アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
触手の館 〜快楽に捕らわれる女子校生〜
誰からも相手にされず、いつも学校でいじめられていた僕。そんな僕でも唯一心を落ち着けられる場所がある。街の外れにあり、人が近寄ろうとしない通称『迷いの森』だ。毎日学校が終わると何をする訳でもなく、森の中に足を踏み入れていた。ある日、いつもと同じように迷いの森を歩いていると突然目の前に古ぼけた洋館が現れた。吸い込まれるように中に入ると人の気配はまるでない。しかしある部屋に入ると現れたのは、部屋の中を蠢いている触手だった。呆然と立ち尽くす僕に向かって触手が一直線に伸びてくる。死を覚悟した――しかし触手は目の前でピタリと止まる。「あれ?僕の事食べないの?」もちろん触手は何も言わない。「じゃあさ、僕の話を聞いてくれるかい?」一晩中語りつくした。触手はじっと僕の話を聞いてくれているようで何だか嬉しかった。ある日、理由あってイジメっ子達と館に足を運ぶと触手が突然彼女達に襲い掛かる。僕の気持ちを察してなのだろうか……それなら、その力借りてもいいかな?こうして触手と仲良くなった僕の復讐劇が始まった――――

ヌキ放題! 学園風俗!!〜小悪魔ビッチと夜の文化祭〜
「ちょっと遊んでいきませんか?」夜の街で少女に声をかけられた主人公は、酒の酔いも手伝って、その呼び込みについて行ってしまう。そして辿り着いたのは無人の廃校舎。(これは絶対にヤバイ……)と思うも、懸念に反して主人公が受けたサービスは最高だった。「ご奉仕ソープ」に「文化祭喫茶店風ピンクサロン」「女生徒女教師ハイブリットイメージクラブ」に「援助交際」等々、風俗プレイがてんこ盛り。いつ終るともしれない夜の文化祭で、あなたも遊んでみませんか?

セックス あ〜ん♪ パンツァー
時は性暦1969年。突如出現した謎の生物兵器軍により、世界は制圧されかけていた。世界は戦争そっちのけで共闘するも、結果は劣勢だった。資材は無いが技術を持て余した変態国家ジパング帝国は、より材料の少なくて済み戦車級以上の圧倒的火力を一個人に積載出来るシステムの開発に成功した。だがこのシステムには欠点があり、若い女性の身体にしか反応しないというスケベな代物だった。しかし一個人が大火力を引き出せるとあってはこのシステムを使用しない手は無い。早速このシステムが導入され、2人の少女が敵軍に進撃した。

いきなり同棲性活?!
俺の名前は沢村聡。エロゲーのような人生に憧れている。両親に突然、お前に許嫁ができたと言われ、その娘達と共同生活をするようにと言われる。紹介されたのは幼馴染の二人。突然のエロゲのような展開にガッツポーズをとる俺。そして、両親に家庭の不一致は性の不一致から来ると言われ、共同生活と夜の営みを通して、二人のうちから身体の相性が良い方に決めろと言い渡される。そこにブラコンの妹も混ざり、波瀾万丈な共同生活が始まる。

拝啓、今日からビッチになります。
村の過疎化を救う為にはこれしかない!名付けてビッチ村だ!よし、では早速ビッチ訓練を行う!そう意気込んで高らかに声をあげる主人公、神宮司修(童貞)。「あっ、あっ、イッちゃうの……!おまんこ……きもちっ、いいのぉぉっ!!」自慢の巨乳を揺らし、神里のばらは切ない声をあげ――「らめっ、そ、それ……以上、らめっ、ごめんなさいっ、おかしくっ、なるぅぅっ!!」普段強気な宮園しずくが、ごめんなさいと許しを乞い――「やっ、らめっ、しゅーにいちゃん、おしっこ、出ちゃう……出ちゃうぅ!」ちびっこ司馬ちろるはおしっこを漏らしてしまう――やれる、童貞の俺でもやれるぞ!さぁ、お楽しみはこれからだ!もっともっと彼女たちとHをして村おこしだ!

堕し屋〜性悪女共にイキ地獄を味わせろ!〜
女性の社会進出が当たり前となった時代。その地位と権力をさらに向上させるため、ある法律が生まれた。それが――『絶対女性保護法』である。『女性は何をしても裁かれることはない』社会は女性によって支配され、わざと男を貶める女達が現れた。そして、『男になら何をしても許される』そんな考えを持つ女達によって、男達は虐げられていた。だがしかし、全ての男達が屈したわけではなかった。男達の依頼を受けて恨みを晴らすため、そして社会への復讐のため一人の男が立ち向かう。通称、『堕し屋』―――現在の依頼は暴力婦警と痴漢冤罪で男を嵌めるクソ女の二人。法では裁けない標的の女を犯し尽くし、一匹の牝へ堕とすために動き出す――

出動!! 変態勇者パンティー仮面!!
「待ちなさい!この不埒な魔物たち!」平和な町に現れた魔物は空を見上げる。おお!見よ!あそこにいるは我らの性義の味方パンティー仮面!「この私がいる限り、悪事は絶対栄えない!」「盛ってるくせに何言ってやがる!やっちまえ!」群がる魔物たちを一蹴し、パンティー仮面は魔物たちのボスを見下ろす。「さあ、オ・シ・オ・キの時間よ♪」哀れ魔物たちはパンティー仮面に精液を搾り取られ、昇天させられてしまった!「ふう……今日も気持ちよかったわ」ありがとうパンティー仮面!今日も町の平和は守られた!明日も頼むぞ!パンティー仮面!

蝕悦忍法帖 〜無間絶頂、異種姦地獄〜
月隠衆(げついんしゅう)と凶爪衆(きょうそうしゅう)。忍がまだ実在していた時代、この2つの流派で大きな争いが起こった。激しい戦いの末、月隠衆の「サクヤ」と「アヤネ」は凶爪衆の頭領「ナツメ」を破り勝利を収めた。しかし戦いはこれで終わりでは無かった。ナツメは月隠衆、そしてサクヤとアヤネへ強い憎しみを抱き、復讐を果たすため、禁術を会得したのだった。そして禁術を使って生み出した化け物達を率い、月隠衆の里へ攻め込んできたのだった。月隠衆は壊滅し、捕らえられた2人…化け物達の住処と成り果てた里で、無限に続く異種姦アクメ地獄が幕を開ける!

覗き見バイブレーション 〜覗いて弄って楽しんで〜
スカートを覗き、今日使っているおもちゃを確かめて楽しむのが最近の日課だ。なぜ急にスカートの中が見れるのようになったのか……そこはたいした問題じゃない。パンツを覗いた女の子がローターを使っていた。ここが重要なんだ!「……もしかしてお前、今、ローターを付けているのか……?」「どどどどどどどどうしてそんなことを――っ!!?」大慌ての彼女も俺と同じ変態のようでおもちゃをこよなく愛しているが怖くて使えなかったらしい。なら俺がその恐怖を取り払ってあげるんだ。俺が厳選したマイ・バイブ・コレクションで!そして一緒にいろんなおもちゃを試すんだ!

獣耳魔法少女セリナ 〜追ワレ穢サレ家畜ニ堕チル〜
突如、人間界に侵攻してきた魔王の軍団から人々を護るため、各地では野生の力を司る魔法少女達が立ち向かった。だが、魔族の強大な力の前に敗北し、人類は魔王の支配下に置かれた。だが、全ての魔法少女が屈したわけではなかった。セリナ、ユイ、シオンの3人は必死に魔王軍と戦い続けていた。しかし、魔王グレイスに目を付けられ、3人は淫魔の呪いを掛けられてしまう。「全員逃がすなっ!捕まえた者はその女達を好きに犯してもいいぞっ!」「な、なんでっ……こんな……気持ち悪いモノで……わ、私は……」「いっ、イキたくないのにぃ!んああぁぁぁっ!」身体が火照り、自由を奪われた少女達は魔族に追われ、奴隷と成り果てる!

ぜったい猟域☆セックス・ロワイアル!!
女性の身体的、精神的能力の向上により女尊男卑の世界になってしまい、男は女性から逃げるように現実世界から二次元に逃避してしまった現代……主人公・渡貫悠馬はドSな母親とドMな父親を持つが、本人は至ってごくごく普通の学生。ある日突然、7人の女生徒と共に無人島に連れられ、『セックスロワイアル』に参加させられてしまう。『セックスロワイアル』とは、男性陣と女性陣の2つのチームを分かれ、お互いに相手チームを犯しポイントを得、そのポイントの総合計を競い合うゲームだった……突然の出来事に戸惑いを隠せぬまま、無人島を舞台に悠馬と7人の女生徒との前代未聞の犯し合いバトルが幕を開けるのだった……

ぜったい遵守☆強制子作り許可証!!バリュー版
時は西暦20XX年――人類は滅亡の危機に瀕していた!!人類の出産率の低下に伴い少子化が進み、特に男児の出生率が減った事が主な原因である。現在では人類の男女比は1:10721となり、男尊女卑ではなく女尊男卑となった……。この事態に危機を感じた各国の首脳達は少子化対策のため、『SEX新法』、『自由性行為許可証』を施行した。この許可証は数少ない男性に持たせる事によって、女性に提示すれば、いつでもその相手とSEXできると言う、全世界の女性を敵に回す代物だった。大多数の反対意見を押し切り、半ば強制的に施行した政策だったが、首脳達の政策もむなしく、男性の出生率の増加も無く、むなしく終わった。そこで、政府は新たな許可証を作り、男性の精液の無駄射ち等を徹底管理し、男性の出生率の増加の徹底化を目論んだ。

ぜったい遵守☆強制子作り許可証ぱらだいす&バリュー版
【ぜったい遵守☆子作り許可証ぱらだいす!!〜嗚呼、素晴らしき孕ま世界〜】時は西暦21XX年――未だに人類は滅亡の危機に瀕していた!!人類の出産率の低下に伴い少子化が更に進み、特に男児の出生率が減る一方になった。現在は人類の男女比は1:107210となり、さらに女尊男卑の社会になっていた。この事態に危機を感じた各国の首脳達は少子化対策のため、『SEX新法』、『自由性行為許可証』の徹底化を図ったが、人類滅亡の危機の歯止めにはならなかった……政府は、男の方にも強制力が働いている為、中出ししないといけないと言う、男の方にもストレスがあると考え、さらに『オーラル許可証』、いわゆる、精液の無駄うち許可証を発足した。さらに、ある特定の人物をその場に呼び出して、Hが出来る『呼び出し許可証』をさらに許可証に追加した。この新たな許可証が吉と出るか凶と出るか、今は誰も知る由もなかった……。【ぜったい遵守☆強制子作り許可証!!バリュー版】時は西暦20XX年――人類は滅亡の危機に瀕していた!!人類の出産率の低下に伴い少子化が進み、特に男児の出生率が減った事が主な原因である。現在では人類の男女比は1:10721となり、男尊女卑ではなく女尊男卑となった……。この事態に危機を感じた各国の首脳達は少子化対策のため、『SEX新法』、『自由性行為許可証』を施行した。この許可証は数少ない男性に持たせる事によって、女性に提示すれば、いつでもその相手とSEXできると言う、全世界の女性を敵に回す代物だった。大多数の反対意見を押し切り、半ば強制的に施行した政策だったが、首脳達の政策もむなしく、男性の出生率の増加も無く、むなしく終わった。そこで、政府は新たな許可証を作り、男性の精液の無駄射ち等を徹底管理し、男性の出生率の増加の徹底化を目論んだ。

ぜったい絶頂☆性器の大発明!!
な、何故だ……何故あんな凡夫が……くそっ!俺が腹を立てている理由……それは、俺が所属している科学部が参加した全国発明甲子園・個人部門での屈辱的な結果にあった。『小さなロボットとそれを巨大化させるライト』という大発明をした俺が失格で、『走る時に受ける風を利用して発電する、半永久的に走り続けられるラジコンカー』なんてくだらない発明品が優勝するとは、納得いかん!!昔からそうだ……どんなに素晴らしい発明品を作ったとしても、世間に受け入れられず、屈辱に耐えていたあの日々……それがまた繰り返されるなんて!この天才を馬鹿にした世間へ報復しつつ、最終的には俺の足元にひざまずかせる、そんな良い方法はないものか……むっ、そうか!!ふふ、ふふふふ、ふははははは!!俺は発明家だ……無ければ作ってしまえば良いだけの事!凡人が幅をきかせ天才が虐げられるような部活に用はない!天才である俺が作った発明品を使って学園を裏から支配する秘密組織……その名も『第二科学部』を作ってやる!この学園を恐怖に陥れ、いずれは俺の足元に平伏させてやるぞ!そうなれば、男の夢!!学園ハーレム化だって夢じゃない!よし、こうしてはいられない、今すぐ準備に取り掛かるぞ!!

ももいろ性癖開放宣言!
世界でもエロエロアダルト大国になった日本。今やセックスは日本人にとって、一大文化となり、学園の授業にもセックスの授業を積極的に取り入れることになった。座学から実技に至るまで、あらゆる性の知識を教え、一人前のセクサーになるまで……ここは私立聖教女学院。この地に一人の男が降り立つところから物語が始まる。性に関して問題児扱いとされている生徒達を集めたクラス……通称「ファジーローズカラーズ」彼女たちに立派な性の知識を授けるためにやってきた、主人公。主人公はヒロイン達の性の講師となって、様々なHのシチュエーションで授業を教える事になる。学内、時には学外で、愛撫からマニアックなセックスまで、実技をもって、彼女達に正しい(?)性の知識をその身に宿させるまで……主人公とヒロイン達は日夜、セックスに励む!

ぜったい最胸☆おっぱい戦争!! バリュー版
「俺がおっぱいの救世主になってやるっ!」おっぱい。それは奇跡の膨らみ。ちっぱい。それは無限の可能性への希望。ここは「バスチェスト大陸」。巨乳族の姫・エストレアが治める「パイクォーツ王国」と、貧乳族の女王・ティアラ治める「サーペッタン王国」の二つの王国が存在している。しかしこの二つの大国間に、おっぱいの大きさに対しての確執が生まれ、どちらが優れたおっぱいか、乳で乳を洗う戦争が始まってしまった。そこで俺、ハルト様の登場だ。俺にこう思う……『おっぱいに上も下も無い!横に平等に並んでこそのおっぱいだ!』と。乳神が言うには、俺には奇跡を生む力『おっぱいエナジー』を溜め込む巨大な器としての才能があるらしい。成り行き上、大陸を救う救世主の役目を背負ってしまった俺は、“俺様専用おっぱい”となった巨乳族の巫女、ミルファと旅立つ。まぁ、うだうだ考えていてもしょうがない、俺のおっぱいへの愛の力さえあればなんとかなるだろう!!

ぜったい遵守☆子作り許可証ぱらだいす!! バリュー版
時は西暦21XX年――未だに人類は滅亡の危機に瀕していた!!人類の出産率の低下に伴い少子化が更に進み、特に男児の出生率が減る一方になった。現在は人類の男女比は1:107210となり、さらに女尊男卑の社会になっていた。この事態に危機を感じた各国の首脳達は少子化対策のため、『SEX新法』、『自由性行為許可証』の徹底化を図ったが、人類滅亡の危機の歯止めにはならなかった……政府は、男の方にも強制力が働いている為、中出ししないといけないと言う、男の方にもストレスがあると考え、さらに『オーラル許可証』、いわゆる、精液の『無駄うち許可証』を発足した。この新たな許可証が吉と出るか凶と出るか、今は誰も知る由もなかった……

ぜったい征服☆学園結社パニャニャンダー!!
悪が栄えた試しはないという言葉があるが、20XX年、悪は多いに栄えていた。正義がいる所、悪がいる。その2つは水と油のように反発しあい、相手憎しと躍起になって力を付けようとした。正義の企業と悪の企業は互いにしのぎを削ってよい物を作り、正義のコンビニと悪のコンビニは価格競争をしてお客様にお安く商品を提供していった。その結果、悪は世の中の進展に欠かせない存在として世間に認知され、悪の組織は立派な就職先とまで言われる様になった。今の世界には、悪の企業、悪の学校、悪のコンビニ、悪のテレビ局など、悪の組織が町に当たり前のように存在するようになっている。そんな中、世間を騒がせる伝説の大悪人がいた。実は妖怪で何万年も生きているらしい。あのムー大陸を沈めたのもその大悪人らしい。長い眠りから覚めた獰猛な恐竜を素手で倒したらしい。そのような数々の伝説がまことしやかに広まっていた。悪の報道番組でその存在を知った主人公・赤星識は自分も将来は“あの人”のようになりたいと、悪への憧れを強めていった。しかし、悪の戦闘員の両親から生まれ、悪の道を進もうとする彼には大きな欠点があった。それは──どうしようもないくらいの善人だと言うことだった。可哀想で子犬に眉毛も描けない、車の来ない横断歩道でも青信号以外は渡れない。些細な悪事でも、一度も成功した事はなかった……。そんな生活を送っていたある日、尊敬する“あの人”が悪の組織員育成学園の学園長になったと風の噂で知る。識は今までの自分のダメさ加減を払拭しようと“あの人”の元で教えを乞うべく、すぐに転入手続きを取り、邪(イビル)パニャニャンダー悪業学園に転入をしたのであった。

あまたらすリドルスター
主人公、童本隆也は退屈だった。幼馴染の結愛から誘われた、夜のピクニック。そんな奇妙な誘いに乗ってしまうほど、とにかく彼は毎日に退屈していた。星空が大好きな幼馴染と、星空しか取り得の無い町の、星を見る事しか出来ない展望台へのピクニック。そんな誘いに乗るのだから、隆也もよほどの星好きかと思えるだろうが、そんな事は無い。隆也は星が嫌いだった。にも関わらずこの誘いに乗った訳は、ただただ純粋に、物凄く退屈だったからである。空に一筋の流れ星が流れ、慌てて、何か楽しい事がありますようにとお願いする結愛。消える前に3回願い事が言えたと喜ぶが、流れ星はそのまま町の方に落ちていき、隆也達の通う学園の辺りに落下、爆発が起きる。遠目に見る限りだと、町に大穴が開いたりはしていない。唖然としている所に、空にまた流れ星が流れる。結愛は、今度は町に落ちないで下さいと願い事をするが、思いが通じたのか、町の方にではなく流れ星はそのまま結愛達の目の前に落ちてきた!その土煙の中から、白髪の兎耳をつけた少女が飛び出し、町の方へと走り去っていく。隆也はその光景を観て唖然としていたが、結愛は願いが通じたと喜びながら、その兎耳の少女を追いかけて走り出す。結愛と一緒に町に戻ってきた俺の目に飛び込んできたのは、想像とは違う方向に変わり果てた、校舎の姿だった…

連鎖〜裏切りの鎖〜
蒼葉学園理事長「御子柴剛」は学園経営のかたわら売春組織を運営していた。学園に通う女子生徒、教師を極秘裏に調教し、娼婦として働かせる。 そうして売春組織は勢力を伸ばしていった。ある日、理事長の息子である「修」−主人公−は父にあることを命じられる。その命令は、娼婦不足解消のため生徒の中から新しい奴隷を3人作り出すことだった。蒼葉学園で有名な美人姉妹「成田麻衣」「成田亜衣」。修は、最初の奴隷を選択する。まずはそのどちらかを奴隷に落とし、その奴隷に命じて新たな奴隷を作り出す。一人の奴隷が、新たな奴隷を生み、そして新たな奴隷がまた新しい奴隷を生みだす。脅迫・陵辱・裏切り…。最初に誰を選択し、次の奴隷に誰を選択するか。その選択によって奴隷が連鎖し、組み合わされる12通りのストーリーが展開する。ゲーム中の選択、連鎖する奴隷、彼女たちに対して修は愛情を持つのか、それとも命じら れるままに陵辱を繰り返すのか。修が選択する行動によってエンディングは大きく変化していく…

太陽のプロミア
太陽の街『ミルサント』に降り立った主人公。一見、普通の青年にしか見えない彼には、ふたつの普通でない点があった。ひとつ。彼には、記憶がなかった。何故そこにいるのか、自分が誰なのか、彼自身にもわからなかった。ふたつ。彼の腕の中には幼子(おさなご)がいた。しかも、彼はその幼子と決して切れない紐で繋がっていた。そして、彼の降り立った街にも、ほどなくして異常事態が起きる。ミルサントを治める6人の女性神官『六花』。彼女たちの力の源である『六大樹』が、一斉に闇に包まれてしまったのだ。何もかもが普通でない状況の中、まるで運命に吸い寄せられるように彼は一人の少女と出会う。少女の名は『フレアルージュ=リリエンソール』。太陽神のお側役と最高神官を兼ねる『六花』の一人。彼女との出会いが、世界に光を取り戻すための旅の始まりであることを彼はまだ、知らない。

太陽のプロミア Flowering Days
ミルサントを襲った騒動から数ヵ月が過ぎ、季節は夏を迎えていた。しかし、今年の夏はかつてないほどの猛暑。先日の事件から働き通しの六花たちには、疲労の色が見えてきた。そんな折、六花長のリノ=レノが、頑張ってきた六花たちにご褒美の夏休みを提案する。それぞれの六花たちが夏休みの日程を決めた後、最後にコダマも夏休みの日程を決めることに。果たしてコダマは、誰と一緒に眩しい夏休みを過ごすのか?そして、時を同じくしてミルサントに降り注ぐ流星群は、一体何を意味するのか?Flowering Days.真夏の太陽の下、花盛りの日々が――今、始まる。

The Rising Sun
時は1934年、北大西洋上。静かな水面を滑るように走る、一艘の豪華客船。名はフリージア・マリアという。アメリカ−イギリス間を結ぶこの船は、いつもの通りの航海を続けるはずだった。しかし、この時の航海は、どこか雰囲気が違っていた。名の知れたイギリスの貴族の乗船、正体不明の集団達、乗船時刻ギリギリになって現れた日本人三名、謎の荷物…。出航前から、それらの「異変」がこの船に乗り込んできた時点で、その予兆は訪れていたのかもしれない。北大西洋上、いかなる方を向いても水平線だけが取り囲む、陸から切り離された場。そこで起きた一つの盗難事件。この出来事に、二人の男女が関わることとなる。ベイク・ガルフェストとミリア・ストレングス。やがてその盗難事件は、真相が明かされるにつれ、そこに潜む更なる出来事の始まりを、告げようとしていた。果たして犯人は誰なのか、その真相は一体何なのか。船はゆっくり、無法の闇へと、浸食されていく…。

眠り姫の眠らぬ夜に…
1339年中世のオーストリア北部にあるドライキシュ公国。この国の王家の姫、プリメルが18歳の誕生日の夜に就寝してから半年、一度も目を覚まさなくなっていた。眠り姫の詛い(のろい)−−−。折しも、北荻との戦争で父である王と、兄である王子が戦死。唯一の後継となる姫は眠りについたまま。このままでは領地没収は免れない。姫を呪詛の呪縛から解き放つがために、魔洞師シンフ(主人公)が招聘される。解呪マイスター、シンフにもたらされた仕事は、夏至祭のクライマックスまでに、眠り姫をその眠りから解放すること。与えられた時間は僅か一週間。そこで、シンフは、もっとも「効率的な」手段で解呪を行っていく。「最も効率的な手段」とは、肌を合わせ、精を注ぎ込むこと。眠り姫・プリメル、妖艶なパートナー・クルシア、そして姫を名乗るドッペルゲンガー・アセプテクスとの7日間は、誰しもが羨むであろう艶やかな夜のうたげ。はたしてシンフは、姫を呪詛の虜から解き放つことはできるのだろうか。女性たちとの微妙で危うい関係の結末は……!?さくさく遊べて攻略も楽しめる、U・Me SOFTの真骨頂ともいうべきADVを、ご堪能ください!

かぎろひ〜勺景〜
バスが日に数本しか走らないような閑散とした村(吾潟村)そんな村に一月前突然転校してきた美少女、水無月 紫陽花(みなづき あじさい)。小鳥遊 葵(たかなし あおい)は、そんな誰も相手にせず、誰からも相手にされない紫陽花を自然と目で追いかけてしまう。放課後、掃除のため一人で残っていた葵は、空き教室まで紫陽花に呼び出される。『一つ、ゲームをしましょう』紫陽花のその一言から葵の周りで全てが変わりだす。謎めいた美少女・紫陽花、幼馴染の後輩・桐島楓、元気で明るい少女・白屈菜、村の代表を務める美女・根頭薫。それぞれの想いが交錯する中、物語が紡がれてゆく。

獄城の跪姫リーナ〜お前には白濁のドレスがよく似合う〜
幼き頃、最強の騎士国グランラフィーネスに国を奪われたサレオスは復讐のため、悪魔と契約を交わす。名前を悪魔に売り、オリアスと名を変えグランラフィーネスに宮廷魔術師として入り込む。夫である国王を早くに亡くした女王シルヴィア。次期女王として育てられた女騎士リーナ。その妹で争いとは無縁な生活をしてきたサラ。この3人を復讐のため、手に入れようとする。グランラフィーネス女王シルヴィアに取り入り、20数年後――リーナとサラの教育係を任されたオリアスは、次に国王を決める儀プロボシタを目指し暗躍する。儀を経て、全てを手にいれ国ごと犯してやると彼は動き始めるのだった。

Qualiaffordance (クオリアフォーダンス)
主人公「市村一樹(いちむらかずき)」はどこでもいそうな気弱な青年。頼みごとは断れず、他人を疑うことなんて思ってもみないような“空気の読める男”として友人から呼称される。しかし、夏休みのある出来事によって、一樹は他人の気持ちが【色】で視覚的に見えるようになってしまった。見てはいけないと自分の中の何かが警告する。端々の局面で発生する複雑に絡まりあった人間模様。その決着と再出発によりさらに深まってゆく恋愛深度。そして収束しつつも訪れる壁を彼ら彼女らはどう乗り越えてゆくのか。

女子のおしっこいじめ 女子便くんといわれたボクの6年間
初夏のある日、主人公の上履きに使用済みナプキンが詰められていた。慌てる主人公の前に現れる四人組の女の子。さおり、真美、陽子、裕子。クラスの中心で、いじめっ子のグループ。主人公は、彼女たちに難癖を付けられて使用済みナプキンを舐めさせられた。初めて舐める女子のアソコに密着したモノ。以降、それをネタに彼女たちは、主人公をいじめ始める。教室で精液を強制採取されたり、女子トイレでおしっこを舐めさせられたり。しかも『女子便くん』なんてアダ名まで付けられてしまう。女子のクラスメート全員のパンティーを舐めさせられたり、いじめっ子たちにおしっこを浴びせられたり、飲まされたり、おしっこ成分多めないじめが続く……。

グリモ☆ラヴ 〜放課後のウイッチ〜DL版
「ボク、入学したら文芸部に入るんだ」追湊ユウマ(おうみなとゆうま:主人公)の野望は、死亡フラグどおりに入学した翌日、担任の紗良先生の「文芸部?何年か前に潰れたわよ」の一言でついえた。文芸部に入る→先輩と恋に落ちる→売れっ子ラノベ作家になる!!というボクの未来予想図は、早くも根本から書き換えを余儀なくされた。文芸部に代わる部活を探すも他に小説が書けそうな部はなく、結果として帰宅部に落ち着いた。それでも図書室書棚の奥にある一人用の閲覧席に小説執筆のための安住の地を見付けたボクだったが……。突然の生徒会役員の登用。生徒会長も風紀委員長もちょっと問題のある人たちで、いきなり書類山積み。忙しいけどそれなりに楽しい学園生活が始まった。そして大事件に巻き込まれるのだが、詳細は控えるとして……。その結果、実はオカルト研な第二文芸部の一員となったボクは、入部早々、魔導書を手に入れた。柚夏先輩の研究の末、それが契約者をモテモテにする魔法を秘めたモノと判明する。魔導書を使ってみたそうな柚夏先輩。「柚夏先輩がモテモテになるんですか?ボクと言うものがありながら」「お前の為の秘宝と以前に言ったはずだぞ、それにあたしとお前は、何の関係も無い」「ボクがモテモテになるんですか……了解しました」つまり、ボクを実験台にしてみたいだけの柚夏先輩。しかし、魔導書との契約には必要なものがあった。それが、何なのか口ごもる柚夏先輩。それでも問い詰めると逆ギレ気味に叫んだ。ボクは柚夏先輩に精液を出してもらうことを条件に魔導書との契約に同意した。ボクの精液を使って魔導書と契約する。柚夏先輩の主導の元、魔導書の効果を確かめる実験が開始された。のだが……これって、モテモテじゃなくて相手を発情(サキュバス化)させる魔法では?魔導書の影響で、ボクの周囲ではエッチなトラブルが続出!それに加えてオカルトな事件も続発!果たしてボクは、念願のラノベ作家になれるのか、乞うご期待!

雪影−setsuei−
雪深い田舎町に生まれた平山修二は、両親の死によって、都会に住む親戚に引き取られることになっていた。その両親の死んだ日、姉を名乗る女性――、深雪と出会う。姉などいない――、修二はそう確信しながらも、失われた家族の温かみを少しでも取り戻せるならばと、彼女を義姉と思い込むことにした。程なくして修二は都会へと生活の場を移し、実家には深雪が住むことに……。そして、修二は毎年冬なると休みを利用して姉の待つ実家へと帰省し、短いながらも姉弟二人で過ごしていた。それは密やかに繰り返される一冬の夢のよう……。





〜 ペット保険無料資料請求 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット