アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
はにつまHs 〜アフターウェディング〜
霧島重工業の重役を代々引き継いでいる名門『暁家』。主人公『暁響』は、暁家の一人息子として生を受け、父『暁雷電』の厳しい指導の元、父や祖父の後を継ぎ、霧島重工を支える人間であることを義務づけられていた。雷電の響に対する期待は大きかった。しかしそれは響にとって重荷以外のなにものでもなかった。幼い頃は雷電の言うことに従っていた響だったが、年を重ねる毎に、父に反発するようになっていく。そして、進学をきっかけに家出同然で父がいる東京の自宅から出て、遠く離れた地方都市二代市にある鳴海学園への進学。二代市内にある暁家の別邸、通称『神楽邸』に住みこむことに……。神楽邸に住み込みながら屋敷の管理をする女性『青葉美里』に日々の暮らしの面倒を見て貰いながら響は父親に翻弄されない平穏な日々を淡々と過ごす。平穏な日々……。停滞していた響の時間だったが、一人の女性との出会いによって、動き出すことに。響の元を訪れた女性の名前は『生駒葵』。葵は自分が響の許嫁であること。そして、正式に婚約する前に自分のことを知って貰いたくて、神楽邸でしばらく一緒に住むためにやってきたことを告げる。自分の知らない許嫁の存在。勝手に物事を進める父親に強い反感を覚える響だったが、門前払いすることはできず、葵を神楽邸へと上げ、葵、美里との同居生活が始まる。葵との出会いは、響の心境に大きな変化を促し、暁家の人間であること、そして父親と向き合うことを決意する。自分はこれから先、どうしたいのか?停滞していた響の時間が動き始め、やがて響は一つの答えにたどり着く。将来を共に歩みたいと思った女性の存在。パートナーとして選んだ『彼女』との距離はどんどん縮まっていきLIKE to LOVE――LOVE to Engagement――父親への自分の決意を示す為、『彼女』へプロポーズする。そして、『彼女』だった女性は、あなたの『愛おしい妻』になった。暁家と向き合いながら、過ごす最愛の『妻』との生活。毎日のように愛し合うLOVEエロな日々、止めてしまった時間を取り戻すかのように、最愛の妻を貪欲に求め、愛し合う。『Hs』本編を上回るエロスを手に入れたゲームにのみ与えられる称号。はにつまを上回る官能的な日常が、今始まる。

ままはは
2年前のある日、主人公『秋人(しゅうと)』の環境は大きく変わった。「お前の新しい母さんだ」父親から再婚相手である伊桜里(いおり)さんを紹介されたのだ。何の相談もなかった再婚の話に、秋人は唖然とし動揺する。再婚相手の伊桜里は、父の会社の部下で、昔からよく家に出入りし、家事だけでなく勉強など、色々と面倒を見てくれていた。そんな彼女に秋人は、密かに憧れを抱いていた。「伊桜里さんが俺の母親に?」あまりに唐突で受け入れることに苦悩する秋人だったが、親父と伊桜里さんが幸せならば…そう心の中で割り切り、二人の再婚を応援しよう。そう思った矢先だった。新たな人生を歩もうとした父は再婚後、僅か二ヶ月で事故であっけなく他界。秋人の環境は再び大きく変化する。新しい家族の中心となるはずだった父親の死…。再婚した伊桜里との慣れない生活…。そんな日常の中、秋人は若く血の繋がらない伊桜里のことを、女性として意識してしまっている自分に気がつく。自分が抱く邪な気持ちを自己嫌悪した秋人は、伊桜里の反対を押し切る形で卒業と同時に東京の専門学校へと進学。遠い都会で一人暮らしを始めた。そして訪れた初めての夏休み…秋人は悩んだ挙げ句、伊桜里が待つ『実家』に帰省することにした。憧れの女性で、若く姉のような継母…。お隣に住む母親のような存在の人妻…。そして年上の幼馴染み…。東京に戻るまでの二週間。秋人は彼女達と一緒の時間を過ごすことで、彼女達が自分が抱いている気持ち、想いを知ることになる。LIKE?それともLOVE?彼女達が胸の中に秘めた想いは何なのか?想いを知って、それをどう受け止め、どんな答えを出すのか?彼女が自分にとって大切な存在となった瞬間、今までとはまったく違った日常が始まる。それは甘く、官能的な日々…新たなるLOVEエロ物語がここに始まる。

あまいえ DL版
東京から遠く離れた六城市への転勤を、会社から言い渡された『能代真樹』。辞令に従い引っ越しの準備を進める中、真樹は両親から頼み事をされる。六城市に住んでいる叔母夫婦の家の世話になること。世話になりつつ、夫婦仲の様子を見てきて欲しい。両親の頼みに迷惑になるのでは?と、気乗りしなかった真樹だったが、夫婦仲があまりよくないらしいと心配する両親の頼みに、叔母の家で世話になることに……。六城市の叔母の元を訪れた真樹を迎えてくれる叔母、如月恭子。その娘で長女の瑞穂と次女の琴美。『うわっ、デカ!?』3人と挨拶を交わした瞬間、真樹は思わず声にしてしまった。母娘、そろいもそろって、グラビアアイドル顔負けのムッチムチのドスケベバディの持ち主だったのだ。『こいつは参った』昔、一度だけあった時は二人とも小さな子供だったのに……。まさかこんなに綺麗に、しかもドスケベなバディの持ち主に成長していたとは。3人と一つ屋根の下で暮らして、俺は理性を保てるのだろうか?『うふふ、歓迎するわ』嬉しいような困ったような複雑な思いを抱く真樹をよそに、笑顔を浮かべウェルカムな恭子。今さら断ることも出来ず、一つ屋根の下でドスケベバディの母娘(おやこ)と一緒に暮らすことに……。さらに転勤した会社には母娘に負けないほどドスケベなバディをした金髪外人美人が自分の上司に!会社でも、家に帰っても、おっぱい!お尻!おっぱい!お尻!『俺は巨乳王国に迷い込んでしまったのか?いや、お尻も凄いから巨乳尻王国か!?』慣れない土地に、なれない会社。どこにいっても周囲の女性はドスケベバディの持ち主ばかり……。今までとは勝手の違う毎日に右往左往しながらも、真樹は彼女達と同じ時間を過ごすことで、その距離を徐々に縮めていく。ドスケベバディに妖艶な雰囲気を持った人妻…恭子。ドスケベバディに健康的なエロスを詰め込んだ長女…瑞穂。ドスケベバディに幼い顔立ちのロリ巨乳の次女…琴美。ドスケベバディに金髪碧眼のアメリカン上司…クリス。お約束のエッチなハプニングにラッキースケベ!ドラマチックでハートフルな展開!さらにサクセスな展開まで!とってもエロくて魅力的なヒロイン達と送る時間は至福の瞬間!LIKE to LOVE…LIKE to LOVEエロ…彼女達と恋仲になり、LOVEエロな関係に。そして、訪れる種付け三昧の日々……。LIKE?それともLOVE?彼女達が胸の中に秘めた想いは何なのか?想いを知って、それをどう受け止め、どんな答えを出すのか?彼女が自分にとって大切な存在となった瞬間、今までとはまったく違った日常が始まる。それは甘く、官能的な日々…新たなるLOVEエロ物語がここに始まる。

ヌキどきッ!〜天使と悪魔の搾精バトル〜
平凡な学生「櫃原大和」は毎日のように幼馴染の「桃瀬ののあ」となにかと絡んでくる堅物風紀委員の「桜希桐」と日常を過ごしていた。そんな彼のもとに突然、悪魔と天使がやって来る。彼女達は魔界と天界どちらが優れているかで競うため、人間の前に現れた。長きに渡りくだらないことで競っていた魔界と天界は第三者である人間にどちらが優れているかを決めさせようと勝手に決め、人間代表としてランダムで選ばれた大和と契約を強引に交わさせた。大和は契約により離れられなくなった2人の美少女と奇妙な共同生活をすることになってしまう。大和を手に入れるために出会ってすぐ無理やりえっちをする悪魔の「フィリカ」。微笑みながら道具を取り出し大和を罠にハメさせる天使の「セラ」。あげく、その話を聞いてしまった幼馴染の「桃瀬ののあ」まで大和におねだりえっち、堅物の風紀委員「桜希桐」までも大和を救うためと襲い掛かってくる。魔界、天界だけではなく人間界をも巻き込み、どの世界が優れているかえっちで競うことになってしまった。4人に毎日のように振り回されるようになってしまった大和の運命は?

ぶるぶる
紺野家は有名なスポーツ用品メーカー。新企画として、主人公「庵」の妄想が実現となった「究極ブルマ」を開発した。伸縮自在、肌へのフィット感、人の特性によって変化するブルマは、極秘に開発を進めるため無人島にある施設を改造し、閉鎖された島で紺野家の美少女姉妹に試験させることになった。妹達は着たことが無いブルマに対して、恥ずかしいコスチュームに見えるため嫌がるが、親のすすめと誰もいない無人島に、学園を休んでいけるとのことで参加することになった。いろいろな器具を使い、さっそくブルマの機能をしてみる妹達。しかし、問題が発生してしまう。それは汗の吸収が早いということ。そのせいで簡単に透けてしまい、ブルマフェチの庵は欲情する。透けて見える肌、妹のブルマの誘惑に庵は早くエッチしたいという思考になってしまい……。

メンヘラ歩理のヤまないおねだり
かつて一世を風靡したアイドルがいた。今では、過去の人として人々に忘れ去れている「詩片歩理(うたかたあゆり)」は再起をかけて、曲作りから自分で手掛けていた。何をやっても上手くいかず、自暴自棄になる毎日。そこに新しくマネージャーとしてやってきた「春山啓太(はるやまけいた)」はお付きとして歩理に振り回されながらも奮闘していた。そんなある日、歩理はたまたまネットで自己啓発セミナーのような怪しい記事を見る。そこには性的興奮度を高めることによって、脳が活性化するという胡散臭い記事が載っていて、性行為をしたことがない歩理は、啓太におねだりしてはじめてのセックスをしてしまう。その行為に病みつきになってしまった歩理は、思い込みからかセックスをすれば曲が作れるかもしれないと啓太にさまざまな欲求をぶつけてくることになる。

ベロレロレーロレ
昔から主人公「千歳」のことをおにいちゃんのように慕っていた音瑠だったが、妹としか見てもらえず、恋の進展がなかった。そこで、友達との間で噂になっていた恋をかなえてくれるおまじないがあることを聞く。それは好きな人から食べ物を一日3つ、三日間もらい続けるということ。さっそく主人公から食べ物をもらうべく、あの手この手で主人公から食べ物(飴玉)奪う音瑠。そして、運命の三日目。彼女の身体に変化が訪れた。その変化とは自分の体液が飴のように甘くなってしまうこと。どこが叶ったのかと自分の不幸を呪った次の日、いつものようにアタックしていると、自分の汗が飴のように甘くなっていることがばれてしまう。仕方なく、千歳に飴のような体液がでることを告白する。さらに、千歳の一番好きな食べ物は飴玉ではなくショートケーキだった。おまじないを解く方法として、恋人ごっこを提案する音瑠。幼馴染のお願いごと、また体液が飴ということに興味本位で承諾する千歳。二人の奇妙な恋人ごっこが始まる?

ぶぢゅるぶちゅる!! 〜ふわとろ名器のおもてなし〜
人間となんら変わりのない自立型ダッチワイフの開発に成功した主人公「雛里早貴(ひなさとさき)」は、試作型として作られた「ひなと」の教育係りとして、会社から一ヶ月で完璧に仕上げるよう命じられ一緒に暮らすことになった。この期限の間に知識や肉感だけを得て生まれた「ひなと」が男性の相手ができるよう、男性器への奉仕、興奮させる言動、舐めかたやコキ方を教えなければならない早貴。性に興味がない男性に対しても眠れる性欲を呼び覚ますような行為の教育を行い、「ひなと」をりっぱなダッチワイフへと成長させようと実体験もない早貴が奮闘する。性感帯への調整と挿入を促す汁の調査、性と女の全てを「ひなと」に学習させよう。

漆黒の華
19世紀末のイギリス。主人公は資産家の一人息子。物語は賭け事にはまった貴族が館を手放すところから始まる。館にある全ての物が主人公の物になり、そこに住む人たちも主人公の所有物となった。この物語のヒロイン、マリアもその一人。しかし父親に売られた事も知らず、今までと同じ平穏な生活をしている。その可憐な姿を見た館の新しい主人は、執事として館に入り、ヒロインをその毒牙に掛けることを計画する。

黒百合の館
「運が良かったよ、あんた。霧端家で働けるなんて………」この仕事を斡旋してくれた、職業安定所の職員は言った。田舎の貧乏な農村を抜け出し、都で旋盤工場に住み込みで職に就いたのもつかの間、突然解雇を言い渡されてしまう。仕事と住みかを同時に失った主人公は、あわてて新たな職探しに奔走した。そしてようやく見つけたのがこの屋敷………霧端家の下男として住み込みで働く仕事だった。そこで主人公を待っていたものは、冷淡な若き女主人と天使のようなその妹、妖艶なメイド、無垢な幼き下女…そして知るのだった。不遜で優美な霧端家の裏側を…裏側を知ってしまった主人公は、深き暗闇に落とされるのか、または、全てを踏み台にし這い上がるのか………愛欲と陰謀にまみれた物語が今 幕をあける…

学園処女狩り
女は処女にかぎる。男に股を開いた途端、そいつは女ではなく雌になる。自分以外の男に脚を開き、肉棒をつっこまれた雌に欲情するなんてありえない。私の「女」は、私にだけ脚を開いて、私だけを受け入れればそれでいい。私に処女を捧げる女が欲しい。穢れのない純潔が欲しい。無垢の心身を私だけに捧げ、ずっとかしずいているような少女が欲しい。そんな思いを胸に、私は教師になった。良家の子女ばかりが通う、全寮制の女子校だ。校則は緩めだがただ1点、鉄の鎖のように生徒たちを縛るルールがある。男女交際の制限。というよりも禁止。卒業するまで、彼氏どころか男友達の存在も許さない。つぼみに群がる虫の存在を徹底的に排除した、純潔を守るための条項。しかし、それは生徒のためを思っての規則じゃない。学園のためだ。私が教師となったこの学校には、表沙汰にならない裏の顔がある。一部の没落した名家の少女に性技を教え、金持ちの元へ嫁がせる、私の父はそんな学校を経営していて、私はコネでそこの教師になった。父のためではなく、あくまで私自身のために…… 「彼女」の身も心も犯しつづけて、すべてを私のものにしてやるのだ。

サイレントチェイサー 狩神
天皇家・公家の政治がまだ荒々しく謀略に満ち満ちていた頃……。時代の要請に応じるがごとく狩部(かりべ、狩りを司る役職)たちは剣技、格闘術はもとより薬師や呪術の対抗術を身につけ、それを良くこなす者たちによる超人集団を形成していた。無論、それら全てを一人で極められる超天才は現代に至る狩部の中でも数えるほどしかおらず、多くの場合は基礎的な技術を習得した後、専門分野の熟達者におさまる。もちろん、そんな彼らとて凡夫と比すれば超人に等しいのだが……。そして二千年の時が流れた現代――。一見して平和に見られる世界の裏側に、数々の謀略が渦巻くこの世の中。“津雲祭子”、“御都樹ひとみ”、“八神朱鷺子”、“朽道戒”の4人の狩部たちが集い、「狩神」として法では裁ききれない悪を滅殺するため、長きの沈黙を破り人知れず活躍し始めるのであった。

エンゲージ 百合編
明治からの伝統を守り、“良妻賢母”になるための教育が行われる名門、私立聖武女学園。この学園を卒業した女性達は、政界、財界、社交界、芸能界など、様々な業界で活躍しているため、自然と良家の子女が多く集まっていた。学園の敷地内は、校長を除いて男子禁制になっており、業者の男性でさえも入校は難しいものであった。乙女達の理想郷とも云えるこの学園の学生達には、代々受け継がれる「Engage〜エンゲージ〜」という風習があった。これは上級生が下級生を、あるいは同級生同士が互いの友情を深めるための象徴であり、多くは他者に、そうした認識を得られるだけで満足するが、中には精神的な繋がりだけでなく、肉体的な繋がりも欲する学生も……。そんな名門女子校に新入生として入学した浦和優香。これまで育ってきた環境とは全くの別世界に戸惑いながらも、彼女は、その異次元空間に何とか解け込もうと悪戦苦闘し、そして同級生や先輩のお姉さまとの禁断の愛へと……。

エンゲージ 凌辱編
明治からの伝統を守り、“良妻賢母”になるための教育が行われる名門、私立聖武女学園。この学園を卒業した女性達は、政界、財界、社交界、芸能界など、様々な業界で活躍しているため、自然と良家の子女が多く集まっていた。学園の敷地内は、校長を除いて男子禁制になっており、業者の男性でさえも入校は難しいものであった。乙女達の理想郷とも云えるこの学園の学生達には、代々受け継がれる「Engage〜エンゲージ〜」という風習があった。これは上級生が下級生を、あるいは同級生同士が互いの友情を深めるための象徴であり、多くは他者に、そうした認識を得られるだけで満足するが、中には精神的な繋がりだけでなく、肉体的な繋がりも欲する学生も……。

翠の海-midori no umi-
主人公、櫂は森の中で目を覚ました。どうしてここにいるのかわからず、自分の過去すらも全く思いだせない。立ち上がり少し歩くと、そこには一面を森に囲まれた、小さな湖……水面は風が吹く度にきらきらと光る。そこは神の奇跡にも似た、小さな楽園……「いらっしゃい。あなたも、来たのね」櫂の前に立つ、美しい少女・みちる。みちるは湖の傍にある洋館に櫂を招き入れる。そこでは同じように自分の過去を知らない少年少女たちが、集団生活を送っていた。みんなが同じだという境遇が絆をより一層深めて行く……何も知ろうとしないことを誓えば、確実に訪れる幸せ。そこは翠の海に沈んだ、小さな楽園。海にいれば空に憧れ、そして……人は知りたくなる。この場所の意味を……樹海に囲まれた小さな洋館。そこは記憶を失った11人の少年少女が暮らしていました。外界と隔てられたその場所を、ある者は楽園と呼び、またある者は牢獄と呼びます。そして、今……あなた自身も記憶を失いこの場所へ。物語はそこから始まります。

キミへ贈る、ソラの花
――吸い込まれるような、空の青。見上げていれば、どこか自分が溶けていきそうに感じるんだ。僕は一つだけ、与えられた力があった。けれど、それをみんなには言えない。言えることじゃ、ないから。この力を持っている人は、僕だけじゃないだろう。でも、普通はみんなそれを隠して生きているんだと思う。だから僕も……本当のことは心の中に隠したままで、どこか、自分を空に隠して、きっとこれから、そうやって生きていくんだ――「見つけた!」けれど、そんな僕を、彼女は見つけてくれた。僕を見つけて、すごく嬉しそうな笑みを浮かべてくれたんだ。僕は、ただ嬉しく……僕に出会って、笑ってくれたことが、僕の力を喜んでくれたことが、ただ、嬉しかった。その姿が、僕に――いや、僕のような人間にしか見えなくても。彼女はもう既に、この世に身体が存在しない、幽霊と呼ばれる存在であったとしても……僕たちは、関わり始める。幽霊と、人間。二つの存在が交差する、その学園で……。

乳首ビンビン物語!
最近女子に人気急上昇中のスイーツショップ「ヘクセンハオス」。開店後あっという間に売り切れてしまう特上生プリンで一躍有名に!主人公:力丸郁也(りきまるいくや)の耳にも、その情報は伝わっていた。が、彼が興味を抱いたのは、もっと別の理由。それは、店外からでもはっきりと確認できる調理服を着た可愛らしい女の子だ。彼女と仲良くなるため、一緒に行動していた友達をうまく振り切り入店すると、目当てだった白砂木乃実(しらさごこのみ)が笑顔で対応してくれる。店長だという彼女の予想外に明け透けな物言いに戸惑いつつも、店で一番の人気商品「特上生プリン」を食べる流れに。あまりの美味しさに感動していると、キッチンに戻った木乃実と入れ替わり、白砂蜜那(しらさごみつな)が出てきた。客前でお菓子を食べつつも、テキパキとレジ打ちや商品梱包をこなしていく。客が自分だけになった頃に話しかけてきた彼女の口のうまさにのせられ手伝う事に。聞けば最近の人気でアルバイト急募だそうだ!幸いにも生来の起用な手さばきが彼女達の目に留まり、奥から出てきた白砂桜花(しらさごおうか)に腕を見込まれ、パティシエのアルバイトをする事に決定!難なく木乃実ちゃんと一緒に働ける事になったラッキーな主人公、これで下心達成に一歩近づいた訳だ(祝!)。それは、働き始めてしばらくしたある日の事、彼女に断りもなく勝手に早朝出勤して良いところを見せようとした主人公は、厨房で格闘する彼女を発見。そして、特上生プリンの隠し味の秘密を見てしまうのだった。

ぱふぱふ銭湯物語!
下町に住む貧乏な青年・藤堂三樹(とうどうみつき)は、四畳半アパート暮らしで女っ気ゼロ。近くに残っている美人未亡人が経営する銭湯だけが唯一の楽しみだった。この銭湯がいまだに残っているのは、経営する未亡人が下町では有名な美人だったからだ。年配の男性客ファンも多いが、歳上好きの若い男性の間でもちょいちょい噂になっているらしく、男性客は微増である。とはいっても所詮銭湯経営、その程度で経営が持ち直すはずもなく、赤字続きで今や倒産間近……。ところで美人でグラマーとくれば、三樹も当然下心があるわけだが、そんなそぶりは微塵も見せず、男手のない未亡人の為銭湯の力仕事などをしてあげていた。この日も力仕事を手伝ってお茶をもらっている時だった。未亡人「いつもありがとう、肩でも揉んであげましょうね。」未亡人は、三樹の肩を揉みほぐしながら、経営が赤字続きでそろそろ店じまいすると告げる。まだ娘が学生なのでもう少し頑張りたいが、もうだめだと諦めているようだった。神妙な面持ちで聞いている三樹であったが、なんとかならないのかと話し相手になっているうち、奥さんの肩もみがあまりにも気持ちよかったので、適当に“マッサージサービス”を取り入れる事を提案する。美人の未亡人がマッサージとくれば当然噂にはなるが、それだけでは物足りないのは十分わかっている。しかし、ここで三樹の下衆脳細胞がフル回転しだす。“なんとか出来ないか”この時、すでにあるサービスを思いついていた。やはり、まだまだお金のかかる娘を養うためにも、ここは母親としてひと肌脱ぐはず!こうして、三樹の悪質な経営建て直し作戦が始まるのだった。

ぷる萌えンジェル アイドル・あいこ
大手芸能プロダクションの駆け出しマネージャー・桜庭雅志(主人公)。ある日、大先輩のマネージャーが倒れたことから、急遽、国民的アイドル・沖菜 あいこのマネージャーに大抜擢される。初めての大仕事に不安もあったが、自分を試すチャンスと気合を入れる雅志だったが、さすがは国民的アイドルであるあいこのスケジュールは超多忙な上に、彼女のライバルでミュージシャンの沢田紅実との確執や、上京してきた家出少女・百瀬ヒカリの出現など、様々なトラブルが頻発する始末……。しか〜し、そんなことは些細な問題でしかなかった。なんと女の子と思っていたあいこが、実は“男の子”だったのだ!?驚愕の事実を知ってしまった雅志の非日常が始まろうとしていた……。

Pure妹ミルクぷるん♪
転がり込んできた三人の妹たちの下腹部には驚きの秘密がある!?両親と死別し、一人暮らしの学生、礼矢。そんな彼の元に妹を名乗る三人の女の子が転がり込んできた。彼女たちから本能の父母が居ること、そして祖父が一大財閥の長であることを知らされる。突然のことに戸惑う礼矢だったが、さらに妹たちの中から一人を選んで妻とし、その祖父の財産を相続することが既に決められており、生涯を共にする伴侶も選ばなければならなくなった。なし崩し的に三人の妹たちと同居し、妻選びを始めることになった礼矢は、その過程で妹たちの知られざる驚愕の事実を知ることになる。それは……。

CAGE BOY"Sヒロインselection
“CAGE”のアレの付いている特殊性を持ったヒロインの厳選エッチストーリー集!今回ピックアップされた作品は、歪んだ性癖を持つ主人公と彼を取り巻くヒロインたちが倒錯的なセックスを繰り広げる純愛(?)○教AVG『純愛GirL』、お兄ちゃんラブな妹(?)たちとア・ブ・ナ・イエッチし放題AVG『恋する妹はせつなくてお兄ちゃんを想うとすぐHしちゃうの』、可愛い教え子たちに勉強だけでなくエッチも教え込む家庭教師AVG『大好きな先生にHなおねだりしちゃうおませなボクの/私の×××××(ぷにぷに)』の三作品。各作品に登場する“女の子以上に女の子らしくも萌えな男の子”たち――、加護のあ(『純愛Girl』)、志木秋巳(『恋する妹は〜』)、桜沢けいと(『大好きな先生に〜』)、橘ゆずと(『大好きな先生に〜』)がメインのすこぶるエッチなストーリーが鑑賞できる。全員“男の子”なので、下腹部には男にとっては見慣れたアレが付いている。萌え可愛い絵柄に騙されないようご注意を。故にアレが付いていないヒロインは御免だ――、そんなユーザーにドンピシャなストーリー集なのだ。

(C)えっちのこばこ
“CAGE”のデビュー作を含む初期四作品の選りすぐりのエッチシーンを厳選収録!ヒロイン全員が女の子っぽい可愛い男の子という、アイドル総勃ちAVG『ぷる萌えンジェル アイドル・あいこ』など、奇抜な異色作で人気を博す“CAGE”の初期作品の選りすぐりのエッチシーンをたっぷり楽しめる画像集。収録タイトルは、同ブランドのデビュー作で、薄倖のヒロイン・ナオの幸せを探す私語りAVG『檻の中のわたし』、病院内で繰り広げられる淫辱を描いた少女○辱AVG『夢姿〜ゆめのすがた〜』、歪んだ性癖を持つ主人公と彼を取り巻くヒロインたちが倒錯的なセックスを繰り広げる純愛(?)○教AVG『純愛GirL』、そして日本神話や転生などをモチーフに展開するオカルトホラーAVG『幽冥(カクリヨ)』の四作品。回想アルバム形式になっており、クリックひとつで簡単に閲覧できる親切設計。オナニー用として、または各収録ゲームソフト購入の判断材料として活用できる一本だ。

かみデレ
徳永真弥は、虹浮学園に通う2年生。放蕩な父親が放り出していった(?)実家の神社の仕事に学業にと、そこそこ多忙に過ごしていた。そんな夏のある日、奇妙な事件をきっかけに真弥は七福神の一柱、布袋尊……神様として覚醒する。とんでもない現実に戸惑う真弥だったが、ラッキーなことに、弁才天に大黒天、毘沙門天に恵比寿、福禄寿に寿老人、真弥の他の七福神は、みーんな同じ学園に通う美少女たちだった!これから始まるオレの薔薇色ハーレム学園生活……と妄想したのも束の間、個性的な女の子ばかりで、サル呼ばわりされたり、破廉恥扱いされたりと散々な目に。『これからは七福神の仲間同士、共に協力して務めを果たし、人々の信心を取り戻しましょうね』と、学園長――天照大御神に、使命まで言い渡されてしまうのだった。この日を境に神様という宿命を背負った真弥と、女神様たちとのハチャメチャな学園生活が、今始まる――!

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!
八角橋商店街に居を構える一条家の末っ子、走馬。単身北海道に渡り、自由気ままな学園生活を送っていたが、故郷の姉からの電話により状況が一変する。――父が倒れた。急いで実家へと戻った走馬を待っていたのは、暗い表情をした五人の姉と、ひどくやつれた父親。このまま北海道で暮らし、姉たちに庇護されることのない生活を満喫するつもりだった走馬だが、父の最期を看取るために故郷に戻ることを決意する。一条家にとって縁のある学園を進学先に選び、猛勉強。見事合格を勝ち取り、走馬は三年ぶりに故郷である八角橋に戻ってきた。これからは父のために姉たちと協力し、家族一丸となってがんばっていこうと一条家の門をくぐった走馬だったが――

もっと 姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリー
八角橋商店街に居を構える一条家の末っ子、走馬とその姉達との物語は数々の苦難を乗り越え、走馬が帰ってきてから1年の月日が経とうとしていた。

つよきす 2学期
私立の学校「竜鳴館(りゅうめいかん)」に通う主人公・対馬レオは2年生。そして、自分達の長期出張にかこつけてなまけている息子の性根を叩き直して欲しいとレオの両親に頼まれ、家にやってきた従姉弟の鉄乙女(くろがねおとめ)。そして、想いを寄せる生徒会長・霧夜エリカが取りきる美人揃いの生徒会を手伝う事になる。平凡だった毎日は確かに慌しくなった。が、『この夏中に彼女を作ろうぜ!』なんて話もしていたけれど美人揃いの生徒会メンバーとなんて進展は全くなし。そんな夏も終わったある日、1人の女性が竜鳴館にやって来た。銀髪の長い髪、キリッとした眼差し。彼女の名前は橘瀬麗武。彼女を中心に、生徒会長・霧夜エリカ、鉄の風紀委員・鉄乙女、そして、幼馴染なバカの蟹沢きぬ、更には1年生の椰子なごみを巻き込み騒がしくなっていく。こうやって見れば美人揃いだけど、やっぱり個性的な連中ばかり。平凡だったはずの毎日が、更に騒がしくなっていく……。

つよきす
主人公は学園に通う2年生。初夏のある日、イトコの乙女が姉代わりとして家に引っ越してきた。乙女は、出張中の両親に頼まれ主人公の性根を、鍛えなおすために家にやってきたのだった。乙女と2人きりで暮らす生活がはじまる。さらに乙女は、学校の仕事を主人公に手伝わせる。そこは美人揃いではあるが、個性的な連中が集う学生会だった。平凡だった日々が騒がしい毎日へと変わっていく…

すうぃと!
主人公「巳堂京一(みどうきょういち)」は就職浪人。専門学校で経営学を学ぶも、希望する職に就くことができず不合格通知の山を築いていた。そんな生活を続けて数ヶ月、季節は夏になっていた。ある日、一人の女性が尋ねてくる。聞けば叔父からの使いで、京一に仕事を頼みたいと言う。詳しく話を聞くと、新しくオープンする喫茶店の店長を任せたいという内容だった。喫茶店、と一口に言っても数え切れないほどのジャンルがある。そんな中にあって、京一が任されるコトになったお店というのは近年一部地域を中心に急激な成長を遂げた『メイド喫茶』だった。あまりに突然な内容に困惑する京一。とはいえ、他に就職のアテがあるはずもなく、戸惑いつつもメイド喫茶「Sucre(シュクレ)」の店長として働くことになる。

姉、ちゃんとしようよっ!
名門・柊家に幼い頃養子として引き取られた主人公・空也(くうや)。姉達に甘やかされてばかりの軟弱ライフを送っていた彼は、性根を鍛え直す為に遠くの親戚へ預けられてしまった。そして約10年後。空也は立派に成長して、再び柊家に戻ってくる。そこに待っていたのは、可愛い弟の帰りを楽しみにしていた、お姉ちゃん達6人。お姉ちゃん達は帰ってきた初日から、昔同様、空也をベタベタと甘やかしてきたりアゴでこき使ったりと好き放題。しかもその夜、空也は憧れていた要芽に寝こみを襲われ、散々にいたぶられてしまった。なんとか要芽を見返そうとする空也は、他のお姉ちゃん達に協力してもらって、己の漢を磨こうと考える。こうして、再びお姉ちゃんに囲まれた生活がスタートした。

姉、ちゃんとしようよっ!2
柊家に養子として引き取られた主人公・空也(くうや)は、人のお姉ちゃん達に可愛がられて幼少時代を過ごした。養父・柊翔(ショウ)は空也の軟弱な精神を鍛え直す為に、彼を遠縁である沖縄の犬神家へ約10年も預けたり、戻ってくれば、2人で武者修業の旅に出たりと連れまわす。そして、旅に出てから約1年後――。空也は全ての修行を終え、1人前の男と認定されて帰ってきた。ようやく柊家での永住が許可されたのであるその空也にとって、少年〜青年時代の育ての姉ともいえる犬神帆波(いぬがみほなみ)と歩笑(ぽえむ)が隣に引っ越してきた。2人は可愛い弟の空也に何かと接触してくる。また柊6姉妹も相変わらず、個々のやり方で空也をかまう。新たなお姉さんたちの参入で、姉ライフはその密度を増していく。Hな誘惑・甘やかし・罵倒…8人の姉から様々な形で構われ続ける空也。弟の気持ちは、いったいどのお姉ちゃんに向くのか?それとも欲張って全員まとめて?決めるのはプレイヤー次第……





自動車保険一括見積もり ★500円分商品券プレゼント

動画 アダルト動画 ライブチャット