アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
変態性癖強制催眠 〜夢の中だけじゃ満足できないの〜
内向的な性格で親しい友人もいない主人公・眠木洋一は、昼休みも授業中も居眠りばかりして過ごしていた。彼の見る夢は、いつも決まってクラスの女子を犯すような淫夢ばかりだった。そんなある日、夢の中に“夢魔”と名乗る奇怪な人物が出現し、“他人の夢の中に自由に出入りし、夢を改ざんできる能力”を授かることになったのだ。そして目覚めた洋一は、自分の妄想を実現すべく、学園の女に牙を剥き始める!!

聖隷女教師
主人公・本波恭兵は人妻や聖職者専門の女衒屋(調教師)。そんな恭兵のもとに一件の依頼が舞いこんでくる。仕事の依頼主は西紀家。依頼内容はさる学園に赴き、女たちに調教を施してほしいというものだった。学生など調教する気のない主人公は断りを入れるつもりだったが、依頼主の目的は学園で生徒たちを調教する邪魔になる女教師たちを堕とすことだった。すでに女教師たちの弱みも握られ、準備の整っている状態に恭兵はその依頼を引き受けることを決める。恭兵はほくそ笑みながら、熟れた肉体を持つ女教師たちの乱れていく姿を思い浮かべながら準備をはじめるのだった。

催眠乱交学園
新しく学園に赴任してきたカウンセラーである主人公。主人公は催眠効果を生み出す薬を用い、女性の隠された本質を解放していくことに喜びを感じていた。催眠による自我の解放。それは性衝動の形として現され、やがて周囲にも拡散していく。学園生活における悩みを持つ多感な年頃の女性達は、主人公の格好の実験材料である。悩みをきっかけにし、催眠によって徐々に徐々に自我を解放させ、最終的にもっとも美しい姿を晒す雌達。「今度はどういう姿を見せてくれるのかな……楽しみだ」今日もまた、実験場と化した学園で、主人公による催眠凌辱カウンセリングが始まる。

姦獄学園 〜学園公認、恥辱の課外授業〜
「こ、こんなの、間違ってるわ……!」表向き、自然豊かな山中に存在する、全寮制のエリート養成校として知られる、『北都中央学園』。だがその裏では、少女たちを性処理秘書や高級娼婦として躾ける性徒育成施設の顔を持っていた。両親を失った主人公『皆瀬清華』が弟の入院費を捻出する方法、それは、北都中央学園に入学し、エリートとして認められることのみ。しかし、薄々知らされていたとはいえ、実際に目にする学園の実態は清華の想像を超えるものだった。少女をオンナに磨き上げるために仕組まれた、淫らなカリキュラムの数々。日々、衆目に生肌をさらし、あるいは口淫を仕込まれ、あるいは浣腸され、そして懲罰と称して犯される。想像だにしなかった羞恥と快楽に、清華の気丈な心もすり減ってゆく。はたして彼女はこの狂った姦獄から抜け出すことができるのか。それとも、底知れぬ快楽の沼に呑み込まれてしまうのか――。

無限煉姦〜恥辱にまみれし不死姫の輪舞〜
絶対的な階級制度が敷かれた世界で、下劣な化け物の奴隷として、主人公は日々、肉体的、精神的な凌辱行為を受けていた。そんなある日、主人公はこの世界の王と共鳴したことで不老不死の肉体を授かり、同時に一切の権利を剥奪されることとなる。主人公に襲い掛かる、猟奇的で、残忍な凌虐暴行の数々。死なずの身体をオモチャのように扱い、娯楽として愉しむ街の住人たち。不老不死ゆえに自殺することも叶わず、主人公は苦しみから永劫に解放されることはない。そんな中、王を殺せば自分も死ねると知った主人公は葛藤の末に王に刃を向けるが、そのたくらみは失敗し、追われる身となって王の街から逃亡することとなる。それから幾つもの出会いと別れを経て……時には王からの追手に脅かされたりしながら、主人公は無限の如く続く時間を過ごすことになる。果たして、永遠の命を持つ者の未来とはどんなものなのか。過酷な運命を強いられた少女の物語が始まる――

聖麗奴学園
聖ルナリア学園。この地方の権力者<西紀家>によって、財界人に供する魅力的な牝犬たちを調教するために創立された性育施設である。聖ルナリア学園に通う男子<北方虎太郎>は、ある日、牝犬候補ならばどんなご奉仕でも要求できると噂のプレミアムチケット、『お口券』を手にする。半信半疑で、幼なじみで学園のアイドル<小桜日和>に券を見せると、恥じらいつつも童貞肉竿にねっとり舌を絡めてきて……。幼なじみの献身的なテクにハマッて、毎日、フェラやスマタの極上サービスを堪能する<虎太郎>。だが手元の券が残り1枚になった時、彼は学園の淫部にうかつに踏み込んだ己の運命を知ることになる。学園最高ランクの血統書付き制服美少女をさばく牝犬オークションに、強制的に招待されてしまうのだった。――夢のご奉仕チケット、それは美少女たちを虜にする学園調教への招待状だった!――

黒獣〜気高き聖女は白濁に染まる〜
『セレヌス大陸』の西方に位置する平原地帯『エオス』。その北方の境界線にある七つの砦を中心に数百年にわたって行われていた同盟軍と魔軍との攻防戦は、ダークエルフの女王の力の衰えをきっかけにして、最終的な局面を迎えるようにみえた。女神の生まれ代わりであるハイエルフの呼びかけの元、『七盾同盟』を結成し、魔軍に対抗しつづけた同盟軍は、この戦いに終止符を打つため、主人公を頭とする傭兵軍団―――黒犬傭兵団に、総力戦の前衛を依頼する。しかし、黒犬傭兵団は、ダークエルフの女王の国を侵略した後、ダークエルフの女王の国に本拠地を移し、かつての味方の国への侵攻を開始した。驚き、慌て、憤り、悲しみ…様々な反応をみせる同盟側に対して、傭兵軍団を率いる裏切りの主人公が出した宣言に、同盟側の人々は耳を疑った。国中の女たちが、訪れる不特定多数の男性たちに性的奉仕を行う『奉仕国家』の建国宣言―――そして、同盟側の女たちは、この建国宣言が、嘘でも誇張でもないことを、その身をもって知ることになる。

烙印姫ルーンドプリンセス
古の昔、邪神封印した英雄は3人。人間の勇者と、ハイエルフ、ダークエルフ。それぞれが邪神封印後に3つの国を作り、世界は平和になって数千年後。ハイエルフとダークエルフはこれまで通り、邪神の封印を守って世界平和に貢献しているが、人間の国は特に封印に貢献してないので格下に見られる。主人公は勇者の血を引いていて、どうして格下に見られなければならないのかと翻意を抱いている。今は人間の技術力や魔法、呪力はエルフのそれにも劣らないほど進歩している。むしろ今ならば邪神や魔族さえ従えることができるはずだ。俺を馬鹿にしたエルフとダークエルフを手懐けて人間様最強ってところをみせてやる。

聖隷女教師-ダウンロード特別版- 高井梓&阿賀野景子編
主人公“本波恭兵”は人妻や聖職者専門の女衒屋(調教師)。そんな主人公のもとに一件の依頼が舞いこんでくる。仕事の依頼主は「西紀家」。各界に多大なる影響力を持つ旧家で、政治的道具として性奴隷を育成、調教している一族。依頼内容はさる学園に赴き、女たちに調教を施してほしいというものだった。学生など調教する気のない主人公は断りを入れるつもりだったが、依頼主の目的は学園で生徒たちを調教するのに邪魔な女教師たちを堕とすことだった。すでに女教師たちの弱みも握られ、準備の整っている状態に主人公はその依頼を引き受けることを決める。主人公はほくそ笑み、熟れた肉体を持つ女教師たちの乱れていく姿を思い浮かべながら準備をはじめるのだった。

聖隷女教師-ダウンロード特別版- 西荻美優&シスター・クララ編
主人公“本波恭兵”は人妻や聖職者専門の女衒屋(調教師)。そんな主人公のもとに一件の依頼が舞いこんでくる。仕事の依頼主は「西紀家」。各界に多大なる影響力を持つ旧家で、政治的道具として性奴隷を育成、調教している一族。依頼内容はさる学園に赴き、女たちに調教を施してほしいというものだった。学生など調教する気のない主人公は断りを入れるつもりだったが、依頼主の目的は学園で生徒たちを調教するのに邪魔な女教師たちを堕とすことだった。すでに女教師たちの弱みも握られ、準備の整っている状態に主人公はその依頼を引き受けることを決める。主人公はほくそ笑み、熟れた肉体を持つ女教師たちの乱れていく姿を思い浮かべながら準備をはじめるのだった。

淫辱心療クラブ ─精に塗れた憐辱の日々─
物語の舞台となる私立薊学園には昔から『心療クラブ』という、心身安定を目的としたサークルがある。初めは思春期の多感な時期に、学生同士が集まって悩みを聞いたり相談に乗って貰ったりする学生の心療内科的な集まりだった。それが近年になって、アロマテラピーや自己啓発の要素を加え、さらにはコンパサークルの隠れ蓑としての役割を持つようになってきた。『何かある。でも、実態はよくわからない』まことしやかにそんな噂が流れる中、参加する大多数の生徒達にとっては気に留める事でもなかった。しかし、実際にその暗部は存在した。ヒロインである『早島つばき』は、とある事情で同じ屋根の下で暮らす男の子との関係がなかなか進展しない事にやきもきしていた。付き合っているのか、ただ仲のいい男女の友情なのか、どっちつかずな関係。そんな中『心療クラブ』なるサークルに勧誘される。新入生歓迎のパーティが開かれると聞き、興味は無かったが、半ば強引に参加することに。それが悲劇の始まりだった。気付くと足下がおぼつかない。視界は濁り、身体は熱くて、気を抜けば倒れ込んでしまいそうなほど眠くだるい。あれ?誰かに身体を揺すられている?いつの間にか閉じていた目を開くと……制服ははだけ、男たちが自分を取り囲んでいる。悲鳴を上げるより先に、複数の手が、彼女の身体を這い回り始めた。彼に隠し通さなければならない秘密が生まれ、その態度が今度は彼氏に疑念を抱かせる。負の連鎖が始まろうとしていた。

僕の牝秘書は同級生 ─淫欲と隷辱の果てに─
「代々、当主となる人間は『牝』を飼うことになっています」資産家の家系に生まれた主人公の「霧志摩 真人」。突然の父の死が平凡な生活を変えるきっかけになった。ある晩、父の秘書であり姉の様な存在だった「麗香」から告げられる……。『霧志摩家の主人は代々専用の「牝」を飼う』と。父の残した遺産と組織、それを引き継ぐには「牝」を一人調教しなければならない。次の日、ショックの残る真人に麗香が連れてきた『牝候補』は麗香の妹でありクラスメートでもある憧れの「沙織」だった……

魔将の贄2〜淫魔の凱旋、蹂躙されし聖都〜
魔族と人間が混在する世界。彼らは互いにいがみ合い、度重なる小競り合いを続けながら勢力を保ってきていた。そんな中、魔王軍に新たな王が誕生し、魔王軍は人間達に対し、今までにない大々的な戦争を起こす。次々と攻め落とされていく人間達の領地。だが、勇者自らが率いるパーティーの活躍により、人間軍は勢いを盛り返し、魔王軍は次第に劣勢になっていく。魔王は絶大な魔力を封印出来る人間達の切り札である封印の巫女を誘拐し、最後の戦いを挑む。救いに来た勇者パーティーは魔王と戦い、人間達は魔王を打ち倒す。 だが、魔王は勇者に貫かれた瞬間、その精神を入れ替えてしまう。勇者は魔王の身体の中で死亡し、魔王は勇者の肉体をまんまと手に入れる。凱旋を果たす勇者パーティーは、これから魔王軍の逆襲が始まるなど夢にも思っていなかった…

魔将の贄〜偽りの英雄、淫辱の王国〜
剣と魔法が未だ混在する世界。ひとつの大地に二つの国家があり、彼方の国は虎視眈々と此方の国を狙う。そういう状況は必然と戦火を産み出し、人の心に恐怖と畏怖、失望と羨望を与えた。国家間に広がり行く争いの炎。ただその中で男は己が内に巣食う野望の炎に、その身を委ねた。飽くなき男の野心はいつしか、対立する二国間の災禍の中心となりその才と智慧とで両国の覇権を手にしようとする。

淫辱ファミレス調教メニュー
神崎紗耶香(主人公)は、裕福な家庭に育った優等生。しかし、突然の両親が失踪し、残された自分と、妹・萌美の生活のため、学校を中退し、クラスメイトだった倉崎柚子の口添えで、とあるファミレスでバイトすることになった。そうしたなか、バイト先の店長・黒木から、自分の両親が事業の失敗から多額の借金を背負い、臓器売買業者に売られようとしているという驚愕の事実を知らされる。両親を救うには、その多額の借金を全額返済するしかない。紗耶香は、バイト先のファミレスで、深夜に行なわれているという淫欲の饗宴に自らを差し出す決心をするが……。

聖隷嬢学園
女を性奴隷に調教し、依頼主に高値で売り飛ばして生計を立てている哭東龍之介(主人公)。ある日、この地方の権力者・西紀家が性奴隷育成のために創立した「聖マルティウス学園」の理事長・森良男から依頼が舞い込んだ。依頼の内容は、同校に通う女子学生数名を性奴隷に調教して欲しい、というものだった。依頼を引き受け、件(くだん)の学園に教師として赴いた龍之介は、リストアップされた性奴隷候補の女子学生たちを観察し、彼女たちの弱みを探し出そうと……。

背徳の学園2 ─魔女たちの淫祭─
交通事故で、左手に軽い麻痺が残ってしまい、音楽家の道を断念した学生・榊原達也(主人公)。以来、無気力になってしまい、悶々とした日々を過ごしていた達也だったが、ある日、祖父から譲り受けたパズルボックスに封印されていた魔女・ドミニクとの出会いによって、その生活は一変する。左手の麻痺を治して貰うことを条件に、ドミニクと「契約」を交わした達也は、周囲の女性たちを巻き込んだ淫靡な魔道に堕ちていく……。

淫辱ゲリラ狩り3 ─姦獄収容所、隷虐の罠─
コロニー自治国家「ニュー・ケーニヒスブルク」が地球の国際連邦に対し、独立戦争を開始してから三年。こう着状態の続いていた戦況を打開すべく、国際連邦は最新鋭の遊撃戦艦「ヴィクトワール」を投入する。「コーズ」と呼ばれる女性クルーが操る「ヴィクトワール」は、連戦連勝を重ね、コロニー軍に多大な損害をもたらし、終戦へと導いた。しかし、戦後、「ヴィクトワール」と勇敢に戦った女性クルーたちは、国際連邦軍において“邪魔者”として、敵国だったコロニー自治政府に売り渡され、クラウス・テオドール中佐(主人公)が所長を務める収容所コロニー「ポート12」へと送られることに……。

淫辱ゲリラ狩り2 ─裏切りの報酬は牝贄の聖女─
反政府ゲリラとの内戦が続く発展途上国。ミック・ベンサム(主人公)は、反政府ゲリラの一員として、政府との戦いに身を投じているものの、特に反政府ゲリラが提唱する理念に共鳴したわけでもなく、政府側に属する富裕層の人間達から金品を奪って、自分の懐が温まれば良い、そんな考えの持ち主だった。しかし、ゲリラ活動はそう甘くなく、彼の貧しい生活が変わることはなかった。そんなある日、ゲリラ討伐の任務に就いている政府側の軍人と知り合ったミックは、その軍人から聞いた美味しい話に飛びつき、政府側に寝返ってしまうのだった。そして、かつての仲間だったゲリラの少女達を軍に売っては、その少女達の肉体を貪っていくが……。

淫辱ゲリラ狩り ─輪辱の罠に堕ちた村─
反政府ゲリラが活動する政情不安なマクリシア共和国の辺境の村の近隣で、少女が凌辱され、殺害される事件が起こった。辺境監視部隊の指揮官であるプロスパーは、この事件の犯人をゲリラ軍の兵士と断定し、部隊を村に進駐させるのだった。しかし、この凌辱殺人事件を犯人は、他ならぬフロスパーの部下達だった。そしてフロスパー自身も、その現場にいた。全ては偽装工作。フロスパーは、これに味を占め、ゲリラ狩りと称して少女達の凌辱計画のため村に駐留したのだ。ゲリラのスパイ容疑で連行された少女達が、尋問とは名ばかりの凌辱行為で無惨にも汚されていくのだが……。

背徳の学園 ─淫魔に魅入られた乙女たち─
黒魔術の使徒たる魔道師の生き残りの神谷亮一郎(主人公)は、敬虔な神父を装い、良家の子女が通う高見沢学園に神学講師として赴任してきた。亮一郎の目的は一つ。この地に大国を築くため、才能豊かな子女を堕落させ、忠実な魔女に仕立て上げることだった。しかし、亮一郎を撲滅するべく、ウィッチハンターの少女が、学園に送り込まれていた。はたして、亮一郎は己の野望を達成することが出来るのか……!?

機動娼艦ヴィクトワール −淫辱姦隊、仕組まれた罠−
女性軍人たちを中心に調教を繰り返していく、あの『機動娼艦ヴィクトワール』が、お得なディレクターズチョイス版となって再登場!本人の意思など関係なく恥辱の調教を施し、女性たちを「最高の娼婦」へ作り変えることを生き甲斐にする主人公。その彼が、無敗の戦艦「ヴィクトワール」と、凛々しく美しい女性クルーたちという、最高の「素材」を手に入れた時、ヴィクトワールは堕とした牝奴隷たちを展示、披露する「娼艦」へと生まれ変わる……。

催眠乱交学園 ‐ダウンロード特別版‐ side a.
新しく学園に赴任してきたカウンセラーである主人公、藤見俊和。彼は催眠効果を生み出す薬を用い、女性の隠された本質を解放していくことに喜びを感じる性癖の持ち主。そんな彼にとって、学園生活における悩みを持つ多感な年頃の女性達は、格好の実験材料であった。「匂う、匂うぞ……僕の実験を待っている、牝たちの匂いが」今日もまた、実験場と化した学園で、主人公による催眠カウンセリングが始まる。

催眠乱交学園 ‐ダウンロード特別版‐ side b.
新しく学園に赴任してきたカウンセラーである主人公、藤見俊和。彼は催眠効果を生み出す薬を用い、女性の隠された本質を解放していくことに喜びを感じる性癖の持ち主。そんな彼にとって、学園生活における悩みを持つ多感な年頃の女性達は、格好の実験材料であった。「匂う、匂うぞ……僕の実験を待っている、牝たちの匂いが」今日もまた、実験場と化した学園で、主人公による催眠カウンセリングが始まる。

催眠乱交学園 ‐ダウンロード特別版‐ side c.
新しく学園に赴任してきたカウンセラーである主人公、藤見俊和。彼は催眠効果を生み出す薬を用い、女性の隠された本質を解放していくことに喜びを感じる性癖の持ち主。そんな彼にとって、学園生活における悩みを持つ多感な年頃の女性達は、格好の実験材料であった。「匂う、匂うぞ……僕の実験を待っている、牝たちの匂いが」今日もまた、実験場と化した学園で、主人公による催眠カウンセリングが始まる。

病院ソドム
半年前に派遣切りにあい、ネカフェ暮らしを続ける主人公は、裏アルバイトサイトで、奇妙な書き込みを見つける。『若くて体力のある方求む。成功報酬1億円。暴れて騒ぐだけの簡単なお仕事。おそらく1日で終わります。』「報酬1億円」というにわかに信じがたい内容だったが、軽い気持ちで申し込んでみたのだった。仕事当日、病院で主人公を待っていたのは完全武装した奇妙な覆面男!!たじろぐ主人公だが、同様の戦闘服と覆面を与えられ、断る間もなく、覆面男の“ニコニコマン”の仲間にされてしまう。そして、ふたりはクリスマスイブに夜の病院へ突撃を開始した。

変態性癖強制催眠 root1
いつも眠ってばかりの影の薄い青年、眠木洋一(ねむき・よういち)。内向的で、クラスメイトと会話することもなく、特に親しい友達もいない。クラスの評価は『いっつも寝てる、地味なヤツ』。だが、洋一の見る夢がけっして地味ではないことを誰も知らない。夢の中で女たちは無防備に肢体をはだけ、そして無思慮に性癖をさらけ出す。ああ、そうだ。これこそが見たいんだ!『本物を見たくはないか?』何かが夢の中で語り出す。『人が他人に見せている面の裏側が見たくてしょうがないんだろ』『裏がなければ作ってでも、違う一面を見たいんだろ』夢魔と名乗った奇怪な存在は、人を食った言動と姿で願望をとうとうと語り出す。『それができる能力、くれてやろうじゃないか――』

変態性癖強制催眠 root2
いつも眠ってばかりの影の薄い青年、眠木洋一(ねむき・よういち)。内向的で、クラスメイトと会話することもなく、特に親しい友達もいない。クラスの評価は『いっつも寝てる、地味なヤツ』。だが、洋一の見る夢がけっして地味ではないことを誰も知らない。夢の中で女たちは無防備に肢体をはだけ、そして無思慮に性癖をさらけ出す。ああ、そうだ。これこそが見たいんだ!『本物を見たくはないか?』何かが夢の中で語り出す。『人が他人に見せている面の裏側が見たくてしょうがないんだろ』『裏がなければ作ってでも、違う一面を見たいんだろ』夢魔と名乗った奇怪な存在は、人を食った言動と姿で願望をとうとうと語り出す。『それができる能力、くれてやろうじゃないか――』

大催眠
人にとって真の幸福とは? 全ての女を支配し、蹂躙すること。それがボクの答えだ!主人公、羽村涼太は捻くれた性格と抑え難い性格を持て余した変態性欲者である。世界を支配し、女を片っ端から凌辱し辱めるという妄想に取り付かれた彼は、学園で、界隈で、視姦と露出自慰を繰り返す。もちろんそんな彼を女たちは軽蔑し、見下していた。だがしかし、彼は密かに嗤う。妄想の翼を広げ、欲望のままに生きる、これが人間本来の生き方なのだ、と。そんなスレスレの日常を送っていたある日、自殺した中年男性のロッカーの鍵を託されたことから涼太の世界は大きく変質していく。ロッカーの中から彼が見つけたのは『催眠導入機』。ある種の光の点滅や音の揺らぎなどによって、人間の意識を変性意識状態へと変移させるものらしい。つまり人の心を催眠状態にすることが出来る機会だ。「これがあれば、ボクは世界を征服できる!」涼太は歓喜する。 日々夢想し、夢想することしかなかった夢が、ついに実現するのだ。これを使えば、あの外面ばかり取り繕って見下している会長も、筋肉ビッチやドS女教師も、みんな思うがままだ。彼は『催眠導入機』を握りしめ、世界を見下ろした――

黒獣 〜ダークエルフの女王・隷従騎士・人妻聖騎士〜
終わらない性の宴が今ここに始まる!傭兵団の性のはけ口となる各界の美女達。ダークエルフの女王『オリガ』は地に堕ち、プライドをへし折られるまで徹底的にザーメン漬けの日々。オリガの側近『クロエ』は自分の本性を暴かれ、隠していた自分の本性を目覚めさせられる。そして聖騎士団長『クラウディア』は義理の父に、子種を徹底的に植え付けられる!





〜 原付・バイク保険一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット