アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
令嬢トレーダーPAST〜A Green Mail
令嬢トレーダー本編より時を遡ること3年。兜町界隈で若き成功者として藤代条がマスコミを賑わせていたのとは対称的に、かつて同じように時代の寵児であった姫尾インヴェストメントは今や倒産の二文字が見えてくる有様であった。「金が無ければ、残るは人しかない……」社長の姫尾は、己の娘に瓜二つの容姿を持つ女性・ミカを探し出し、ワンルームマンションの一室に連れ込んだ。「ミカ、だったね。私と、ちょっとした契約をしないか?」「契約?」「何、企業のお偉いさんにちょっとした『接待』をしてもらうだけだ」「ちょっと、何を……する気なの!?」「恨むなら、舞奈と同じ顔を持ったことを恨んでくれ!」「何……それ……いやっ、いやああっ!!」その身体を持ってして姫尾を救うべく、身体を使った『接待』の方法を教え込まれていくミカ。果たして姫尾は『取引』に成功するのだろうか?

コスってギンギン 第一巻 ウェイトレス編
俺は宮下狗朗(みやしたくろう)、まだデビューして数年のフリーカメラマンだ。とはいえ、実際の所はエロ本の撮影の仕事ばかり…それもギャラも安くて話にならない。そんなある日、世話になっている雑誌社が「ハメ撮り」をメインにした新雑誌を立ち上げるという。そこで俺にお声が掛かり、その雑誌のメインカメラマンをやって欲しいというのだ。もちろんそんな仕事でも、雑誌のメインを張れるなら是非もない。喜んで引き受けたのだが…

コスってギンギン 第二巻 女教師編
催眠術を使い喫茶店「ぷる〜ん」のウェイトレス“優美”とアブノーマルなセックスを楽しんだ主人公“宮下狗朗”。今度のターゲットは、狗朗が世の中でもっとも苦手としている従姉の“瞳”だ。学校の教師をしているだけあって狗朗に対しても厳しく、頭ごなしの説教をするなど滅茶苦茶に怖い存在。だが、ぴっちりとしたスーツに熟れた身体はもうたまらない!長年、説教してくれた瞳に仕返しも兼ねて教師姿でハメ撮りを……狗朗はそう決心するのだった。

コスってギンギン 第三巻 ナース編
俺は宮下狗朗(みやしたくろう)、まだデビューして数年のフリーカメラマンだ。とはいえ、実際の所はエロ本の撮影の仕事ばかり……それもギャラも安くて話にならない。そんなある日、喫茶店「ぷるーん」のウエイトレス「早坂優美」よりもらった催眠術グッズのペンダントを試したところ、それを見た相手が俺の思うままにヤレてしまう優れもののアイテムだった。そのベンダントを使い、ウエイトレスの優美、女教師の相澤瞳をハメ撮りしまくってしまう。そのペンダントの威力に有頂天となり、周囲の何も目に入っていない状態の中、トラックに惹かれて足を骨折、そのまま病院へ運びこまれることになってしまった。そこで天使の様な看護婦「大原桃子」と出会うことに。

コスってギンギン 第四巻 巫女編
俺は宮下狗郎、まだデビューして数年のフリーカメラマンだ。とはいえ、実際の所はエロ本の撮影の仕事ばかり・・・・それもギャラも安くて話しにならない。そんなある日、喫茶店「ぶるーん」のウェイトレス「早坂優美」よりもらった催眠術グッツのペンダントを試したところ、それを見た相手が俺の思うままにヤレてしまう優れたもののアイテムだった。そのペンダントを使い、ウェイトレスの早坂優美、女教師の相澤瞳、看護婦の大原桃子をハメ撮りしまくってしまう。退院後、従姉の瞳から連絡があり、姫咲神社のパンフレット用の撮影依頼を受け、撮影現場の神社へ向かうことに。神社に到着し、目の前に現れた巫女「姫咲葵」に悶々と煩悩モードの主人公が鬼神の様な葵手痛い一撃を食らうのであった・・・。

コスってギンギン 最終巻 4人とハーレム編
俺は宮下狗朗(みやしたくろう)、まだデビューして数年のフリーカメラマンだ。「フリーカメラマン」なんていえば聞こえはいいが、入ってくる仕事はエロ本の撮影ばかり……それも、ギャラが安くて話になりゃしない。そんなある日、喫茶店「ぷるーん」のウエイトレス『早坂優美』にもらったペンダント。これが何と、使った相手を思うままにヤレてしまうという優れモノだった。おかげでウエイトレスの優美、女教師の瞳、看護婦の桃子、巫女の葵をハメ撮りしまくった俺。どうも催眠術が効き過ぎたのか、しまいには全員からモテモテに!結局、俺は4人と同時に付き合う事になるのだが、それはバッティングというハイリスクをはらんでいた!!さて……俺の運命はどうなっちゃうの!?

露出の女神さま 石田観月編
大学生である主人公は、つい最近彼女にフラれたばかり。というのも、窓を開けたままエッチしたり、エッチの最中に写真を撮ろうとして彼女に怒られるなど、その性癖がかなりマニアックだから。懲りずに野外セックスを提案したところ、とうとう彼女に愛想をつかされてしまいましたとさ。それでも、「まったく…恥ずかしいからいいんじゃないか…」と、振られたことなど気にしない主人公なのでした。そんなある日、彼は行き倒れの女性を発見。慌てて介護をしようとするのですが…彼女の身体はするりと抜けてしまって、触れることすらできません。そう、なんと彼女は「女神様」だったのです!!あらためてその姿を見てみれば、妙にヒラヒラした衣装の下に胸も股間もシースルー。しかもその股間にバイブがはさまっているではありませんか!!聞けば彼女、「じつは露出癖があるんだけど、さすがに実行するのは恥ずかしい…そんな女の子に勇気と行動力を与えちゃう♪」という素晴らしい「露出女神様」とのこと。でも最近は露出趣味の女の子が減ってしまったために、エネルギーとなる「露出快感」(露出エッチによって生まれる)も減少。お腹ペコペコでこの街までやってきたものの、ついに力尽きてしまったのでした。とりあえず自分の姿が見えることもあり、女神様は主人公にくっついていくことにするのでした。

露出の女神さま 胡桃沢久美子編
大学生である主人公は、つい最近彼女にフラれたばかり。そんな彼がある日見かけた行き倒れの女性…それは「じつは露出癖があるんだけど、さすがに実行するのは恥ずかしい…そんな女の子に勇気と行動力を与えちゃう♪」という素晴らしい「露出女神様」だったのです!!最近は露出趣味の女の子が減ってしまったために、エネルギーとなる「露出快感」(露出エッチによって生まれる)も減少。お腹ペコペコでこの街までやってきたものの、ついに力尽きてしまったのでした。とりあえず主人公にくっついていった露出女神様ですが、たまたま出会った「観月」に「露出センサー」がビンビン反応!!さっそくその晩、主人公は夜の公園で全裸オナニーしている観月の痴態を発見。涙目でカミングアウトする彼女に、同じ趣味を持つ主人公は大喜び。こうして彼は、観月と「カメラマン兼ギャラリー&ご主人様」という関係となり、彼女に露出調教をほどこすのでした。そうこうしているうち、カフェのウエイトレスである「久美子」も露出癖があることがわかって…。

露出の女神さま 大塚彩香編
大学生である主人公は、つい最近彼女にフラれたばかり。そんな彼がある日見かけた行き倒れの女性…それは「じつは露出癖があるんだけど、さすがに実行するのは恥ずかしい…そんな女の子に勇気と行動力を与えちゃう♪」という素晴らしい「露出女神様」だったのです!!最近は露出趣味の女の子が減ってしまったために、エネルギーとなる「露出快感」(露出エッチによって生まれる)も減少。お腹ペコペコでこの街までやってきた女神さまは、強力な潜在的露出趣味の持ち主だった「石田観月」にシンクロして取りつくと、主人公の手で彼女を露出調教に目覚めさせるのでした。さらに、観月のバイト先の店長である「胡桃沢久美子」にも露出癖があることが分かると、久美子と観月の2人に露出調教をほどこすことに。そこに現れたのが、欲求不満の人妻大学教授の「大塚彩香」。今度は彩香に女神さまの「露出センサー」がビンビン反応。シンクロして取りついてしまうのでした。

露出の女神さま 星野絵美編
大学生である主人公は、つい最近彼女にフラれたばかり。そんな彼がある日見かけた行き倒れの女性…それは「じつは露出癖があるんだけど、さすがに実行するのは恥ずかしい…そんな女の子に勇気と行動力を与えちゃう♪」という素晴らしい「露出女神様」だったのです!!最近は露出趣味の女の子が減ってしまったために、エネルギーとなる「露出快感」(露出エッチによって生まれる)も減少。お腹ペコペコでこの街までやってきた女神さまは、強力な潜在的露出趣味の持ち主だった「石田観月」にシンクロして取りつくと、主人公の手で彼女を露出調教に目覚めさせるのでした。さらに観月のバイト先の店長である「胡桃沢久美子」、欲求不満の人妻大学教授の「大塚彩香」にも取りついて露出調教をしていたところ、今度はツンデレの大学生モデル「星野絵美」に「露出センサー」がビンビン反応。女神さまは、露出の素養があることが判明した彩香にシンクロして取りついてしまうのでした。

露出の女神さま 露出女神さまとハーレム編
大学生である主人公は、つい最近彼女にフラれたばかり。そんな彼がある日見かけた行き倒れの女性…それは「じつは露出癖があるんだけど、さすがに実行するのは恥ずかしい…そんな女の子に勇気と行動力を与えちゃう♪」という素晴らしい「露出女神様」だったのです!!最近は露出趣味の女の子が減ってしまったために、エネルギーとなる「露出快感」(露出エッチによって生まれる)も減少。お腹ペコペコでこの街までやってきた女神さまは、強力な潜在的露出趣味の持ち主だった「石田観月」にシンクロして取りつくと、主人公の手で彼女を露出調教に目覚めさせるのでした。さらに観月のバイト先の店長である「胡桃沢久美子」、欲求不満の人妻大学教授の「大塚彩香」、ツンデレの大学生モデル「星野絵美」に次々と露出調教をほどこし、調教奴隷を増やしていったのですが…。調教中、ついに「露出エナジー」を使いはたして倒れてしまった女神さま。これまでは主人公にしか見えなかった姿をみんなの前に現してしまうのでした。女神さまの能力を復活させるため、主人公と4人のヒロインは真の露出プレイをはじめるのでした。

守ってあげちゃう!OL篇”みこと”
主人公、西岡武(にしおか・たけし)は定職を持たず、様々なアルバイトや派遣社員として働くフリーター。ある日、バイト先から電車での帰り、車内で酔っぱらいに絡まれる女性と遭遇する。仲裁に入った武だったが、相手に殴られそうになったとき、思わずごめんなさいとお辞儀をしてしまう。その拍子に背中のリュックから飛び出したバインダーが相手の顔面に当たってしまう。そのバインダーには、土日で整理をしようとしていた資料がどっさり……。その女性、小坂命(こさか・みこと)は二歳年上の学校の先輩であった。偶然再会をした二人。小坂命は助けてくれたお礼も兼ねて主人公を食事に誘う。昔話に華を咲かせながら、二人で過ごしていると、思ったよりも遅い時刻となってしまった。すっかり酔っぱらった命を、成り行き上、近くのホテルまで運ぶことに。

守ってあげちゃう!割烹女将篇”ひろこ”
主人公、西岡武は定職を持たず、様々なアルバイトや派遣社員として働くフリーター。アルバイトしていた会社の決算が終わり、しばらくのんびりとした時間を過ごそうかと考えていた。そんな時、たまの贅沢も良いだろうと、いつも通る道にある赤提灯が下がった居酒屋『裏カモメ』入ったことで、女将の戸部寛子(とべ・ひろこ)と出会うことになるに。おいしい魚料理を食べ終え、爪楊枝を取ろうと手を伸ばしたところ、タイミング悪く、食後のお茶を運んできた女将さんの手とぶつかってしまう。こぼれたお茶が武に掛かってしまい、”このままではいけない、洗濯をしますから。”と2階へ連れて行かれることに……。

守ってあげちゃう!カラオケ篇”まさみ”
西岡武(主人公)は、人材派遣会社から斡旋してもらっているプチフリーター。偶然再会した、幼なじみであり先輩でもある命と付き合い始めたが、彼女は現在、研修のためヨーロッパに出張中。ある日商店街を散歩していたら、カラオケボックスの店長である小林誠美から、カラオケ無料券を店頭で手渡される。そしてそのまま店内へ……。じつはまさみは、半年前から商店街を歩く武に恋心を抱いていた。そして今日、強引にカラオケボックスに招待し、そこから武へのアプローチを……と考えていたのだ。そんなこととはつゆ知らず、無料だからと入ったボックスで数少ない持ち歌を歌う武。そんな武に「お願いがあるんだけど……」と相談を持ちかけるまさみ。戸惑う武を引っ張ってまさみが向かった先は、なんとラブホテルだった!

守ってあげちゃう!女医篇”れいこ”
プチフリーター生活を満喫中の西岡武(主人公)は、幼馴染のお姉さんである小阪命と偶然の出会いから交際を始めたが、その彼女はヨーロッパに数週間の研修中。ひとりで寂しい……と思いきや割烹料理店の女将(第二巻)や、カラオケボックスの女店長(第三巻)らに誘惑され、しっかり浮気をしてしまっていた。そんなある日、体調を崩してしまった武は、近所の病院に行ってみると、そこでは美人女医の杉田麗子との出会いが待っていた。彼女は、開業医として、色々なストレスを抱えているようだが……。

守ってあげちゃう!就職パーティー篇”乱交しゃうぞ!”
主人公、西岡武(にしおか・たけし)は人材派遣会社に登録して、仕事を斡旋して貰うというプチフリーター的な生活をしていた。偶然再会した、幼なじみであり先輩でもある【みこと】と付き合い始めたが(第一巻)、彼女は研修のためヨーロッパに数週間の出張に出ている。せっかく彼女ができたのに……寂しい一人暮らしか……と思っていたら……。割烹料理店の女将さんの【ひろこ】(第二巻)から熱烈接待を受けたり、カラオケボックスの店長の【まさみ】(第三巻)からラブホテルに誘われたり、自宅近くの開業医【れいこ】とラブラブになったりと楽しい三週間を過ごした。そして武の元に就職の誘いの電話が!以前、働いた編集プロダクションから正社員にならないかと誘われたのだ!是非、お世話になりますと叫んでしまう武。そしてそこにみこと先輩が日本に帰ってきたのだ!ラッキーが重なる武……だが……はて?みこと先輩はともかく……その他の三人の女性はどうすれば良いのか?武は一大決心をして三人に別れ話を持ち出すことにする……しかし、話は流れていつの間にか四人の女性と武の就職を祝って乱交パーティーが始まる……のだった。

家族断乱 義母・美紀子
主人公の葛原祐一は、数年前から父親の再婚相手である美紀子、そして連れ子の姉妹と暮していた。新しい家族ともすっかり打ち解け、幸せな日々が続いていたが、父親の突然の失踪により状況は一変した。父親は事業の失敗により巨額の負債を抱えたのだが、債権者は闇社会の人間だったのだ。父親は監禁され、臓器売買による返済を強要されていると判明。慌てる主人公に新たな返済方法が提案された。――息子である自らが、残った家族を調教する。その調教過程と奴隷化した姿を裏ルートに流し、返済に充てるというのだ。断れば、保険をかけられ、全員自殺させられる。主人公に選択の余地はなかった……。

家族断乱 双子義妹・悠&舞
主人公・葛原祐一は、謎の男から、父親の負債を返済する為、“息子である自らが、残った家族を調教する”こととなった。手始めに義母・美紀子を性調教し、美紀子を性奴隷として陥落させた祐一の元に次の指令が下された。美紀子を調教をしている姿を、祐一の義妹である双子姉妹“悠”と“舞”が覗いていたのだった。さらに夜な夜な、双子の義妹達は互いに身体を慰めあっており、二人は祐一に見られていることに気づかず快感によがっていた。性調教の指示を出した謎の男より、“どう責めればいいのか分かるね?”と確認され、義妹達は次の性調教のターゲットにされるのであった……。“家族達は、死か、性奴隷となっても、生きながらえるのだろうか………。”

家族断乱 義姉・悠美
主人公・葛原祐一は、謎の男から、父親の負債を返済する為、“息子である自らが、残った家族を調教する”こととなった。手始めに義母・美紀子を性調教し性奴隷とした。調教はさらにエスカレートしていく。調教を隠れて覗き見ていた双子姉妹の悠と舞も祐一の従順な性奴隷として躾けられたのだった。さらに新しい指令として、義姉・悠美を呼び出して、調教することとなる。あの潔癖な悠美が野外で露出オ○ニーに浸っていることを知り、笑みを浮かべる祐一。すでに調教済みの美紀子・悠・舞とともに早速悠美への性調教を開始する。“家族達は、死か、性奴隷となっても、生きながらえるのだろうか………。”

家族断乱 叔母・怜子
主人公・葛原祐一は、謎の男から、父親の負債を返済する為、”息子である自らが、残った家族を調教する”こととなった。手始めに義母・美紀子を性調教し性奴隷とした。調教はさらにエスカレートしていく調教を隠れて覗き見ていた双子姉妹の悠と舞も祐一の従順な性奴隷として躾けられたのだった。潔癖性でありながら、野外露出での自慰を続ける、義姉・悠美も調教済となった。さらに叔母の怜子が教え子にSEXの手ほどきを行っている事実が告げられた…。指令により怜子の調教を始めることとなった祐一は…。

家族断乱 最終ハーレム
主人公・葛原祐一は、謎の男から、父親の負債を返済する為、”息子である自らが、残った家族を調教する”こととなった。代理人に指示により、義母、義妹、義姉、叔母とSEX調教が完了し、祐一の命令に従う性奴隷として淫美の日々をおくっていたが…、そこに行方不明の父親が、家族の元に戻ってくることに…父親が、家族の元に戻ってきたが、すでに葛原家では、祐一の命令が絶対であり、父親にその事実を突きつけるのだった。

母娘催眠〜オヤコサイミン〜
主人公・藤本恭介はごく普通の学生だった。そう。早くに母を亡くし、父の手にて育てられたという点を除いて。そのことで、いじめを受けることとなった恭介は、次第にネット世界に憩いを求めるようになる。その状況は、父が再婚し、新しい母と妹が出来ても変わらなかった。そんなある日、ネット仲間とのチャット中に「催眠術」の話題で仲間たちが盛り上がり始める。なんでも仲間の1人が妹に催眠術をかけてしまったらしい。最初は胡散臭げに眺めていた恭介だったが、恭介自身のひょんな書き込みから事態はあらぬ方向へ……。

母娘催眠 『常識改竄・義母娘編』
“恭介”の父が再婚して連れてきた義母と義妹。恭介は、この生活の変化になれて行くことが出来ない。少し気が強い母“千奈美”と義妹“真希”に振り回される日々。自宅なのに羽を伸ばすことが出来きず、自室にも踏み込まれてプライベートが無くなっていく恭介。しかし、強く出られない恭介は、耐えるしかなかった。そんな時、チャット仲間から自分が思うままにすることが出来る催眠術を伝授される。半信半疑で放置しておく恭介だったが、日々の鬱憤は蓄積されていくばかり……。その時、ふと思いつく。千奈美と真希を例の催眠術で服従させれば、快適な環境になるんじゃないか……?

母娘催眠 『感情操作・幼馴染編』
幼いころから、何かと面倒を見てくれていた隣の家の幼馴染み、“秋山亜理紗”。亜理紗は一つ年上で、いつもお姉さん風をふかしていた。亜理紗のうちは、ちょっとしたレストランで、女手を無くした恭介と父のために食事の世話などもしてくれていた。だが、最近は、あまり交流がなくなっており、恭介の父が再婚した事もあって益々関係は疎遠になっていた。それでも、隣という事もあり、亜理紗やその母・“静香”とも、顔をあわせることもある。その度に、新生活の事を聞かれてへき易する恭介。ある日、亜理紗に恩着せがましく上から目線でものを言われ、カチンと来る恭介。静香も、昔は可愛かったのに的な発言で、恭介の心を逆なでしてしまう。いつまでもこんな事ではたまらない。そんな時、恭介はネット仲間から「催眠術」の情報を仕入れる。これを使って煩い亜理紗を大人しくさせようと考えた恭介だったが……。

母娘催眠 『身体強制操作・病院編』
特異な雰囲気から学園で浮いた存在の主人公“恭介”。柄の悪いクラスメートから苛められ、日々鬱々とした毎日を過ごしていた。そんなある日、苛めが原因で骨折した恭介は、父親のかかりつけの病院に入院させられる。担当女医“石川美沙”は超美人&超ナイスバディで嬉しい展開と思いきや、その性格は冷たく鋭利な刃物のようだった。遠慮なくイタい言葉を突き付ける彼女に対して、恭介は憎悪さえ感じてしまう。一方、美沙の娘で看護士の“奈々”は、優しく献身的。言い方を変えれば、ワキの甘い女だった。恭介は口煩い美沙を完全支配するために、奈々を利用することを思いつく。その具体的方法とは、彼がネット仲間から教わった「催眠術」を利用することだった……。

母娘催眠 『無意識人形化・学園編』
恭介のクラスの担任は、才女の誉れ高い帰国子女の女教師・“福原麗美”。その物言いは、はっきりとしていて、女生徒に受けがいい。しかし一方で、少々きつい性格から苦手としている男性教師も多いとの事。麗美は、勿論恭介にも遠慮しない。最近、“あること”で勉強がおろそかになっていた恭介は、成績が下がっていた。「ちょっとくらい問題ないだろう」と甘く見ていたが、結局麗美に窘められてしまった。そんな日々が何日か続き、ついに恭介の我慢は限界を超えてしまう。この煩い女教師を黙らせてやる。そうすれば、学園生活も自宅のように快適になるに違いない。ついでに前々から、事あるごとに突っかかってくる麗美の娘“愛美”も一緒に服従させてやるさ……。彼はネット仲間から情報を得た「催眠術」を、実際に試してみることにした。

とある家族の寝とられ模様〜家族哀〜
ある日、突如として失踪した父親。その翌日から見知らぬ男達が来訪し始める。最初に母が、そして姉と妹が。そして最後には最愛に妻まで……。家族の絆は徐々に切り裂かれ、最愛の家族達は淫靡な世界へと墜ちていく。愛する家族を信じたい。そんなアナタの想いとは裏腹に、様々な性癖を持った男達に翻弄され、淫らな行為に夢中になっていくヒロイン達……。辛く、苦しく、そして哀しい。無限にも近い苦痛の時間が今、幕を開ける…

プリンセスX 僕の許嫁はモンスターっ娘!?【特典ボイスドラマ付】
舞台は現代。主人公である少年シンイチは、ある日父親から「お前には許嫁がいる」と告げられる。そして、やってきた許嫁は…「ラミアの女魔王」「ケンタウロスの女騎士」「メカ(人間型、非人間型)」「蜘蛛女の姫君」など異常な女の子たちばかり。しかも全員シンイチのことが好きでたまらず、「自分が結婚できなければ、地球を滅ぼす!」と言っていた。これから一体、どうなることやら……。

プリンセスXおまとめセット
【プリンセスX 〜僕の許嫁はモンスターっ娘!?〜】舞台は現代。主人公である少年シンイチは、ある日父親から「お前には許嫁がいる」と告げられる。そして、やってきた許嫁は…「ラミアの女魔王」「ケンタウロスの女騎士」「メカ(人間型、非人間型)」「蜘蛛女の姫君」など異常な女の子たちばかり。しかも全員シンイチのことが好きでたまらず、「自分が結婚できなければ、地球を滅ぼす!」と言っていた。これから一体、どうなることやら……。【プリンセスXFD 〜許嫁は終わらない!?〜】舞台は現代。父親から許嫁がいると言われ、主人公シンイチの元にやってきた許嫁は…「ラミアの女魔王」「ケンタウロスの女騎士」「ロボ娘(+メイドロボ)」「蜘蛛女の姫君」と異常な女の子たちばかり。しかし、これはまだ序章でしかなかった……双子だと思っていた妹が「宇宙人と女神様で妹兼許嫁」だったり、メイドだと思っていたロボが「本当は姫で許嫁」だったり、許嫁だと思っていた蜘蛛娘は「親友と駆け落ち」したり、などなど、まったく予想不能な展開に……そして「モンスターとは何か?」を問いかける!

僕らの頭上に星空は廻る
陽の光が暑さを帯びはじめる六月。主人公・長森均は、星見原<さきみはら>学園に入学して三ヶ月目を迎えていた。特に部活に入ることもなく、帰宅部を決めこんでいた均に、転機が訪れる。由緒ある部ながら、顧問の退職と三年生の卒業で部員がいなくなってしまい、廃部になろうとしていた天文部。その天文部の廃部がまさに執行されようとしたときだった。均は学園の教師である従姉・長森櫻のたくらみで、半ば強制的に、天文部に入部することになってしまう。そんな天文部に、縁あって集まったのは個性的な四人の女の子。どこかで会った気がする、明るい転校生の少女、速星すぴか。温厚な性格のお隣さん、杉原香乃。寡黙で独特の空気を持った先輩、笹津沙梨。見た目は幼いが、意外としっかり者の楡原綺音。全員未経験者の新生天文部は、手探りながらも活動を始める。積み重ねる時間の中で、均が、そして彼女たちが、少しずつ変わっていこうとしていた――





〜 ペット保険無料資料請求 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット