アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
魔法少女はキスして変身る DL版
主人公の「霧谷健斗(きりやけんと)」は幼馴染の「水上伊織(みなかみいおり)」と最近恋人同士になったばかり。以前からお互いの気持ちはわかっていたものの、晴れて正式な恋人同士になり、心の浮ついた、幸せな日々を送っていた。恋人同士になって一ヶ月程が経過したとある休日。健斗は『今日こそはキスをする!』という熱い決意を胸に伊織をデートへと連れ出す。幼馴染として一緒に遊びに行った時とは明らかに違う雰囲気に心躍らせ、楽しい時を過ごす二人。そして日も暮れかけた帰り道、良い雰囲気になったところで「いよいよキス」と伊織の肩を抱き寄せた瞬間、突如割れんばかりの轟音と共に巨大な物体が空から二人の目の前に落ちてくる。何事かと驚く間も無く、その巨大な物体から触手のようなものが二人めがけて伸びてくる。咄嗟に伊織をかばった健斗は、その触手のようなものに腹部を貫かれてしまう!涙を浮かべすがりつく伊織に「逃げろ……」と必死に言葉をかけながら『俺、死ぬのかな……』という思いが健斗の脳裏によぎったその時……。「今ならまだ間に合う」という言葉と共に、一人の男が姿を現す。状況を飲み込めず混乱する伊織に男は『魔法少女として目の前の化け物と戦ってくれるなら彼の命を救ってあげられる』と、突拍子も無いことを言い放つ。当然信じる事が出来ない伊織だったが、男が見せた不思議な力と健斗の命を救いたいという想いから、男の提案を受け入れる決意をする。大量の出血により朦朧とする意識の中、健斗が目にしたものは、見ず知らずの男とキスをし光に包まれていく伊織の姿だった……。

俺の彼女が就職した会社はブラック企業だった…
主人公の「平賀隆一(ひらがりゅういち)※姓名変更可能」はこの春大学を卒業し、中堅家電メーカーに就職した社会人一年生。営業部の新人として上司にしごかれながらも充実した日々を過ごしている。学生時代からの恋人である「如月亜美(きさらぎあみ)」も外食産業大手の会社に就職が決まっており、研修が始まるまでの束の間の休息を二人で楽しく過ごしていた。月日は過ぎ、互いの仕事が始まると思うように時間が取れないということで会う回数も減っていってしまう。それでもメールや電話のやり取りは頻繁に行い、たまの休暇ではデートをしたりと二人の仲は強くなっていった。……はずだった。デートを繰り返すうちに、隆一はなんとなく言葉に出来ない違和感を感じるようになる。会話の中で会社や上司を賛美する言葉が増え、上司の呼び出しによりデートをすぐに切り上げることも亜美はしばしばしていたからだ。それでも「一生懸命仕事を覚えようとしているんだ」と亜美の真面目さに感心し、少しでも結婚資金を貯めようと仕事に打ち込む隆一。そんなある日、隆一はたまたまネットで話題になっていた動画を目にする。それは「この会社やりすぎw」などと話題になっている社員研修の様子を映した動画だった。はじめは笑って見ていた隆一だったがある場面を見た瞬間、顔が凍りつくのを感じる。そこには目に涙を浮かべながら社訓を大声で復唱する亜美の姿が映っていた……。

それでも妻を愛してる2 -女教師妻・茉莉花の場合-
面倒見がよくて、それでいて勝ち気な性格をしている女教師の『茉莉花』。そんな彼女にずっと想いを寄せていた主人公『天海優登』は、教え子として卒業する間際に告白。一度振られたこともあったが、褪せない優登の熱意に茉莉花は告白を受け入れてくれるのだった。それからは幸せな日々が過ぎていく。長く付き合うなかで結婚もして、記念日を重ねることができた。ケンカをしたり、怒られたりすることはあれど優登には掛け替えのない時間が過ぎていく。これからもその幸せが続くと信じていた…優登はそろそろ就職活動を開始しなければいけない大学生になっていた。そんな季節に茉莉花は遠い学校へ異動してしまう。通うには遠すぎて、たまに帰ってくるぶんには容易な距離。しかし、一緒に暮らすには難しいと茉莉花は単身赴任をしてしまう。遠く離れて生活するようになって忙しい毎日が続いていく。それでも寂しくないよう互いに連絡を取り合うことを心がけた。「今日はこんなことがあった」「週末はデートに行こう」なんでもない会話だけでも2人は繋がっていると安心することができていた。そんな日々の中で“互い”に異性の陰がちらつくようになってくる。『本当になんでもないのだろうか』いくら信用しあった仲とはいえ、顔を合わせて気持ちを聞くことも出来なくなると不安が押し寄せてきてしまうようになる。いつしかそれは我慢しきれないほどまでに募っていき取り返しのつかない事を起こしてしまう……

ぷちぷちご奉仕
俺は教師として、ある施設へ赴任することになった。施設での俺の働きぶりがよければ、俺の望み、某大学の教授への道が約束されていたのである。その施設は、全国から集められた優秀な生徒達を導くというものだった。その生徒達は、優秀な部分が偏っているため他の子と馴染めない。共同生活に馴染ませるための教育を行う。そして教育が終わると、女の子達は全国へと散らばっていく。人とのコミュニケーションは体のつながりだ。俺は彼女たちに、人とのつながりをうまく教えることができるだろうか。

ふたご姉 〜姉×2とのエッチな関係〜
主人公は、間違って男子校に入学してしまったという以外は至って普通の学生。甘いラブロマンスはおろか、ほのかなトキメキさえもほど遠い学生生活を過ごしていた主人公の唯一の希望は、夏休みを海の家での住み込みバイトとして過ごし、水着ギャルに囲まれて過ごす事でした。しかし。休みの第一日目、これからバイトへ向かおうとうきうき気分で一歩を踏み出したその時。猛スピードのママチャリと激突。主人公は足を捻挫してしまいます。『たかが捻挫だよ。たいしたことは無いよ』という主人公を、「いいえ、駄目よ!もしかしたら頭も打っているかもしれないじゃない!」……と、やや過保護気味な姉×2が主人公を引き留めます。そうして、そんなやりとりを微笑ましく見ていた両親は『姉さん達がいれば問題ない』と告げ、怪我をした息子の心配もせずに『真珠婚式よ〜』と、さっさと温泉旅行へと出かけてしまいます。主人公は暫しの間、姉二人と一緒に一日を過ごす事になるのですが……。

6人の女教師 DL版
厄介な期末テストも終わり、待ちに待った冬休みがやってきた。成績低下しているだの将来のために勉強しろだのと、いつもぎゃーぎゃーとうるさい両親から離れて、友人と一緒にバイト、小旅行、そして合コン……冬休みのスケジュールは楽しいイベントでびっしり埋まっているのだ!━━そして、記念すべき休みの第一日目。俺は『私立教明学園』の前に立っている。ここは叔母が学園長を務める、優秀な研究者や有名人を数多く輩出した、地域で一番の名門校。母親に半ば無理矢理使いを押しつけられてしまったのだ。手土産の菓子折に目を落とし、小さくため息をつく。「はあ……俺、あの叔母さんってちょっと苦手なんだよな……」……まあいいや。面倒な事はさっさと済ませて、貰った小遣いでCDでも買おうと気楽に正門をくぐる俺。そう、俺は知らなかったのだ……無機質な校舎の奥に、あのような恐ろしい(!?)出来事が俺を待ちかまえていようとは━━

淫乱OL 沢渡登喜子 女達の淫靡な素顔 BestPrice版
とある中小企業の小さな自社ビルに警備員として派遣されていた主人公。特に人の出入りも多くなく、ただ漠然と人の出入りを監視し時折社内の設備を見回る……定年退職後の老人が行うようなつまらなく単調な仕事であり、最低ラインギリギリの賃金しかもらえない。多くの若者が辟易してしまうような職場だったが、「忙しく動くのは好きじゃない。取り柄や趣味、金のかかる恋人もいない俺にはうってつけの仕事じゃないか」と主人公は思い、毎日を緩く緩く過ごしていた。━━━━━━━━。夜の社屋を見回っていた主人公は、誰もいないはずのフロアにて怪しい影を発見する。『仕事は出来るが取り立てて出世はしていない、結婚適齢期を過ぎてなお恋人の気配はない、堅苦しい雰囲気を醸し出しており後輩から一線引かれ気味のお局OL・沢渡登喜子』━━が、若いイケメン営業の机に伏せて自慰をしていたのだった。恥ずかしい姿を見られてしまった登喜子は主人公に懇願する。登喜子「お願い、何でもするから、このことは誰にも言わないで……」いつもお堅く冷ややかな雰囲気を纏っていたお局OLが、足もとで瞳を潤ませ上目遣いに俺を見つめている……主人公は言う。「このことを秘密にして貰いたいのなら……」無理矢理関係を迫ろうとした主人公だったが、寸での所で登喜子に逃げられてしまう。主人公は自分のしてしまった行為の重さに気付き震え上がり、その日和った姿を見た登喜子に、逆に脅されることになってしまった。登喜子「自分が犯罪者であることをバラされたくなければ、私の言うことを聞きなさい」主人公「わ、わかりました……orz」選択の余地がない主人公。登喜子の操り人形となり、エッチで時折滑稽な泥沼の展開に巻き込まれていくことに……。

ぬるぷり
主人公の軍平は何の変哲もない男子学生。普通の地方都市で育ち、普通の学校に通い、普通に学校生活を謳歌している。そんな彼の元にある日突然来客がある。それは大西洋上に浮かぶトルパンという小国からやってきたお姫様チハとその従者ティガルナだった。彼女たちの目的は一つ。軍平をトルパンの皇太子として迎えるためだった。当然のように軍平は驚く。実際、彼は高貴な血筋だのやんごとなき身分だのとは無関係なただの一般市民でしかない。そんな軍平にお姫様達は説明する。軍平が選ばれたのは彼の父親の存在によるものだった。軍平の父親の軍司はトルパンで要人警護の仕事に就いているのだが、今まで何度もテロを未然に防いだり王族の命を救ったりしていた。その類い希な知力と体力、優れた人柄のおかげでトルパン王に気に入られ、国民からも英雄扱いだった。いつしか国王は、これだけ優れた男を娘の婿に迎えれば、さぞや丈夫で健康的な世継ぎが生まれることだろうと思い始める。だが軍司はすでに妻帯済みで年齢的にも歳を取りすぎていた。ならば、その息子を婿に迎えよう!優秀な遺伝子はその子にも受け継がれているはずだから。そんなこんなのプロセスが軍平のあずかり知らないうちに進行していた。さまざまな問題が事前に解消されていき、ついに婚姻まで後一歩の所までになる。そして、その最後の問題を解消するためにやってきたのがお姫様達だった。チハ「つ、ついては半年以内にチハを孕ませてくれっ」軍平「ちょっとまてぇぇっ!」かくして、軍平には寝耳に水の物語が始まった。

脅淫ノ電鎖 〜差し出し人不明の狂喝通知〜
どこにでもある日常、他愛もない幸せ。利野孝太は学園生活を謳歌している。世界の何処かで起きている恐ろしい事件はテレビの向こうの出来事。自分とは無関係だ……と考えながら、日々を過ごしていた。ある日、一通のメールが孝太の元に送られて来た。そこにはクラスの女子三名の秘密と、三人を脅迫しろという指令があった。そんな事出来るわけない、と思いつつ…彼女達を好きに出来ると考えたら欲望は高まっていった。「教師との淫行」「万引き」「いじめの現場」弱みをつきつけられた女子たちは孝太に屈服せざるを得ない。彼は指令に従い、三人を脅迫してその体を蹂躙していく……。

ブラコレ01 誘遊惑々セット
【這いよる捕獲】昔、ある女に手を出した。泣き叫び、涙に濡れた顔。恐怖に怯え震える華奢な体。飛び散る処女の証。欲望をぶつけられ続けながらも、何も出来ない非力な姿。形容しがたいほどに美しく…欲望を掻き立てられるものだった。それが、各街を移動しながらワゴン販売車で生活する倉持隼人(くらもちはやと)が、今でも思い出すこと。社会復帰をしたはずの彼は、思い出す度に血を滾らせてしまう。欲の限りを尽くした、夢のような一夜が忘れられない…。街中で営業をしていると、お客さんが商品を求めてやってくる。若い女、年老いた男、手を引かれ歩いてる子供。隼人は営業をしながら物色していた。ターゲットの後をこっそり追い、時には無理やり、時には嘘をついて車に乗せ…拉致して強引に犯す。肉棒と共に膨らんだ黒い感情をぶつける相手を…今日も探している。【無断貸し出し彼女】「あれ?そんなピアス付けてたっけ…?」「え、あ…そうなの。似合わないかな」照れくさそうに言うのは、付き合って半年になる初めての彼女。俺は慌てて全力で否定する。今日は特別な日だから朝から雰囲気が悪くなるのは困るんだ。「ねぇ今日さ…うち、来ない」「…あ、ごめん。今日も用事があって」付き合って半年記念のパーティーでもしようかと思っていたのに断られてしまった。最近、こういう事が多い。彼女に何か用事があって、お互いの時間が合わない事ばかり。でも…仕方ない。じゃあまた今度ね、と笑って俺は誤魔化す。けれど、彼女のでもない、俺の趣味でもない…妖しく光るピアスが……どうしてか俺を不安にさせるんだ…。【サポ活女子〜私でスッキリしよ?〜】彼女いない歴=年齢のDTサラリーマンである宮田進(みやたすすむ)は、日々の仕事に疲れ果て相棒のオナホの出番も減少気味。自分は結婚はおろか、女の子との出会いすら無いままなのか…と落ち込んでいた。そんなある日、新庄夏鈴(しんじょうかりん)という女の子と出会う。気さくな彼女とお茶をしながら話していると、とんでもないお願いをされて、進は耳を疑った。「ねぇオジサン、良かったら私のこと…サポしてくれません?」この一言から、枯れ果てた生活が激変することになった…

僕はビッチのエロ生贄
主人公、石栗陽平は親の仕事の都合で都会の学園に転入する事になった。転入初日。挨拶を済ませると、陽平はクラスの女子に囲まれた。転入生だからもの物珍しく思われるのは仕方ない、そう思っていたが…どうやら違うらしい。「ねぇねぇ。陽平くんって何センチ?」素直に身長を答えると、女子たちはクスクスと笑った。「そっちじゃなくてぇ。こっちのお・お・き・さ♪」サワッと股間に触れられる。彼女達が聞いていたのは身長ではなく、チン長…そう、この学園は地元では有名なヤリマンの女の子が多く通う「ヤリマン学園」だったのだ。知らずそんな学園に入ってしまった陽平は、ヤリマン女子達から猛烈なえっちアピールを受ける事になる。通学、授業中、休み時間、放課後…全てがエロで埋め尽くされたセフレ性活が始まる!

催眠艶魔帳〜記憶にない生活指導〜
教師である石倉遥輝は、催眠術に憧れを抱いていた。どこかで実現できるわけがないと思っており、誰かで試すこともしなかったのだが……ある日どうしても催眠術を試してみたくなり、学生で実験してしまう。目覚めた力は想像以上のもので、自由自在に心と体を操れてしまったのだ!そして日々は過ぎ……テストの成績が悪い者の話が職員会議で挙がる。対策として講習を受け持つことになった遥輝。これ幸いと催眠術を使って女学生達を陥れていくのであった…。

MinDeaD BlooD〜支配者の為の狂死曲〜
本土西端の海上に建設された人工都市「千砂倉」――。それはバブル絶頂期に計画され、そして頓挫した一大アミューズメントパークを利用し、高級リゾート地として整備した街である。街の中央部には、「佐伯邸」と呼ばれる洋館が建っており、“七瀬しずる”はその地下で目を覚ました。まどろんだ意識の中、ふと気付けば自分に寄り添う二人の美少女、“麻由”と“麻奈”――。しどけなく裸体をさらした彼女達に、しずるは血を吸われ、そして肉の快楽を与えられた。自分は誰なのか……。何故、こんなところにいるのか……。いくつもの疑問は、溶け込むように魅惑的な血の香りと、快楽的な衝動によって打ち砕かれた。過去の記憶など思い出したところで意味はない。――「せっかく吸血鬼になったんだ。それなら吸血鬼の愉しみ方ってもんを、味わわせてもらうまでだぜ」。不死身の肉体を手に入れたしずるは、そう言ってほくそ笑んだ。

ク・リトル・リトル〜魔女の使役る、蟲神の触手〜
平凡な生活を送っていた主人公【久世玲壱】はいつもと変わらない日常を幼馴染の【加藤兎子】、妹の【久世こいぬ】とすごしていた。ある日、不思議な少女【オーガスト】と出会い、告げられる。「探したぞ、我が《触手(ク・リトル・リトル)》!」その言葉から日常は変化した。自分が彼女の《触手(ク・リトル・リトル)》であることを知った【玲壱】は、邪神復活をかけた8組の《触手姫(ラヴクラフト)》による壮絶なバトルに巻き込まれてゆくことになる――

ク・リトル・リトル〜グレートハンティング〜
前作「ク・リトル・リトル〜魔女の使役る、蟲神の触手〜」で繰り広げられた戦いの果てにたどり着いた世界とは?そのたどり着いた世界で垣間見ることの出来るものは真実か、それとも虚像か……。前作で人気の高かったキャラクター達にスポットを当てたアナザーストーリーを展開!メイン・サブ問わず、人気の高いキャラクター達に主眼を置いたスペシャルストーリーを収録。前作では見ることの出来なかったキャラクターの一面が明かされるなど、一風変わった内容でつづられるアナザーストーリーはク・リトル・リトルの世界観をより広げる作品内容となっております。

小夜子
小夜子。絶海の孤島にある館の女主人。年齢不詳。正体不明。島に迷いこんだ者の欲望を煽り、堕落させる。それが小夜子にとっての日常だった。そんな日常が数百年・数千年も続いていた。しかしとある理由により、その日常は終りを告げようとしていた…一方、日本では出生率が低下し続けていた。少子化対策として政府はさまざまな政策を実行していくが、大した成果をあげることができず、少子化はさらに進み、ついに出生率は0.98まで低下した。馬渕陽子少子化対策担当大臣はこの危機的状況を解決すべく、ある「一人の女」に接触を試みる…それは…あの『小夜子』だった。

EXTRAVAGANZA〜蟲狂編〜
あの戦いから五年…。かつて、Jinmu Corporation社長の一人娘である神武美弥香が誘拐され、彼女を救出するための戦いがあった。深い森に潜むのは、蟲使いと呼ばれる一族の若者達。対して送り込まれたのは、人間に蟲の能力を移植させた合成生物。激しい戦いの中、やがて事態は獣魔蟲を巡る戦いへと移り変わっていく。蟲使いを滅ぼすと伝えられる獣魔蟲。その獣魔蟲の母親として、十年の歳月と共にした櫻井夢美。そして、獣魔蟲の確保を命じられたのは、蟲使い次期長のレン。壮絶な死闘の末、戦いは夢美の勝利に終わる。五年後、Jinmu Corporationの社長に就任した美弥香の生活は多忙を極めていた。経営難に陥った会社の再建のため、仕事漬けの日々。私生活の全てを犠牲にする生活は当然楽ではなかったが、綾佳やユーリアの存在が彼女を支えていた。そして、支えとなる人物がもう一人…。「こんにちは。今日はまだ顔を合わせていませんでしたね、レン君」美弥香達の新しい物語が、少しずつ回り始めていた……。

コウミガミ〜嘆き嗤う蛇神、妹なる者々が紡ぎし口碑〜
神の怒りにふれた時、人々は人知を超えた試練によって試される…瀬戸内の小島「祈背島」≪いのせじま≫。この島には、白蛇を多産の神“コウミガミ”として奉る「巳重神社」≪みかさじんじゃ≫があり、宮司を務める神蛇家はその蛇神の望みとして言い伝えられている“兄妹婚”を代々慣わしとしていた。破れば下るという蛇の罰を恐れて…現在、宮司を務めるのは「神蛇丞」。先代である父が流行病でこの世を去ってすぐ跡を継いだものの、父を亡くしたことで精神を病んだ母「神蛇鏡佳」の世話に、妹の「神蛇玲」と二人、頭を悩ませていた。そんなある日、学者を名乗る「柳本国定」が神社を訪ねて来る。彼は民間伝承を研究しており、この神社の奉神“コウミガミ”に纏わる伝承について調べに来たのだった。一方で丞は、父が実は蛇の罰を受けたことで命を落としたという噂が巷で広まっていることからそれらの伝承を疎ましく思っており、柳本をつい追い返してしまう。同日、鏡佳の妹であり、丞の初恋の人「九鬼零佳」も現れ、泊まり込みで家事を手伝いたいと申し出て来るが、突然の事に丞は零佳を不信に思う。まさか宮司が代替わりした隙をついて、この神社を乗っ取る気ではないのかと……玲の頼みもあり受け入れることになるが、不信感は晴れぬままだった。そんな彼らを、一匹の白蛇が見つめる。それは血のように赤い瞳を妖しげに煌かせて、この世ならざる者の雰囲気を纏っていた。「再度創め、終わらせようぞ……」地を這いずるようなその冥い声は、彼らの日常の終焉と共に、すぐ傍まで迫っていた…

EXTRAVAGANZA Complete Edition
EXTRAVAGANZAのシリーズ8点の作品をひとまとめにした豪華セット。

学校のきゃあ
主人公、小和田内人は、BNPの人気をねたんだ学園長の娘・素直お嬢様に命令され、スパイとしてBNPに潜入するが、そこは個性的な美女たちの世界だった。素直お嬢様とBNPのメンバーとの間で煩悶する主人公。そして、やがてBNPの前に現れる、学園に潜む謎の団体。主人公達はどうなるのか…?

きらめく瞬間
夏休みも終わり、そろそろ秋を感じさせてくれる季節。識辰哉は、ツーリング中の走り慣れた峠でバイク事故を起こし、崖から転落。奇跡的に一命は取り止めたものの、全治三ヶ月の大怪我を負っていた。そうしたことから、リハビリも含めて長期入院することになった辰哉は、同病院に勤務する叔母と、従姉妹・早苗に勧められ、病院内にある、いわゆる“院内学級”に通うことになった。そこで病気と闘いながら、それでも前向きに生きて行こうとする級友や患者らと出会い、大きなショックを受ける辰哉だったが……。

そらをみあげて想うこと
2005年、何の前触れもなく地球の衛星軌道上に飛来した人工天体。便宜的にその形状から「キューブ」と呼ばれることになったが、誰が何の目的で作り、何処からやって来たのか等、一切不明。しかし、キューブの飛来と時を同じくして、地球上では特殊な能力に目覚める人々が次々と現れ、それがキューブの仕業であることを誰も疑うことはなかった。それから10年後の2015年。南海の孤島・南津輝島に、キューブと能力者の調査・研究を行なう施設が設けられ、さらに能力者達を集めて調査する研究機関として「学校」が併設された。能力者である木ノ下耕平は、調査に協力する名目で、この学校に入学してきた。彼の能力は「可能性拡大」という、二者択一の事象に新たな選択肢を生み出す、非常に特異なものだった。そんな彼の通う学校には、10数年ぶりの再会となる幼馴染・由布木美鶴の姿もあった。美鶴は「キューブに行けば、願いが叶う」という噂を本気で信じていた。はたして、キューブと能力者の因果関係とは……?

聖ファミレス学園
都内某所に、世にも珍しい専門学校が開校した。それこそが、近年のファミレスにおいての、店長や店員、ウェイトレスの質の低下に悩むファミレス業界が団結して創設した、世界初のファミレス店員養成学校……“聖ファミレス学園”だ。その校舎に隣接した、生徒実習用ファミレス“ピュアーズ”の店長として働く主人公、木原幸治。普通の学校で例えれば教師、教習所で例えるなら教官という立場である彼は、これまで、この実習を通して数多くの優良ウェイトレスを育て上げ、全国のファミレスに輩出してきたエリート店長である。そして、この学園には、卒業生を対象に行われる一大イベントがある。それは、最高のウェイトレス“ミスファミレス”を決めるミスコンテストである。卒業生の中から選出された選りすぐりの美少女たちが、“ピュアーズ”で実習をし、客や店長の推薦で決定される“ミスファミレス”。これは、もはや業界のシンボル的な存在であり、“ミスファミレス”が在籍する店の売り上げは、200%もアップするといわれている。まさにウェイトレスにとって、夢であり希望であり最高の称号なのだ。

ローデビル!
ごく普通の学生・上田勇一は、小学生時代からの幼馴染・白妙和泉が大好きだった。しかし、恋愛に弱気な勇一に告白する勇気はなく、ほとんど諦めていた。しかし、悪魔と名乗る少女・アリスメンディとの出会いによって、諦めかけていた和泉への想いが再燃する。特殊な石を探しに人間界にやって来たアリスから、その石探しを手伝ってくれるよう頼まれた勇一は、女の子と仲良くなれる悪魔のアイテムを貸してくれることを交換条件に引き受けることになるが……。

禁区に咲く花。〜愛慾の母子草〜
主人公『及川聡』は、来春卒業見込みの専門学校生。夫とは死別し、聡を女手一つで育てた母『及川美沙子』や、従姉でもある恋人『及川日奈』との関係も良好で、平穏な日々を送っている。少しだけ悩みがあるとすれば、恋人がなかなか身体を許してくれないことと、就職がまだ決まらないことくらい。就職活動にバイトに恋愛と、ごく普通の学生生活を送っていた聡だが、ある日、些細な気持ちの行き違いから、大きな過ちを犯してしまう。しかし皮肉なことに、その事件がお互いの隠れた欲望を目覚めさせてしまう───

JKと淫行教師3〜万引き少女編〜
“城嶋神那”は学校では真面目で成績も優秀、スタイルも良く、少し大人しい事を除けば完璧な美少女。その神那が、今は書店の裏手にある事務所にいる。万引きをして、後輩と共に捕まったのだ。担任である俺には信じられなかったが、どうも魔が差してしまったらしい。学校から呼び出された俺は、解放された2人を家まで送り届ける途中、神那に誘われて夜の公園へ立ち寄る。……「今日の事、学校には言わないでください!先生が黙っていてくれるなら私、最後までだって……!」。抱きついてきた神那が、突然ズボン越しに股間を擦ってきた。あの真面目で大人しい神那がこんな事を!?「最後まで」って、ヤらせてくれるって事だよな……!?しかし、それを期待していた俺は大きく裏切られる。いつまで経っても他の事をせず、股間を撫で続ける神那。……「え?男の人って、こうやっていれば射精するんですよね?そういうお話でしたけど……」。このまま「最後まで」だって!?こんな女を前にして、擦るだけで満足できるか!馬鹿にするのもいい加減にしろ!!大きな憤りに暴走した俺は、弱みとなった万引き行為を盾にとって神那に迫る――「黙っていてほしかったら、俺には逆らえないよな……?」

JKと淫行教師4〜なまいきモデル少女編〜
雑誌でファッションモデルをやっているという2人の転入生を受け持つことになった主人公。2人は前の学校でストーカー被害に遭って、逃げるように転校してきたのだそうだ。明るくて人見知りしない「高井静歌」と、大人しくてスタイルの良い「若生皐月」。特に静歌は有名な人気モデルだけあって、クラスに瞬く間に溶け込んで人気者になった。静香に人懐こく胸を押し付けられたりした主人公は、思わずいかがわしい妄想をしてしまう。その日の昼休み、主人公は静歌に「学校を案内してほしいんですけど、“付き人さん”は?」と尋ねられる。何の事かわからないという主人公に業を煮やして、教頭を呼びに行く静歌。「このブサイクが付き人って冗談でしょ!?ほんっとサイテー!」愛想の良かった静歌は仮の姿で、見るからに性格の悪そうな今の姿こそ静歌の本性だった。教頭に命令され、この2人の付き人として面倒を見る事になってしまった主人公。付き人になった途端、静歌にアゴで使われるようになって、ストレスを溜める。しかし、そんな静歌の口から、思わぬ言葉が飛び出した。「あ〜あ、あんたに尻尾振って損したわ。そうだ、静歌に胸押し付けられてチンポ勃っちゃったでしょ?いいわよヌいてあげる。ね?皐月?」小さく頷いた皐月を置いて、静歌はさっさと教室へ戻ってしまった。廊下に取り残された主人公と皐月。そして皐月は呟く。「先生、どこか……誰も来ないような場所はありませんか……?」

妻交換〜あいつのワイフと俺の嫁〜
最近、主人公は夫婦生活がマンネリになってきていると感じていた。そんなある日、関連会社の夫婦が隣に越してきた。何とその奥さんは、主人公の中学時代の同級生!顔見知りということもあって、引越し祝いに隣に伺う主人公夫婦。気分が盛りあがり、そのままホームパーティーに。そのうち全員が酔いつぶれて寝てしまったので、主人公が食器を台所に運んでいると、隣の奥さんの“涼子”が一人で起きてくる。そのとき片付け中に指を切ってしまう主人公。傷を流水でキレイにすると止血のためにその指をパクリと咥える涼子。――「ちょっ!……ちょっと……いいって!大丈夫だから…」いいと断ってはみたものの、咥えられたその指がとても心地良い。涼子は目をつぶったまま静かに指を吸っているが、その舌遣いは少しづつ艶めいていく。萎れていたはずの男根が激しく脈動しながら痛いほどにズボンを押し上げてくる――「いや、こんな……これ………は、マズイだ……んむ」言葉の終端は涼子のキスによって遮られた……。

JKと淫行教師5〜借金姉妹編〜
主人公は某私立学校の日本史教師。ある日、金貸しをしている叔父から電話がかかってくる。聞けば、美人姉妹で名高い生徒達の親の会社が倒産してしまったらしい。多額の借金の代わりに、娘達を風俗に沈めてしまおうかという話を聞いた主人公は一計を企てる。「その借金、俺が肩代わりするよ。その代わりに…」あの二人を好きに出来る、そう考えただけで主人公の股間は張り裂けんばかりに大きくなった。そして、姉は妹に手出ししないように…妹は姉を助けるために…それぞれ身体を差し出すことを了承する。

JKと淫行教師6〜ラブラブカップル寝取り編〜
メタボ気味の教師“山田隆志”(40歳)は、校内でいちゃつくカップルを見ては、それを妬んで嫌がらせをする見下げた教育者。最近は真面目で爽やかな少年“堀口悠斗”と、清楚で愛らしい少女“野々原真白”のカップルが苦々しくてたまらない。特に少女は山田の好みらしく、邪な劣情を日々膨らませていた。そんなある日、山田は少女を「補導」と称して捕え、夜の学園へ連れ込む。そして好奇心たっぷりに少女の持ち物検査を行い意外な事実を知る――なんと、少女は恋人とはまだキスすらしていない!あんなにイケメンの恋人がいるのに、未だに処女のままだと?それならば、やる事は決まっているじゃないか!こいつを恋人から奪い、身体も心も全てを俺のモノにしてやる!!





〜 オンラインショッピング検索エンジン 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット