっぱいで男性器を挟み込むと、谷間から覗く男性器を舐め始める怜奈。おっぱいで扱かれながら、亀頭をすわれるパイズリフェラ。姉としているという背徳感も手伝って主人公はたっぷりと精液を姉の口内に吐き出していく。……数発搾り取られた後、おしゃぶりフェラをしていた姉が主人公に告げる。「そうそう。明日から合宿にはいるから、アンタも用意しておいてね?」突然の申し出に驚く主人公。聞いてないよ、と姉に告げると、今言った、としゃぶりながら言ってくる。姉は独断で自分のマネージャーとして、主人公を強化合宿に付き添わせることを決定していたのだ!そして姉の合宿中、噂を聞きつけた美人トップアスリートが、主人公の精液を求めてやってくる!?

とらぶるサッキュバス
主人公の藤原敏行(としゆき)はごく普通の学生。両親が海外出張中のため、きままなひとり暮らしをしている。そんなある日のこと、クラス委員長であり、ちょっと気になるお隣さんの天堂理枝(てんどうりえ)に誘われ、二人っきりでのランチタイムを過ごしていた。気にすまいと思ってもどうしてもお互いを意識してしまうそんな甘酸っぱいひとときを過ごしていた敏行。しかし、そんな敏行の元へ…なんと、いきなり可愛い女の子が降ってきた!?「あなたがニナのダーリンね?さっそく、子作りしちゃおうよ〜!」……その女の子「ニナ」は敏行を「ダーリン」とよび、「魔界」からやってきた淫魔の女王候補であること、敏行こそが次期魔界の王になる男だと告げ、正当な女王としての既成事実をつくるべく、敏行の子供を産みにきたのだと言い放つ。あまりに突飛な話に「???」となる敏行だが、そんな気持ちは汲んでもらえず、ニナに押し切られて時も場所も問わずエッチを求められることに!!ニナは本当に魔界から来たのか?お隣さんの理枝との微妙な関係は?なにより、敏行の身体はどこまでもつのだろうか!?

処女ビッチだらけのテニス部合宿!
私立・竜舞学園に通う男子学生・“佐野悠人(主人公※名前変更可能)”は中肉中背で特徴のない容姿、勉強も運動もそこそこ、本人はどこにでもいる目立たない男子学生。ただし本人が目立たなくても、その姉妹ほうが思いっきり目立つ存在だった。姉の“ありか”と、妹の“みあか”は、丁度主人公とは1学年上下にあたる。二人とも主人公とは血縁があるとは思えない美人だが、服装も容姿も派手。また流行にも敏感なため女子の取り巻きが多く、所属する“テニス部”でも大活躍していて人気者。当然、ふたりとも男との噂は耐えない。しかし、そんな姉には、誰にも言えない悩みがあった。派手な見た目で経験豊富そうだったありかは、“まったく経験のない処女”だったのだ!周りから誤解されるまま言いだせない姉は実は男性の視線にてんで弱く、テニスの公式試合でもいい結果が残せない。この夏の大会に向けてその弱点を克服すべく、テンパった姉のとった行動は合宿中に“『本当に男経験豊富なビッチ』”になることだった!そしてテニス部マネージャーをさせられていた主人公は、その相手を務めることに!?ありかのライバルである清楚なお嬢様のテニス部長、“ゆかり”。それに妹やクラスメイト、顧問まで巻き込んでの“『ビッチ』”強化合宿が始まる……!

Gカップシスターズ! 〜妹だらけの搾乳学園祭〜
Gカップ巨乳な妹達から「おっぱい搾って」とお願いされたら…絞って、揉んで、吸いつかずにはいられない!新任教師・浮間奏介(うきまそうすけ)【姓名変更可能】は自身の母校である加茂宮学園に配属され、憧れの教師としての仕事に意欲を燃やす。そんな主人公も、家の中では3人の妹をもつ兄である。ほわーんとした天然系の長女・ひまり、しっかりものだが甘えベタな次女・結月(ゆづき)、小悪魔っぽく兄をからかってくる3女・澪(みお)、幼い頃から兄にべったりだった妹達は3人揃って兄の母校へ入学。そして、兄が教師として赴任するとこれ幸いとばかりに起床から通学、下校はもちろん、学園内でも常にべったりしてくるようなブラコンぶり。成長がすべて胸にいってしまったのか、身長は伸びないのにおっぱいはすこぶる巨乳のGカップまでに育っている。そのため幼い頃からかわってないブラコン行動がすべて、男としての欲望を煽るようになってしまっていた。兄として男として、妹への複雑な想いを抱えつつ学園祭が近づいてきたある日。放課後まで残っていた主人公のところに、妹のひまりが涙を浮かべやってくる。【ひまり】「私っ……おっぱいが出るようになっちゃったの!どどどど、どうしよう、お兄ちゃんっ……!」なだめつつも、どうすれば良いのか検討つかず途方に暮れる主人公に、ひまりがおずおずと口を開く。【ひまり】「あ、あのね……お兄ちゃん……その、お兄ちゃんがおっぱい搾ってくれるの……ダメ?」妹とは言え女性の胸を揉み、母乳を絞り出すなんて……教師として許されるわけがない!常識と理性で踏みとどまろうとする主人公に、ひまりはGカップのおっぱいを寄せ上目遣いでお願いしてくる。【ひまり】「お願い、お兄ちゃん……こんなこと頼めるの……お兄ちゃんしかいないの……」その言葉で主人公の理性はあっけなく崩されてしまい、妹の頼みを聞き入れ母乳を絞ることを承諾する主人公。可愛い容姿に低めの身長。そして胸のサイズはGカップ。そんな妹達からお願いされ母乳を搾ってあげる主人公の理性は、どこまで保つのか……?

即イキびしょぬれアスリート!
赤坂春樹(あかさかはるき:主人公【姓名変更可能】)は大学生。怪我をして、バレーをやめるハメになってしまった。目的がなくやや無気力状態な日々を過ごしていたある日、幼なじみでスポーツウーマンの千早川桃香(ちはやかわももか)に付き添って定期検診に行く途中、桃香の主治医である比奈村佳苗(ひなむらかなえ)の事故現場に遭遇する。佳苗は右腕を打撲したらしく、主人公はとっさに腕に触れて軽くマッサージをする主人公。すると佳苗は驚き「あなたのマッサージに星の導きを感じた」と言い、本格的にマッサージをさせてみたいと主人公を自分の施術室へと連れて行く「星の導きなんてそんな」といぶかしむ桃香へ主人公が見よう見まねでマッサージすると、最初はなんてことない様子であったのが段々と感じ始めてしまい、最後には潮まで噴いて、絶頂してしまった…!





〜 オンラインショッピング検索エンジン 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット