アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
メカミミ
主人公・吾妻琥太郎は、海外赴任している両親の都合で普段は叔母夫婦の家に身を寄せて暮らしており、幼なじみや同級生たちと非日常とは程遠い日々を送っていた。そんな彼だが、ある日の通学途中、人型戦術機とおぼしき少女二人組に襲撃される。そこに颯爽と現れ危機を救った、またも見知らぬ少女。「ユノ」と名乗る彼女は琥太郎の祖父が造った高次汎用型機体であると言う。高次汎用型機体――それはAREA51、ロズウェル事件と並ぶ、有名なオカルト。損傷すれば自己修復し、完全にスタンドアローンで動く“モノ”。目の前に現れた都市伝説に、琥太郎はわけもわからずその場を逃げ出してしまう。平穏な日々を取り戻すため、自分自身に妄想だといい聞かせようとするが、しかし次の日、そのユノがクラスに編入してきたことで現実のモノとなってしまう。「私は琥太郎の物です。いついかなる時も琥太郎を監視し、守り、彼の剣となり、盾となることをここに宣言します――」このユノの宣言により、琥太郎の日常はあっけなく終わりを告げてしまった。冷静沈着に関係を迫ってくる高次汎用型機体、強気で乱暴な幼なじみ、才色兼備だが捉えどころのない姉。自身の秘密と、ドキドキの爆弾みたいな彼女たちとを巡るラブ&バトルの日々に翻弄される琥太郎。でも、どこか心の奥底で望んでいたのかもしれない。こんな冒険の幕開けを――。

恋もHもお勉強も、おまかせ!お姉ちゃん部
主人公・源川康祐(みなかわこうすけ)は四姉弟の末っ子。溺愛三姉妹に囲まれて育った弟はお姉ちゃんが大好きっ!!だが、そんな主人公にもついにお姉ちゃん達を異性として意識してしまうお年頃に…念願だったお姉ちゃん達と同じ学園に進学すれど、悶々とした生活を続ける主人公は勉強に身が入らず成績不振になってしまう。“私達がなんとかしなくちゃッ!!”そんな悩みを解消するため立ち上がったお姉ちゃん達。大好きな弟のために一肌、いや二肌だって脱いでがんばっちゃう!と、学力向上を名目に“お姉ちゃん部”を結成!もちろんその部活の実態とは…主人公の恋の悩みに舞い降りた三人の女神達(お姉ちゃん)の放課後個人授業の日々。時に攻めたり甘えたり、お姉ちゃんたちとのエロティックアフタースクールライフが始まる。

隠恋ぼ 〜二人だけのヒミツ時間〜
ちいさな彼女と過ごす2人だけのヒミツの時間。きっかけは、1通のメール…あの夏の日、僕はいつものように自宅でひっそりとイラストを描いていた。そこへ、久しぶりの仕事依頼に続き1通のメールが届く。親戚から送られてきたそのメールによると“数日娘を預かって欲しい”―ということらしい。せっかく舞い込んできた仕事をふいにするわけには…そんなことを思いながら添付された画像を開くと、こちらに微笑む天使のような女の子が…『こ、これは…』仕事と女の子とを天秤にかける。が、量りは一瞬に片方に傾いていた。ミーン、ミーン。遠くでセミの声が聞こえる――目の前にはスカートをおへそまでたくし上げた女の子。『お…お兄ちゃんに、教えてほしいの…』僕はごくりと生唾を飲み込み、恐る恐る手を伸ばす――こうして僕達のとても甘く、ちょっぴり刺激的な“秘密の恋愛ごっこ”が始まった。

つよきすNEXT
竜鳴館生徒会から『伝説世代』が去って数年。主人公、蟹沢さなぎが通う竜鳴館は、相変わらず館長・橘平蔵の師事のもと、明るく、楽しく、ちょっとだけ女の子の強い日々が続いていた。しかし歴代最高の支持率と統治能力を備え、また風紀委員と対等の関係を築いた『伝説世代』。竜鳴館生徒会と風紀委員には、その負の遺産が残されている。二者の権限は、一存で部活動の進退、クラスごとに支配権を持てるまでに肥大化していた。そして数年。ある程度仲良くやっていた生徒会と風紀委員に、二人の強気な指導者が現れる。生徒会長(対馬心秤)風紀委員長(刃牙音子)二者の率いる生徒会と風紀委員は竜鳴館の伝統に従うよう争いはじめ、会長・心秤の弟分のさなぎの周りも、加速度的に騒がしくなりだしていた。

つよきす3学期FullEdition
私立「竜鳴館」に通う主人公の対馬レオ。「この夏中に彼女を作ろうぜ!」なんて話もしたけど、何も進展がないままあっという間に3学期を迎えてしまう。卒業を控えた風紀委員の鉄乙女をはじめ、乙女をライバル視するお騒がせ転校生、橘瀬麗武。自由奔放お嬢様で執行部会長の霧夜エリカや、そのサポート役の癒し系アイドルの佐藤良美。クールな一匹狼椰子なごみなど執行部メンバーはもちろん、天真爛漫な幼なじみの蟹沢きぬ、自分の感情に素直じゃない近衛素奈緒など、お馴染みのメンバーで迎える3学期に一層加速していくドタバタ生活に巻き込まれるレオ。個性派揃いヒロインたちに囲まれたレオの、まだまだ終わらない騒がしい生活が始まる。

あねよめカルテット
花菱家と日高家はお隣同士。しかも父親同志が無二の親友ということもあってまるでひとつの家族のように仲睦まじく暮らしておりました。特に日高家のひとり息子、光輝(こうき)は花菱家の美人四姉妹に本当の弟のようにかわいがられ育ちました。ある時、新規事業立ち上げのため花菱夫妻と日高夫妻が揃って長期海外出張することになります。花菱家当主・幹太郎の唯一の心残りは、問題ばかりの娘たちを日本に残してゆくこと。「まかせてください。お姉ちゃんたちのことは、この俺がしっかり見守ります!」両親たちを快く送り出すため、光輝は軽い気持ちで宣言してしまいます。「おお、何と頼もしい!そのひと言を待っていたんだよ!」なんと、光輝と四姉妹の中のひとりを許嫁するという約束が彼らの知らない間にそれぞれの両親の間で勝手に決められていたのです。光輝が卒業してから本格的に話を進めるつもりが、せっかくの機会だからと前倒しして決めてしまおうという話になってしまいました。かくして夏休みの間、光輝は花菱家の四姉妹とひとつ屋根の下で暮らすことになります。仕事は出来るのに、家ではグータラで光輝をこき使う長女、由梨奈(ゆりな)。光輝のことが大好きで、ひたすらに甘やかせちゃう次女、桃音(ももね)。家事万能でご奉仕してくれるメイドだけど引きこもりの三女、桜織(さおり)。光輝を自分専用のオモチャと公言してはばからない四女、杏(あんず)。彼女たちにもそれぞれ思惑があり、大好きな光輝を自分のお婿さんにするべくあの手この手で迫り、時には身体を張ったエッチな誘惑を仕掛けてきます。果たして光輝が最後に花嫁に選ぶのは、誰なのか──。にぎやかなお姉ちゃんたちの四重奏(カルテット)が、始まります。

つよきすFull Edition DL版
主人公、対馬レオは私立竜鳴館に通う2年生。対馬ファミリーと呼ばれる幼馴染仲間たちと平凡だけど楽しい日々を過ごしていた。そんな初夏のある日、数年ぶりに従姉の鉄乙女と出会うことでその状況は一変する。乙女は、レオの性根を鍛え直す為にいきなり対馬家に引っ越してきたかと思えば、対馬ファミリーに執行部を手伝うよう命じる。従姉で姉代わり、風紀委員長も務める、鉄乙女。家が隣同士で幼馴染、天真爛漫な蟹沢きぬ。自由奔放お嬢様で執行部会長の霧夜エリカ。執行部唯一の1年生で一匹狼の、椰子なごみ。巨乳の担任教師で執行部顧問の大江山祈。エリカの親友でクラスの委員長、佐藤良美。とある事件によりレオに嫌悪感を抱く、近衛素奈緒。個性的な彼女たちと過ごす、騒がしい日々が幕を開けるのだった。

あねよめコンチェルト
花菱家の四人のお姉ちゃんから誰かひとりを許婚として選ぶことができず、もう少し考える時間がほしいと申し出た光輝。両家の親たちも彼の決断を尊重し、以前の姉と弟のような関係に戻ることを許された。しばしの猶予を得た光輝は、予定よりも早くリフォームが完了した日高家に戻ってひとり暮らしを始める……はずだった。「ハァーイ、コーキィ♪」そんな彼の元に突然現れた異国情緒漂う美人姉妹、マリアとシルヴィ。なんとふたりは故あって日高家の養子──お義姉(ねえ)ちゃんになったと告げ、光輝とともに日高家に住み着いてしまう。いきなり始まる同棲生活に驚く光輝、そして花菱家のお姉ちゃんたち。マリア「ヤー!コーキィといっしょに暮らせるのですね!シルヴィ、夢が叶ったわ!」シルヴィ「……ちょっと、うれしい」果たして、今度こそ光輝は花嫁を選ぶことができるのか――今、新たな“お義姉(ねえ)ちゃん”たちを加えた協奏曲(コンチェルト)が始まります。

姉、ちゃんとしようよっ! 1+2ツインパック
【姉、ちゃんとしようよっ!】名門・柊家に幼い頃養子として引き取られた主人公・空也(くうや)。姉達に甘やかされてばかりの軟弱ライフを送っていた彼は、性根を鍛え直す為に遠くの親戚へ預けられてしまった。そして約10年後。空也は立派に成長して、再び柊家に戻ってくる。そこに待っていたのは、可愛い弟の帰りを楽しみにしていた、お姉ちゃん達6人。お姉ちゃん達は帰ってきた初日から、昔同様、空也をベタベタと甘やかしてきたりアゴでこき使ったりと好き放題。しかもその夜、空也は憧れていた要芽に寝こみを襲われ、散々にいたぶられてしまった。なんとか要芽を見返そうとする空也は、他のお姉ちゃん達に協力してもらって、己の漢を磨こうと考える。こうして、再びお姉ちゃんに囲まれた生活がスタートした。【姉、ちゃんとしようよっ!2】柊家に養子として引き取られた主人公・空也(くうや)は、6人のお姉ちゃん達に可愛がられて幼少時代を過ごした。養父・柊翔(ショウ)は空也の軟弱な精神を鍛え直す為に、彼を遠縁である沖縄の犬神家へ約10年も預けたり、戻ってくれば、2人で武者修業の旅に出たりと連れまわす。そして、旅に出てから約1年後――。空也は全ての修行を終え、1人前の男と認定されて帰ってきた。ようやく柊家での永住が許可されたのであるその空也にとって、少年〜青年時代の育ての姉ともいえる犬神帆波(いぬがみほなみ)と歩笑(ぽえむ)が隣に引っ越してきた。2人は可愛い弟の空也に何かと接触してくる。また柊6姉妹も相変わらず、個々のやり方で空也をかまう。新たなお姉さんたちの参入で、姉ライフはその密度を増していく。Hな誘惑・甘やかし・罵倒……8人の姉から様々な形で構われ続ける空也。弟の気持ちは、いったいどのお姉ちゃんに向くのか?それとも欲張って全員まとめて?決めるのはプレイヤー次第……

つよきすFESTIVAL
【勝気&きつねヒロイン編あらすじ】伝説世代の卒業後、生徒会と風紀委員の争いが日常化した竜鳴館学園。生徒会長である『対馬はかり』に見初められ、さらに風紀委員長の『刃牙音子』とも仲良くなった『蟹沢さなぎ』。このままなら、竜鳴館の日々を楽しく穏便に過ごせていけるはずだった。しかし、そんなある日、風紀委員の『尽神きつね』に追われ、竜宮に謎の侵入者が現れたことで状況は一変する。彼女の名前は『霧夜勝気(きりやかちき)』。世界に名だたる大企業であり、そして今も竜鳴館に大きな影響を残す伝説世代の生徒会長、あの『キリヤ』の名を持つ少女。彼女の登場をきっかけに、松笠や竜鳴館に、再び『元祖強気っ娘』たちが集まってくる。こうして蟹沢さなぎの毎日は、最強の乱入者たちによって、さらに慌ただしくなっていく……。

つよきすCHRONICLE 〜COMPLETE〜
【つよきすFull Edition DL版】主人公、対馬レオは私立竜鳴館に通う2年生。対馬ファミリーと呼ばれる幼馴染仲間たちと平凡だけど楽しい日々を過ごしていた。そんな初夏のある日、数年ぶりに従姉の鉄乙女と出会うことでその状況は一変する。乙女は、レオの性根を鍛え直す為にいきなり対馬家に引っ越してきたかと思えば、対馬ファミリーに執行部を手伝うよう命じる。従姉で姉代わり、風紀委員長も務める、鉄乙女。家が隣同士で幼馴染、天真爛漫な蟹沢きぬ。自由奔放お嬢様で執行部会長の霧夜エリカ。執行部唯一の1年生で一匹狼の、椰子なごみ。巨乳の担任教師で執行部顧問の大江山祈。エリカの親友でクラスの委員長、佐藤良美。とある事件によりレオに嫌悪感を抱く、近衛素奈緒。個性的な彼女たちと過ごす、騒がしい日々が幕を開けるのだった。【つよきす3学期 Full Edition】私立「竜鳴館」に通う主人公の対馬レオ。「この夏中に彼女を作ろうぜ!」なんて話もしたけど、何も進展がないままあっという間に3学期を迎えてしまう。卒業を控えた風紀委員の鉄乙女をはじめ、乙女をライバル視するお騒がせ転校生、橘瀬麗武。自由奔放お嬢様で執行部会長の霧夜エリカや、そのサポート役の癒し系アイドルの佐藤良美。クールな一匹狼椰子なごみなど執行部メンバーはもちろん、天真爛漫な幼なじみの蟹沢きぬ、自分の感情に素直じゃない近衛素奈緒など、お馴染みのメンバーで迎える3学期に一層加速していくドタバタ生活に巻き込まれるレオ。個性派揃いヒロインたちに囲まれたレオの、まだまだ終わらない騒がしい生活が始まる。【つよきすNEXT】竜鳴館生徒会から『伝説世代』が去って数年。主人公、蟹沢さなぎが通う竜鳴館は、相変わらず館長・橘平蔵の師事のもと、明るく、楽しく、ちょっとだけ女の子の強い日々が続いていた。しかし歴代最高の支持率と統治能力を備え、また風紀委員と対等の関係を築いた『伝説世代』。竜鳴館生徒会と風紀委員には、その負の遺産が残されている。二者の権限は、一存で部活動の進退、クラスごとに支配権を持てるまでに肥大化していた。そして数年。ある程度仲良くやっていた生徒会と風紀委員に、二人の強気な指導者が現れる。生徒会長(対馬心秤)風紀委員長(刃牙音子)二者の率いる生徒会と風紀委員は竜鳴館の伝統に従うよう争いはじめ、会長・心秤の弟分のさなぎの周りも、加速度的に騒がしくなりだしていた。【つよきすFESTIVAL】『勝気&きつねヒロイン編あらすじ』伝説世代の卒業後、生徒会と風紀委員の争いが日常化した竜鳴館学園。生徒会長である『対馬はかり』に見初められ、さらに風紀委員長の『刃牙音子』とも仲良くなった『蟹沢さなぎ』。このままなら、竜鳴館の日々を楽しく穏便に過ごせていけるはずだった。しかし、そんなある日、風紀委員の『尽神きつね』に追われ、竜宮に謎の侵入者が現れたことで状況は一変する。彼女の名前は『霧夜勝気(きりやかちき)』。世界に名だたる大企業であり、そして今も竜鳴館に大きな影響を残す伝説世代の生徒会長、あの『キリヤ』の名を持つ少女。彼女の登場をきっかけに、松笠や竜鳴館に、再び『元祖強気っ娘』たちが集まってくる。こうして蟹沢さなぎの毎日は、最強の乱入者たちによって、さらに慌ただしくなっていく……。

もっと 姉、ちゃんとしようよっ! 限定ダブルパック
【もっと 姉、ちゃんとしようよっ!】八角橋商店街に居を構える一条家の末っ子、走馬。単身北海道に渡り、自由気ままな学園生活を送っていたが、故郷の姉からの電話により状況が一変する。――父が倒れた。急いで実家へと戻った走馬を待っていたのは、暗い表情をした五人の姉と、ひどくやつれた父親。このまま北海道で暮らし、姉たちに庇護されることのない生活を満喫するつもりだった走馬だが、父の最期を看取るために故郷に戻ることを決意する。一条家にとって縁のある学園を進学先に選び、猛勉強。見事合格を勝ち取り、走馬は三年ぶりに故郷である八角橋に戻ってきた。これからは父のために姉たちと協力し、家族一丸となってがんばっていこうと一条家の門をくぐった走馬だったが――【もっと 姉、ちゃんとしようよっ!アフターストーリー】2010年7月に発売した「もっと 姉、ちゃんとしようよっ!」(以下、本編と呼称)にて結ばれたそれぞれのヒロインとの、その後を描くアフターストーリー集となっています。付き合うまでをメインに描いた本編とは違い、アフターならではの、付き合っているからこその描き方に重点を置いています。

ガンナイトガール‐REPRICE EDITION‐
2034年、日本。海の向こう側では、今もどこかで戦争が起こってる。そういう世界情勢を、なんとなくは把握していたけれど。どこかで響く銃声は、あまりにも遠い。なんてことない田舎町に住む俺にとっては、そのはずだった。でも、とある事情で俺たちの通う学園は無期限の休校という廃校に近い状態になってしまい、校舎は陸上自衛軍に接収されることになってしまって。そしてやってきた、陸上自衛軍女子工科学校の学生達。部隊名、第0教育隊第2区隊。所属隊員はすべて女性。物珍しさから少し興味はわいたけど、物騒なことは嫌いだった。だから絶対に関わるつもりはなかったのに、なぜかその0教2区隊ってやつに組み込まれることになって…。これは平凡に過ぎるはずだった毎日が、少しずつ変わっていく物語。いずれ戦地に赴くあの人に、俺はなにをしてあげられるだろう。

あねよめコンチェルト ‐Wedding Memories‐
【あねよめカルテット】花菱家と日高家はお隣同士。しかも父親同志が無二の親友ということもあってまるでひとつの家族のように仲睦まじく暮らしておりました。特に日高家のひとり息子、光輝(こうき)は花菱家の美人四姉妹に本当の弟のようにかわいがられ育ちました。ある時、新規事業立ち上げのため花菱夫妻と日高夫妻が揃って長期海外出張することになります。花菱家当主・幹太郎の唯一の心残りは、問題ばかりの娘たちを日本に残してゆくこと。「まかせてください。お姉ちゃんたちのことは、この俺がしっかり見守ります!」両親たちを快く送り出すため、光輝は軽い気持ちで宣言してしまいます。「おお、何と頼もしい!そのひと言を待っていたんだよ!」なんと、光輝と四姉妹の中のひとりを許嫁するという約束が彼らの知らない間にそれぞれの両親の間で勝手に決められていたのです。光輝が卒業してから本格的に話を進めるつもりが、せっかくの機会だからと前倒しして決めてしまおうという話になってしまいました。かくして夏休みの間、光輝は花菱家の四姉妹とひとつ屋根の下で暮らすことになります。仕事は出来るのに、家ではグータラで光輝をこき使う長女、由梨奈(ゆりな)。光輝のことが大好きで、ひたすらに甘やかせちゃう次女、桃音(ももね)。家事万能でご奉仕してくれるメイドだけど引きこもりの三女、桜織(さおり)。光輝を自分専用のオモチャと公言してはばからない四女、杏(あんず)。彼女たちにもそれぞれ思惑があり、大好きな光輝を自分のお婿さんにするべくあの手この手で迫り、時には身体を張ったエッチな誘惑を仕掛けてきます。果たして光輝が最後に花嫁に選ぶのは、誰なのか──。にぎやかなお姉ちゃんたちの四重奏(カルテット)が、始まります。【あねよめコンチェルト】花菱家の四人のお姉ちゃんから誰かひとりを許婚として選ぶことができず、もう少し考える時間がほしいと申し出た光輝。両家の親たちも彼の決断を尊重し、以前の姉と弟のような関係に戻ることを許された。しばしの猶予を得た光輝は、予定よりも早くリフォームが完了した日高家に戻ってひとり暮らしを始める……はずだった。「ハァーイ、コーキィ♪」そんな彼の元に突然現れた異国情緒漂う美人姉妹、マリアとシルヴィ。なんとふたりは故あって日高家の養子──お義姉(ねえ)ちゃんになったと告げ、光輝とともに日高家に住み着いてしまう。いきなり始まる同棲生活に驚く光輝、そして花菱家のお姉ちゃんたち。マリア「ヤー!コーキィといっしょに暮らせるのですね!シルヴィ、夢が叶ったわ!」シルヴィ「……ちょっと、うれしい」果たして、今度こそ光輝は花嫁を選ぶことができるのか――今、新たな“お義姉(ねえ)ちゃん”たちを加えた協奏曲(コンチェルト)が始まります。

つよきすNEXT GENERATION 〜NEXT+FESTIVAL〜
【つよきすNEXT】竜鳴館生徒会から『伝説世代』が去って数年。主人公、蟹沢さなぎが通う竜鳴館は、相変わらず館長・橘平蔵の師事のもと、明るく、楽しく、ちょっとだけ女の子の強い日々が続いていた。しかし歴代最高の支持率と統治能力を備え、また風紀委員と対等の関係を築いた『伝説世代』。竜鳴館生徒会と風紀委員には、その負の遺産が残されている。二者の権限は、一存で部活動の進退、クラスごとに支配権を持てるまでに肥大化していた。そして数年。ある程度仲良くやっていた生徒会と風紀委員に、二人の強気な指導者が現れる。生徒会長(対馬心秤)風紀委員長(刃牙音子)二者の率いる生徒会と風紀委員は竜鳴館の伝統に従うよう争いはじめ、会長・心秤の弟分のさなぎの周りも、加速度的に騒がしくなりだしていた。【つよきすFESTIVAL】【勝気&きつねヒロイン編あらすじ】伝説世代の卒業後、生徒会と風紀委員の争いが日常化した竜鳴館学園。生徒会長である『対馬はかり』に見初められ、さらに風紀委員長の『刃牙音子』とも仲良くなった『蟹沢さなぎ』。このままなら、竜鳴館の日々を楽しく穏便に過ごせていけるはずだった。しかし、そんなある日、風紀委員の『尽神きつね』に追われ、竜宮に謎の侵入者が現れたことで状況は一変する。彼女の名前は『霧夜勝気(きりやかちき)』。世界に名だたる大企業であり、そして今も竜鳴館に大きな影響を残す伝説世代の生徒会長、あの『キリヤ』の名を持つ少女。彼女の登場をきっかけに、松笠や竜鳴館に、再び『元祖強気っ娘』たちが集まってくる。こうして蟹沢さなぎの毎日は、最強の乱入者たちによって、さらに慌ただしくなっていく……。

白衣の天使はお世話好き! ラブラブエッチな入院生活
主人公・宮野木怜(みやのぎりょう)は、サッカーの強豪校、相光(そうこう)学園のサッカー部員。来たる夏の大会予選に備えて、ある夜、自主練の校外ランニングへ出かける。道中、夜の街で鍵を落として困っていたおねえさんを助けたり、山盛りラーメンを完食するおねえさんに出逢ったり、酔っ払いに絡まれているおねえさんを助けたりと様々な出来事に遭遇する。ランニングを終えて学園に戻ろうとする途中、横断歩道で信号待ちをしていた女性がふらついて、道路に出て転んでしまうという場面に出くわす。慌てて駆け寄り女性を助けた怜だったが、走ってきた車を避けきれずに衝突、気を失ってしまう。怜が目覚めたのは、病院のベッドの上。彼は手足を骨折、緊急手術を受けてそのまま入院することとなる。しかもそこは彼が助けた女性、ひとみが看護師として勤務する病院だった。「あなたは命の恩人です。完治するまでお世話させてください!」さらにランニング中に出逢った女性たちも、それぞれこの病院の看護師や医師、療法士だったという偶然が重なる。こうして、ひと晩で生活が一変してしまった怜。事故の相手の計らいで用意された特別個室で四人のおねえさんたちに囲まれた入院生活をスタートさせる。不自由な身体での生活に苦労しながらも、彼女たちの献身的な看護で次第に元気を取り戻してゆく。ご飯を食べさせてもらったり、歯を磨いてもらったり、体を洗ってもらったり、果てはシモのお世話から、溜まりに溜まった性欲のお世話まで!?朝から晩まで、個性的な白衣の天使たちに献身的過ぎるくらいお世話されちゃう、甘々でエロエロな入院生活。こんな病院なら、いつまでも入院していたい!?

BLUE
傘の花が咲く街に、今日もオレは繰り出してゆく。アテはない。楽しければそれで良い。もう普通の学生になったのだから、誰もがそうしているように当たり前の学生時代を謳歌する。これからがオレの本当の青春だと、足下を見つめながら。こんなオレにも夢があった。オレにはバスケしかなかったから、だからその唯一で頂点を目指す。しかしその全てが絶たれたあの日から、オレはごく普通の学生となった。目指す物がなく、しかしいつまでも心に未練を持ち合わせたまま。――バスケを失って迎える初めての夏が、雨に煙る雲間の向こう側から顔を覗かせていた。

シャマナシャマナ 月とこころと太陽の魔法
太陽神に見守られ、数多の妖精達と共に在りつづける町。王国辺境に位置するマグランでは、今年も収穫に向けて更なる豊穣を祈願する大祭の準備が進められていた。出稼ぎに出た若者達もこの時ばかりは町に戻り、穏やかな太陽の下、町は次第にざわめきの中へと包まれていく。街角には子供達の手による妖精リウ・ニスの案山子も据え付けられ、あとはその当日を待つばかりとなりつつあった。高い魔術適性を有する“月の子”としてこの世に生を受けた主人公ミルディンは、自らが引き起こしたとある一件により、幼い頃に故郷マグランを離れていた。その後は王都での生活を余儀なくされていたミルディンだが、しかし期せずして、数年ぶりに故郷の地を踏むこととなる。故郷の海風は懐かしく、街並みは変わることなく、友人達はどこまでも優しく彼を出迎えてくれた。しかし月の子である彼の帰郷は全ての人々に望まれたものではなく――。

あえかなる世界の終わりに
家族をA.Iの誤作動による事件で亡くして以来、その類のものに忌避感を持つ主人公は、QCショットと呼ばれる競技のプロ選手として生計を立てていた。一方で学生生活は、幼馴染の【柚子】、悪友の【虎太郎】、【竜平】のおかげで、誰からも好かれる、という訳ではないが、可も無ければ不可も無い、それなりの生活を送ることが出来ていた。そんな折、【柚子】から、彼女の友人である【千冬】のボディガードをして欲しいという頼み事を受けることになる。どうやら彼女は最近ストーカーらしき男の視線を感じていて、それにひどく怯えているようであったが、主人公はそのストーカーに一種疑問のようなものを抱いていた。それと時を同じくして、主人公の下に突如厄介者が舞い込むことになる。彼女の名前は【リップル】。ふとした理由で主人公と生活を共にすることになった彼女は一体何者なのか…?

ボクの手の中の楽園
ヴァルデマール歴343年。不毛で凄惨な六年戦争がひとつの会議によって停戦を迎えるも、その最中に発生した大嵐によってふたりの賢王が波に飲まれ、世界はまるで凍り付いたかの様に停滞期を迎えた。西の祝福コルンは、戦争により傭兵王と多くの兵を失ったことで衰退。東のミドルトン帝国は、貴族間の醜い皇位継承争いと、かねてより問題となっていた隣国兵の侵入により、絶え間ない疲弊が住民に更なる圧政を強いることとなる。祝福コルン領邦、離島エーデルでは、周辺国の衰退する中、腐食銀と呼ばれる旧時代の遺産の存在によって俄に活気を帯び始めていた。しかし町が活気付くと比例して「人間が凶暴化する」謎の事件が多発し、年を追う毎にその被害者が膨れあがっていた。ヴァルデマール歴347年。航海中に転覆した船舶から、ひとりの青年が離島エーデルに漂着する。記憶を失いながらも不思議と事件に吸い寄せられていったその青年は、エーデルに伝わる蝶の伝説に触れ、次第に世界を取り巻く、目に見えぬ暗雲の中へと足を踏み入れていくことになる。――戦争終結から四年。嵐の夜に凍り付いた世界が、静かに、けれど確かに、再び時を刻み始めていた。

処女はお姉さまに恋してる Win7対応版
梅雨の合間、少し控えめな日差しが桜並木を縫って湿った石畳を優しく照らしている。昨夜の雨に濡れた桜の青葉が雫をきらきらと光らせながら、鮮やかな緑色を透かして揺れている。校舎までの短い桜並木に、少女達の黄色い笑い声と軽い靴音が弾むように響いている。その光景は、とても清純で美しく、清々しい。でも…どうして男(ボク)が通わなきゃいけないのっ?!鏑木財閥の御曹司で、文武両道・天稟の才があるけどちょっと気の弱い男の子。そんな瑞穂のもとへ、ある日顧問弁護士が訪れる。『先だって亡くなられたお祖父様の遺言です』そう言って渡されたのは、なんと女学院の入学案内。幼なじみ・まりやの趣味で女装を強要させられたあげく、無理矢理転入させられた女学院では、なんの間違いか全校生徒の憧れの的『エルダー・シスター』に選出されてしまう。突然嵐のように降って湧いた、お嬢さま学院での大騒動!!瑞穂は一体どうなってしまうのか…?!

処女はお姉さまに恋してる〜2人のエルダー
先祖に北ヨーロッパの血を持つがゆえに、美しい銀の髪を持つ少年、千早。だがその容姿は好奇の的となり、そしてその伶俐さゆえに打ち解けず人を拒み、不登校となってしまう。そんな千早を見かねた母親は、最後通牒として転校して違う学校に通うよう言い渡す……だがしかし、そこは、親族が運営するお嬢さま女学院だった !!侍女であり、幼なじみである史と共に無理矢理送り込まれた学院の女子寮……そこで千早は、薫子という少女と運命的な出逢いをする。どんなことにも真っ正直にぶつかっていく【薫子】そして世を拗ね、高みから物を見るような 【千早】互いに影響し合い、反目し合いながらも、千早と薫子は奇妙な友情で結ばれていく。そんな中、ふたりはエルダー候補に祭り上げられてしまい…!!果たして、彼は無事に学園生活を送ることが出来るのか !?そして新しい出逢いは千早をどう変えていくのか?今度はちょっぴりビターでスラップスティックな <女装潜入ファンタジー>新しい物語が、いま再び開幕します。

終末少女幻想アリスマチック Win7対応版
世界は、静かに終末を迎えようとしている。西暦2022年。世界は原因不明の死に至る病に冒されていた。隣接する多重次元世界が融合し、異空間化してしまうという「散花蝕(ペトレーション)」と呼ばれる次元融合現象である。汚染地域は人間が近寄ることを頑なに拒み、その領域は徐々に拡大しつつあった……。そんなある日。九州の片田舎で普通の学生として生きていた「丸目蔵人」は文部科学省の発行した召喚状で、突如として、東京湾の新規埋め立て地に造成された新東雲学園都市に連れてこられることになった。自分にどんな役割があるのか、それにどんな意味があるのか…全く知ることの無いままに。けれど、刻一刻とそれを許さぬように世界は滅亡への道を辿り始める。手に携えるは幼い頃から鍛え続けてきた剣術と、一振りの刀剣のみ。そして蔵人は、そこで自らの運命をそれぞれに斬り拓こうとする少女たちと出逢う──。逃れる術のない蒼き天蓋の下で──今、少年少女達の未来への戦い、「終末幻想」の物語が静かに幕を開けようとしていた……。

処女はお姉さまに恋してる〜2人のエルダー 普及版
先祖に北ヨーロッパの血を持つがゆえに、美しい銀の髪を持つ少年、千早。だがその容姿は好奇の的となり、そしてその伶俐さゆえに打ち解けず人を拒み、不登校となってしまう。そんな千早を見かねた母親は、最後通牒として転校して違う学校に通うよう言い渡す……だがしかし、そこは、親族が運営するお嬢さま女学院だった !!侍女であり、幼なじみである史と共に無理矢理送り込まれた学院の女子寮……そこで千早は、薫子という少女と運命的な出逢いをする。どんなことにも真っ正直にぶつかっていく【薫子】そして世を拗ね、高みから物を見るような 【千早】互いに影響し合い、反目し合いながらも、千早と薫子は奇妙な友情で結ばれていく。そんな中、ふたりはエルダー候補に祭り上げられてしまい…!!果たして、彼は無事に学園生活を送ることが出来るのか !?そして新しい出逢いは千早をどう変えていくのか?今度はちょっぴりビターでスラップスティックな <女装潜入ファンタジー>新しい物語が、いま再び開幕します。

処女はお姉さまに恋してる 普及版
梅雨の合間、少し控えめな日差しが桜並木を縫って湿った石畳を優しく照らしている。昨夜の雨に濡れた桜の青葉が雫をきらきらと光らせながら、鮮やかな緑色を透かして揺れている。校舎までの短い桜並木に、少女達の黄色い笑い声と軽い靴音が弾むように響いている。その光景は、とても清純で美しく、清々しい。でも…どうして男(ボク)が通わなきゃいけないのっ?!鏑木財閥の御曹司で、文武両道・天稟の才があるけどちょっと気の弱い男の子。そんな瑞穂のもとへ、ある日顧問弁護士が訪れる。『先だって亡くなられたお祖父様の遺言です』そう言って渡されたのは、なんと女学院の入学案内。幼なじみ・まりやの趣味で女装を強要させられたあげく、無理矢理転入させられた女学院では、なんの間違いか全校生徒の憧れの的『エルダー・シスター』に選出されてしまう。突然嵐のように降って湧いた、お嬢さま学院での大騒動!!瑞穂は一体どうなってしまうのか…?!

廻り巡ればめぐるときっ!?
主人公である政幸はバストサイズ80cm以下にはまったく興味がないだけの、ごく普通の健全なおっぱい好き学生。でも、自転車事故から幽体離脱ができるように!幽体になって幽世(カクリヨ:この世とあの世の隙間にあるとされている世界)の存在を知り、現世と行き来するようになる。幽世は今まで見えなかった幽霊や妖怪達で溢れていた。そこで知り合った幽霊少女の美世子、同じく幽体離脱して別の町から来たと言う空美と出会い、見たことも聞いたこともない幽世の世界を気ままに楽しんでいた。さらには飼い猫の鈴音も幽体離脱してネコミミ少女に!?さらに騒がしくなる幽世生活!一方、現世では幼なじみの美遥が、なぜか転校生の少女の由希をいじめ(?)だしてしまった。由希を庇った事で、美遥との関係も複雑なものに…そんなある日、幽体離脱で魂が留守中の政幸の身体が乗っ取られた!周囲から非難される、身に覚えのない「変態」の烙印に戸惑う政幸。いったい何が起きたのか!?

とっぱら 〜ざしきわらしのはなし〜 Win7対応版
「おはようございます」朝。俺を起こしてくれたのは、母親でもなく、妹でもなく、幼馴染みでもなく、天使でもなく異世界からの使いでもない――影女だった。影女?話を聞くと、独り身の男の家に現れ、押しかけ女房よろしく世話を焼いてくれる妖怪らしい。いや、余計なお世話なんだが。そう――俺は、妖怪にはうんざりしていた。なまじ見えるばっかりに、あんなひどいことになったのだから……。しかも、それで話は終わらなかった。そんな俺の混乱が冷めやらぬうちに、疫病神まで現れやがった。よりにもよって、疫病神かよ。俺は、ふつうの生活がしたいだけなのに……。どうやら俺は、こいつらから逃れられない運命にあるらしい。やれやれ。

雨芳恋歌 センセイ。わたし、もうオトナだよ……
都会に出て学校教師になったものの、折からの不景気で仕事先の私学が廃校になった主人公。職探しでもするか、と途方に暮れていたところへ、田舎の父親から「産休で先生が足りん。戻ってきて手伝え」との連絡が。田舎に帰る気はさらさらなかったものの、今の自分の状況に疲れや虚しさを感じたのか、ふいとその誘いに乗ってみることにした主人公。だが、実家に帰ると、父親に「おまえの部屋はもうない。豊平屋に部屋を頼んであるからそこへ行け」と云われて追い払われてしまう。渋々向かった先の民宿では、二人の女性が主人公を待っていた……。

夏色あさがおレジデンス
幼馴染の春日野明からそんな呼び出しを受けた、進藤景。場所は廃寮の決まった女子寮「あさがお寮」。いつもの習性で、履いてない明の股間をガードするために飛び込んだその時から、彼は学園執行部の方針に反発し、寮に居座る住人達と、行動を共にし始める。あさがお寮の廃寮を撤回させようと、彼女達の立ち上げた抵抗組織。その名は、ATM(「あ」さがお寮を「と」ことん「ま」もり抜く)レジスタンス。

玻璃の中の蛍
山奥の洋館に住む少女、美晴。そして美晴を訪ねてきた少女、葉由岐。洋館で働く執事とメイド達。そして招かれざる客である主人公。少女同士が愛し合う行為に耽るのを盗み見し、美晴を脅す主人公。そして美晴を犯そうとした主人公であったが、抵抗した美晴に胸を刺され絶命する。これは主人公が先ほどまで見ていた夢の中の出来事である。「なぜ俺が殺されなければならないのか。オレの夢なのに!」主人公を襲う奇妙なまでの現実感と怒り。本能なのか、衝動なのか、習性なのか。愛し合う二人を引き裂き、一人ずつ性欲のはけ口にしていく妄想にとりつかれていく。主人公は続きを見るため新たな眠りにつく。死んでしまった自分にかわって、洋館の中の登場人物となるために…





〜 車検一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット