アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
やらせてっ!てぃーちゃー卒業 Windows10対応版
人気シリーズ(自分で言うか…)やらてぃーにも…ついにこの時がやってきた。そう、卒業。思い起こせば、教育実習で理子が、キボウ学園にやってきたことがすべての始まりだった。両親に過保護に育てられた世間知らずの、いわゆるお嬢様だった理子に悪ガキの勇太がエッチなイタズラを次々と仕掛けていき…真面目な性格の理子は、それがイタズラだと分かっていてもつい流されてしまう。そんな理子を見て、勇太のエロ魂は、どんどんヒートアップしていく。「理子」と「勇太」で始まったやらてぃーだから…やっぱり最後も「理子」と「勇太」で締めくくりたい。今作「やらせてっ!てぃーちゃー卒業」はめでたく、カップルになった理子と勇太のエッチ溢れる、ラブラブな同棲性活を、余すところなく描いている。また、過去作の名場面もピックアップ!これまでのやらてぃーを、振り返りながらの進行も必見だ。さあ、これでやらてぃーシリーズも完結。しっかり見てくれ。

やらせてっ!てぃーちゃーComplete Windows10対応版
TRYSETの長寿人気シリーズ「やらせてっ!てぃーちゃー」が嬉しいコンプリートパックとして登場。やらてぃーを象徴する「あのシーン」や、忘れていた「名シーン」を是非、ご堪能ください。

TRY夏休み満足SET Windows10対応版
【ママー★きゃんぷ ぷらす】優しい義母の優子さんと、一緒に参加することになった一週間のとあるキャンプ。キャンプの趣旨は「親子のコミュニケーション不足の解消」というものだった。個性豊かに参加者に交じり、引っ込み思案な主人公の祥一クンはどう過ごすのか?また、キャンプで待ち受ける、ありえないイベントの数々を無事に乗り越えることはできるのか?「ママー☆きゃんぷ」開幕です!【サマー☆きゃんぷ】親元を離れて大自然の中、行われるキャンプ。みんなで協力しながら食事を作ったり、イベントを行ったり、協調性を養う教育の一環。しかし、引率の先生から思いもよらぬ一言が!?「男女ペアになってセックスを始めてください」あまりに突然過ぎて、その場で茫然とする主人公の良樹クンに、一人の女の子が優しく声をかけてくる。「サマー☆きゃんぷ」無事に終えることはできるのでしょうか?【サマー☆すいむっ!】部員不足の蘭香学園水泳部。一か月後の全国大会で、結果を出さなければ即廃部という大ピンチ。そんな状況を打破すべく、かつての名選手がコーチとしてやって来るが、エッチな練習法ばかりを考案。それもそのはず、コーチは真っ赤な偽物だった。そのことを知った主人公は口止め変わりに「美味しい恩恵?」を受ける?受けない?果たして、水泳部の運命は?「私たち、どんな淫らな練習にも…絶対に耐えてみせます〜」

TRY秋のお勉強セットSET Windows10対応版
【お姉×ショタ】ある夏休み、突然、野々村家に居候させてもらうことになった主人公の大祐。問題なのは、この野々村家は何と、六姉妹の全員女性家族だった。女性への免疫のない大祐は、果たして無事に夏休みを過ごすことはできるのか!?末っ子ならではの体験?姉たちからの無茶な要求!しかしそこは末っ子の特権?「甘え」を上手に使いこなすための「お姉だりモード」で難を回避!【おまかせっ!お勉強☆しすたぁず】受験に見事失敗して、晴れて?予備校生となった主人公の卓也は、幼馴染の春日井姉妹の家で住み込みで勉強することに。しかし全裸同然の格好でうろつく姉妹に翻弄され勉強どころではない卓也。そんな卓也に奮起する出来事が。三日後の予備校のテストで及第点を取れたら姉妹の妹の麗美がデートしてくれるという。猛勉強に励む卓也に待ち構えていた試練とは!?【教えてっ!おねてぃー】ある日、従妹のお姉ちゃんが、主人公の誠が通う三ツ星学園に教育実習で、やって来ることになった。しかも実習の間は、主人公の家から学園に通うという。子供のころは、良く遊んでくれたお姉ちゃんだったが胸の大きくなって、すごく大人っぽくなっていた。しかし、お風呂上りは全裸で歩き回ったり、お転婆なところは相変わらず。お姉ちゃんは、一カ月間の教育実習を無事に終えることはできるのか!?

ボクらのひみつ基地大作戦
親の転勤の都合で転校してきた主人公。引っ込み思案な性格もあり、いまいちクラスメイトと馴染めないでいた。そんな主人公は、ある日の放課後、忘れ物を取りに教室に戻ると…数名の男女が、何やら話をしていた。内緒の話?と思った主人公は、その場を立ち去ろうとすると…クラス委員長の女の子に呼び止められる。「私たちと一緒に戦わない?」彼女たちが計画していたのは、親や教師への不満のうっぷん晴らしに廃工場に立てこもり、日常生活すべてをボイコットするというものだった。突然の、とんでもない誘いに戸惑う主人公だったが、クラス委員長の…「学園での思い出作りに、ね♪」その一言で、つい軽い気持ちで参加することに。(だって、学級委員長、可愛いんだもん)※主人公談。…しかし思春期の男女が、いきなり一つ屋根の下での共同生活。当然、ただで済むわけもなく、さらに廃工場には、謎の先住?の女性。この女性がとんでもなかった。「男女の親睦を深めるのは、セックスするのが一番だって♪」彼女のそんな一言で始まった、裸での集団生活。みんなは果たして、無事に「思い出作り」ができるのだろうか?

TRY冬の戦うヒロインSET
【ろーるぷれいんぐがーる】主人公の一郎は、深夜に自宅でパソコンをいじっていると突然、不思議な光とともに、机の引き出しが開き何かが飛び出してきた。この展開もしかしてネコ型ロボット!?そんな期待を裏切って現れたのは、ファンタジー物のゲームから抜け出してきたような服装の、3人の美少女だった。そしてその少女の一人が、一郎に向かって剣を突き立てた。一郎の運命は如何に!?【ドレス・ウィザード】星陵青葉学園に通う主人公の志郎は、父親の転勤を機に学園の学生寮へと入寮した。寮母や寮の仲間たちとも馴染んできたある日、志郎はある事件に巻き込まれる。深夜のコンビニ帰り、異形の姿をした怪人と華やかなコスチュームに身を包んだ美少女戦士との戦いに偶然にも遭遇してしまうのだった。そして不運なことに志郎は、怪人の人質として捕らわれるのだった。【WHITE×RED】人類の天敵『穢れ』との戦いの為、修行に出ていた主人公の直人は、長年の修行から帰ってきた。そこで待っていたのは、パートナーとなる巫女達だった。その巫女達とH公認の同居生活をしながら、穢れに立ち向かう。果たして直人の恋と戦いの行方は?

TRYひな祭りハーレムSET
【8人の巨乳妻『ボクのママン捜し』】主人公の武士は、母親の入浴を覗いたり下着を盗んだりまさに思春期真っ盛り。ある日、母親から思いもよらないことを告げられる。「貴方には8人のママ候補者がいるのよ」あまりに突然のことに戸惑う武士だったが、次々と現れる美人な女性たちに武士は大興奮。突如、始まったママン捜し。貴方にとっての本当の「ママン」は見つかるのでしょうか?【なぜか?!すぃ〜とほ〜む】受験のために、兄の家に居候することになった主人公和也。しかし、仕事が忙しい兄は帰宅も遅く家も空けがち。自然と兄嫁である、みなみと接する機会も増える。無謀な姿でうろつくみなみを見て、受験前に煩悩を抱え込む和也。やがて、ご想像通りの過ちを犯すことになるが、それは兄の計略でもあった。みなみの母みゆきや、叔母のかすみまでやって来て生活はにわかに桃色に染まり始める。【Myつま】晴れて社会人とはなった主人公の陸は、付き合っていた麻衣とめでたく結婚。二人きりでの甘い新婚生活を送るはずたったが、しばらくの間、麻衣の実家で生活することになってしまう。無防備な姿でうろつく義母の美咲に加え、とてもオープンな性格の義妹の麻奈…一体どんな新婚生活になるのやら。

続・奥様はおねえちゃん!?
憧れのおねえちゃんとの甘〜い新婚性活を描いた「奥様はおねえちゃん!?」が再び帰ってきた。俊也とゆかりの新婚生活も1年が過ぎ、少しは穏やかな日々を送っていると思いきやそれは大間違い。ゆかりは夜の営みがマンネリにならないようにと、日夜、エッチなテクニックを研究。そして覚えたテクニックを惜しみなく俊也に披露していた。そんなゆかりに翻弄されっぱなしの俊也は、嬉し恥ずかしの毎日を過ごしていた。しかし、前作同様、旦那とケンカして家を飛び出してきたゆかりの兄嫁の香織が居候。自由奔放な香織は、風呂上りの全裸は当たり前で、俊也にエッチはスキンシップ?を仕掛けてくる。そして学園でも気の休まる暇はない。大人しい性格だと思っていた、転入生の白石知美。あることをきっかけに、俊也と急接近。あの手この手で俊也に迫って来る。勿論、今作でもゆかりの母、昌枝の天然ぶりや、クラスメイトの美由紀と晴広カップルのちょっと間違えたアドバイスも健在。果たして俊也とゆかりの新婚生活の続きは如何に?

肉欲デビル催眠 Windows10対応版
今日も『仙治朗』は更衣室に身を潜め、女子の着替えを覗いている。そこには、一際目立つ学園生会長『麗華』の姿も。仙治朗の放つエロ臭気に敏感な麗華は、まるで目に映っているかのように、仙治朗の潜んでいる死角を指差して、『このゴキブリめ!いい加減にクタバリなさい!』と啖呵を切る。しかし意地になって覗き続ける仙治朗。そこで麗華は仙治朗に対し、とある呪文を唱えた。すると仙治朗の身体は金縛りに遭い、全身の血管はマグマのように熱くなり、脳みそが射精時のようにホンワリ気持ちよくなってしまう。……直後、意識を失う仙治朗。仙治朗の意識が覚めると、そこは校門前の裏路地。仙治朗は燃えるゴミと一緒に捨てられていた。『呪術なんて信じねぇよ』とブツブツ愚痴りながら、スゴスゴと校舎内へ戻る仙治朗。仙治朗が教室に入ると、麗華は女教師に授業中断を命じ、仙治朗へ毒々しい言葉を羅列する。クラス中が麗華の言葉に肯き、女教師まで麗華に肩入れし、仙治朗を卑下する。今度こそ沸騰するぐらい、頭に血が昇る仙治朗。『麗華!いずれはお前の心も身体も、俺のモノだ!俺が望めば、おまえは美肌を晒し!そして――!』と、ここでは掲載しづらい卑猥な発言を連呼する。この発言が催眠命令になり、……なんと!?みんなのいるド真ん中で、麗華は制服を脱ぎ始めてしまう!麗華も自分が何をしているのか分からず、『や!?やだ!』と、衝動を抑えようとする。しかし抗えぬ強制力で、ついに!みんなの居る前で素っ裸になってしまった!催眠の正体は、悪霊による精神支配だと分かり、仙治朗は麗華へ好き放題、催眠命令を下す。対する麗華は、懸命に催眠から逃れるスベを図る。だが、仙治朗は悪霊に毒されながら魂を吸われ続け、麗華の内面感情は地獄の苦しみへと進行……、最終的には二人とも、究極の選択を強いられることになってしまう。

愛欲MAD催眠 Windows10対応版
とある製薬会社に勤務する『宮代亜由美(みやしろあゆみ)』は、有能な若き営業主任。しかし彼女の能力とは無関係に、会社は経営難を極めていた。一般的に『ブラック会社か?』と聞かれれば、100%ブラックに該当する会社である。とくに雇用面では程度の範疇を越えていた。デタラメな低給与と過酷な労働条件。それだけでも逃げ出したくなる職場環境だが、亜由美の場合はさらに輪を掛けて、脳にも障害を持っていた。それでも亜由美はキャリアを大切にし、プライドを掲げながら、持ち前の真面目さを武器に、日々一生懸命、仕事に励んでいる。そんな亜由美には悩みが尽きない。ストレスを増幅させてしまう元凶がいるせいだ。彼女の部下、『藤原秀一(ふじわらしゅういち)』である。何かとセクハラ行為を仕出かしては、亜由美の怒りを買う無神経男。仕事面も営業成績が低迷している、出来の悪い部下。『あんな男でも雇わなきゃ回せないなんて。……まったく、呪われた会社だわ』と、自問自答する亜由美。今夜もぶつぶつ愚痴りながら、社員寮の自室でオナニーに耽っていた。彼女が唯一ストレスを発散出来る行為は、これぐらいなものである。一方で秀一は虎視眈々と、会社を乗っ取る計画を膨らませていた。無能なセクハラ野郎を演じる傍ら、思考の奥行きは計り知れないほど巧妙な男だったのである。『しかし目の上のタンコブな存在、亜由美が居る以上は、何も出来やしない』秀一は、自分と年齢差が無いクセに上司ヅラしている亜由美を、常に堕としたがっていた。――そんなある日。亜由美は持病の薬を飲んだあと、一人残業中。秀一が仕出かした営業ミスの尻拭い作業に追われていた。そこへ秀一が、営業回りを終えて会社へ戻ってくる。ここぞとばかりに始まる亜由美の説教タイム。日頃のストレスが破裂し、秀一へ毒々しい言葉を羅列してしまう。これにはさすがの秀一も、怒り心頭。『亜由美!いずれはお前の心も身体も、俺のモノだ!俺が望めば、お前は美肌を晒し!そして――!』などと、ここでは掲載しづらい卑猥な暴言を連呼。この発言が催眠命令になり、……なんと!?秀一のいる前で、亜由美は服を脱ぎ始めてしまう!これ幸いと性交渉を命じてしまう秀一。抗えぬ強制力で、ついに!それ以降、秀一は亜由美に好き放題、催眠命令を下す。対する亜由美は、抗うスベもなく発狂寸前へ……。催眠の正体へ近づくにつれて、会社の泥々しい実態が明らかとなり、亜由美と秀一の二人にも、災いが容赦なく降り注いでいく。最終的には二人とも、世間を揺るがす大事件に巻き込まれ、究極の選択を強いられることになってしまう。はたして、亜由美に効いてしまう『催眠の正体』とは?亜由美は陰惨なブラック労働のループから抜け出し、安息の幸せを掴み取れるのだろうか?それとも秀一が亜由美を貪り尽くし、狙い澄ました目的を遂行させてしまうのだろうか?肉欲デビル催眠の『モンスト=ロモン事件』に次ぐ、世間を騒がす大事件が、……今、幕を開けるッ!

妹欲DEAD催眠 Windows10対応版
両親が他界し、僕は学園を中退した。出稼ぎの為に一人で上京し、そろそろ二年ほど経つ。しかし先週、唯一の保護者だった祖母も他界してしまい、僕は一旦実家へ戻って、学会の指示の下で葬儀を行った。そこで妹の『まどか』とも相談し、二人で上京する経緯になったのだ。妹の受け入れ準備を整えるため、僕だけ先に東京へ戻る。そして、今……。夕暮れ時の駅前で、まどかの到着を今か今かと待っていると……。【まどか】「お兄ちゃん、お待たせ」振り向けば、そこにまどかが立っている。僕の……この世で一番大切な妹、まどか。一日たりとも、まどかを思わなかったことはない。まどかを思うと胸がキュンとする。僕は今後の生活に期待を抱きながら、まどかを狭いアパートへ連れて行った。その晩は、まるで両親と一緒に住んでいた頃のような、楽しい時間を過ごすことが出来た。しかし……翌日。午前中はまどかに駅前を案内し、昼食後はまどかと別れて、そのままバイトへ向かうつもりだった。だけど横断歩道で、信号が青に変わったその時!まどかは急に身体を痙攣させて、横断歩道のド真ん中で倒れてしまった!僕は情けないことに、まどかの身に何が起きたのか分からず、まどかの名前を連呼するだけだった。そこへ車から、美しい女性が駆け寄り、「さぁ!車に乗せるから手伝いなさい!そっとよ!慎重に持つのよ!早く!」その女性は、まどかと僕を車に乗せて、渡来総合病院へ連れて行ってくれた。お医者さんが仰るには、まどかの症状は心労による貧血で、とくに心配はないと診断してくれたけど……。その女性は、『MRI検査、血液検査、尿検査も行ってください』と、親身になって検査要求をしてくれた。だけど、特に何の異常も見つからず、僕とまどかは帰宅することに。その女性は、僕とまどかを喫茶店に寄らせて、名刺を渡してくれた。……さらに、「お医者様は貧血と言ったけど。まどかちゃんの症状は、私が発症した初期症状にソックリだわ。このお薬を飲みなさい」と言って『マッド329』という錠剤を渡してくれた。「私のお薬をあげる。これを飲みながら、幸せになることを誓い合いなさい。このお薬を飲ませたあとは、『愛の催眠』を仕掛けるの。その行為がまどかちゃんのポジティブ思考を呼び覚まし、麻痺した自律神経を正常に戻してくれる筈だわ」そして、その晩。僕は早速、『マッド329』をまどかに飲ませて、就寝しようとする。しかし……まどかは、そのとなりで……。

バッドENDを救え! Windows10対応版
まどかが、……死んだ……。まどかが、目を瞑ってから……僕はずっと……。まどかが、目を覚ますのを待ちながら……、泣き喚いていた。気がつけば、朝になっていて……。いつの間にか……僕の背中へ、麗姉さんが覆い被さっていた。真田も……僕の部屋を出たり入ったり、していたようだけど……。僕の胸中は、まどかのことだけ。……他には、何も考えられない。さっきまでの、まどか……。笑顔の、まどか……。ちょっとムクれている、まどか……。僕を『お兄ちゃん』って呼ぶ、まどかの……様々な顔を思い浮かべていた。そして、眼前で目を瞑っているまどかと見比べては……。涙を流し続けるしか、なかった。すべての事情を知る者達だけで、しめやかな通夜を行った。お爺ちゃん、真田、麗姉さん、……僕。そして、常勤の召使い達。信頼おける魅神楽グループの側近達……。その他には……秀一さん、亜由美さん、仙治朗さん……。昔から、魅神楽財閥に深い関わり持つ霊法師様に、伝統の習わしに法った葬儀を行って貰った。翌日も……同じ面々で行う、しめやかな御葬式。お通夜から御葬式の間、僕は……。可愛い可愛いまどかを想いながら、ずっと泣き続けていた。―――そして、まどかの死から、三日目。

ANOTHER POSSIBILITY Windows10対応版
日々、時世を象徴する悪質な事件が多発する中、先日は、中枢圏特別区の高層ビル爆撃事件が発生。不幸中の幸いか、深夜だった為に死傷者はなく、天候は雷雨だったおかげで、火災も最小限に済んだ。こういった世間を揺るがす事件に対応すべく、すでに執務府は、今年の4月から、特殊な能力者を養成する『壬生養成学園』を開校していた。学園に在籍する者達は、将来、国の非常事態に対応する『MIBU(=魅神楽バトルユニット)』への入隊が保障されている。だが、設立して間もない『壬生養成学園』の在籍者数は、極端に少ない。健やかな生活を望む者達には、やはり無縁の機関だからである。壬生養成学園に在籍する者達も、健やかな生活を望む者達ばかりだ。しかし、時世と誘発するかのように……。並列する事象からも、この世を破滅に追い込む陰謀が侵入していたのだった。望まずとも、共存社会を守る為に、一人一人が努力しなければならない時が、今まさに訪れていた。

TRYSET MAD催眠Series Complete Edition
【収録内容】肉欲デビル催眠・愛欲MAD催眠・妹欲DEAD催眠・Final season 「バッドENDを救え!」※過去3作のBADENDをデジャヴ移動で覆していき、全貌を解明する全キャラ総勢のオリジナルストーリー。4作品がお得にセットになってTRYSET MAD催眠Series Complete Edition販売開始!

TRYSETMADコンプリート Windows10対応版
【肉欲デビル催眠】学園生徒会長の麗華にゴキブリ扱いされ続ける仙次郎が催眠の毒牙にかけて、パンストでハァハァするAVG。パンストを破りイチゴパンツでハァハァせよ!【愛欲MAD催眠】ブラック企業の呼び声高い製薬会社で働く有能社員の亜由美を無能な修一が催眠にかけて、メロメロにさせるAVG。生意気女のパンストを破りハァハァせよ!【妹欲DEAD催眠】病弱な可愛い妹まどかを、悪の手から守り愛の催眠をかけて、蒸れたパンストでハァハァするAVG。最愛の妹のパンストの臭いを嗅いでハァハァせよ!【ファイナルシーズン】個性豊かな3人のヒロインすべてに催眠をかけて愛を勝ち取れ!全員のパンストを破きまくってハァハァせよ!【ANOTHER POSSIBILITY】特殊能力を持つ変身少女たちに、次々と襲い来る妖魔と戦え!彼女たち未成熟な肢体のすべてを味わい尽くせ。愛、偽り、そして裏切り…その果てにあるものとは一体!?

妻交感〜他人に抱かれる妻を想像して〜 Windows10対応版
主人公、牧田暢之は平凡で真面目なサラリーマン。妻の早苗とは3年前にお見合い結婚。早苗は大人しい性格だが、家事全般を卒なくこなすしっかり者。まだ子宝にこそ恵まれていないものの、休日はいつも一緒にショッピングに出かけるなど、近所からは仲の良い夫婦として知られている。そして念願のマイホームも購入し、まさに夫婦仲良く順風満帆な生活を送っているように見えた。しかし…… 暢之には一つだけ、早苗に対して不満……いや、不安なことがあった。それは、最近早苗が夜の営みを求めてくる回数が増える傾向にあったのだ。そして行為の最中、早苗の悶える仕草や喘ぐ姿を見て最愛の妻が淫らに見えてくるようになってきたのだ。そんな悩みを、先輩社員で同じマンションの住人でもある高山雄二に、つい漏らしてしまったことから全ての始まりだった。休日、誘われて雄二の部屋を訪れた暢之と妻の早苗。雄二の妻エレナと4人で食事をすることになった。暢之は苦手な酒を勧められ、酔いつぶれて眠ってしまった。そして、暢之が目を覚ますと驚くべき光景が……高山の妻、エレナが暢之のペニスに貪りついていたのだ。しかし驚くのはそれだけではなかった。エレナによると、別室で高山と早苗も同様の行為を行っていると言うのだ。

母乳倶楽部〜大人のミルクタイム〜 Windows10対応版
主人公、岸山仁は中堅OA機器会社で働く平凡なサラリーマン。営業職でありながら、人とのコミュニケーションが下手で、営業成績は好ましくない。今日も今月の営業成績が悪いことを理由に上司に怒られていた。そんなある日、仁はいつもどおり仕事を終え、帰宅しようと駅に向かっている途中、ある雑居ビルのプレートが目に入った。そこには大人の幼稚園めだか倶楽部と書かれていた。こんなところに幼稚園が?それに大人の幼稚園っていったい…。不思議に思いながら仁がプレートを眺めていると、突然背後から女性に声を掛けられた。どうやら女性はその幼稚園で働いている先生で、仁のことを“今日から来た生徒”と勘違いしたようだ。半ば強引にエレベーターに乗せられ、めだか倶楽部のある階まで連れて行かれたのだった。そして室内に入ると数人の男性が、驚くことに園児服姿で女性に甘えていたのだった。めだか倶楽部とは大人の為の幼稚園で、仕事に疲れたサラリーマンの為の幼稚園だったのだ。

奥様はS嬢 Windows10対応版
主人公は、大会社の社長である父を持つ御曹司。気が弱く、あまり学歴も高くないため、自分には会社の跡取りは無理だと考え父とは距離を取って暮らしている。(一般の会社に勤務)ある日、父から連絡が来る。「俺ももう歳で最近は病気がちでもあるから、そろそろ跡取りとして戻ってきてほしい。嫁の世話もするから身を固めろ」ということらしい。気乗りしない主人公だが、強引な性格の父は、「嫁の候補は、もうそっちに送った。いずれも名門の財閥の娘や、一流企業の令嬢だ。彼女たちと接して少しでも強い男になれ…」それだけ言って電話は切られる。「身を固めろというのはわかるとしても、強い男になれってどういう意味だ?」数日後、3人の女性が主人公の部屋を訪れる。彼女たちは、いずれも「いわゆるS属性」の女性たちで、主人公は、「彼女たちと接して少しでも強い男になれ」という言葉の意味を理解する。

イヂって!若妻てぃ〜ちゃ〜♪ Windows10対応版
ある日の午後、主人公の上条信也が久しぶりに母校に帰ってくる。学園始まって以来の天才児である主人公は、アメリカの大学に飛び級で入学し、たった1年で大学を卒業して留学先から帰国してきたところだった。容姿端麗な美少年であり、品行方正、スポーツも万能で、並みの教師では相手ができないほど学力も超優秀…おまけに学園の理事長は信也の父である。しかし、そんな信也の実態は“女の子の身体のことしか頭にないスケベな悪ガキ”だった。普段はネコ被りして優等生のフリをしているが、頭の中はセックスのことで一杯だった。学園への復学の手続きを済ませた信也は、職員室で担任教師となる佐伯瑠璃と出会う。美しく豊満な容姿と、優しく穏やかな性格の瑠璃に信也の心は激しく動揺した。“あの先生とヤリたい!”そんな衝動にかられるのだった。ひとまずは優等生のフリをして様子を見る信也だったが、やがてエッチなイタズラを開始。そんな信也を瑠璃は怒るどころか親切丁寧に?受け止めてくれるのだった。そんな瑠璃の姿に信也のボルテージは更にヒートアップ!他の女教師やクラスメイトも巻き込んで学園中であの手この手でエッチを展開していく。

いもなつ 〜おきがえしたら でかけましょ〜
――海山島。故郷であるこの島へ、夏休みを利用して帰ってきた。田舎独特のゆったりした空気はどこまでも懐かしかった。小さな漁港。海岸線沿いに延々と続く砂浜。町へと続く道。小さいながらも活気のある町。そして、夏祭りの準備が整いつつある、山の神社。その全てが、昔の姿を色濃く残して迎えてくれた。そんな島とは相対的に、久しぶりに会う妹たちの成長は予想以上で眼を見張るものがあった。妹スキーの名を欲しいがままにしてきた俺にとって、まさに嬉しい誤算だった。妹と過ごす夏休みは、後1週間ほど……。海には行こう。山にも行きたいな。でも暑いから家で妹たちと……。ヤりたいことは盛りだくさん。さぁ、何からシよう?

いもうと・ぴあの
ある日、仕事から帰ってくると妹の彩夏が家出をしてきた。話を聞いてみると、どうやらピアノのコンクールが怖くて逃げ出してきたらしい。泣きじゃくっている彩夏の背中を撫でながら、ひとつの決断をする。「よし!俺の得意分野を駆使してなんとかしてあげよう!」幸い、ピアノには苦い思い出がありつつも、それなりに心得はある。そして、もっとも得意な分野。それは、エロいこと。だって彩夏可愛いでしょ?ちっちゃい女の子可愛いでしょ?ヤるしかないじゃん!妹である彩夏が嫌がらないか一抹の不安を感じるが、あの子はどうも俺を美化、過大評価してるっぽいから大丈夫だろう。妹のため、という本音であり建前でもあり、そしてエッチな事がしたいという本能の元、一大プロジェクトが動き出した。

姦淫特急 満潮
『乗車した人が消える列車がある』。そんな噂が、その手の話が大好きな人間達の間で近頃囁かれていた。大半の人間は、『昨今の都市伝説ブームにあやかって流布しているにすぎない』と一笑に付し、さして気にも留めなかった。だが、列車は実在した…。特急【満潮(みちしお)】。二十年以上も前から進められていたという、特殊なメス奴隷を発掘、開発する計画─【特別性奴創造計画】。単なるメス奴隷ではなく、飼い主が気を使わずとも主人のどんな要求にも応えられる、美しいメス奴隷となる素質を持つ女を選抜し、育成する…。そんな計画のために、巨額の富を費やして開発された列車だ。普段は、日本列島を縦断するという点以外は特に変わったこともない、しいて言えば速度よりも旅を楽しむことを目的として様々なサービスを充実させたというだけの、極普通の寝台列車。だが二〜三ヶ月に一度、【満潮】は特定客に対してその本性を現す。特定客とは、つまり【美しく魅力的な女性】だ。特定期間内にこの列車に乗り込み、選ばれてしまった女達は…列車を降りることを許されず、その肉体を欲望のままに貪られ、陵辱され、精神を病むまで陵辱行為に晒されるのだ。そして調教を終えた女は、主人のあらゆる要求にも応えられる、最高のメス奴隷となる─。この列車は、政財界の名立たる面々がスポンサーとなって開発された、特殊な肉奴隷開発用のいわば調教専用列車だった。そして俺─【海堂精治(かいどうせいじ)】は、裏社会のスポンサー共に選ばれた、この【満潮】の【車掌】だ。この【満潮】において、俺にはあらゆる権利が与えられている。女をどう扱おうと俺の自由であり、事が明るみに出さえしなければ、大抵のことは許されるのである。それだけ、俺の能力が買われているということだ。女を見繕い、磨き上げる能力が。そして、二ヵ月半ぶりに特急【満潮】は本来の役割を果たす時がやってきた。車掌としての通常業務にも、そろそろウンザリし始めていたところだ。久々に燃え滾る想いを胸に秘め、俺は野望に満ちた笑みを浮かべた。

姦淫特急 満潮 −悪夢の三週間−
特急列車『満潮』。日本全土を北から南まで三週間以上かけて縦断する、速度よりも快適さを最優先させたサービス重視の寝台特急列車だ。ありえないほどにのんびりとしていること以外は、ごく普通に乗客を乗せて運用されているだけの列車だった。「──海堂車掌、海堂精治(かいどうせいじ)車掌」今、車掌室の外から俺を呼んでいるのは高槻裕次郎 (たかつきゆうじろう)という、この満潮の副車掌──いや俺の片腕として働いている有能な男である。扉を開けると、高槻の隣に見知らぬ男が腕を組んで佇んでいる。発車が遅延した事で文句を言いに来た乗客だ。運行のトラブル時はこの手の類が多い。大半は満潮のコンセプトを説明し、遅延があっても十分に取り戻せる走行時間であることを説明すると引き下がってくれる。「──鮮やかなお手並みです、先輩。ところで今回の収穫は?」“収穫”というのは満潮の“裏の顔” だ。数ヵ月に1度、満潮は本性を見せる。その本性とは、女を生け捕りにして肉奴隷に仕立てあげる姦淫特急としての姿。もちろん、このような大それたことは通常の列車では出来ない。それを可能としているのが、ある組織の力である。俺は車掌としての通常業務を行いながら乗客の中から女を選別し、凌辱・調教を施して肉奴隷にしていく、組織の飼い犬として動いていた。だがその組織も数年前に崩壊。独自のコミュニティを積み上げてきた俺と高槻の手により、いともたやすく俺が組織の全てを掌握することに成功したのだ。俺の片腕となっている高槻が、「先輩」と俺を呼ぶのもその時からだ。組織のトップに上がった今でもこの満潮で、自らの手でもって女を捕まえてゆく。これこそが俺の理想だった。「今回はまだ収穫になりそうな女はいない。だが先の長い旅だ。のんびり行こうじゃないか」うすら笑いを浮かべて、俺は“特別車両”に向かった──。

大阪CRISIS 〜COMEBACK&COMES A NEW HEROINE〜
【大阪再開発事業局】───。それは大阪の発展と財政再建を担う、機関の組織の一つである。大半が脛に傷を持つ局員達で構成されており、その詳しい活動内容を知る者はきわめて少ない。局長である俺、【倉嶋 蓮司(くらしま れんじ)】は時として、『黒幕』と呼ばれ、大阪機関を実質的に動かす『裏の顔』と言われていた。【再開発局】、あるいは【裏機関】などと呼ばれるこの組織は、大阪の再開発や破綻した財政再建を、手段を問わずに裏からサポートする、非合法的な合法組織だ。いわゆる犯罪に値する行為も辞さず、あらゆる手を使い任務を遂行し、都合の悪い事はすべて揉み消すのだ。様々な特権を持つ局長の俺は、普段ロクに出勤もせず、面倒なことから逃れてボロアパートで気楽に過ごしている。そんなある日――――俺の下に、大阪代表の柿本が使いを寄越した。『大阪の財政再建のため、一大歓楽街を作りたい』――。早い話『歓楽街で働かせるための素材のいい女を見繕い、奴隷に仕立て上げて欲しい』という依頼だ。我が大阪の再建のためとあらば、断る理由などない。久々にやりがいのある仕事を得た喜びに、俺は不敵な笑みを浮かべていた―――。

姦白宣言
───【園田財閥】。園田グループと呼ばれる一流企業が築き上げ、国内で五大財閥と謳われるほどまで成長を遂げた財閥の一つである。その園田財閥の総帥【園田 栄一郎(そのだ えいいちろう)】が危篤状態に陥ったという悲報が届いた。───いや、むしろ『吉報』といった方が俺にとっては正しい。現総帥が居なくなれば、その後継者が必要だ。つまり、財閥の実権を握り、地位・名誉・金の全てを手に入れる機会が到来したという事である。「───組織内では既に後継者を選抜する動きがあります」【園田栄一郎】危篤の報を告げに駆けつけた俺の優秀な部下が、言葉を続けた。「ククッ───まだ存命中だというのに、不義理な連中だな」予測通りの動きに、思わず笑いが込み上げる。同時に、選抜の候補に名乗りを上げる者、それを担ぎ上げる者、それらの全てが手に取るように読めるというものだ。園田財閥には『才能を持つ者は取り入れ、財閥の力とする』という方針があり、どんなに顔が利く人物であれ、力無き者は財閥という組織から降り落とされてしまうのだ。徐々に上り詰めていく計画だったが、俺の才能が園田総帥の目に止まり高く評価された事で、異例の昇格を遂げていった。「総帥のおかげで、予定よりも早くこの椅子に座れたからな───だが、そろそろ新しい椅子が欲しいと思っていたところだ」「ハハハ、やはりいつもの藤堂さんですね」ニヤリと笑みを浮かべる俺の顔を見て、部下がいつもの楽しげな表情を見せた。「そういえば、総帥不在の間は娘さんが代理人となるそうですよ」「ほう」総帥の娘か───パーティなどで見かけて少し話したな。確かまだ学生だったと聞いていたが…。まあいい───あの女が代理人ということならば、利用しない手はないだろう。「さて、後継者選抜に参加する為に、まずはその総帥代理人に挨拶しにいこうか」部下を連れ、俺は部屋を後にした───。

夢喰い -つるみく式ゲーム製作- Re:dream
【SOUMA AGENCY】───通称、【SA】。いわゆる総合広告代理店である。広告制作、媒体購入、ブランド構築、マーケティング調査、イベントのプロデュース、セールスプロモーションの実施などを全国・世界的規模で行っている、外資系の企業の一つだ。俺──『神坂樹(かんざかいつき)』は、そこへ派遣されてきた大手ベンチャー企業の管理職だった。マルチメディア部門で二十台という若さながら役職を手にした俺は、かつてゲームソフトウェア開発に携わっていた経験もあり、その腕を見込まれてさっそく数々の仕事を任された。そして今回俺に一任された業務内容は、とあるゲーム製作会社の面倒を見ることだった。どうやら何がしかの事情で開発の立ち行かなくなった連中が、庇護を求めて頼ってきたらしい。よくよく調べてみれば、スタッフそのものは思いのほか経験豊富な連中だ。営業面が弱そうだが、むしろそこはありがたい。俺の現在の仕事はこういった連中の売り出しであり、『人気や技術力はあるが営業に疎い』というのは、俺にとって格好の獲物なのだ。しかもスタッフの中には若い女がいる───。上手くすれば、俺の得意とする手段で意のままに操ることも可能だろう。俺はまだまだ現在の地位で満足などしていない。ゆくゆくは金と名前で世界を動かし、すべてをこの手に牛耳るのが目標だ。とりあえずは連中を手中に収めて上手く使えば、俺がさらにのし上がるための格好の武器になる───。俺は好色かつ不敵な笑みを浮かべ、さっそく連中へと接触を試みた───。

逆王道
【学園牧場化計画】一見何の変哲もない、多少富裕層の子息・息女が多い印象がある程度のこの学園に入学した時は、まさか水面下でそんな物騒な計画が進んでいるとは夢にも思っていなかった。牧場と聞くとのどかなイメージではあるが、この計画においてはその限りではない。なぜなら、わざわざ学園を牧場に仕立て上げてまでそこで飼育しようとしている家畜は、学生そのもの…もっと厳密に言えば、女子生徒に他ならないのだから。俺、【野崎龍司(のざきりゅうじ)】が自身の出生の秘密と共にその計画を知ったのは、ほんのつい最近の事だった。ずっと『死んだ』と聞かされてきた父親が実は生きていたと母親に教えられた時は、正直『ああ、やっぱりそうなのか』とさほど驚きもしなかった。しかしその父親が学園の経営を支える財団の長であり、その上この非合法な計画を推進する裏社会の住人であると知った瞬間驚愕せずにはいられなかった。なぜここへ来て急に父親の存在を明かし、そんな事を俺に教えたのか…。その答えは、俺が父親の跡継ぎ候補として選ばれてしまったからだ。初めて知った己の父親は無類の女好きで、俺の母親以外にも何人もの女と関係を持ち、中には子を成した女も複数いるようだった。そんな中でも、どういうわけか俺は特別親父の目に留まってしまったらしい。結果、俺は突然自身の隠されてきた素性を知らされ、挙句『学園に在籍しているならちょうどいい』とばかりにこの【学園牧場化計画】の推進を一任されてしまった。突如一変してしまった俺の日常、学園生活。しかしその血統ゆえか…。暗転する世界観の中で、俺は不思議と破壊的な衝動に駆られ、独特の高揚感にその身が包まれていくのを感じていた…。

HOUND-Targeting Hunting−
『お前なら城島と渡り合えるだろう。』俺を呼び出した上司は、開口一番そう言った。俺の名は【篠岡幸人(しのおかゆきと)】。【巳浦(みうら)銀行】の金融事業部部長を務めるエリート社員であり、これでも金融業会ではそこそこ名の知れた男のつもりだ。城島というのは、投資系ファンド【ワールド・クリエイティブ・パートナーズ】代表、【城島博(じょうじまひろし)】のことである。いわゆるバイアウトファンドと呼ばれる類の会社だ。城島は以前この【巳浦銀行】で共に仕事したこともある、因縁浅からぬ男だった。ヤツはその後ちょっとしたトラブルから会社を退職し、しばし職を転々とした後姿をくらましていたが、突如金融業会へと舞い戻り、この【巳浦銀行】の抱える不良債権を初めとして、様々な企業を買い叩いては売り捌いていた。そんな中、ある大手老舗料亭を経営している会社の株を城島が買い漁っているという情報が入った。この料亭は長年『一見さんお断り』のスタイルを貫いてきたが不況の煽りを食らって経営が傾いており、城島はそれを立て直した後に株を売り払えば莫大な儲けが出ると考えているようだった。一方、この料亭の経営会社のメインバンクである我が【巳浦銀行】もある事情により建て直しを自ら行おうと躍起になっていた。そこで呼び出されたのが俺である。『なんとしても城島を出し抜け』との命を受けた俺は、ヤツと対峙することになった。かつて肩を並べた男が、俺の出世の障害として立ち塞がろうとしている。面白い。受けて立とうじゃないか。俺も出世の機会を伺って少々手をこまねいていたところだ。さっさと上層部の老人共にはご退場願って、頭取の椅子を空けてもらわねばならない。これはいいチャンスと見るべきだろう。俺の得意な方法で、お前を出し抜いてやろうじゃないか。『女』という武器を使ってな。俺は不敵な笑みを浮かべ、さっそく資料を手に取った。

FESTIVAL 〜つるみく ウォーズ〜
20XX年───。外宇宙より飛来した謎の隕石【神の鉄槌】は、日本の第二首都【ネオ・オオサカシティ】へと直撃。以来、【ネオ・オオサカシティ】周辺には特殊な電磁場が形成され、かつて西日本を代表する大都市であったこの街はゴーストタウンと化し、一部の人間以外立ち入る事の出来ない【捨てられた都市】へと変貌した。オオサカに住む人々の多くは隕石の落下によって命を失ったと報じられ、日本国民───いや、世界中の多くの人々がその不幸を嘆き悲しみ、冥福を祈った。だが───。───彼らは、まだすべて滅びたわけではなかった。飛来した隕石は爆発の規模に比べてその威力はなぜか低く、【捨てられた都市】の中には生き残った人々が取り残され、荒廃した街の中でそれぞれ集落を結成して生き延びていたのだ。集落のリーダーは、謎の隕石の影響によって力を得た女達。本来協力し合ってこの苦難を乗り越えるべき彼女らは、しかし争いを始めた。隕石落下地点に残された、『ある物』を手に入れるために。力を得た女達は、同時にメッセージを受け取っていたのだ。力を得た者は、神に選ばれた者であり───『ある物』を手に入れる事で、自身とその周囲の者達を救うであろう───と。戦いは、すでに始まっている。最後に残るのは、いったい誰なのか───?いったいどのような結末を迎えるのか───?それを決めるのは、あなた次第───。

D-EVE in you
芸能事務所「ヒウラプロモーション」社長“火浦諭吉”。そして、その息子“火浦錬(主人公)”。昔はトップアイドルを輩出しつつも、今は所属アイドルも居ない弱小プロダクション。なんとか、過去の栄光を取り戻したいと願っていた矢先、大きな転機を迎える。それは…「アイドル復興プロジェクト」により設立され、アイドル育成を目的とした機関。その名も『鳳央女子学園』出資を行っている芸能事務所しか獲得出来ない、その学園の教室を、学園長の計らいで「ヒウラプロモーション」が特別に受け持つ事に。弱小プロダクションには、またとない千載一遇のチャンス!このチャンスを生かすべく、立ち上がる社長“火浦諭吉”しかし、講師として学園へ赴任目前、過労の為、突然倒れてしまう。そこで、父の代りに講師として抜擢された、火浦錬(主人公)。芸能プロデュースの経験も乏しい彼が、いざ教室へ向かうとそこには…4人のアイドル候補生。・1年時の成績を首席で終え、他の教室から突如移籍してきた、錬の幼馴染『紅月詩音』・ルックスには定評があるが、音痴ゆえに落ちこぼれとなってしまった『遊佐祥子』・大手プロダクション「タケオカプロモーション」社長の一人娘『武岡美波』・天性の素質を持ち、元気で明るい少女だが、アイドルとしての自覚が全くない『生方由芽』この曰くつきの彼女達を、新米プロデューサー・火浦錬は無事アイドルとして育てあげる事が出来るのか…!?





〜 引越し一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット