アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
こもれびに揺れる魂のこえ
ねぇ、僕は君の瞳に、どう映っている?小さな村で牧師として勤めを果たしていた主人公のもとへ、ある日一通の手紙が届く。名も知らぬ誰かから送られてきたそれには、まるで祈りの言葉のようにこう綴られていた。「ただ愛情を彼女たちに注いでやってください。」そこは、人里離れた場所にひっそりと立つある施設らしい。誰かのわがまま?そこは狭くもなく、けれど広くもない閉じた楽園だった。君たちは幸せ?僕は不完全だ。差出人が願うこと全てはかなえられないかもしれない。けれど、それは運命としかいいようのないものに導かれて、僕はそこへと向かった。彼女たちを救うことによって、自分を救いたいのだろうか。行こう。遠い、緑に囲まれたその場所へ…

胸キュン!はぁとふるcafe
いきなり双子の妹がやってきた!舞台は主人公が知り合いに任された喫茶店。そこに義理の双子の妹がやってきて、卒業まで一緒に暮らすことに……片方を可愛がれば、片方がやきもちを妬く。そんな、うらやましいけど大変な生活に巻き込まれてしまうラブコメアドベンチャーゲーム。

君の名残は静かに揺れて
ある日届いた有名学園への入学許可証。心当たりは全く無かったものの、『学食タダ食べ放題』の文字につられて主人公が訪れたのは、各分野の優秀な才能を持つ生徒達が属する超名門校『私立鳳繚蘭学園』!そこで彼は、一人の少女と出会うことになる。その人はすごく遠くを見ていた。寂しいとか、悲しいとか、そういう感じではない。そんな簡単な言葉ではなかった。

Flyable Heart
父親と二人暮しの主人公のもとに、ある日突然届けられた一通の封筒。その中身は、あらゆる方面に対し才能が秀でている者を集めた超有名学校「私立鳳繚蘭学園」の入学許可証と学生証だった。学食タダで食べ放題という言葉につられて学園に向かった主人公だが、いきなり花火の爆発に巻き込まれたり、女子寮に入るはめになったり、謎の転校生と言われたり、二つある生徒会に同時に目をつけられたりと、学園生活は何もかも前途多難のスタート!学園に通う個性的な生徒たちとの出会いは、果たして彼にどんな受難と恩恵をもたらすのか??

WAGA魔々かぷりちお
幼い頃、主人公『早瀬響』は、自宅隣の廃屋の庭で親とはぐれ泣いている少女と出会う。心配になって話し掛けた響。よく見ると怪我をしたのだろうか、少女の手に血が滲んでいた。その滲んだ血を優しく吸ったあと、響は持っていたハンカチを止血のために少女の手に巻いてあげた。程なくして、迷子の彼女を探しに来た執事風の大きな男と一緒に、少女は帰っていった。それから十年の月日が流れた…。幼馴染の美羽と下校途中、突如、響の頭上に発生した“不思議な魔法陣”。その魔法陣より一人の少女が“舞い落ちて”来た。少女の名は『メリッサ』。“魔界のお姫様”だという。実は、彼女はその昔、響が怪我の治療をしてあげた“少女”だった。メリッサは、響の事を“≪許婚≫”だと言い、自らの“夫”として迎えるために遥々人間界へとやって来た事を告げた。困惑する響たちの前に、追い討ちを掛けるように更なる珍客が“舞い落ちて”…。いきなり訪れた“魔界の姫君”と、彼女を取り巻く“魔界の住人たち”のおかげで、数々の不条理なトラブルに巻き込まれていく、響と美羽。果たして、響たちを待ち受けるものは……?

おしえてRe:メイド
『貴方にメイドを預けます──』その一本の電話で、再生請負人新津秋人の一年が決まった。向かう先は、長く緩やかな道の先にある学園。街の人々には『メイドの学び舎』などと呼ばれ、親しまれている場所──そして、立派なメイドになることを夢見る少女たちが集う場所である。『こいつらの面倒を俺が?』彼が請け負うのは4人のメイドたち。一人は、不運の星の元に生まれついたお嬢様。一人は、高慢ちきで反抗的な姐御肌。一人は、自分は護衛だと言い張る、的外れな無表情。一人は、歩くトラブルと称される、純真無垢な台風の目。揃いも揃った問題児たち。その問題児の4人(+α)を集め、秋人の前で行われる再々々追試……。そして散々な結果──足りないものは基礎か、技術か?常識か?はたまた奉仕の心か?──もしくは、その全てなのか。この“おちこぼれ”たメイドたちを“全員無事に卒業させる”こと。それが秋人に与えられた責務。──こうして、秋人とメイドたちの騒がしい一年が始まった──

Chu×Chuアイドる
主人公は一人暮らしをしている平凡な男子学生。特異な部分があるとすれば、学校にアイドルがいるという事ぐらい。ある日、ひょんなことから彼は、その彼女の秘密を知ってしまう。なんと、彼女は『吸血鬼の少女』と『キス』して合体!そうする事により、歌って踊れるアイドルに変っていたのである。そんな彼女達の秘密を知った主人公は血を吸われ、『主人の吸血鬼から離れられなくなる呪い』を受けてしまう。「何てことするんだ!」と少女と吸血鬼につめよる主人公!吸血鬼はにっこりと笑って「ふふふ!まかせてちょうだい!」と、主人公の呪いが解けるまで『同棲』すると宣言!主人公は人気急上昇中のアイドルのマネージャー兼家事手伝いに大抜擢される事に。アイドル吸血鬼とアイドル女子学生、そして普通の男子学生。3人の秘密生活がはじまる!

ユニティマリアージュ 〜ふたりの花嫁〜
主人公の優太郎は那代学園に通う平凡な学生。ひとつだけ普通と違うのは柚乃、マリエという幼なじみと小さい頃に『ふたりを花嫁にする』と約束をしていることであった。ある日、その平和な暮らしを乱す組織が現れる。その名は悪の軍団、機械帝国。統べるは悪の総帥、機械大統領。「オラの目的は花嫁探しだべ!重婚も当然だべや!」柚乃とマリエは優太郎との何気ない日常を守るため指輪から溢れる未知のパワーを使って変身!旦那様を守る美少女花嫁戦士となって戦うのだ!「わたし、大統領さんのお嫁さんなんか絶対ならない。優ちゃんの花嫁さんになんだもん!」「わ、私だって優太郎の花嫁さんになるんだから!」「変身!ユニティマリアージュ!!!」そして家に押しかけてくるふたりの花嫁。ふたりの花嫁に囲まれて昼は学園生活、夜はとろ〜りとしてとっても甘いエッチな新婚生活が今始まる!

しこたま〜あるじで姉妹な天使と悪魔〜
「魂が抜けるぐらい、気持ちよくしてあげる!」幼馴染みの会長に憧れている平凡な副会長、神尾遼平。ある日の学校を見周りしていると、変な格好をした2人の女の子に襲われる。なんと彼女達は、遼平の『体の中』にある『欲望の神様の魂』を 回収しにきた『天使』と『悪魔』だと名乗るのであった!その、魂を回収する方法はなんと『エッチ』!「さっさと観念しなさい」「早く脱ぎない…」そんな無茶を話す2人に、遼平の初めてはあっさりと奪われてしまう。そして、いつでもHできるようにと姉妹として2人と同棲を始める事になる遼平。所構わず迫ってくる2人。あこがれの会長も巻き込み、Hに振り回される毎日が始まる。さてはて、遼平は精魂尽き果てる前に、魂を無事抜き出す事ができるのか?

時計仕掛けのレイライン -黄昏時の境界線-
『昼と夜に分かれたふたつの世界を持つ不思議な学園を舞台に、対照的なキャラクター三人組が魔術の絡んだ難題に立ち向かうストーリー』山奥にそびえたつ大きな時計塔のある全寮制学園に新入生としてやってきた主人公。しかし、初登校の日にいきなりトラブルに巻き込まれ、学園の入り口にある高価そうな像を壊してしまう。学園長から、弁償の代わりにしばらく働けと指示された主人公は、トラブルの原因となった一人の男子生徒と共に『特殊事案調査分室』に配属されることに。大きな地下図書館の奥にある分室の部屋に行ってみると、そこには無関心な様子で一人の少女が待っていた。わけもわからないまま、二人は少女から告げられる。この学園では、本物の魔術が生きているのだ―――と。時計塔の鐘の音と共に、学園には『夜の世界』が現れ、校舎と一体化するのであると。分室の仕事は、学園で起こるあらゆる魔術的な問題を解決すること。こうして主人公たちは、様々な『遺品』に翻弄されながらも学園のために奔走することになるのだが――。

プリズマティックプリンセス☆ユニゾンスターズ
ある日突然見知らぬ世界に飛ばされてきてしまうヒロインたち。そんなヒロインたちの前に、マスコット(主人公)が現れ、元の世界に戻るためには同じように飛ばされてきたヒロインを探して集め、ヒロインたちが皆で歌いユニゾンすることで放出されるユニゾンパワーを満タンまで溜めなければならないと言われる。すると、チュチュさんが一言。「だったらみんなで一緒にアイドルグループ作ればいいのよ!!」

おたマ!〜おたく仲間はちっこいマニア〜
マンガ、アニメ、特撮などが趣味の、いわゆるオタクな主人公。そんな主人公は、ネットで知り合ったオタク仲間とオフ会を開催する事に。しかし、オフ会に現れたオタク仲間の正体は小さな可愛い女の子ばかりだったのだ。面倒見のいい主人公はリアルの女性は苦手だが、みんなに慕われ、つるんで行動するようになる。もちろん、つるんで行く先はオタク御用達のとってもこゆい店ばかり…。オタ的な知的好奇心を満足させる為、そしてエロい好奇心を満たす為に今日も主人公はちっちゃな身体相手にドキドキするのだ!

時計仕掛けのレイライン -残影の夜が明ける時-
山奥にある全寮制学園『天秤瑠璃学園』。大きな時計塔の立つその場所は、ただの学園ではなかった…。主人公・満琉は転校生としてこの学園にやってきた後、『特殊事案調査分室』通称トクサと呼ばれる役目を背負うことに。トクサの仲間である憂緒たちとともに、この不思議な学園で起こる様々なトラブルを解決する日々を送っていた。そんなある日、学園に予想外な訪問者が現れる。祖母の思い出の品を探し、はるばる異国からやって来た少女・アーデルハイト。一筋縄ではいきそうにない客人は、トクサの面々に押し付けられる。「そうね。お手並みを拝見しようかしら」アーデルハイトの探し物を巡る日々のなか、それまで当たり前のように流れていた全ての時間が動き出す。それは…学園の抱える秘密、黄昏時に交差する二つの世界。一体彼らはどこから来ているのか?どこへ帰っていくのか?そして夜と昼の境界線はいつか…交わることができるのか。新たなる謎と秘密に、主人公たちの奔走が再び始まる!

流星☆キセキ ‐Shooting probe‐
今夜も、夜空の星がきらきら光っている…星座の星と、宇宙のゴミ…スペースデブリが輝いている…。地球は今、度重なって起きた衛星軌道上の事故で、無数のデブリに覆われている。その為に、地球の宇宙開発は中断され、人々は星空の向こう側に夢を追わなくなってしまった…。全てのデブリが地球に落ちきって開発が再開される頃、俺は墓の中かもしれない。冗談じゃない!そんなの待っていられるか!俺がデブリも突破するようなロケットを作ってやる!そうして、周りから冷ややかな視線を浴びながらロケットを作り続けて、99回目の打ち上げ。今度こそ成功したと思った矢先に、なにかと衝突して空中分解してしまった。俺が目にしたのは、真っ逆さまに落ちてくる光の粒。落ちた場所に駆けていくと…そこには、ロケットを抱いた裸の女の子が倒れていた。女の子は目を覚ますと、こう言った。『ワタシ、トゥインクっていいます!地球の探査目的でやってきた、探査機ですっ』自身を探査機と名乗る女の子は、俺のロケットと衝突して一部が故障、自力で地球の重力を突破できなくなっていた。俺は自分のせいで母星に帰れなくなってしまったトゥインクを、100回目の打ち上げで、必ず宇宙に帰すことを約束する。こうして…俺の夢と未来に大きな影響を与えた、あの波乱の一夏が始まったのである。

時計仕掛けのレイライン -朝霧に散る花-
ずっと探してる。境界線の向こうの、きみを――時計仕掛けのレイライン、最後の幕がついに開く。夜ごと学園に現われていた『夜の世界』は崩壊し『夜の生徒』たちは消え去った。20年前に起こった学園での火事が、すべての原因ではないかと考える主人公たちは、『夜の生徒』として消えた仲間と再会するためにも、事件の詳細を調べ始める。一方、姿を消していた学園長は、『夜の世界』を復活させるために密かに動き出した。20年前に一体学園では何があったのか?時を操る魔女、クラール・ラズリットはどうしているのか?そして夜の生徒たちは今…。学園にまつわるすべての謎が、いよいよ明らかに。

No Reality
夜のない町「アウトサイド」。激増する凶悪犯罪に忙殺されていた政府は、治安活動を補完する事で報酬を得る職業「フィクサー」を設ける。彼らは、警察から非公式に依頼を受け難事件を解決する事を主としていた。が、彼らフィクサーには特別な権利が与えられてはおらず、不法な手段を用いる事が多かった。そのために警察との軋轢を強くしていた。主人公のニール・フォックスはかつては凄腕の刑事とも呼ばれたフィクサーである。彼は犯罪者が犯行時に見る世界「恍惚境」に転位できるという先天的特殊能力と、元刑事というノウハウを生かして、数々の警察がさじを投げる難事件を解決してきた。「アウトサイド」の一角で三人目の娼婦が殺される。警察からの依頼を受けた主人公は、その特殊能力を使い犯人が被害者を一人の女に見立てて殺している事を知る。被害者の人間関係を調べる警察、被害者に見立てられた女を追う主人公。やがてその女の存在は、凄惨な殺人事件の全容を語るのだった…

Abandoner
主人公は、枢軸軍の依頼を受けて人探しをする賞金稼ぎとなって街から出る為の金を稼いでいた。街から出る事が出来ると言われている密航船に乗るためだ。しかし、密航先のチケットを買うどころか日々を生活するのがやっとという生活を強いられていた。そんな折、破格の報酬の依頼が主人公の元に舞い込んでくる。軍の依頼ではなく、個人の依頼と言うことで少々警戒しつつも、密航船のチケットを買ってもお釣りがくるその報酬額に内心心躍る主人公。依頼内容は、誘拐された少女を救い出し、誘拐犯の身柄を抑える事。誘拐犯の大男エド・サミュエルを追う主人公。トラストラスト旧港の倉庫でエドを見つけた主人公だったが、既にエドの体は傷付き瀕死とも思える重傷を負っていた。傷付いたエドに見つからないよう少女の身柄を確保しようとする主人公だったが、へまをして見つかってしまう。重傷を負った人間とは思えない動きと怪力でエドに追い詰められる主人公。エドの誘拐したという少女“エレナ”を見つけるが、少女は主人公に怯え、倒れたエドの元に駆け寄って震えている。傷付いたエドは、「エレナをブロワに渡しては駄目だ…!」と主人公に言い放つ。その時、倉庫にトリスタニア軍が現れる。トリスタニア軍のセシリアは、エドと少女エレナを引き渡すよう主人公に銃口を向ける。ともかく少女だけでもと、エレナを抱きかかえ倉庫から逃げ出す主人公。耳を裂く銃声と鉛の雨をかい潜りながら…

恋愛教室
「はああっ……!」ため息とも気合の注入とも取れそうな、そんな複雑な呼吸を教室の扉の前で繰り返すひとりの男の子がいた。ぎこちない動きに、いくぶんか緊張が見て取れる。そして彼はぶんぶんと細かく何度か頭を振り回すと、意を決したように勢いよく扉を開け放った。「おは…」「あーっ、うわさの月島君きたきた!」「うそっ、どこどこ!?」さっそく、まるで珍獣でも発見したかのような扱いを受けてしまう彼。しかしそれに対してリアクションを示す暇もなく…。「おはようございます♪」「チィーッス!」「月島様、ごきげんよう」「月島先輩おはようございますっ」「やあ、おはよう」「んー……おはよ……」「グッモーニンじゃ、おにーちゃん☆」「は、はうっ……!」…と、まあこんな感じで一定の距離を保ちつつもクラスの女子たちが次々と集まってくる。そう。月島と呼ばれた彼は紛れもなくこのクラスにおける珍獣なのだ。昨年まで女子校だったことを考えれば、ノイズや異分子と言い換えてもいい。……え?うらやましい?いやいや、とんでもない!「ふんっ……ハーレムのつもりかしら?」「死ねばいいのに」「はは……参ったな」(昨日の第一印象が悪すぎたのだろうか?)そんなことを彼は苦笑いしつつ、脳裏で思い悩む。結果的に彼という物珍しい存在は、この教室の生徒たちを三つの勢力に切り分けていた。推進派、穏健派、そして保守派へと。「さ、HRはじめるわよ〜?」「あ」「お?」「やばっ」「じゃあね、月島君♪」「ごきげんよう」「んー…」教室に入ってきた先生の鶴の一声で、珍獣に群がっていた野次馬気分のクラスメイトたちが各々の席へと足早に戻っていく。「きり〜つ」…とくん、とくん。まだ少し、胸の鼓動が激しい。身体の芯のあたりが、わずかに熱い。彼はしばしの間、自分の胸に手を当て……そして微かに笑う。「礼〜」委員長の号令で、今日もこうして学園生活が始まる。まだ慣れない……昨日から始まった、この新しい日常。新しい教室。新しいクラスメイトたち。もしかしたらこの鼓動は、これから始まる無限の可能性を感じてのことかも知れない…。

叔母さんは蜜の味
俺は河原町昇。今年の春から都会の予備校に通うため上京する浪人一年生。都会での下宿先は親戚の園子叔母さんの家だ。ただ、必要以上に厳しいもう一人の叔母である梓叔母ちゃんとも同居するのは少し不安なんだけれども……。実は俺と園子叔母さんには二人だけの秘密がある。昔、色々有って心のバランスを崩していた園子叔母さんから当時の俺は性的な悪戯を受けていたのだ。あの時は何も分からなかったが、成長した今では叔母さんと一緒に生活して、セックスを教えてもらえることが楽しみでしょうがない。それなのに再会した園子叔母さんは「もう過ちは繰り返さない」と俺とのセックスを拒否する。しかし、そんな表面を取り繕っただけの関係がいつまでも保てるはずも無かった……。

熟女教師は蜜の味
主人公松尾知之が他校の不良に絡まれ困っているところを教頭の上桂あやめと担任の嵐山仁美に助けられて個人的な接点を持つ。二人の美熟女教師に心惹かれていく知之。そして、熱が出た知之がどちらに介抱を頼むかでルート分岐。あやめルートの場合は弱々しい知之に母性本能をくすぐられて性処理を施してしまう。以後は主人公が甘やかされるのが主体のセックス。仁美ルートの場合は弱々しい知之に嗜虐心を覚えて逆セクハラをする。以後は主人公が玩ばれるのが主体のセックス。あやめは終盤で恋愛エンドと妊娠エンドに分岐する。仁美は終盤で恋愛エンドと3Pエンドに分岐する。

コスモスの秘密
山奥にある修道院のシスターアンジェラこと美都子は、迷い込んだ美少年を保護する。部屋と食べ物を与えてくれたお礼に、美都子の絵を描く少年。素人目にも素晴らしい絵を手に微笑む少年は、天使のように無垢で、美都子は思わず見惚れてしまう。しかし少年は、肉体の欲望について驚くほど無知で無邪気な子供が甘えるように、美都子の身体を求めてきた。いけないことだと思いながらも、子供のおねだりを聞くだけと、性処理を施す美都子。そこに古くからの友人の樹里がやってくる。少年の美貌に心を奪われ、火遊びのつもりで誘惑する樹理も、徐々に魅入られ深みへとはまってゆく…。

保健室の優しい授業
海央学園に通う西院桂は、クラスの友達に彼女ができていく中、女の子と緊張して上手く喋れず、気ばかりが焦っていた。そんな桂も、気負わずに話せる女性が二人だけいた。凛々しくて頼もしい養護教師の長岡桃子先生と、いつも笑顔でおっとりしている国語担当の天神さつき先生。まさかこの二人の先生と官能的な関係になるなんて、桂も最初は夢にも思わなかった……。

ママの母乳〜いっぱい飲んでいいのよ〜
橘裕也は、小さなモデル事務所を経営している義母・香里と二人暮らし。半年前に隣に越してきた美奈子に強く惹かれているが、告白することなく平穏な日々を過ごしていた。ある日、裕也は香里がオナニーに耽りながら絶頂時に母乳を噴き出すという、あられもない姿を見てしまう。驚いた裕也は1人公園で悩んでいたが、たまたま通りがかった美奈子に誘われ、彼女の家でお茶をご馳走になることにする。母への想いに悩む裕也の姿を見て、優しく抱きしめる美奈子。「わたしはあなたを見捨てたりしない。もう二度と……」 そう囁き、美奈子は裕也のモノに口で奉仕をはじめていき……。

記憶喪失のお母さん
手塚篤は、母親、弥生と二人暮らし。父親は篤が子供の頃に他界して以来、親子二人で生活をおくっている。篤は思春期に入ると、弥生を女性として意識するようになるが、真面目な母親には受け入れてもらえないと諦めていた。ある日、弥生が事故に遭い、記憶喪失になってしまう。突然の出来事に不安になる篤だが、諦めていた弥生への想いが行動を起こさせた。戸惑う弥生に、自分の恋人だと説明した篤。記憶を失い精神的に不安定になっていた弥生は、徐々に篤を受け入れていく。長年想い続けた母親の身体の温もりを知ってしまった篤は愛情と肉欲が入り混じり、歯止めが利かなくなっていく……。

孕姫
野心家の坂神は上流社会に食い込むチャンスを探していた。そんな中、元華族の香坂藤四郎が多額の借金を重ねていることを知る。借金を肩代わりするかわりに娘をよこせと話しをもちかけるが、藤四郎は成り上がり者に娘をやれないとつっぱねる。坂神は藤四郎の不在をついて香坂の屋敷を借金の形に差し押さえ、娘を監禁する。由緒正しい家柄を手に入れるために、沙弥に自分の子供を産ませようと企む主人公。気位の高い沙弥を服従させ、身も心も手にいれることができるだろうか――

獣欲の杜
夏休み、人里離れた静かなキャンプ場での家族団欒計画が、凶悪な銀行強盗犯により悲惨な事件へと変貌する。凶悪犯達は主人公を人質にとって潜伏し、狂気の暴徒と化して母や姉、主人公に狼藉の限りを尽くしはじめる。主人公にできる選択はごくわずか。果たして彼の選択は一家をどのようなに運命へ向わせるのだろうか…。

きゅんきゅん堂 〜大人のためのお医者さんごっこ〜
主人公が経営する鍼灸院『きゅんきゅん堂』に客として訪れる白蘭。自らの一族に一子相伝で伝わる秘術を何故か日本に使う術師が居る事を聞きつけ、自らの目、身体で確かめる為に彼女は日本に渡航してきた。相手がどんな素性か知らず通常通り治療を始める主人公。最近性関係の調子が悪い事をぽつりと漏らす白蘭。性の秘術『陰々悶々皇帝波』を使った治療を主人公は白蘭に奨める。受け入れる白蘭。所詮異国のコピー術式だとタカをくくる白蘭、お手並み拝見という余裕をみせるものの、良平にイかされまくり気を失ってしまう。やりすぎてしまった事にうろたえる良平を尻目にコレ幸いと取り入り、アシスタントとして働く事を条件に強引に白蘭は『きゅんきゅん堂』に居座る事に。良平の技を習得して本国へ持ち帰る、白蘭はそう心に固く誓うのであった。

フ●ラチオティーチャー
男たちだけが通う男子校。そこはいつもスペルマの匂いでいっぱい!だが、そこに迷い込む子羊がいることも忘れてはならない。そう、教師としてそこに赴任してしまった女たちはすべて男子生徒にレイプされる運命なのだ。新卒で男子校に赴任してきた桃園ゆうか。処女でウブでレイプするのに最適!スポーツ万能レスリングの鬼叶美姫。力じゃ勝てないから、工夫してレイプを!学年主任でお局様の黒田礼子。お前の身体は飽きつつあるが、慣れてコナレタ技の冴え!誰にしようか、何をしようか、何をさせるか、どうするか。男子校では男子生徒が絶大な力を持っているのだ!溢れる若い性欲に勝てるものなど存在しない!本命ゆうかを狙い打つか。対抗美姫をものにするか。穴馬礼子をじっくりいくか。※健康のため、吸わせすぎにご注意ください。

吸尻鬼〜アナル姫肛姦調教録〜
人間の生気を吸収して生きる種族≪吸尻鬼(きゅうけつき)≫。その方法はアナル粘膜に肉棒粘膜を密着させての≪吸穴(きゅうけつ)≫!その行為では、性交絶頂とは別の果てしない快感が女たちを襲う!街を離れたとある山奥にある土地。そこには、古くからある一族が住んでいた。≪吸尻鬼(きゅうけつき)≫見かけは人間ではあるが特殊な能力を持ち、人間の女とのアナルセックスを媒介に生気を吸い取る…『吸穴(きゅうけつ)』と呼ばれる行為で糧を得る種族。一族は昔より人間の娘をさらい、慰みものとしてきた。しかし、ヒトを一人用意するのもこの現代では困難になり、その娘も幾度の吸穴においてやがて使い物にならなくなる。早急に調教を施された娘を用意しなければならなかった。こうして一族は、吸尻姫を調達・調教することを条件に、成人を迎えた吸尻鬼クロードに、人里にほど近い場所にある洋館を与える。それは全て、一族たちの精を受け止めそして一族たちが生きるために必要な精を放出し続ける、永遠のケツ穴奴隷を調教するためのものであった。ひたすらにアナルファック!ケツ穴レイプ!肛門姦!犯しまくって排泄器官を腸汁溢れる性器に変えてやれッ!

姦獄城〜淫虐の支配〜
最弱の存在であるスライムは、魔王を倒した勇者レオンの身心を乗っ取ることに成功し、富と名声を手に入れる。だが、人の身となったスライムに、『破壊』と『性欲』の衝動が襲いかかる。二つの衝動を発散するため、勇者としての立場を利用し、アスガルド王国の王女クリスとその待女のエルダ。さらには王妃のミラを淫紋の力で穢し、壊していくことを決意する。その日から、女たちと王国は、偽勇者となったレオンの手によって、淫獄の渦へと堕ちていく…!!





自動車保険一括見積もり ★500円分商品券プレゼント

動画 アダルト動画 ライブチャット