アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
触装天使セリカ
異星より地球を侵略しに来た寄生生物“ヴァーミニオン”。その異形の生物は美貌の女子校生“真白芹香”に寄生。穢れなき肉体の全てを侵食しようとした。しかし、彼女は強靭な意志により自我を守り、逆にヴァーミニオンの力を利用して「蝕装天使セリカ」に変身した。そして、日々侵略の手を伸ばす異星生物から人々を守り日夜戦い続けるのだ!……しかし、寄生生物との共生は純真な少女にはあまりに酷だった。力を使うたびにヴァーミオンの触手装甲はいやらしくまといつき、心は侵され、淫らに堕ちていく。しかしそれでも彼女は戦い続ける!守るべきものがある限り!この肉体が穢され尽くされても、今日も死地に立つ美しき戦士!「触装天使セリカ、オーバーウィル・メタモルフォーゼ!」

触装天使セリカ2
前回の戦いを経て、宇宙寄生生命体“ゼロ”との共生を選んだ“真白芹香”。彼女は水葉学園風紀委員として学園生活を送る傍ら、正義の変身ヒロイン「触装天使セリカ」として、大切な人々を守るために戦いを続けていた。そんなセリカの前に突如現れた新たな敵「ヴァーミニオン・クラリオン」。外宇宙を侵略し尽くし、今また地球を新たな標的として選んだ侵略生命体の前に、セリカは健闘虚しく敗北を喫してしまう。激しく犯された末、クラリオンの女王によって再寄生を施されてしまったセリカは、その肉体をあらゆるヴァーミニオンの苗所として淫改造されてしまう。辛うじて魔の手から逃れたセリカだったが、力を使い果たしたゼロは休眠状態に陥り、セリカも殆どの力を失ってしまう。苗所として改造されたセリカの子宮を狙い、日夜を問わず殺到するヴァーミニオンたち。ゼロの力なしでは触装スーツも制御できず、日常でも闘いの中でも犯され嬲られ、再び身も心も浸蝕されていく。さらに巨大企業「ヴォーテックス・カンパニー」の命により侵略生物を狩る謎の変身ヒロイン「触装戦機ミオ」までもが、セリカを狙い襲い来る。絶体絶命の状況の中、果たして芹香に打つ手はあるのか……!?

強奸客船 〜地獄のクルーズ〜
テロリストに制圧された豪華客船『つきみや』。冴えない学生である主人公の彰人は、社会見学の一環として企画された豪華客船旅行に、同学園の学生達と乗り込んでいた。そこへ突然現れたテロリスト達。彼らは、主人公に『見所がある』と囁き、協力者に仕立て上げる。乗せられた主人公は、彼らに協力していく過程で、同じ学園の女生徒や乗客、女性船員等を襲っていく。

お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?
「お兄ちゃん、今日もいっぱいキスしてね」我が家のハウスルールがおかしい事に気がついたのはまだ子供のころ。キス魔の母の影響だろうか、四人居る妹たちは日常のおよそ全ての事柄で俺にキスをねだってくる。「いってらっしゃい」や「おやすみなさい」はもちろん電話やトイレに行く時まで、家で唯一男の俺に“ちゅっ”としていくのが我が家のルールだ。だがある日、勉強の為に俺だけ部屋を離れに移す事に。集中する俺に妹たちが毎日夜食を運んでくれる事になったのだが、どの妹が持っていくかでひと騒動。おかげでまたひとつ、妹たちと俺の間に新しいハウスルールが加わってしまう。『お兄ちゃんと一日何回キスしたかで、お夜食当番を決めます!』こうしてエスカレートしていく妹とのらぶキス三昧な毎日。妹とのいちゃらぶちゅっちゅな日常生活、始めてみませんか?

お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか? パック DL版
【お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?】「お兄ちゃん、今日もいっぱいキスしてね」我が家のハウスルールがおかしい事に気がついたのはまだ子供のころ。キス魔の母の影響だろうか、四人居る妹たちは日常のおよそ全ての事柄で俺にキスをねだってくる。「いってらっしゃい」や「おやすみなさい」はもちろん電話やトイレに行く時まで、家で唯一男の俺に“ちゅっ”としていくのが我が家のルールだ。だがある日、勉強の為に俺だけ部屋を離れに移す事に。集中する俺に妹たちが毎日夜食を運んでくれる事になったのだが、どの妹が持っていくかでひと騒動。おかげでまたひとつ、妹たちと俺の間に新しいハウスルールが加わってしまう。『お兄ちゃんと一日何回キスしたかで、お夜食当番を決めます!』こうしてエスカレートしていく妹とのらぶキス三昧な毎日。妹とのいちゃらぶちゅっちゅな日常生活、始めてみませんか?【お兄ちゃん、キッスの準備はまだですか?エッチの準備もまだですか?】「お兄ちゃん、も〜っといっぱいキスしてね」妹達全員とより一層仲良くなったあの日から数週間、今日から待望の夏休み。妹たちが一日中おうちに居る幸せな毎日のスタートだ!お昼はみんなでいちゃいちゃキッス、キスで選んだお夜食当番は、そのまま今夜のエッチ当番♪妹口家の夏休みは、まだまだ始まったばっかりだ。『お兄ちゃん、キッスの順はまだですか?』のハーレムENDのアフターストーリー。もっと、も〜っと妹達と一緒に過ごしてみませんか?

お兄ちゃんキッスの準備はまだですか? エッチの準備も
「お兄ちゃん、も〜っといっぱいキスしてね」妹達全員とより一層仲良くなったあの日から数週間、今日から待望の夏休み。妹たちが一日中おうちに居る幸せな毎日のスタートだ!お昼はみんなでいちゃいちゃキッス、キスで選んだお夜食当番は、そのまま今夜のエッチ当番♪妹口家の夏休みは、まだまだ始まったばっかりだ。『お兄ちゃん、キッスの順はまだですか?』のハーレムENDのアフターストーリー。もっと、も〜っと妹達と一緒に過ごしてみませんか?

俺の弟がこんなにk(ry
主人公の孝美は小山家3兄弟の長男。留守の多い両親に代わって何かと弟達の面倒をみてきたためか、今では立派な家事男である。好きな事は炊事・洗濯・掃除で嬉々として家事に取り組み甲斐甲斐しく皆の世話を焼く。小さいころからそんなお兄ちゃんのことが大好きな弟達だったが、どこでどう間違ったのか女の子としてお兄ちゃんに意識されたいと思いだしてしまう。そこに隣りに住む仲立家姉弟も加わりドタバタな生活が始まることに…

ルベニール
地方の大学に通っていた御嶋孝一(主人公)は、父親が急逝したことから、これまで暮らしていたマンションを引き払って実家に戻ってきた。しかし、日本家屋の思い出の実家は、入居者全員が女性ばかりの下宿に様変わりしていた。そこで唯一の男性として住むことになった孝一は、個性豊かな下宿人達と出会い、未来をも変えていく。そんな彼には夢があった。それは「ルベニール」と呼ばれる謎の稀覯本を見つけること。しかし、その本を追い始めると同時に、孝一は、様々な非現実的な現象に遭遇することに……。

魔淫の宴
主人公「黒田竜二」は会社員。彼は会社の同僚のある男に対して、自分より高い地位と以前より彼が目をつけていた「宮舞千鶴」とその同僚が結婚という件で憎悪や嫉妬の念を持っていた。そんなある日ついに竜二は人を雇って千鶴の妹である「園内恵理」を襲い誘拐をしてしまう。これをネタに千鶴に脅迫をする竜二。姉妹を監禁しさらに自分好みの女にすべく調教をはじめるのだった。

憂淫の虜
主人公、藤沢孝弘は一見あまり目立たない印象の好青年だが、彼には人に言えない秘密があった。色情狂。そう彼は嗜虐色の濃い異常者だった。女性を襲い、犯すことに対して罪悪感はゼロ。「喉が渇いたから水を飲む」という程度のことでしかない。ある日、叔父の勧めで女性とばかりのミッションスクールの保険医という地位を手に入れる。こうして、理想的な「狩場」を手に入れた藤沢は、女性徒たちの健康的な肢体を求めて動き始める。

妖淫の館
物心ついた時から、僕は暗い地下室で過ごしていた。でも、世界はもっと明るいのだということを知ったのはそう昔の話ではなかった。1年前、僕を地下に閉じ込めていた、お祖父様が死んだ。祖父が認めた世継の兄さんは、その時に大けがを負った。この神城家に支配者がいないという状態を作らないため、僕は兄さんの身代わりに……兄さんとして、家を継いだ。たとえ一生かかっても使いつくせないような莫大な財産、そしてその財産に裏づけられた各界に対する影響力──。それら全てが、僕のものになったのだった。それから1年。今の生活が退屈に感じられるようになった僕は、新しい牝奴隷を手に入れることにした──。

姉妹教師〜恥辱の時間割〜
ごく普通の男子校、青城学園に通う生徒が主人公。普段の主人公は成績や素行も良いが、実は女を襲い、犯し辱めることに悦びを感じるサディスト。普段の生活で溜まったストレスを発散するように、これまでにも何回か女性を襲い、欲望を満たしてきた経歴の持ち主だった。そんな主人公に弱みを握られている女性がいた。主人公の学校でも美人で評判の女教師『渡瀬 麗子』である。以前、主人公に力づくで犯され、写真を撮られた麗子は主人公に脅され『契約』を結ばされていた。その『契約』とは、麗子が主人公の命令を聞くごとに写真を一枚ずつ返すというもの。その日以来、脅迫に屈した麗子と主人公との関係が始まったのだった。麗子を好きにできるようになってからしばらく経ったある日。新しく学校に教育実習生『音無 美幸』が現れる。麗子とは違った印象の美しい女性で、主人公はこの女性にも目をつける。どうやって美幸と接触しようかと思っていた主人公は、偶然にも麗子と実習生の美幸が姉妹であることを二人の会話から知り、それを利用して美幸を脅迫する。姉を想うばかりに美幸もまた主人公と『契約』を結び、そのために主人公の毒牙にかかってしまう。麗子と美幸、この二人の姉妹女教師を自分の牝奴隷にするため、主人公の手による羞恥と屈辱の調教の日々が始まろうとしていた……。

白き天使達の輪舞
『慰安看護婦』……看護婦本来の仕事とは別に、入院患者の性的なケアを目的とした看護婦をそう呼ぶ。もっぱら金持ち患者に看護婦を使って売春行為をさせていたのだが、このことが表沙汰になりそうになった院長はある計画を考える。それは主人公に小さな病院を1つ与え、そこで調教した看護婦を『慰安看護婦』として使うことだった。そのために主人公は病院を任され『慰安看護婦』を調達することとなる。主人公「藤宮 隆一」は、医師としての技術は一流だが、こと女性関係に関しては問題点が多かった。看護婦に悪戯を仕掛けて淫らな行為を楽しむといった「趣味」を持っている。こうして隆一は新たな診察所に三人の看護婦を自分の看護婦として選び、『慰安看護婦』にするための調教を開始しようとしていた……。

聖肛女 Best Price版
ささいな過ちから、主人公との関係を持つことを強要された美貌のシスター・ロザリア。亡き夫を想い、神を裏切る行為とは知りながらも主人公と交わされたおぞましき「肛奴契約」…その内容は、彼女の想像を越えた恐るべきものだった。浣腸、淫具による肛門嬲り、肛門拡張、そして肛姦。主人公は着実にロザリアに背徳の愉悦をその双臀に刻み込んでいく。執拗なまでに繰り返される、決して許されない禁忌の行為の連続に、ロザリアの肉体は神に仕える身でありながらも背徳の悦びに目覚めていく。果たしてロザリアはこのまま主人公のアナル奴隷として堕ちていくしかないのだろうか…。

貴醜の館 Best Price版
この世を左右するのは金という実業家の父の元に生まれた宗佑は莫大な資産を保有する資産家となった。しかし、才のある宗佑は資産を増やすことに魅力を感じなくなってしまう。そんな時、同じような資産家の集まりで牝奴隷を見せ合うパーティーに出席した宗佑は女を調教する事に強い興味を持つ。宗佑は苛烈に女を責め、数多くの女を潰してしまっていた。そんな時、宗佑の元に特ダネを掴もうとフリーのジャーナリストが訪れる。宗佑はそのジャーナリストにも魔の手を伸ばしていく。

肛戒 BestPrice版
元神父の主人公は仲間を連れてとあるミッションスクールを訪れる。目的はそこの神学講師であり付属教会の修道女でもある、シスター・カレンへの復讐だ。ミッションスクールの理事長は裏の仕事で主人公と親交がある人物で主人公の復讐に条件付きで協力する。カレンの告発により教会を追われた過去がある主人公は、積年の恨みを晴らすべく周到な罠を張り巡らし、学院を舞台に新たな暗躍を始める…

縛艶の連鎖BestPrice版
主人公、正樹は仲間の浩二と組んでアダルトグッズショップ『ピーチ・パラダイス』を経営していた。ある日、店の人気商品である素人物の裏ビデオを取るための女を街で物色していたとき、偶然みかけた芹沢弘子に目をつける。彼女を手に入れるために、正樹は行動を開始する…

くノ一 桔梗 BestPrice版
とある忍びの里に類い希なる才能を持った者が生まれた。その男は成長すると驚くべき力を備えた忍になり、近隣では名前を知らない者はいないほどになった。しかしあまりに大きな才能に恵まれた男は力が全てと言う考えに陥り、里の決まりをことごとく破った。そして、ある暗殺任務の際に足手まといになった同門の忍を殺してしまう。任務はつつがなく終了し男は里に戻るが、同族殺しは里では最大の罪であり、男は処刑される事になる。ところが、里の忍が束になって掛かっても男には全く歯が立たず、それどころか全て返り討ちに遭い殺されてしまう。男は里に残った女達を片っ端から犯し、殺して里を出る。この男の凶刃に掛からなかったのは、たまたま違う任務に就いていたくノ一の母娘だけだった。数週間後、任務から戻った母娘は里の惨状に嘆く。だが、惨劇から日にちが経ち追跡出来ないと判断した母娘は、里が仕えた藩に身を寄せ、そこの藩主の御庭番となる。その数年後、男はそこの藩の城代家老お抱えの忍となる……。

人妻ハーレム〜ここは人妻楽園荘〜
俺、夢なし、希望なし、金なし。いや、ホントはこんなはずじゃなかったんだ、数日前までは……。大学卒業後、就職口が見つからずバイトをしながら生活していた俺。けど、ある日、そのバイト――深夜のコンビニでのレジ打ち――をクビになってしまった。別に落ち度があったわけじゃない。ただ、不況で店が儲からないから……という、そんな理由でだ。新しいバイトを見つけるか、もっと真剣に就職活動をするか……。それより何より、まず今月の家賃の支払いをどうしよう……。家賃を支払ったら、食費も残るかどうか……。そんなことを考えながら気晴らしに散歩していた矢先、俺はひょんなことから一人の老婆と知り合う。彼女は俺を、彼女の孫である『正男』と勘違いし、いきなり新しい仕事と住居を提供すると言いだした!それは、とあるアパートの管理人。思ってもみない言葉に、俄然やる気になった俺は、一抹の不安を抱えつつも、その申し出を受けることに……。後日、彼女の指定した場所に出向くと、そこにあったのは『楽園荘』という名の古びた建物。果たしてここは、その名の通りの楽園なのか。それとも、地獄の一丁目なのか。大家であるあのお婆さんに促され、俺は敷地へと足を踏み入れた……。

返済計画 BestPrice版
街金を生業としている壬生康臣は金を返すことの出来ない相手から様々な方法で借金の回収をしている。最近回収が上手くいっていない相手の家に直接乗り込む康臣。康臣の向かった相手は債務者の夫が居なくなり妻と娘が残されている。当初は女に身体を売らせて金を作らせるつもりだったが、相手がかつての同級生だった芳恵だと言うことに気づく。芳恵も康臣の事を思い出すが良い印象を思い出せない。それでも芳恵はすがるように康臣に返済を待つように頼む。康臣はそんな芳恵に自分の牝になれば考えてやると持ちかける。娘のために渋々従う芳恵。しかし康臣はそれをきっかけに芳恵とその娘を凌辱の淵へと追い込んでいく。

浸蝕 Best Price版
大人しく素行も良好な主人公は孤児院から一家庭に養子として引き取られていく。しかし、主人公は子供の頃の体験から歪んだ精神構造のまま育っていた。引き取られた先で徐々に本性を現し、義母、義姉を貶めていく。義父が家を留守にしている間に自分の考えを実行に移す主人公は、義姉の万引きの現場写真を使い義母に手を出し始め、それは義姉にも及んでいく。

恥肛母 〜穢された双臀〜 BestPrice版
時は現代、舞台は現代日本。主人公「橘 圭一」は進学校に通う少年。物語は圭一の父親が事故死してから一ヵ月後から始まる。資産家だった父親の死後、圭一と義母の「橘 みゆき」に財産目当ての親類が群がった。気の弱いみゆきはオロオロするばかりだったが、圭一は余計な揉め事を回避するため、自分達がとりあえず不自由なく暮らしていけるだけの財産を残して残りは放棄するようみゆきにアドバイスする。与えられた財産を手にして親類達が去っていくと、圭一には財産の一部と義母のみゆきだけが残された。しかし圭一にはそれで充分だった。主人公は父親の死後、かねてから狙っていたみゆきを襲い、半ば無理矢理変態的な肉体関係を結ぶ。わずらわしいものが一切消え、誰に気兼ねすることなく若く美しい義母の身体を愉しんでいた圭一。だがある日家を尋ねてくる客があった。客の名は「奥寺 響子」といい、主人公の母だという。やむを得ない事情で息子を手放した響子は、みゆきに向かって圭一を引き取りたいと申し出る。自分を引き取りたいと現れた響子に驚きと戸惑いを感じつつも、母親というにはあまりにも魅力的な響子の肉体に魅せられ、圭一はみゆきだけなく響子をもその毒牙にかけようと新たな罠を画策し始めるのだった……。

ジェネクレイサー サキ
時代は現代より少し先の未来。医療や科学は発達し、多くの人々は幸せを謳歌していた。その幸せを提供していたのは「人類の永遠の幸福のため」というスローガンを掲げ、様々な分野に進出している世界的な大企業「セラフ」であった。しかし、光には常に影が付き従う。「セラフ」は「あらゆる国の平和のため」という名目で各国に配備される兵器の全てを提供する死の商人としての一面も持っていた。世界の表も裏も支配しようとする「セラフ」に反発し、対抗しようとする他企業、組織は後を絶たない。そのような存在を制するため「セラフ」は新たな兵器の開発に着手する。新たな兵器とは「ジェネクレイサー」と呼ばれる生体金属を用いた戦闘用のスーツであり、装着したものには計り知れない力が与えられる。それはまさにこれまでの兵器とは全く違った、まさしく次世代の兵器だった。開発は順調に進み、装着者として集められた被験体には薬物投与や遺伝子操作などといった「ジェネクレイサー」に適合するための「措置」が施された。「ジェネクレイサー」開発は着実に成果を上げていたが、思わぬアクシデントが発生する。装着者の一人がミッションの途中で自我に目覚め、ターゲットの少年(主人公)を連れて逃走したのである。裏切り者を処分するため、残りのメンバーに追撃命令が下る。こうして「ジェネクレイサー」装着者同士の激しい戦いが始まろうとしてた…。

戦乙女の危機〜ワルキューレ・クライシス〜 BestPrice版
時代は現代より少し先の未来。科学なども今よりは進歩していた。しかし、物事には常に代償がつきまとう。まるで進歩に反比例するように人間は堕落していった。「科学の進歩」という言葉の前に倫理や道徳という言葉は置いていかれ、そして物笑いの種となっていった。臓器移植のためのクローニング、新たな人類の創造を目指した遺伝子操作、生物兵器の開発、そしてそれらを行うための違法な人体実験などが秘密裏に、しかし半ば公然と行われていた。そして、そんな非合法組織に所属している科学者の主人公は自らの欲望のままに『実験』を繰り返していた。一方、政府の特務機関に所属する「ワルキューレ」と呼ばれるヒロイン達は、主人公の組織を壊滅させるべく、今まさに主人公の研究施設に潜入しようとしていた。これまで何人もの捜査官が組織に送り込まれたが、帰って来た者は誰もいなかった。緊張しつつも潜入に成功するヒロイン達だったが、それは罠だった。情報のリークにより事前に罠を張って待ち構えていた主人公に捕えられてしまうヒロイン達。こうして新たな『素材』を手に入れた主人公の『実験』が始まる……。

牝畜 〜淫辱の収容所〜 DL版
近年、犯罪人口の増加に公的機関の刑務所は収容の限界を迎えていた。そこで政府は、司法の一部を民間に開放し、民間運営の収容所を徴用する事を決定する。用地の問題などを民間に肩代わりさせる代わりに、経営側にはある程度の権限が与えられた。そのため、巨大企業の運営する収容所では、検挙権限を持った自警団を有する物まで登場し始める。その中に収容者の再犯率0%と言う収容所が出来た。ここから出所した者は二度と社会に害を与えないようになる。だが、出所者以上に失踪者の数が多いのもその収容所の特徴だった。重警護特別収容所……独自の警護団を有する強制収容所である。だが、それだけでは無く、公的な刑務所や、他の民間収容所で手に余る囚人まで一手に引き受ける収容所でもあった。離島にあるこの収容所は黒い噂の絶えない収容所であったが、民間の支持する声が大きく、監査の対象からは外されていた。しかし、実質的に法の介入を受けないこの収容所では、全ての事柄が所長達の胸先3寸で決まっていた。収容されている囚人は、咎人であると言う理由から、あらゆる非人道的行為を強制されている。実質的な処刑所とも言えなくはないところである。そう、ここに来たら最後、どう足掻いてもまともにここから出ることは出来ない最凶最悪、地獄の収容所である……。

姦獄 〜淫辱の実験棟〜 DL版
政府組織で諜報活動を行っている宮川悠希は、とある製薬会社の内部調査を命じられる。そこは様々な違法薬品を製造している疑いのある製薬会社だった。捜査局の人間である悠希は、証拠を掴もうと同僚と潜入捜査を始める。しかし、捜査局の上層部の一部が捜査先と結託しており、既に捜査情報は流れていた。潜入捜査の情報を受け取ってた和則は、潜入している諜報員が過去に自分の研究を不意にした悠希である事に気付きく。和則は悠希の同僚を拉致し、彼女らを餌に悠希を脅迫し復讐を開始する。和則の居るその製薬会社は、非合法の薬を作り違法な実験をするだけでなく、政財界へ性奴隷を斡旋する供給所でもあった。悠希達は自分から女の地獄に足を踏み入れていたのだ。捕らえられた女達の体に実験と称した想像を絶する凌辱行為が行われていく。『私の受けた屈辱、あなたにも味わせてあげますよ…忘れられないほどの恥辱としてね…。』

聖皇女 クラウディア Best Price版
ヨーツンの国王ベルゼ。ベルゼは覇王と呼ばれ、自国の拡大を目論み戦争を繰り返している。版図を広げていたベルゼは近隣の国バルドにその矛先を向ける。バルドは王女クラウディアの治める国で、小さいながらも豊かな領土を持っていた。ベルゼはその豊かな国土を手に入れる事を目論むが、バルドの王女クラウディアにも一方ならざる興味を持っていた。国土を広げるために進軍を続けるベルゼはバルドの国境付近に陣を構える。王女クラウディアが戦を好まない事を知っていたベルゼは降伏の書状を送りつける。しかし降伏の条件はバルドの無条件降伏であり到底クラウディアの飲めるものではなかった。当然のように降伏勧告ははねつけられる。もちろんベルゼは初めから相手が条件を飲むとは思って居ない。勧告は単に攻め込む建て前を作るためだったからだ。条件の整ったベルゼはバルドへの侵攻を始める。

胎辱の檻〜 DL版
主人公は20代後半の男。遊び仲間の男の借金を揉み消そうと強盗に入るが、その際に貸付人に大怪我を負わせてしまう。慌てる仲間を落ち着かせつつも、主人公は借金の証拠となる書類を処分しその場を去る。その後、仲間の男が捕まった事で主人公も芋づる式に逮捕される。逮捕された直接の原因は先に捕まった男が情報を教えた事だった。男は情報を漏らす変わりに減刑されることになっていた。主犯扱いとなった主人公は強盗致傷罪で7年の実刑判決に、相方は強盗罪で懲役2年6か月、執行猶予5年の判決を受けた。仲間を売り渡した形となったため、二人は別々の刑務所に移送された。服役中、主人公は男への恨みを募らせていく。7年間の刑期を終えて出所した主人公は報復するために男の居場所を探す。

肛魔の巫女 Best Price版
少数の村人だけが住む人里離れた隠れ里で舞台の幕は上がる。その里には古くから言い伝えられてきた物語があった。それはその昔、この村に巣くっていた魔をとある退魔の術を身につけた巫女が封印したというものだ。そしてその巫女の子孫は代々魔を封じ浄化する役を宿命付けられてる。だが、その魔を封じる術は彼女たちにとって恥辱を伴う物だった。なぜなら魔は聖なる存在の不浄なる物を好むため、封印、浄化を行うためには自らの肛門で封印、浄化を行う必要があるためである。魔をおびき出すため敢えて便意をこらえ不浄を蓄えた上で、誘い出された魔を封印浄化する、そういった行為を定期的に行うことを強いられていた。先代巫女の娘「まどか」は次女のため巫女の役を継ぐことなく普通の少女として暮らしていた。だが、母や姉に対する感情を魔につけ込まれ、憑依されてしまう。そして魔と巫女達の背徳の宴が始まる…

淫淵の館 BestPrice版
主人公アルフレッドの父はとある屋敷の奉公人だった。あるとき事故でアルフレッドの妹が怪我をしてしまい、その治療費の代償として母が主人の慰み者になりその末に死んでしまう。その事を抗議した父は主人から無礼打ちと称して殺されてしまった。当時まだ子供だったアルフレッドとようやく怪我が直ったばかりの妹は屋敷を追い出されてしまう。アルフレッドは妹を修道院に預け、両親の恨みを晴らし主人に復讐を胸に日々を送っていた。そして10数年が流れる……。成長したアルフレッドはかつて父の主人であった男の屋敷に執事として仕えていた。無論、父母の恨みを忘れたわけではなく復讐を遂げるためである。主人には妖艶な妻とうら若い娘がいた。アルフレッドは彼女たちに目をつけ復讐の材料にしようと画策する。今まさに復讐の幕が上がろうとしていた。





〜 ペット保険無料資料請求 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット