アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
催淫巨乳団恥妻〜イケないのに…疼いちゃう…
私は、この団地で自治会の会長をしている。多くの人が暮らすマンションの自治会長だから、面倒な課題が山ほどある。(マンションの面倒事を解決しているんですから、少しくらいは役得があるべきだとは思いませんか?)美貌の若妻・斎藤由美を集会所に呼び出すことができたのは、自治会会長という肩書のおかげだ。『おむつの捨て方に苦情が来ているので、赤ちゃんのいる全てのご家庭に事情をうかがっています』という口実で、奥さんを来させたのだ。赤ちゃんを抱きながらやってきた奥さんは、どこか不安そうだった。ゴミの捨て方のことで怒られるとでも思っているのだろう。(ご心配なく。ゴミの出し方で怒ったりはしませんよ。怒張したものを打ち込んだりはするかもしれませんが)私はお茶を出してやった。媚薬入りで。奥さんは、緊張を紛らわそうとしてか、すぐにお茶をすすった。そして「い、いいっ!気持ちいいっ!おかしくなっちゃうくらいに……気持ちいいですっ」ふしだらに乱れているこの女性の名は「斎藤由美」。人妻である。普段から明るくて人当りがよく、この団地内でも円満なご近所付き合いをしていた。ちなみに、生後三か月の子どもがいる。可愛らしい赤ちゃんは、この室内ですやすやと眠っていた。母親がどのような目に遭っているのかも知らずに、あどけない寝顔を見せてくれている。「い、いくっ……いっちゃうぅ……。いっちゃうぅぅ……」私が荒々しく腰を打ちつけるたび、二十四歳の人妻はあられもなくわめいていた。強ばり切った肉杭をえぐり込んでやると、男好きのする女体は喜びにくねっている。こぼれ出た豊乳はゆさゆさと揺れ、その頂にある乳首からは母乳が噴き出ていた。「なかなかよかったですよ、奥さん」思い切り射精した余韻を楽しみつつ、私はにやにやと笑いながら新妻を見下ろしている私のものは、もう一度したいとでも言うように、ひくひくと脈打っていた。

夏色蜜汗〜えっちな少女としたたる匂い〜
「えへへ……ほら見て?わたしのお股、こんなにドロドロになっちゃった……♪」「はぁ、はぁ……あ、ああ、そうだね……」射精の余韻に浸りながら、少女のワレメをぼんやりと眺める。摩擦で真っ赤になった縦スジは、2人分の体液ですっかり汚れていた。「ん……まだでてきてる。も〜、先生ってばだしすぎだよ」「あ、ああ……ごめんね」いや、それにしてもマジですごい量が出たもんだ。オナニーで出したときとは比べものにならない。それこそ、この小さい穴の隅々まで汚してそう……。って、あれ……?「――あ、ああああ!?」夏――休みを使った生まれ故郷への里帰り。ごく当たり前であろうそれは、しかし俺にとっては少しだけ事情が異なってくる。俺には、ここに住んでいた頃の記憶がない。まぁ大した事じゃない。交通事故で記憶を失ったなんていう、掃いて捨てるほどによくある話だ。だから里帰りというよりもちょっとした小旅行気分でやってきたんだけど……。けっこう歩いたのに、今のところ誰ともすれ違ってないぞ。やけに静かというか、人の気配みたいなのを感じないし……。「お、あれは……」学園だ。夏休み中のはずだけど、校門は開いてるみたいだな。「はぁ、助かった……」門が開いてるってことは誰かしら教員がいるはずだし、どこか泊まれる場所を聞いて……って待てよ。普通に考えて関係者以外立ち入り禁止だよな。「い、いやいや、そうも言ってられないって」こっちにも事情があるんだし大丈夫……か?「お、お邪魔しま〜す……えぇっと、職員室ってどこに――」「んぅ……ん……くぅ……すぅ……」――その光景を見た瞬間、思考が固まった。木にもたれかかり、可愛らしく寝息を漏らす少女。西日に照らされた面立ちにはどこかあどけなさが残っており、健康的な肌色によく似合っている。そのくせ汗の滲んだその身体のラインは僅かな女らしさも含んでおり、独特の色気を醸しだしていて……。立派な女性へと変わっていく長い階段――その一段目にそっと足をかけたような、そんな少女がそこにいた。

すうぃ〜と☆SwitcH〜まじわるシセンでとろけるカラダ〜
入学からはや一ヶ月。今や、俺に声をかけようとする人はいない。学園イチの素行不良生徒――そんな烙印が俺に押されてしまってるからだ。べつに、なにも悪いことなんてしてないぞ。「結局、人は“見た目”なんだよな……」ただ、人よりちょっと目つきが悪いだけなのに、この扱い。いっそ期待通りにグレてやればそっち方面の友達とかできるかもしれないけれど、それはそれで内申とか気になるし。きっと、これから卒業までぼっち飯が続くんだろうな――。なんて、そんな憂慮は『童貞卒業』と同時に吹っ飛んでしまった。「ぜ、全部あなたのせいなんだから。責任とってなんとかして!」ひょんなことから知ってしまった、紗良・ラファージュの“秘密”。それは、視線を向けられることで興奮する性癖持ちだということ。とくに、強烈な視線を前にするとぞくぞくしちゃい興奮どころか発情までしてしまうことだった。「いや、なんとかって言われても」「決まってるじゃない、特訓よ!あなたの視線に慣れてしまえば、もう怖いものなんてないわ!」「そのたびに……しちゃったらどうすんだよ……」「そ、それは……そのときに考えましょう!」いやいや、ほんとどうすんだよ……。

妻色少女 〜ふうふせいかつ、始めます〜
『国政お見合い』が当たり前になり、人々に受け入れられるようになって、しばらく。「優秀なやつはいいよな……。待っているだけで結婚相手が見つかるんだから……」フツメン達にとっては、そんな感覚が当たり前になっていました。そして、それは“孝太”も同じ。相手がほしければ自分の足で探すしかありません。そう、思っていたのですが……。ある日“孝太”に届いた国政お見合いの通知。なぜ自分が選ばれたのか、理由も分からないままに“十六夜葉月”と出会いました。こうして2人は夫婦になり新婚生活が始まります。つい先日まで顔も知らない他人だった“孝太”と“葉月”は、はたしてどのような生活を送るのでしょうか?これは、そんなお話です。

お兄ちゃん、教えて…… 〜義妹とヒミツの保健実習〜
思い出されるのは昨日のことだ。「お兄ちゃんの身体を教材にして、保健体育を教えてっ!」名門の看護学園に通っている妹の“百合”。順調に看護師への道を歩んでいるものとばかり思っていたが、どうやら『男性の身体のこととかをやると、頭が真っ白になっちゃう』らしい。でも、俺の身体を教材にして実習するっていうのは……どうなんだ?兄妹でそんなことをやっていいのか?いくら血がつながっていないからといって……。考えがまとまらないうちに妹が帰ってきた。妹は、昨夜の約束など忘れてしまっているかのようだ。ひそかに俺は胸を撫で下ろしていた。やはり保健体育など教えられそうにない。安堵していた矢先……。「あ、あの……お兄ちゃん。今夜……保健体育の授業、してね……」俺は、その言葉に流されるようにうなずいてしまった。今夜、どうなってしまうのだろう。それを考えると、胸の鼓動が早くなるのだった…。

りとる☆ついんず〜すぐにトリコにしてあげる♪〜
わたしたち、パパのおよめさんになる!そんな言葉をもらったあの日から、もう何年経っただろう。大人しくて恥ずかしがり屋な、夕奈ちゃん。元気で明るくいつもニコニコな、陽奈ちゃん。子供の頃のちょっとしたやり取りから、俺をパパと呼び慕ってくれるようになった、双子の女の子だ。ある夏の日、そんな2人をしばらく預かることになった。双子の母親…俺にとっては従姉…が、海外出張へ赴くことになったからだ。仕事の忙しさにかまけて、顔を合わせるのは2年ぶり。すっかり可愛くなった2人は、気安さからかとても無防備で、毎日いろいろとドギマギさせられっぱなしだった。だけど。そんな楽しいけどちょっと悶々とした毎日は、ある日を堺に一変してしまう。従姉から届いた荷物のせいで、3人揃って、エッチな気分になる『呪い』にかかってしまったのだ……!「ふふっ……パパ、白いおしっこいっぱい出たね……?」「パパ、そんなにヒナたちがキモチよかったんだ〜♪」『呪い』に抗ってはどんな悪影響がでるかわからない……。そんな大義名分のもと、ついに2人に手を出してしまう。でも。冷静に考えて、『エッチになる呪い』なんて便利なものが、本当にこの世に存在するんだろうか……?

お姉ちゃんとショータくんと。
また、お姉ちゃんと仲良くしたいな……。昔は仲良し姉弟だった、梓お姉ちゃんと笙太くん。しかし今となっては、とても冷たい関係になっていました。そんなある日、親の急な出張が決まります。だけど2人きりはさすがに不安。そこで、梓お姉ちゃんのお友達がしばらく家に泊まってくれることになりました。しかし、そのお友達はすっごくエッチで……!?美人なお姉さんに翻弄されっぱなしの笙太くん。こんなことで、大好きな梓お姉ちゃんと仲良しに戻れるのでしょうか……?

JuiCy妹☆変態パコりっくす
「わたし、小悪魔ガールになりたいっ!」深夜、わざわざ俺の部屋にきて頭の悪い宣言をする妹…緒花。緒花が持ってきた頭の悪そうな雑誌には、これまた頭の悪い記事が載っていた。『イマドキのモテカワ女子は小悪魔ガール☆』『エッチなコトをいっぱいベンキョーして、まだ見ぬ王子サマをトリコにする準備をしよー☆』どうやら正しい性知識を学ぶ目的らしいそのコーナー。しかし単純バカな緒花は煽り文句だけを鵜呑みにしているようだ。これは、面白いことになるんじゃないか……?「ぐふふっ、仕方ないな……だったら俺がエッチなことの特訓相手になってやろうじゃないか」「マジでっ?いいのっ?」「……えっ?お、おう」「するするっ、お兄ちゃんとエッチのトックンするっ☆」予想外にもノリノリな緒花にちょっとばかり気圧されながらも、気を取り直してニヤリとほくそ笑む。同意の上なんだ、好きなだけ楽しませてもらおうじゃないか……!

おっぱいカフェ〜母娘でコスちち〜
「店の経営、良くないな。良くないというよりまずいだろ、これは」母さんが店主を務め、俺と紗良が学園に通いながら手伝って経営している喫茶店の帳簿をめくりながら、ため息をつく父さん。客が減っている原因は、最近、近くにメイド喫茶ができて、そっちに客をとられてるからだ。「つまり、うちの店も対抗してコスプレすればいいってことだ」こともなげに言い放つ父さんの手には、コスプレらしき衣装……実にきわどい衣装の数々がつかみ上げられていて、家族一同の前にバンバンと広げられていく。「そうねぇ、経営努力のためにはそういう格好するのも仕方ない……わよねぇ……」母さんは、おっとり天然系で、ある意味物事に動じないタイプだ。かなり強引で突拍子のないところがある父さんと結婚しているわけだから、こんなトンデモ提案でもそれなりに受け入れることができるのか。「あ……だ、ダメ、嫌……無理、ぜ、絶対無理……!!」顔を真っ赤にしてぶんぶんと首を振り、紗良は部屋を飛び出していった。そりゃ、なあ……これ着て店に出ろだなんて、あいつにとっちゃ罰ゲームどころか拷問だ。「というわけだ、和希。母さんと紗良、二人をよろしく頼んだぞ」その後、紗良に続いて父さんも部屋を出ていったから、この日はこれでお開きとなった。そして翌日から、紗良は以前と同じままながら、母さんは父さん推薦の新衣装に着替えて、店に出ることとなったのである。

ツンえむ!〜ぎゅっと縛って指導して〜
「これは何かって聞いてるんだよ、あたしは……!!」俺の部屋のベッドの上に、まるで見せしめ、公開処刑のごとくに乱雑に並べられているのは、エロ本やAV……しかもSMプレイ愛好家のためのブツ。縛られてたり鞭で叩かれていたり、口輪をはめられていたりの大騒ぎというか…。「なんでSMなんだよ!?」目の前で怒っているのは、紗紀……俺の教え子であり、彼女。いよいよぶん殴られるか……と震えていると、紗紀は、なぜか俺の鼻先にタオルを差し出してきた。拳の代わりに、タオル……これからどんな痛い目に遭わされるのか、とドキドキしている俺をギロリとにらみつけた後で、紗紀はベッドの上へと倒れ込んだ。「さっさと、やれよ……そのタオルで、縛れって……!!」……は?えっと……何?何??紗紀は突然妙な姿勢をとり真っ赤になりつつ、命令してきた。「こういうの、やりたかったんだろ!?あたしのこと、し、縛って、エッチしろよ……!!」

かぐや姫はバブみたっぷりのロリBBAでした。
ある日、1匹のウサギがとうとつに姿をあらわす。ちょっとした好奇心から、ウサギの後を追いかけてみると……。気付けば森のなか。そこには、光っている1本の竹。あたりは目映い輝きに包まれ、1匹のウサギが、美少女に。そしてまた、1本の竹も美少女へと姿を変えたのだった…。「はぁ…」ため息をつきながら、2人のことを見つめる。あの森に置いてくればよかったものの、こうして家までつれて来てしまった。どうやらこの2人は、婿探しのために地球へ来て、そんなところに、ちょうどよく俺がいたようで…。「異論は、ありませんよね?こんなにもお美しいお姫様と結婚できるんですから、ねっ?」「よーし、決まりじゃっ!お主のこと、一生かけて愛してやるからのうっ!」あれよあれよという間に、話が進んでいってしまう。もうどうしていいか分からなくなっていると、いきなりベッドに押し倒され…。「では、さっそく始めましょう。あなたが婿として相応しいのか否か、調べてみますからね」

蒼海の皇女たち
地下資源や二大陸を挟む内海を巡る全面戦争に突入したノーデンフェルト国は、女性すら貴重な戦力として、窮屈で過酷な潜水艦乗りに割り充てる作戦を実行に移した。大幅な改装を経た新鋭艦ウルディアーナは、すべて女性である華やかさもあり、国内外の注目を浴びることになる。しかし、実際のところ損耗率の高い潜水艦隊に貴重な兵士を割り当てることを望まず、凄惨な陸上戦で捕虜となり乱暴されることによる士気の低下もない配慮を元に集められていた。その艦に新米艦長のアアルが任務に就くことになってしまう。軍司令部から一人の監視役の親衛隊が乗り込んでいると噂されつつ、アアルは可憐な兵士達を率い、長い航海での通商破壊戦へ赴くこととなった。

学園征服計画
秀才と謳われた主人公『神谷涼介』は、学生時代に味わった屈辱的な体験によって歪んでしまった。復讐を心に刻んだ涼介は、学園の支配を目論み、再び教育実習生としてかつての母校へと舞い戻る。そして涼介は、真面目な教育実習生としての日常を送りつつ、野望の足掛りとして、理事長の娘『綾乃』へと近づく。狙われた綾乃は、涼介に抵抗を試みるのだが、卑劣な手段を使った罠にはめられ、やがて追い詰められてしまう。そうして弱みを握られた綾乃は、涼介の手によって身も心も陥落してしまい、従順な僕と化して行くのであった……

必殺痴漢人
いつもの朝、いつもの通勤電車、いつものラッシュアワー。エリートサラリーマン・島岡孝一の順風満帆な人生の落とし穴は、そんないつもの風景に潜んでいた…。「この人痴漢です!」突然上がる女の悲鳴、掴まれた手。身に覚えの無い冤罪だった。「違う、俺はやっていない……何故みんなそんな目で見るんだ!」悲痛な叫びを聞き届ける者は無く、やがて彼は職も家庭も、全てを失った――。

義母散華〜ははさんげ〜
美しい義母に恋心を抱く主人公が知った真実。それは、病死した実母の目を盗み、義母が父親と不倫をしていたということだった。義母を凌辱し寝取ることで復讐を遂げようとする主人公だが、凌辱すればするほど恋慕の思いは強くなっていき…。恋心を振り切って義妹すら巻き込んだ復讐に生きるか、それとも別の道を選ぶかはあなた次第!

処女狩り〜オトメガリ
世界にはヴァンパイアが存在している。圧倒的カリスマを誇ったヴァンパイアロード・千木良美羽がヴァンパイアハンターの手により封印され、王位が空席になっていたからである。主人公・千木良悠斗は、女王・美羽の唯一の息子でありながら、同時にニンゲンの血を引くハーフ。ロードの座を継ぐ者だが、美羽の右腕であった伊集院勝治がハーフであることを理由に悠斗の戴冠を妨害し、自らがコミュニティを牛耳ってしまう。ヴァンパイアが己の力を示す手段はただひとつ。自らの気に入ったニンゲンの女を “血と肉の儀式”を経て“花嫁”とし、眷属に引き入れ“苑”を作ること。悠斗は由緒正しい聖C学園で、表向きは爽やかな若き教師を演じながら、学園の少女たちを“花嫁”として狩る日々を送っていく。だが、そこにヴァンパイアハンターの中でも最も旧く強力な家系である伴一族の影が差す。伴一族こそ、かつて女王・美羽を封印した張本人であり、千木良家の宿敵である。そしてハンター騒ぎに乗じて悠斗を排除すべく、伊集院も子飼いのヴァンパイア・緋口凪紗を送り込み、学園を舞台にした戦いは三つ巴の様相を呈していく――

人妻交姦日記
主人公・我原浩一は結婚して5年になる妻・香菜子と一人娘・菜生と三人で仲睦まじく暮らしている。そんな生活を送っている浩一ではあるが、その平凡な毎日にどこか物足りなさを感じていた。そんな折、浩一は家族ぐるみで付き合いのある近所の住人、岡野公彦から、ある相談を持ちかけられる。「浩一君、浮気してみませんか?」公彦が浩一に持ちかけたのは、浩一の妻・香菜子と公彦の妻・幸恵の交換だった。「香菜子さんははたして私に誘われて浮気するんでしょうか?私の妻の幸恵は浩一君に誘われて浮気してしまうんでしょうか?そんな様子を想像するだけでゾクゾクしませんか?」これから浮気する事がバレているとも知らずに、笑顔で嘘の用事に出かける妻の姿。そもそもそんな馬鹿げた申し出、酒の席の冗談に決まっている。「──はは。岡野さんは格好良いから問題無いとして、幸恵さんが僕に誘われて浮気しますかね?」ただの冗談だ。冗談に決まっている。そう自分に言い聞かせながら口にした浩一の言葉に、公彦は歪んだ笑みを浮かべていた。

虐襲3
ここではない世界のとある大陸。93年の栄華を誇ったギラン帝国は、その悪政が祟り『帝国打倒』『反ギラン帝国』を掲げるモクゾース反乱軍に、今まさに滅ぼされようとしていた。ギラン帝国最後の皇帝である『サラド・オ・クルセード』は軍を率いて幾度もモクゾース反乱軍とまみえるも、モクゾースの赤い獅子と呼ばれる若き女騎士『アイラス・ランドクルス』と、碧い豹と呼ばれる女戦士『ミミィ・フェイミン』、二人が率いる軍団の実力は圧倒的であり、敗戦に次ぐ敗戦を重ねた末に南海の孤島『ジョビル島』へと逃げ伸びるのだった。そして今や兵は絶え、将を失い、己の命の灯さえも消そうとしているサラドは、今まさに自分の命を奪おうとしているアイラス・ランドクルスに対してどすぐろい情欲の念をたぎらせる……今まさにアイラスの手によって首を刎ねられようとしていたサラドの前に、あどけない顔をした少女が現れる。ギャリコと名乗った少女は、ある条件と引き換えにサラドに『触手』と『蟲』を操る力を与え、そしてアイラスを我が物とする手助けをすると言う。サラドの答えは一つだった。「……ふんっ。オレに選択の余地はない。アイラスが手に入るなら……どんな条件も飲んでみせよう!」

特警戦隊サイレンジャー
宇宙歴3000X年。銀河系のはずれにある辺境の地「地球」を占領した悪の組織『デマゴーグ』。そのデマゴーグが開発した淫闘獣により、銀河系の治安は悪化し始めた。そんな悪行を見逃せない銀河連邦警務局は、対凶悪犯特殊装備警察チーム『サイレンジャー』を地球へ派遣する。その3人の名は、真っ赤な正義の炎を燃やす『サイレン・レッド』黒き野望を打ち砕く『サイレン・ブラック』平和を愛する白き閃光『サイレン・ホワイト』果たして、デマゴーグの魔の手から地球を取り戻すことが出来るのだろうか!?

主治医の淫謀
夫の圭一郎さんが体調を崩してしまった。主治医の野山先生に診てもらったのだけれど、ストレスからくる疲労だと言われ、しばらく安静が必要だという。圭一郎さんの療養が長引いてくると、恥ずかしい話、『夜の営み』のことで悩むことになってしまった…。体調不良の夫に頼む訳にもいかず、ひとりで慰めようにも、夫と娘が家にいる状況でそんな機会が頻繁にあるわけでもない。私はひとり悶々とした日々を送っていた。そのせいなのか最近では野山先生が往診に来ると、なぜか胸がドキドキと高鳴ってしまう。そうした後は必ずと言っていいほど夜まで体が火照り、余計に体を昂ぶらせる結果となってしまうのだった。これは私が欲求不満で、ただ単に男の人に昂奮してしまっているだけ?それとも何かの病気の兆候なのかしら?そうでなければ、私はもしかして先生のことが…。“ピンポーン”あ…、先生が来たみたい。

愛娘という名の玩具
西暦200X年、現代日本。明治開国以来の歴史の面影と異国情緒が漂う港町『想土(そうど)市』。この街で旧くから舶来品を扱う『五藤商会』は名士の一族で、主人公『五藤公孝』はその五代目である。まるで時が止まったかのごとく、町を見下ろす山の頂にひっそりと鎮座している五藤屋敷。物語は、公孝が二人目の妻『紅子』と、養女『イヴ』を屋敷に迎える所から始まる。亡くなった主人公の前妻に遠慮を感じながらも新しい生活への期待と不安に胸膨らませる紅子。実父の自殺という不運に見舞われ、五藤家に引き取られたハーフの少女・イヴ。――彼女たちは知らない。前妻・小百合を狂気に追い込んだ夫の陰惨な“性癖”を。イヴの実父・クォート氏の死が、養父によって仕組まれたことを。名家・五藤家の面々が、何食わぬ顔の下におぞましい欲望を隠し持つ、“獣達”である事を――。催眠、詐欺……底の無い悪意と欲望から、彼女たちは逃れられない。

絶望師 ダウンロード版
『絶望師』其れハ、一子相伝の闇ノ生業ナリ。時ニ、異形なるものヲ絡まセ、時ニ、尻を女陰に、乳を肉壺に、さらには、女核を肉魔羅に。或る日ハ、幻覚ノ中で、或る日ハ、この世とその世ノ狭間で…。ありとあらゆる術で女ヲ絶望させ、其の馳走として、国ヲ揺るがす『精胆』ヲ紡いできた。主人公「鬼灯連嗣」は、その運命から逃れる為、幼い頃に永遠を誓った「愛沢あをい」に望みを託した。だが、それは彼にとっての絶望の始まりだった。失恋と裏切りという慟哭を味わった連嗣は、愛するあをいの心を手に入れる為、『絶望師』となることを決意する。ただ絶望の先にある希望を信じて…。快楽と絶望によって心と身体を奪い取れ―!

贄姫 ―戦国姦落絵巻―
時は群雄相争う戦国時代、所は都をはるか西に望む蔵門(くらと)地方。そこでは新興の大名・多々良昌逸(たたらまさいつ)が急速に勢力を拡大していた。室町初期から続く名門・霧生(きりゅう)家は多々良より臣従を迫られると一戦も交えることなくこれを受諾し、当主・霧生永治(きりゅうながはる)の娘・さくや姫を側室として差し出すことになる。事実上の人質として多々良の本拠地・蔵門城に嫁いださくやは、そこで“尋常ならざるまぐわい”を好む多々良の閨の相手を務めされられる事になる。清楚な肉体と精神を蹂躙され、己の中に眠っていた“淫の本性”を揺さぶられながらも、父や城の皆を想い、耐え忍ぶ日々を送るさくや。数ヵ月後、蔵門城に間者からひとつの報せが届く。「霧生永治に謀反の動きあり」と。だが、多々良に動揺はなかった。霧生側の降伏が戦力を整えるまでの時間稼ぎの方便である事を、はなから見抜いていたからである。「姫を呼べ。問い質してやろう」加虐の悦楽に歪んだ笑みを浮かべながら、多々良昌逸は配下にそう命じた…。

必殺痴漢人II ダウンロード版
201X年、東京最大の歓楽街K町。三度の飯より痴漢が好きという主人公・深水大悟は、K町の片隅にある小さなバー『COLORS』を拠点に、『痴漢屋』を営んでいた。『痴漢屋』とは、女性に恨みを持つ者の依頼を受け、痴漢を通じて報復をし、報酬を受け取る仕事である。――女詐欺師にハメられた。助けてくれ。――自分の生活を壊した女に報復して欲しい。――生意気な女に思い知らせたい。様様な悩み・恨み・憎しみを抱え『COLORS』を訪れる男達。『必殺痴漢人』深水の趣味と実益を兼ねた『仕置き』が今日も始まる――

虐襲4 ダウンロード版
ここではない世界のとある大陸……100年近くにも及ぶ権勢を誇った『ギラン帝国』が滅亡し、時代は群雄割拠へと突入した。数々の強国の中で、『ゴルガ王』率いる北の大国グレイブロはもっとも覇に近い存在であった。その王子である『グレン・グレイブロ』は次代の王として相応しい活躍をし、父の覇業を支えていた。だが、大陸公路の要所であるガリュス国へ侵攻した事が破滅の始まりであった……ガリュス全軍を率いる騎士団長『フレイ・クルール・プリンシペア』。彼女の手により父王は討ち取られ、四肢を吹き飛ばされながらも辛うじて一命を取り留めたグレンはガリュスに捕らえられてしまう。囚われの身となったグレンは、重罪人として≪去勢の刑≫を申し渡され、民衆の前で男性器を削がれる。ガリュスは女性上位の国であり、他国の男……しかも敵国の男など虫けらも同然だった。それだけでは終わらず、身動きの取れないグレンに対し行われる、女達からの死よりも耐え難い屈辱の数々――地獄のような日々であったが、フレイと再戦し、討ち倒すという想いだけを心の支えに耐え抜いていた。女達の性玩具にされ、弄ばれる度に強くなっていく、羨望にも近いフレイへの想い。しかし、そのフレイ自身から永遠の別れと共に最下層の牢への移送が告げられる。………そこは光の届かぬ地獄のような場所だった。生きているものは地を這うおぞましき蟲達だけ……闇の中で彼女を討ち倒すという希望は妄想となり、妄想は欲望を色濃いものとする。いつしか、フレイへの想いは完全に狂い捻じ曲っていた。「どんな手を使っても討ち倒す……フレイ……フレイよ!俺はお前を必ず手に入れてみせよう!!」妄想だけが身体を満たし、自分の生死も理解できなくなった時、亡き父王から譲り受けた指輪が暗闇の中で輝き始めた。「……蟲に好かれし男。お前にささいな力を与えてやろう」黒く歪んだ想いに引き寄せられるように闇の中から現れた男が身体をひと撫ですると、グレンの身に≪触手≫と≪蟲≫を操る力が宿る。顔を上げると男はすでに消え、代わりに左手の指輪――『羅針器』が語り始める。『……思うがままに進め。今はお前がお前を導く』その言葉に軽く頷き、グレンは一人の女の名を心に噛みしめ、≪自分の足≫で牢の外へと歩み始めた。ガリュスの女達に復讐する為、いや、フレイと再び相見える為に……

虐襲4 EXTRA SCENARIO
見事に虐襲を果たし、ガリュスの女達を手に入れたグレンのその後は…グレンを倒し、勝ち残った女は何を望むのか…過去の選択肢を違えていたら、一体どんな物語になっただろうか…虐襲4 EXTRA SCENARIOでは、虐襲4にまつわる2つの物語「アフターストーリー」「アナザーストーリー」を楽しむことが出来ます。

Please, Maid Me!
夏休みに入ったばかりのある日―――。主人公みのりは「住み込みのメイドにならないか?」と幼なじみの純哉から誘われる。純哉に淡い想いを抱いていたみのりは、流されるがままに頷いてしまう。夏休みの間中、純哉君と一つ屋根の下で住めるなんて……と、みのりの胸は期待でいっぱい。が、純哉から渡されたヘッドドレスを身につけた途端……みのりの体に異変が!そのヘッドドレスは、純哉が開発した『メイドギア』という人体コントロール・システムだったのだ!メイドギアと純哉の気まぐれに振り回され、みのりの夏休みはドタバタまったり波瀾万丈の日々と化す!

下半身の壁 ダウンロード版
都心に向かうK線は痴漢が多いことで有名な私鉄だ。ある日、その線を縄張りとする痴漢たちがひょんなことから集められる。盗撮ビデオの専門家・蓮見が三人の痴漢達に盗撮ビデオの作成協力を持ちかけたのだ。痴漢行為で憂さを晴らすフリーライター・鮫島。産婦人科の院長という地位にいながら痴漢歴四十年のベテラン・鵜飼。痴漢の冤罪で全てを失い、自らも痴漢に走る営業マン・緒方。三人の痴漢達は、盗撮の協力と自身の欲望の為に美畜達を毒牙へとかけていく。更には、痴漢行為を経て得た仲間と共に、集団痴漢で追い詰めていく。痴漢グループは今日も獲物を求めて“狩り場”へと向かう…。

兄貴の妻は俺の肉妻
大学受験に失敗した主人公・凌汰(りょうた)は、浪人生として予備校に通うため、兄夫婦の家に居候することになる。だが優秀で容姿も端正な兄・秀哉(しゅうや)は、主人公にとってコンプレックスの対象でもあった。勉強もやる気が起きず、予備校にすら行かなくなった主人公は、家に引きこもりがちになってしまう。それを当然のように注意し説教してくる兄。凌汰の苛立ちは募るばかりだった。兄嫁・萌夏(ほのか)の「勉強を教えてあげようか」という提案も、嫌いな兄の妻に教えられることに抵抗感を覚え、断ってしまう。さらには、女性慣れしていない凌汰は、萌夏にちょっと触れられるだけでも股間が疼いてしまう。それが美人な兄嫁となれば、尚更だった。そうした自分も今の生活も何もかもが嫌になり、さらにダラダラと生活するようになっていく……。そんなある日、兄嫁の自分に対する振る舞いが変化していく。

沈黙の女学園
主人公「神守(かみもり)暁生(あきお)」が務める女学園で突如、学園ジャックが起こる。だがそれは、同僚の女教師「新浪(にいなみ)美園(みその)」が画策したものだった。新浪美園は、学生達や学園長を拘束すると暁生に、一人ずつ辱めるよう命令をしていく。躊躇う暁生だったが「脅されている」という事を免罪符に一人、また一人と辱めていき、徐々に獰猛なオスの本性を露わにする。そして、教師のしがらみを断ち切り、自らの意思で女性たちを襲い始めるのだった。※聖嶺学園(せいりょうがくえん)とは、私立聖嶺学園は、『若人山』とよばれる標高200mの山頂につくられ、学生は麓のバス停から800m程のやや急勾配を上って登校する、陸の孤島的な場所の学園である。





〜 オンラインショッピング検索エンジン 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット