アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
尾上さん家の悦楽生活
父親の海外転勤に伴い、昔お隣さんだった尾上家に居候することになった高坂新司は10年ぶりに昔懐かしい町に帰ってくる。尾上家の母・沙緒里と、その娘である沙希と璃沙は、新司を迎え入れてくれるが、女だらけの家庭だけに、危険な誘惑が一杯!欲望に負けないよう我慢する新司だったが、自慰の現場を沙緒里に目撃されてしまい、そのまま筆おろしまでされてしまう。これをきっかけに尾上家の女性達とのHな展開が勃発。果たして新司は一体誰と結ばれるのだろうか!?

危険日OK! 孕んでシスターズ
父親と二人での気ままな同居生活を楽しんでいた主人公の御倉俊。ある日大量の荷物が家に届いたのをいぶかしんでいると、突然父親が別居していた母親と離れ離れになっていた姉妹と同居する事を告げてきた。5年ぶりに再会した姉妹の姿にドギマギしながらも平静を装う主人公。しかし再会した日の夜、両親がセックスしているのを目撃し、射精してしまう。翌朝目覚めると布団の中には再会したばかりの姉妹が入り込み、主人公の股間を弄っていた。その光景に驚きながらも射精してしまう主人公。彼女たちは射精したての精液を観察し、精子が活動している事を確認する。不思議に思う主人公に姉妹は「私達……、ふたりとも俊ちゃんを愛してしまったの」「だから2人で決めたの。俊にぃの赤ちゃん、先に出来た方が、俊にぃのお嫁さんになるって!」寝耳に水の結婚宣言を受けた主人公と姉妹の同居生活がはじまる。

わがままついんえんじぇるず〜おにいちゃん攻略作戦〜
平凡な学園生活を送る主人公。ある日主人公が聞き覚えのある声と股間の重みで目を覚ますとそこには数年前に引っ越して行ったお隣さんちの姉妹が。男子特有の朝の事情にもじもじしていると、その上に座り込んだ姉が自分の股間を押し付けて息子を刺激!敢え無く果ててしまう。そんなこんなでスタートした無邪気でヤンチャでHな姉妹との毎日。「もっと気持ちいいことしたくない?」「私達、お兄ちゃんのためにずっと練習してたんだよ?」意味がわからずズボンを脱がされ抵抗虚しくダブルフェラで再び果ててしまう主人公。実は姉妹たちは「気持ちよかったほうがお兄ちゃんの彼女になるの!」というエッチバトルで主人公の彼女の座をかけているらしい。唐突すぎて展開に、主人公はこれからいったいどうなってしまうのか…。

絶対中出し☆孕ませ学園
祐天寺正親は良家の御曹司。有り余る財力と恵まれた容姿のおかげで、女性に不自由のない日々をおくっていた。しかし彼には1つの満たされない欲望があった。それは、『女の子を孕ませること』。祐天寺家の子種をそこら中にばらまく訳にはいかない。このため、セックスの相手は全員、避妊処置が施されていた。そして、ついに正親の不満は爆発する。「僕は女の子を孕ませたいんだっ!」その言葉に、坊ちゃまLOVEなメイド長・マリアはついに決断する。名家の子女が通うお嬢さま学園・妙蓮寺女学園。祐天寺家の財力で学園のすべてを買い取ったマリアは宣言した。「この学園の女生徒すべて…いいえ女生徒どころか女教師から、購買部のおばさんまで、心ゆくまで孕ませてよいのですよ!」その日から、正親の学園孕ませライフが始まった!

孕ませ学園ロワイヤル〜処女たちの精子争奪戦〜
ある日、平穏な二ートの日々を過ごしていたボクの前に見知らぬ美少女二人・「玲亜」と「瑠奈」があらわれた。「私たちの処女をあげる。だから子種を寄こして孕ませろ」そう言って襲ってくる彼女たちから事情を聞くと、実は、ボクは有名財閥頭首の隠し子だったらしい。二人から強引に童貞を奪われたボクは、彼女たちの画策により、名門女学園に住むことになってしまった。そこへ、ボクが片思い中の幼なじみ「優里香」も転校してくる。そして、学園中を巻き込んではじまる子種を孕もうとする処女たちのバトル!ボクの学園孕ませライフはどうなってしまうのだろうか……!?

水泳調教師〜母娘羞恥レッスン
ムッチリしたボディが水をはじく。深い乳房の谷間。太腿や尻に食い込んだ競泳用水着。僕、水杉学は白鷺台スイミングクラブのインストラクターだ。自分で言うのもおこがましいが、僕は筋金入りの変態だ。そんな僕にとって疎ましい存在がチーフ・インストラクターの篠原俊夫だ。ヤツの視線や態度が気が障る職場だけど、この「役得」には替え難く至福の毎日を過ごしている。僕の担当するコースには三枝瑞希と三枝涼香という会員がいる。このスイミングスクールでは親子会員はめずらしくはない。娘の水希は白鷺学園の水泳部に所属している。その肢体は、引き締まっていながらも適度に脂肪がついているので、競泳用水着のエロさを一層際立たせている。僕は三枝瑞希に恋愛感情を抱いていた。ところが声をかけても愛想のかけらもなくキッと睨まれる。そんな競泳水着美少女をなんとか「僕のモノ」にしたい。僕は瑞希を貶めるための手がかりを求め、母親である涼香の身辺を探り始める……。

サクラの空と、君のコト〜Sweet Petals For My Dear〜
花びらは遠く舞が上がり、空を桜色に染める……。「桜空」と呼ばれるその空は、願い事を叶えると伝えられていた。しかし、街の再開発により桜が減少した近年、伝説の空は見られなくなってしまった――。美術家の息子で、将来を有望視されている“天野涼”は、この街の代わり映えのしない景色、変わらない日常を、少ない友人たちと過ごしていた。そして、不意に起こった幼馴染“桜乃佳奈多”の入院。彼女がいなくなったことで、変わらないはずだった全てが瓦解する。その日を境に、涼の日常は加速度的に変化していくのだった……。様々な葛藤を抱きながら生活している少年と少女たちの物語。

おしえて☆エッチなレシピ
パティシエとしてその名をはせた主人公“佐倉圭吾”始まりは、一通のエアメールだった。自分を育ててくれた『洋菓子店・アウローラ』の存続が危ういことを聞きつけ、彼は帰国を決意した。そして戻ったとき、かの洋菓子店は、見る影もなくうらぶれていた。口に出来ない感情に包まれた彼の前に、ふと可愛らしい少女が現れ、小さな口を震わせて言った。「頑張ったんですけど、もう私たちしか残っていないんです」見回せば、後輩を含め、お店には女の子しかいない――着替えを覗いたり、胸を触ったり、はたまた急に押し倒されたり……そんなハプニングがたえない日々が始まるも、女性に囲まれることが今までなかったから、このままじゃ理性も保てない……かも。かくして、彼と彼女たちにとってエッチでドタバタな奮闘記が始まるのだった。

あいこみゅ!!-IDOL Communication-
大手アイドル事務所『アトラスプロダクション』でマネージャーとして勤務していた主人公。彼は、事務所の方針に嫌気が差して会社を辞めることに……。そして、無職となった彼を待ち受けていたのは、元トップアイドルの“御桜夏香”。――「あなたうちにこない?」御桜は現在、『ミサクラプロダクション』なる無名アイドル事務所を経営しているのだった。こうして、彼は『ミサクラプロダクション』で働くこととなり――着替えを覗いてしまったり、イケナイところに触ってしまったりと、ハプニングが絶えない毎日。かくして、ドタバタで、ちょっとエッチなアイドル活動が始まるのだった。

おとこみこ 〜魔を鎮めるは麗しき男娘〜
本家の指令は【絶対】…魔と対峙せし力を秘めしその里は不気味なほど静かに、文字通り嵐の前の静寂を以って貴方を迎える――。淫靡ある魔に身を捧げし三人の男巫女と共に、その力を制圧/使役せよ!平凡な学生生活を送っていた主人公の前に突如現れる、本家の使い。さらわれるようにして連れられ、古く奥ゆかしいにも程がある田舎に帰ってきた主人公を待ち受けていたのは、実の兄のように慕っていた宮司の死という凶報だった。代わって宮司を努めよと案内された先で紹介された、可憐な男巫女達の魅力には抗えず、戸惑いながらもつい引き受けてしまうのだが……。悠久の時を結界で護ってきた、神社の神主とその男巫女達。経年の劣化と結界の呪力が弱まり、復活する魔物達に先代の宮司は倒されてしまった。新たに宮司となった主人公だが、幼い頃から宮司となるために修行をしてきた先代と違い、それらしい能力と言えるものも持ち合わせているはずもない。その為、超常の力である神力を使い戦えるのは、現状男巫女達だけで、歯がゆく見守ることしか出来ない。戦いの末、なんとか魔物を衰弱させ、体内に取り込む役目を務めるも、予期せぬ展開が待ち受ける……。強い魔物を取り込めばその力は強まるが、心のバランスが崩れると魔物に支配されてしまう。「身体を繋いで神力を注ぐ」ことで助けられる、その言葉に迷いながらも主人公が導き出した覚悟。宮司となり(Hによって)魔物を鎮める役目を果たし、男巫女達を支え共に戦い、身体を繋ぐ。その中で徐々に心も深く繋がって行くのだった。

死神の接吻は別離の味
「たいせつな人に遺したいものはありますか?」小さな海辺の町、日生(ひなせ)。そこに、ある約束を交わした幼い少年と少女がいた。強い絆で結ばれたふたりは同じ未来を見つめ、明日がくることを疑わなかった。3月14日。運命の日。少年は自らの想いを伝えようと、少女を海に誘っていた。だが不慮の事故により、幼なじみだったふたりは想いを言葉にすることなく死別してしまう。それから年月が経ち、少年は少女との思い出が残る土地で今日を生きていた。忘れられない人、でも忘れなくてはいけない人。主人公・天宮 誠(あまみや まこと)は、私立八潮学園の2年生。誠は近所のレンタルビデオショップでアルバイトをするかたわら、同じ学園に通い始めたひとつ下の妹・雫(しずく)と平穏な毎日を送っていた。そんなある日、誠はひとりの不思議な少女と出逢う。琥珀(こはく)と名乗った少女はその手に巨大な鎌を持ち、瞳には深い碧を宿していた。「あなたには、私の姿が見えるの?」周りの人間は、琥珀の存在に気づかない。気づくことができない。「そう。あなたも、もうすぐ死ぬのね」少女は、死神だった。

クレナイノツキ
秋色の山中に怪事件の究明に来た探偵・紅矢は沐浴中の美少女『沙生』と『姫織』に出会う。しかし、期せずして巫女である2人の裸を見てしまった紅矢は神社の掟によりどちらかを娶らなくてはならなくなり――山奥で暮らす大和撫子な巫女姉妹との恋愛劇と、それに交差していく『謎の手』を発端とした猟奇事件の真相解明。紅矢が辿り着く先には一体何が待ち受けているのだろうか――

Vestige −刃に残るは君の面影−
ある日の放課後。いつものように図書室で読書に耽っていたクロは、はからずも、姉・静が校舎屋上から飛び降りるという、思いもよらない出来事に遭遇してしまう。奇跡的に軽傷で済んだ静だったが、あくまでも事故だと言い張る彼女を不審に思いながらも、無事であったことを幼なじみの瑠璃と共に喜び、クロは深く追求しないでいた。数日後、静も退院してこれで日常が戻ってきたと思っていた矢先に、クラスメイトの若葉から、事件の真相を聞かされるクロ。曰く、「その時、静は怪しげな男達と戦っていた」というものだった―――クロには不老不死の元となる霊薬<変若水>が宿っており、静がそれを狙う男達と闘って、結果的にあの事件が引き起こされてしまった。そんな想定外の事実に動揺を隠せないクロだったが、守ってくれた静の為、そして賛同してくれた仲間達と共に混迷した闘いの中に身を投じていくことになる。

キッキングホース★ラプソディ
いやー、恋愛って大変ですよね。「人の恋路を邪魔するやつは、馬に蹴られて死んじまえ」なんてことを昔から言いますけど、恋のお邪魔をするものは、なにも人だけに限りません。慢性的な金欠、噛み合わない時間帯、待ち合わせに急いでるときに限って上がらない遮断機。みんな恋路の妨げです。ままなりません恋愛は。だいたい、邪魔者を蹴ってくれる馬も、そう街中にはいませんしね。そこで我々、キッキングホース・ラプソディ!街行く皆様の恋路の邪魔者を、馬に代わってキックの嵐。時間がヤバけりゃ送りましょう、遮断機下りてりゃ上げましょう、アンチカップルの恋路邪魔者集団も、必要とあらば極力即排除!皆様、ご安心して恋愛してくださーい。……けどさ、ときどき思うんだ。おれたちだってお年頃なのに、なんで人の恋愛の世話ばっか焼いてるんだろうな?ってさ。仲間は二人とも女の子で、隊長だって妙齢の女性。あげく敵対する相手であるお邪魔団の少女ドンとも、気がつけばなんだか話ができるようになってる。異性に囲まれてるという、このある意味恵まれた、人もうらやむような状況。だってのに、おれはなにしてるんだかな?ってさ。だけども、恋に落ちてから思い知る。恋愛は一対一で、おれたちは三人組+1。唯一の男であるおれが誰かと恋に落ちれば、残る二人は文字通り、あぶれるわけで……そう、恋をするのは二人だけれど、集団の中では恋は『二人の問題』に留まらない。邪魔者を蹴り飛ばす方だったお仲間も、妬いたら途端に邪魔者に!しかし恋心は、障害があればなおさら燃え上がってしまうものまた事実。蹴って蹴られて妬かれて燃えて、ジェラシーとイチャラブに満ちたこのドタバタは、いったいどこへ向かうというのか――!?

リアル妹がいる大泉くんのばあい
世の中には、2種類のお兄ちゃんがいるという。現実の妹に絶望し、ゲームでも妹には萌えられなくなったお兄ちゃん。そして現実の妹に絶望したからこそ、ゲームの世界で理想の妹を求めるお兄ちゃん。この物語は、そのうちの後者。現実の妹に「キモイ」「ウザイ」と虐げられ、美少女ゲームの妹に理想を求めた、どこにでもいる平凡なお兄ちゃんの、血と汗と涙とその他もろもろの汁を元に綴った記録である。主人公・大泉涼は、これまで数々の美少女ゲームで妹を愛してきた生粋のお兄ちゃん。そんな彼が、とあるゲームの妹に心を奪われた。大好きな声優、大好きな原画家、そしてお兄ちゃんのためならちょっとエッチになってしまう妹。だが、現実(リアル)の妹である栞はそうしたゲームに熱中する兄を、汚物を扱うような目で見る。ゲームの妹――麻衣ちゃんは、兄をそんな目で見たりしない。一緒にお風呂へ入ったり、手をつないで登校したり、すべてが現実とは違う。そんなある日の夜、涼は不思議な夢を見る。可愛い声で「お兄ちゃん」と呼ぶその子は、先ほどまでゲームで愛し合っていた理想の妹、麻衣であった。そして翌朝、さらなる不思議現象が涼を襲う。「お兄ちゃん、起きて。ねえ、お兄ちゃん」軽く体を揺さぶられ、重い瞼を開くと、そこには――「おはよう、お兄ちゃん♪」「ま、麻衣ちゃん!?」馬乗りになって自分を起こしていたのは、ゲームのキャラそっくりの女の子であった。

アネイロ
「なんだか懐かしい――」若い身空に何処か不釣合いな台詞を零すのは目の前の学園に入学が決まった主人公、日比野航。両親の海外転勤に付き添う形で日本を離れて早数年。その期間、一度も帰国していなかっただけに、その思いもひとしおで。だけれど、本命は別にある。それは、仲の良かった姉・日比野薫子と姉同然の幼馴染み・樟木瑛菜との再会――海外転勤が決まった時には薫子と瑛菜はすでに全寮制の学園に進学ずみ。まだ保護者が必要な航は両親に着いて行く事になり、結果離れ離れになったけど。「今日ようやく、会えるんだ」年上だけど何処か危なっかしい、世話を焼きたくなる薫子と、負けん気の強い意地っ張りな、姉よりも姉らしい瑛菜。「航ちゃん!」「航!」再会を喜び合い、感動を分かち合い、これから賑やかな日常が始まる……はずだった?しかしいざ学園が始まってみると2人は『科学に愛されし聖乙女(サイエンティスト・オブ・ジャンヌダルク)』(科学部:薫子)、『万物を見知る碧眼の魔女(ウィッチ・オブ・エメラルドアイ)』(占星術部:瑛菜)などと恥ずかしさ全開の二つ名で一目おかれる有名(迷)人(トラブルメーカー)!しかも今まで会えなかった憂さを晴らすように姉2人のスキンシップも加われば学園中の注目が航に注がれない訳がない!!いきなり賑やか過ぎる学園生活に眩暈を覚えている中に更なる事件。突如現れた生徒会長・鷲見さやかより厳しい宣告――「今期末に行われる生徒総会までに何かしらの結果を出せなければ廃部です!」薫子と瑛菜の科学部と占星術部は、色んな騒動を起こして有名ではあったけれど誰もに認められる結果は出せていなかった……という事らしい。それじゃあ「一緒に頑張ろうね!」と2人に可愛くお願いされるのも仕方なし?果たして廃部は免れるのか、ついでに航の運命は何処へ向っていくのだろうか――

春季限定ポコ・ア・ポコ!
主人公、野々宮彼方は苦学生。一年前失踪した両親の代わりに妹と自身の生活費を捻出するため、バイトに明け暮れる毎日を送っていた。せっかく特待生として入った音楽学園でもロクに授業も受けず、部活にもまるで顔を出さない。「音楽でメシは食えない。そんなヒマがあったらバイトしていた方がずっと有意義だ」そうのたまうかつての天才少年を、周囲の人々は呆れつつも温かい目で見守っていた。――しかし、平穏な日々は長くは続かない。彼方は学園から特待生資格を剥奪すると言い渡される。免除されていた授業料の全額返還を迫られ、窮地に立たされる彼方。そんな中、学園理事の孫娘である先輩の多々良真奈(たたら・まな)の取り計らいで卒業式で音楽活動を再開させれば再び特待生に戻るチャンスが与えられることになる。「彼方くん、伝説の学生カルテットを復活させるんや!」まるで運命の女神が音楽をやめることを許さないかのような状況。彼方は嘆息しつつも一年ぶりにチェロを手にする。かつてのカルテットの仲間、マイペースな唯我独尊美少女、一桜。カルテットが解散した後も一人黙々と音楽を続けてきたブラコン妹、野々宮藍。彼方を敵視する絶対零度、スーパークールビューティー悠木夏海。そして、才能はあるがやる気はまるでない主人公、野々宮彼方。ギクシャクを通り越してガタガタな人間関係の中、はたして彼方は音楽への情熱と失った友情(あと特待生の資格とか色々)を取り戻すことができるのだろうか?!

あえて無視するキミとの未来〜Relay broadcast〜
主人公、沢渡拓郎はとある特別な能力を持っていた。それは未来視ができること。予知夢だったり、突然思い浮かぶイメージだったり形は様々だが命中率は100パーセント。しかし、先の事がわかってしまうのも善し悪し。人生の結果をもう見てしまったようで、拓郎は何事にも熱心になれない。すべての努力がむなしく思えてしまう。そんな拓郎の前に一風変わった転校生、三咲爽花が現れる。驚くべきことに、彼女は拓郎の未来視による予測をことごとく覆す。「未来は自分で作りだすものだ。あらかじめ決まってるものなんかじゃない」自分とは真逆の考えを持つ少女の登場に拓郎は戸惑う。そして、ある日の未来視で拓郎は知る。爽花は近い将来、自分の彼女になる子だと――拓郎は爽花と結ばれるのか?結ばれないのか?未来は決まっているのか?決まっていないのか?ALcotハニカムが送る、残念だけどちょっとうらやましい恋愛青春劇、ここに開演!

見合い結婚した幼妻が男の娘だった件
「ごめんなさい……私、実はオトコなんです……!」主人公が新妻であるさつきにカミングアウトされたのは、結婚した最初の夜――初夜のことでした。互いの父同士が親友だった縁から見合いをし、主人公と結婚したさつき。それは数年前に実母が逝去し、すっかり気落ちしてしまった父を喜ばせるためのものでした。最初はちょっとした冗談のつもりだったのが、会うたび主人公のことを本当に好きになってしまったのです。「騙してしまって……そして裏切ってしまって、ごめんなさい」そう言って泣きじゃくるさつきの身体を、主人公は優しく抱きしめます。性別に関係なくキミのことが好きだ……彼の言葉に、もちろん自分もだと、さつきは抱きしめ返します。今日から夫婦になろう……二人一緒に幸せになろう……主人公の言葉に頷くさつきは、だったらちゃんと“初夜”もしなければ――そう口にし、彼の胸の中に顔を埋めます。あなたと男の娘な幼妻との新婚生活が、今日から始まります!

クリムゾン・レーキ
寂れたアパートに住む、主人公、菱方京平。普段はコンビニでのバイトでのらりくらりとした生活をする、世間でもよく見かけるフリーターだ。時折、何もない場所に向かって独り言を言う癖があるくらいの、普通の若者。しかしその姿は仮の姿。京平は光り届かぬ夜の闇の中で、初めてその瞳に生気を宿す。彼は、闇の始末組織・クリムゾン・レーキの能力者だった。妹の死以来、未来を望むことをやめた京平だったが、両親を殺され、己も恐ろしい性の麻薬ヴァンプに犯された美少女・毬江との出会いを経て、生きる目標を再び得る。他人の感覚を写し取り、それを転写する能力『死憶』を操る京平は、性麻薬に犯された少女とのセックスで、その絶頂感が確実に他者を死においやる武器になることを知る。立ちふさがる敵を倒すため、謎を解くため、少女とのセックスを武器に京平は戦いに挑むのだが、その過程で京平もまた、妹を殺した犯人の存在を知る。毬江の両親を殺し、そして恐ろしい麻薬を植え付けたのは誰なのか?京平の妹を殺した真の犯人は誰なのか?京平の師匠であり、京平のチームのリーダーである美女・瞳子。京平を敵視する仲間の美少女・レナ。その身を性麻薬で犯された美少女・毬江。そして霊魂となって、常に京平と共にいる妹・このな。仲間達とともに、京平は復讐の道行きを歩き始めた。

スチュワーデス桃語
某、つぶれかけの航空会社でのお話。主人公は、国際線のパイロットをしていたが女性問題の不祥事を起こしまくって左遷となり、社内にあるスチュワーデス訓練所で、おちこぼれ訓練生たちの教官にされてしまう。正直なところ、会社的にはおちこぼれ訓練生たちに手を出してトラブルになり、両方辞めてくれれば一挙両得、程度に思っての人事であった。綺麗な正規の訓練所の側にあるボロいプレハブ校舎に押し込められた4人の訓練生。彼女たちはスーパーおちこぼれの集まりであり、どうにもならない劣等生だが、彼女たちを育て上げなければ主人公は更なる人事異動で南海の離島で清掃員をやらされることが決定している為、真剣にスチュワーデスにするべく教育を始める主人公。熱意だけで空回り超絶ドジのメインヒロイン。いじめっ子で美貌を鼻にかけて奉仕なんて単語も知らないヒロイン。パイロット志望だが身長と視力が足りずスチュワーデスを目指した理屈屋で理論家で超堅物のヒロイン。何故ここにいるのか誰にも変わらない脳みそにスポンジが詰まった巨乳童顔天然色気お化け的ヒロイン。気が遠くなるほどスチュワーデスに向かない四人組を三ヶ月後に迫った卒業試験に合格させねばならない。まあ、普通にいってほとんど無理な課題だった。更に、彼女たちのもう一人の教官にして実技指導員となるのは、主人公の元彼女であり主人公の浮気に次ぐ浮気に傷ついて別れた過去を持つ現役のエリートスチュワーデス。彼女のイジメにも似た厳しい訓練、判定に主人公たちは引っかき回されることになる。果たして、四人は無事にスチュワーデスになれるのか?主人公は花の国際線に復帰できるのだろうか?大映ドラマばりの大げさな展開と大仰な演出でお送りする時代錯誤型スチュワーデス育成ゲーム。「教官、貴方はドジでのろまな亀です!」「……私は、だろーっっっ!!」前途多難である。

_summer新装版
いつものように朝を迎え、日課となった義妹・“沙奈”を起こした“海津匠”(主人公)。何て事ない一日の始まりだったが、彼の気持ちは修学旅行の夜、親友が言った何気ない一言で変わっていた――「好きな奴、いるか?」。その時から、周りの女の子を意識し始めた匠。幼馴染・“小奈美”の顔を見て落ち着かなくなったり、クラスメイト・“信乃”と挨拶を交わしてドギマギしたり。さらに、学園のお嬢様・“若菜”との出会い、同じクラスの“千輪”に振り回されたり、新任の担任・“日向子”にハラハラさせられたり……。ぼんやりと恋について考え始めた匠は、澄んだ青空に思いを馳せ、彼女たちと想いを交わしながら、恋への、夏への、そして大人への道を一歩づつ進んでいく――。

OrangePocket Ver1.10
山ばかりの景色が広がる小さな田舎町。しばらく前に都会から引っ越してきた主人公は、この町の暮らしにも慣れて、平凡で退屈だけど賑やかな毎日を過ごしていた。そしてある日、この町に新たな転校生“ナズナ”がやってきた。ナズナは主人公の幼馴染。主人公の昔のことは何でも知っているが、今のことは何も知らない。そんな彼女がこの町の姿に驚き、「変だ、変だ」と指摘しまくるので、主人公を含めた友人たちは、「平凡」で「退屈」だった景色に違和感を覚え始める。ほんのちょっとだけど、もしかしたら何かが変わるかもしれない……。そんな不思議な微熱とともに、主人公たちの平穏だった青春は忙しく動き始める……。

LikeLife新装版
自由な校風、制度のもと創立された“下総ノ宮学園”に通う“高坂和真”(主人公)は、ハチャメチャな幼馴染や同居中の叔母に振り回されながらも、何気ない日々を過ごしていた。そんな和真が異変に気づいたのは、季節はずれの転校生たちがやってきてから。携帯電話を探していた彼の前に「携帯電話です」と名乗る少女の姿。そして次々に起こる不思議な騒動。少女たちが紡ぎだし、やがて周囲に溶け込み“普通”となっていく数々の出来事に、疑問を投げかけた和真は……。

HoneyComing re:coming
幼い頃から両親のイチャイチャっぷりを毎日のように見せられ、男が女とベタベタするのは好ましくないと思い込むようになってしまった“緒方光一郎”(主人公)。そんなある日、あまり成績の芳しくなく、進学先が決まらずにいた光一郎だったが、父親が勝手に願書を送った元女子校のお嬢様学園・愛嬌学園の試験に合格してしまうのだった。通称「バカップル学園」と呼ばれる学園に入学することになった光一郎は、そこで有史以来、他に例を見ない「恋愛授業」を体験することに……。

@HoneyComing RoyalSweet
恋愛下手で硬派を自認する主人公“緒方光一郎”。彼は父親が勝手に願書を送った「愛嬌学園」で、他に例を見ない「恋愛授業」を体験することになった。春風に彩られた季節を過ごし、「恋愛授業」を通して心を通わせ合い、お互いの愛を誓い合ったあの日。日々は変わりなく、それでいてとても甘酸っぱい幸せな時間。ハッピーエンドのその向こうに待っていたのは、やっぱりラブラブでイチャイチャな彼女との触れ合い。そして、トロトロにとろけるあま〜いエッチ……。ハートフルで胸ドキドキな、とろける甘さをアナタの元へ!

FairlyLife
逆立ちしてたら見えない空……でも、時折目を背けたくなる。主人公“高岡晃範”は、そんな性格だった。腐れ縁の“山南南”と学園に着いた朝、南の差し出す携帯電話から流れるニュースに耳を疑いながら、晃範は何故か空を見上げていた。一筋の白い帯を真っ直ぐ空に描いて、それは落ちてくる。もうもうとあがる煙の向こうで、頭を抱えて縮こまる人工衛星の女の子が。本人は人工衛星で、晃範とは知り合いだと言うが到底信じられない。南と晃範は、人口衛星「あさがお」の真偽を確かめるべく、話を聞くことになったのだが、その過程で晃範はある事実を知る。本人としては忘れてしまいたい黒歴史。だがそれが、あさがおと晃範を結びつける確かな証拠だった。あさがおの望みである「晃範の平和を守る」という行為を認めることになり、更に次々とモノが女の子に……。痛む胃を押さえつつ、晃範はやはり目を背けたくなった――。

天紡ぐ祝詞
――神と人が共存する世界――。神と人、その種族の区別は容姿によるものではなく、その血や生まれ持った力によって分けられていた。世界は、数多に存在する神々の中で、特に力のある創造神によって成されたと伝えられている。神と呼ばれる種族は、その作られた世界を統治する存在として世界に立ち、人は、大地を統べる神を崇め、また恐れた。しかし神々も万能ではなく、人と変わらぬ心を持ち、悩みを抱える。時には、人と同じ過ちも犯した。ただ、世界は神によって支えられている。そして人はその世界に生きている。これが絶対の理としてそこにある。一級太陽神でありながら同族の神々を呪う“照日”は、神殺しを生業とする「神落としの村」の一族に対して“神狩り”を命じる。若くして族長となった主人公“響威”は、怨嗟に憑かれた照日の命ずるまま神々を討ち続けた。彼にとってそれが正義であるかどうかは問題ではない。ただ生きる為に神を狩った。しかし神の血で汚れた彼が一人の少女と出会った時……物語は静かに幕を開ける。

雨あがりの猫たちへ
『少女園記念日』――それはどこにでもあるような、学校行事の一つ。当事者でなければ語るにも足りない、日常の藻屑。何事もなくただ過ぎてゆくはずだった……。しかし、静かに――そして確かに事は起こる。“智美椋”、“加宮忍”、“栄根亜希”……三人が気づいたときには、すでに“異変の中”にいた。“その日常”に組み込まれ、その“組み込まれた日常”を過ごす主人公たち。――そして降り止まぬ、雨。歯車がわずかに違ったなら、決して知られることのない話。明かされていくほどに、切ない。開けてみれば、ただそこに哀しい記憶(しんじつ)が、埋もれていた。開いてみれば、どこにでもありそうな、そんな小さな物語。悲しいのは、それがいつまでも変わらぬ事。残酷なのは、それがいつまでも届かないこと。ただ、それだけ……。ただそれだけのはずだった……。

この歌が終わったら - When this song is over -DL版
卒業まで間もないある日、主人公、鳥羽 元永(とば・もとなが)は、かねてより淡い思いを抱いていた同級生の美少女、藤原 藻(ふじわら・みずく)とともに下校する道すがら、彼女の口から、大手芸能プロダクション「カオスプロモーション」が主催するオーディションの二次選考に、妹の響(ゆら)と一緒に出場することになった、と聞かされる。歌うことが好きで、歌で身を立てることに憧れを持ちながらも、おとなしい性格のためなかなか行動に移せない藻のことを考えて、藻とは対照的にアクティブな性格の響が、藻にはないしょで応募したとの事。躊躇する藻を、元永は応援する。その後、二次選考を経て最終選考まで残った藻と響は、もう一人、最終審査に残っていたクールな美少女、白峯 飛鳥(しらみね・あすか)との三人組のミュージシャンユニット『プリモ・アモーレ』(イタリア語で『初恋』の意味)として、巨費を投じて売り出されることが決まる。藻と響の成功を祝福しながらも、二人が手の届かない存在になってしまうことが受け入れられない元永は、少しでも近くにいて二人の力になりたいと考え、カオスプロモーションが募集していた、マネージャーのアシスタントとしてアルバイトを始める。若くして屈指の売れっ子スタイリストである、酒出 朱音(さかいで・あかね)などの魅力的なスタッフに囲まれ、朝早くから夜遅くまで、縁の下の力持ちとして元永は「プリモ・アモーレ」をサポートする毎日が続く。そんな中、プロデューサーがデビュー曲のPV撮影のためのロケーションを、W県にある綾篠(あやしの)という場所に決定した。そこは、人の姿がまったくなく、海と山とに囲まれた絶景ポイントの宝庫と言えるような場所であった。最寄りの都市に通じる道路がひとつしかない点も、華々しい発表までは徹底的に秘密を貫きたい「プリモ・アモーレ」のデビュープロジェクトにはおあつらえ向きの場所といえた。誰もがこのPVが素晴らしいものになることを確信して、翌日から撮影が開始された。しかし、それは同時に、一行が体験することになる変事の幕開けでもあった……。





〜 引越し一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット