アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
海空のフラグメンツ
幼い頃に、約束を交わした少女がいる。夏の決まった時期にだけ島を訪れる彼女は、約束だけを残して消えてしまった。「ねぇ、いつか大きくなったらさ」「いっしょの学園かよおうよ」「そしたらいつでも2人……いっしょにいられるね」子ども同士のたあいない約束。それから年月も経ち、思い出も約束もゆっくりと風化していく。しかし、たった一枚の写真が状況を変えた。とある学園の入学案内、そのしおりに印刷された一ページ。生徒会の会長を務めるその人の姿は、過去に仕舞った思い出を現在の色へと塗り変える。かくして俺――≪中上神≫は約束の学園への転入を決意したのだった。新たな学園生活への期待を胸に、迎えた入学式の当日。そこで俺を待っていたのは何人かの個性的な美少女たちと、そしてあろうことか。突然の『閉校宣言』だった――。閉校までのタイムリミットはわずか数ヶ月。失意の底に沈み、折れそうになる心を奮い立たせて。しかし俺は不死鳥のごとく立ち上がる!すべてはそう、一度は夢見た≪バラ色の学園生活≫それを現実のものとせんがために!そのための第一歩として、選んだ舞台は≪生徒会≫。選りすぐりの美少女ばかりで構成されるそこへ入会することこそ、我が夢への最短経路とみつけたり!艱難辛苦に紆余曲折。振り返ればいろいろあったけれど。念願叶って晴れて生徒会の一員に……加わることができたと思ったら。そこで明らかになる真実。そして新たな騒動の火種に巻き込まれて――!?果たして俺は閉校までの短い期間、悔いのない学園生活を送ることがきるのだろうか。

Tiny Dungeon〜BLACK and WHITE〜
魔界、神界、竜界、そして人界。四つの世界の交わる場所に作られた学園『トリニティ』。それぞれの世界の勇者、すなわち『力』を育てるために作られた学園に少年は居た。二十五年前、人族の欲望が巻き起こし、その後、人族の勇者によって終焉を迎えた滅界戦争。かつての勇者を夢見つつも、あくまで平凡な力の持ち主でしかないはずの少年。『あなたは、未来を選ぶ義務を与えられた』ある日唐突に浴びせられたその言葉によって、少年は世界の中心に立たされる。魔界の黒翼、神界の銀月、竜界の金鱗。すべての世界の行く末を握る三人の少女達とその未来。自らが選ぶその結末を、彼はまだ知らない。

Stellar☆Theater
宇宙人はいる。そんな常識、子供でも知っている世界。地球は、『十二星座』と呼ばれる特殊な力を持った人々によって異星人達から守られている――そんな世界。その国の、その街に、その少年はいた。五年前の火災事故によって負った傷も癒え、当り前のように訪れる当り前の毎日を、ただ当り前に過ごしていく。けれどその日、突然現れた十二星座の一人との出会いが、彼の毎日を少しだけ賑やかにした。それは、半ば強引に次期十二星座の選別試験協力者とされた彼の、その候補達と共に行動する賑やかな日々の始まり。そして、そんな彼と共に試験を受けるため、彼の学園へと転校してくる三人の候補。少女達。そこには、もう二度と出会えなくなったはずの幼馴染の少女の姿があった。その顔に、少年への明らかな嫌悪を浮かべた少女の姿が。彼はまだ知らない。その試験の先に、自分とその周囲の未来をも変えてしまう一つの事件があることを。とある一つの想いに手が届くことを。それが誰のものなのか、星々の照らす行く末は、ただ優しく光るのみ。

Tiny Dungeon〜BLESS of DRAGON〜
力を育てるために作られた学園トリニティ。白鷺姫は、かつての戦争を引き起こした種族である人族として多種族に蔑まれながらも、他人を守れる力を得るべくこの学園の生徒として通っていた。ヴェル、ノート、ウルル。各世界においても最強クラスの力をもつ少女達に認められ、クラスメイトであるデイルとも剣を交えて友人となり、少しずつ、けれども確実に周囲を変えていく姫。そんなある日、竜族の王女ウルルは、ローブに身を包んだ怪しい人物と学園内で接触。これを撃退する。怪しげな言葉を残して立ち去ったローブの人物。そして数日後、魔族の少女が一人、トリニティへと編入してくる。フォン=テルム。そう名乗った少女に小さな不安を感じたオペラは、ウルルにも言わず、ある願いを姫へと告げた。それが金竜ウルルと過去との対峙に繋がることを、まだ誰も知らない……。

Tiny Dungeon〜BIRTH for YOURS〜
魔界、神界、竜界、そして人界。四つの世界が交わるその場所に作られた学園 『トリニティ』。自らの力で、少ないながらも心強い仲間を得た“白鷺姫”は、今また新たな仲間となる“デイル=グラン”との戦いを続けていた。実力の差は明白。だがそれでも決して諦めない彼の姿に、“ノート”は漠然とした希望を感じていた。自らの身体に眠る、その暗い力に対する希望を。ノートは、自らの出生の秘密を姫に語る決意をする。――そして同時に、一人の戦士が学園世界に現れる。“ヴェル”とノート、学園最強の二つの力を容易く弾き、男は笑った。――「なんといっても俺は、今回の仕事が終わったら娘に会いに行くんだぜ」。“ゲン”――自らをただの賞金稼ぎと称した彼の登場により、トリニティを大きな波紋が包み始める。

氷華の舞う空に
冬になると一段と冷え込み、雪にも覆われる一地方都市。主人公、櫻咲周防が住む町も、そんな冬の到来を待ち受けていた。そんなある日、従妹である氷見川椎奈が両親の海外出張を理由に、周防たちの元へ引っ越してくることに。冬休みさえ近い時期の、タイミングのずれた転入生。小さな町の学園には、充分な話題の提供だった。幼馴染たちの久しぶりの再会は、べつの不思議な出会いとのきっかけでもあった。櫻咲神社、周防の家でもあるそこに現れた、少女――澪。ともすれば消えてしまいそうに儚げな彼女は、周防にこう告げる。「偶然かもしれないけど、目覚めたきっかけは貴方みたいだし、暇つぶしくらいは付き合ってよね?」少し調子の外れた『幽霊』を名乗る少女との再会。冬模様に包まれつつある町で、周防は今までとは間違いなく違う日常を過ごすことになる。

Tiny Dungeon BoS(完結編)
……トリニティ。魔と神と竜と人とが交わる世界に作られた、勇者を生み出すための学園。滅界戦争の犯罪者として蔑まれ続ける種族――人族の一人“白鷺姫”。彼は過去の行いによって魔族の王女“ヴェル=セイン”をその力とした。だが、そんな姫に興味を抱いた神族の第二王女“アミア”に勝負を挑まれる。圧倒的なまでの実力差があるはずの戦い。だがその中で、姫は予想外の力を発揮し、アミアを退けた。その力に心を動かされる神族の王女“ノート=ルゥム”と、魔族のエリート“グラン=デイル”。ふたりはそれぞれの思いを胸に、姫へとその刃を向ける。新たな未来を確かに刻んでいく、姫とその仲間たち。そして、そんな第四の未来を見守る一人の少女、“カミシア”。かつてそう名乗った少女は、この第四の未来で何を望み、何を描くのか。『TinyDungeon』最後の扉が今始まる。その先にある、輝かしい結末へと向かって。

いんぴゅり〜ヒトとアナタとアヤカシと〜
妖怪。それは遙か昔から日本に存在する、人間の理解や想像を超える、奇怪にして異常、不可思議なる力を行使する非日常の象徴……。と、言われていたのも今はもう昔の話。そう遠くない未来の日本、妖怪と人間は共存の道を歩んでいた。店を覗けば河童の店員が奥様方を接客し、公園に目を向ければぬりかべが子供達とたわむれ、病院ではがしゃどくろの医者がお爺さんを整骨中、ふと空を見上げれば一反木綿のデリバリーが会社の窓からサラリーマンに届け物。非日常が当り前の日常になっている時代、妖怪は人と共存する事で生活の安定を得、人間は妖怪の持つ不可思議な力である妖力を研究し、その恩恵を受けて日々の安寧を得る。そんな近未来の日本にある、研究都市・白夜島に『赤城和登』は住んでいた。幼い頃より妖怪達と暮らし、妖怪達と共に生きてきた和登は、一瞬一瞬を全力で楽しもう、をモットーに、幼なじみの静音と共に白夜島内の白峰学園へと入学する。今まで通りの騒がしくも平穏な日々が続く、そんな期待と共に。だが迎えた入学式の当日、和登は、そこで一人の少女と再会する。かつての自分と共に遊び、そして自分を救ってくれた、もう一人の幼なじみ。鬼の少女、伊吹雅に……。それは、騒がしくも平穏な日々の終わり。更に騒々しく大賑わいの日々の始まり。鬼に天狗、妖狐に座敷童に雪女。個性豊かな妖怪達と、それに勝るとも劣らない癖の強い人間達。生まれて膨れて弾けて混ざり合う恋模様。これはヒトとアヤカシが共存する、非日常的な日常の物語。頑張る誰もが幸せになれる、そんな日常のおとぎ話。

1番じゃなきゃダメですかっ?
駅から徒歩で約9分。緩い坂道を登ったそこに、そのアパートはあった。ちょっと古めの木造建築。大きな時計が目印の、そのアパートの名前は、『一時館』いっこく、ではない、いっときである。いちじかん、でもない、いっときかんである。いつからか、誰が呼んだか、ついた呼び名は『めぞん・一時』。男の兄弟という存在に失望を抱いてしまった女性だけしか住まないアパート。そこの新たな住人となるはずだった『二葉晶』。当然のごとく拒絶された彼は、その持ち前の行動力とポジティブさによって彼女達の心を開き、正式な住人として受け入れられる。それどころか、すっかり晶にデレきった少女達に、義理の兄妹関係による一つの家族としての生活を提案される。だが、新しい家族生活がようやく始まろうとしたその時、幼なじみでもある愛する義理の妹は宣言した。「私、お兄ちゃんの妹やめますっ!」家族として全員で二番でいたいと考える血の繋がらない新しい姉妹達と、あくまで一番の相手でいたいと望む、妹であるはずの幼なじみ。一人か、家族か、ハーレムか。一番じゃなきゃダメなのか、やっぱり二番じゃダメなんですか。一つ屋根の下で繰り広げられる、甘く楽しく羨ましい、けれどちょっぴり頭も痛いリア充生活。あなたの求める関係は、どれだ。

Tiny Dungeon ハーレムセット
“Rosebleu”が贈る王道学園ラブコメ・ファンタジー「TinyDungeon」シリーズの全てがココに集結!しかも全4章、総額約1万8000円の商品を特別価格の14800円で販売!笑いとトキメキと興奮のジェットコースター・ファンタジーをイッキに楽しむ最高のチャンスだ!

Endless Dungeon
トリニティ。そこは、未来の勇者を育成するために作り出された学園。かつての勇者達による試練が無事に幕を引いてより半年、そこは、新たなる若者達を迎えていた。自らの力に、少なからず自信を持つ者達。誰もが勇者となった自分を夢見、その門をくぐっていく。そしてその中に、人族の少女が一人いた。かつて大いなる戦争を巻き起こした種族として、忌み嫌われる種族の少女。白鷺皇女。二年前、周囲の反対を押し切り、未来の勇者を目指してこの学園へと向かった兄の力となるために、彼女は今、トリニティの門をくぐる。周囲から浴びせられる、蔑みと嘲りの視線。負けるものかと高らかに名乗りをあげる少女へと投げつけられる、学園生達の言葉。「きゃああー!白鷺先輩の妹さんなの!?嘘っ、ぜひ今度紹介して!!」「姫にい……あんた、いったい何やった!?」確かな変わりを見せるトリニティ。そこに集まり始める未来の欠片達。選ばれた勇者の妹。いるはずのない、金の髪を持つ二人目の竜族。そして、第五種族と名乗る謎の少女達。今、多くの期待に応えて、TinyDungeonその後の舞台が幕開く。勇者の扉を開けた少年は、その未来に何を成すのか。

戦乙女らんなばうとっ!
異世界召喚チート。そんなものは、空想世界の中だけだと思っていた。三年前までは。魔王とその軍勢によって蹂躙され続けていた異世界『ディーニア』により、突如として召喚された少年『羽良悠樹』。この三年間において、大賢者、と呼ばれるまでになった彼は、今一人の学生としてその門の前に立っていた。勇者スキャナのパーティーの一人として、その知識と魔力とを駆使し、苦難の旅の末に魔王討伐に成功した彼が元の世界へと戻れる術は未だ見付かっていない。恋仲となり、本来ならば結ばれるはずだった勇者は、魔王討伐後の権益を狙った貴族達の策略によって裏切られる形となり、最早ただの他人でしかない。あまりにも大きすぎる功績を残した彼に与えられたものは、いくつもの失意と失望。そんな彼が、腐敗貴族達を腹いせに蹂躙しまくった後に望んだもの。それは、この三年の間に失ってしまった、学生時代の生活だった。大賢者でも勇者の仲間でもない。ただの一人の学生として、友人達と笑い合う何気ない日々。日本に帰れないというのなら、せめてこの世界で、その時間を取り戻したい。その願いは受け入れられ、彼は今、その学園の門の前に立っている。ごく普通の一市民『ユウキ=ハラ』として。新たな春。一学生としての生活の始まり。見知らぬ友人達とのたわいない会話。だが、そんな日々の再来に胸を高鳴らせる彼を待ち受けていたのは……。「よ。俺、先日からここの教員。お前の担任な」「ふふ。今日からクラスメイトですね。よろしくお願いします、ユウキさま♪」共に戦った勇者パーティーの一員にして王国の第二王子と、悠樹を召喚し、その詫びとして自らを捧げることすら厭わない第一王女の姿だった。そして挫けかけた彼の前に現れる更なる強敵。「ユウキ=ハラ……私は、かの大賢者にこのすべてを捧げています!」かつては将来を誓い合い、けれど離れることとなった一人の少女。清冽なる勇者、スキャナ=フォン=タニム。全学生の前で高らかに宣言されたその言葉が、悠樹の生活から平穏という言葉と唇とを奪い去る。そして始まる、大英雄の少年を巡る大賑わいな、ワルキューレ達による恋愛バトル。これが本当の異世界召喚チートハーレムストーリー。今、開幕。

戦乙女らんなばうとっ! ハーレムセット
異世界召喚チート。そんなものは、空想世界の中だけだと思っていた。三年前までは。魔王とその軍勢によって蹂躙され続けていた異世界『ディーニア』により、突如として召喚された少年『羽良悠樹』。この三年間において、大賢者、と呼ばれるまでになった彼は、今一人の学生としてその門の前に立っていた。勇者スキャナのパーティーの一人として、その知識と魔力とを駆使し、苦難の旅の末に魔王討伐に成功した彼が元の世界へと戻れる術は未だ見付かっていない。恋仲となり、本来ならば結ばれるはずだった勇者は、魔王討伐後の権益を狙った貴族達の策略によって裏切られる形となり、最早ただの他人でしかない。あまりにも大きすぎる功績を残した彼に与えられたものは、いくつもの失意と失望。そんな彼が、腐敗貴族達を腹いせに蹂躙しまくった後に望んだもの。それは、この三年の間に失ってしまった、学生時代の生活だった。大賢者でも勇者の仲間でもない。ただの一人の学生として、友人達と笑い合う何気ない日々。日本に帰れないというのなら、せめてこの世界で、その時間を取り戻したい。その願いは受け入れられ、彼は今、その学園の門の前に立っている。ごく普通の一市民『ユウキ=ハラ』として。新たな春。一学生としての生活の始まり。見知らぬ友人達とのたわいない会話。だが、そんな日々の再来に胸を高鳴らせる彼を待ち受けていたのは……。「よ。俺、先日からここの教員。お前の担任な」「ふふ。今日からクラスメイトですね。よろしくお願いします、ユウキさま♪」共に戦った勇者パーティーの一員にして王国の第二王子と、悠樹を召喚し、その詫びとして自らを捧げることすら厭わない第一王女の姿だった。そして挫けかけた彼の前に現れる更なる強敵。「ユウキ=ハラ……私は、かの大賢者にこのすべてを捧げています!」かつては将来を誓い合い、けれど離れることとなった一人の少女。清冽なる勇者、スキャナ=フォン=タニム。全学生の前で高らかに宣言されたその言葉が、悠樹の生活から平穏という言葉と唇とを奪い去る。そして始まる、大英雄の少年を巡る大賑わいな、ワルキューレ達による恋愛バトル。これが本当の異世界召喚チートハーレムストーリー。今、開幕。

罪悪感
若くして成功を収めた実業家、木内賢一には他の男の恋人や妻などを寝取る事でしか性的興奮を得られないという奇妙な性癖があった。自分の欲求を満たすためには手段を選ばない賢一は、幾度と無くその行為を繰り返していたものの、決して満足できてはいなかった……。そんな矢先、甥の悟が彼の元に婚約者の佐倉美咲を連れて挨拶にやって来る。近々結婚するという二人の幸せそうな様子と、美咲の美貌は賢一の嗜虐心を煽るには十分過ぎた。「無垢な花嫁を新郎の前で蹂躙する!!」この恐るべき思考と共に、賢一の頭の中にある計画が浮かび上がる。賢一は二人の新婚旅行として、自分の所有する豪華客船の航海の旅に招待する事にした。何処にも逃げ場の無い海の上へ。

女優・菜々子
人気絶頂のグラビアアイドル「綾里菜々子」が、大手の事務所に電撃移籍し、水着姿を封印し女優業に転向するというニュースは、アングラサイトからお茶の間にいたるまで駆け巡った。各種キャンペーンガールを総なめし、深夜の格闘番組などでの豊満な肉体と知的な笑顔で人気を博し、いよいよグラビアアイドルとしてゴールデン進出という矢先の出来事だった。そんな渦中の女「菜々子」に目をつけた極亜テレビのプロデューサー「門倉大輔」は局でも有名なセクハラプロデューサーだった。「菜々子」の女優になりたいという心に漬け込んで、自分が持っているドラマ枠でのヒロイン役をちらつかせ、彼女を篭絡しようとする「門倉」。しかし「菜々子」はその誘いを毅然とした態度で断る。そんな「菜々子」の態度により欲情を刺激された「門倉」は執拗に彼女の身辺を調査し、移籍の際にトラブルがあったことを探し当て、それをネタに再び彼女に揺さぶりをかけた。女優への夢を棄てきれない「菜々子」はたった一度という約束で、「門倉」に身体を開く。それが自身の女優としてではなく、M女としての才能を開花させる悪夢の始まりと知らずに…。

もみじHappyStory
自分の身に降りかかるすべての不幸な出来事を運命だと思い、抗う事をやめた少女・城宮椛。そんな椛に目をつけた御門和人は、借金のかたに彼女を引き取りました。そして数とはその日の夜に椛と身体を重ね、処女を奪ってしまいます。しかし、そのときでさえ椛は抵抗らしい抵抗をしませんでした。数とは椛との生活の中で人間らしさ、人を思いやる暖かさ、幼い頃に忘れていた恋心を思い出していきました。椛もまた、そんな和人との生活の中で、人の温もりを知り、和人に心を許していきました。その後、和人の父が病死し、和人が御門家の頭首となってしまいます。和人と椛が恋中になることに反対するものもなくなり、むしろ周囲の人々は2人を祝福してくれたのでした。そして、2人の甘い夏休みが始まります……。

妹巫女・萌「にいさま…私、巫女じゃなくなっちゃう…」
月日は流れ……七度目の夏が訪れたある日、一通の手紙が実家から届きました。封を切るとそこには、叔父の名前で祖父が亡くなったことが記されていました。七年ぶりの実家に向かい、バスに揺られながら目を閉じると幼い日のことを思い出します。両親に拾われ兄妹同然で育った『萌』のことを……。そして、自分の犯した過ちを…。昔の仲間達は、あの頃変わらずで何事もなかったかのように智也に接してくれました。叔父の再会を果たし部屋に戻ると、一通の手紙が置いてありました。智也が封を切るとそこには、もう一度会いたい…と書かれていました。智也が約束の場所に行くと、萌が現れ想いを伝えます。智也は萌の言葉に家を出たもう一つの理由を思い出し、自分自身を悔います。そして、智也は7年前に言い出せなかった想いを伝え、萌と結ばれます。そして、短くも長い夏の日の物語が始まりました。

喪服妻「許してアナタ…私、弱い未亡人です」
本山での厳しい修行を無事に終えた一人の僧、『想念』。彼の胸には大きな(?)野望が燃え盛っていた。『悲しみに暮れる美しい未亡人達を拙僧の御神棒で癒してしんぜよう』山を降りた後、実家である寺の跡を継いだ想念は、表向き人のいい住職として檀家の人間と接しつつ機会を伺っていた。そして、いよいよ、計画を実行に移す時がやってきた。夫を病で亡くした美しい未亡人が現れたのだ。想念は『これ幸い』と通夜の晩、親身になって慰める振りをし、言葉巧みに未亡人を篭絡するのであった…。

戦乙女ヴァルキリー「あなたに全てを捧げます」
神々と人間に住む場所を奪われ地底奥深くに追いやられた悪魔達は、何百年もの間『ミッドガルド』を巡り、戦いを繰り返して来ました。しかし、度重なるその戦も人間に加勢する戦乙女ヴァルキリーを中心とした神の軍によって阻まれてきました。そんな状況を見かねた魔王は、真っ向からの戦いを止め天界でも絶対的な信頼とその中枢を担う女神フレイアを捕らえ、秘密裏に洗脳を施し天界内部からの侵略を計ります。フレイアを利用して、ヴァルキリーの力の源である黄金の指輪を奪うことに成功した魔王は、主人公である魔王軍暗黒騎士団長デュークにヴァルキリー討伐を任せます。デュークはヴァルキリーを捕らえその処遇を任せられると、神と人間への見せしめとして、人間共の希望であるヴァルキリーをあらゆる手段を使って貶め洗脳しはじめます。昼夜問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、ヴァルキリーの心は次第に快楽の淵へと堕とされていきます。

風輪奸山「この身幾たび汚されようとも……」
時は15XX年。世は戦乱の坩堝と化していた……。【日ノ本(ひのもと)】と呼ばれる島国のほぼ中央に位置する【苛斐地方(かいちほう)】。そこは【卑前(ひぜん)】【卑後(ひご)】という二つの国に分かれ、日夜激しい争いを繰り広げていた。領土も広く、軍備、資源共に充実している卑後の国に対し、人材には富んでいるものの、領土も狭く、その他の面でも劣っている卑前の国は劣勢を強いられていた。領主【今柄義範(いまえよしのり)】の指揮のもと、数に任せ次々と砦を襲い本城へと迫ってくる今柄軍。急逝した領主【羽黒玄丞(はぐろげんじょう)】の娘である【愛姫(まなひめ)】を国主代理に立て、必死に抵抗する羽黒軍。しかし、その戦力差は余りにも大きく、卑前の国も風前の灯火かと思われたその時、一人の軍師の出現により、戦局は一変する。突如現れた謎の美少女軍師の繰り出される奇策により、窮地を脱した羽黒軍の逆襲が今、始まるのだった……。

くのいち・咲夜「忍びし想いは恥辱に濡れて…」
時は戦国。各地で大名同士の覇権争いが起こるこの時代。大きな二つの勢力がにらみ合い、危うい均衡を保っていたこの地であったが、些細なきっかけによりついに本格的な戦が開始された。同時に、それぞれの大名が抱えている隠密…いわゆる「忍」一族の対立も決定的となったのである。ここに“那霧の里”“卍谷”という、二つの里があった。それぞれ別の大名に仕える忍びの里であったが、ここについても例外ではない。古くからある里同士、均衡した勢力による果てなき争いが続くと思われたが、ある一人の忍の裏切りによって今までの関係は崩されることになる。その男は、戦闘力もさることながら、およそ人間にはなしえないと思われる不可思議な術を使うことで、戦場で出会った兵はもちろんのこと同じ忍ですら恐怖を覚えるという。そして今、里を裏切ったその男を追う任務を受けた忍が野を走る。豊満な肢体と美しき容姿をたたえ、彼の男に勝るとも劣らない戦闘力をもったくノ一。名を「咲夜」という。かつて、彼の男が自ら育て上げたくノ一であった……。

少女戦機ソウルイーター
化物たちの犯罪組織「キマイラ」から囚われの姉を助け出そうと誓う主人公「藤原竜介」は、逃げ延びた地方都市で一人の少女と出会う。少女の名は「円城命」。命はキマイラによって家族を殺され、心を閉ざしていた。しかし、その虚ろな瞳の奥には、キマイラに対する復習の炎が渦巻いていた。その闘志に賭けた竜介は、ピンチに陥った時、キマイラから奪ってきた新兵器を命に託す。新兵器の力で「ソウルイーター」と呼ばれる戦士に変身した命は、復習を果たすためキマイラへ戦いを挑んだ。ところが、能力では勝りながらも、経験の差で劣る命は敗北し、化物によって徹底的に純潔を散らされてしまう。惨憺たる光景に絶望する竜介。だが、復讐に燃える命は、穢された身体を引きずりながらも再び立ち上がるのだった……。復讐を誓う少女とおぞましき化物達の激しいバトル!情け容赦の無い陵辱の嵐が少女を待つ!

淫夢学園
主人公は普通の学園に通う普通の学生。同じ学園に通っている名家の美人姉妹に憧れを抱いているものの、あがり症のため話し掛けることもできず、ただ眺めているだけだった。そんなある日、保険委員の主人公が憧れの美人姉妹の妹『まゆり』を治療することに。しかしあがり症でまともな治療もままならない主人公に、まゆりは呆れて保健室を去っていく。その一部始終を見守っていた保険教師『涼子』から手渡されたのは「いい夢がみられるペンダント(お守り)」だった。その夜、ペンダントを握り締めたまま眠った主人公。目を覚ますと、なぜかそこはまゆりの部屋だった?!ベッドの上ではまゆりがすやすやと寝息を立てている。強烈な情欲に襲われた主人公は、ベッドで寝息を立てていたまゆりに襲いかかった!主人公に処女を奪われてしまったまゆりは、何度もイカされ、最後には失神してしまう。翌朝、何事も無かったように目覚めた主人公。昨晩の出来事が夢であったことにホッとすると共に、憧れのまゆりを穢してしまったことに罪悪感を覚えるのだった。そして授業中。昨日の悪夢のせいか、強烈な睡魔に襲われる。すぐに目覚めるものの、どこか教室の雰囲気がいつもと違う……?そう思った瞬間、昨夜と同じく強烈な情欲にとらわれた主人公は、またしてもまゆりに襲いかかった!しかし、主人公とまゆり以外の人間は2人のことが目に入っていない様子。そうか、これも夢なんだ!夢ならばと、昨晩のようにまゆりを激しく犯す。まゆりの助けを求める声が響く中、いつもどおりの授業は続くのだった。それから、まゆりとの淫夢に耽る日々が始まった。全ては夢の中の出来事……のはずだった。だが、まゆりは現実世界でも処女のまま淫欲に目覚めていく。夢が現実になる……?それがペンダントによるものだと気づいた主人公は、彼女の姉や親友達までも淫夢へと、そして逃れられない肉欲の深みへと引きずり込んでゆく。夢を現実にするペンダントの秘密とは?淫欲の宴の果てに主人公たちを待つものとは?

音速飛翔ソニックメルセデス 双子ヒロイン調教指令!
時は現代。かつて存在した錬金術を操り、「アルス・マグナ魔導帝国」と名乗る悪の組織が秘宝【エレメンタルコア】を求めて日本を荒らしまわっていた。しかし、そんな悪に立ち向かう正義の美少女ヒロインが2人!「ソニックメルセデス」と「ソニックジゼル」の双子の姉妹である。身体に宿した【エレメンタルコア】の力で変身する2人は、強力な戦闘力と、双子ならではのコンビネーションで帝国の幹部や怪物たちをことごとく撃破していたのだった。そんなある日。帝国の幹部「アルケミスト」である主人公・マックスと相棒のテスラのもとに、2人のボス「エンプレス」から勅命が届いた。『一週間以内に「火」と「水」のエレメンタルコアを手に入れろ!さもなくば死だ!』勅命に背けば処分は必至。とはいえ、連敗続きのマックス達に勝算があるわけもない。ところが、途方にくれる2人を見越してか、エンプレスが助っ人を送ってきた!戦闘用ホムンクルス「マテル」である。エレメンタルコアを身体に内蔵したマテルの戦闘力はメルセデスたち以上。助っ人の力を借りて、マックスは双子の片割れを捕獲することに成功するのだった。すぐさまアジトでエレメンタルコア回収の準備にかかるが、デリケートな秘宝エレメンタルコアは、無理に外そうとすると消滅してしまう。帝国の伝承では『エレメンタルコアは純粋な魂の持ち主に宿る』と言われていた。逆に言えば、魂を穢してしまえばエレメンタルコアを外すことができるのである。「なるほど…それじゃあ俺なりのやり方で正義のヒロインを穢してやろうじゃないか!」ニヤリと笑い、舌なめずりするマックス。かくして美少女戦士達の調教は開始されたのだった…。

美脚エージェント・麗華
中南米の地方都市、エル・ガダ。ここでは年に一度、秘密裏に行われているイベントがある。犯罪組織『ウロボロス』が主催する地下格闘トーナメントだ。このトーナメントでは、選手の勝ち負けがギャンブルの対象になっており、一日に数十億の金が動くと言われている。国際麻薬取締機構(IDEO)の優秀な捜査官(エージェント)である王麗華(わんりーふぁ)はこのトーナメントを主催している『ウロボロス』の幹部イフリート(主人公※名前変更可)を検挙する証拠を入手するため、参加選手の一人として潜入捜査をしていた。しかし、イフリートは麗華を罠にかけて拘束し、その身体を思うままに凌辱する!果たして、麗華の運命は?謎の組織『ウロボロス』とはいったい?!

戦乙女ヴァルキリー2「主よ…淫らな私をお許し下さい…」
神々と人間に住む場所を奪われ、地底の奥深くに追いやられていた魔族達は、何百年もの間『ミッドガルド』と呼ばれる人間界の大地を巡り、戦いを繰り返していた。しかし、魔王軍暗黒騎士団長デューク(主人公)の策略により、蒼穹の戦乙女・レイア(前作のヴァルキリー)が囚われてしまい、天界と人間界と魔界の戦力バランスは崩れた為、魔族達は『ミッドガルド』を蹂躙し人間界のほとんどを制圧していた。そして、いよいよ天界に攻め込もうと画策していた魔族達は、その勝利祈願の生贄として戦乙女レイアの公開処刑を行うことを『ミッドガルド』中に触れ回る。ついに処刑の日がやってきた―――。手と首に枷をつけられ、処刑台に連れてこられたレイアは、屈辱的な扱いに表情を曇らせていたものの、凛とした美しさをその身に残していた。主人公は、処刑台の上で拘束されたレイアを散々凌辱したあげく、魔王軍に多大なる被害を与えたレイアの罪状を読み上げ、彼女の首を切り落とそうとする……。その時、魔界の空を割って、天空から巨大な光が飛んでくる。その発光体は、レイアを取り戻す為、主神オーディンの命により神槍・グングニルを携えた天界最強のヴァルキリー・アリーヤであった。アリーヤは並み居る魔族達を神技で消滅させ、主人公もその激しい攻撃に一旦は耐えるものの、圧倒的な力の差で吹き飛ばされてしまう。苦もなくレイアを解き放ったアリーヤだったが、彼女は囚われの仲間を慰めるどころか激しく叱責する。アリーヤ「こんな雑魚どもに遅れをとるとは…恥を知れ!」そして、人質も失い絶体絶命の窮地に陥った主人公は一計を案じ、レイアをそそのかして、アリーヤの力の源である、白銀の指輪を奪わせる事に成功する。指輪を失ったアリーヤは戦乙女としての力が弱くなってしまい、魔族である主人公の囚われの身となってしまう。こうして、魔族の虜となってしまった二人のヴァルキリーに対して、昼夜を問わず行われる飽くなき恥辱の宴に、女神達の心は快楽の闇へと堕ちていくのだった…。

戦乙女ヴァルキリーG〜戦乙女達の黄昏〜
神々と魔族たちの最終戦争・ラグナロクが終了した後のミッドガルドは、いまだ混沌が支配していた。かつて、暗黒騎士団長を務めていたデュークは天界の至宝・ヴァルキリーたちを虜にし、ミッドガルドの混乱に乗じて魔界の勢力のほぼ半分を手中にして、荒れ果てたミッドガルドに自分の王国を建設しようとしていた。そして、ラグナロク後に一命を取り留めたアリーヤや、父親離れしたヒルデガード、デュークに骨抜きにされたファフニールなどに国作りを協力させ、夜は夜で肉棒に奉仕させるという生活を送っていた。そこに、天界に帰ったはずのレイアが戻ってくる。オーディンが遁走した後のアースガルドの混乱を収めたレイアは、デュークのことが忘れられずに 『ミッドガルドの民を守る』という名目でやってきたのだ。レイアが戻ってきたことにやぶさかではないデュークだったが、アリーヤをはじめ、ハーレムにまた女神が増えてしまうということで、ひと騒動が起こってしまう……!?

小公女・シャルロット
1889年―――。時は産業革命時代。舞台はヴィクトリア朝の英国。数年前に両親を馬車の事故で失い、一人ぼっちになってしまった大富豪の青年が主人公。愛する家族もなく、自堕落で退廃的な人生を送っていた。広大な屋敷にはたくさんのメイド達が働いているが、そのほとんどが青年の財産を目当てに親戚たちが送り込んできた子飼いの女たちである。こと有る事に誘惑をし、手切れ金としてまとまった金銭を要求するために「お情け」と称して子種を欲しがる彼女達に辟易してはいたものの、やり場のない焦燥感を彼女達の体に吐き出していた。そんな中、一人の少女が新しいメイドとして、その屋敷にやってくる。寡黙な上、引っ込み思案だが一生懸命仕事を覚えようと働いているその姿を見た青年はほかのメイド達と違った清楚さをその少女に感じ、ある種の親近感を持ちかけていた。しかし、ある晩、青年の寝室を寝間着姿で訪れた彼女が「……お情けを下さい」と言ってしまった事で、運命は変わってしまう。「この女もほかの女たちと一緒だ!私の財産が目当てなんだ!」それから青年は昼夜を問わず、彼女の体を弄び悦楽の極みにつれていこうとする。彼女の名前は『シャルロット』、蕾からその美しさをほころばせ始めたばかりの少女であった―――。

悪の女幹部
時は現代。突如として月に現れた王国“グレート・ルナリアム”(以下G・ルナリアム)の侵略から地球を守るため、“十五夜つきみ”“十五夜まりあ”の正義の姉妹ヒロイン“シルバスター”が立ち上がった!主人公の“カツマ(※名前変更可)”はG・ルナリアムの幹部である。女系国家G・ルナリアムでは強さと階級は生まれながらに持っている“月の紋章”によって決まる。紋章の格が低く、数少ない男であるカツマは女幹部たちにこきつかわれる立場にあった。命令されて戦場に出ればシルバスターに打ち負かされ、戻れば女幹部たちにどやされる。そんな日々を送っていた。ある日、何度目かわからないシルバスターとの直接対決の途中、6人の女幹部たちが現れ、カツマごとシルバスターを罠に陥れてしまった。気づいたときには、カツマは見知らぬ場所でシルバスターの片割れ十五夜まりあによって介抱されていた。まりあもダメージを受けたことによって変身が解除され、一人放り出されてしまったのだった。敵であるにもかかわらず、命を助けてくれたまりあの優しさにカツマは心を惹かれ……というようなこともなく、据え膳食わねば男の恥と、まりあを押し倒してしまう。そのとき、まりあと交わることでカツマの眠っていた能力が目覚めた。特殊能力“エンブレム・スティール”と呼ばれるその力は、イカせた相手から『月の紋章』を奪うことができるのだ。紋章の格で階級が決まるG・ルナリアムにおいて、相手の紋章を奪えるこの力の価値は計り知れない。自分の持つ素晴らしい能力に気づいたカツマは、すぐに自分を陥れた女幹部たちへの復讐を思いつく。この力を使えばあの忌々しい女幹部たちを屈服させることができる……!カツマはまりあを丸め込み、今後は正義のために裏から情報を流すと約束する。すべては計画を実現させるために……。

エルフの双子姫・ウィランとアルスラ
人間やエルフなどの様々な種族が住む世界。その大陸では人間が支配する国とエルフが支配する国が永い間対立をしていた。しかし、血で血を洗う戦乱に嫌気が差した双方の国王が、和平交渉のためにお互いの跡取りを政略結婚させることになる。そして、エルフの国の双玉として名高い王女姉妹のうち、姉のアルスラが人間の王子の下に嫁ぐ途中に、警備に当たっていた妹の聖騎士・ウィラン共々、何者かに誘拐されてしまう!それぞれ、相手の責任だとして殺気立ち、徹底抗戦も辞さずという流れのなか、新たな「第3の勢力」として魔物の軍勢が出現する!果たして、エルフの美人姉妹を誘拐していたのは、この世界で「あいのこ」として蔑まれている種族(ハーフエルフ)のダージュ(主人公)だった。彼女達を誘拐し陵辱調教しようとするこの男の目的は?魔物の軍勢の正体とは?平和を迎えるはずだった大陸に、いま再び戦いの嵐が吹き荒れる!





〜 インターネットでキャッシング 〜 キャッシング・ローン比較

動画 アダルト動画 ライブチャット