アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
ピュアガール
「変態は秘すべきことだが、恥ずべきことではない」それがこの屋敷――変態たちの楽園『ドリームハウス』の主、花鶏塚圭(あとりづかけい)の第一声であり主張だった。ヤバイ所に引っ越してきてしまった……。集められた同居人は俺の他に4人――。俺のクラスメイトで、周りからかなり浮いてる『久千房夜霧(くちふさよぎり)』。ひとつ下の妹で、元気で反抗期な『星月そら(ほしづきそら)』。そらの親友で、ちょっと恥ずかしがり屋な『京都(かなどめみやこ)』。不思議な雰囲気で、おっとりした先輩、『芽上鈴(めかみすず)』。既に引き返せない状況に陥っていた俺は、もちろん「変態じゃない!」って反論したさ。けれど、結局のところ、それは間違いだった。――そう、あのときの俺はなにも知らなかった。彼女たちが、あんな性癖を持っていたなんて……。「さあ、お互いの変態趣味を暴露し、開発していこうではないか!」誰かこの変態(ホンモノ)を止めてくれ……!

グリザイアの楽園
ずっと変わらないと思っていた学園生活。皆と同じ方角を向き、同じ足並みで歩んでいると、いつしか感じ始める錯覚。このまま皆と同じ道を行けば、同じ場所にたどり着けると信じてしまう。そしてふと気付いてしまう。人の数だけ歩んできた道があるように、人生に同じ道などないのだということに。麻子、俺、もう5人救ったぜ?だから、もういいよな…? 俺、もう死んでも…いいんだよな…?わかってる、たとえ誰かを救っても、俺の過去はなかったことにはならない。それでも、笑って死ぬって、こういうことなんだろう?もう会えないかも知れない。それでもずっと、思い出は胸にある。だがこの世の中、そんな言葉だけで満足するほど可愛らしい女ばかりではない。それは、一人の少年が実感した、たった一つの真実。

イノセントガール
「芸術家には2種類のタイプがいる。表現したい者と、伝えたい者だ」そのどちらも、俺は捨てた。俺、『七海航』は一切の過去を隠し、芸術とは無関係の学園生活を送っていた。だというのに、家庭の事情で芸術学園に転校することになってしまった。全寮制の学園で俺が入ることになった寮―『ドリーム荘』そこには知人他人含めて、4人の同居人がいた。同級生で何を考えているのか分からない水彩画家『綾代かがり』3年ぶりに再開した義妹、声楽を専攻している『七海雛子』ほんわか系幼馴染み、立体造形を専攻している『御堂このか』半分商業プロ作家(エロ含む)、文芸学科の『逢坂鼎』芸術家ってヤツは(その卵も含め)かなり変わってるヤツばかりで、一癖も二癖もある彼女たちと俺の、ひとつ屋根の下での生活が始まった。まあ、大丈夫。俺の過去は守られるはず――って、駄目だったよ!初日からバレたよ!俺の最大の秘密―あんなコトが周知の事実になってしまい、ある意味お先真っ暗な学園生活のスタートである。ああもう、どうなるんだよこの先!俺はもう、芸術なんてやる気はないんだよ!!

ココロノ
“荻良太”は毎日を意味もなく過ごしている。幼馴染の二人とじゃれあい、先生に怒られ、先輩と部活に励む。変わらない毎日と変わらない日常……。良太はそれに不満も何もない。夏休み直前の季節…いつも通りの毎日…不満も不平もない。そして、もうすぐ夏休みが来ると思っている……去年と何も変わらない夏休みが。しかし、彼は気づいていない。自分が「際どい均衡」を作り上げていることに……自分以外の全員が何を考えて、生きているかなんて……。良太という「中心」が、今までと違った動きを見せた時。狂った日常が始まることに、彼はまだ、気づいていない。

寝取られの学園〜輪廻るサクリファイス〜
『六道学園』を中心として一つの島に必要な施設を集めた『学園都市・六道』。島内にある全ての施設は『六道学園』の関係施設であり、島はそのまま『学園都市』として機能している。携帯電話は通じず、ネットは使えない、生活する者はみんな『六道』が用意した『寮』で生活をしている。そこは現代からは取り残された感じがしながらも、都会には無いゆったりした雰囲気の空間。ただ、様々なルールが存在する、少し変わった島だった。“柊誠一”(主人公)は学園長に招かれてそこに転校してきた男子学生。彼が転校してきたのは『六道祭』という文化祭を一週間後に控えた慌ただしい時期だった。クラス、部活、所属などによって祭の準備がされていく。そんな中で誠一は様々な女の子と関わり合い、仲を深めていく。だが、六道祭当日に殺人事件が起きてしまった。誠一、ヒロイン達のクラスメイトが殺され、その犯人は未だ見つからないという。誠一達を含めた何人もの『容疑者候補』が集められる。『容疑者候補』は動機、アリバイ……様々な事情から殺人事件の犯人だと思われている人物達だ。その集められた『容疑者候補』達の前で、学園長は事件について述べる。「殺害に関与していないならば協力してください。『本当の容疑者』にされれば、どうなるか……考えたくはないでしょう?」閉鎖された孤島、逃げられる訳が無い犯人、『容疑者候補』とそれ以外の人達。利害が一致すれば協力し合える。だが、それは必ずしも対等である必要は無い。アリバイの証言、動機の否定。『容疑者候補』達は『潔白』に飢えている。だから『容疑者候補』は疑われないためなら口を紡ぐ。潔白を証明する為なら不利な交渉でも頷く以外に道がない。暗い、くらい、クライ……人間関係が始まる。

つぼい君のスイッチ!
主人公【坪井 直樹】(つぼい なおき)は、サッカークラブで頑張りすぎて、ヘトヘトになっていました。そこに、マッサージ店のタイムサービスの看板が目に入ります。この金額ならお小遣いで払えると考え、疲れた身体をマッサージしてもらうことにするのでした。お金を払ってマッサージをしてもらった経験などないので、なんだかちょっと大人になったような気分。そして入ってみると、そこには美人なマッサージ師のお姉さんがいました。そのお姉さんに身体をほぐしてもらい、とても癒されますが、お姉さんがとあるツボを刺激したせいで、思いっきり勃起してしまいます。主人公は、そのまま彼女によって、本当に大人の階段を昇ってしまうのでした。ツボで刺激され続け、勃起が収まらないまま何度も射精をさせられて…。そうして、すっかりお姉さんのマッサージの虜になってしまった主人公。再び店に来ますが、お小遣いを注ぎ込んで通い続けるわけにもいかず悩みます。すると彼女は、イタズラっぽく微笑んである提案をしてきました。「マッサージを教えてあげるから、家族とか他の人にしてくれるかしら。ウチのマッサージがどれだけすごいかの、いわば宣伝ね。そうして、いずれその人がウチのお客さんになってもらえればいいから」主人公は、お姉さんに様々な「ツボ」を教えてもらって、義母や義姉などにマッサージをしていくことになります。ソレをすることで、どうなってしまうかも、深く考えずに…。

みみ×みみ!〜発情注意報〜
主人公に思いを寄せる二人の姉妹とその友人たち――それぞれに生えた耳のせいで、さようなら常識、こんにちは発情!人目もはばからず甘えてくる彼女たちが巻き起こす、エッチであまあまなドタバタ大騒動!猫の美矢はあくまで猫っぽく・・・何を考えてるかわからないけれど、甘えられるとたまらない!犬の奈月はよりいっそう世話焼きで甘えん坊に。ちょっとやきもち焼きだけど、そこがかわいらしい!犬と猫、対照的なこの姉妹・・・恋の行方は?そして平和な日々は戻ってくるのだろうか!?

竜乙女グラディエイト DL版
その昔、最強の名を欲しいままにしてきた竜戦士たち。人間の敵であった竜を退治してしまった後は、強力な人間兵器として忌み嫌われる事になった。今日も1人の女が竜戦士と疑われ、町の広場で公開処刑される。大勢の町の男たちに輪姦されて、最終的には火あぶりにされてしまう。今にも嵌め殺されそうになっていた女を本物の竜戦士ジジが助ける。しかし、その女はジジを狙う黒魔導師ダヴィドの手下、アナベルだった。アナベルから不意打ちされて呪いの首輪を付けられて竜戦士としての力をすべて失ってしまうジジ。ダヴィドから凌辱の限りを尽くされてしまう。ダヴィドの館でメイドとして働いていたジゼル。ダヴィドに頼んで魔法使いにして貰うのだが、実際は性奴隷同然の扱いを受けていた。ジジを捕らえたアナベルは、元々、某王国の王女だったが、王国の消滅と共に没落。やはり、奴隷としてダヴィドの情婦になっていた。そして、ダヴィドを守る気位の高い女傭兵のドミニク。その4人の女たちが結果的にダヴィドが起こす事件に巻き込まれていく。

みらくる・ツインズ
そこは大都市のベッドタウンとしてそれなりに栄える町。この町は、いま大いなる悪の陰に覆われつつあった。大いなる悪の軍団が着実に、その勢力を伸ばしつつあったのだ。だが、その悪の前に完全と立ちはだかるものがいた。煌びやかな衣装に身をまとい、悪を討つ。その名も、ガーディアンエンジェル。彼女の前では悪の組織も手が出せないのだった。そしてそんな町で物語は始まろうとしていた…。ロングでストレートの髪の毛、エプロンスカートに、ロングソックス。この少女がヒロインである。羽鉄かなた、18歳。この女の子が、魔法のアイテムを手にしたことから全ては始まるの。それは実は「ガーディアンエンジェル」に変身するための魔法のアイテムで、その為にかなたは敵に狙われることになる。そんな、かなたを助ける本家、ガーディアンエンジェル。そして、役に立たないまでも気合いで何とかしてしまう、主人公。この3人の面々が悪の組織と戦うお話である。

DearMyしすたあ
私、お兄ちゃんのことが好き。たとえ、血が繋がっていても、いなくても。この想いだけは変わらないよ。でも、遥サンも裕美サンもお兄ちゃんのことが好きみたい。私、負けないよ。だって、私生まれたときからお兄ちゃんのことが好きだから──俺と、遥、裕美先輩、公平、そして妹の万里は昔っからの遊び友達で、ことあるごとに一緒に遊んでいた。でも、そんな生活を大きく変えた事件が数年前におきた。妹の万里の死。そして、親父がつれてきたもう一人の万里。親父は万里を生き返らせるため。そのときまでの身代わりとして今の万里を作ったんだ。今までと変わらない生活。今までと変わらない会話。でも、俺の中で何かが少しづつ変わっていったんだ。

極道の花嫁
『極堂院組』その名を聞けば、そこらのチンピラは愚か裏社会の親分衆や政財界のお偉方まで震えあがるという伝説の一大極道一家だ。……とはいえ、それも所詮は昔の話。今の平和な世にあっては、S県K市にて細々と銭湯を営む、ただの一般家庭。極堂院の長男・悠一も、どこにでもいるただの一般人に過ぎない……はずだった。だが、一人の少女の来訪をきっかけに状況は一変する。彼女――朝緋は極堂院組の有力な分家筋、羽二重組の跡取りで昔ながらの篤い義侠心あふれる極道娘だった。近年、一家の衰退により裏社会の箍(たが)がゆるんでいるという危機感を抱いた朝緋は今こそ宗家を復興させるべしとの使命感を帯びて極堂院家へやってくるのだった……。

幻奏童話ALICETALE
世界に蔓延した「おおかみ」という悪いものを退治すべく戦うメルヘン変身ヒロイン達と、少女たちにこき使われる「おおかみ少年」が織り成す学園バトルメルヘンAVG。少年『春駒銀太』は少し前までは至って普通の一般人だった。いつの間にかその身に宿っていたおおかみに変身する能力(ALICEと呼ばれる異能の力)のせいで、生活が激変。自分をおおかみと勘違いした「ALICE」を持つ女の子に追いかけまわされたと思いきや彼女たちが通う学園で彼女たちの仕事をやらされたりともう毎日がてんやわんや。そんな『春駒銀太』の前に、もう一人運命の歯車に回され続ける『謎の少女エリカ』が現れる。『おおかみ』とはなにか、『童話の力』とは何か、そしてエリカの目的とは。学園を舞台に今新たなお伽話が紡がれる!!

まほえっち!!
強大な力を持つ魔法使いセシル=イロウエル(主人公)は、とある国の軍隊に招へいされ、戦争においてその魔法の力で大きな戦功を挙げ、英雄として祀り上げられた。しかし、自分の魔法によって多くの人命を奪ったことがトラウマとなって、人里離れて隠居生活に入っていた。そんな彼の元に、セラフィム=ハーミットという名の少女が訪ねてくる。彼女は、先の戦役で活躍したセシルに魔法を習いたい、という。元来、面倒くさがりのセシルは言下に拒否するが、それでも彼女は食い下がる。結局、彼女の熱意に負けたのが半分、気まぐれ半分で彼女を期限付きで弟子にすることに…。

サイミンZ DL版
可愛い子が多く、そこらじゅうでリア充行為全開の学園に通う時山輝(ときやま・ひかる)は、おどおどして誰とも仲良くなることができず、まったく青春らしい青春を送ることができずいつも悶々としていた。ある日、黄昏時に、輝は謎の人物と出会う。影が人の形をとったような、面と向かっているはずなのになぜか顔を認識することのできない、奇怪な相手。その相手は指を伸ばし、輝の胸の中心を差した。「ドン!」胸の中心に大砲をくらったような衝撃を受け、輝は吹っ飛び、転がる。「お前ならば、できるかもしれん……『Z』を……」きれぎれの声が聞こえたが、よくわからないまま、輝は失神した。目を覚ました後、特に何かが変わっているわけでもなく、翌日も学園生活に悶々とするばかり……だったのだが。ドクン。彼の胸のうちで、変な感覚が生まれる。何か――いや、誰かが、謎の男に打ち抜かれて空いた穴の向こうからやってくる。「よお」とそいつは話かけてきた。「俺はお前さ。お前がしたいことをしてやるもう一人のお前」輝の体が勝手に動き出し、クラスで一番かわいいと評判の女子に声をかけ、人気のない所へ連れ出すと、額に指をつきつけた。『ドン!』それは、輝が影の男から受けたのと同じ行為だった。女子はよろめき――そして、目の光を失い、立ちつくす。「さあ、好きなようにしな。そいつはもうお前の操り人形だ」新たな人生の始まりだった。

こいとれ 〜REN-AI TRAINING〜
舞台は現代、都市と田舎の中間のような町――汐美台。名前のとおり海に近く、レジャースポットのひとつとなっています。その高台に建つ共学の学校――汐美学園に、主人公ら恋愛部の部員は通っています。汐美学園に入学したばかりの主人公――沢崎遊は、恋愛部に勧誘され、ほとんど拉致のような状況で恋愛部を見学することになります。恋愛部は、活動内容を一般公開していないため、大多数から出会い系サークルのような部活だと思われています。そのため遊は、最初は入部を嫌がりますが、部員たちの熱心な活動を前にして、徐々に心が揺らぐようになります。恋愛部の活動内容は、主に『ラブロワ』と呼ばれる、ある一定のルールに基づいた恋愛をすること。過去のトラウマから人と距離を置きたがる子。異性が苦手な子。恋することに気づかない子。そんな本気の恋愛をできない者たちが織りなす、愛と恋の物語。

がくと!
舞台は生徒総数10万人の超巨大な学び舎、御朱雀学園。ただでさえ日ごろから騒がしく慌しいこの学園に、このところさらに、生徒たちのただならぬ悲鳴が響いている。横暴な風紀委員会の職権乱用によって、学園の治安は激しく乱されていた。事態を重く見た生徒会長は、風紀委員の活動を規制するため、新たな校則の制定を発案。それを受け、学園の選挙管理委員会は学園格斗選挙会、通称“学斗”の開催を宣言した。学園に平和と秩序をという生徒会長の思惑とは関係なく、さまざまな新校則制定を目論む、腕に自慢の生徒たちがこの戦いに立候補する。全校生徒の制服をスクール水着に変えたいというヘンテコ女生徒。ただ戦いが好きという理由で参加する武道娘。諸悪の根源である風紀委員長は、邪魔な生徒会長をねじ伏せて学園を自分のハーレムにしようと企んでいる。生徒会長になるには全ての立候補者が持つボタンを手に入れなければならない。知らないうちに“学斗”に巻き込まれた主人公・氷川セイジはどうなるのか!?恋とバトルと陰謀の、新しい学園生活が始まる!

アキバ系彼女
新堂二貴太はエロゲーを含むアキバ文化をこよなく愛していました。どのくらいかと言うと、日本の首都を秋葉原と言い切るくらい。「人と異なる趣味を全開にして生きる、そこに人間の真価、素晴らしさがある」と言い切るスガタも、共通の趣味をもつ友人まひこによって、目撃されていました。そんな彼に憧れの娘が出来てしまいました。主人公は悩みます。主人公は考えます。それから、呟きました。「そうか…彼女たちをアキバ系に染めてしまえばいいんだ…」憧れのヒロイン達を、アキバ色に染めあげることを自分の中のミッションコンプリートにする決心した主人公。今、彼の中で『アキバ系−恋の白兵戦』がスタートを切ろうとしていました。アキバ系の人達、そうでない人達、これから自分の進む道と考えてる人達もアキバ系の真実を知って下さい。そして、その心の琴線に触れてみて下さい。

七人のオンラインゲーマーズ 〜オフライン〜
例えば、そこを歩くサラリーマン。目の前を通りすぎる車の運転手。行ったこともない本屋の店員さん。縁もゆかりもない誰かもしかしたら身近にいる隣人そんな様々な人種が第2の生を営むオンラインゲームの世界。舞台は「セブンウォーリアーズオンライン(SWO)」SWOで新たに生まれた主人公は、何をすべきかを見出せないでいた。虚無感を抱きつつ…誰と過ごすこともなく…ただレベル上げを行う日々。そんなある時、ゲーム内で盗賊(プレイヤーキラー/PK)に襲われる主人公。PKとは同じ人間、モニターの向こうで操作する人がいるキャラクター。そのベテランPKの刃に何も出来ないまま死する初心者の主人公。目の前には、自分のキャラクターの死体。PKの去り際に糸をひく空気が、やたら殺伐としていた。「ネットゲーって面白くない」それが、この世界の印象。けれど。次の日、出会った人の名前は「MONNBRUN」互いに初心者。旅先で出会い。ある冒険の最中から惹かれ。一緒になって少しずつ、強くなっていく時間を経て。今は「会ってみたい」と思っていた。現実で会ってみたいと。――リアルの君は、どんな人?純粋にとか、やましい目的がとか。そんな事、考える余裕はなかった。――それ、私もちょっと気になってた。思いもよらない、承諾の言葉。2人だけの些細なオフ会が開かれることになった。後日、待ち合わせの場所。約束の時間に待っていた彼女。その人は実は…。

セックスライフ〜SEX LIFE〜
あらゆる分野の第一線で活躍する人物にスポットを当てる番組「熱血大陸」モニターの中に映し出されている、本日紹介される有名人の名は、アイドル声優「まりあ」。声優という枠を超えた日本を代表するトップスターだ。ステージ狭しと歌い踊る「まりあ」のライヴパフォーマンスの様子を、テレビ越しに俺は見ていた。「まりあ」と、まりあそっくりな「まりも」の間に挟まれながら。「そういえば俺達の出会いは…」―――――。気分一新。今までの生活を変えるため、俺はこのマンションに引っ越してきた。「さあ、今日から新しいオレの伝説が始まる」ガチャンッ。「あれ、ドアチェーンしまっている」意気込んで引っ越してきた新しいマンションで、カギは開いたがチェーンは閉まっていた。前の人がまだいるのか?「コラーッ。あんたなに人の家を勝手に開けてるのよ!」どういうこと?『ダブルブッキング』一つの部屋に二組の住人。解約しようにも不動産会社は倒産して、お金は戻ってこない。どうしよう。困った俺に、「住人」である金髪美女「まりあ」とメガネ娘「まりも」の双子が提案してきた。「しょうがない、あんたも住まわせてあげる。その代わり家賃と光熱費はあんたが払ってね」デメリット・費用全部俺持ち。居候生活。オナニー自由に出来ない。メリット・金髪美女とメガネ娘の双子姉妹との同居。…迷う必要なし。こうして美人姉妹との楽しい生活(…実は二人に使役され金を搾り取られる日々)が始まる。

110〜産婦人科 死刑囚 病院ジャック〜
死刑囚「毒蝮鬼助(どくまむしきすけ)」は肉欲に血走った眼で住宅街の中を物色していた。強姦、強姦強盗、住居侵入、強姦殺人、死体遺棄など……。度重なる凶悪犯罪により、死刑判決が確定。関東拘置所から他の拘置所に移送されることとなった。「姦らせろ。一人だけでもいい。どうせ死ぬなら、最後に好きなだけ女を犯してやる」鬼助は警察官の隙を突き拳銃を奪うと、そのまま逃走した。閑静な住宅街の中にたたずむ「楠元産婦人科」今日も看護婦たちは献身的に患者を迎えていた。初めての検診に落ち着かない学生、二人目の子を楽しみにする母親、等々。彼女たちは未来への希望を胸に抱きながら「たまたま」その場に居合わせてしまった。拳銃を手に、突如現れた死刑囚を前にして、彼女たちになす術など無い。院内に響き渡る泣き声交じりの悲鳴に、鬼助は肉棒を滾らせる。そして不気味な笑みを浮かべながら、女たちを欲望のままに貪り始めるのであった。

マドンナ 〜完熟ボディCollection〜 DL版
どういうわけか俺の周りには肉感ムチバインボディの完熟系のマドンナばかりが暮らしている。漂う気品、大人の余裕。いい年なんだから当然夫が居る人だって。なのに、なのに、いつも俺を誘惑してくる。何故だ。「あんたと私じゃ心は繋がってないじゃない」なんて言いながら俺の腰の上で、本気の汗を流し、快楽によがる淑女。「娘も良いけど、男の子も欲しかったのよね」そう言う彼女の手は俺の股間に伸びてきます「あなたに抱かれて自分がどうなってしまうのか知りたかっただけです」そうか、これはあくまで火遊び、大人の遊びなのだ。ならば、俺も割り切って存分に彼女達のムチムチの身体を味わい尽くしてやるぞ!一方そんなマドンナ達は、すっかり本気で貴方にハマりはじめていました。

メイドさんとボイン魂 DL版
主人公はメイドさんが大好きでした。オッパイも大大大好きでした。だから巨乳のメイドを集めて屋敷を作りました。朝立ちにはパイズリを、三時のおやつに3Pを、入浴にはマットプレイで全身すっきりと、そして就寝前には心地よい運動を兼ねて騎乗位を。メイドさんのメイドさんによるメイドさん的性的御奉仕、はじまります。

洗脳完了。 〜絶望を越えて〜
3年前の夏、里崎麻美は藤井卓也の前から突如姿を消した。彼女を失い、空虚な毎日を過ごしていた卓也に麻美が保護されたという連絡が入る。ところが再会した麻美は、目の前の人間に、ただ従順に身体を差し出す自分の意志を持たない肉奴隷と化してしまっていた。拉致の間に苛烈な調教を施され、彼女の精神は完全に崩壊していたのだ。自分を男としてしか認識せず、狂ったようにSEXを求めてくる麻美。恋人として交際していた3年前、終始、麻美とプラトニックな関係を保っていた卓也は、変わり果ててしまったかつての恋人との初めての性交に、涙を禁じえなかった。かつての恋人の姿が忘れられない卓也は、何とか麻美を正常な状態に戻そうと、彼女の面倒を見る決心をする。卓也と麻美、そして麻美の妹の優実の3人のリハビリを兼ねた共同生活が始まった。麻美のリハビリに必要なのは、愛情を持った対応を根気よく続けること。そして彼女の瞳に理性の輝きが戻る奇跡が起こるのを信じ、努力を続けることだった。かくして、麻美と卓也、優実の3人の、長く苦しいリハビリが始まった……。

無限輪姦
主人公、増田孝は、同じ私立優愛学園に通う『松崎江美』とプラトニックな交際をしていた。だが、内緒にしていた二人の交際がイジメグループにバレてしまい、江美はグループに陵辱の果てに処女を奪われてしまう。それから数日後の全校旅行の最中に、ぎこちない関係のままの主人公と江美、そしてイジメグループは、凄惨な事件があったという無人島へ向かう。そこで発見された1挺の『拳銃』をグループの冷酷無情なリーダー『早樹』が手にしてしまった!同時に無人島は嵐に見舞われ脱出不可能!危機的状況に主人公と江美の不安は、恐怖へと変わり、二人でグループの元から逃げ出す。嵐の中、追い立てられ行き着いた先で、主人公は別の拳銃を手にする。そして、自分の奥底から、怒りと欲望が湧き上がるのを感じるのであった。「復讐」。頭の中に浮かんだ言葉。「この銃で恐怖を与え、江美が受けた以上の屈辱と汚辱を返し、嬲り尽くしてやる。」

さよならまゆみちゃん〜藤ノ森病院物語〜
東京の大学病院に勤務する新米医師“北浦 高”は、系列である「藤ノ森病院」へ赴任することになる。そこは山奥の寒村にある緊急治療用の総合病院だった。しかも、夏には廃院が決まっているという。「藤ノ森病院」の医師は、外科医で院長代理の裕子先生の一人、看護婦は婦長代理の猪苗むつみとナースの相模つかさだけという少人数。通院患者は村人数名、入院患者も“まゆみ”という少女一人だけ。そんな病院を舞台に、原因不明の難病に冒されているまゆみを中心に、かなりHでちょっと寂しい物語が展開されていく……。

ビッチなギャルが処女で何が悪い?
宮岸翔馬は親の仕事の都合で学園に転入する事になった。「どしたん?転入生くん、元気ないじゃん」なかなか馴染めずにいると、クラスのギャルが話し掛けてくれた。それから翔馬はギャル子達に興味を持つ。よく見ればクラスにギャルは多い。翔馬はギャル達と仲良くなっていくが…一つ気になる事があった。彼女たちは処女なのだろうか、ビッチなのだろうか?それを確かめる方法は色々あるだろうが、もし付き合うようなことになれば間違いなく分かるだろう。そんな野望を抱きながら、翔馬は今日もギャルたちと接していく…

私は黒ビッチ〜清純少女の堕ち性活〜
成績優秀容姿端麗の少女、明日香。ある放課後、親友の茜に誘われる。「別の学園の友達とご飯行くんだけど、一緒に来ない?」そう言われ一緒にファストフード店に行くことになった。そこで会った女子学生はチャラチャラした黒ギャルだった。かなりのカルチャーショックを受けながらも、食事を済ませる。すると茜の友達が、この後みんなで乱交しに行こうと言い出し、明日香は断ることができず参加してしまう。その後、明日香は徐々に乱交に参加し、性欲に飢えた淫乱ビッチの黒ギャルに変身していく…

継母情事
父親との再婚によって自分の母親となった、かつての初恋の小学校の先生。突然突きつけられた残酷な事実を受け入れられず、断ち切れぬ思いに歪んで行く主人公。そして主人公のためにその欲望の犠牲となっていく養母。哀しみと欲望と…緩やかに破滅へと向かう二人の心の行き着く先は…。

皇宮貴女〜The Imperial Palace Story〜サラ編
「アルクベルド」の平穏をよそに、「ヴェルドー」と「カインスハイズ」の戦いは日々激化をみせていた。「ヴェルドー」第二王子との縁組により「アルクベルド」の金山利権を掌握したい「ヴェルドー」の王はその様子を「アルクベルド」には知られまいと情報操作を行っていた。「カインスハイズ」の王はまるで魔物にでもとりつかれた用に侵略を繰り返し(事実、人ではないものが軍勢に混ざっているとの目撃情報もある)、「アルクベルド」とさして変わらなかった領土を拡大し、わずか数年で隣国を掌握。「ヴェルドー」と同等の領土を手に入れ、その勢いでは「ヴェルドー」をはるかに凌ぐ勢いだった。「アルクベルド」の美しい皇女の話を聞き及び、「ヴェルドー」とその皇女を手に入れるべくさらに激しく「ヴェルドー」を攻め続け、ついには「ヴェルドー」を「アルクベルド」との国境付近まで追い詰める。追い詰められた「ヴェルドー」の王は自らの保身のため、「アルクベルド」に攻め入り、その金山利権をもって「カインスハイズ」との和睦を謀るという選択を行うことを画策する。第一王子は「カインスハイズ」との戦いに備え、「アルクベルド」に駐屯大使に就任する。危機感の無い第二王子を退かせ、邪魔な女達を奴隷化し、「アルクベルド」のすべてを掌握する為に……。平穏な日々から戦乱。やがて蹂躙されていく「アルクベルド」。物語はその征服の過程から始まり…王女、皇女、従者、将軍……その苦渋の日々を描く。

皇宮貴女〜The Imperial Palace Story〜エルキナ編
「アルクベルド」の平穏をよそに、「ヴェルドー」と「カインスハイズ」の戦いは日々激化をみせていた。「ヴェルドー」第二王子との縁組により「アルクベルド」の金山利権を掌握したい「ヴェルドー」の王はその様子を「アルクベルド」には知られまいと情報操作を行っていた。「カインスハイズ」の王はまるで魔物にでもとりつかれた用に侵略を繰り返し(事実、人ではないものが軍勢に混ざっているとの目撃情報もある)、「アルクベルド」とさして変わらなかった領土を拡大し、わずか数年で隣国を掌握。「ヴェルドー」と同等の領土を手に入れ、その勢いでは「ヴェルドー」をはるかに凌ぐ勢いだった。「アルクベルド」の美しい皇女の話を聞き及び、「ヴェルドー」とその皇女を手に入れるべくさらに激しく「ヴェルドー」を攻め続け、ついには「ヴェルドー」を「アルクベルド」との国境付近まで追い詰める。追い詰められた「ヴェルドー」の王は自らの保身のため、「アルクベルド」に攻め入り、その金山利権をもって「カインスハイズ」との和睦を謀るという選択を行うことを画策する。第一王子は「カインスハイズ」との戦いに備え、「アルクベルド」に駐屯大使に就任する。危機感の無い第二王子を退かせ、邪魔な女達を奴隷化し、「アルクベルド」のすべてを掌握する為に……。平穏な日々から戦乱。やがて蹂躙されていく「アルクベルド」。物語はその征服の過程から始まり…王女、皇女、従者、将軍……その苦渋の日々を描く。





〜 車検一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット