アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
処女宮
聖マリエル女学院。友原春菜は、仲の良い友達や後輩に恵まれ、楽しい学院生活を送っていた。そして卒業式も近いある日、彼女は後輩から一冊の本を渡される。内容は、女の子同士の激しい恋愛を描いた小説。規律の厳しい学院内にあって、それは禁書とも言うべき存在だった。初めて知る世界に戸惑いながらも、胸の奥に何かが芽生えるのを感じる春菜。時を同じくして、囁かれ始める一つの噂……「処女検査」。聖堂内にあるという、異端者を尋問する部屋での身体検査。堕天使に惑わされ、色欲の虜となった生徒の粛清。数年前に行方不明となったという女生徒の話。同じことの繰り返しと思っていた日常が、急速に動き出す。膨らみかけの蕾のような少女の身体に、性の洗礼が襲いかかる。

姉妹教師丼
首都圏にある私立西徳学園(=男子校)には、「姉弟制度」と呼ばれる特殊な習わしがあった。それは経験の浅い女性教師が男子校に戸惑い、つまずいてしまうトラブルを未然に防ぎながら、教師としての心得を学んでいく、というものだった。そんな習わしのある学園に大学を卒業したばかりの二人の新任女教師が赴任してきた。神月ゆかりと、みさき。二人は姉妹。そして二人は、そのシステムに乗っ取って一人の生徒を指名するが、偶然にも同じ男子を指名してしまって……。

夏菓子
――ボクにとって忘れる事のできない、暑い暑い夏休みが始まった――“交渉役”――それは、旧校舎の取り壊しに反対し、そちらに通い続ける女の子たちを休日返上で説得する、いわば生贄のような役目。風邪で学校を休んだ次の日、強制的に“交渉役”に選ばれてしまった主人公。学園長からの説明を受け、旧校舎へ行った彼を待っていたのは、イジメのような屈辱的な仕事から、エッチで大胆なことまで、反対派の女の子たちの様々な要求だった!“交渉”という名のパシリをやらされるハメになった主人公の運命は!?

女将・静香 〜熟れた果実が堕ちる刻〜
旅館の女将である静香は最愛の夫を亡くし、悲しみに暮れていた。そんな彼女の前に相馬と名乗る一人の男が現れる。「ダンナさんのことで少々お話がありましてね……」男は、亡くなった夫が愛人に貢ぐために消費者金融から多額の金を借りており、未返済のままだという。「そんな! 夫は浮気なんかする人じゃありません!」大恋愛の末に結婚し、ずっと二人で支えあってきた。その主人が浮気なんて……。男は数枚の写真を取り出す。そこには見知らぬ女と、激しく交じり合う夫の姿があった。動かぬ証拠と途方もない請求額に、愕然とする女将。震える手の上に、男の浅黒い手が重なる。「大丈夫ですよ。女将さんさえ協力して頂ければ、必ず払えますから……」純和風旅館を舞台にした淫靡な物語が、今、始まる。

刻音色
雪原の中でひとり倒れているところ発見された主人公。一命を取り留めたとき、彼は自分に関する一切の記憶を失っていた……。メイドたちから、この館の持ち主、“詩条家”の当主であると教えられるが……。倒れていたときに握っていた「鍵」を手がかりに、主人公は自分の記憶を取り戻そうと、館内を探索しはじめる。だが、浮かび上がるのは館にまつわる謎ばかり……。時間の概念の無い館。密かに囁かれる「神隠し伝説」。『館に時間の概念を持ち込んだ者は神隠しに遭う……』そしてついに事件は起きる。次々と消えていく住人たち……まるで「神隠し」のように。雪に閉ざされ外界との連絡もつかず、館は疑心暗鬼に満ちる。消えた人々の行方は……安否は……?

MISSION OF MURDER
妖しいネオンが煌めく、真夜中の大都会。酒、ドラッグ、セックス……、眠らないこの街には、そこかしこに快楽と欲望が渦巻いていた。そんな欲望の街を根城に殺し屋として生きる男――、“D(ディー)”。国籍も、名前さえも持たないこの男は、“実体を持たぬ死神”と黒社会から恐れられ、何よりも酒とセックスを愛し、欲望を求めていた。しかし、奪う相手は強者のみ――、それが彼のプライドだった。ある日、彼の元に依頼が舞い込んだ。依頼者は三日前に全焼し、関係者が全員死亡したと報道のあった「新名生態研究所」の所長の娘・新名つばさ。彼女も死んだとされているが、その死んだ彼女からボディーガードの依頼だ。久しぶりのオフを楽しもうと思っていた“D”だったが、この奇妙な依頼を引き受けることに……。

Realize Me
シナリオライターを目指し、専門学校に通う学生・織本一輝。ゲームマニアでもあり、特に美少女ゲームが大好きな一輝も、同じ専門学校に通う女友達・門倉紗夜に想いを寄せていた。しかし、告白する勇気がなく、現実逃避をするかのように、美少女ゲームに傾倒してしまっていた。ある日、18禁美少女ゲーム『夜行探偵2 〜蛭王再醒〜』の体験版をプレイしていた一輝だったが、突然、架空世界と現実世界を繋ぐ「ゲート」を開く不思議な力に目覚め、ゲームに登場するヒロイン・芝原和歌那を、現実世界に呼び出してしまった。互いに驚き戸惑う一輝と和歌那。はたして、この出会いは一輝に何をもたらすのか……。

Mi・da・ra
主人公“羽柴祐斗”は大学に通う大学生。ある日彼は、キャンパス内で1人の女性とぶつかる。「それ……あげるわ。」彼女はそう言い残し、自分の落としたビデオテープを祐斗に渡して去って行ってしまった。……何が映っているのだろう………。気になった祐斗は、家に持ち帰り再生してみる。そこで彼が見たのものは……自分と義理の妹“優美”が、淫らな行為を行っている姿だった。夢とも現実とも取れるような、奇妙な感覚をもたらすその映像の世界に、祐斗は段々とのめり込み………そして少しずつ……理性は波へと飲み込まれていく………

破談屋
主人公はビル爆破事故により、記憶喪失となってしまう。記憶を失ってしまった主人公は、事故後とある病院に搬送されていた。爆破事故の容疑者として…。途方に暮れる主人公の前に、『正体を知る』という小太りの中年男が現われる。その男は言う。「あの事件の犯人は、紛れもない君なんだよ!」と…。事態を把握できない主人公に、男はなおも続ける。「これはな…取引だよ。俺は、君と取引がしたい…」「俺は君を買ってるんだよ…君のその、特殊な才能をね…」主人公は半信半疑のまま、『破談屋』という職業に携わることを約束する。『破談屋』とは何なのか…。自分の「特殊な才能」とは…?それは、これから主人公が行う行動によって、証されていく…。自分の過去は…自分は何者だったのか…。

真・夜勤病棟 ダウンロード版
今宵も、サナトリウムの檻に囚われた白衣の天使たちの嬌声が響き渡る。夜勤病棟───それは新進気鋭の大病院『聖ユリアンナ病院』に隠された、知られざる裏の顔。白衣の天使たちを従順な性従事者へと仕立て上げ、世の権力者への供物とする忌まわしくも淫靡な特別病棟。天賦の医術の才を持ちながら、女性を辱め、その身体を実験にかけて弄ぶことにしか興味を示さない狂気の人格破綻医師───『比良坂竜二』だが、それゆえに獲物に求める要求も高く、比良坂は、決して満たされることのない孤独の日々の中、その欲望だけを募らせていた。そんなある日。突如として彼の元に舞い込む聖ユリアンナ病院からの非常勤講師の要請。そこに待ち受けていたのは、比良坂の過去の犠牲者にして、最高の獲物であった『神宮寺成美』だった。困惑する比良坂に、成美は予想外な要求をしてくる。その要求とは、見目麗しい4人の一流看護師を、アナタの手で見事な娼婦へと仕立て上げて欲しい。一流の娼婦による、最高の性奉仕事業の開設───特別病棟の設立に手を貸して欲しい、というものだった。4人の看護師はいずれ劣らぬ最高の素材たち。成美との別れ以来、決して満たされなかった欲求が、今度こそ果たせるかもしれない。胸のうちで燻っていた比良坂竜二の狂った欲望の火種が、今───激しく再燃する。

しすたー・すきーむ3
主人公、麻倉(あさくら)ちはやには美人の姉が居た。彼女はプロポーション抜群で、男子生徒の人気も高く、さらに弟想いであったが……主人公はさすがに姉弟で恋愛感情はあり得ないだろう、と思っていた。しかし、姉のせいで目が肥えたのか、あるいはそういう目で見られているせいか、中々彼女が出来ない。それでも彼女を作ってイチャラブ……を諦めきれない彼に、ある日、脅迫状が送られてくる。犯人は不明、動機も解らないが……姉とキスをしないと、秘密を暴露するという。悩む主人公の前に、奇しくも時を同じくして、幼い頃に引っ越しで離ればなれになった幼馴染み、さゆみが現れる。彼女は、海外で居を転々とする父親が、主人公の母親と再婚したので同居する、というショッキングな事実を告げる。幼い頃仲の良かった幼馴染みの同居、そのせいでギクシャクし始める姉との関係、それを冷静に注視している、でも再婚したての母親。そして、容赦なく送られてくる脅迫状と、その指令。主人公の性欲と、恋愛感情の行く先は、果たしてどっちだ――っ!?

お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。
「ねえ、お兄ちゃん。わたしたちの夢、ぜったい叶えようね」そう言って、妹が僕の隣で幸せそうに微笑む。肌を刺す冬空の下。息は白く、だけど寄り添う僕らは、くすぐったいくらいに温かくて。今“脚本家の兄に女優の妹。今はまだ雛のような二人だけど、いつか世界で一番素敵な作品を作りたい”そんな夢を絆に、僕たちは共に育った。そんな絆を胸に、僕と妹は共に歩んできた。そうして。気がつけば……遠かった夢は、夢じゃない所まで近づいていて。気がつけば……僕は、僕の妹に恋をしていた。昨日の続きのような幸せな今日。今日の続きのような幸福な明日。そんな幸せがずっと続くと思っていた。ずっとずっと、続くと思っていた───

義妹だからできること、妹じゃないとダメなこと。
「赤の他人との兄妹ごっこ。それならガマンする必要もないですよね」出逢ったばかりの少女が、屈託のない笑顔を浮かべながら朗らかに言う。まるで、気心の知れた友人同士が交わす、学校帰りに道草に誘うような気安さで。お気に入りの詩集を読み上げるように、少女は可憐な仕草のまま、僕を誘う。実の妹に恋した僕に向かって。実の妹に欲情するような僕に対して。決して他人にバレてはいけないはずの、僕の秘密を知る少女は、蜜のような脅迫を仄めかす。「本当の妹にはできないこと、わたしがしてあげます」そうして、その日。僕は彼女を組み敷いた。たった一度だけの過ち。ほんの一回だけの妥協。ほんの一時だけの馴れ合い。それで、僕たちの関係は終わるはずだった。それで、僕たちは他人同士に戻るはずだった。だけど。その時の僕は、知る由もなかった。「あらためてよろしくお願いしますね。お義兄さん」一期一会だと思った少女が、まさか僕の義妹になるなんて…これは、妹に恋するダメな僕と。僕に懐きすぎる困った義妹と。そんな僕らの関係に、ヤキモキする普通の妹の物語。きっと、それだけのはず。たぶん。

僕の愛しい妹が寝取られちゃった理由
彭城雛奈(サカキヒナ)。顔はもちろん、巨乳なうえにスタイルも完璧。身長が低くて小っちゃい事がコンプレックスみたいだけど、そんなところも可愛くてチャーミングだ。性格も明るくて、無邪気で、健気。そんな彼女は、僕と同じ私立百里(ももざと)学院に通う、可愛い『妹』だった。そんな妹から、僕はある日、告白される。彼女は僕を、一人の異性として愛してくれていた。それは僕も同じで……僕たちはその日、晴れて『恋人』になった。でも、僕と雛奈は、学園内ではあくまでも『兄妹』で。僕と雛奈が恋人になったと、公言する訳にはいかない。まして、妹は学園内では人気者だ。僕の周りにも、本気で妹を狙っているやつらがいる。自称親友の矢嶋圭(ヤジマケイ)。僕の美術部の顧問で、雛奈の学年主任を務める尼谷雅和(ニタニマサカズ)先生。そして、札付きの不良として有名な、東雲雄哉(シノノメユウヤ)。彼らは虎視眈々と、妹にその魔の手を伸ばしてくる。そんな奴らに、愛しい雛奈を取られるわけにはいかない。果たして僕は、彼らから妹を守りぬく事が出来るだろうか……?

魔法少女の兄 〜下手な嘘と不良少年〜
東京からいくつもの路線を乗り換え、片道3時間。栄えているのは駅前ばかりで、あとは見渡すかぎりのあぜ道という『よくある片田舎』。そこが、僕らの新しい家だった。僕は、父の仕事の都合で東京からこの片田舎に引っ越してきた転校生。前の学園では、妹と揃って「真面目キャラ」として定着していた。誰からも好かれない代わりに、誰からも嫌われない。空気のような存在。妹本人はそれに対して特に不満は覚えていなかったようだけれど、僕は自分を変えられるかもしれない大きなチャンスに、胸を膨らませていた。僕たちの転校は、まるでお祭りのように騒がれた。すぐに出来た友達と、学園生活を満喫する。毎日が楽しい。学校に通うという『当たり前』の中で、今まで芽生えなかった感情に、僕は虜になった。そんなある日の事。寝付けずにまんじりともしない夜を過ごしている僕の耳に、不可解な音が聞こえた。まるで、床の軋みにも似た奇妙な音だ。耳を澄ますと、それは廊下から聞こえてきているようだった。ややあって、玄関が開く音が聞こえ、ふと自室の窓から外を見る。そこにいたのは確かに妹だった。こんな夜中に一体何処へ……?そう思い、呼び止めようとして、やめる。もしかしたら、妹も新しく出来た友達と遊びに行くのかもしれない。夜遊びは感心しないが、僕だって友達から誘われたら出かけてしまうだろう。あいつもあいつなりに、学園生活を楽しんでいるんだ……そう思うと、それを見咎めようとも思えなかった。それから、妹の夜遊びは毎晩のように続いた。近所では不審火が頻発しており、お世辞にも治安がいいとは言えない。変なことに巻き込まれる前に、僕が一言だけ注意しておこう……そう決めたその日の夜、事態は急変した。学校から帰ってきた僕が玄関を開くと、そこには傷だらけの妹が倒れていた。『異常事態』僕は慌てて電話を取り、救急車を呼ぼうとして……止められた。振り返ると、そこには倒れていたはずの妹が居る。どうして、と言いかけた僕の声は、なんでもないから、と言う妹の声に掻き消された。傷の手当をしながら、一体何があったのかと問い詰める。傷は擦り傷や殴打された痕が殆どで、それは明らかに誰かから危害を加えられた証拠だ。場合によっては、警察にも届出を……そう考える僕に、妹は言った。「えっとね、あのね……実は、わたし……魔法少女なの!」その目は視点が定まらず、明らかな不安と恐怖を孕んでいる。そんな苦しい言い訳をしてまで、妹は一体、何を隠そうとしているのか。その時の僕には、まだ何も分かっていなかった。

月陽炎 −DVD Edition− ダウンロード版
輝く月、燃ゆる夕日。それは決して相容れる事無く……時代は大正。明治と昭和の狭間にある、ほんの僅かなその時代。ひらひらと紅く、黄色く木の葉が舞い降りる季節。帝都からやって来たのは一人の青年。一つの大きなトランクを抱え、にこやかに街並みを眺めている、人の良さそうな青年。ただ父から言われ、たどり着いたその街。好奇心に心躍らせながら向かった場所は、何処か懐かしささえ感じさせる。出会うは少女。二人の少女。流れのままに過ごす日々の中で、青年は一人の少女とやがて心通わす。だが、それは偶然ではなく必然の恋。青年はこの街にやって来た本当の理由を知ることになるだろう。拭えぬ運命に戒められ……大切な何かを失ったとしても……それでも、ほんのひと欠片の幸せを追い求めた、少女と青年の物語が、今そっと幕を開ける……。

StarTRain
「必ず、星が堕ちる夜には、不安なその空を眺めていた」。オレには恋人がいる。一つ上の先輩、“藍田奈美”。優しくて、頭が良くて、でもどこかおっちょこちょいで、オレはそんな先輩が大好きだ。永遠に続くかと思えた優しい時間。でも、わかってたんだ。ずっと好きだったからこそ、わかってたんだ。踏み出せない一歩。本当の心の在り処。……先輩の世界。あの日同じ空を見上げた先輩。ずっと近くに居ようと、オレは必死だった。

ネット痴女-女子校生のアヘ顔-
間違いメールがキッカケで知った出会いH系サイトではカワイイ女の子達がアヘ顔で恋人を待ち焦がれていた!主人公はクリスマス・イブまでに、恋人たる女性を見つける事ができるのか?

HEAVEN 〜Death Game〜
南海の孤島『エデン』……そこはまさに、地上最後の楽園と呼ぶに相応しい島だった。美しい自然に招かれるよう、島を訪れた20名のツアー客たち。彼等は「アトラクション」への招待であると考えていた。しかし実際は、まさに命を賭けた……『デス・ゲーム』への招待状だったのだ。なにも知らない彼等が島に降り立った時、ゲームは開始される。ルールはただ一つ、「生き残ること」そのためならば、殺人も許される……純銀の砂浜は血で染まり、深闇には慟哭が響き渡る……彼等が“モニター”として選ばれた理由は?彼等を招いた影の存在は?そして真の目的とは………?真実に辿りつけるのは、ゲームの勝者………生き残った者……のみである

少女迷宮〜淫猥姉妹の男性調教支配録〜
「あなたには今日から、私達のしもべになって貰うわ」「これは、お願いしている訳じゃないんだよ。命令で決定事項なの」宵宮家の門を潜り、二人の姉妹に出会ってしまった瞬間から、あなたの人としての尊厳は、終わる。残された道は、少女達に忠誠を誓って、しもべとなるか。あるいは家具として、少女達に使い潰されるか。そのどちらを選んでも、少女達の思いのままに弄ばれる事は、変わらない……。

愛する息子の躾け方〜ママ達の男の子M化教育〜
本田詩織は、最近、最愛の一人息子・隼人がなんだか不良っぽくなっているのが、悩みの種。つい先日も、派手な喧嘩をして現在停学処分中。どうすればいいのかと、親友の千鶴子に相談したところ、返ってきた答えは、「男の子が反抗的なのは、母親に構って欲しいから」「男の子って、好きな女性に苛められると、喜ぶのよ」「本当はあなたの息子も、苛められたがっているの」こうして千鶴子からのアドバイスに従い、詩織は愛を込めて、隼人へと性的な調教を開始する事に。

魔少女 〜M男絶頂地獄〜
佐倉瑞希は、突然亜夜子と名乗る少女の姿をした何かに取り憑かれ、日々望まぬ射精絶頂を、繰り返していた。打つ手もなく思い悩んでいたその時、同じ学校の先輩である巫女の少女・太刀川鈴音から、彼女の家が代々伝える男女和合の儀式を用いれば、亜夜子を封印出来るかもしれないと話をもちかけられる。だがその為には、亜夜子からの責めに耐えて、七日間、射精を我慢しなければならないとも。果たして瑞希は、射精の誘惑に抗い、封印を守りきるのか。それとも、人外の快楽に屈して、自ら堕ちていくのか。それは、あなたの選択次第……。

ふたごとへぶん!Ver2.0
俺の名前は塚口 稔。自分の通う学園の理事長の御曹司。いわゆるボンボンというやつだ。…父さんに言わせればボンクラ息子らしいが。母さんは俺が小さい頃に亡くなってしまっている。卒業してから就くはずだった、理事長への第一歩である女子寮の管理人の職だったが、現管理人が突然辞めてしまったために、卒業前でありながら繰上げ就任となった。まあ、それは俺の女子寮ハーレム化計画が少し早まっただけで、何の問題も無い。むしろ、好都合だ。女子寮には少し前からただれた友人関係を続けている中崎財閥の双子のお嬢様、中崎真菜と中崎加奈を始め、年頃の女の子達が満載!そして、父さんがいつのまにか再婚して出来た可愛い双子の妹達も、父さん達が息子、娘をほったらかしてハネムーンへと旅立ったから、My女子寮へと入ることになった。こりゃもう、俺が何かをしなくても、毎夜毎夜違う女の子が熱く火照る身体を持て余し、管理人室を訪れて激しく俺を奪い合うんだ。 俺の身体はひとつしかないのに…。でも安心!三人四人くらいは同時に相手してやるからな!待ってろよー、俺の仔猫ちゃんに仔兎ちゃんに仔狐ちゃんに仔鳩ちゃんに仔羊ちゃんに仔鼠ちゃんに…えーと…。

わんわん、もーもー、うさうさ、こーん!Ver2.0
母親が倒れた事で、主人公はスワローテイルの臨時オーナーとして、おっかなびっくり働く事になった。とはいっても、小さい頃から一緒にいた幼馴染の「此花咲姫」がいるし、牛乳爆乳おっとり系のパティシエ「生野シエラ」もいる。そして、何故だか取り憑かれた自称九尾の狐の「たまも」や、愛され系うさぎキャラな学生時代の後輩、「曽根崎命」が加わり、スワローテイルはさらに活気を増していく。そんな中、ふとしたきっかけで、自分が想像したことが現実に起こってしまう、という現象が起こる。どうやらそれは、たまもが取り憑いたことによって、妖力が思考を捉えてしまうらしい。よく分からないが、何かそんな不思議な力で周りの女の子たちをけものっ娘へと変えてしまった。咲姫は元々あった忠犬キャラがさらに強まり、犬娘へ。シエラは、視線を吸い寄せる豊満な胸=牛乳!と決め付けられ牛娘へ。命は愛され系うさぎキャラということでうさぎ娘へ。意識の有無に関係なく力が発揮されてしまうので、どうしても本能的な事柄が現実になるようで、まずは容姿を変化させてしまったようだ。最初は、怒られたり、驚かれたり、しょんぼりさせたりしていた物だが、次第にけものっ娘である事が当たり前になっていった。そして、自分の意思でやっているかは別として、自分のキャラを最大限に活かしながら、それぞれの胸のうちにある想いを募らせてく。が、やはり年頃の男の子。考える事は決まってる。彼女たちの想いをよそに、あんな事やこんな事を考えてしまうのであった。

のーぱんつ!!
「本日より湖城学園生徒会役員は全員、下着一切の着用を禁止します!」それは余りにも青天の霹靂。鉄壁美少女、学園のカリスマたる学園執行部会長・伊佐木千渟の発したこの命令が、執行部役員たちの日常を一変させてしまいます。こうなった原因は、主人公・生徒会庶務係の柊誠悟との売り言葉に買い言葉。「横暴だ!」と抗議しながらも、心の底ではもしかして、おいしいかも、と考える誠悟。当然他役員の非難を浴びる破目に。「原因はあんたなんだから!なんとかしなさいよ!!」役員女子からの圧力を受け、問題解決のために全力を尽くすことを宣誓させられる誠悟でしたが、彼には千渟の意見を翻させるなんて自信は全くないのでした…。こうして、相反する千渟と執行部女子たちの間で、誠悟は否応なく駆けずり回ることになります。

ハーレムホスピタル
春休み前に軽い病気で入院した主人公。ゆっくり静養すれば退院できそうな、治りかけのちょっと退屈な日々。そんな中、担当ナースの早苗に恋をした主人公。思い切って告白したらOKの返事。そんな二人の関係を妨害しようとする二人の少女が。ひとりは幼馴染でわがままな入院患者の恵、もうひとりは看護婦見習いの加奈。以前から主人公のことが好きだった2人は、主人公の目を自分に向けさせるためにエッチで迫ってくる。3人の女の子とハーレム状態になった主人公はどうなるのか?主人公争奪のエッチな戦いはどんどん過激になって……はてさて誰が勝利するか!?

だだ甘狂姉
鈴村真人は2年前に両親を亡くし、亡き義母の連れ子である姉・早紀と二人暮し。早紀は2年前から教師として働き、義弟である真人の面倒を見てくれる心優しい姉。いつの間にか一人の女性として愛してしまい苦悩することに…。そんなある日真人が帰宅すると、シャワールームからシャワーを浴びる音が。目の前に飛び込んできたのは洗濯カゴに入った早紀の下着。欲望を抑えることができなくなってしまった真人は、その下着を使って自慰に耽ってしまう。突如開いた風呂場の扉。絶望感に打ちひしがれて部屋に逃げ帰る真人。近づいてくる足音。沈黙のときが続く。おもむろに響く水音。勢いよくベッドの上に仰向けに押し倒される。目の前で自分に覆い被さっていたのは、あられもない姿を晒した、早紀だった。自らの秘唇に真人の怒張をあてがう早紀。越えてはいけない一線。一心不乱に、まるで気が狂ったかのように腰を振る早紀。やがて早紀が絶頂に至る頃には…真人の意識はなくなっていた……。

巫女ママ
片田舎の港町にある小さいながらも由緒ある神社『君ヶ浜神社』。外川淳は神主修行を終え、少年から青年に変わって、6年ぶりに生家である、この神社へ帰ってきた。淳を出迎えたのは巫女服に身を包んだ母のキミ江、姉のマリ、叔母の由紀子だった。神職見習いとして女人を遠ざけていた淳は、身体の線がハッキリと確認できる巫女装束を身に着け、熟れて甘いニオイを放つ三人に欲情してしまう。これからひとつ屋根の下で、この誘惑に勝てるのだろうか……。

筆おろし先生
『由梨絵』は学園の養護教諭。家では主婦として多忙を極め、職場でも生徒からの信望が厚く、性や身体の悩みを打ち明けられることしばしば。男子生徒からは『筆下ろししてほしい先生』ナンバーワンに選ばれる、人気の先生。そんな由梨絵にも悩みがある。それは、息子の優のことだった。この家を出たいと主張する優。それに対して由梨絵は、彼女が務める「私立大井学園」に進学し、学生寮に住むように手配したのだった。そこで出合い恋人同士になった寮母の『律子』と甘い日々をおくる優。ある日、優はとあることで怪我をしてしまい、ギプス生活をおくることになってしまう。恋人の律子と母親の由梨絵が優のお世話合戦を繰り広げる中、部活顧問の『紗江』がエッチなレクチャーに誘ってくる。3人から争奪される羽目になってしまった優。彼を筆下ろししてくれる先生は一体、誰──!?

人妻商店街〜売り物はわ・た・し
僕は、現役の大学生。商店街の奥にあるアパートで独り暮らしをしている。ある日の夜。寝付けなかった僕は、深夜の商店街を散歩することにした。そこで喫茶店の灯りがついていることに気づく。扉をあけると、そこには泥酔した喫茶店のママの姿が。死んだ旦那の思い出話をしながら、酒を飲み盛り上がる僕たち。気づくと、ママが僕にフェラチオを始めてきた!それからはじまる、喫茶店、八百屋、魚屋、花屋の奥さんたちとの性生活──。こうして、酒池肉林の日々がはじまっていったのだった。





〜 サイドビジネスサーチエンジン 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット