アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
純潔★女神さまっ!種付けしてください、ダンナさまっ!
国見豊(くにみ ゆたか・主人公・名前変更可)はごく普通の学生。しかし一つの問題を抱えていました。彼の実家は神社だったのです。神社の跡取りになることに反発し、信仰などとは真逆のパソコンや携帯電話などのツールにのめり込む毎日。そんなある日、最新のスマートフォン『Lフォン』をゲットした豊は、早速自分のささやきを配信するサービス『ウィッパー』を始めてみました。すると時、自分のささやきに返信が!「誰か……誰か、私に気づいてください……」「ヴィシュヌ」と名乗る人物の書き込みに不穏当なもの感じつつも、返答してみると。「ああ、ようやく男の方と出会えました!!きっとあなたは私のだんな様!!」その直後、Lフォンから美しい女神が現れます。その女神、ヴィシュヌによって豊はLフォンに引きずり込まれてしまいました。気づいたときには見たことも無い世界。「さあ、私と子作りしてください、だんな様」ヴィシュヌは自分が神々の生き残りであること。そして子孫をたくさん産むことが自分の使命だと説明します。そのためにこの閉じた異世界で悠久の時をかけて相手を探していたのです。ヴィシュヌはようやく見つけた男性、豊が自分の運命の相手であるとすっかり信じきっています。据え膳食わねば男の恥……ですが、豊は尻込みしてしまいます。「子作りって……結婚も、ましてや付き合ってもいない女性を妊娠させられるわけないじゃないか……!」経験の浅い豊には無理も無い話でした。ところが、みるみる内にヴィシュヌの様子がおかしくなっていきます。元々力を失いかけていたヴィシュヌは、豊をこの世界に呼び寄せたことでほとんどの力を消耗してしまったのです。このままではヴィシュヌの身体は消滅してしまうことに!女神のパワーの源はズバリ『精液』。豊がセックスして中出しすることでヴィシュヌはその存在を保つことができるようになります。しかし中出ししてしまうと彼女を妊娠させてしまうことに……。「お願いします、だんな様……私は、私はとても永い間あなたを待っていたのです……」人助けと男の責任の狭間で揺れる豊の取った選択とは!?

電脳侵犯・キサラギ参事官
時は近未来。サイバネティクス技術と超巨大電脳複合体『ユグドラシル』による仮想空間での高速情報処理が可能になった世界。主人公の名は『道束シロウ(みちつかしろう)』。かつては総務省情報特務局第十三課に在籍していた優秀な情報局員だったが、広域重要指定072号事件の被疑者を確保する際に同僚であり恋人でもあった『如月亜騎子(きさらぎあきこ)』の裏切りにより、被疑者を逃してしまう。さらに如月と内通して被疑者に手を貸したとの濡れ衣を着せられ、服務規程違反の制裁として電脳複合体『ユグドラシル』への接続デバイスを破壊する手術を受けた際に視床下部など脳神経にダメージを負い盲目になったうえ、特務局を追放される。その後は『電脳都市キサラヅ(ニュー・キサラヅシティ)』で違法改造手術により多数のセンサーを備えた特殊な義眼によって視覚を取り戻したが、度重なる手術によって脳にダメージを負ったせいで異常な性欲を持つようになってしまい、快楽系の電脳ドラッグ浸りになってしまう。そして、そのドラッグ代を捻出するため違法の賞金稼ぎ(バウンティ・ハンター)として汚れ仕事に手を染め暮らしている。そんなある日シロウの元に、元上司である『情報特務捜査局局長・香我美=E=アナスタシア(かがみEあなすたしあ)』が現れ、彼女はシロウを謎の女『竜宮ねね(りゅうぐうねね)』に引き合わせる。そして香我美はシロウに、かつてシロウが失った『ユグドラシル』へのダイブ能力の修復を代償に、電脳世界(スピリチュアル)で最も危険なテロリストだと指名手配されている『ネクロマンサー(死人使い)』と活動を共にしている『電脳魔女(サイバーウィッチ)・キサラギ』の確保を依頼するのだった。「”魔女”から”死人使い”に転職か……アイツらしくないな……」彼女はネクロマンサーに電脳汚染されただけではないのか?昔愛した女は本当にテロリストになってしまったのか?ねねの手により、特殊な接続デバイスを得て再びユグドラシルへのダイブが可能になったシロウは、様々な思惑を胸に陰謀とテクノロジーと暴力の支配する電脳世界へと再び舞い戻る。

受胎島
神宮寺学園に通う男子学生・(主人公アダ名)田中翔太(主人公・※名前変更可能)は、小太り眼鏡の冴えない容姿と根暗な性格から、女子を中心にクラスでも嫌われ、影で「キモ男」(※渾名変更可能)と呼ばれ、友達もいなくて一人浮いた存在だった。中でも女子グループの中心であり、幼馴染みである如月麗(きさらぎれい)には強く嫌悪されていて、グループの行動役・比村愛(ひむらあい)にはことある毎に苛められていた。しかしその年、翔太の人生を一変させる事件が起こる。課外授業にて船に乗った主人公達は、道中、嵐に見舞われてしまう。乗員らがボートで脱出を図る中、出遅れた主人公は最後のボートに辿り着くが、そこは主人公を嫌う女子グループや担任の教師が乗り込んでおり既に定員オーバーだった。しかし、死にたくない一心で、結局女子達に拒まれながらも無理矢理ボートに乗り込む主人公。その結果、途中でボートは転覆してしまう。気が付くと、廃墟が並んだ小規模の島に流れ着いていた。絶海の孤島に残された、男一人とクラスメイト達。そんな状況の中、この島には女性を蝕むウィルスが存在し、その特効薬が精液であることが判明する。「こんなキモ男の精液を……!?死んでもごめんだわ!」嫌悪を露わにするヒロイン達。しかし、発症して死に至るまでが生理周期と関係している、という事実もわかり、否応なく命のタイムリミットが告げられる。やがて日が経つにつれて生理が近づいて焦ってくるヒロインや発情が抑えきれないヒロインが一人、また一人と主人公の元にやってくる……。

悪の女幹部フルムーンナイト
女幹部たちの度重なる敗北に、さすがの女王“ルナルバース13世”も怒り心頭。しかしこれっぽっちも反省の色を見せない幹部たちに、女王の忍耐力にもついに限界が訪れる。「地獄じゃ…お主らはいっぺん地獄を見ないとわからんようじゃ!そう!地獄の合宿特訓じゃ幹部たちを鍛え直すために強化合宿を行うことを決定する。そして地球の海にやってきた”G(グレート)・ルナリアム”ご一行。「実は特訓とは名ばかりのバカンス旅行!?」と色めき立つ一同だが、そこに一人の老婆が現れる。それは元月狼族の族長、セレーナのご先祖様である”ヘカテリーナ”だった。かつての最強戦士によって女幹部たちに地獄の特訓が開始される。そこへ今度は宿敵”十五夜つきみ&まりあ”の姉妹も現れた。“カツマ(主人公・名前変更可)”から合宿の情報を聞いていたまりあが着いてきてしまったのだ。都合よく(?)現れた宿敵を見て不敵に笑う女王・ルナルバース13世。「“シルバスター”を倒して合宿の成果を見せるがよい!だが負けたら全員お仕置きじゃからな」女幹部たちはシルバスターを倒せるのか?そもそもまじめに特訓をする気はあるのか?かくして、海を舞台に戦いの火蓋は切って落とされた!

褐色巨乳の女戦士・マルグリットの受難!? DL版
カントール・アカデミー。それは、未開の土地である北部カントール地方の開拓の為に、広く冒険者を集め、様々なノウハウを育成する学校のような施設だ。学校とは言っても、冒険者になるために年齢や性別、生まれの差別はない。その為、同じ年代の奴らが机を並べる学び舎というよりも、職業訓練所……そういった方がしっくり来るかも知れない。何せ、未開の地の開拓には様々な危険が付き纏う。人の手が入った南部に比べ、北部は未だ道も整備されていないし、人を狙う凶暴なモンスターもウヨウヨしている。時には、遥か古代文明の遺跡のようなものが見つかることもあるらしいが、そこは更にえげつない罠が仕掛けられたりもしていて……。とにかく、そんな命を張る仕事なだけあって、それをバックアップする為の施設もしっかりしているという訳だ。開拓に成功すれば、様々な権利を手にすることができ、一生食いっぱぐれることもない。その為、大陸南部を中心として、様々な人間が危険を承知でこのアカデミーに集まって来ている。そこにいるのが主人公・リークとその幼馴染みでありアカデミー随一の女戦士マルグリット。腐れ縁で顔をつきあわせればケンカばかりの二人が、訓練中に見つけた遺跡で呪いに巻き込まれてしまう!?強制的にイチャイチャさせられるその呪いにかけられてしまった、二人の運命はいかに……

恥辱の女騎士
肥沃で広大な大地、レミリシア大陸。この大陸では永らくレミリシア王国神聖騎士団とモンスターを率いる魔王軍が大きな戦いを繰り広げていた。今日もまた荒れ地で戦いが行われ、精鋭・聖騎士ミルドレッド率いる「白銀の鷹団」が獅子奮迅の活躍で大きな戦火をあげた。そして両軍が引き上げはじめた頃、「サルベージ屋」と呼ばれる武器商人団の頭目オルロギン=ブレイクがいつものごとく死体漁りにやってきた。そこに慌てた様子のミルドレッドが単騎で現れた。「くっ……!姫はいったいどこに?!」ひょんなことからレミリシアの姫が行方不明になっていることを知ったオルロギンは一計を案じる。自分が姫の身柄を預かっていると嘘の噂を町中に流し、無事に返して欲しかったら言うことを聞けという嘘の脅迫文を彼女に送りつける。そして嘘の脅迫を信じたミルドレッドが現れた。「一ヶ月間、自分の愛人になれば姫を返してやる」気高き女騎士はその忠誠心の高さゆえに、騙されて恥辱と屈辱にまみれた命令に従うことになった…。

悪の女幹部2「キサマなどに教育されてたまるかっ!」
飛村英吾は元ヤンキーの新米教師。「落ちこぼれの気持ちがわかる先公がいてもいいはずだ!」と意気込んで教師になったものの、それまでの行いが災いしてか赴任先も決まらず、就職浪人状態。やっと決まった赴任先も、突然現れたブラックメルヘンと名乗る謎の集団によって破壊されてしまう。いよいよ教師になるのを諦めかけたとき、地方のマンモス校、私立大戸岐学園からのオファーが舞い込んできた。もちろん英吾は2つ返事で学園への赴任を決意する。しかし、いざ学園に行くとなぜか赴任の話が無くなっていた?その裏にはまたしても謎の集団ブラックメルヘンの影が。なんでもこの学園には世界をひっくり返すようなお宝があり、ブラックメルヘンはそれを手に入れるために学園を乗っ取り、表面は教師として働いているらしい。二度も仕事の話を無かったことにされ、怒り心頭の英吾は一発だけでもぶん殴ってやる!とブラックメルヘンに向かっていく。するとそこにバッケンローダーと呼ばれる少女が現れ、英吾より先にブラックメルヘンに戦いを挑んでいった。バッケンローダーとブラックメルヘンの激しい戦いに巻き込まれた英吾は、偶然敵幹部の能力を奪い取ってしまう!そして英吾は一部始終を見ていたバッケンローダーに「敵幹部なりすましてブラックメルヘンに潜入し、協力してほしい」と頼まれる。明らかに危険なミッションだが、教師として学園を利用するブラックメルヘンは許せねえ!本音を言うと俺をコケにしやがったやつらをぶっ潰してやる!!ていうか仕事が欲しい!!という思いからバッケンローダーに協力することに。こうして悪の組織を潰すため、英吾の悪の組織の幹部兼教師生活が始まった!

巨乳人妻女教師催眠・携帯アプリでセックス中毒!
父子家庭で母を知らずに育った主人公は、寂しい家庭環境ながらも努力し名門である学園に入学する。しかしその学園では古い学力主義が横行しており生徒の学力評価が教師の評価につながるため教師は必然的に生徒を厳しく扱っていた。優秀な生徒をあつめたこのクラスでは、主人公は周りに比べ学力は並以下。クラス担任である月島響子(つきしまきょうこ)はそんな主人公に特に厳しくあたってくる。響子は知的な容姿とスーツの上からもわかる巨乳で男ウケするスタイル。だが性格はキツく学力優先の考えで、できない生徒である主人公は目のかたきにされていた。難度の高い勉強と厳しい指導の板挟みで追い詰められる主人公だが救いもある。それは、副担任である白河美和(しらかわみわ)の存在だった。響子と同様かそれ以上に豊満な巨乳と大きなお尻を持つ美和。優しく母性溢れ、片親である主人公を特に気にかけてくれていた。主人公はそんな美和に憧れ、また、美和のためにと勉学に励み、最近では学力も優秀クラスの平均に追いつきつつあった。……しかし、その美和が近く結婚するという話が急にもちあがる。ショックを隠し切れない主人公は勉強に身も入らず、学力テストでクラスの最低点をとってしまう。憧れの女性は他人のものになり、最低点で吊るしあげられ、今までになくストレスを感じた主人公が動けないでいるところにふと、スマートフォンに振動が入る。なにかと思いみてみると、自分のスマホには全く覚えのない催眠アプリがいつの間にか入っていた……

巨乳くのいち・朱雀 〜触手、潮吹き責め〜
時は翁忍十八年――――――。神州八国を吹き荒れた戦乱の嵐が平定され、各地でくすぶる小競り合いも落ち着きをみせ、ようやく平和な時代に収まろうとしていたその年。忍び惣国の一つ星宿(せいしゅく)の里に住む忍び集団・砕牙衆(さいがしゅう)の忍びに、先の大戦の原因でもあり、強大な力を持った荒神達が再び降臨したとの噂が諸国を飛び交う。荒神(あらがみ)を憑依させた忍び・荒人神(あらひとがみ)の力はすさまじく、各地の忍び惣国はその軍事的バランスが崩れる事を恐れ、その存在を亡き者にしようと何度も星宿の里に攻め込むものの、手練れの忍び達が全て返り討ちに合い、誰もが荒人神の力を手に入れるのは無理だと思い始め、その力がまた大乱の引き金になるのを恐れ初めていた。そんな中、星宿の里にほど近く長年敵対を続けてきた虚宿(きょしゅく)の里のはずれにある骸谷(むくろだに)に根城を構えるはぐれ忍・屍衆(かばねしゅう)を束ねる九頭神幻内(くずがみげんない:主人公【※姓名変更可能】)の元に、里の女頭領である御咲珠茂(おさきたまも)がやってくる。敵を倒すにも正攻法を好む星宿の里とは違って、目的の為ならどのような卑怯な手段も使う忍びらしいといえば忍びらしい虚宿の里の中にあっても、禁呪や秘法により自らの身体をも異形と化し、女を手込めにしては快楽漬けにして手駒にするような薄汚いやり方を行う屍衆は同族の忍びからも忌み嫌われており、珠茂の来訪は幻内にとってもたまさかの事であった。珠茂は荒人神の復活の話をし、その力を手にいれられれば幻内達はぐれ忍を中忍以上の待遇にしてやろうとつげるも、荒人神のすさまじい戦闘力を知る幻内は割に合わない取引だと取り合わなかった。しかし、珠茂の口から誰にも知られていない事実として、今回の荒人神は女の忍び……すなわちくノ一であり、豊満な肢体をもつ絶世の美女だと告げられて気が変わる。「なるほど、それで俺の房中術の出番というわけだな……いいだろう、そのくノ一の名はなんという?」その強く美しきくノ一の名は、朱雀(すざく)と呼ばれていた――――――

爆乳セレブ妻・お触り車両
うだつのあがらないサラリーマンである主人公・山崎大樹(やまさきたいき:名前変更可能)疲れ果てた帰りの満員電車の中で揺られながら、その車内には似つかわしくない、上品で貞淑そうな【美熟女】と隣り合わせになる。人混みに押される形で彼女の尻を触り慌てる大樹だったが、その美熟女は嫌がる素振りを見せない。彼女の豊満な身体が放つ妖しい魅力に惹かれ、次第に自分の意志で【痴漢】行為を始めてしまう大樹。しかし、彼女は身を硬くしたものの拒むことは無く、ますます頬を火照らせ、それを悦んでいるように見える。行為はエスカレートしていき、勃起したペニスをお尻へ擦りつけさらに手で握らせて手コキを強要してしまう大樹。美熟女を指責めで絶頂させつつ、自分も射精し彼女の尻へぶっかけてしまう。行為が終わると我に返り、青ざめる大樹。折良くターミナル駅に着き、恍惚としている美熟女は人混みに押し流されるように降りていく。周りに感づかれることも無かったが、後で警察沙汰になるのではと……思い悩んでいる大樹。だが次の日に行われた接待のパーティ会場でその【美熟女】とばったり遭遇。そこで始めて彼女が【セレブな社長夫人】であることを知る。当然、すべてばらされて首にされるのではないかと覚悟するが【社長夫人】は恥ずかしそうにうつむいたまま。それでいて、時折、期待に潤んだ瞳を自分に向けているようだった。パーティが終わり、また満員電車に揺られて帰る大樹の前に、会場から車で帰ったはずの【社長夫人】が、なぜか同じ電車に乗ってきた。そしてうつむいて視線を合わせないまま、大樹に密着し【豊満な爆乳】を押し付けてくる【社長夫人】。彼女が自分に【痴漢】されることを求めているのは明らかだと確信した大樹は、大胆になって昨日より激しく彼女を責めていく……

巨乳家族催眠
間宮雄一(主人公:名前変更可能)は、受験に失敗し現在は予備校に通っている。今度、仕事でほとんど家にいない父親が再婚したため新しい家族が増える事になった。雄一は幼い頃に両親が離婚し、母親が出ていったため家族のぬくもりに餓えていた。新しい家族を歓迎したい反面、相手が母娘二人という女性ばかりだったので気後れをしてしまい、初対面からぎくしゃくしてしまう。しかし成熟した大人の色香を放つ母・美冬、今時のギャル風の長女・夏希、地味ながらも巨乳の次女・秋葉との生活は雄一にとって刺激が強すぎた。受験へのストレスも加わり性欲を押さえられなくなっていく。そして、性欲を我慢出来なくなってきた雄一の元に何者から小包が届く。その包みに入っていたのはその光を見せるだけで相手を催眠状態にしてしまう不思議なペンライトだった。ペンライトを使用し催眠状態で与えられた暗示は彼女達の無意識下の深層心理に刻み込まれ、通常ではあり得ない行為でも平然と行うようになってしまう。しかし、強力な暗示とはいえ、本人がどうしてもやりたくないこと、例えば自殺するなど本能に逆らう行為は強制する事が難しい。雄一は一計を案じ、まず「家族として仲良くする」「家族として一緒に過ごす」など、抵抗の少ない暗示を悪用し、普段の日常生活において様々ないやらしい要求を彼女達に飲ませていく。雄一は彼女達と本当の家族になるために、自分の子供を産んで欲しいと家にいる間はもちろん、いつでもどこでも彼女達に中出しを続ける。そして、雄一との肉欲の宴を過ごしていく彼女達はいつしか暗示から逃れる事ができずに、より過激な行為を求めていくようになっていく……。

巨乳令嬢MC学園
私立・王京学園は由緒正しい名家の淑女が通う全寮制の女学園。本年度から理事長交代によって教育方針が変わり、男子が入学することになったのだが……そこに入ってきた男子は池ノ上拓海(主人公:姓名変更可能)ただ1人だった。さらに交代した理事長というのは学園に通う学生。名門の家系もさることながらその優秀さにより学生にして理事長の座を得ることになった女子である。入学した男が一人だったのは、この理事長の策略によるもの。男を見下す理事長は一人だけ学園に来た拓海をターゲットとし、他生徒の捌け口としたのだ。拓海は学園ヒエラルキーの底辺に置かれ、弄りが開始される。やがてエスカレートしていく女子たちの弄りは主人公への直接的ないじめと変わっていく。からかい半分で拓海にちょっかいを出しては、反応をネタにさらなるいじめへ発展。容姿も中身も冴えない拓海は、思春期な女子学生たちの格好の捌け口となっていた。全寮制で理事長自身がその元凶でもあるため、教師達も見て見ぬふり。逃げ場もない拓海はひたすらに耐える日々を送ていた。いつしかそれが日常となり「自分はそういう人間なのだ。この学園に入れたのも、それが自分の役目だったから……」と思うようにすらなる。苦痛でありながらも逃げだすという考えを起こせなくなっていた拓海。そんな日々が続いていたある日、ひょんなことから学園全体がマインドコントロールされていることに気が付く。怒りを覚えた拓海は原因を突き止める行動を起こし、まさかの逆にマインドコントロールをする側になる。「これさえあれば……今まで僕がされて来たことも全部……お返ししてやれる……」拓海は暗い情念を煮え滾らせるのだった。

冥刻學園 受胎編
都会の神宮市にある女学園「神宮学園」人口15万人のこの街は、日本各処の要人や大手企業の一族が多く住んでおり、中でも街の郊外にある由緒正しきこの名門女学園は、政界や大きな力を持った企業・一族の子女の中でも超一流のお嬢様のみが通う有名なお嬢様学校であった。空が夕焼けに染まる頃、浅田真(あさだしん:主人公【名前変更可能】)はその学園の保健室で目を覚ます。傍には、シスターの格好をした柔和な表情の女性・狭間エリ(はざまえり)が浅田の目覚めに気付き、微笑みかける。「だいぶお疲れのようでしたね、浅田先生。ここまで来るのも一苦労ですから」彼女から発せられた言葉で、浅田は倦怠感を覚えながら自身の状況を思い出す。自分はこの学園の教師。恩師である学園長、二条静恵によって呼ばれ、本学園の教師として赴任してきたのだ。二条が待っていると言われた浅田はエリと別れ、かつての恩師の待つ学長室へ向かう。学長室の扉を開けると、そこには学生時代の恩師・二条静恵(にじょうしずえ)の姿があった。思い出の中の二条よりも厳格な雰囲気と、匂い立つような色気増した二条の姿に以前と変わらぬ憧れを抱く浅田。「久しぶりね、浅田君」と微笑む二条に浅田は挨拶を交わす。憧れの恩師に再会できて心ここにあらずの浅田に対して、これからこの学園の教師として働いてほしいと言い浅田も恩師と一緒に働く事が出来て光栄だと思う。しかし、それとは別に二条はある頼みごとをしてくる。「通常の業務とは別に、貴方にして貰いたいことがあるの。でも、それを言うより実際に体験してもらった方が良いわね」その頼み事の詳細を聞くことができず、浅田も二条の真意を理解できぬまま学園の教師生活が始まる。そしてその学園で、幼い頃主人公が妹のように面倒を見ていたことがある幼馴染・伊集院真矢(いじゅういんまや)と再会し、お嬢様のわりにやる気なさげでクールな少女・神宮寺桐華(じんぐうじきりか)、元気で努力家な小動物系少女・田所葵(たどころあおい)、高飛車で高慢なお嬢様・帝螢リオ(ていけいりお)、オカルトマニアでコミュ症のお嬢様・黒須玲奈(くろすれいな)など、様々な少女達と出会い、彼女達との穏やかな学園生活が続くかに思えた。しかし、ある日突然その状況は一変する。普段真面目な委員長やクラスの女子達がいきなり発情し、浅田の事を押し倒して性行為を欲するようになってしまう!抵抗しようにも自分の脳内にも靄がかかったような精神の汚染を感じる浅田。一時的に、教え子達との交合に身を任せてしまったものの、我に返った浅田は隙を見て彼女達を振り切り逃げ出す事に成功する。その過程で、他の生徒達と違い、未だ理性を保っている真矢達と一緒になった浅田は、共に学園内を駆け回るのだが……ついには発情した真矢達にも襲われそうになってしまう。その窮地を救ったのは二条とエリだった。怪しげな呪文共に、指示した指先から放たれた光は、発情した真矢達を眠らせる。ひとまず事態は収まったものの、今だ混乱したままの浅田はいったいこの学園に何が起こっているのか?この異常事態は何なのか?二条とエリに問い詰める。「“冥刻”……、私はそれを”冥刻”と呼んでいるの。数ヶ月前から、この学園に起こっている現象よ」「冥界の流れ込んだ時間……本来私達の世界に在るべきではない世界の空気」「“冥刻”は周期的に発生していて……徐々にこの学園の日常を侵食し始めているわ。“冥刻”の間はどんな気高い人間でも理性のたがが外れて、肉欲に支配されてしまうの」未だに状況を把握できない浅田を尻目に、二条とエリはその衝動に逆らって耐え続けようとすると死に至ってしまうといい、更に浅田を混乱させる。そして、二条の“もうひとつの頼み事”がついに判明する。「“冥刻”に侵食されはじめた彼女たちを救うには、彼女たちとセックスをして、精液を子宮に送り込むことしかないの、そしてそれが出来るのは君だけなのよ…!」

8665^2
「あなた、あたしを観察しなさい。面白いわよ、きっと!」主人公、神代昭郎は、いまどきの、どこにでもいるようなごく平凡な学生。ひとつだけ他と違う点があるとすれば、普通の人間より何倍も敏感な犬並みの嗅覚を持ち、匂いというものにどうしようもなく惹かれてしまう特異体質であること。ただ、それが実生活に役に立ったためしはナシ。あれこれ詮索されるのもイヤなので、普段はひた隠しにして平和な日々を送っている。しかし、その超嗅覚をあろうことか学園一の問題児、ハルルコに知られてしまったのが運の尽き。尋常でない日常に巻き込まれてしまうことになろうとは……。

Purely 〜その狭い青空を見上げて〜
夏から秋へと季節が移り変わる、そんな初秋を感じさせる季節。学園二年生の墨崎優哉(主人公)は、かつてのクラスメイト・翠川悠に頼まれ、配分寸前の「温泉部」に梃入れすることになった。最初こそ、乗り気ではなかった優哉だったが、他の部員達と触れ合っていくなかで、廃部から救ってあげたいと真剣に思うようになり、全員の努力の甲斐もあって、廃部を免れるが……。

君と恋して結ばれて
『君と恋して結ばれて』は、3人の主人公、桜庭航太、花守章一、荻野陽輔によるオムニバス青春恋愛ストーリーです。ゲームスタート時に主人公を選択することで、多角的な視点でストーリーを楽しむことができます。また、ヒロインは主人公ごとに固定となっていて、対応ヒロインでは無いとき、(選択しなかった主人公も同様に)サブキャラクターとして登場することとなります。その際、ヒロイン(柳渚緒、桐島空、花守ひなた)は、主人公に対しては友人知人としての顔を見せてきますので、恋人以外に見せる表情を楽しんでください。登場人物は全員知り合いですので、1つのストーリーを3つの視点から見ることや、少しずつ時間軸が重なる3つのストーリーを見ることができたりします。

カラフルBOX
「なんじゃそりゃ!?」ゴールデンウィークが終わったある日の放課後。主人公・杜月鳴海の絶叫が、廊下中へと響き渡った。昼休みに義妹のみなもを怒らせ→殴られ→気絶してしまいそのままなし崩し的に午後の授業をサボってしまった彼は、一ヶ月後に迫った学園祭の実行委員に任命されていたのだ。最初は気乗りしなかったものの、クラスメートの説得でやってみようかなと言う気分になった鳴海。「よし、やってやろうじゃないか!」その一言が、この物語の幕開け。恋と笑いに彩られた、ちょっぴりHな一ヶ月の始まりです。

Aster
北稜学園付属校へ通う榊宏(主人公)と、幼馴染の双子の姉妹・沙希と沙耶。ずっと変わることのなかった三人の関係は、とある出来事から大きく変化していく――【柚月沙耶編】――はじまりは、大切な人を失った時――宏と沙耶。互いに想い続けてきた二人は遂に結ばれ、甘く幸せな毎日を過ごしていた。しかし、その日常は前触れもなく、あっさりと終わってしまう。それは……。【山吹美幸編】――悩み、苦しみ、そして美幸が辿り着いたのは――想いを寄せあう正人と美幸。互いの気持ちを確かめ合った二人の想いは、確かな形となって実を結ぼうとしていた。そんなある日、美幸の心にとある影が射し始め……。【小田巻雛編】――雛の母親からの一本の電話が、物語を紡ぎだす――“喫茶ハカランダ”でバイトに励む学生・京次は、後輩・雛に振り回されつつも、楽しく幸せな日々を送っていた。だが、バイト先に入った一本の電話で……【姫萩はるな編】――大切な人を失う代わりに、出会った運命――剣道部期待のホープ・萩原睦月と、モデルをしている校内の有名人・姫萩はるか。接点がなく、言葉すら交わしたことのない二人だったが……。【柚月沙希編】――そこに奇跡は無い。けれど希望は在る――沙耶の死。それは残された二人の心に暗い影を落とす。大きく変わってしまった日常。それでも進んでいく季節。二度と戻らない三人で過ごした日々を思いながら、沙希は……。

はにかみCLOVER
お人好しで自分からトラブルに首を突っ込みたがる主人公、柊大和。その性格故に、通っていた学校から転校することになってしまう。その転校先は、統廃合によって共学化されたばかりの元女子校、星凜館学院。中途半端な時期に転入してきた大和に戸惑うクラスメートたちだが、彼の人の良さに触れていき、次第に大和のことを認め始めていく。しかし、まったく気を許さない人物がいた。学生自治会長であり、大の男嫌いな女の子、佐伯莉緒である。さらに、大和の義妹で巫女さんの柊すみれ。女子から多大な人気を誇るクラスメイトの周防えみる。無駄に装飾だらけの言葉を使う中二病全開のちっちゃな先輩、碓氷真希奈。ただでさえ自らトラブルに首を突っ込みたがる大和の周りに、一癖も二癖もある女の子たちが集まってしまい大騒ぎ。その上、自治会長の莉緒は、人には言えない秘密を抱えているらしく……。

敏感女子校生、尽くしたいの!
『私と…付き合ってくれませんか?』突然の告白に耳を疑う主人公だったが、ふたりは恋人同士に。初めてできた彼女に喜ぶ主人公だったが、二つの大きな問題があった。一つは彼女のココロの声が聞こえてしまうこと。もうひとつは…。『私、男の人にさわられると変になっちゃうの…』なんと彼女は異常に感じやすい体質だったのだ。ふれただけで感じてしまう。手をつなぐことも、キスをするのも大変。エッチすることなんて…。他の人なら絶対イヤ。主人公とだから何でもできちゃう。フェラチオ、パイズリ、顔射、手コキ、オナニー、中出しなどなど。もっと濃いエッチだって…。主人公のことが好きで好きで仕方ない彼女とのイチャイチャSEX三昧の日々!

聖炎天使エレアノール
目を覚ますと暗い森の中。シスター服の少女が心配そうに俺をのぞき込んでいた。そこに、不気味な咆哮を響かせ怪物が現れる! 少女が持つ紅いランタンを俺が手にすると、少女は燃えるような紅い光りに包まれ聖女「エレアノール」に変身し瞬く間に怪物を打ち倒す。「ネオン」という名前しか覚えていない記憶喪失の主人公はラン・ファンテールと名乗る少女につれられ、シスター見習い達の集う全寮制の学舎「教立エレアノール学園」を訪れる。神の教えを修める貞淑なる少女達の園…と思いきや、やたら元気で生意気でやかましい。そうして学園に住み教師見習いとしての日々がはじまる――。 ※日本語版Windows以外では動作いたしません

SAGA PLANETS四季シリーズ 春夏秋冬4本セット
【Coming×Humming!!】朱雀学園2年生、桐ヶ谷陽斗(きりがやはると)は、幼馴染みが住む小旅館に下宿中。途絶えた仕送りと、滞納中の家賃にあたまを悩ませつつも、ポカポカとした春の陽気にあてられて、今日もなーんとなくな日々を過ごしていた。良いのかなぁこれで。そんなある日、ある夜のこと…陽斗は、天吉神社の境内で、「吉乃姫」と名乗る、美しい少女と出会う。その日から、彼の中でなにかが変わりはじめた。のどかな田舎町は、3週間後に町一番の祭りをひかえ、にわかにさわがしくなっていく。そして陽斗にも、去年とはなにかが違う春がやってくる。【ナツユメナギサ】舞台は常夏の街、臨海副都心『hope』ヒマワリをはじめとした夏の花が街中に植えられ、美しい蝶のような妖精が舞い、野良ペンギンが、ときおり街中を歩く不思議な人工島。白波学園2年生『渚』は、街の浜辺に流れ着いた、過去を持たない少年。真夏のクリスマスを1ヶ月後に控え…のんびりとした日々を過ごしていた渚は、少女達と出会う。やがて失った記憶の向こうにいる大切な人と、真実の自分の姿を見つける。君がいた夏。君がいない夏。君といる夏──3つの異なる夏を過ごしながら…。臨海合宿をしたり。気になるあの子と無人島に流されたり。水着姿でみんなで騒いだり。そんな、淡いノスタルジーを通して、長い夏の果てにたどりつくのは、一体どんな記憶だろう。【キサラギGOLD★STAR】良い天気だね!×6、はやく行かないと!×6。ここは昔懐かしい長屋の一角。ぼろぼろだけど、気持ちだけは前向きに、花を植えて、可愛く飾って、名前は『秋桜荘』ずっと一緒に暮らす幼なじみ6人組の声が響く。そろって大きくなって、今でもそろって登校する仲間たち。主人公、『新田二見』以外の5人は、みんな更衣学院の特待生!歌にピアノと、その才能で、注目を集めている。いっぽう、二見は何の取り柄もないけれど、昔からの腐れ縁で、みんなの面倒を見ている、お母さん的な存在。学院ではアイドルな幼なじみ達だけど、生活力には問題あり。彼がいないと何にもできない。二見を頼ってすぐに寄ってくる。そんな6人には、大きな夢がある。幸せ×6の夢。叶うと信じて、今日もみんなで、今日川の土手を自転車で走っていく。【はつゆきさくら】「河野初雪」は、白咲学園3年生。進学校には珍しい不良生徒。卒業が危ないと言われ、今日も嫌々授業に顔を出す。今年最初の雪が降った12月。初雪は旧市街の一画で、真っ白なドレスを着た美しい少女に出会う。雪に降られながら、少女は一匹のウサギを探して街をさまよっていた。一夜の不思議な出会い。そして数日後。学園にドレスの少女、「桜」が転校してくる。最後の冬へ、初雪を連れて行くために。めぐる春夏秋冬。終わる1095日。やがて冬を越えて、春が訪れる頃。ついに積もることのなかった雪の思い出を抱いて、少年は立ち尽くす。『初雪から桜まで卒業おめでとう』

はつゆきさくら
「河野初雪」は、白咲学園年生。進学校には珍しい不良生徒。卒業が危ないと言われ、今日も嫌々授業に顔を出す。今年最初の雪が降った12月。初雪は旧市街の一画で、真っ白なドレスを着た美しい少女に出会う。雪に降られながら、少女は一匹のウサギを探して街をさまよっていた。一夜の不思議な出会い。そして数日後。学園にドレスの少女、「桜」が転校してくる。最後の冬へ、初雪を連れて行くために。めぐる春夏秋冬。終わる1095日。やがて冬を越えて、春が訪れる頃。ついに積もることのなかった雪の思い出を抱いて、少年は立ち尽くす。『初雪から桜まで卒業おめでとう』

キサラギGOLD★STAR
おはよう!×6、良い天気だね!×6、はやく行かないと!×6。ここは昔懐かしい長屋の一角。ぼろぼろだけど、気持ちだけは前向きに、花を植えて、可愛く飾って、名前は『秋桜荘』ずっと一緒に暮らす幼なじみ6人組の声が響く。そろって大きくなって、今でもそろって登校する仲間たち。主人公、『新田二見』以外の5人は、みんな更衣学院の特待生!歌にピアノと、その才能で、注目を集めている。いっぽう、二見は何の取り柄もないけれど、昔からの腐れ縁で、みんなの面倒を見ている、お母さん的な存在。学院ではアイドルな幼なじみ達だけど、生活力には問題あり。彼がいないと何にもできない。二見を頼ってすぐに寄ってくる。そんな6人には、大きな夢がある。幸せ×6の夢。叶うと信じて、今日もみんなで、今日川の土手を自転車で走っていく。

ナツユメナギサ
舞台は常夏の街、臨海副都心『hope』ヒマワリをはじめとした夏の花が街中に植えられ、美しい蝶のような妖精が舞い、野良ペンギンが、ときおり街中を歩く不思議な人工島。白波学園2年生『渚』は、街の浜辺に流れ着いた、過去を持たない少年。真夏のクリスマスを1ヶ月後に控え…のんびりとした日々を過ごしていた渚は、少女達と出会う。やがて失った記憶の向こうにいる大切な人と、真実の自分の姿を見つける。君がいた夏。君がいない夏。君といる夏──3つの異なる夏を過ごしながら…。臨海合宿をしたり。気になるあの子と無人島に流されたり。水着姿でみんなで騒いだり。そんな、淡いノスタルジーを通して、長い夏の果てにたどりつくのは、一体どんな記憶だろう。

Coming×Humming!!
朱雀学園2年生、桐ヶ谷陽斗(きりがやはると)は、幼馴染みが住む小旅館に下宿中。途絶えた仕送りと、滞納中の家賃にあたまを悩ませつつも、ポカポカとした春の陽気にあてられて、今日もなーんとなくな日々を過ごしていた。良いのかなぁこれで。そんなある日、ある夜のこと…陽斗は、天吉神社の境内で、「吉乃姫」と名乗る、美しい少女と出会う。その日から、彼の中でなにかが変わりはじめた。のどかな田舎町は、3週間後に町一番の祭りをひかえ、にわかにさわがしくなっていく。そして陽斗にも、去年とはなにかが違う春がやってくる。

花咲ワークスプリング!
春爛漫!出会いと恋の季節に浮き足立つ世の中。そんな世の中の色恋ムードなんぞはお構いなし。今日も今日とて、いかに怠けるかに全力を注ぐ主人公、花咲遊真。今年もグータライフが続くのだと思っていたのだが……「ようこそ幽霊部へ!今日から君が部長だよ」幽霊部員が集う部活というなんとも風変わりな部活動。今までそんな部活があることすら知らなかったというのに、いきなり部長にされるってどういうこと!?「私に構わないで下さい。馴れ合うつもりないんで」周囲と壁を作り冷たく言い放つ彼女は、一匹狼少女・不知火祈。「私をめいいっぱい楽しませてねっ!新部長さん♪」俺をこのわけの分からん幽霊部に引き入れた張本人。学園最多留年数を誇る玖音彩乃は無責任にそう言った。「好きです。初めて会った時から!き、キモいですか?」俺に一目惚れってどういうこと?いきなり告白してきたこの子は琴吹ヒカリ。「ぜったい、仕分け委員に入った方がおもしれーって。だからウチにこいよ、な!」俺の意思はお構いなしに引き抜きを企む、悪友の空森若葉。いつしか周りに集まった、一癖も二癖もある女の子達。「いい機会だ。お前も怠けてないで青春してみろよ」はたして主人公・花咲遊真が結ばれる相手は……?くだらなくも、かけがえのない青春物語、ここに開演!

フローラル・フローラブ
あの日、俺は天使を見た。天使(セラフィーン)のような彼女達と恋人になれたら、きっと天国(パライソ)のような毎日が待っている!もっとも彼、斉須柾鷹(さいすまさたか)は、天国など自分には縁がないと思い込んでいた。だが天使の1人から、完全にロックオンされてしまう。確かに美鳩夏乃(みはとかの)とは幼馴染だが、学園一の超お嬢様!そんなに毎日、大好きビーム照射されても、はるかに遠い高嶺の花だ。その友人、朱鷺坂七緒(ときさかななお)はモデル並の黒髪美人で、ツンツン天使と呼ばれるほどに素っ気ない。アーデルハイト・フォン・ベルクシュトラーセは、リアルお姫様!独唱は天使の歌声と賞賛されるほどだが、いつも気だるげで世話が焼ける。椿姫こはね(つばきこはね)は、敬虔なクリスチャン。天使と呼ぶにふさわしい性格美人で、柾鷹は頭があがらない。……ん?気付けば、全員と関わりを持ってないか?だがそれも宿命だったのかのかもしれない。彼にはささやかな秘密があったのだ。目をこらせば、天使の翼が見える。その心が善なるときは天使が、悪なるときは悪魔の羽根が見えてしまう。それは幼き日…初めて天使を見たときから、始まっていた。

カルマルカ*サークル
「あなたが、この世界の主です!」カメを連れたやたら元気な後輩に誘われて、訪れた生徒会室。そこに集うは、それぞれ一癖も二癖ある変わり者たちだった。「君が来るのを、ずっと待っていた」「あたしの内申がかかってんだから、協力しろ」「代わりに仕事やってくれるんでしょ?」いったい、どうして、俺なんだ?いきなりまくしたてられ、頭を抱える俺のそばに、うつむいて黒いオーラを放つ少女がいた。「ど……し……わた……」「は?」「どうして、わたしは君を好きになっているっ?!」「し、知らねーよ……!」『星渡り同好会』それは、一年に一度、七夕の夜に星を渡り、『カルマルカ』に接続(アクセス)を試みる季節限定の同好会。学園理事のお墨付きで生徒会直属と言われているが…何とも胡散臭い。主人公、御影海人は嫌々ながらも、星渡り同好会に籍を置き、まったく噛み合わないメンバー達と行動を共にすることになる。『カルマルカ』に接続できた人間は、あらゆる束縛から放たれるという。過去の罪からも、そして未来の恐怖からさえも…。響き渡る鐘の音に、彼らは何を願うのだろうか。

凌辱連鎖
私立浅海学園は文武両道に長けた全寮制の学園だった。学園の学生会会長、山吹良治は表向き快活明朗な模範生を演じる傍ら、学園の裏の顔、管理組織「絆」を取り仕切るリーダー的存在である。学園長を父に持つ彼は、女たちの純潔を散らし屈服させ、男達に抱かせている。そんな浅海学園へ転入することとなった、ヒロイン薫は両性具有と言う、肉体的に特異な体質を隠し、表向きは女性として学園の門をくぐることとなる。エリート特有の冷たさをもって迎え入れられた薫だが、それが学園の持つ異常性だと理解するまでに、さほどの時間を要することはなかった。気弱な、それでいて美しい女、薫。そんな格好の「獲物」を、良治が放っておくはずも無い。彼に犯され、その証拠をビデオに納められた薫は、その身体的な特徴をネタに強要される傍ら、彼の手先となり、他の女たちを犯す道具として使われていくこととなる。





自動車保険一括見積もり ★500円分商品券プレゼント

動画 アダルト動画 ライブチャット