アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
アネ×ヘヴン
智頭昭文の朝は姉の唇から始まる。目を覚ますと大抵それが自分の唇数センチのところにあって、それをすんでの所でかわすのが起床して最初の運動となることが日課となっていた。枕を盾にする昭文を見てニッコリと微笑みながら舌打ちをする2歳年上の姉、朱音。整った顔立ちと、綺麗な黒髪をサラリと流すその姿は和風美人という言葉そのものと言った風情で、一見すると楚々とした振る舞いからご近所でも評判の美人なのだが、彼氏はいない。なぜなら………朱音は弟を溺愛しているのだ。「もう、出てってよ」と姉の背中を押し、強引に部屋から排除した昭文が大きな溜息をつく…。そして、丁度同じ頃……。布団から飛び出してきた足に首を絡め取られ、もがく男子が一人…粟倉浩次。母に姉の起床を命じられ、姉のベットの横で声をかけた結果がコレだ。意味不明に寝ぼけた声を上げながら、浩次の首を太ももで締め上げる姉の美弥子。消えゆく意識をかろうじて繋ぎ止めた浩次が、ようやく起床し背伸びをする姉を見上げ呆れる。それもそのはず、美弥子はパジャマを着ておらず、小ぶりだが形の良い乳房が朝の陽光の中できらりと輝いていた。目が合った姉に「エロガキ!」と不条理に一蹴され、犬のように姉の部屋から逃げ出す浩次。……しかしその股間はと言えば、大きく膨らんでいたのだった。………そんな対照的な姉弟。形は違えど、それはよくある仲のいい姉弟の姿とも言えた、しかし……。「めんどくさいだけだと思うけどねぇ、男兄弟って。色々面倒みるのも大変じゃん。」「もう、朝から晩まで………こっちの身体が持たないよ。」共通の友人、自身二人の弟を持つ大原麻耶が発した言葉によって状況が変化する。「えっと、身体が持たないって…どうゆうこと…?」「あのさ、それって……もしかして……」「そ、そんなの………決まってるじゃん?男と女だよ?」その時、麻耶は気が付くべきだった。冗談のつもりで放ったその言葉に、自身の両側に座る姉二人が深刻な表情で考え込んでいたことを…。

Let"s 裸GO! ぼくラの自由研究
夏休みの初め、山川コウダイと同じ班の女子3人たちが学校に集まりグループ自由研究の課題を決める話し合いをしていた。コウダイにはある提案があったのだが、誰からも相手にされない。そんなコウダイを差し置いて女子の1人香白茉莉花が、まだクラスの誰も経験していないSEXを課題にしそれを実践して発表しようと提案する。女子たちはドキドキするものの、コウダイはまったく興味を示さない。そこで彼は持参した古びた巻物を見せる。自宅で偶然巻物を見つけたコウダイは、それがかつて祖父から聞いた「すっぽんぽんの神様」の言い伝えにまつわるものだという。そして町に散らばっているという神様の御魂(みたま)なるものをすべて集めれば「何でも願いが叶う」。SEX以上の荒唐無稽なこの案に、一同呆れかけるがなぜか茉莉花がこれに興味を示しついに御魂探しを決行することになる。早速始めようとする女子たちを前に、コウダイは御魂を集めるためのある条件を話す…。「すっぽんぽんの神様にはすっぽんぽんで接する。そうじゃないと願いごとは叶えてもらえない」…かくして、4人は御魂のある場所を示すという巻物を片手に、「全裸」で市内の各所へ赴いていく。真夏の炎天下で何もかも丸出しにした無着衣の少年少女たちが、西へ東へ足を運び、街中を駆けまわる。だけど、裸でそんなことをして、何かが起きたりしないだろうか?女子たちはもうSEXに興味をもってるみたいだし、コウダイも……!?。少年少女たちに担任の先生や家族も巻きこんでの、真夏の大?冒険が幕を開ける。

野外学習3 DL版
樹(いつき)は年上の女性とセックスしようとしていた。「あたしとするの…イヤ?」傍らでは妹の乙葉も見守っている。どうしてこうなったか理解できず、樹は混乱する。で、樹君。私とエッチするのはダメなのかな?」怖じ気づいてはいるが、イヤではない…むしろ欲望が高まっていた。合意すると彼女、東雲梨緒の年上の迫力とベテランの技巧で一気に果ててしまう。周囲にいた他の子たちもそれぞれ相手を見つけ、セックスを始めていた。何故こんな事になったのか、遠のく意識の中、樹はこれまでの事を思い出す…。樹はある日親友の翔太に誘われ、とある交流合宿に不本意ながら参加することとなった。それは、あこがれのお嬢様学校である東雲学園の女子たちと寝泊まりできる合宿で、樹や翔太たち西雲学園の男子校生には密かに人気のイベントらしい。樹はあまり気乗りしない。それでも翔太はせっかくのチャンスだからと言う――樹には少し悩みがあったからなのだが…。その後帰宅しようとすると、靴箱に女もののリボンとパンティが入れられているのを見つける。樹に着てほしいとの手紙付きで。それを見てがっくりする樹。翔太が気にするな、合宿で見返してやれと励ます。以前女装していたのがクラスメイトにばれてから、樹は学校で居場所がなくなった気がしていたのだ。しばらく後、翔太たちと樹は飛行機で何時間もかけて、合宿場所だというとある南国の島に着いていた。ここは無人島で、合宿の主催者が持っている研修施設があるらしい。不安な樹の前に現れた少女は、有名人で東雲学園の生徒会長、東雲葵依だった。そこにはおいて来たはずの妹の乙葉もいた。樹を心配して他の参加者に紛れてついてきたところを、葵依が保護してくれていたのだ。驚くと同時に、樹は図らずも葵依と知り合いになることが出来た。その夜開かれたオリエンテーションで、彼らは信じられない光景を目の当たりにする。葵依の姉で主催者の東雲梨緒が一糸まとわぬ姿になってこう言い放ったのだ。「はい、静かに…以後、ここではみんな裸で過ごします」樹や乙葉、葵依たちはどうなってしまうのだろうか…?

ショタマネ 〜僕がマネージャーになった理由〜
盟条学園を先生に勧められるまま受験し、合格してしまった主人公・今井純。“普通の学園”だと思いよく調べていなかったが、この学園は部活動(主に体育会系)にとても力を入れていることで有名だった。入学初日から、背が低く女の子と間違われるような外見も手伝ってか、純は先輩たちの猛烈な部活への勧誘を受ける。しかしこれといって何かをやりたいワケではない純は、どこの部にも所属しないまま帰宅部として過ごしていた。そんな日々を送っていた純はある日、熱心に部活動へ打ち込む少女たちと出会う。体操部で頑張る、幼なじみの一ノ瀬彩。陸上部のホープだが、ちょっとスランプ気味のハイジャンパー・望月七海。日本文化に夢中なアメリカからの留学生、弓道部所属の金髪少女パティ・アンダーソン。高い能力を感じるが、現時点ではちぐはぐなテニス部の大林千鶴、小森はるかペア。熱心な彼女たちを見ているうちに純も「応援してあげたい、ボクにも何か出来ることないかな?」と思い立ち、マネージャーになりたいと彼女たちに伝える。色々な悩みを持つ彼女たちの力になってあげようと、数々の特訓メニューを提案する純。しかし、その大半は純の勘違いで、いつもエッチな方向へ。時には部活の取材をしている報道部の伏見摩子を巻きこんでハチャメチャになることも!?果たして純は彼女たちの悩みを解消して、応援することが出来るのだろうか。

もっと! 野外学習〜夏期特別講習編〜
楽しい合宿の思い出を話している樹たち。周囲からとてもうらやましがられる。すごく楽しくて、みんな仲良くなれて、こんなにいいイベントなのにまだ行ってない人がいるなんてもったいないよね!次の合宿まで一年もあるし……。来年まで待てない、というクラスメートが多いことだしもう一度合宿を開催できないかと葵依たちが計画する。他校でも同じような話があると知り、生徒会同士で連絡を取り合うことに。その結果、合宿の合同開催が決定し、無事に学園側に承認される。こうして野外学習の参加者募集がはじまる。なにげなく募集のポスターを目に留めてしまった主人公、森下鼎(もりしたかなえ)。「野外学習?アウトドアかなあ……」趣味がバードウォッチングなので、参加してみることに。島について、まずは自分の部屋に荷物を置くことに。紙に張り出された部屋割りを確認しつつ自分の部屋に向かうとそこには全裸の女子がいっぱい!ものすごい勢いで罵倒され、追い出される鼎だが実は名前が「かなえ」なので女子だと思われていた。誤解がとけ落ち着いたところで、ようやくオリエンテーション開始。しかし、変な風に目だってしまい、女子からも冷ややかな目で見られてもう家に帰りたくてたまらない鼎。説明を聞き流しながら、涙がにじむ。オリエンテーションの終了後、全員が立ち上がり、いきなり服を脱ぎ始める。何が始まったの!?あわてる鼎。「いま説明されてたじゃない」にっこり笑いながら近づいてきた女子・茜に脱がされてしまう。「これがこの合宿中の基本コスチュームだよ!」そのまま茜と結ばれる鼎。何が何だか分からないまま合宿がスタートしてしまった。

野外学習 SPECIAL4
野外学習シリーズ4タイトルがスペシャルパックになって再び登場!懐かしい登場人物、忘れていたシーンを楽しめます!!まめの描いた絵を堪能してね!

ママクラブスペシャルパック
ママクラブシリーズは「ママ+ショタ」もの、コンプリーツの王道!!他の追随を許さない作品。コンプリーツの世界を堪能できる事間違いなし!「ママクラブ」「続ママクラブ」はOSを変更して、インターフェィスがグラフィカルになり、メッセージスキップとオートがワンクリックで実行可能になっています。他にも、メッセージ表示、スキップ、オートクリックの速度がきめ細かく設定できるなど、システムを大幅強化!「ママクラブ」は「インモラル」をテーマに据え、エロティックな雰囲気を全面に押し出した作品。「ママ+ショタ」物。「続ママクラブ」は2003年6月発売「母性 〜ママクラブ〜」の続編。「ママ+ショタ」物。前作の舞台とは別の街で、密かに運営されている「もうひとつ」のママクラブ。「ママクラブ・参観」は大好評シリーズの第三作目。会則:当クラブは、男子の成長過程に於いて、女性との関係、特に性交に対する知識と経験を積ませることによって、女性に対する思考、態度をより正しいものへ導くことを目的とする。

もうすぐ・じゅーしーなかよしセット
【もうすぐ夏休み】夏休みを間近に控えたある日。クラスメイトの男子が、彼女ができたと大騒ぎしていた。それでなくても異性の話は賑やかなもので、誰と誰がデキてるとか、誰とやったとか、そんな話は多い。で、主人公の知郎はどうかと言えば、その辺はさっぱり。成績も上々、気の利くタイプで、クラスでの評価は、男女共に高く、ルックスだって悪くない。でも、女子からすれば、ちょっと物足りない。だから、彼女、と言える相手もいなかった。しいて言うなら、隣りのクラスにいる東野千春。彼女は、幼い頃からお隣に暮らしている、幼なじみ。とは言え、同じ病院で産まれて、同じ保育園に通い、そして、学校も同じとくれば、近すぎて、恋愛の対象とは思えない。第一、彼女を見ていると、そんなことに興味があるとは思えない。知郎は、そう思っていた。そんなある日。知郎は、千春の母に、忘れ物を届けるように頼まれる。忘れ物、と言っても、帰りのお買い物メモ。両親共働きの千春は、帰りに夕食の材料を買って帰るのが、いつものことだった。放課後。渡しそびれていたメモを渡そうと、隣りの教室へ行った。ところが、千春がいない。聞けば、屋上じゃないか?とのこと。屋上になんの用が、と思いつつ、知郎は屋上へ。そこで、知郎が見たものは………。ひょんなきっかけから、幼なじみの意外な進歩ぶりを知る知郎。口止めのつもりか、はたまた、何か別の意図があるのか、知郎に、気軽に身体を許す千春。更に、千春のお友達も巻き込んで、何やらエッチな騒動が起こる予感。はてさて、知郎君………夏休みには、彼女ができているのでしょうか?【じゅーしぃエイジ】英二は心身共に健康な2年生。一番興味があるのは異性のこと。悪友たちと挨拶のようにエロ話に花を咲かせるのが日常。そんなある日、クラスの中で囁かれた噂。「………○○がさ、もうやったらしいぜ?」「××がやってるのを見たやつがいてさ………」クラスに初体験を済ませたやつがいる!周囲へ送る視線も血走りがち。遅れを取るわけには行かない!!と、盛り上がった挙げ句、遂に男たちは立ち上がる。「やろうぜ!!」どうせやるなら好きな女子と………会議の結果、健太が狙うべきは同級生の美紀に決定。同級生や友人に相談しつつ、夢はグッドなエッチ。はてさて、うまくいくことやら………。リサーチに奔走したり、やりすぎて女子に蹴られたり、図らずも際どいシーンを目撃して女子に殴られたりしながら、夢は大きく彼女とエッチ。しかし、女子に大人気の「イケてる男」の噂が耳に入る。そいつは教師?それとも、運動部の指導に来る大学生?もしかして、彼女はもう………?思いがけないライバルの陰、果たして、取るか取られるか?って、本当にライバルなの?これは、思春期な少年少女たちが織り成す、ドタバタ・グローイングアップな物語。

ママしぼり3の事情
巧は焦っていた。以前から密かに感じていた不安……ついに、この日が来たのかという思いもあった。それは父親が若い頃に罹っていたという、精子が止まらなくなるという謎の病気『多精子症』「ど、どうしよう……こんなこと、誰にも話せないし……」治療法はとにかく精子を出すこと!母は息子の為に考えられる事をすべて試そうとする。その方法とは、こんな事までするの!?姉も、同級生のお母さんも、病院の女医さんまでも主人公の為に協力して、積極的に何とかしようとする。さて主人公は回復するのでしょうか?それとも……どうなるのでしょう!!

コンプリーツセットI
【ママしぼり2(ママしぼりの事情)】多精子症(?)になってしまった主人公と過保護なママの、心温まる(?)家庭内ぶっかけコメディ。主人公・尚クンはちょっと甘えん坊な少年。ママ・尚子さんの過保護さも手伝って、一緒にお風呂は当たり前、時には一緒に寝ることも。そんな尚クンが、ある日を境に、一緒にお風呂に入らなくなった。それどころか、何となくママを避けているご様子。そんなある日、タンスの隅に隠してあった尚クンの下着を発見するママ。心配したママの詰問に、ついに口を割る尚クン。オチンチンの勃起が納まらず、精液が一杯出ちゃう…そんな息子の告白に、狼狽するママ。何かあったら大変と、近所の病院に行ってみることに。そこで下された診断は…。奇妙な病の治療法は、抜くのが一番。愛する息子のためになら、ママは一肌でもニ肌でも脱ぐ決意。そこに、ご近所のお母さんや、研究熱心な女医さんまで巻き込んでの大騒動。…果たして、尚クンの病は治癒するのでしょうか?【BoyMeetsWives】物語の舞台は某県白桃市にある桃園団地。主人公・細倉亨は、両親の離婚を自分の責任と感じて、他人との交流を絶ち、半ば引きこもりな生活を送っていた。そんなある日、同じ団地に住む主婦・栗原真理子から夕食に誘われ、それをきっかけに、真理子と親密な関係になる。真理子との関わり合いの中で、団地の主婦たちと親交を深めていく亨。団地の奥様方との(主に身体での)交流を通じて、亨は少しずつ、立ち直っていく………。

コンプリーツセットII
【まってぃ】良太くんは、突然、両親の都合で親戚の岡野家に居候するコトになってしまった。しかも、家での扱いは「末っ子」同然というもの…。末っ子は、からかわれたり、理不尽なお願いやコンビニへのパシリも嫌とは言えない立場。岡野家三姉妹(OLの長女:瀬奈、女子なんちゃらの次女:加奈、同級生の三女:真奈)も例に漏れず、「弟」の良太くんに対してやりたい放題。その一方で、香織おばさんは「末っ子」の様に、良太くんを過度に甘やかしてくれる。そんなドキドキな毎日の中、成り行き上起きちゃう「嬉し恥ずかし」なコトもあったりして…良太くんはどうなってしまう?!【ママ!つま?】主人公・桜井誠は学生。隣家に越してきた内山篤と親しくなるが、ある日、篤から内山家の秘密(?)を聞いて驚愕する。篤は、母である和美と、肉体関係にあるというのだ。平然とそのことを語る篤。まるで、当たり前のことのように。以来、友人を見る目も、そして、自分の母を見る目までも変わってしまう。そんな中、父親が単身赴任で長期不在となる。漠然とした不安を感じる誠。そして、彼の不安は現実のものとなる。帰宅した誠を待っていたのは、あられもない格好の母親だった。ノリノリで近親相姦を求める母と、押し流されるように身体を重ねる息子。そして、周りも似たような関係の家族がいるようで……?!ちょっと(?)ズレた親子が織り成す、エロエロ・ホームコメディ。

もうすぐ夏休み!2
夏休みが2週間後に迫ったある日、夏休みの自由研究を何にしようかという話でクラスの男子は盛り上がっていた。主人公は何気なく自転車で日本一周にいこうかなと言ったことが噂になり、自分でも本当にやろうかなと思い始めていた。そんな日、転校生がやってきた。「東野千春」という女の子だ。授業が終わった放課後、千春はとんでもない事を言い出した…「ねぇ、どこでしてるの?」「え、もしかしてこの学校、部活動でしてるの?何部?セックス部?」セックス!?そんな言葉が、僕の耳に届いた。東野さん、今セックスって言った?僕にはそう聞こえたけど…。千春は次々にとんでもない行動にでる。クラスメイトの女子も男子も次第に千春のペースに巻き込まれていく。主人公は本当に自転車で日本一周の自由研究が出来るのだろうか…。

コンプリーツセットIII
【マコトねーちゃんのボク教育法?!】主人公・矢島光は、頼りない男の子。男はともかく、女性とは恥ずかしくてうまく話せないくらい。そんな弟に不満たっぷりの姉・真琴は、強引な手段で、弟を立派な男に育てようと計画する。一方、隣家に住む叔母の真理は、光に檄甘。光をめぐっての口げんかは日常茶飯事。そんな中、光はクラスメイトと一緒に、更衣室を覗いて騒ぎを起こしてしまう。もちろん、断りきれずに………だったのだが、そうは問屋が卸さない。キツイお仕置きを合図に、真琴の計画もスタートした。そして、真琴の計画を知った真理も、ライバル心&光可愛さに、邪魔を始める。ビター&スイートなお姉さんの間に挟まれて、光はかつてない経験をすることになる。さて、二人のねーちゃんの間に挟まれて、光は、立派な男に成長できるのでしょうか………?【ふたりは!?】主人公・宇部裕介は、転校早々に友人となった隆にそそのかされ、伝説の木(笑)の下で、学園一のクールビューティ・真弓に告白する、が、あっさり断られる。しかし、伝説の木(笑)から降ってきた(?)桜に慰められ、なぜか親密な関係となる。更に、桜と知り合うのをきっかけに、真弓とも親しくなる事ができた。真弓と桜は親しいというが、何か怪しい雰囲気………。クールな真弓とマイペースな桜に振り回されつつも楽しい学園生活………と思いきや、教頭と生徒会副会長が、なにやら陰謀を巡らせているようで………。学園内に吹き荒れる不穏な空気をよそに、あくまでマイペースな二人。裕介はどうする?ツッコミ役に徹するのか、それとも、陰謀を砕くのか?どうする、宇部っち?!

ママとの甘い性活
三人暮らしの幸せな家庭に突然舞い込んだ父の死。知らせを聞いてからその生活は一変した。真由美はその日から毎日泣いてばかりいる。満は自分にはどうすることも出来ないことを半ば諦めていた。何か月か過ぎたころ、真由美と満の関係に変化が出てくる。二人の生活を楽しむことにした真由美は満に対して積極的に接する。まずは今までになかったスキンシップから始めてみることに……ラブラブ甘々な生活が毎日繰り返される。真由美は満を心から愛するようになり、満も真由美を愛するようになる。満は父の代わりに母の支えになれるのか……そして暗かった満の性格も徐々に明るくなってゆく……

姉妹との甘い性活
商店街の福引きで海外旅行が当たった陽向家。春休みの間に両親が出掛けることになり、主人公と姉妹の3人は留守番をすることに。この機会に、ひ弱な主人公を男らしく鍛えてやろうと考えるビッチな姉と妹。色々と仕掛けられ、身も心もしごかれた主人公は、すごく変わる。3人の関係も一段と親密になり、両親が帰ってくるまでの楽しい日々があっという間に過ぎていく…。

コンプリーツセットIV
【Let’s 裸GO! ぼくラの自由研究】夏休みの初め、山川コウダイと同じ班の女子3人たちが学校に集まりグループ自由研究の課題を決める話し合いをしていた。コウダイにはある提案があったのだが、誰からも相手にされない。そんなコウダイを差し置いて女子の1人香白茉莉花が、まだクラスの誰も経験していないSEXを課題にしそれを実践して発表しようと提案する。女子たちはドキドキするものの、コウダイはまったく興味を示さない。そこで彼は持参した古びた巻物を見せる。自宅で偶然巻物を見つけたコウダイは、それがかつて祖父から聞いた「すっぽんぽんの神様」の言い伝えにまつわるものだという。そして町に散らばっているという神様の御魂(みたま)なるものをすべて集めれば「何でも願いが叶う」。SEX以上の荒唐無稽なこの案に、一同呆れかけるがなぜか茉莉花がこれに興味を示しついに御魂探しを決行することになる。早速始めようとする女子たちを前に、コウダイは御魂を集めるためのある条件を話す…。「すっぽんぽんの神様にはすっぽんぽんで接する。そうじゃないと願いごとは叶えてもらえない」…かくして、4人は御魂のある場所を示すという巻物を片手に、「全裸」で市内の各所へ赴いていく。真夏の炎天下で何もかも丸出しにした無着衣の少年少女たちが、西へ東へ足を運び、街中を駆けまわる。だけど、裸でそんなことをして、何かが起きたりしないだろうか?女子たちはもうSEXに興味をもってるみたいだし、コウダイも……!?。少年少女たちに担任の先生や家族も巻きこんでの、真夏の大?冒険が幕を開ける。【ショタ×マネぼくがマネージャーになった理由】盟条学園を先生に勧められるまま受験し、合格してしまった主人公・今井純。“普通の学園”だと思いよく調べていなかったが、この学園は部活動(主に体育会系)にとても力を入れていることで有名だった。入学初日から、背が低く女の子と間違われるような外見も手伝ってか、純は先輩たちの猛烈な部活への勧誘を受ける。しかしこれといって何かをやりたいワケではない純は、どこの部にも所属しないまま帰宅部として過ごしていた。そんな日々を送っていた純はある日、熱心に部活動へ打ち込む少女たちと出会う。体操部で頑張る、幼なじみの一ノ瀬彩。陸上部のホープだが、ちょっとスランプ気味のハイジャンパー・望月七海。日本文化に夢中なアメリカからの留学生、弓道部所属の金髪少女パティ・アンダーソン。高い能力を感じるが、現時点ではちぐはぐなテニス部の大林千鶴、小森はるかペア。熱心な彼女たちを見ているうちに純も「応援してあげたい、ボクにも何か出来ることないかな?」と思い立ち、マネージャーになりたいと彼女たちに伝える。色々な悩みを持つ彼女たちの力になってあげようと、数々の特訓メニューを提案する純。しかし、その大半は純の勘違いで、いつもエッチな方向へ。時には部活の取材をしている報道部の伏見摩子を巻きこんでハチャメチャになることも!?果たして純は彼女たちの悩みを解消して、応援することが出来るのだろうか。

コンプリーツセットV
【みだらなマンション】上司とケンカした挙句会社を辞めた主人公。心配した叔父の勧めで、叔父が所有するマンションの管理人となる。就任早々、主人公は設計にはない監視カメラの存在に気づく。それは…。物騒な世の中、叔父が後付けした監視カメラだった。細やかな気配りだなぁ、と思いつつ、未経験の仕事に悪戦苦闘する主人公。掃除、荷物の受け取り、建物のこまごまとしたメンテナンス等々、慣れないことばかり。そんな悪戦苦闘に拍車をかけるのが、一癖も二癖もある住人の面々。住人の信頼を得られれば、日々の暮らしも楽しくなるというもの。なにしろ、夫婦者の多いマンションなので、当然奥様たちもいるって事。しかも奥様たちは揃って美人揃い。もしかしたら、何かいいことがあるかも…だって人妻だし。そんなことを考えつつ仕事に精を出す新米管理人は、別の意味で精を出すことが出来るのでしょうか…?【マイホームワイフ】大月朔美は新婚ほやほやの新妻。新たな家庭となった夫の実家は、義父と義弟の三人家族。長らく女手の無かった家庭に、いきなり現れた女っ気に家族もドキドキ。とは言え、根っから明るい朔美は男たちの心情なんか気にしない。そんな中、朔美の夫で大月家の長男・孝太郎が長期出張に行くことになる。身体の相性を優先して結婚したくらい、根っからエッチ好きな朔美に、孝太郎が出した解決策。それは…。「親父と、弟とやっちゃえばいいんじゃね?」とんでもないアイディアに朔美も異論はなく、夫の出勤後に早速アプローチ開始。手を替え品を替え、時には身体も張った行動に、家族は困惑気味?スキンシップ…その言葉を履き違えた新妻の家族内エッチ大作戦。はてさて、どうなることやら…。【診てくださいます?】主人公・猪谷祐介の実家は病院を営んでいる。当然、祐介は家を継ぐことになっているのだが、本人は今ひとつ乗り気ではなかった。それは、診療科目が産婦人科だから。ごく普通に女性と話す時にも緊張してしまうくらいなのに、医師として、その身体を見たり触ったり出来るものだろうか……祐介の悩みはそこにあった。しかし、母であり院長である圭子にとっては、それは一大事だった。絶対に、何がなんでも跡を継がせねばならない。そこで、圭子はある計画を企てた。祐介を産婦人科医の道に進ませるため、その身を投げ出す覚悟で。

新・野外学習〜ヌーディストキャンプ編〜
主人公はエリート学校の生徒。エリートばかりが集まっている学校ではクラスメイト同士の交流がない。この学校では毎年7月に、1年生を対象にした野外学習を行う。その野外学習はクラス単位で行なわれ、行き先は各クラスの学生たちの意見で決められる。今日これから僕たちが行く場所は、竜ケ崎先生が決めた。野外学習の行き先を決める話し合いで、誰もその意見を出さなかった。僕もそうだ。前もって野外学習の実施場所を考えておくように言われてたけど、それを考えなかった。だって……そんなことに興味がないから。野外学習なんて成績に関係ないこと、する必要ない。できれば参加を拒否したいぐらいだ。この学校は全国でも有名なエリート校で、学生はみんな成績優秀者ばかり。そういう学校だから、入試に合格するのも大変だし、入学したあとも気が抜けず、必死に勉強しなくちゃいけない。勉強以外のことをする余裕なんてない。興味もない。この学校の学生はみんなそう思っている。担任の竜ケ崎先生が行き先を決めたのは、ネイチャーキャンプ場だ。でもそこへ行ってみて皆驚いた。なんとそこは……ヌーディストキャンプ場だった!学校行事なので取りやめる訳にもいかず、代わりのキャンプ場もない。皆が裸で3泊4日のネイチャーキャンプをすることになった。全裸の自然生活を体験することによって、他人に無関心だった生徒たちは……。

メイドとの甘い性活
海外出張で忙しい両親に代わり、優しいメイドの西園寺日菜乃に面倒を見てもらっている主人公葛城希光。自由奔放な叔母の五十嵐綾乃もよく様子見に訪れてくれて、希光はいつもふたりに可愛がられていた。ある日、一人きりで留守番をしていた希光。暇を持て余して、両親の寝室で昔母親と一緒によく観ていたアニメのDVDを観ることにする。しかし、再生されたその映像は……いつも美しくてとても上品な母が、激しく父と交わる信じられない姿!まだまだ子供っぽく異性への興味もなかった希光は、ショックを受けつつも射精してしまう。その日を境に、日菜乃や綾乃との関係が変化していく。希光は2人の優しい年上女性によって、立派な男になれるよう奮闘するのだった。

コンプリーツセットVI
【ツマ×ヘヴン】主人公・三国雄二は浪人生。それ自体は自分の不徳の致すところだし、反省してより一層勉学にいそしむ気満々だった………のだが。「家を売るって、ど、どういうことさ?!」「売るんじゃないよ、もう売ったの。引渡しは来週だから、あんたも荷物をまとめなさいよ」両親の海外移住で、いきなり家を放り出されることになった主人公。しかし、救いの手は差し伸べられる。「お前、今日から家で暮らすことになったから」そう、笑顔で、しかも自身たっぷりに言い放ったのは、主人公の兄・雄一だった。兄は異常に思うほど弟である自分を溺愛していた。引くくらいに。それに、兄は結婚したばかりで、新居で新婚生活を満喫していたはずだった。新婚家庭に乱入など、いくらなんでも空気が読めてなさ過ぎだろう。とは言え他に道もなく、兄の新婚家庭に居候することとなった雄二。なるべく邪魔しないように………と思っても、あけすけに振舞う兄嫁の精神攻撃(?)は予想以上。っていうか、もしかして誘ってる?さらに、隣家の主婦・勝山由香里も無駄なお色気を振りまくいかにも肉食な女性。しかも、日を置かずにやってくる御用聞きのおっさんたちは一体何?そして、地主だか何だか知らないけど、我が物顔でやってくるジジイは何?戸惑うばかりの新生活、不意に華やいだ身の回りで起こる数々の色っぽい騒動。兄嫁、隣の奥さん、そして………雄二の新生活は、正に波乱万丈?!これって、天国?それとも………?【アネ×ヘヴン】智頭昭文の朝は姉の唇から始まる。目を覚ますと大抵それが自分の唇数センチのところにあって、それをすんでの所でかわすのが起床して最初の運動となることが日課となっていた。枕を盾にする昭文を見てニッコリと微笑みながら舌打ちをする2歳年上の姉、朱音。整った顔立ちと、綺麗な黒髪をサラリと流すその姿は和風美人という言葉そのものと言った風情で、一見すると楚々とした振る舞いからご近所でも評判の美人なのだが、彼氏はいない。なぜなら………朱音は弟を溺愛しているのだ。「もう、出てってよ」と姉の背中を押し、強引に部屋から排除した昭文が大きな溜息をつく…。そして、丁度同じ頃……。布団から飛び出してきた足に首を絡め取られ、もがく男子が一人…粟倉浩次。母に姉の起床を命じられ、姉のベットの横で声をかけた結果がコレだ。意味不明に寝ぼけた声を上げながら、浩次の首を太ももで締め上げる姉の美弥子。消えゆく意識をかろうじて繋ぎ止めた浩次が、ようやく起床し背伸びをする姉を見上げ呆れる。それもそのはず、美弥子はパジャマを着ておらず、小ぶりだが形の良い乳房が朝の陽光の中できらりと輝いていた。目が合った姉に「エロガキ!」と不条理に一蹴され、犬のように姉の部屋から逃げ出す浩次。……しかしその股間はと言えば、大きく膨らんでいたのだった。………そんな対照的な姉弟。形は違えど、それはよくある仲のいい姉弟の姿とも言えた、しかし……。「めんどくさいだけだと思うけどねぇ、男兄弟って。色々面倒みるのも大変じゃん。」「もう、朝から晩まで………こっちの身体が持たないよ。」共通の友人、自身二人の弟を持つ大原麻耶が発した言葉によって状況が変化する。「えっと、身体が持たないって…どうゆうこと…?」「あのさ、それって……もしかして……」「そ、そんなの………決まってるじゃん?男と女だよ?」その時、麻耶は気が付くべきだった。冗談のつもりで放ったその言葉に、自身の両側に座る姉二人が深刻な表情で考え込んでいたことを…。

コンプリーツコレクションパック
10タイトルをおまとめしたコレクションパックです。

種を望む彼女・すえぜん!
一人暮らしの主人公の元に突然幼なじみの後輩がやって来て「あなたの赤ちゃんが欲しい」と頼まれる。女性経験のない主人公はとまどいつつも美少女の頼みに流されるまま中だししてしまう。その後少女から「他にも妊娠させて欲しい女の子がいる」と聞かされて仰天する。混乱するがエッチへの興味から承諾してしまう主人公。果たして見事全員孕ませることが出来るのか!

種をつける男〜めざせ全員受胎〜
主人公中田進士(なかだしんじ)は癌検診を受けたことで命の儚さを実感し、人類の為に自分の種を一人でも多く残す事こそ人類史上必要な事だと実感する。年齢も境遇もさまざまな「自分の子を産むにふさわしい女性」を選び出し、ありとあらゆる手段を使って「孕むまで中に出し続ける」。果たして何人を妊娠させられるのか?

孕神〜はらかみ〜DL版
コスプレ少女がオナニーしている所を見た主人公。見つかり逃げるがなぜか家に先回り。そのままH〜中出し〜受胎確定!少女は神様で、女の子を受胎させると幸せに出来る力を得る。女の子みんな受胎=幸せにしよう!

朧小町
遠く平安の時代から良質の樹木に恵まれ、林業で栄えた朧(おぼろ)の里。その一帯で生まれる女には美しい娘が多いと、古くから周囲の土地では語り継がれている。今は昔、霧深いこの土地に朧姫という絶世の美少女が居たという。美人が多いのは人々がその血を引いているからだと伝えられてきた。そんな地元の美少女らのことを、町の人々は親しみと郷土の自慢の意味をこめて「朧小町」と呼んでいる。時は現代。津馬恋市と名前を改めたこの町で、一人の少年と、宿命の血を受け継ぐ朧小町たちとの運命の物語が始まる。

えむ先生のこと
季節は初夏。令嬢は、日本に「奴隷男を探しに」やってきた。彼女の家系にはそういう因習があって、適齢期になると一人、奴隷男を選ぶのだ――まるで館付きの執事を選ぶように。主人公は日本語の家庭教師として雇われた。彼が選ばれた理由は、語学力、女性と見紛うばかりの美しい容姿、そして「マゾヒストとしての資質」…。初日からペニスにオモチャを付けられて、顔面騎乗責められ 以降も日本語の授業に名を借りたM男調教がひたすら続きエスカレートしていく。やがて主人公はその資質を認められ、ご令嬢の「奴隷」として正式契約にいたるのか…。

いじくりママ
平凡ながらも幸せに暮らしている主婦・珠美は、ある日、息子に、頭脳とカラダの成長の遅さを学園でからかわれたと、涙ながらに訴えられる。珠美は、溺愛している息子の性教育のためにと、ためらい恥じらいつつもハダカを見せ、震える指でヴァギナを広げてセックスの説明をして、さらに、「ママのここを見ながら、シコシコして……」と、オナニーの手ほどきまでしてしまい……快感にゆがんだ息子の美貌に幻惑されて、今まで抑えていた猛烈な肉欲――眠っていた変態の才能が爆発してしまう!夫とごぶさたで欲求不満の珠美は、いけないと思いつつも、身体がうずいてたまらなくなり、息子を押し倒し、童貞ペニスをビショビショのヴァギナに挿入し、歓喜の叫びを上げつつ貪ってしまう。その後も、夫よりも大きくタフで敏感な息子のペニスに夢中になり、お風呂でヌルヌル愛撫、女装足コキ、前立腺刺激などの多彩なワザと、穴という穴を駆使して際限なく精液を搾り上げる!

びっちんちょ
ここはなんとセックスを学ぶ美智学園(びちがくえん)。国内でも知る人ぞのみ知る特殊な学園なのです。前戯、後戯。性器性交、肛門性交。口技、乳技。性具の使い方、コスプレ、女体盛り。あらゆるセックスが授業科目で、「委員長」たちは、放課後までエッチ(勉強)し、立派な人間(ビッチ)に成長していくのです。

いじくりママ2
主婦・美咲は、志が高く人望も厚いPTA会長。だが私生活では、セックスレスで欲求不満。ある夜、美咲は息子に、股間の激しいムズムズに困っていると相談される。恥じらいつつもオナニーを教え、その説明のために手コキをしているうちに、欲求不満が爆発し……息子を押し倒し、童貞ペニスを貪ってしまう!美咲はPTA会長失格だと悩みつつも、その後も毎日のように息子の肉体をいじくり、ド変態の世界に堕ちていく……!

お父さんとわたし
物心ついたときには天涯孤独で、ひとり寂しく育った女の子「やよい」。そんな彼女にもついに幸せが訪れた。母親に縁のあった人物が養女に迎えてくれるのだ。それが「お父さん」だった。やよい(おっ父さん♪ おっ父さん♪ 新しいお父さんっ♪ あ〜〜〜ん、どんな人なんだろ、新しいお父さん)新しい「お父さん」は優しくて素敵で、やよいの理想そのままだった。だが新居で迎える初めての夜、お父さんがやよいのベッドに忍んでくる。やよいは服を脱がされ、そのままアヌスを破瓜されてしまう。優しいのになぜか強引なお父さん。しかしやよいは、恥ずかしながらも嬉々として、お父さんとのえっちを受け入れるのだった。お父さん「もしイヤだったら言ってくださいね。『でも、やめませんから』」やよい「わたし、いや……じゃない、よ」そして翌日から、やよいとお父さんの父娘いちゃらぶ生活が始まる。キスより先のぎごちないフェラ。ソファーで捧げるファーストキス。一から作り上げる、二人の「新しい生活」が。痛いこと、苦しいことは決してしないお父さん。そんなお父さんに「お××この破瓜」を日々おねだりするやよい。お風呂で誘惑。ブルマで誘惑。美味しい手料理にかこつけての誘惑。はたしてやよいは無事お父さんに処女を捧げることができるのか……?





〜 出会い系女性会員募集 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット