アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
淫烙の巫女 〜淫蕩絵巻〜
かつて大妖怪として我が世の春を謳歌していた妖・白鬼丸。日がな一日、浚った女と淫蕩に耽り、快楽に溺れる日々を過ごしていた。だが、そんな享楽の日々もついに終焉を迎える。その身を賭してでも妖を封印せんと決意をした一人の巫女により、白鬼丸は封ぜられてしまったのである。時は流れて現代。妖の伝承はその地に続く神社に伝えられてきたが、最早それは一般人にとって御伽噺に過ぎなかった。白鬼丸を封じたと伝えられる大きな岩は、公共工事の名の元に砕かれてしまう。そこへ時ならぬ突風が吹きすさび、幾つもの落雷が大地を撃った。「ふはははははははは!礼を言うぞ、人間共!」数百年の時を超え、ついに復活を果たした白鬼丸。だが、彼には一つ、大きな難題があった。その身を封じられた際に、己の妖力の核を引き剥がされていたのである。その核は、彼を封じた巫女の血を引く者の魂に、今も封ぜられているという。しかも、清浄なる霊力を誇る巫女から、己の妖力を取り戻すのは至難の業。「面白い。ならば当代の巫女よ、貴様の肉体を快楽に溺れさせ、魂を汚し尽くしてやろう。さすればその霊力も、消えうせるだろうよ、ははははははははは!」

超外道勇者 〜魔王軍、手篭めました。〜
苦難に満ちた旅路の果て、ついに魔王の元へたどり着いた勇者は、激戦の末、ついに魔王を打ち倒す。あと一撃で勝負が決まるというその時、思いも寄らない事態が起こった。「聞いてたとおり、オマエ、良い女じゃないか。それなら、せいぜい楽しませてもらおうか!」「えっ?な、何を……きゃああっ!?」抵抗することも出来ず純潔を奪われた魔王は、それでもなお毅然と「気が済んだのならサッサと殺せ」と告げる。しかし勇者は、魔王の想像を超える鬼畜外道な男だった。「オマエのような美人には、使い道がタップリあるんだ。これから、嫌と言うほどそれを教えてやるよ」楽しげに話す勇者の口元には、魔王を遥かに凌ぐ邪悪な笑みが浮かんでいた。

林間島 〜淫欲の神楽・表〜
何かが、おかしい。本土から船で2時間の小島。母子家庭に育ちながら母を亡くした結城七海は、伯父である晴彦に引き取られ、その島へとやってくる。晴彦の家は島では“本家”と呼ばれ、七海もまた“お嬢様”として島民たちに受け入れられた。しかし近頃になって、妙な視線を感じる。まとわりつくような、粘り付くような視線が肌を撫でる。考えすぎかと思ってたが、それは決して気のせいではなかったようだ。ある夜、晴彦に呼び出された七海は、祭りに使う巫女装束を着させられた。信頼を寄せる伯父の言葉に素直に従う七海。だが次の瞬間、七海は晴彦に組み伏せられていた。恐怖よりも驚愕に、七海は悲鳴を上げる。その七海をいつの間にか、島民たちが取り囲んでいた。助けを求めようとした時、七海は気が付いた。自分を見つめる、島民たちのその視線。ここしばらく自分を悩ませていた視線の主が、島のどこにでもいる島民たちだったということに。だがそれこそが悪夢の始まりであることに、七海はまだ気付いていなかった…。

林間島 〜淫欲の神楽・裏〜
何かが、おかしい――。本土から船で2時間の小島。母子家庭に育ちながら母を亡くした結城七海は、伯父である晴彦に引き取られ、その島へとやってくる。晴彦の家は島では“本家”と呼ばれ、七海もまた“お嬢様”として島民たちに受け入れられた。しかし近頃になって、妙な視線を感じる。まとわりつくような、粘り付くような視線が肌を撫でる。考えすぎかと思っていたが、それは決して気のせいではなかったようだ。ある夜、晴彦に呼び出された七海は、祭りに使う巫女装束を着させられた。信頼を寄せる伯父の言葉に素直に従う七海。だが次の瞬間、七海は晴彦に組み伏せられていた。恐怖よりも驚愕に、七海は悲鳴を上げる。その七海をいつの間にか、島民たちが取り囲んでいた。助けを求めようとした時、七海は気が付いた。自分を見つめる、島民たちのその視線。ここしばらく自分を悩ませていた視線の主が、島のどこにでもいる島民たちだったということに。だがそれこそが悪夢の始まりであることに、七海はまだ気付いていなかった……。

牢獄学園〜性欲とくじ引きと鬼ごっこ〜 DL版
最高学年の、最後の冬休み。本来なら大体の事が決まり、遊んで暮らすことが出来る最後のチャンス。しかし、主人公『田口』とその彼女『芝原久美子』、他、『杉本真美』率いる不良グループは単位が足りずこのままでは卒業出来ない。その貴重な冬休みのある日、担任である『夢野クミコ』の指導の下、補習授業が行われる事となった。奇しくもその日は記録的な大雪。主人公達と夢野先生は、学園内に閉じ込められるような形になってしまい、家に帰る事が出来なくなってしまう。時は無駄に過ぎ、ついには夜が訪れた。それでもまだ、雪が止む様子はない。学園内に、退屈と苛立ちの空気が立ちこめていく。そんな中、真美が気怠げに呟いた。「クジ引きで遊ばない?名前が出た女子はみんなの玩具になるって、どう?女の子の方は、三時間逃げ切ったら100万円あげる」主人公と久美子は苦笑いを浮かべる『そんなばかげた事出来るか……』と。だが、真美の言葉は、教室に充満した退屈の空気を、勢いよく吹き飛ばし――――雪の牢獄の中は、狂乱の宴と化していく。

超コンカツ!〜アレから三十路まで DL版
お婆ちゃんが俺に遺産を残してくれた。しかし、その条件が……俺の結婚。あと一週間で俺が結婚できなければ、遺産は慈善事業に寄付されてしまう!俺の猛烈で過激なコンカツが始まった!狙いは……幼なじみ、バイト先の同僚、学校の先輩、バイト先のお客さんさてその結末は!?

待雪の花 〜snow drop〜
聖澤和志は病弱な妹・美結と二人だけで四畳半に移り住むことになった。二人を育てた母親が亡くなり、葬式に現れた謎の男を頼るしかなかったのだ。男に言われるまま引っ越した先は、もはや崩れそうなアパートの狭い四畳半。待っているのは借金に追われる極貧生活。和志は学校を辞めて働く決意をし、兄としてせめて妹だけは幸せにしようと誓う。だが狭い四畳半で、眠るときには妹と抱き合い、薄い壁の向こうからは昼夜問わず喘ぎ声が聞こえてくる――そんな生活が続くうち、それまで押し隠してきたはずの妹への背徳的な欲望が抑えきれなくなっていく。その状況から逃れるように、年上の隣人である神崎翔子、アルバイト先の市ヶ谷瞳、妹の親友である藤堂仁奈と、やはり背徳的な肉体関係を結んでいく。こんなことをしてはいけない……そう思いながらも、欲望を止めることができない。妹への想いを消すこともできない。むしろ、いけないと思う程に強くなっていく。このままどろどろとした背徳の関係に堕ちていってしまうのだろうか。

学園淫辱輪舞曲
ヒロイン・美桜は学園で揉め事ばかり起こしている、正義感と負けん気の強い少女。ついに世間体を気にする両親によって、弟の在学する田舎の学園への転校を余儀なくされることとなった。幼いころから身体の弱かった弟。彼の出迎えで学生寮へと向かった美桜は、そこでリーダー格の花音と対立し、転校早々騒ぎを起こしてしまう。翌日、指導室へと呼び出された美桜は学園の「風紀執行部」の存在を知ることとなる。屈強な男たちに囲まれても、なお信念を曲げない美桜。だが、「指導」という名のもと、男たちに組み敷かれ、処女を奪われてしまう。しかし、次々と男たちに犯されながらも、決して心までは堕ちることはなかった。――翌日から、執行委員だけではなく、教師やクラスメイトまでもが彼女に異常な視線を向け始めた。歪んだ学園、異常な校則のなかで、男たちの欲望が解き放たれていく。

学園愛辱小夜曲 〜終わることのない絶望の宴〜
裕福な家で育った少女・喜多嶋瑞貴(きたじまみずき)に父親の会社の経営悪化に伴って、政略結婚の話が浮かび上がった。「卒業を待って、自分は歳の離れた男の元へ嫁に行く……」人並みの恋愛も経験できず、また父の会社を家族で盛り立てていこうという夢もついえて寂しく思う瑞貴だったが、他に自分にできることなどなにもない。今まで育ててくれた父のため、会社の従業員のため、弟のため、と結婚を承諾し、せめて卒業まで、生徒会の仲間や友達と、学園生活を楽しもうと決意する。だが、そんな平和な日々も長くは続かなかった。ある日校門の前でガラの悪い男たちに拉致された瑞貴は、そのまま乱暴されてしまう。激しい凌辱の末にボロ雑巾のように捨てられて、打ちひしがれる瑞貴。「警察に行こう」という弟の言葉にも頷くことはできなかった。「このことが公になったら、私の婚約は破棄されてしまう……!」そうなれば自分を頼ってくれる人たちを裏切ることになってしまうだろう。それだけは絶対に避けなければならなかった。「自分が耐えればうまくいく」そんな希望を打ち砕くかのように、瑞貴を襲う魔の手。婚約者にさえ未だ捧げていなかった純潔は望まぬ形で奪われ、やがて身体の中も外も、男たちの白濁した欲望で汚されていく。凌辱の果てに、瑞貴を待っている未来とは――?

白濁姉妹〜生意気なあの娘の顔にぶっかけろ!〜
香坂彩(こうさかあや)は1歳違いの姉・舞(まい)とは親友と言えるほど仲が良かった。隣に住む鷹藤家とは家族ぐるみの付き合いで両親共に仲が良く、鷹藤悠人(たかとうゆうと)隼人(はやと)の兄弟と幼い頃からいつも何をするのも一緒だった。そんな4人は共に私立青北(せいほく)学園に入学。いつまでも変わらないように思われた4人の関係だったが、いつしか、彩は兄として先輩として慕っていた悠人に恋心を抱く。また、同じように隼人は彩に想いを寄せていたのだった……。そんなある日、彩は下校中、突如道端で何者かに襲われてしまう。誰にも知られたくない、忌まわしい事件――。それ以来、彩は男たちに乱暴されたことを姉や幼馴染には知られたくないと、健気に明るく振舞う。しかしそんな彼女を、さらなる理不尽な凌辱が襲う。そしてまた、時を同じくして鷹藤兄弟の間にも不穏な空気が流れていくのだった……。

むりやり!?オトメDAYS
「ちょっと、手伝って欲しいことがあるんだけど」―アナタに拒否権はない。とその目が語っていた。可憐で可愛らしくどこか儚げな美少女超越美少年の主人公。里見真実は幼馴染の少女・津雲清流に開口一番そう言われた。清流は町に古くからある縁結びで有名な神社の娘で、人手が必要だからと命令された。もちろん断ろうとする真実だが、過去の恥ずかしいネタに脅されて一日巫女として神社で働くことになってしまう。この日を境に主人公への女装はエスカレート。女装を断れない真実はどうなってしまうのか―

祝福のカンパネラ 原画集データ付き特装DL版
物語の舞台は、“世界の宝物庫” と呼ばれる都市・エルタリアで幕を開けます。この街は今、『収穫祭』の準備が進められていました。今年は7年に1度の“エール” が満ちる年ということもあり、世界中からさらに多くの商人や観光客、そして冒険者が集まって、例年よりも賑やかさを増しているのです。そんなエルタリアに住む青年・レスターは、冒険者クラン『Oasis』に所属するアイテム技師。彼もまた『収穫祭』を楽しみにするひとりでした。“エール” が満ちるこの年は、必ず夜空を流星群が埋め尽くす夜があり、街中の人々の間でもその話題でもちきりになっています。そしてなんと、雑誌や新聞の予報では 今日が『流星群の日』なのです。レスターの幼なじみでもあり、エルタリアの公女でもあるカリーナは、夜になるのが待ちきれないと、彼を祭の準備で賑わう街に誘い出しました。そこで彼らは、中央広場で大道芸をしていた自称世界一の人形師・アニエスや、神都から遠征してきた神殿騎士・チェルシーとも仲良くなり、みんなで流星群を見に行くことになったのです。その夜。エルタリアの大聖堂屋上でパーティーをしていたレスターたちに向かって、なんと流れ星のひとつが向かって来ました!慌てて身構える一行でしたが、その星は彼らの上を通り過ぎ、大聖堂の塔に落ちたのです。急いでその塔に駆けつけたレスターたちは、そこで隠し部屋を発見します。そこは神秘的な雰囲気に包まれた部屋で、中央のベッドにはひとりの可憐な少女が眠っていました。レスターが静かに近づくと、その少女はゆっくりと目を覚まし……「あなたが、わたしのパパですね!」と、世界中の人々を全て幸せにするかのような、満面の笑顔で告げます。――星々が無数に降る神秘的な夜の、不思議な部屋で出会った少女。このミネットとの出会いが、レスターたちを今までと違う賑やかな日常、そして思いもよらない冒険へと導くことになるのでした。

祝福のカンパネラ
物語の舞台は、“世界の宝物庫” と呼ばれる都市・エルタリアで幕を開けます。この街は今、『収穫祭』の準備が進められていました。今年は7年に1度の“エール” が満ちる年ということもあり、世界中からさらに多くの商人や観光客、そして冒険者が集まって、例年よりも賑やかさを増しているのです。そんなエルタリアに住む青年・レスターは、冒険者クラン『Oasis』に所属するアイテム技師。彼もまた『収穫祭』を楽しみにするひとりでした。“エール” が満ちるこの年は、必ず夜空を流星群が埋め尽くす夜があり、街中の人々の間でもその話題でもちきりになっています。そしてなんと、雑誌や新聞の予報では 今日が『流星群の日』なのです。レスターの幼なじみでもあり、エルタリアの公女でもあるカリーナは、夜になるのが待ちきれないと、彼を祭の準備で賑わう街に誘い出しました。そこで彼らは、中央広場で大道芸をしていた自称世界一の人形師・アニエスや、神都から遠征してきた神殿騎士・チェルシーとも仲良くなり、みんなで流星群を見に行くことになったのです。その夜。エルタリアの大聖堂屋上でパーティーをしていたレスターたちに向かって、なんと流れ星のひとつが向かって来ました!慌てて身構える一行でしたが、その星は彼らの上を通り過ぎ、大聖堂の塔に落ちたのです。急いでその塔に駆けつけたレスターたちは、そこで隠し部屋を発見します。そこは神秘的な雰囲気に包まれた部屋で、中央のベッドにはひとりの可憐な少女が眠っていました。レスターが静かに近づくと、その少女はゆっくりと目を覚まし……「あなたが、わたしのパパですね!」と、世界中の人々を全て幸せにするかのような、満面の笑顔で告げます。――星々が無数に降る神秘的な夜の、不思議な部屋で出会った少女。このミネットとの出会いが、レスターたちを今までと違う賑やかな日常、そして思いもよらない冒険へと導くことになるのでした。

はぴねす!えもーしょん
ラッキーとアンラッキー。ハッピーとアンハッピー。そいつはダイスの目次第でどんな風に転ぶかわからない訳で…バレンタインを翌日にひかえた2月13日。悪友、渡良瀬準の電話を取っちまった日にゃ、こりゃ絶対後者だなって思ってた。でも、瑞穂学園魔法科が誇る天才少女、神坂春姫がそいつをひっくり返す。思えばこれが全ての始まりだった…謎の魔法科校舎崩壊事件によって、彼女が同じクラスに編入されてからは、ただでさえ騒がしい毎日が更にエスカレート。春姫に対抗意識バリバリの「歩く災害スプリンクラー」、柊杏璃。奇想天外な行動で俺を困らせる…もとい驚かせる、高峰小雪先輩。そして、しっかり者だかボケてるのかよくわからない俺の妹、小日向すもも、いきなり華やいだ学園生活にロマンスの予感!?と、思いきや…蓋を開けてみれば怒涛のごときハプニングの連続。ああ、右も左も見失い、どちらへ転ぶ俺の未来!!

Stay 〜あなたのとなりに〜
平凡な生活を送っていた主人公。が、ある日突然大災難に遭遇!どうやら、人生でもっとも不運な一週間に入ってしまったようです。途方にくれた主人公の前にやって来たのは、とびっきりの可愛い女の子たち。しかも、不思議と危機を察知して主人公を災難から守ってくれるのです。なぜなら…!?女の子たちは、主人公にそれぞれ想いを寄せているからです。それで問題が起きない訳がありません。次々と迫り来る災難、そして主人公を巡って行われる恋の争奪戦。はたして、主人公はこれらの危機を乗り切ることができるのでしょうか?

転娘!? -とにかくよく転ぶドジっ娘たち-
「私だって、転びたくないんだよぉ!?」突然、目の前で派手に転ぶ少女。…パンツ見えてますけど。「大丈夫?」「……」少女は地面に頭を打ったためか、少し記憶が飛んでいる様子。その娘は、親切心で差し出した主人公の手をバシっと払い足早にその場から去っていった。――翌日。大学で昨日の「気の強そうな娘」と再会する主人公。しかし初対面であるかのような対応の上、まるで別人のよう。彼女の名前は「藍原転」笑顔を浮かべて挨拶をする転を「かわいい」と思ってしまう主人公。どうやら転は転ぶ度に性格が変わってしまう女の子らしい。だが、当の本人はそのことに気づいていない様子。主人公の周りのどこかヌけてる娘たち。メイドさんもお姉さんもお嬢様も、みんなみんなドジで…でもカワイイ。「ドジだけど、一生懸命尽くします!」「どこかちょっとヌケてる」放っておけない、守ってあげたいそんな放って置けないドジっ娘たちと織り成す転びっぱなしのラブコメストーリーです。

おっぱいバカ〜おっぱい以外は認めない!〜
父親の仕事の都合で引っ越してきた主人公。その街は昔、主人公が幼い頃を過ごした場所だった。しかし、久々に見る街にはどこか妙な変化が…。主人公が転校することとなる学園を中心に広がった街は綺麗に分区されていた。A地区からI地区までのアルファベットによる分区。しかも、驚くことにその基準は女の子のおっぱいに基づくもの…。カップごとに分類されていた。転校初日から起こる女の子たちからのおっぱい攻め!?学園生活はもちろん、日常的なものまであらゆることがおっぱいを中心に繰り広げられていく!!バレー部やバスケ部が…。女の子のおっぱいをボールに見立てて練習を!?音楽室では… おっぱいを出した女の子の鳴く声が楽器の代わりに!?ドアノブ当番(?)の女の子が… 扉の穴からおっぱいをポロリ?先生からのおしおきは… もちろんおっぱいビンタで!牛乳配達の女の子が…、玄関先で生絞り!ハガキの投函は おっぱいの谷間へどうぞ!喫茶店では…、当然女の子が生ミルクを入れてくれる、なんてお約束なものも!?さらに、ちょっぴり怪しい街の集会場では…、住人たちの健康(おっぱい)診断が!?そして…久しぶりに再開した幼なじみまでもが、恥じらいながら自らのおっぱいでご奉仕!?『おっぱいを使ってあんなことやこんなことがしたい!!』身の回りのものが全ておっぱいに!?おっぱいをいろんなものに見立てた・代用したエロシチュエーションの目白押し!!おっぱいを堪能した後はもちろん…女の子との最後のお楽しみも!?あなたはどの娘(おっぱい)が好み?ちょっとおバカで結構エロい、漢の夢とロマンを柔らかくて張りのあるおっぱいにぎゅっとたっぷり詰め込みました!!揉んで、擦って、揺さぶって。回して、つねって、挟まって…。めくるめくおっぱいワールドへようこそ!!ノンストップなおっぱいだらけの乳生活(ニューライフ)を存分に味わってください!あなたもだんだんと…身の回りのものが全ておっぱいに見えてくるかも??

俺はツマキラー 〜妻5人、娘5人、親娘丼おかわりっ!〜
俺には結婚を決めた愛する女性がいる。優しくて気立てが良くて、俺LOVEな年上の彼女。あと、何てったっておっぱいデカイ。これ重要。そして俺を慕ってくれる自慢の娘。悪い虫がつかないかどうか、お父さんちょっと心配。仕事も順調だ。3人で暮らすため、先日ついにマンションを購入。愛する家族を養うためと思えば、仕事も頑張れるもんだよな。順風満帆、幸せいっぱいの新婚生活がはじまる!……はずだったのに。どうやら俺はツマキラーだったらしい。人妻side→→→あの人だけを愛していたはずなのに気持ちよくなっちゃう自分が嫌。だけど、とめられないんです……。だって、ダメなの。私が我慢できなくなっちゃった……。ごめんなさい……あなた。娘side→→→ほんとは、あたしのほうが先に好きだったんだよ?ずるいよ、いつもママばっかり……。奥さんがいるのはわかってる。けど、ママは良くて、あたしはだめなのかな……。ねえ……あたしとママ、どっちが魅力的?イヤイヤ、俺には可愛い嫁が!なんて思いもむなしく他人妻とその娘を渡り歩く、3Pおっぱいドンブリめぐり生活が幕をあける。

このままじゃ、姉とSEXしてしまう!?
美人で巨乳の姉たちと一つ屋根の下で暮らすことになった主人公の話。主人公はごくごく平凡な高○生。3人の姉に囲まれてごくごく平凡な毎日?をすごしていた。とある事情から幼いころにすんでいた街へ、10年ぶりに帰ってきた。昔住んでいた街のとある学園へ編入。懐かしさをかみしめるが、幼いころ(この街にいた頃)さんざん姉たちにいたぶられていた記憶が…。過去の思い出したくない記憶がよぎる。10年ぶりに再会した5人の姉達は、それぞれみんなが綺麗な女性に成長していた。今後の生活に不安を覚えていたので、安堵する主人公。いいことがありそうだ……と家に帰ってきた途端…って、あなた誰ですか?うそ、さっきの先生?!変わりすぎだろ!指さされた場所は……押入れ?……って、オレはドラえもんかい!!俺は叫んだ。「○○(主人公の名前)!ちょっと肩もんで」…オレ奴隷?それから、姉達からの狂った愛情表現!?に苦しむ主人公の受難ははじまった……。

毎日しゃぶっていいですか? 〜1部屋・魔乳家族〜
「よし、オナニーだ」長い入院生活から解放されて、まずやるべき事はたった一つだ。ゥオナィニィィィィ。と思って家に帰ったら何故か異常に部屋が狭い(3畳一間くらい)なのに6人爆乳家族(メス5:オス1>俺)母「あんたの入院費で貧乏だからよ」って、え、そういうもの?そんなすごい難病だったっけ?俺。…解せぬ。ともあれ、それはそれとして前後左右、乳。ブルンブルンと余計に幅をとるデカ乳。醤油をとろうとすると、ヤツラの爆乳に肘が埋まった。意図しない陥没に怒る姉。戸惑う妹。震える俺のプラズマガン(男根)溜まったオナニーを開放できないまま何か……何かあれだ。家族だろうがなりふり構わず、ハァハァしそう。これはひょっとすると……。「巨乳密室犯罪」に繋がる可能性ががが。外からカギをかければ、逃げ場のない密室。犯人は家族!てか俺。きっと、じっちゃんの名にかけた人に解明される。てかどうでもいい!!こんな生活じゃ、おちおち熱粒子砲を稼働させる事は不可能。マスターオブフルオッキ、タスケテ。いあ、無理。もういっか。魔乳でも!魔乳家族でも!!!!そう。プライベートがない空間で家族に隠れてのセックスは実に難儀を極めた。他の姉妹が寝ている隣や、押入れの中で声をころし行われるチュウチュウ。また、証拠隠滅として射精は極力、中出しだ!予めポケットに用意した後処理ティッシュも、使用後にもう一度ポケットで預かり、隙を見てトイレに流す隠密行動。だんだん癖になるスリルを感じているのは、むしろ俺だけじゃなかった!?

聖ブリュンヒルデ学園少女騎士団と純白のパンティ
甲冑を纏った少女騎士たちの競技「甲冑武闘」が盛んなお嬢様学園が舞台。王と騎士が権利を巡る学園祭「MWF<ミドル・ウォー・フェスティバル>」。学園祭のシンボルとなる“王”は、投票によって決められる。のだが――今年は早々に“俺”に決定してしまった。なぜなら、この全寮制の“超”がつくお嬢様学園には、男が俺しかいないからだ。勝利の先に約束されているのは、王と騎士のペアのみに許された『後夜祭となる舞踏会でのダンス(ドレス)』と『校則追加特権』。それは全女生徒の栄誉とされてきた。突然やってきた許婚が、本物の姫とその従者が、幼馴染が、クラスメイトが。何もかもがお上品な女の子たちが“少女騎士”として、俺を巡って争うことに!女子オンリーに男1人な寮生活で、お上品なだけじゃない学園生活がはじまる!

姫汁
ある日突然現れた、眼鏡で美人のメイド「蜜香」日本で一人暮らしをしていた俺は、『ヴィークリーズ王国』に連れてこられてしまい「忘国の子孫」として、貴族や王族が通う王立学園に転入させられてしまう…。この学園に連れてこられた理由とは?→大昔『魔女』が存在していた時代に王族や貴族にかけられた『呪い』その呪いを解き、各お姫様や王国を救えるのは『俺』だけだという。呪いを解く方法とは?→『呪われた人』と『エッチな事』をして『汁を集める』お姫様やご令嬢、俺のメイドさんと協力しながらおとぎ話のような王国の、お城のような学園でさぁ、汁集めのはじまりだ!

星空のバビロン
宇宙世紀2068年。人口比率で男が圧倒的に少ない時代。太陽系、火星近辺ガニメデステーション。アカデミーの航宙科に所属する“天乃川銀河”は、コロニー艦『バビロン』に乗り航宙試験の途中突如、ワームホールの向こう側から現れた宇宙モンスター娘『コズミックレイス』に襲撃される。人型の女性に酷似した外見を持つ彼女たちの目的は、繁殖のため人類のオスと交尾すること。主人公とヒロイン達は未熟ながらも艦長の指揮の下、敵を撃退することに成功する。だが「貴重な人類♂」である銀河の存在が認知されてしまったためか、次々とコズミックレイスに襲われてしまい……!?

めちゃ婚!
奥さんをいっぱい娶らないといけません!法律で決められてるんです!5人の奥さんと家族になっていく、ハートフル一夫多妻ADV。政府が突如執行した、少子化対策。それは、金持ちは多くの妻を娶り、たくさんの子供をもうけなければならないというものだった…とはいえ、そんな法案が可決してから10年…一夫多妻な家庭も多く見られるようになった現代。ひょんなことから、莫大な遺産として大企業を相続することになった主人公。彼女もいない主人公は、クラスメイトや学校の後輩、幼馴染などなど身近な女の子たちにプロポーズをする。紆余曲折の末、見事一夫多妻となった主人公が、5人の新米奥さんたちといちゃいちゃしたり、いろいろ悩んだりしながら、家族を作っていくハートフル一夫多妻ADV!

桜ノーリプライ
主人公は幼年期、祖母と共に海と山で囲まれた小さな島で過ごしていたものの親の仕事の都合で、仲の良い友と離れ、病弱な妹を残し、島を離れることになった。将来に対して、漠然とした不安と漫然とした日々に希望ももたず、ただなんとなく日々を過ごすだけの空気人間となりかけていた主人公の元に、小さな転機になる出来事が。それは、来年度から実施される姉妹校同士の交換学生制度に選ばれたこと!転校生として、島へと戻ってきた主人公。むかし懐かしい思い出と共に彼を待っていたのは、成長した姿の妹や仲間たち。子供から大人へ。『恋』というまた小さなツボミを胸に秘めるヒロイン達。桜の咲かないこの小さな島で主人公たちは『希望』という花を咲かすことはできるのか……。甘酸っぱくも、優しい……小さな奇跡がたくさんつまった、そんなお話。

俺と5人の嫁さんがラブラブなのは、赤ちゃんのおかげ
ごくごく普通な学生生活をおくっている主人公のもとに、ある日、雷と共に赤ちゃんが降ってきた!!信じられないが、どうやら未来からきた自分の子供らしいけど……。パニックに陥る主人公だったが、残念ながら育児は待ってくれない!?何かと目が離せない赤ちゃんの世話をするために、学園で赤ちゃんを育てる部活、ベイビー部。略して「ベイブ」を発足。ヒロイン達や先生が助けてくれて、なんとか赤ちゃんを面倒みつつ親としても成長していく主人公だが……一難去ってまた一難。またもや大問題が!ひょんなことから、大企業を相続することになった主人公。しかも、少子化対策で執行された、金持ちは多くの妻を娶り、たくさんの子供をもうけなければならない法律のもと、いっぱい妻を娶らなくちゃいけなくなってしまい主人公は自分を支えてくれたクラスメイトや後輩、先生などなどにプロポーズをする。紆余曲折の末、見事一夫多妻となった主人公が5人の新米奥さんたちといちゃいちゃしたり、悩んだりしながらも家族を作っていく。

NOISE〜voice of snow〜
絶対的な王政の下、栄華を誇ったネフィル王国。しかし教暦2017年…『大壊理』と呼ばれる年、マディクス三世の暴政により破綻し、民の一斉蜂起によって王政は廃止に追い込まれる。代わりに元王都に台頭してきたのは王政期より幅をきかせていた『ディクス家』と『ダイオス家』と呼ばれる一味だった。両家は共に、闇に属する巨大組織であり、ことある毎に抗争を繰り返してきた。ディクス家は百年前に入ってきた『余所者』であるダイオス家を快く思っておらず、ダイオス家は元王家の血を汲むのではと囁かれるディクス家を『気取った坊や』と呼び、同じく目障りに思っていた。両家の溝は深まるばかり。景気の悪化、貧富の差の広まりと相まって、争いは激化していった。そうして再び時は流れ、迷走極まる2027年…孤児院で育った少女マナは混沌の時代にあっても人を信じる心を失わず、真っ直ぐに生きていた。彼女の目標は、幼い頃生き別れとなった兄を探し出し、再会すること。兄は稀なる才を持っていた為、幼い頃に貴族に引き取られていったのだ。「今はまだ無理でも、いつか自立したら探しに行こう」そう希望を胸に生きていたマナ。17歳になったばかりの朝…この日が人生最悪の日になるとも知らず。

罪喰い〜千の呪い、千の祈り〜
いつも通り勉強し、いつも通り友人と喋り、いつも通りの星空を見ながら歩いていた、高校からの帰り道。主人公は突如、殺意を滾らせた男に襲われ、理不尽な死の淵に追いやられる。声すらあげられない恐怖と、苦痛。悶え苦しむ主人公の耳に届いたのは、不思議な雰囲気をまとう青年…永海連の声だった。彼の口づけは主人公を救い、引き返せない呪われた道へと誘う。本作のヒロインである庵崎薫は、異常者によって目前で両親を殺されたトラウマを心の奥底に抱えながらも、日々を前向きに過ごしていた。だが、とあるきっかけで鬼とも呼ばれる存在『上樹の一族』になってしまう。しかも助けてくれた連という青年いわく、薫の前世である『世羅姫』が受けた呪いにより、咎人を喰らう『罪喰いの儀』を行わなければ、酷い乾きの果てに死ぬのだと告げられる。薫は突然人を喰らわねばならなくなった己の運命に戸惑いながらも、罪人を喰らうことで誰かを救えるのならと、罪を背負い生き続ける決心をするが…。

牝人形・白濁の狂宴
古びたこの屋敷はいつからあるのか…。なぜ俺はここで暮らし、閉じこめられているのか…。誰も知らない。なにも訊かない。ただ俺は今日も降りしきる雨の中、目の前の従順な牝人形を、舐め、吸い、搦めて汚し、嬲り、貶め、壊してゆく…。やがて快楽の果てにおとずれる冥い欲望のまま白濁したおのれの欲望を、憐れなあやつり人形のはらわたにぶちまけ、犯し尽くすのだ。果てしなく続けられる肉欲の宴…。俺もやがてはこの肉人形とともに生贄にされ終焉を迎えるのか、それとも…。

すわっぷ Aふぉ〜B
小さい頃からよく似ていると言われていた、双子の兄妹のお話。両親が旅行に行っている間に、妹の和美がど〜してもカレシと旅行に行きたいらしい。『お兄ちゃん、女子校よ、ジョ・シ・コ・ウ』『モテモテのウハウハよ』なんだかよくわからない、和美の誘い文句に彼女いない歴生まれてからず〜っとのオレは、二つ返事でOKを出してしまった。でも、学校で男であることがばれたら、ヘンタイあつかいされるのがオチなのに気がついた時には後の祭りだった‥‥。





〜 オンラインショッピング検索エンジン 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット