アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
妹スマイル
天涯孤独の人生を歩んできた主人公、だがある日遺産として大きな家を譲り受けることになる。一人で住むには大きすぎる、どうするか……考えもまとまらず街をブラつく主人公。街の行く先々で見かけた可愛らしい少女たち。あんな子たちが俺の妹だったらなぁ……俺にも家族がいれば、あの家で楽しく過ごせるのかもしれないのに。そんなことを思いながらも家に帰りつく。あれこれ考えてもしょうがないし…などと考えていると、誰かが尋ねてきたらしい。玄関を開けると、そこにいたのは先ほど街で見かけた女の子だった!あの……お兄ちゃんですよね……わたし……わたし、あなたの妹ですっ!物語は幕を開ける。

サムライホルモン廉価版
時は戦国、嵐の時代。強者たちが覇を唱えて兵を挙げ、日ノ本の至る所で戦火が絶えることがなかったそのような時代に、九頭竜川の東に小国「大津塚」は生まれた。わずかな領地に名乗りを上げたのは「神楽坂乃翁」と呼ばれる初老の男であった。とは言え、さしたる武勲もなく、強大な兵力もない小国のこと、ひとたび戦となれば三日も保たずに滅びるだろうと、誰もが考えていた。しかし、巷の予想に反して、大津塚が消え去る事はなかった。いや、正確には──誰にも攻め滅ぼすことができなかったのである。大津塚に野心を向けて侵攻した武将の領土は天災に見舞われ、兵や領民は病魔に倒れ、麻を薙ぐようにばたばたと死んでゆく。「大津塚は“緋天の巻物”で護られている。攻め入れば末代まで祟られる――」真偽の程は定かではないが、信長、信玄をはじめとする群雄諸侯のいずれもが“触らぬ神に祟り無し”と考えた結果、大津塚はその命脈を保ち続けたのである。そして、永禄四年の春──この物語は端緒を迎える。鎮守の森に囲まれた小城“大津塚”の殿中で、時の城主「神楽坂政親」の首を斬られた亡骸が見つかった。謀反を起こした下手人は、その夜謁見の予定があった浪人頭「堀紋十郎」とされたが、家臣達が長屋を訪れたところ、紋十郎はすでに姿を消し、大津塚から逃亡を図っていた。時を同じくして、家宝である“緋天の巻物”の紛失も判明し、大津塚城内は一気に慌しくなる。嫡男、神楽坂小十郎太は、夜があける前に侍大将数人を引き連れ、紋十郎の後を追った。また、時を同じくして、御伽衆に草を放っていた風魔の一族も“緋天の巻物”を手に入れるべく密かに動き出した。さらに、複数の刺客もまた巻物を奪わんと、紋十郎の命を狙っていた…かくして、乱世の時代、歴史の陰で日ノ本は大きな転機を迎えようとしていた……。

しゅ〜てぃんぐ妹スター☆ 〜おにいちゃん、覚悟しててよね♪〜
将来の夢に向かって邁進していた或る日のこと、突発的に両親が銀婚式のお祝いにと海外旅行へ行くことを宣言する。寝耳に水の出来事に驚く昴と妹たち。両親のいない2週間、双子の妹の遥と永遠を守らなくてはと思い悩ます昴をはた目にこそこそと暗躍?する二人の小悪魔。なんとか初日を乗り切った昴は悲壮な顔でベッドに入るとすぐさま夢の中へと旅立った。そんな昴のベッドに忍び寄る二つの影。妙にナマ暖かな感触に目を覚ました昴が見たものは、丸裸にされた自分の男性器を奪い合うように握っている二人の妹の姿だった。慌てる昴を意に介さずどちらが先に昴とHをするか相談する妹たち。抵抗空しく二人に押さえつけられたまま、交互にHをしてしまうことに。とんでもないドタバタの先には、両親たちに頼まれたからと従姉妹の四月朔日寧々が登場する。強力なライバル(?)出現に、より積極的に誘惑を仕掛けてくる遥と永遠。年下幼なじみの東西南北凪まで巻き込まれ四者四様の想いを秘めた恋の争奪戦が始まる!!

はっぴぃふぁくとりー
就職難――教育の遅れ――エスカレーター式によりそれらの問題を解決すべく試験的に設立された七峯華学園。神野崎悠はこの学園で平凡な毎日を過ごしていた。のだが……「この学園は優秀ではあるが、何かが足りない……」「それを君達に作ってもらいたいのだ!!」「この学園に足りないモノ。それは……」「幸せだぁーーーーーっ!!!」理事長からの突然の呼び出しで「ハッピーファクトリークラブ」(通称HFC)への入部を宣告される。入部資格=青春不足!?活動目的=はっぴぃ!!5人の少女とはじめる青春ストライクライフ……始動!!

天井裏から愛をこめて
将来の夢はハーレムを作ること。そんな主人公の青年が女性専用マンションのオーナー兼管理人となりました。そのマンションには隠し通路が張り巡らされていて、管理人室の押入から住人の各部屋へと伸びています。この隠し通路を使えば、住人の部屋をいたるところから覗くことが出来るのです。このマンションには、可愛い、魅力的な女性たちが暮らしています。主人公はこの女性たちと親密になることを目指して、真面目にコミュニケーションをとっていきます。健全な心の交流を目指す主人公なのですが、一方では覗きにも精を出します。可愛く魅力的な女性たち…その魅力ある女性たちの私生活、着替えシーン、トイレシーン、オナニーシーンなど…その女性の普段のイメージからは想像できないようなシーンに素晴らしく興奮してしまう主人公でもあるのです。

恋めくりクローバー 〜いつかの君へ、約束の明日を〜
主人公・相真新(そうまあらた)は、父の都合で一度離れた故郷へ戻ってきた。懐かしさと思い出が詰まった街で10年ぶりに再会した“幼なじみ”たちは魅力的な女性になっていた。子供のころから変わらず無邪気で、今なお色あせない笑顔をふりまく、小日向結花(こひなたゆうか)みんなのお姉さん役で、今では生徒会長を勤めている、新名あやみ(にいなあやみ)幼さがなくなり、落ち着いた綺麗さを纏う、坂之上未奏(さかのうえみかな)“幼なじみ”たちの魅力に戸惑いながらも、もうひとりの幼なじみ、瀬戸遊佑(せとゆうすけ)と妹の相真まひるも加えて、新しい学園生活を楽しむ新。そんな彼らに奇妙な“メール”が届く。『ボクとゲームしようよ──でないと、みんなの大事なものがなくなっちゃうよ?』幼なじみ全員に送られた、差出人不明の奇妙な“メール”。新たちは好奇心にまかせて“メール”とのゲームに挑むことにしたが……。“恋”と“友情”とちょっとの“不思議”を綴った、3つのストーリーが織り成す“絆”の物語――…。

けがれた英雄
数百年前。古より延々と続いていた闇と光の闘いに、遂に終止符が打たれた。命を賭した英雄達の活躍によって闇の眷属達が駆逐されたのだ。時は流れ、今━━。戦の記憶は忘却の彼方に。勇者達の活躍は石碑に刻まれるのみ。平和に溺れ、病んだ快楽にどっぷり浸る人々の間に満ち溢れる、強欲、大食、高慢、嫉妬、憤怒、怠惰そして死。退廃の日々のなか、迫り来る闇の眷属の復活の兆しに気づく者は、誰一人としていなかった。再び闇の眷属がその忌わしい姿を表した時、人々の元に送り込まれて来た尖兵を見て人々は驚愕する。そこには魔族の装いに身を包んだ、かっての英雄の姿があったのだった……魔に身をやつす勇者は、『魔』に与した証として両手に邪悪な魔物を棲まわせています。秘めた想いを心に宿し、次々と街々に火をかけ、残忍に女子供を喰い、非道の限りを尽くして次々と武功を上げ、魔の中枢に近づく、それこそが彼の真の目的だたのですがそんな彼の前に、かっての己と同じ志を胸に秘めた、帝都を守る聖女達が立ちはだかります。魔王復活への生贄に皇女をさらえ。徐々に“魔素”に犯されていく、すさむ心。聖女達を打ち負かし、嬲り、辱め、穢し、極悪の限りを尽くす。あと僅かな時間しか心を保っていられない今、“勇者”が下す決定とは…!?果たして彼の復讐は遂げられるのだろうか!?

プレゼンス
平凡な町並みが続く、ごくありきたりの風景、日々平穏に続く毎日。主人公はそんな日常にうんざりしているごく普通の青年。非現実的な冒険を夢想する彼が、ある日見知らぬ少女との出会いをきっかけに絶え間ない「日常」が、抜け出せない「悪夢」となって襲い掛かる…。繰り返される「一週間」。ある日を堺に、自分だけがその「刻」の中に取り残されてしまった。それは、何の変哲も無い主人公を「刻の歪み」が捕らえたからだった。何気なく繰り返される毎日。モノトーンに染まった世界。自分だけが過ぎてゆく時の流れ。決して訪れることの無い8日目の朝。延々と繰り返される「毎日」に疲れ果てていく主人公。そんな時、彼の目の前に不思議な少女が現れ淀んでいた「刻」に変化を与えるのだった…。

ECLIPSE-絶対奴隷計画・喪失処女-
22世紀という少し先の未来、外界から隔絶された月面の実験病棟で、実験の名のもとに日々繰り返される「調教」。主人公は少女達を支配し、「遺産」と呼ばれるモノを掌中に収めることができるのか!?〜近未来SF調教ADV

黒愛 一夜妻館・淫口乱乳録
冒頭、主人公の幼馴染みで姉代わりだった内海綾香が倒れる。彼女は生まれつき病弱で、4ヶ月後までに大手術をしなければ、余命幾ばくもないというのだ。だが、その費用は莫大で、綾香の親も、ましては主人公になど工面出来ようはずもない。そこで彼女を救う為、都心に住む遠い縁者の叔母を尋ね手術代を主人公は借りに出向く。そんな彼を出迎えたのは、都心にあるとは思えない、生い茂る緑に囲まれた「館」であった。古風で威厳ある佇いの屋敷に、叔母と名乗る美少女 荒神六華と、物静かなメイドの少女十川葉月が現れる。懸命に「金を貸してくれ」と訴える主人公に対し、館の女主人である六華が条件として提示したのは、「猟犬」の如く街を徘徊し、美女を見つけ、館へ連れ込む事であった。驚愕する主人公に追い打ちをかけるかの如く、少女は捕えた美女達を「種馬」となって「孕ませろ」と命じるのだが……

凛辱の城 傀儡の王
王の統治に民が信頼を寄せ、街がにぎわう『ミッドガルド王国』。一見平和にも見える王国。しかし、大陸の上には『アースガルド』と呼ばれる魔王城が浮遊していた。人の手では高く届かないアースガルドだが、大陸とアースガルドは『ビフレスト』と呼ばれるゲートで地上と結ばれており、相互の交通が可能となっていた。交通といえど天空の者も地上の者もゲートをくぐるのは、皆武器を構えた者ばかり。血で血を洗う凄惨な戦いが幾度も繰り返されてきた。主人公は『ミッドガルド』で数々の功績を上げ、君主や民に絶大な信頼を寄せられている剣士。その日はついに魔王城への進攻が行われる壮行会。主人公は婚約者の王女と誓いを立てて旅立った。数々の魔物の強襲を切り抜け、主人公がようやく潜入した『アースガルド』城内はやけに静かだった。そこの玉座にて姿を現した魔王もあっさりと倒してしまう。そして欣喜する主人公の前に現れるのは、共にここまで激戦を切り抜けてきた仲間の兵士達。だが喜び駆けつける主人公に、彼らは剣を構えて口走った。「現れたな魔王!!ミッドガルドの平和のため、参る!!」驚きと戸惑いに混乱するも本気で命を狙ってくる彼らに無抵抗ではまずく、その場は撃退してしまう主人公。その一部始終が済んだ後、一人の少女が姿を現した。そして先ほど倒した魔王と同じ姿になっている主人公を、鏡に映して見せて言う。「これからはお前が魔王となり、人を襲い女を犯して生きるのだ」……犯らねば殺られる主人公の、守るべき民への凌辱が開始される。

淫辱都市 / 堕天の贄
一条流霞(いちじょう・るか)は繰り返される日常に辟易していた。表向きはさわやかで優等生な好青年を演じ、でもその裏では『自分の手で世界を変えたい』という野心を持って、その目的のために日々を生きていた。そんな流霞の前に、「ひとつだけ願いを叶えてやろう」とそそのかす、文字通りの小悪魔が現れる。彼女の名は「メフィスト」。地獄の大公とも呼ばれ、強大な力を誇っていた彼女だが、今はその力の大半を敵の「教皇庁」に奪われているのだと言う。その力を取り戻すことを条件に、流霞とメフィストは契約を結んだ。一方そのころ、教皇庁はメフィストを完全に消滅させんが為、7人の刺客を差し向けていた。東京の夜を舞台に、ルカとメフィストの融合した魔人―ナイトメア―と、教皇庁の戦いが始まる。

まかぱらっ! 〜あの世でめちゃモテ〜
目が覚めたら、そこには……俺のムスコを一心不乱にしゃぶってくれる色っぽいお姉さんが居た。突然そうなってたことへの驚きや疑問なんて、ムスコに絡みつくお姉さんの長い舌の前じゃ、まるで無意味。――いや、でもちょっと待ってくれ。お姉さんの舌、俺のムスコよりはるかに長いんだけど……?俺、「月見里純一(やまなし じゅんいち)」はサエない学生。なんのとりえも自信もなくて、だからもちろん、好きな女の子に告白なんてできるはずもなく、毎日を地味〜に暮らしていたのが俺の現世。ま、地味でもそれなりに仲のいい友だちも居たし、母さんはいないけど父さんと妹との暮らしは、平和で幸せ……だった。『だった』って言うのは、それが生きていた頃の話だから。そう、ここは死後の世界――『魔界』。転生(?)した俺が現れたのは、その『魔界』でも由緒ある女子校、「アルマデル女学院」!昇天した俺を更なる昇天へと導いてくれた、舌の長い保健教師のお姉さんだけじゃない。そこで出会うのは可愛いくてキレイな美少女ばかり!さらに……なんと俺は、『魔界』じゃ伝説とされる「淫魔王」の魂を受けついでいる、だって!?えっ?『魔界』に無用の混乱を起こさないため、しばらくこの女子校で暮らしてもらう???「淫魔王」なんて呼ばれてみても、中身は結局、現世と同じ俺のまま。女の子慣れしていないあたりも、やっぱり変わりないワケで……残してきた家族のことが気になるし、何とかして元の世界に戻りたいけどそのためには「淫魔王」の力をうまく制御して、666年と6ヵ月に一度現れる異界への門を開かなくちゃいけないらしい。……俺って一体、これからどうなっちゃうの!?

プリーズ・レ○プ・ミー!
「私にはレ○プされたがっている女がわかるのだ」世の中には、男に犯されることを望んでいる女がいる…。表向きにはそんな態度をおくびにも出さないでいるが、みんな心の中では望んでいる。男に乱暴に犯され、レ○プされたいと求めているんだ!おれがその望みを叶えてやる…。あいつらの口から言わせてやるんだ!『プリーズ レ○プ ミー』ってな!

黒の歌姫
主人公はかつての歌姫に【封印】された【淫魔王】。かりそめの【復活】を果たしたものの未だ以前のチカラには遠くおよばない。敵は魔王の完全復活を妨げる【五人の歌姫】。溜まった恨みと【獣欲】を彼女達に叩きつけ己を【解き放て!】

おれつま!
大学4年生の榊原健介(さかきばら・けんすけ)は、就職先も決まらず、人員削除という事でバイトもクビ。何かに焦りながらも日々平々凡々と暮らす毎日を送っていた。新しいバイト先でも探さなくちゃなぁ……とアルバイト情報誌を読んでいると、とある割の良いバイトを発見する。「求む!マンション管理人!住み込み月給20万!」履歴書を送って、面接の日……なぜか管理人室で鳳麗奈(おおとり れいな)と名乗る綺麗なお姉さんにパイズリをされていた。まったく訳のわからない状況だが、チンポと性欲だけは人一倍な健介は麗奈を押し倒してSEXをしてしまう。SEX後、精液と愛液、涙とよだれといろんな汁にまみれ、息も絶え絶えな麗奈を見て我に返る健介。「す、すいませんでした……そ、その、俺っ……失礼しますーっ!」自分のしたことの後始末をどうしていいかわからず、俺は一目散にマンションから逃げ出すのだった。翌朝。「あんた何ヤリ逃げしてんのよ!さっさと来なさい!」と麗奈に呼び出され面接をした管理人室まで行くと、面接は『合格』だという。タナボタすぎてまだ実感が湧かない管理人だけど。「よし!まずはみんなの顔を憶えて、みんなに俺の顔を憶えてもらう。それが管理人としての第一歩だ!」間違いなく、ここから新しい生活がはじまるのだ!

ノーブレスオブリージュ
いやー、驚いた。何に驚いたかって?いきなりやってきた綺麗なお姉さんが、メイドとして俺にお仕えします!なんて言い出した事にさ。そりゃ、俺も男だから?綺麗なお姉さんにかしずかれて悪い気もしないし、浮かれもしたけどよ。しかも、このお姉さん……あの 『ノーブレス・オブリージュ』 に所属するめちゃくちゃ有名なメイド・サーヴァントだっていうじゃん。今のご時世、あそこに登録されているメイドさんを雇うって事は社会的な成功を収めた証ってな感じで、ちょっとしたステイタスになってるくらいなんだぜ?実際、世界中の有名人には大抵イカしたメイドさんが仕えてるしな。一昔前、N.O.のメイドさんが一杯の紅茶で戦争を止めた……なんて話もあるくらいで、今じゃその名前を知らないヤツは完全にモグリ扱いされちまう。はばかりながら、この俺、「冴木煌司(さえき こうじ)」は、確かに祖母ちゃんの言いつけを守って「世界中の人から愛される漢」を目指しちゃってはいる。それを成し遂げた時に、超弩級のメイドさんが俺の隣に控えている事は、ある意味必然と言えるだろう。しかし、さすがに今の自分がメイド・サーヴァントをかしずかせる程に、漢を磨ききっているとは到底思えない。なんでも祖母ちゃんと縁のある人からの依頼って話だけど、それが誰なのかもイマイチはっきりしないんだよなー。『天川遊莉亜』さんって言ったよな、確か。一体、あの人……どういうつもりで俺のトコなんかに来たんだろ?ゆかりさんも思いっきり怪しんでたし……なんかこれから先、思いっきり一波乱ありそうな気がするぞ。

テラべっぴん
主人公・橘一樹と神楽京香は幼馴染み。2家族揃って訪れた旅先で山道を散歩していた2人は突然雨に降られた。古びたお寺で雨宿りをしていたところ、そのお寺の少女・不動森羅にもてなされ、ゲームをしようと誘われる。森羅の知り合いらしい松平雪も混じって楽しく始まったゲームだが「ゴールしないと帰れない」という。 確かに出口もどこだかわからず、あきらめた一樹がゲームのくじ引きをすると今度はピンク色のカード。その色を見て森羅は「なかなかに面白いことになってきたのぉ…」とほくそ笑んだのだった。不思議な空間で、今、怒涛のエロイベントが始まる――!

麗辱の館 〜淫縁五姉妹汁姦記〜
知り合いの紹介で名家の館へ住み込みで働き始めた主人公:大地駿。そこに住むのは魅力的な五姉妹たち。欲望を引き寄せる肢体、莫大な財産、地位と名誉に恵まれた、すばらしい女性達。孤児だった主人公は、何も持っていなかったからこそ、今自分の目の前にあるモノ全てを手に入れようと、手段を選ばず行動を始めた。最初は戸惑っていた女性達も、刻み込まれていく快感に抗えなくなり、徐々に溺れていく――――。宿命と陰謀に血塗られた凌辱の扉がいま開かれる……。

サド★部〜S女に虐めヌかれ部〜
部活。それは、振り返れば一瞬で過ぎゆく青春の1コマ、学生生活の大きな時間を占めるグループ活動。「お茶しませんか?」これが夢にまで見た逆ナン!しかしそれは茶道部の勧誘だった。どの部活に入るか決めていなかった自分には丁度良かったのかもしれない。茶道部には可愛い先輩に美人先生!これで自分も充実した青春を過ごせると思っていたが、それは甘かった。そう、ここは「茶道部」の名前を被った「サド部」だったのだ!見た目もエロイお姉さんに、ゾンビの様に襲われ、裸に剥かれて拘束されて、部活のみんなの前でチンポを足コキされて一瞬で射精させられる!悲しき童貞の性。「これがM男……」勝手なM男判定に、思わず涙がこみ上げる自分。狂喜する先輩方……。何?その達成感のある表情……。「Sはサービス、Mはもてなし」なんだそれ?M男を餌でS女大量獲得って!何それ?先輩方は、全員SMに興味津々!理想のM男になるための調教の日々が今始まる―――。

淫虐の学園 〜猥堕に蔓延る復讐の罠〜
「放してっ!!私っ、死ぬんですっ!死にたいんですっ!」主人公・所沢紅花(ところざわこうか)は、屋上で自殺を試みている少女を羽交い絞めにした。「一体何があったんだ!?」紅花は、胸の中にいる女生徒──中井由梨(なかいゆり)を抱きしめたまま事情を問いただす。由梨は、クラスメイトの東伏見すみれ(ひがしふしみすみれ)と野間口晶(のまぐちあきら)の2人から、性的いじめを受け続けていることを苦に、自殺しようとしていたのだ。度の過ぎたいじめに紅花は憤り、担任の野方楓(のがたかえで)へ訴えるが、「生徒の問題は生徒間で解決しなさい」と相手にされない。それどころか「所沢紅花がいじめの加害者では?」と生徒会長の鷺ノ宮彩夢(さぎのみやあやめ)から疑われ、結局、濡れ衣で停学となってしまった。教師も生徒会も味方になってくれない状況で、何が出来るというのか。由梨ばかりでなく自身も追い込まれた紅花は、復讐を決意する!

ルーンロオド
そこには、巨大なロボットが、居た。体育館の屋根を突き破って、床の上にまで、届いている。さっきの奴か!?落ちてきた!?オレはもっと近くで確かめようと、痛みをおして、立ち上がった。ジゼル「ちっ!私の隙をついたつもりか!バルトロメウス!」正義「え?」砂埃の舞う中、オレの隣に、いつの間にか見知った姿があった。ジゼル?なんで彼女が、こんなところに…。正義「うわっ!?」再び轟音が起こり、校庭に突風が湧き上がる。驚いて振り向くと、体育館に落ちたロボットと相対する形で、もう一台ロボットが降りて来るところだった。こちらは最初のロボットに比べると、ずっとスマートな着地を披露する。ジゼル「ここに居ては、危険だぞ!早くこの場を離れろ!」正義「え!?ちょっと、ジゼル!」僕に逃げるよう指示して置きながら、ジゼルが自分から、体育館にめりこんだロボットに近づく。おいおいおい、いったいどうなっているんだ!?

MA☆KO HUNTER
男ばかりが住む島―シェンダ。女ばかりが住む大陸―マンネ。太古の昔、女たちはその圧倒的な能力で男を排除し、非力な男たちは大陸から追われ、男だけの世界を作った。ふたつに分かれた世界で、男女は相容れぬ存在としていがみ合ってきた。力を持つ者が絶対王者の世界で、女にとって男は、子を孕むための種を製造する生物になり下がった。いわば、種の存続のためだけに存在を許されている生物、それが現在の男女の関係。これは、そういう世界のお話。―だが、それはあくまで世界の事情であって、俺の事情じゃない。女が怖い?女に逆らえない?女に勝てない?そんなのは、無能のいい訳だ。弱肉強食が世のことわりというなら、喰う立場に回ればいいだけのことだろう。「さあ喜べ。お前は俺の嫁に選ばれたー!」無頼のハンター獅子王(レオン)は、今日もまだ見ぬ嫁を探し大地を駆ける―――

euphoria(HDリマスター)
その檻は、地獄か楽園か。目を覚ますと、見覚えのない白い部屋にいた――白い密室に閉じ込められたのは、主人公・高遠恵輔と6人のヒロインたち。幼なじみの帆刈叶、クラス委員長の安藤都子、後輩の蒔羽梨香、英語教師の葵菜月と、同学年の白夜凛音、そしてクラスメイトの真中合歓。異常な状況に混乱する彼らに、突如として“謎の声”が告げる。「これからゲームを開始します」この部屋から脱出するためには、恵輔が“開錠者”となってヒロインの一人を“鍵穴”に設定し、指定された行為を行って“鍵を開ける”必要がある。その理不尽かつ過激で背徳的な行為の内容に、都子は逆上し、“謎の声”を激しく糾弾する。突然の暗転。悲鳴をあげる少女たち。再び白い空間が白い光で満たされた時、彼らの目に飛び込んだのは、グロテスクな拷問装置に拘束された都子の姿だった。「ゲームを放棄した者には死を」声と共に装置に電流が流される。白目を剥き失禁、脱糞する都子。悲鳴をあげ、泣き叫び、動揺するヒロインたち。しかし恵輔は、そんな都子の姿にいい知れない昂奮を覚えていた。恵輔には秘密があった。女性に対する破壊衝動と凌辱願望―――それは、誰にも知られてはならない忌むべき衝動だった。だがそんな恵輔の秘密は、合歓に見透かされてしまう。合歓は秘密を盾にして、主人公に服従を強い、唇を寄せる。「これは契約のキス」恵輔は合歓の意外な行動に動揺しつつも、大切な叶を守り、脱出するため、ヒロインたちを犯すことを決意する。はたして恵輔は無事に白い部屋から脱出し、日常に戻ることができるのか?それとも自らの暗い衝動に飲み込まれてしまうのか……―――結末を決めるのは、主人公であるあなた自身です。

かけた月は戻らない
敗戦の兆しによる虚脱感と、長く苦しい生活による倦怠感に洗われていた時代。小説家を営む健次の元に『御引き合わせしたい人物がいる』という差出人不明の電報が届く。指定の場所に彩江という婦人がいた。導かれるままに彩江が連れて行く洋館に踏み入れる。摘み取った花に囲まれ自慰行為をしている少女。健次が脱ぎ捨てた靴を整頓しては再び崩す侍女。異様な光景を前に彩江は告げた。『お願いです!あの娘達を助けてください!』奇人病に侵された館の住人は、生の時間が限られていた。館の名前は『悲願華』。『彼女達に残りの時間だけでも、ゆとりを与えて欲しいの』足元で泣きながら願いを請う彩江を前にし、健次は断ることが出来なかった――。

フラテルニテ
強姦された少女は救いを求め、家族と共に新しい街に移住する。姉のために移住した街でとある少女に出会い、仄かな恋の予感を覚えた少年は、怪しげな団体に属する少女と姉を救いたいと願う。過酷な現実からの救いを求める少女たちと、そんな彼女たちを救いたいと願う人々。同じ救いを目指しながら、両者の思いはすれ違い、交わることなく、救済という名の悲劇を生んでいく──

えろげー!〜Hもゲームも開発三昧〜(HDリマスター)
「ぷはーっ!ヌいたーっ!」窓から朝の光が差し込む、午前9時の6畳間。買ったばかりのエロゲーに精力を注ぎこんだオレは、用済みになったティッシュをゴミ箱に放りなげた。もう1発…といいたいところだけど、11時から面接だ。そんな大事な日に、なんで朝からエロゲーでオナニーしてるかって?フッ…愚問だな…。それはオレが、エロゲーを愛しているからだっ!!そう、オレが今日受ける面接は、エロゲー会社の採用面接!…といってもオレは絵は描けない。シナリオだって書けないし、作曲なんか絶対ムリ。オレにあるのは、今までプレイした千本近いエロゲーの知識と、そして何より、エロゲーへの情熱だけ。当然、たくさんの会社に落ちてきたけど…でも今日こそは、絶対に!なんとしても!エロゲー会社に就職して、オレもエロゲーを作るんだ!…というわけで、ようやく受かった会社「フラワー」は、なんと倒産寸前!次回作が売れなければ消滅確実…っていうか既に給料すら出やしない!そのかわり、スタッフはみんな、可愛い女の子ばかり…と思いきや、一癖も二癖もある人だらけで…それぞれ才能はあるのに、エロに対する知識と熱意が圧倒的に足りない!そのスタッフで作る次回作は、なんと凌辱もの!?このままじゃ、せっかく就職した会社がなくなってしまう…!でも、オレは負けない!あきらめないからな!!「エロいエロゲーが作れるように、オレ頑張りますっ!!」

凌辱学園長/奴隷倶楽部 〜読心調教録〜
『饗宴の赤』。そう呼ぶ者もいるが、その秘密地下クラブの関係者に固有の名前は存在しない。そして饗宴に相応しい牝奴隷という名のメインディッシュを振舞う人間を、このクラブでは饗応師と呼ぶ。ある饗応師の元に使者から届いた一通の封筒。分厚い紙を使った赤い封筒に、赤い蝋燭。それは『饗宴の赤』からの招待状だった。「都心から急行で2時間ほど離れた場所にある三架谷(みがや)市。そこにある有名私立学園を、無能で善良な前学園長から取り上げた。その学園に通う良家の子女や普通の娘などを指導し、地下秘密クラブに送り込んで欲しい。そしてゆくゆくは学園を専用牝奴隷牧場にしたい」饗宴の赤の使者は、そう饗応師に依頼した。饗応師は思う。ターゲットになる女のそれぞれの特性を生かし、心を読み、追い詰め、屈服させ、そして牝奴隷として開花させる。そこが饗応師の腕の見せ所であり、その過程にこそ快楽があると言って過言ではない。知性と五感と肉欲……、女の隠された欲望を暴き、劣等感を刺激し、逃れられない背徳の快楽へと引きずり込んでいく。女を内側からも外側からも、後戻りできない程に変えていく―――その過程が好きだ。俺には心を読む力がある。牝奴隷指導は最大級の娯楽であり、本気のゲームでもある。リスクのない賭けなどには興味は無い。退屈なゲームなどする価値もない。やるならば、本気のゲームだ。

黄昏に煌く銀の繰眼
「今の自分を変えてみたいか?」灰色の隙間に射し込んだのは逢魔が時の空の色。夕闇に立つ少女の発したその一言が、俺の灰色に沈みこんだ日常をぶち壊した。「思うがままに生き、今までを覆すような力を手にして、そこから這い出したいか?」朱から紫、紫から闇。夕陽の光も瞬く星の輝きも、全てを呑み込み圧倒するグラデーションの中で俺のなにかが変わっていく。俺の暗く沈んだモノトーンの日常が、妖しい少女の笑みと共に鮮烈な色彩を帯びた世界へと変貌する。力と共に漏れ出す、なんとも言えない禍々しさすら覚える笑い。俺の中で抑え付けられていたものが解き放たれるその予感と、この手に与えられた力の可能性が、久しく忘れていた夢と希望を思い出させる。気力も湧かず、ただ流されていた俺の中に泡立つような活力が漲り、足元にまとわりつく気怠さからその身体を押し上げる。息苦しい泥沼の中から、ついに這い上がれる時が来た。俺に与えられた時間は13日間。――そして、俺に与えられたのは、人の心をねじ伏せる力。「ふふっそうだ。せいぜい楽しむがよい。13日間をな。」……楽しめ、だって?ああ、楽しんでやる。俺のことを見下してくるあいつら。俺の周りに付きまとってくるわずらわしいあいつら。俺の視界の中で嘲笑っているあいつら……。そんな奴等に抑え付けられ、押し潰され、嘲笑われていた日々から、俺はこの力で解放される。……そうだ、今度は俺の番だ。今までの分を、取り戻してやる。抑え付け、押し潰し、嘲笑ってやる。俺が満たされなかった分を、この13日間ですべて取り戻す。――満たされるのなら、取り戻せるのなら、この俺に14日目の朝は必要ない。

こっすこす! HDリマスター
主人公「柏木勇」は何の変哲もないごくごく普通の大学生。1人暮らしをしたいために都市の大学を受験し、地元から出てきてもう3年。職業モノ・アニメモノを問わない無類のコスプレ好き。「いつか彼女を作ってコスプレHしたいなぁ…」と夢見る毎日。そんなある日、勇が目を覚ますと眼下に2人の美少女。「ぺろ、んっ…れろぉぉ…れろ、んっ…れろぉお…っ」「ちゅ、れろっ、ちゅぅぅぅ…れろっ…ちゅちゅちゅ」あろうことか一心不乱に勇のナニをペロペロする2人。「ちょ、ちょっと待っ…!てゆかキミたち誰ー!?」「アルテ?アルテはアルテだよ」「あたしはトリア。女王候補のひとり、トリアよ」「女王候補?」「えーっとねー、アルテたちはねー、魔法の国(笑)から来た魔法少女なんだよー!」「そしてアンタの精液をより搾り取った方が女王になれるの!さぁ!神妙にしなさい!」突如現れた2人の魔法少女(?)と幼馴染の祈里、階下の住人の真菜、管理人の千尋と他1名を巻き込んで、コスプレとHとラブラブの日々が、いま始まる…!





〜 原付・バイク保険一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット