アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
月と魔法と太陽と
ここは太陽の昇らない、いつまでも夜の世界。空には冴えざえと月が輝き、魔法と科学が入り混じる……それがあたりまえの世界……。主人公、“白川隼人”は国立魔法学院に通う学生。幼馴染の“笹川つづり”や、悪友・“末坂ハイネケン”等と共に、他愛もない日々を送っていた。そんなある日、いつものように箒に乗って帰宅する途中、彼らは始めて「オーロラ」に遭遇。そのまま意識を失ってしまう。目が覚めるとそこは保健室で、目の前には学園のマドンナでちょっと変人の“一ノ瀬梢先輩”の姿が。梢のによると「オーロラが昇るのは太陽が昇る兆し」とのこと。この世界には存在しない“太陽”が現れるのは天変地異の兆しだと、いにしえの記録も示している。ひとたび災厄が巻き起これば、全ての人から魔力が奪われ、自然の猛威に為す術もないとか。だが、太陽の昇るその時に魔法を使う事ができれば、この世の全ての真理を手にするとも……。梢は「真理を我が手に!」と「グリモワール研究会」を発足。隼人は半ば強引に研究会に参加させられることになる。かくして、梢率いる「グリモワール研究会」は、波乱に満ちた学園生活の扉を、開いてしまったのだった――。

桜吹雪〜千年の恋をしました〜
主人公“柊一成”は唯一の肉親であった母を失い、奨学金を得て都内の普通の学園に進学する予定になっていた。ところが何をどうしたのか、豪華絢爛・やんごとなき身分の方たちが通う超セレブな学園『花宮学院』への入学を余儀なくされる。晴れて(?)花宮学院への入学が決まった一成だったが、そもそも貧乏育ちだった彼が、温室育ちの学生たちと水が合うわけもなく……。そしてある日、一成は何者かに追われていた子供……否、少女を助ける羽目になった。その少女こそ、花宮学院理事・桜森家の次期当主にして、学院祭『花仙祭』の実行委員長である“桜森紅紗”(さくらもりあかしゃ)――助けた縁からか『花仙祭実行委員』、通称『桜吹雪』として無理やり契約をさせられてしまう一成。かくして、『花仙祭』に向けて一成のドタバタで「ままならねー」学院生活が始まるのであった。

夏雪〜summer_snow〜
今が夏の盛りと、あたり一面さんざめく蝉の鳴き声――。海と山が程近い田舎町・宝来町に主人公・‘沢渡葛’は今年もやってきた。幼い頃、両親と喧嘩したのをきっかけに、一枚の年賀状に書かれた住所をたどって訪れた町。その夏出逢った、白く透けるような肌の少女は、僕の……姉になった――。少女の名は‘夏雪’(なつき)。叔父夫婦の娘だった夏雪は、葛を本当の弟のように可愛がってくれた。しかし翌年、夏雪を悲劇が襲う。両親である叔父夫婦が、不慮の事故で亡くなったのだ。叔父の弟である葛の父親は、泣き崩れる夏雪を引き取ろうとする。だが、夏雪はこの地に残ることを選んだ。まだ年端も行かない夏雪を一人で住まわせることを、葛の両親や周囲は反対したが、夏雪は頑なに拒んだ。結局、ご近所の厄介になることで夏雪はこの地に残ることになった。それから、夏がくる度に葛は夏雪の元を訪れた。二人で海に潜ったり、虫取りに行ったり、花火をしたり。くり返される夏、想いはいつしか姉弟のそれを越えた、秘め事となる―。年を経る毎に美しくなる姉。男になって行く弟。二人の間に育まれた絆と、恋心。想いはいつしか、どちらからともなく重なりあって……。むせ返るような夏の夜、姉と弟が繰り返す禁じられた行為。それはまるで、雪のように白く、淡く、儚く消え行く、ひと夏の夢―。

花鳥風月〜恋ニヲチタル花園ノ姫〜
両親を失い、諸般の事情が重なって超セレブな『花宮学院』に入ることとなった主人公“柊一成”。彼は学院に在学している姉“雪花”の心やさしい気遣い(?)により、何故か“柊一花”という女生徒として入学することになってしまった。「女装」なんてさすがにバレるだろうと思いきや、成績優秀・品行方正で人気の高い姉の存在によって補正がかかったのか、つつがなく“女の子”として入学できてしまった。そして初登校日に運命の人――“桜森杏子”と出会った。彼女は学園オーナーである桜森家の分家の子女であり、学園を治める生徒会『花園会』の“花姫”(いわゆる生徒会長)。運が良いのか悪いのか、杏子に目を付けられてしまったことで、一花は次期『花園会』の四姫(生徒会執行部)の“官女”(次期“姫”候補)となってしまう!?慣れない女装生活、慣れないお嬢様としての生活、更には花園会の官女候補、とまるで絵に描いたような三重苦…。しかし、そんな彼女等と学園運営に携わり、日々学んで行く中で一花にも強い使命感と、そして彼女等への恋心が芽生え始める。一花は無事?男であることがバレずに、学園内での生活を送ることができるのか?そして恋を成就することはできるのか?かくして、一花の前途多難な女装ライフ生活が始まるのだった。

こんそめ!〜combination somebody〜
主人公“内藤恭太郎”は、亡くなった叔母“琥珀”の母校「泉州学園」に入学した。「揉め事処理屋」だった琥珀に少しでも近づきたくて……。そんな恭太郎がある日、暴漢に襲われる少女を救った。だが、その後すぐ、恭太郎の財布が入った鞄と少女が消えた。少女は詐欺師だったのだ。それから数日後の雨の夜。“行方不明の妹”を名乗る少女が現れた。それは、先日の詐欺師……“スィエ”という名の女の子だった。嘘八百を並べ立てる偽物の妹。だが、世界に12枚しかない叔母の名刺を所持していたことをきっかけに、恭太郎はしばらくスィエと暮らすことにする。心機一転、よろずや屋稼業を開始する恭太郎に、暴走ライダーの“燐”、超絶優等生オーラをまとった“吉佳”、幼馴染の“紺乃”が仲間に加わっていく。転校生の“竜子”は何故かスィエを狙う刺客だったが、皆の協力で危険を乗り切り、竜子も仲間に……。廃校舎にある一室に無許可で部室を構えた恭太郎は、よろず屋稼業「こんそめ」を立ち上げ、本格的な活動を開始する――。

妹びらいざ〜
俺には妹がいる。名前は“咲姫”(さき)。見た目可愛くて、勉強もできて、スポーツもできる完璧な妹。兄妹仲は悪くはない。いや、良くもないが、極めて普通。普通にキモがられたり、普通に「勝手に部屋に入ってこないでよね」とか言われる。まあ、別にそんなことはどうでもよかった。別に俺は妹コンとかではないのだし、向こうも向こうで、別に兄コンとかではないはずだし。そう、思っていた――。きっと、普通に誰か他人と恋愛して行くものだと思っていた。例えば近所に住む“泉美さん”とか。幼少の頃からの関係だ。気心も知れているし、割と昔から可愛がられているようにも思う。はたまた、泉美さんの妹の“湖ちゃん”とか。こちらは同じく、幼少の頃からの関係だ。ちょっと無口でボーッとしたところはあるけど、懐かれている気はする。いや、流石に○学生はマズいか……。はたまた、妹の友達の“唯ちゃん”?ちょっと勝気でキツそうだけど、そんなところも可愛いか?まあ、きっとそんな誰かと……なんて思っていたけど、どうやら違っていたようだ。決定的な何かが足りなかった。股間的にも、精神的にも……誰にも満たすことができなさそうだった。探し物はなんですか♪見つけ難いものですか♪いいえ、「ソレ」は意外な程近くにありました。

Sacred Vampire
吸血鬼の天敵は、神だ。だが神様なんて、人間の妄執が作り出したご都合的存在に過ぎない。俺は生まれながらの吸血鬼(ヴァンパイア)。夜な夜な処女の生き血を吸って生き永らえる、邪悪そのものの存在。なのに――どうしようもなく人間ってやつが好きだ。できれば、“人間”として一生を終えたいと思っている。人の世界に溶け込む吸血鬼が1匹くらいいたって、別に構わないと思わないか?それにしても、だ。吸血鬼たる俺が、カソリック系の学園を入学先に選ぶだなんて、何かの冗談だと思われるだろう。周りは天敵を信奉する輩でいっぱいだ。でもまさか、ミッションスクールに吸血鬼が紛れ込んでいるとは誰も思わないだろう?大事なのは逆転の発想だった。そして、あの娘に再会した――どういう運命の仕業なのか、この学園・セントマリア清心学園には、俺を人間好きにしてくれたあの娘が入学していた。春風が吹き荒れる頃――彼女と再会してからちょうど1年の月日が過ぎた。あいかわらず、日常はそれなりで。あの娘は変わらず神様一途で。ねーさんはいつも眠たげで。あいつはツッコんでばかり。一見、終わらない日常――でも、俺が吸血鬼でいる限り――あの娘は絶対に俺を許さないだろう。神様、ファック!

Master×Re:master
主人公“後藤弓”の幼馴染“美槻七海”は明るくお茶目な美少女なのだが、趣味はなんと「オカルト」。ひと癖もふた癖もある者ばかり集まるオカルト研究会に所属する七海は、会長の“真行寺冴香”から魔術用具や書物を扱う奇妙な古物屋の話を聞く。早速その店を訪れた七海は、そこで『Grimorium Verum』――ラテン語で『真の魔導書』という名のその書物を手に入れる。その書物に書かれた「悪魔」の存在と契約の方法に興味を持った七海は、その真偽の程を確かめるため弓と一緒に儀式を行う――。『来たれ、闇の子よ。我が前にその呪われし姿を現し、許しを請え。さすれば汝の新たなる福音が、喜びの声と共に記されん』すると闇の中から自らを「メフィストフェレス」と名乗る悪魔が現れ「魂を代償に七海に力を授ける」と契約を持ちかけた。危険を感じた弓は七海を守るため契約を妨害するが、それがもとで七海と弓は二人一組の『契約者』となってしまう。その日を境に、彼らの周囲では奇妙な事件が次々に起こる。銃弾無き銃撃、謎の集団自殺、超限界警備が敷かれた中での爆破テロ――事件の裏側には彼らと同じ『契約者』の存在、そして彼らが悪魔たちに与えられた『啓示(リヴェレイション)』の力が介在していることに気付く。まるで何者かの意思に導かれるかのように出会い、己と己の啓示をぶつけ合う契約者達。世界の終わりが始まる中、彼らはもう元の日常に戻ることは出来ないのか。戦うこと以外に道は無いのか。

いじくりママコンプリートパック
【いじくりママ】平凡な主婦・珠美はある日、息子に、頭脳とカラダの成長の遅さを学園でからかわれたと、涙ながらに訴えられる。珠美は性教育のためにと、恥じらいに震えながらも、ハダカを見せつつオナニーを教え……その結果、今まで抑えていた猛烈な肉欲が爆発してしまう!夫とごぶさたで欲求不満の珠美は、いけないと思いつつも、夫よりも大きくタフで敏感な息子のペニスに夢中になり、貪欲な指ワザと、穴という穴を駆使して際限なく精液を搾り上げる!【いじくりママ2】主婦・美咲は、志が高く人望も厚いPTA会長。だが私生活では、セックスレスで欲求不満。ある夜、美咲は息子に、股間の激しいムズムズに困っていると相談される。恥じらいつつもオナニーを教え、その説明のために手コキをしているうちに、欲求不満が爆発し……息子を押し倒し、童貞ペニスを貪ってしまう!美咲はPTA会長失格だと悩みつつも、その後も毎日のように息子の肉体をいじくり、ド変態の世界に堕ちていく……!【いじくりママ3】体育教師・あずさとその息子は、ある日、あずさのママ友が母子でセックスしているのを目撃してしまう。あずさは、息子の性癖がゆがまないようにと、正しい性教育をしようとするが……長年のセックスレスで欲求不満のあずさは、思わず、息子の童貞ペニスを握りしめ、しごきたて、ヴァギナで食らいついてしまう……!自己嫌悪するあずさだが、変態ママ友2人にそそのかされ、事態は3P、4Pへとエスカレートしていく……!【いじくりママたちのクリスマス】今日はクリスマス。春野家、相澤家、新城家合同のパーティで、各家のママと息子の合計6人が、新城家に集まっている。ほろ酔いで気分を良くしたママたちは、「今年のベストペニスト(最高のペニスの持ち主)」を決めようと言い出し、驚き、引いている息子たちを押し倒し、穴という穴を駆使して三本のペニスを攻めたてる。いちばんタフなペニスの持ち主――いちばん長く射精をガマンした息子が優勝である。息子たちはママたちの貪欲さに圧倒されながらも、自分のママの声援を受けて、ベストペニストの栄冠を目指してガンバルのであった……!

えむ先生とえす先生のコンプリートパックのこと
【えむ先生のこと】季節は初夏。令嬢は、日本に「奴隷男を探しに」やってきた。彼女の家系にはそういう因習があって、適齢期になると一人、奴隷男を選ぶのだ??まるで館付きの執事を選ぶように。主人公は日本語の家庭教師として雇われた。彼が選ばれた理由は、語学力、女性と見紛うばかりの美しい容姿、そして「マゾヒストとしての資質」…。初日からペニスにオモチャを付けられて、顔面騎乗責められ以降も日本語の授業に名を借りたM男調教がひたすら続きエスカレートしていく。やがて主人公はその資質を認められ、ご令嬢の「奴隷」として正式契約にいたるのか…。【えす先生のこと】二つの物語、二人の「やや」。稍(やや)と冶也(はるや)。二人の物語は似ているように見えて異なり、違ってはいても密接に絡み合う。これはパラレルワールドか…。一人が寂しい少女「稍」は愛情に飢えている。だから稍は「先生」を受け入れる。先生の「愛情」と「調教」を。そして「やや」へと変貌させられていく。淫乱少女ビッチの「やや」へ。冶也の物語は、よりハードな変態調教だ。先生の「エス」の洗礼を浴びせられ、少年「冶也」は男の娘「やや」へと改造されていく。先生と同じ「お●んぽレズビアン」に。ややの家にやってきた家庭教師。優しくきれいなお姉さん先生。彼女は「ちんぽレズビアン」、つまりシーメールの同性愛者なのだ。彼女は愛情たっぷりに、そして情け容赦なく「ち●ぽレズ」の洗礼をややに浴びせるのだった。先生の性調教は執拗に少年少女の肉体を開発し、その未熟な性感を嗜虐的に引きずり出していく……。【えむ先生のクリスマス】双子の令嬢との出逢いから半年。館の外は一面の銀世界。「もうじきクリスマス・パーティ。世界じゅうからお客さまがいらっしゃるのよ」「今年の『シャンパン係』は、先生にお願いしたいの」今やすっかりマゾ奴隷として開花した先生に、小さな貴婦人二人は命令する。「もう日にちがないわ。『お稽古』、すぐに始めなくっちゃ」「覚悟してね、先生。うーんと頑張ってもらうんだから……うふふっ」そして令嬢たちの「お稽古」が始まった。それは先生の肛門と尿道とを激しく責め立てる、「栓を飛ばす」ための訓練なのだった……。

豪蔵 〜シキタリの裏で行われていた真実〜
古の昔から、時の権力者に女を差し出すのをシキタリとすることで生き残ってきた村。俺はそのシキタリを守る役を儀助から託された――名前は“豪蔵”。そうとは知らず、一組の夫婦が罠に掛かった、蔵座敷の檻の中、囚われの身のままで、妻、そして一人の少女と民俗学を調べる女子大生、村人の片棒を担ぐかたちで性行為に耽る主人。甘い草の香りに、恥ずかしがりの妻が、何も知らなかった少女が、生意気な才女が……その心と身体を淫らに溶かされていく中、俺はそんな二人をただのメスに仕込んでいく。人妻との激しいセックス、少女の処女貫通から始まって、口唇奉仕、3P、集団プレイ、潮吹きに放尿、拘束したままのプレイ……仕込みがエスカレートしていくに従い、性欲に開花した三匹のメスは、誰のモノでも見境無く、男性器にむしゃぶりつくようになっていく。そんな三人を調教しながら俺は今日もシキタリを守っていく…。

妹はナマイキJK
生意気過ぎ妹に、兄が生イき鉄槌を!常日頃、妹の絢佳から邪険にされ続けていた、デブ・ニート・オタクな兄、明俊。両親揃って海外出張し、二人きりとなった夜。明俊はささいなキッカケで絢佳の部屋に忍び込み……寝ている妹へ顔射してしまう。懸命に証拠隠滅したが、翌朝「昨夜私の部屋、入ったでしょ!」バレた!?焦る明俊へ向け、絢佳は「この下着ドロボウ!」顔射ではなく、下着泥棒の汚名を着せてきた。『確かに過去何度もこっそり借りてるが、昨日はしていない!』冤罪を晴らすべく洗濯カゴを探す明俊。すると下着はあっさり見つかり、カン違いだったと分かるが、「なんで私が謝るの!?アンタが下着ドロっぽいから疑ったんじゃない!」謝るどころか、逆ギレした絢佳から罵倒を浴びせられ――、「そこまで毛嫌いするなら、親が帰ってくる前に、お前を俺の肉奴隷へ変えてやる!」騙して処女レイプ、ネット公開セックス、運動部輪姦、精液便器調教、キモ兄の妹凌辱が始まる……!

コウテイノモノリス 〜ムテキちゃんの巻〜
時は、西暦203X年の新年度。武智布(ぶちきれ)学園に転校してきた主人公は、「ムテキちゃん」と呼ばれる、破天荒な美少女と出逢う。その頃学園では、ゴキゲンななめな学園の守護神「ヤマタコさま」による「タタリ事件」が続発していた。ムテキちゃんは、スケベ大好きなヤマタコさまを鎮めるべく、持ち前の破天荒パワーで、さまざまなブッとんだ衝撃的セックスをくりひろげ……その「パートナー」にされた主人公は、毎日のように彼女に振り回され、カラッカラになるまでヌいてヌいてヌキまくられる!火花を散らすダイナマイトで処女喪失!超ロングペニスで空中合体!抜きまくり系エロゲーの世界に吸い込まれていきなり主演!さまざまなヘンタイ触手との、くんずほぐれつの攻守交代バトル!……などなど、はじめは処女だったムテキちゃんも、激化していく異形の快楽にハマっていき、怒濤の愛液をぶちまけながら、ブチキレ快感悲鳴絶叫で天地を激震させる!

蝕獣 〜妹のおしり〜美羽編
主人公が目覚めると、1匹の触手になっていた。そのうえ、主人公を起こしに妹が部屋に入ってきたとたん、妹にムラムラし、思わず襲ってしまう。妹を触手で犯し、情欲を吐きだしてすっきりすると、ようやく人間姿にもどることができた。どうやら原因は、前夜妹が自室で興味半分におこなった召還術にあるらしい。妹によると、屋敷地下の書庫で、なんとなく面白そうな魔導書を見つけ、手軽にできそうな召還術が解説されていたので、試してみたのだという。結果、魔界の生物か呼びだされ、たまたま波長が合ったかなにかで、主人公に憑いてしまったのだ。かくて主人公は、感情が高ぶると、全身もしくは身体の一部が“女体責め”に特化した触手に変身してしまう体質になってしまう。性的に興奮したときだけでなく、ドラマを見たり本を読んだりしてワクワクドキドキしたり、他人と会話して笑ったり、ちょっとした口論になっただけでも、変化はおこってしまう。これではとても外にはでられないし、日常生活にも支障をきたす。

はるかぜどりに、とまりぎを。
夕暮れの街。碧く沈んだ街を背景に、妹・春音の告白から物語の幕は開きます。終末的な世界を背景に、そこで進む物語は学園を舞台にした恋愛物語です。しかし、その先に待ち受けるのは悲しい結末……。死期を悟り死んでいく病気。全人類の半数を殺してしまった“サトリ病”。春音もこの病気が発病してしまいます。序盤は学園を舞台とした恋愛物語。後半は命のあり方を考える悲恋物語。また、過去を書き換えることで、未来に繋がる物語も変化します。悲しい悲恋物語のハズが、いつの間にか淫靡な調教ストーリーになったり、時の流れに係わる不思議な物語になったり……。失敗したはずの駆け落ちが成功すれば、物語の冒頭は幻になってしまいます。3つの時間軸に展開する物語を取捨選択し、あなただけの物語を創り上げること。これが本編の目的となります。

キスよりさきに恋よりはやく
物語の舞台は“香泉市”。歴史ある建物が並び、第二の小江戸や小京都と称されることもある、美しい町です。自然豊かな山々には古くより続く神社があり、坂を下って白塗り土蔵の建物を抜けた先には、青い海と広く明るい空が広がっています。主人公は幼い頃、この町と、そこから少し離れた場所にある“刻河村”で過ごしました。町では姉代わりの美万里、花蝶。そして、村では妹のような乙姫や瑠璃歌達と共に……でも何故だかその頃の記憶はありません。すごく楽しかった気もするし、何か悲しい出来事があったような気もするのです。それから数年。主人公は高校、大学を東京で過ごし、この町とは疎遠になっていました。ですが大学を卒業後、この町にある学園に教師として赴任することが決まり……物語を止めていた時計の針は、再び動き始めることになります。

蒼穹のソレイユ−FULLMETAL EYES−
青き空を失い滅亡に向かうもう一つの世界。人は魔法の力を得る代償に、神話世界の脅威・魔法生命体ベルセルクを解き放ってしまった。暴走するベルセルクは、人の支配を離れ殺戮を繰り返し、世界に終末を招かんとしていた。そして、物語はこの世界を守るために戦うヴァルハラの騎士、叢雲 穹と、戦乙女の力を持つ少女、オデット・ディズ・オルトリンデの出逢いより始まる……

鋼炎のソレイユ−ChaosRegion−
物語は主人公“蒼龍 流”が、“ChaosRegion−混沌領域−”と呼ばれる世界へたどり着いたところからはじまる。この異世界に降り立った流は、六木と名乗る仮面の男に、自らの肉体を盗まれ、過去に行方不明になっていた妹“遥”とその肉体を入れ替えられてしまう。女性の肉体となった流は、身体に残る記憶をもとに、魔法のと呼ばれる力を手に入れ、二人の戦乙女と共にこの世界の戦いへと身を投じることとなる。流に従属する二人の軍属精霊達。黒き神獣の戦乙女・麟。そして炎を操る火龍の戦乙女・桜火。戦いの舞台は死せる勇者の城“ヴァルハラ”。世界を呑み込むほど巨大な城には、歴史、神話、異世界の死者達が無数に存在し、解き放たれればこの世界は永遠の死者達の戦場へと変わってしまう。待ち受ける敵は伝説の戦士、北欧神話の怪物達……そして、異世界より来訪した邪神群。深き海より来たる者、無貌なる神の眷属……戦いに勝利すれば、戦乙女、仲間との恋を育む優しい時間があなたを待つ。しかし、敗北者に待ち受けるのは無限に続く陵辱の連鎖……運命を斬り開く“ヴァルキリー・サーガ・ADV with Card Battle”今、世界を賭けた戦いが始まる!!

ふぁみ☆すぴ!!〜FamiliarSpirits!!〜
物語の舞台はファンタジー世界と融合してしまった現代日本。金と銀の二つの月が夜空を照らす少し不思議な世界。幼なじみのエルフの少女・スセリと同じ学校へ進学するために、使い魔の召還とその調教を課題に出された主人公。『お兄ちゃんなら大丈夫。スセリは絶対信じてるから!』と、説得され何とか召還に成功したものの、呼び出されたのは精霊や魔物ではなく可愛らしい女の子……しかも、魔族の皇女で当代の魔王、イナルナ・パム・ヴァーミリオンでした。幼なじみの前以外では、外道で鬼畜な女ったらしの主人公は、予想外の状況にめげず、召還した女の子に契約の首輪をはめてしまいます。『お前わかっているのか?!私は魔族の王で、本気になればお前ぐらい!!』『本気になるな、絶対服従。今日からお前は、俺のファミリアだからな』『はい、マスター♪って!!!ぜったい、殺すからなっ!!』彼女が自由になっても殺されないように、彼女を自分好みに調教してしまおうと企む主人公。そして彼の使い魔になってしまった世界一不幸な魔王、パム。彼女との同棲生活は、可愛がったり、浮気したり、イジメたり、毎日がいちゃラブの日々?!果たしてその結末は?

はるかぜどりに、とまりぎを。2nd Story〜月の扉と海の欠片〜
“今” よりも青く美しい地球。人々の築き上げてきた街や文明は、その半分まで青い海の下へと消えていった。温暖化の影響による海面上昇。それは、予測されていた以上の加速で、大地をのみ込み街は海へと沈んでいった。そして、サトリ病……二十世紀の終わりごろに、原因不明の病が流行し、人類はその数を半分にまで減らしてしまった。流行直後は、あまりにも多くの人間が発病し、伝染病と噂されていたが、その後の研究で人類のもともと保持していた遺伝子の変節が原因であると言われるようになった死病。もともと全人類がこの病気に感染しており、生き延びた人間は単に発病していないだけなのだ。人は減り、住む場所もそれほど必要はなくなってしまったから、どの国でも本当に必要な区域以外は海に呑まれるままにしていたのだという。そして、それから数年……人類の半数近くを殺した病、サトリ病の流行は収束へと向かっていた。そして、大地の多くを海に戻したことであと十数年もすれば温暖化も止まるのだという。しかし、それはもう少し先のこと。これはまだ、人の数を半分にまで減らす恐ろしい病と、想い出を刻んだいくつもの街が、青い海に呑まれていく……大切な多くのものを失っていく時代。これは、そんな時代の物語。

虹翼のソレイユ−vii"s World−
その世界の日本・東京には、どんな建造物よりも巨大な剣が、大地に突き立っていた。触れられもせず、あらゆる方向からの観測によってもなんら計測されず、しかし目にだけは見えるその巨剣。そして巨剣の出現を契機に異界から現れる異形の者達……その東京で暮らす主人公・硲 桃矢(はざま とうや)は、コンビニ勤めのフリーター。やや粗暴で喧嘩っ早く、まだ幼さの残る店長・逢坂九々理(おうさか くくり)にはいつも怒られてばかり。しかし彼は、化け物のものに変じる自分の右腕と、彼のお目付役を自認する相棒の妖狐・右近と共にこの世界に現れる異形の者達を狩るモノ。その桃矢の下に、小さな姿の神を名乗る者が現れる。彼女の名はウルズ。北欧神話世界の運命を決める三姉妹の女神・ノルン。しかし今はウルズと他の姉妹は、新たなる運命の女神を決めるため相争っていた。北欧神話世界の最終戦争・ラグナロク。その終結後に新世界の運命を定める女神。その候補となった各世界の戦乙女達。そして、その戦いを利用し北欧神話世界と言う大きな力を手にしようとする者達。戦いに巻き込まれた桃矢はウルズと共に北欧神話世界に逃れ、一人の少女出会う。少女の名はリナソエル。定められるはずの運命を失い、自らを鎖で繋ぎ時からさえも引きこもってしまった戦乙女。運命は定められるものではなく、自らが決めるものなの……桃矢の言葉に応え、リナは自分を繋ぐ鎖を断ち切り、彼と運命を共にすることを選ぶ。彼の戦乙女として……そして、物語が始まる。7つの世界と7つの翼……戦乙女達の物語が!

九十九の奏〜欠け月の夜想曲〜
2012年、夏。東京の美術の専門学校に通う主人公・百日紅一二三(さるすべりひふみ)は、町興しのボランティアの手伝いに呼ばれ、友人達と生まれ故郷の町・葛折町(つづらおりまち)へと向かう。この町にはいくつかの言い伝えが残されていた。古い器物を奉る風習があり、それらの器物は九十九神と呼ばれる神……妖(あやかし)であること。それらは人に恩恵を与え、代わりに心(記憶)、命(寿命)を喰らうこと。そして、九十九神に憑かれた者は、百年の一度の欠け月の夜、九十九神と共に常世へと連れ攫われること……言い伝えは、民話であり、伝説であり……一二三にとって、それは遠い世界の御伽噺にしか過ぎないはずだった。葛折町(つづらおりまち)に着いた夜、一二三は一人の少女と出会う。全身に包帯を巻いた不気味な少女……その少女は、一二三に“九十九神・白蛇精(はくじゃせい)”の形代を渡す。その形代は具現化し、大蛇となって一二三を襲う。少女は告げる。「その九十九神はあなたを待っていた……願いを叶え、依代となったあなたを。取り憑き殺したいほど、恋こがれてね……ふふ」欠けた赤い月……欠け月を背に不気味に笑う少女。追い詰められた一二三の前に現れるのは、別の少女の影……拳銃の九十九神・八房を握るその娘の名は伏姫と言う。一二三と伏姫、二人の出会いから物語は始まる。人と器物、そして妖(あやかし)の物語は紡がれる。それは欠け月の夜の夜想曲……

Guardian☆Place〜ドエスな妹と3人の嫁〜
今ではない時、こことは異なった世界。その世界では、守護者(ガーディアン)と呼ばれる存在がおり、人々と密接な関係にあった。優れた守護者を所持していれば輝かしい未来も約束されている。ゆえに人々は、より優れた守護者を欲していた。天涯孤独の身の上である主人公《神楽勇気》はバイトに明け暮れる苦学生。守護者を持たない彼の夢は、優れた守護者を手に入れて輝かしい人生を手に入れること!……でも、苦学生の勇気にはその夢はなかなか遠い。ある日、そんな勇気の下へ妹と名乗るメイド《鳳蒼衣》が現れて、うむも言わさず拉致……放り込まれた自家用ジェットの中に設置されたモニターに映し出されたのは厳つい顔のお爺さん。爺さんは主人公に祖父だと名乗る。勇気は現在一族の中で生存する祖父以外で唯一の男子。ゆくゆくはグループの権利を勇気に譲渡したいと言う。そのためには学んで貰わなければいけないことが山ほどある。ゆえにここからは今までの生活を全てリセットし、新しい生活を送って貰う!転校の手続も既に済ませている!……と言うことらしい。そのまま南の島の学園の寮に放り込まれる勇気。そこは守護者マスターを育成する誰しも知っている超有名、名門校・守護者学園だった!しかし、確かここは女子校だったような……?戸惑う彼を出迎える3人の娘達。全員が勇気の嫁候補であり、本日より同じ寮で共に暮らすと言う。ついでにメイドで妹の蒼衣も……思わぬ状況に有頂天の勇気。しかし蒼衣は成すべき事があると言う。無能ではないと言うことを祖父に示すために、間もなく始まる校内守護者大会での優勝を目指す事に……はたして勇気はこの難題を無事乗り切れるか?乗り切れなかったら……また貧乏生活が待っている?!全寮制の女子校で、嫁候補の少女たちに囲まれたイチャラブ生活!女の子達、可愛い守護者達との絆を深めていく恋愛物語。新しい生活が今、始まる!!

よついろパッショナート!
超能力を使える家系に生まれた主人公は、双子の姉の力で身体を入れ替えられてしまい、女の子の姿のまま新しい学園生活を迎えることになりました。しかも転入早々、バンド同好会に誘われてしまい、クリスマスまでにバンド活動ができるようにならないといけなくなってしまって…!?女の子同士だから楽しめるグルービー感いっぱいの学園生活。男の子として恋愛をしたり女の子達を助けたり。時には男の子に戻ったのに、女装して学園生活をおくるのもあり…?!4人の女の子が織りなすよついろの物語。情熱的(パッショナート)な恋があなたを待っています!!

新・白銀のソレイユ−ReANSWER−
海に近い立地と広大な敷地を持つ“北鴎学園(ほくおうがくえん)”。その近くの浜辺に一人の少女が降り立つ。それは紅く大きすぎる月から?蒼く仄暗い水底から……?その夜を境に、学園では奇妙な噂が広まり事件が起きる。願いを叶える小さな女神の噂と、そして、人を襲い喰らう化け物の噂と事件が……。学園の学生・邑上琉平(むらかみりゅうへい)がこの事件に巻き込まれた時より、物語は始まる。異なる答え?ReANSWER?を求め、深紅の髪を持つ戦乙女ハガル・ヴリュンヒルデと共に。ハガルは告げる。化け物たちをその槍で粉砕し、血塗れの右手を差し出し、微笑みながら歌うように。「さあ、マスター。私と共にラグナロクを再開しましょう」神話世界、現世界……連なる世界は響き合い、共鳴し、互いの距離を保ち続けてきた。しかし、その接点にそれはある。魔導書の魔法使い・グリモアと、剣の戦乙女・デュランダーナ。約束の地“ヴァルハラ”よりこぼれ落ちた者たちは、運命の女神の欠片を求めさまよい歩く。これはそういう物語。喜劇であり、悲劇でもある。

Primary〜Magical★Trouble★Scramble〜
神々が残した奇跡の力、“魔法”を人々に伝えた始まりの場所。四つの神都の一つであり、その中でももっとも美しい街。全てはここから始まる。まるで、小さな小石が水面に落ち、波紋が水面を拡がるように。ゆっくりと大きく……水の神都・ヴァンチスタ。西欧にあるその都市は「もう一つのベニス」と呼ばれ、縦横に水路の走るその街並みは、世界でもっとも美しい水上都市と言われている。また古代王国時代から続くその都には、白亜の王宮や瑠璃の教会など昔から受け継がれてきた建築物が建ち並び、訪れる人々にその歴史の美しさと雄大さを感じさせずにはいられない街でもある。だが人々にとっては、その美しい景観ですら飾りでしかない。なぜならそう、人々はこの街に別のものを求め訪れるのだから……。そこは原初に魔法が伝えられた四つの神都の一つ。人々が魔法を学ぶことが出来る、数少ない都市なのである。全ては、この街に一人の青年、主人公“六桜琥珀(りくおうこはく)”が転入してきたところからはじまります。『神立ヴァンチスタ魔法学院』世界でただ四つだけ古の奇跡、魔法を学べる学園。彼の妹の視力を取り戻すため、魔法使いとしての修行を積む為に日本に転入してきました。そして、魔法学園へ到着早々に新たな出逢いが訪れます。実習(実戦?)の授業で暴走する精霊との戦闘に巻き込まれた主人公は、暴れる精霊を鎮め、同級生となるプリムと出会うことになります。また精霊を鎮めたことは学院内であっという間に噂になり……「転校生は強いらしい!」この話しは学園内を駆けめぐりました。おりしも魔法学院は、今、大切な試験の真っ最中。春から夏にかけてマトゥリタ(完熟試験)と呼ばれる試験があり、その結果によっては今後の将来が決まってしまうと言っても過言ではありません。今はまさにその時期。そして試験とは、さまざまな依頼をこなすこと。もちろん、パートナーと共に挑んでも良いのです。……新たな出逢い、新たな生活。その中で生まれる友情と愛情。学園の不思議に挑んだり、女の子達との三角関係に悩んでみたり、彼女達と一緒に一人前の魔法使いを目指して、さまざまな試練を乗り越え物語は展開します。選ぶのは恋か目的か、それとも……ハートフルで不思議な学園恋愛物語がここで始まります!

ぽちとご主人様
小さな頃から家族同然。兄妹のように育った主人公“麻黄大(あさぎひろ)”と、ヒロインの“雛緑千羽(ひなみどりちわ)”。仲の良い二人は、幼い子供がおもちゃの指輪で結婚の約束をするように、ぬいぐるみの首輪で“ポチとご主人様”な関係を約束したのです。それから数年。年頃になった二人は、お互いの想い……千羽(お兄ちゃんが大好き。恋人になりたい、お嫁さんになりたいぃ〜!)大(千羽、可愛いよ。千羽……いっそ、調教して俺の……)……と、在る意味相思相愛。でも、お兄ちゃん大好きっ娘な千羽。そして、ドエスでご主人様体質な主人公。二人とも関係を壊してしまわないように、それ以上は言えずにいました。さらに時は過ぎて。千羽は母親と海外で暮らすようになり、ますます二人の関係は離れていくかのように見えたのですが……しかし、主人公の父と千羽の母の再婚話が持ち上がり、物語は急展開。突然、日本に帰国し、主人公と同じ学園に転校してきた千羽は、その日から主人公と同棲生活をスタート。そして、ついに想いを打ち明けます……千羽「お兄ちゃん、千羽はお兄ちゃんのペットにして欲しいの!」主人公の趣味を知る千羽の告白。「お前はもうすぐ妹になるんだ」と千羽の告白に堪えようと思っていた主人公ですが、その一言で何かがはじけてしまいます。大「ふふっ……いいのか、千羽?俺の愛は……痛いぞ?」千羽「痛いの?痛いのは嫌だなぁ……」でも…千羽「でも、覚悟してるの。お兄ちゃん……ううん、ご主人様。今日から千羽はお兄ちゃんの“ぽち”になります」こうして始まる二人の物語。クラスメイトや優しい先輩を巻き込んで、ラブラブでイチャイチャ、それにとってもエッチでエスでエムな恋愛物語が始まります!

にゃんカフェマキアート 猫がいるカフェのえっち事情
「わ、私。先生の……マスターの恋人になりたいんですっ!」「あめり、マスターにだったら、なにをされてもいいですの!」「男女の関係はよくわからないので……まずは肉体関係から始めてみませんか?」「「「あっ…?!」」」就職先の会社が次々に潰れ、やっと採用された名門女子校。新人講師のお仕事は日々、雑用が続き辛い毎日。さらに住んでいたアパートも燃えてしまい、祖父の経営する喫茶店猫カフェ『ねこたま屋』まで手伝うことになった不幸な主人公。そんな主人公を慕う三人の美少女達……明るく元気でクラスの中心的な存在・猫杜美華(ねこもりみけ)。内気で儚いロリっ娘・猫川あめり(ねこかわあめり)演劇部のエースで学園理事の令嬢・猫屋敷ぺるしゃ(ねこやしきぺるしゃ)彼女達は『ねこたま屋』のアルバイトに来てくれ、お互いに主人公に思いを寄せていることを知ります。他の娘にわたすまいと、最初の夜に思い切って主人公に告白……しかし、主人公の不幸属性の為か三人が同時に告白してしまいます。女の子達は一歩も引かず、主人公もせっかく幸運を逃したくないと……そのまま4Pへ突入してしまいます。

リリミエスタ
地上と天上というふたつの世界。地上で死んだ人間は天上で生を受け、天上で死んだ人間は地上で再び生を受ける。その循環の成すエネルギーを作り出すのは“フェリチタ”と呼ばれる地上の人間の感謝の心であり、それを活かすのが天上の人間である。主人公・“守島友春”は地上のフェリチタを集める機関、“アリア・クラーレ”の候補生。現地実習として幼馴染・“逢坂菜桜子”と同級生・“東雲藍里”と共に全寮制の「明風学園」へ仲良く転入することに。この学園、学風が自由である通り学生たちは個性派揃い。そして始まるにぎやかな生活。こんな日々も、ひとつの 『リリミエスタ(幸せのある場所)』……。

晴れハレはーれむ
――夏のある日、主人公“杉原明広”の占い結果はこんなだった。「あなたのお嫁さんにしてください!」占いの通り、突然3人の女の子から告白され、明広は大混乱!そこに、以前から明広に想いを寄せていた幼馴染“琴子”が加わり、なし崩し的に4人の女の子と同棲することに!?おはようのキスから手料理、お風呂での背中流し、そして夜のおつとめ……。どんどんエスカレートしていく、女の子たちの恋愛アピール合戦!はたして、1対4の恋愛模様の行く末は……!?





〜 原付・バイク保険一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット