アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
ただかの〜正しい彼女の作り方 DL版
春休みに入ったある日、主人公・木綱和也(きづな・かずや)は幼馴染の倉木若菜(くらき・わかな)にいまだ告白できてないことを悔やんでいた。けれど、この後悔は今に始まったことではなかった。若菜を異性として意識した頃から何度も告白しよう、告白しようと思い続けていたからだ。だが、断られるのが怖くてずるずると告白を先延ばしし、気づけば彼女いない歴=年齢を重ね続ける結果となっていた。そんなある日のこと、高校時代からの親友である柏木陽介(かしわぎ・ようすけ)が倉木若菜に告白し、OKの返事をもらったと、うれしそうに和也に伝えてきた。若菜に告白することもなく、失恋してしまった和也はそのショックで引き篭もるようになり、毎日楽しげに若菜と遊んでいるメールを送ってくる陽介に対して嫉妬するようになっていく。そんな日々を過ごすうち、自分に嫌気が差し、このままではいけないと思い至った和也は己を変えようと決意するが、具体的にどうしたらいいかが分からない。そのとき和也は、たまたま先日知り合った、自称・恋愛道の達人と称する老人、神原泰三(かんばら・たいぞう)のことを思い出す。かなり胡散臭い「自称」だが、藁にも縋る気持ちで和也は泰三に弟子入りを志願したのだったが…

禁親相愛〜母に恋した僕〜 DL版
物心ついたときから、母と僕とは広い家に二人きりで暮らしていた。若く美しい母は、小さな頃から自慢だったが──いつからだったろう、家に招いた友人が、本気で母に恋するのを見て嫉妬を感じるようになり、僕は、友人を家に招かないようになってしまった。本当は、早く社会に出て、母に楽をさせてあげたかったけれど「今時、大学くらいは出ていないと」という母の奨めもあって僕は大学に進学した。30も半ばになろうというのに、相変わらず、母は可憐で美しい。僕は──そんな母に対して、肉親に対する以上の愛情を感じながらも、表面的には仲の良い親子を演じていた……。そんな危ういバランスで保たれていた親子関係は、僕自身も知らなかったある秘密の存在によって、いともあっさりと、音を立てて崩壊した。そして僕は──愛憎と肉欲の泥沼に墜ちていった。

誘惑女教師 熟れた蜜の味 DL版
主人公、吉岡彰(よしおか・あきら)は、親の仕事の都合でひとり暮らしをしながら都内の某学園に通う学生である。彰はどこにでもいるようなごく普通の少年だったが、なぜか同年代の女性にはあまり興味が持てず、性的な興味の対象が年上女性のみに向けられる、という点が普通とは異なっていた。そんな彰には、学園の中に気になる年上女性が3人いた。ひとりは、自分の担任である英語教師の綾瀬雫(あやせ・しずく)、そして、養護教諭の栗山美潮(くりやま・みしお)、3人目が学食で働いている松坂千波美(まつざか・ちなみ)である。しかし、それはあくまでも『憧れの対象』であり、自分が実際に、彼女たちとどうにかなることなどということはあり得ないと考えていた。だが、様々な経緯から、彰は3人の女性たちそれぞれと近づく機会を得て、紆余曲折を経たのち、最終的には肉体関係を持ってしまう。そして彰は、成熟した女性が見せる『もうひとつの顔』をかいま見るとともに、その性愛の深淵を体験することで、大人への階段を上っていった…。

絶対服従 借金母娘の性的隷属債務返済
主人公、篠原昌(しのはら・さかえ)は、企業相手のアンダーグラウンドな金融、いわゆる「ヤミ金」の社長である。融資の返済が滞っている会社社長宅に取り立てに言ったところ、その妻とひとり娘とから、それぞれ別々に面白い提案をされた。それぞれが昌に「返済を猶予してもらう代わりに、自分の肉体を好きにしていい」と持ちかけてきたのだった。女に不自由しているわけでなし、いつもだったらそんなふざけた提案は即座に蹴飛ばすところだが、このときはなんとなく「上品な社長母娘をとことん貶めて、肉奴隷にするのも面白いか…」と思い、昌はその提案を受けることにした。そして、借金のカタに自分の身体を差し出した母娘、御子神佳乃(みこがみ・よしの)と御子神紫音(みこがみ・しおん)のどのような命令にも絶対服従を強いられる、屈辱的な性的隷属の日々が始まった……。

黒髪清楚なビッチ処女彼女とのラブラブ肉便器ライフ
彼女いない歴=年齢だった俺、六分儀諒(ろくぶんぎ・りょう)にも、ついにカワイイ彼女ができた。ロングヘアーの黒髪が似合う清楚なクラスメイト、菖蒲沢時雨(あやめざわ・しぐれ)ちゃんだ。お互いに生まれて初めての彼氏彼女ということで、手探りの交際を続けてきたが、なんとか順調にお付き合いを進め、そして今日はいよいよ彼女が俺の家に遊びに来る日だ。両親は町内会の旅行で留守。──にも関わらず、家に遊びに来るということは……やっぱり時雨ちゃんも「そのつもり」だと言うことだ。そうに違いない。だが、その日を境に、時雨ちゃんとその大親友の柚原凛(ゆのはら・りん)ちゃんという、ふたりの美少女に(性的な方面で)振り回されることになる……ということを、その時の俺はまだ知る由もなかった。

母と叔母と僕 〜禁断の官能トリプルパック〜 DL版
【叔母の寝室】どこにでもいる、ごく平凡な学生である主人公の健太は、清純で可憐な美少女である2歳年上の従姉妹、玲那にほのかな恋心を抱いていた。しかしある日、ほんの出来心で玲那の下着の匂いを嗅いでるところを玲那の母であり、健太にとっては憧れの叔母でもある、妖艶な美女、鞠乃に見つかってしまい、半ば責められながらも誘惑され、そのままずるずると関係を持ってしまう。健太は、玲那への愛情と、鞠乃への肉欲との板挟みで苦しみながらも、抗いがたい鞠乃の魅力の前に、いつしか、若く美しい叔母にかしずく奴隷と化していく…。【年上Lesson 〜義母と叔母と女教師と〜】主人公、沢村美津雄は、受験を控えて育ての母である安奈の妹であり、大会社の役員秘書をしている叔母の梨花に英語の個人教授をしてもらっている。ある日、美津雄はパソコンに保存していた卑猥な画像を梨花に見られたのをきっかけに彼女から誘惑される。女性に対して興味津々の美津雄はその誘惑を拒むべくもなく、梨花に誘われるままに、目くるめく官能の世界へと足を踏み込んでいってしまうのだが…。【禁親相愛 〜母に恋した僕〜】物心ついたときから、母と僕とは広い家に二人きりで暮らしていた。若く美しい母は、小さな頃から自慢だったがいつからだったろう、家に招いた友人が、本気で母に恋するのを見て嫉妬を感じるようになり、僕は、友人を家に招かないようになってしまった。本当は、早く社会に出て、母に楽をさせてあげたかったけれど「今時、大学くらいは出ていないと」という母の奨めもあって僕は大学に進学した。30も半ばになろうというのに、相変わらず、母は可憐で美しい。僕は──そんな母に対して、肉親に対する以上の愛情を感じながらも、表面的には仲の良い親子を演じていた……。そんな危ういバランスで保たれていた親子関係は、僕自身も知らなかったある秘密の存在によって、いともあっさりと、音を立てて崩壊した。そして僕は──愛憎と肉欲の泥沼に墜ちていった。

PUZZLEBOX REMIX ヒロイン・ショーケース
パズルボックスがこれまで発表してきたゲームから厳選したヒロインとエロシーンを抜き出しひとつのパッケージにまとめた、パズルボックスのショーケース!完全新作エピソード【淫熟マンション〜丹谷まりあ編〜】を含む、全10タイトルを収録!登場ヒロイン数は全部で34人、総イベント枚数は200カット超の破格のボリューム!【その他収録作品】さくらリラクゼーション/に〜づまはセーラー服/叔母の寝室/年上Lesson/シャッターチャンス・ラブ/欲望の王国/欲望の牢獄/淫らな車窓から/禁親相愛

幻月のパンドオラ
相坂文樹はちょっとばかりゲーム好き・妄想好きではあるけれど、ごく普通の一般的男子…のつもりだった。春休み最後の日、達成感やコミュニケーションをゲームの中でやりきってしまうことに危機感を覚えた文樹は、新学期という区切り、遅まきながら部活を始めようと決心する。趣味で小説を囓る文樹は文芸部へと考えていたが…結局、決めたのは一字違いの『電芸部』それは…生徒会長のワガママで創られた実質ゲーム研究部だった。その部室があるという取り壊し予定の旧校舎へ行ってみると…なんと、部室の床から温泉が噴き出すハプニング!しかも、湯柱の中から裸の少女が現れ…ゲーム機から伸びるケーブルを文樹の胸に接続してしまう?意識を失った文樹が目覚めると…そこは不思議なデジタルワールド。ぼんやりと白い月が浮かぶ夜の教室、現れたのはエレディーユという淫魔だった。彼女は淫魔らしく文樹に迫り、「人の欲望データを集めて欲しい」と願う。自分の世界に帰ってきた文樹の携帯ゲーム機は、いつの間にか別物に改造されていた。そのマシンは…人の欲望をゲーム化するという『パンドオラ』この不思議なゲーム機が、ヒロイン達を巻き込み…一体どんなビッグタイトルを創り出していくのやら!?

姫さま凛々しく!
海の底のように静かな樹海の中を、彼はただ歩いていました。そこがどこなのか、なぜそこにいるのか。思い出そうとしても、記憶のメモ帳は少しずつ白紙に変わっていきます。不安の中…何とか引き止めた記憶は、自分の名前とその身分。自分が、一国の王子であるという事実でした。出口を求め歩いていた王子は、千名希という風変わりな少女に出会います。彼女もまた記憶を失っていましたが、別の世界から来たようです。そうそう、王子にはもう一つ確かな事が残されていました。それは………とても『エロい』ということ!恋心は解らないくせに女好きという、タチの悪い男なのです。千名希にもとんでもない事をしてしまい、第一印象は最悪なものに。不思議な妖精ハナのお陰で、森を出た一行は王家の屋敷へ。王子は、空白の一年が過ぎていた事を知らされます。そして、会話を重ねるほどに気付く感情表現の不自由さ。自分がどんな人間なのかもわからず、伝えたい事を思うように伝える事もできない。深刻な境遇…かと思いきや、さすが王子。大物です。そんな事はどうでもよく、エロい事ばかり考えていました。そんなちゃらんぽらんな王子に、王は言いました。「王位継承の儀が近付いている。候補の者として、ふさわしい振る舞いをするように」平和なはずの世界に起こり始めた異変。限られた者だけが使うことのできる力『血鳴』を使い、王家の者は直接市民を守ります。王子が持っていた能力は………。女の子はみんな、お姫様だと言います。でも、そういえば、お姫様ってどういう人でしょう?王子や騎士に守られる存在?いえいえ…これからは、お姫様だって凛々しくないと。いつも弟の事を構う小さな姉、マナフィーゼ。喧嘩ばかりしている隣国の幼なじみ、みさら。謎の多い種族の娘、シャンレナ。そして、異世界から来たという千名希。個性の強い姫達に囲まれ、ちゃらんぽらん王子も一緒に凛々しく変わる事ができるのでしょうか?そして、エロいだけの王子は、恋を知る事ができるのでしょうか?

コ・コ・ロ… Voice版
『あなたにココロはありますか…?』絶世の美貌を持つ久遠寺宗治。そんな彼に惹かれる人間も少なくはない。しかし彼は、そのコたちを狂気に近い行為で抱いていった。それは、彼の過去の出来事が原因で、物事に関心がなく、感情の起伏が乏しい人間になってしまったからだ。しかし、その記憶はない。ただ、宗治が見る夢に何度も登場する女性…美しい容姿をした女性が、記憶のカギになっているようである。果たして、彼の失われてしまった彼の記憶…そして感情はどうなってしまうのか?

Naked Edge
主人公『賀集要』には、暗い過去がある。幼い頃、両親が無理心中して、自分だけ生き残ったという過去が……やがて、彼は自分の両親を心中に追い込んだ男の正体を知る。『草薙十蔵』かつて、父の親友であり、会社の共同経営者だった男。そして現在は、日本でも有数の企業・株式会社KUSANAGIの社長だ。彼は、要の父と共同経営していた会社が危機に陥ったとき、要の父を裏切り、会社の技術を大企業に売りつけ自分だけ難を逃れ、会社の借金を全て要の父に押し付けていた。バブルが弾けたときも、十蔵は潰れた大企業から上手く逃れ、そして今の地位を築いた。それを知ったときから、要は復讐に全てを捧げることを誓った。

Lag
西暦2022年師走。世紀末の英雄にして、史上最強の格闘家であり、大富豪の“伊吹剛鉄”を父に持つ“虎正”は、その剛鉄から三年以内に恋人を作るよう命令された。少しばかり、ストイックに育て過ぎたのか、まったくもって色事に無関心の息子を危惧した親心からだそうな。しかも、恋人にする女性は、すべからく強くなければならないというのだ。さらに、来年から通うことになっている私立剛鉄学園には、全国各地からスカウトしてきた猛者達が揃っているというのだから、はた迷惑な話しである。一応、最強格闘家である剛鉄の息子だけに、虎正の強さは並みじゃなかった。それを知ってか、剛鉄は、虎正の力を少しばかり封印すると云って、逃げる隙も与えず、いっきに間合いを詰めると必殺のベリートゥベリーで轟沈……。剛鉄の思惑通り、身体はボロボロになり、力のほとんどを封印されてしまった虎正。こうして、除夜の鐘と、虎正の呻き声が「うーん……うーん……」と鳴り響く中、伊吹家の2023年が幕を開ける。それは、伊吹虎正の新しい学園生活のゴングでもあった……。

M HARD
心臓を患い入退院を繰り返す母親と、小さな工場を営む父親を持つ葛城佳也は平凡な学生に過ぎない。しかし、その父親の営む工場が不景気の煽りを受けて倒産寸前の状況なっていた。そうしたことから大きな負債を背負い込み、母親の入院費を払うことも難しくなっていた。そんなとき、大手商社の会長・名取冴子が佳也の前に現れ、とある商談を持ち掛けてきた。それは彼女の奴隷になれば、父親の負債の肩代わりをしてくれるばかりか、心臓病の母親をも助けてくれる、というものだった。戸惑いながらも佳也は、両親を助けるため、彼女の奴隷になる契約を結ぶのだったが、それが人間であることを放棄することだと、そのときは知らなかった……。

コ・コ・ロ…2 Voice版
生まれ持った美貌で人を惹きつけて止まない、久遠寺昴。彼は恵まれていた。会社社長の父は寡黙ながらも何よりも家庭を大事にし、今日教師だった母も厳しいものの誰よりも深い愛情を彼に注いでいた。しかし…。彼は最近、観るようになった夢に悩まされていた。どこか既視感のある夢…。しかし、ただの夢とは違い、どこか現実味がある…。果たして、その夢は何を意味するのか?

コ・コ・ロ…0
すべてに絶望した彼は、彼女と出会った。それがすべての始まりだった……全てに絶望した麻生 綜司は、今、その短い一生を終えようとしていた。そんな彼に、優しく手を差し伸べてくる女性が居た。久遠寺 華澄。彼女に救われた綜司は、次第に彼女に惹かれ、そして人間らしさを取り戻していく。平穏な日々……。しかし、彼の美貌が、周囲の人間を狂わせていく。

紅色ノ狂宴
主人公・来生悠弥は大学卒業後、定職にも付かず自堕落な生活を送っていた。そんなある日、悠弥は兄の圭介から出張中の屋敷の留守を任される。そこには兄の妻で悠弥が思いを寄せる藍華、その妹のくるみ、メイドの菫、そして謎の多い女性・葵がいた。4人はそれぞれの形で接してくる。ある者は善意で、ある者は好意で、そしてある者は…。それと時を同じくして、彼は不思議な夢を見るようになる。懐かしく感じるほどリアルなのにどこか非現実的で、目覚めると同時に忘れるほど儚い…。そして彼の肉体にも変化が生じ、すべての事象がひとつに結びついたとき、彼らを数奇な運命が待ち受ける…!

こいじばし
3月をもって卒業となった、主人公・橘悠太とその仲間たち。これから新しい道を進み出す前の短い時間――春休みを利用した“卒業旅行”の案が出されたとき、『オレのイトコが住んでる田舎に、縁結びの吊り橋があって……』と、悠太の何気なく口にした一言が、仲間たちの関心を引く。『じゃあ、向こうに泊まれるかどうか、訊いてみるから』トントン拍子で進む旅行の計画に、彼らはそれぞれの想いを心に秘めたまま当日を迎える。この卒業旅行に参加するのは、“クラスメイトだった葉月&琉”を始めに、他の女学院へと通っていた“幼なじみ・乃ノ香”の3人。そして、誰も予期しなかった同行者――“葉月の妹・みこと”も、こっそりと同じ電車に乗り込んでいた。出だしからハプニングの旅行先で、悠太たちを待つモノとは一体……?

紅殻町博物誌
紅花を醸して造られた「紅酒」。鉱物の雲母片を使って作った書物を扱っていたらしい「雲母書房」。煙草に仕込むと阿片がごとき酩酊を得られる「万能星片」――。他にも「蝙蝠硝子」「遊星キネマ装置」「尖晶石式睡眠燈」等々……。これらのモノは現代科学とは違う起源に根ざした技術で開発製造されていた。1900年代から1930年代終盤まで、実際に市場に出回り、人々の手で消費されてきた珍妙な製品。庶民が『こんなものがあったら面白くて、便利なのに……』といった夢想を、そのままカタチにしたような品々。それは何故?何の為に?誰が造り、伝えてきた?これら「珍奇物品」を研究し、その製造元をたどった郷土史家がいた。それが主人公の行方不明になった叔父だった。主人公は大学の研究室で偶然叔父の記したノートを発見。そこには、常識はずれの物品の図録や、突飛な項目、不完全な記述が溢れていた。それら「珍奇物品」の流通をたどると、不思議なことにほとんどが「紅殻町」という地名にたどり着く。主人公はノートの記述をひもとくうちに「紅殻町」に、子供の頃に訪れたおぼろげな記憶の街並みと同じ匂いを感じる。山形の祖父母の家に預けられていた折りに遊んだ、大人たちの記憶に見当たらない、二度と行くことのできない思い出の街並み…。もしかしたら、そこが「紅殻町」なのかも知れない。主人公は今では記憶もあやふやなその町への郷愁も手伝い、手記に書かれた事柄へ強く興味を抱くようになる。幸い学校は長い夏期休暇も近く、時間はたっぷりある。叔父の手記の不明部分を埋める、とまではいかないかもしれないが、なんらかの発見があるかも知れないと、ついに主人公は帰省することにする――。

いたずらBBQ
主人公和田晋次はもともと技術系の会社で働いていたサラリーマンだった。ストレスのたまる生活を送っていた彼は、あるときほんの出来心でヒロイン坂井美和に痴漢を働いてしまう。しかしそれは代償が大きすぎた。その事件がもとで彼は社会的地位を失い、風来坊のような生活を送ることになったのだ。その後、彼はペンションオーナーの鳴多美奈子に拾われ、住み込みで働くことになった。悶々とした平凡な日々が続き、今日もまたお客を受け入れる準備をする。どうやら今回はラクロス部の合宿のようだ。グループをまとめる役らしい少女がぱんぱんと手を鳴らす。すらっとしていながら出るところは出ている、美しいプロポーションが普段着の上からでもよく分かる。そしてとびきりの美少女だ。これが今回のお客か。これは楽しい毎日になりそうだ……。だが。なんだ? なにかが気になる……。そうだ。思い出した……。あのときのやつだ! 俺をこんなめに遭わせたやつだ! そこには偶然にも、あのときの少女、和田晋次をドロップアウトさせる原因をつくった事件の被害者坂井美和がいたのだ。あれから3年間。あの娘、美和は美しく成長を遂げていた。とびきりの美少女に。あるいは腹の底から湧き上がるどす黒いものが、そんな風に見せているのか。俺……。復讐だ!

ぼくのなつあそび
僕と従妹達との甘く・・・とってもHな・・・一夏の経験。夏の田舎の別荘を舞台に、主人公、崎谷亨と従妹のりこ、ちか、まゆ3姉妹が、とってもHな夏休みを過ごして行きます。夏休みといえばお約束のシチュエーションのプレイが満載です!夏休みを目前にしたある日 イラストレーター見習いの崎谷亨のところに作家の叔母からの電話がかかってくる。「亨、急なお願いで悪いんだけど、旅行に行く間、うちの子の面倒、みててくれない?」「は?」彼女の言う“うちの子”とは、亨の従妹である三人の女の子。でもって旅行というというのは、おそらく執筆のための取材旅行の事だろう。「ま、またずいぶん突然なお願いだね…」「だからこそ、こうしてあんたに頼んでるんじゃない」「……」叔母の強引な“お願い”に押し切られて、従妹達が夏を過ごす姉の別荘に向かうことになる亨。そこで彼は、自分を「おにいちゃん」と呼び慕う彼女たちと、たぶん一生忘れられないヒミツの夏休みを過ごすことに…

人妻コスプレ妄想
人妻と心ゆくまでコスチューム・プレイをしたい…。そんな欲望を持っている主人公は、コンビニで人妻の放尿シーンを目撃したのがきっかけで、自分の妄想を実行へと移すことを決意する。そして、人妻達の弱みを握っては脅迫を繰り返し、次々とコスチュームプレイを強要、調教していくのだが…。人妻コスプレアドベンチャー

傷モノの学園III -Heaven"s door-
聖アルクトゥルス学園、それは人里離れた男女共学校であり、神学を学ぶ『神学科』と、芸術を学ぶ『芸術科』という二つの科が同じ敷地内に納められていた。数年前から連綿と続く二つの科の対立は、現在では冷戦状態となって、静かに水面下で小競り合いが行われている。ごく一部の学生達を除いて、互いの科は反目しあうのが通例になっている。芸術科の不良学生として他人から嫌われている、西園イスカという少女は、何故か真逆の立場にいる神学科の代表学生、稲城衣里の友人でもあった。そして閉塞感に満ちた日常の中、衣里は『天使ゲーム』を立案する。衣里のもくろみは成功し、学園は互いの科が争い傷つけ合う煉獄と化していく。逃げ場のない全寮制学校の中、少女達の悲鳴は加速していく。この閉鎖学園凌辱劇の行方は……

突撃天使かのん
「魔法天使ミサキ」の事件から1年後。物語は記憶を失った青年が気が付くところから始まる。免許証を頼りに、自分の名前と書いてある住所を頼りに和泉市に到着する青年“赤穂敬一”。敬一はひょんなことから“かのん”達と知り合うが、その矢先にデスパイア「ジェネラル」が現れ敬一は攻撃されてしまう。敬一の体内から現れる2つのクリスタル。かのん達にジェネラルの魔の手が及んだ時、「2つのクリスタル」がかのん達と共鳴して……。デスパイアに狙われる記憶喪失の青年、敬一。そして何も分からないままデスパイアとの戦いに赴くかのん達。それぞれの居場所を模索しながら、少女達は再び凌辱の渦へと巻き込まれていく……。

C" 〜can"t live without you〜
冬。年の終わりも近づきつつある日々の中、街の片隅で一組の男女が同棲をしていた。“如月響”と“水橋若菜”は、街のどこかにかならずいそうなごくありふれた恋人。相手をお互いに求め、身体を重ねる日々の中でその愛しさを確かめあう。幸せであるからこそ生まれる将来に対しての小さな不安。いつか失われてしまうのではないかと言う恐怖。そんな些細な気持ちを抱えながらも、恋人達は互いを求めあう。近い未来に、同じ名字を口にできる日を夢見ながら。……。

エ口研究室
先日、俺の住んでいた街では『学園封鎖監禁事件』が起きたらしい。しかしながら、そんな事件が起きたにしろ起きないにしろ、俺の毎日と言うのは特別に変化があるワケでも無かった。今日も俺は大学に行き、日々を過ごす。それはなんて事の無い、積み重ねる時間だから。が、そんなある日の事。自分がいる実験室にドラ○もんで出て来るような機械が完成してしまった。言葉に関連性のある夢を見る事が出来る機械……ぶっちゃけた言い方をすると、見たい夢を見れる機械である。その機械はまだ、完全な完成では無かった。てなわけで、俺はその機械の完成を手伝うために、知り合いの女性に協力をお願いして実験を行なう事になったワケである。

魔法天使ミサキ
人は知らず世も知らず、影となりてこの世の絶望≪デスパイア≫と戦う一人の少女がいた。また一つ、絶望の種を封印しようとしたその時、彼女の変身コスチュームを司るクリスタルは≪デスパイア≫の最後の一撃によって砕かれてしまう。クリスタルと≪デスパイア≫は共に四散し、夜の街に降り注いだ。そしてクリスタルを手に入れた少女達は再び絶望を封印する為、立ち上がる。例えその身が痛みと屈辱に汚されようとも。例えその心が闇と絶望にさらされようとも。絶望を食い止める希望は彼女達しかいないのだから―――。

魔法天使ミサキ2
『和泉市デスパイア襲撃事件』(『突撃天使かのん』)より半年後、“美咲”達はデスパイアとの戦いも一段落し、つかの間の休息を得ていた。学年が繰り上がり、後輩も出来て学生生活を謳歌する美咲。戦うことに居場所を感じていた“ミント”は、日常生活に戸惑いを覚えながらもこの世界を気に入り始めていた。季節は春。新しい出会いの中で、美咲達はかつて無い脅威にさらされる。再び活発化したデスパイア。そしてそれを追う正体不明のエンジェル。再び崩れ去ってゆく日常に、絶望と凌辱と言う名の運命が彼女達に降り注いでいく。

ご奉仕喫茶〜天使にお任せ〜かおり編
昼を回っているにも関わらず、小鳥のさえずりで目が覚めた。もう何度も見た同じ夢。いないはずの姉の記憶。未だにそれが抜け切らないのか、不定期的に夢で見る。幼い頃に姉は亡くなり、今となっては俺ひとり。家族と呼べる誰かもおらず、毎日を自分のためだけに生きている。「ふう。よっこいせ」どさっ──事務所のソファーへ腰をかける。気がつけば、この店に辿り着いていた。習性だとしても、こんな場所まで無意識に移動できてしまうのはどうかと思う。店は『アムール・マルルー』という。少し前に出来たばかりのコスプレ喫茶だ。コスプレ喫茶というのは怪しいが──まあ、まともに営業しているのでそれほど怪しくもない。俺は遅番専用のアルバイトなので、早番の同僚達が終わるまではくつろいでいられる。ガチャ─ 「和也、おはよ」「よう、相方」ソファーに深く腰を埋めた状態で手を挙げる。「珍しく早いな、藍川」「あなたの方こそ早いわね。暇なの?」いきなりふっかける態度の藍川香緒里。彼女がこのコスプレ喫茶『アムール・マルルー』で働く、俺の相方である。どこぞのお嬢様という話も聞く女。 頭脳明晰。明朗快活。勧善懲悪。焼肉定食。 美辞麗句を並べると、キリの無い奴である。変なものが混じっている気もするが、外れてはいまい。 カップル──別に俺と藍川が付き合っている、という意味じゃない。そうだったら死語だ。交代制のアムール・マルルーでは、作業を円滑に終わらせるためという名目で、男女を同一の時間帯、同一の仕事量として振り分ける。……システムの『せい』と言うか、『おかげ』と言うかは微妙なところである。 藍川は俺のことを単なる仕事仲間──あるいは、砕けた言い方で悪友とでも思っているのかもしれないが、こっちはそうじゃない。藍川香緒里は夢の人に似ている。

ご奉仕喫茶〜天使にお任せ〜あいり編
朝の陽射しが目に眩しい。変わらない日常と変わらない朝。そんな毎日を繰り返し、少しづつ変わっていくことに違和感を覚えながら、眠り足りない脳を覚醒させる。半目で見ることなく天井を見上げる。霞む瞳が起床を拒否しているせいだろう。高くないはずの天井が今は何よりも遠くに映る。「ん……」目を擦って、ごろりとベッドから起き上がる。シャッ──。カーテンの隙間を大きく開ける。柔らかく射し込んでいた線が窓一杯に広がって、ベッドに照らされる。初夏にしては涼しげな天気。太陽は出てるけど、真っ白い雲が覆って熱を微かに奪っているのか、夏と言うよりも春や秋のほうが天気としてはしっくりくる。ボサボサ頭を掻きながら、鏡の前で髪型をセットする。いつもと変わらぬオオカミヘアー。手グシで済むからコレ便利。適当に部屋干しされている衣服を手に取り、毎朝母親よりもうるさい安眠妨害目覚まし時計を確認。今日は俺の方が早かった。コイツの出番はなしってコトだ。ん。時刻は午前八時を回った。バイト先は喫茶店で開店するのは九時。今から出て行けば、余裕で間に合う距離にあるので問題あるまい。それでも少し早めに出るのが、バイトの身分でありながら信頼されるための第一歩である。「うし、行くか──!」電気のスイッチをOFFにして、自分の体をONへ切り替える。いつもと同じ、なんてこのない朝。だけど。毎日を同じ言葉で装飾し、準備を終えて外に出よう。それが唯一つまらない日常へのスパイスになるって知っているから。「──今日はいいことありそうだ──」

いたずらっ娘 〜うちの娘にかぎって〜
『阿部圭祐(あべけいすけ)』は、昔はカメラマン志望で、出版業界に入ったものの今やゴシップ紙の一編集としてサラリーマンに身をやつしていた。彼女も居なく、郊外のマンションで一人張り合いの無い不精な毎日。そんなある日突然、娘だと名乗る双子の少女に出会う。本当に自分の娘なのかと戸惑いつつも奇妙な親子の共同生活が始まる。





〜 引越し一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット