アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
とらい☆すたーず
ルインステラ学園。星皇の統べる魔法の世界、リーンスヴェル共和国の首都・ルヴァールにあるその学園は、星煌教会に連なる教育機関として国の内外から多くの生徒が通う名門校である。その学園に通う、(魔法分野の劣等生である以外は)ごく普通の生徒「カズマ・ブリード」。ある日、彼はふとした偶然から学園に隠されていた3体のマギ(賢者)の像を見つけてしまう。それが古くから学園に伝わる『大いなる力』と『穢れなき魂』、そして『永遠の命』を与える奇跡のアーティファクトではないかと思うと、ついそれぞれの像の胸元に埋め込まれていた3つの宝珠を取り外してしまった。その瞬間。宝珠は主人公の身体に吸い込まれ、砕け散った像からは3人の女の子が現れた。そして3体の像が囲む空間が歪み、禍々しい気をもった影が…4、…5、…6体。その内の1体がカズマに襲い掛かる。ただ1人目覚めた女の子とカズマはすんでのところで影を討ち払ったが逃げられてしまい、女の子は息も絶え絶えに。曰く、宝珠の力によって維持されている彼女は宝珠がない以上、取り込んだ者と『契約』することで維持するしかないという。なし崩しに『仮契約』の儀を交わしたカズマは宝珠を奪った後ろめたさもあり、3人の女の子「ミュー」・「ヴィナ」・「リズ」と共に影を倒す事になるのだった。

ビーチクビーチ〜南国乳辱撮影会〜
現在のグラビア界でトップと評される三人のアイドルが、この夏限定ユニット『Live un veil』を結成すると発表した。よりファンと触れ合うため、南国リゾート地『B地区』ビーチを貸し切り、5泊6日の撮影ツアーをすることになる。大勢のファン垂涎のそのツアーの参加者抽選は激戦を極め、そしてテレビや雑誌で大きく取り上げられて結果が報じられた。時を同じくして、上京して貧しい一人暮らしを送る主人公、叶遼の元に、差出人不明の一つの小包が届いていた。小包の中には「一本のフィルム」と、「封筒」。そして女性用のかなり際どい水着が数種類入っていた。「な、何だこれは! 新手のアダルト詐欺か!?後で料金を請求されるのか!?」多数の水着に驚きつつも、封筒を手にする。封筒の中には『Live un veil』の撮影ツアーの参加チケットと、そして簡素な一文が書かれた手紙が入っていた。『これは被写体が撮影者に対して欲情を抑えきれなくなるフィルムです。夢のひと時をあなたに』まさかと思う主人公。これは『フィルムで撮影してエロエロなアイドルに、この水着を着せましょう』という事だろうか。でもそんな怪しい妄想よりも、彼は『Live un veil』のメンバー達と行く5泊6日の南国リゾート旅行の方に非常に興味を持った。何を隠そう、主人公もそのツアーに応募して抽選から外れたのだ。このツアーに参加できるのなら、このフィルムが嘘であろうと本物であろうと関係ない。「よっしゃー!いくぜ!!誰の計らいか知らないけど夢のひと時を過ごしてやる!!」そう決めて、主人公は半信半疑だがフィルムや水着を持ってツアーへと参加する。この時はまだ、フィルムの力が本物だとは夢にも思わずに。

触診病淫
山の中の小さい病院『三原医院』に、一人の女の子が別の病院から転院してきた。少女の名前は『笹野夕菜』――生来の身体の弱さで入退院を繰り返す少女。「はぁ〜、着いたぁ。ここが三原病院なんだ」「療養できるように山の中にある病院なのよ。ここならきっと夕菜ちゃんもすぐ良くなるわよ」応えるのは一人の女性看護師。夕菜の付き添いでこの三原医院にともにやってきた『立花美咲』。夕菜の移送の手続きを済ませて帰ろうとする美咲を、この病院の女医である『三原綾香』が呼び止める。「急な話で悪いけど、もし良かったら一週間ほどここの仕事を手伝ってもらえないかしら。あなたの病院には私から連絡しておくから」夕菜も新しい環境に緊張しているみたいだし、と美咲は快く頷く。――この承諾が悲惨な物語を生むとも知らずに。この人里離れた病院はすでに、謎の触手の化物に占拠されていたのだ。逃れることの出来ない閉塞空間で二人は犯され、凌辱されていく――彼女たちが見るのは絶望か、それとも――

Piaキャロットへようこそ!! G.O. SE
受験に失敗し、落ち込んでいた自分を励ましてくれた場所「Piaキャロット5号店」。その時、優しくしてくれたウェイトレス、木ノ下留美――。そんな思い出の店で、マネージャー候補として働くことになった純一(主人公)は、これからの仕事に意欲を燃やしていた。そんな折、卒業式当日、突然転校してしまった元同級生、椚あやのと再会する。夏休みを利用して「Piaキャロット5号店」でバイトをする彼女もまた、社員寮へ入ることになったというのだ。日々の仕事や寮生活の中で、様々な人と出会い、成長していく純一。「Piaキャロット5号店」での夏が、忘れないモノになることを、この時、まだ彼は気付いていなかった――。

Piaキャロットへようこそ!!4
学園生活最後の夏休み。従姉の羽瀬川朱美からの電話で、生まれ育った故郷へ遊びに行くことになった羽瀬川太一。朱美との再会、そして、二泊の旅を満喫出来ればと、最初はほんの軽い気持ちだったが……数年ぶりの故郷で出迎えてくれた朱美に、自分が働くお店だとPiaキャロットを紹介される。その夜、朱美からマネージャーである真柴さゆりを紹介され、なぜか面接が始まってしまう。自称、太一のお姉さんである朱美のお願い(泣き落とし)もあり、しぶしぶPiaキャロット7号店で住み込みのバイトをやるハメに。その翌日、幼なじみの滝川ゆなとの再会を果たすが、懐かしくて嬉しい反面、会いたくなかった理由が……妹のミサも太一を追い掛けて来て、Piaキャロットは大騒ぎ!!個性的で可愛いウェイトレスにかこまれて過ごす夏の一ヶ月。きっと、忘れられない思い出があなたの胸に刻まれるでしょう。

Sweet Home 〜Hなお姉さんは好きですか?〜
懐かしき実家…、でもそこは女性だけの下宿屋と化していた…。一人暮らしと大学生活を満喫していた主人公だったが、アパートの火事のせいで義母の住む実家へと戻ることになった。ところが、しばらくぶりに戻った実家は、女性ばかりが住む下宿屋と化していた!いまや女性の園となったこの家に主人公の居場所はありそうにない…と途方にくれる主人公だったが、意外にも彼女たちは一緒に住むことを許してくれる。でも、それには少し裏がありそうで…。ともあれ女性だらけのこの家で、主人公の新たな生活が始まる。

皇涼子のBitchな1日
某私立学園に勤める皇 涼子。いかにも真面目そうな見た目といたって品行方正な立ち居振る舞いの教師の鑑。……というのはあくまで表向きで、彼女はとんでもない淫乱女だった!!朝起きては弟をしゃぶり、出勤途中には同僚教師の棹を抜き、学校の中でもところかまわず、ずっぽりゆさゆさヤリまくる。帰宅途中はおろか帰宅後でさえもお×んこの乾くヒマなし!!そう、彼女が眠りにつくまでは……。

こすぶろ・はじめました!
主人公、下今市ハジメは大学4年生。普通であれば就職活動に精を出さなければいけない時期なのだが、昨年から続く世界的な大不況による就職難と、対人スキルがきわめて低いという自身の性格故に、彼は6月の時点で既に新卒での採用を諦めはじめていた。そんな時、コツコツ貯めていた小遣いを使って、何気なく始めた『FX』。しかしそれが大成功し、なんと一月で150万近い利益を上げてしまう。このまま年末辺りまでFXを続けて、来年の就職浪人時の生活費に充てようと目論むハジメ。だが、半引きこもりとなってしまった彼を心配して訪れた幼なじみ、みちるがきっかけで起こった些細な出来事で、彼は一晩にしてその利益の殆どを失ってしまう。悲嘆に暮れるハジメに対する罪悪感に加え、元々彼をFX漬けの半引きこもり生活から解放させたかったみちるはとんでもない提案をする。「自分がコスプレして、ハジメが写真を撮る。その写真を売って少しでも失った利益を補填する」と。そこまでしてもらう必要は無い、というハジメだったが、みちるは頑なにどうにかしてハジメの力になるといって聞かない。仕方なく、その提案を受け入れるハジメ。こうして、彼の大学最後の奇妙な夏がスタートするのだった……

すいっチ!!〜ボクがナツに想うこと〜
主人公は、趣味の1つであるゲームに最近かなり没頭している、現実世界からやや背を向けかけた生活を送る学生。彼にとっては、現実世界よりも、ゲームのような幻想世界で時間を過ごす方に、遙かに楽しさを感じているのだった。そんなある日のこと。目を閉じ、眠りに落ちると感じる奇妙な感覚。その感覚を覚えたとき、世界はなぜだか微妙に変化していた。幻想世界が突如として生々しい現実として、主人公の前に突如現れたのである。なぜだか目の前に、繰り広げられる幻想世界さながらの光景。突然現れた、幻想世界のヒロインたちが、繰り広げるパニックに主人公のみならず、現実世界のヒロインたちも、この混乱した世界に翻弄されてゆく。一体、何が原因なのか。その謎は、主人公を大いに悩ませることになる。

魔法少女アイplus
ある街に訪れた突然変異。これまで特に事件らしい事件もなかったが、猟奇的な犯罪が続く。それを物騒になったなーと思う程度の主人公。そこに唐突に現れるのがヒロインとなる魔法少女「愛」である。今までそこにいなかったはずなのに、ある日突然「いるもの」として存在しはじめる。そのことに周りは気づかないもののプレイヤーだけが彼女の異常さを感じる。途中、敵対関係に近い間柄になる主人公とヒロインだが、主人公の過去の経緯から味方であることを知る。そして巻き込まれるようにヒロインの目的である「妖魔」退治に協力することになる。

魔法少女アイ2plus
あの事件から数年。浪人生の秋俊は、都会に出てきて予備校通いをしていた。何か大事なことを忘れてしまったような気がしていて、モヤモヤとした毎日を送っている。そのため成績も今ひとつ。そんなある日、秋俊は予備校からの帰り道で化け物と戦う奇妙な格好をした少女を目撃する。その光景にデジャヴを感じ、立ちつくす秋俊。そうこうするうちに化け物を倒した少女は、秋俊が居ることに気付いて驚いた。戦いに際し、人間が入って来られないよう周囲に結界を張っていたからだ。さらには記憶操作の魔法も効かない秋俊に対して、少女「リン」のとった行動は意外なものだった。秋俊と同居するというのだ。こうして、秋俊とリンの奇妙な共同生活が始まった――。

Collection 〜蒐集された悪夢〜
《 他人の見た夢の内容を追体験する 》それは、どんなことだろうか? 記録された他人の夢の中で自分が演じる、他人の中の自分。自分の能動的な行動で、変化してしまった夢の中の物語。 それはやはり、他人の見た夢なのだろうか? そして・・・その体験は果たして、現実なのだろうか? 他人の夢を追体験する自分もまた、自分の見ている夢の中にいる、自分なのではないか?《それとも、他の『誰か』の夢の中の・・・・・・》

case266 〜266号事件〜
1998年、アメリカ中西部。終身刑で服役中だった凶悪レイプ犯2人組が、暗夜に乗じて脱獄。直ちに厳戒体制が引かれ、街にはパトカーが溢れかえったが、脱獄犯は再び女性へのレイプを開始した。これが、後に全米を震撼させた、通称『266号事件』のプロローグである。警察は、かつて犯人を刑務所に送り込んだ老刑事・ラルフ=ヴィンセントを担当官として任命。助手として、新人・ジョン=オーウェルをあてがい、犯人逮捕に自信を漲らせる。そして思惑通り、犯人逮捕は時間の問題と思われたのだが・・・・・。

ボクのヒミツたいけん
単身赴任しているパパのところに、ママがお世話に行くことになった。そしてボクは、親戚の由美おばさんの所に行くことになった。ちょうどボクも休み。小旅行気分で楽しみだ。ボクは見知らぬ土地で、由美おばさんや従姉の雪ちゃん、雪ちゃんの友達や、いろんな人と知り合い、そして、いろんな体験をする。それは…パパにもママにも言えない、ヒミツのたいけん。

ママしぼり2(ママしぼりの事情)
多精子症(?)になってしまった主人公と過保護なママの、心温まる(?)家庭内ぶっかけコメディ。主人公・尚クンはちょっと甘えん坊な少年。ママ・尚子さんの過保護さも手伝って、一緒にお風呂は当たり前、時には一緒に寝ることも。そんな尚クンが、ある日を境に、一緒にお風呂に入らなくなった。それどころか、何となくママを避けているご様子。そんなある日、タンスの隅に隠してあった尚クンの下着を発見するママ。心配したママの詰問に、ついに口を割る尚クン。オチンチンの勃起が納まらず、精液が一杯出ちゃう…そんな息子の告白に、狼狽するママ。何かあったら大変と、近所の病院に行ってみることに。そこで下された診断は…。奇妙な病の治療法は、抜くのが一番。愛する息子のためになら、ママは一肌でもニ肌でも脱ぐ決意。そこに、ご近所のお母さんや、研究熱心な女医さんまで巻き込んでの大騒動。…果たして、尚クンの病は治癒するのでしょうか?

じゅーしぃエイジ
英二は心身共に健康な2年生。一番興味があるのは異性のこと。悪友たちと挨拶のようにエロ話に花を咲かせるのが日常。そんなある日、クラスの中で囁かれた噂。「………○○がさ、もうやったらしいぜ?」「××がやってるのを見たやつがいてさ………」クラスに初体験を済ませたやつがいる!周囲へ送る視線も血走りがち。遅れを取るわけには行かない!!と、盛り上がった挙げ句、遂に男たちは立ち上がる。「やろうぜ!!」どうせやるなら好きな女子と………会議の結果、健太が狙うべきは同級生の美紀に決定。同級生や友人に相談しつつ、夢はグッドなエッチ。はてさて、うまくいくことやら………。リサーチに奔走したり、やりすぎて女子に蹴られたり、図らずも際どいシーンを目撃して女子に殴られたりしながら、夢は大きく彼女とエッチ。しかし、女子に大人気の「イケてる男」の噂が耳に入る。そいつは教師?それとも、運動部の指導に来る大学生?もしかして、彼女はもう………?思いがけないライバルの陰、果たして、取るか取られるか?って、本当にライバルなの?これは、思春期な少年少女たちが織り成す、ドタバタ・グローイングアップな物語。

診てくださいます?
主人公・猪谷祐介の実家は病院を営んでいる。当然、祐介は後を継ぐことになっているのだが、本人は今ひとつ乗り気ではなかった。それは、診療科目が産婦人科だから。極普通に女性と話すときにも緊張してしまうくらいなのに、医師として、その身体を見たり触ったりできるものだろうか………祐介の悩みはそこにあった。しかし、母で院長である圭子にとっては、それは一大事だった。絶対に、何が何でも後を継がせねばならない。そこで、圭子はある計画を企てた。祐介を産婦人科医の道に進ませる為、その身を投げ出す覚悟で。

ママクラブ・参観
一年前にこの町に転入してきた豊岡三恵は、息子・弘樹の引っ込み思案に悩んでいた。新しい環境にも慣れてもいい期間が過ぎていたのに、家にいることが多かった。そんな時、隣家に住む甲山久美から、<互助会>への参加を誘われる。息子の為、そして、暇を持て余す自分のために、参加を決める三恵。しかし、<互助会>は、仮の姿だった………。その、本当の名前は………<ママクラブ>三江を待っていたのは男子たち。宏樹を待っていたのはクラブ員のママたち。息子と同年代の男子たちが集まり、夜の教室で、自宅で、青臭い精液を年上女性たちに吐き出す………異常な空間の中で、三恵は、そして弘樹は………。大好評、ママクラブ・シリーズ第三弾!

もっと! ヒミツたいけん
今回の舞台は主人公・章くんの住んでる街、そこに、あの3人組(雪、和子、純平)が遊びに来ます。ところが、章のママがまたパパの元へ。子供ばかりでは、ということで隣家の喜久子・奈緒子姉妹が4人の面倒を見ることになった。奈緒子は章に馴れ馴れしい、喜久子はボディで負けている。更に加えて、章のクラスの美少女委員長・美姫が出てきたもんだから、雪ちゃんは気が気じゃない。そんな痛い視線を感じつつ、章くんはまた、ヒミツのたいけんをすることに…。いつもの3人組と、様々なお姉様たち、そして美姫たちが巻き起こす、もっと(?)エッチな騒動を描いた物語。今回も章くんは、あんなコトこんなコト…そして、ついには、そんなコト(!)までされちゃいます。

ツマ×ヘヴン
主人公・三国雄二は浪人生。それ自体は自分の不徳の致すところだし、反省してより一層勉学にいそしむ気満々だった………のだが。「家を売るって、ど、どういうことさ?!」「売るんじゃないよ、もう売ったの。引渡しは来週だから、あんたも荷物をまとめなさいよ」両親の海外移住で、いきなり家を放り出されることになった主人公。しかし、救いの手は差し伸べられる。「お前、今日から家で暮らすことになったから」そう、笑顔で、しかも自身たっぷりに言い放ったのは、主人公の兄・雄一だった。兄は異常に思うほど弟である自分を溺愛していた。引くくらいに。それに、兄は結婚したばかりで、新居で新婚生活を満喫していたはずだった。新婚家庭に乱入など、いくらなんでも空気が読めてなさ過ぎだろう。とは言え他に道もなく、兄の新婚家庭に居候することとなった雄二。なるべく邪魔しないように………と思っても、あけすけに振舞う兄嫁の精神攻撃(?)は予想以上。っていうか、もしかして誘ってる?さらに、隣家の主婦・勝山由香里も無駄なお色気を振りまくいかにも肉食な女性。しかも、日を置かずにやってくる御用聞きのおっさんたちは一体何?そして、地主だか何だか知らないけど、我が物顔でやってくるジジイは何?戸惑うばかりの新生活、不意に華やいだ身の回りで起こる数々の色っぽい騒動。兄嫁、隣の奥さん、そして………雄二の新生活は、正に波乱万丈?!これって、天国?それとも………?

母性〜ママクラブ〜
主人公・友一は、義母・美佐子に思いを寄せる少年。ただ、それは「ママクラブ」を知るまでは、ありふれた母子愛に過ぎなかった。学園で行われる、近親相姦を求める母にセックスに興味のある男子を与え、疑似的に近親相姦を楽しむ秘密の活動…「ママクラブ」その秘密を偶然知ってしまった友一は、半ば強制的にママ達とセックスし、クラブ員となってしまう。だが快楽に抗えず、その後も不特定多数のママとセックスに塗れた日常を過ごす事になる。やがて、友一は美佐子に対する愛情を変化させていくのだが、その、狂ったような快楽の中で彼が求めるものとは果たして何なのか。そして、美佐子の友一に対する思いとは…。

まってぃ
良太くんは、突然、両親の都合で親戚の岡野家に居候するコトになってしまった。しかも、家での扱いは「末っ子」同然というもの…。末っ子は、からかわれたり、理不尽なお願いやコンビニへのパシリも嫌とは言えない立場。岡野家三姉妹(OLの長女:瀬奈、女子なんちゃらの次女:加奈、同級生の三女:真奈)も例に漏れず、「弟」の良太くんに対してやりたい放題。その一方で、香織おばさんは「末っ子」の様に、良太くんを過度に甘やかしてくれる。そんなドキドキな毎日の中、成り行き上起きちゃう「嬉し恥ずかし」なコトもあったりして…良太くんはどうなってしまう?!

続・ママクラブ
主人公・宏太は、早くに母を亡くした少年。父親の都合で転校した学校で、奇妙な少年・潤と出会う。病院長の一人息子に対し、距離を置く他の生徒たち。そんな潤は、宏太に興味を示し、ある日、宏太を家に招待する。そこで宏太が借りたビデオに映っていたのは、自分と同じ位の少年達が、母親とも思える女性達とセックスしている姿…。それは、潤と、公民館の司書・京子が運営する秘密のセックス集会「ママクラブ」だった。宏太は訳の判らないまま、初めてのセックスを体験し、会員になってしまう。そして、様々な疑問を感じながらも、宏太はその関わりを深くし、更に色々な女性と関わる事になるのだが…。

ママ!つま?
主人公・桜井誠は学生。隣家に越してきた内山篤と親しくなるが、ある日、篤から内山家の秘密(?)を聞いて驚愕する。篤は、母である和美と、肉体関係にあるというのだ。平然とそのことを語る篤。まるで、当たり前のことのように。以来、友人を見る目も、そして、自分の母を見る目までも変わってしまう。そんな中、父親が単身赴任で長期不在となる。漠然とした不安を感じる誠。そして、彼の不安は現実のものとなる。帰宅した誠を待っていたのは、あられもない格好の母親だった。ノリノリで近親相姦を求める母と、押し流されるように身体を重ねる息子。そして、周りも似たような関係の家族がいるようで……?!ちょっと(?)ズレた親子が織り成す、エロエロ・ホームコメディ。

ボクの「なつやすみ」ヒミツたいけん
夏休みのこと、仲良し4人組は順平の親戚の家に遊びに行く事になりました。しかし直前になって、和子がおたふく風邪にかかり、雪も看病で居残るというハプニング発生。結局、順平との2人旅になってしまいます。ともあれ、矢多良(やたら)温泉郷へとやって来た2人は、順平の叔母・幸枝のお世話になる事になりました。そう、幸枝は、酒田旅館を経営する女将さんだったのです。そしてそこで、幸枝の娘・かのこ、その友人の人妻・千歳、地元の男の子やら女の子やら、いろんな人達の登場により、章くんはまた色々とタイケンすることになるのですが…。

野外学習
引っ込み思案の主人公・巧は、転校先の学校でいまいち馴染めずにいる男の子。そんな彼を見かねて、クラスのリーダー格の女の子・茜が、彼を「野外学習」に誘う。それは、山奥のキャンプ場に数日間泊まり、自然観察やオリエンテーリングをする、毎年恒例の行事だった。半ば強引に誘われた巧だったが、山奥の自然やみんなと行動を共にしていくうちに、徐々に打ち解けていくようになる。しかしそれは、これから起きる「野外学習」の始まりに過ぎなかったのだけど…。

もうすぐ夏休み!
夏休みを間近に控えたある日。クラスメイトの男子が、彼女ができたと大騒ぎしていた。それでなくても異性の話は賑やかなもので、誰と誰がデキてるとか、誰とやったとか、そんな話は多い。で、主人公の知郎はどうかと言えば、その辺はさっぱり。成績も上々、気の利くタイプで、クラスでの評価は、男女共に高く、ルックスだって悪くない。でも、女子からすれば、ちょっと物足りない。だから、彼女、と言える相手もいなかった。しいて言うなら、隣りのクラスにいる東野千春。彼女は、幼い頃からお隣に暮らしている、幼なじみ。とは言え、同じ病院で産まれて、同じ保育園に通い、そして、学校も同じとくれば、近すぎて、恋愛の対象とは思えない。第一、彼女を見ていると、そんなことに興味があるとは思えない。知郎は、そう思っていた。そんなある日。知郎は、千春の母に、忘れ物を届けるように頼まれる。忘れ物、と言っても、帰りのお買い物メモ。両親共働きの千春は、帰りに夕食の材料を買って帰るのが、いつものことだった。放課後。渡しそびれていたメモを渡そうと、隣りの教室へ行った。ところが、千春がいない。聞けば、屋上じゃないか?とのこと。屋上になんの用が、と思いつつ、知郎は屋上へ。そこで、知郎が見たものは………。ひょんなきっかけから、幼なじみの意外な進歩ぶりを知る知郎。口止めのつもりか、はたまた、何か別の意図があるのか、知郎に、気軽に身体を許す千春。更に、千春のお友達も巻き込んで、何やらエッチな騒動が起こる予感。はてさて、知郎君………夏休みには、彼女ができているのでしょうか?

BoyMeetsWives
物語の舞台は某県白桃市にある桃園団地。主人公・細倉亨は、両親の離婚を自分の責任と感じて、他人との交流を絶ち、半ば引きこもりな生活を送っていた。そんなある日、同じ団地に住む主婦・栗原真理子から夕食に誘われ、それをきっかけに、真理子と親密な関係になる。真理子との関わり合いの中で、団地の主婦たちと親交を深めていく亨。団地の奥様方との(主に身体での)交流を通じて、亨は少しずつ、立ち直っていく………。

Collection〜ReBIRTH〜
僕が<彼>と出会ったのは、本当に、ほんの偶然だった。もしかしたら、惰性で毎日を繰り返している僕を、<彼>は看過していたのかもしれない。「それじゃあ、また」約束とはいえないほどの気安さで<彼>と別れ、また出会う。会ってすることと言えば、ただ、他愛のない会話。それは宇宙論だったり、宗教論だったり。普段は考えることもないようなことだったけれど、<彼>は博識で、僕にとってはつまらない日常よりもずっと興味深いことだった。そんなある日、<彼>が僕に言った。「そうだ、君にいい物を見せてあげようか?」「これは夢だよ、それも、とびっきりの悪夢」誘われた<彼>の家で待っていたのは、大きな硝子瓶に浮かぶ裸身の女性達だった。<彼>は言う。「僕はね、夢を集めているんだ。それも、女性の見た性的な夢」「……悪夢って言った方がいいかな」<彼>がそう言って、唇の端を歪める。それは、可笑しくて仕方がない、そんな表情だった。「ぜひ、君にも見てもらいたいと思ってさ」硝子瓶から目が離せないでいる僕の耳に、<彼>の声が染み込んでくる。「……きっと、気に入ってもらえると思うよ」

野外学習2
「男女実践教育」と銘打たれ、ごく一部の教育機関で実践されているプログラム。「野外学習」。それは、ひとつの教室から始まり、やがて複数の異なる地域へもひっそりと広まっていったという。そしてこの夏。夏休みを利用してとある教室でもこのプログラムが開催されることとなったのだが…。有田篤はクラスで一番背の低い事をコンプレックスに待ち、それ故に周囲とコミュニケーションが上手く取れないことに悩んでいた。特に女子の前ともなると、緊張して何も話せなくなってしまう程だ。そんな篤のかすかな希望が、先日発表された自由参加型のクラス行事「野外学習」である。離島でのキャンプという事以外詳細はわからないものの、このプログラムによって自分が変われるかもという期待を胸に悪友と共に参加を決意する。ふと、ひとつの机を囲んで談笑する女子の一団に目を向けると女子が苦手な篤の、それでも比較的話しやすい女子…クラスでも一際賑やかな部類に入り、いつも笑顔がまぶしい黒川有紀。男子より背は高く、男子より男らしいことから女子に絶大な人気を誇る大木妙。そしていつもやわらかく微笑んでいる、どこか大人びた山谷圭。が目に入った。彼女らも悪友の情報網により参加することがわかっている。「付き合うなら誰にする?」そんな話題が出る度に頭に浮かぶ三人…。「好き」と言うほど強くない、でも気になる存在…。はたして篤はこのキャンプでコンプレックスに打ち勝ち、彼女らと仲良くなれるのか?





〜 引越し一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット