アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
快楽傀儡(カイラクカイライ)〜風見涼香〜
進学校に通う主人公:小坂匡平(おざかきょうへい)。今年、受験を控えているのだが美人揃いのクラスメイトたちに色気づいてしまい学業に身が入らないでいた。ある日、クラスの女子を眺めていたところを女子たちに非難され、憤りと性欲で悶々としながら帰路についていると不意に足をとられる。原因と思しき場所へ視線を向けるとそこには不気味な人形が転がっていた。初めは恐れおののいていた匡平だったが意を決して触れてみると見た目に反して柔らかさのある人形……もしやと思い足を開いて股間を調べると穴が開いていた。「ラッキー!穴が開いてるじゃないか!ってことはこれ……ダッチワイフとして使えるってことだよな?」先ほどまでクラスメイトで性的な想像をしていた匡平は人形を持ち帰ってみることに。持ち帰った人形をさらに観察していると背中に小さな蓋があるのを発見する。開けてみると取扱説明書が入っていた。

快楽傀儡(カイラクカイライ)〜桃川雛子〜
進学校に通う主人公:小坂匡平(おざかきょうへい)。今年、受験を控えているのだが美人揃いのクラスメイトたちに色気づいてしまい学業に身が入らないでいた。ある日、クラスの女子を眺めていたところを女子たちに非難され、憤りと性欲で悶々としながら帰路についていると不意に足をとられる。原因と思しき場所へ視線を向けるとそこには不気味な人形が転がっていた。初めは恐れおののいていた匡平だったが意を決して触れてみると見た目に反して柔らかさのある人形……もしやと思い足を開いて股間を調べると穴が開いていた。「ラッキー!穴が開いてるじゃないか!ってことはこれ……ダッチワイフとして使えるってことだよな?」先ほどまでクラスメイトで性的な想像をしていた匡平は人形を持ち帰ってみることに。持ち帰った人形をさらに観察していると背中に小さな蓋があるのを発見する。開けてみると取扱説明書が入っていた。

我慢できない!ふたなりミルクメイド
時は中世、ふたなりが存在する世界。ふたなりメイドのエッチぃミルクを使用人である主人公は毎朝搾っていた。ふたなりのおちんぽミルクをコーヒーに入れると、甘みが増して美味しくなるのだ!明るく素直な「イルマ」と、強気でプライドの高い「ロミーナ」。ふたなりの持つ天性のスケベさを生かして家主様やご子息様に奉仕できるメイドにするのが、主人公に課せられた重要な役目!!だけどやっぱり男に犯されるのは心配な様子。鋭い観察眼で内面を探りながら飴と鞭を使い分け、エッチなことに導いていく。するとふたなりちゃんの「お○んぽ&処女ま○こ」、さらに「大きなおっぱい」からも大量のミルクが放出!あの手この手の優しい調教でふたなりメイドをもっと淫らに飼いならしていく日々が始まった…

秘密
最初は、ただ単に、放課後に仲の良いグループでお喋りを楽しんでいたと思っていたのだが、実は……今、手元にはいたずら書きされた学生手帳と、イジメに遭っているのであろうという場面の写真。これはこの間、新しい赴任先の学園へ挨拶をしにいった帰りの校舎散策途中、とある教室で少女が落としていったモノだった。声をかける隙も与えず、思い詰めた顔をして去っていった少女。最初はただ単に、学生手帳と写真を返してあげるだけだった。主人公は、学生手帳の連絡先から、持ち主と思われる携帯番号に電話をかける『あの、君のと思われる学生手帳と……写真を拾ったんだ。返してあげたいからさ…………』少女 「……解りました、先生の自宅へお伺いします……」そして、俺は………

楔 〜くさび〜
時代は現代。引きこもりがちな息子に親が与えた、人里離れた山奥にある山荘。そこで主人公は父親の元秘書だった女性「霧島 香織」と二人きりで生活していた。ある日、滅多に現れない父親が、主人公のもとにやってきてこう言った。「今日は手土産に手頃な年頃の娘を用意してきたぞ、好きなようにしろ。気が向いたら又持ってくる」それから父親は、たまに思い出したようにして娘達を連れてくるようになった。父親が何故最近になって自分に接触するのか、何故娘達をあてがうのか。だが、理由は聞かない。「俺は俺で、好きなようにするだけさ」そして主人公は、父親から貰い受けた娘達を自分の好きなように調教してゆく……。

ツゴウノイイ彼女〜Hカップいいなり服従委員長『遥』〜
ふとしたキッカケから、不良にからまれていた遥を助けた主人公・佐渡尊。そのことで、教師であり恩人である尊に恋心を抱いた遥は、尊からのアプローチもあり恋人関係になる。しかし、親の躾けが厳しいため、男女間の付き合いは初めての遥にとって、“恋人”は想像できないほどハードルが高かった。子供のような付き合いしか理解できない遥に、尊は大人の付き合い方を教えることになるのだが……。

ツゴウノイイ彼女 Iカップ甘えさせ癒し系上級生『夏音』
尊が昔所属していた水泳部に在籍する夏音。彼女に近寄る男どもが多数いたが、日々、水泳部のコーチである尊に追い払ってもらっていた。夏音自身、いい寄る男には興味もなかった。何故なら、夏音は尊に対して昔から秘めた恋心を抱いていたからである。ある日、学園で2人きりになった夏音と尊。尊は夏音に対し冗談半分にセクハラ行為をするも嫌がる気配がない。嫌がらないなら……と、行為をエスカレートしていく尊。それでも嫌がらない夏音は、「だって先生のこと好きですから」……と尊に告げるのであった。その日を境に男女の仲になる2人。しかし、付き合いだしてからも他の女子たちに手を出すことを止めない尊。それでも天使の微笑みで甘やかし放題な夏音。はたして2人はツゴウノイイ関係になってしまうのでしょうか?

ツゴウノイイ彼女 Gカップツンデレ下級生『瑠璃子』
学園では教育実習生と教え子――バイト先では先輩後輩の仲である尊と瑠璃子。バイト先で、DQN客やナンパ客からたびたび助けたり、仕事のフォローをしている間に、瑠璃子に懐かれるようになっていった。だが、尊自体は、未成熟で女性らしさを持ち合わせない瑠璃子を内心「ウゼえ」としか思っていなかった。ある日、瑠璃子をストーカー気味な客から守った際に「恋人のふりをして欲しいんだ……」と言われる尊。だが、ガキが嫌いな尊は、即答でNO。瑠璃子にとっては予想外の返事だったようで、「ガキだ!」「大人だ!」と不毛な口論になってしまう。瑠璃子は売り言葉に買い言葉で、「私は大人の女だし。しょ、処女じゃないし!!」の一点張り。「……それなら、セックスしようぜ!大人の女なんだろ?大人の女ってのが分かったら付き合ってやるよ」尊からの誘いに乗ってしまう瑠璃子。瑠璃子と尊の、ツゴウノイイ関係が今、始まります!

ツゴウノイイ彼女 コンプリートパック
教育実習生として数年ぶりに懐かしの母校に戻ってきた主人公。そこで、出会う3人の魅力的な教え子。担当クラスの委員長である優等生「遥」もともと自分が所属していた水泳部の後輩「夏音」現在のバイト先での後輩である「瑠璃子」やがて彼女達と付き合う事になる主人公。一途に注がれる彼女の愛情。はたして彼女たちとの関係は、都合の良い身体だけの関係か?一人の女性として真摯に付き合うのか…それは貴方次第なのです。はたして、彼女たちとの関係は、都合の良い身体だけの目的なのか、一人の女性として真摯に付き合うのか…それは貴方次第なのです。

恋愛リベンジ
付き合っていた彼女とヒドイ別れ方をし、女性に苦手意識を持つようになった主人公『楠ノ木優希』。そんな彼の住む街が、都市開発の一環として積極的な恋愛を奨励する条例、その名も『恋愛推進条例』を制定することに!さぁ、少年少女よ!恋をしなさい!!愛を育みなさい!!青春を謳歌なさいッ!!日常の変化を望むなら、そのチャンスを自らの手でつかみ捕りなさいッッ!!!恋愛推進条例、施行開始―ッ!条例により『恋愛指定都市』と生まれ変わった都市。更に、『恋戦イベント』という男女の仲を発展させるイベントまで発案され大ピンチに!!優希は幼馴染のほのかやクラスメイトの鈴達による助けを借りて、新たな恋を目指すことを決意するのだが……。

昼は別の顔
主人公は、高校卒業後引きこもり、インターネットに没頭しアングラサイトを運営していた。毎日夜な夜な書き込まれる掲示板やメールのレスで一日ほとんどを潰していた。そんなある日、汚らしい古書を手に入れる。ヘブライ語で書かれた本は、店主に寄れば千年も前の美術品の部類に入る品らしい。胡散臭さにも大枚をはたいて購入する主人公。引きこもりがてら翻訳してみることに・・・。本文には「”贄”を捜し求めよ」と書かれていた・・・。馬鹿ばかしいと思いながらも、日常が少しずつ変化していく。やがて、主人公は引きこもりを止め、“贄”を探す事に没頭していく。淫猥な4人の“贄”を・・・。

罪罰
家族旅行の途中、不慮の事故で両親を亡くし、断片的に記憶を失ってしまったた主人公 鷹乃和彦。天涯孤独の身となった和彦を迎えたのは、父の知人であった五月家であった。年の離れた兄のような慎一、昔から憧れていた雅子、そして妹のような真希。そんな五月家での生活は楽しく、そして平和に過ぎてゆくはずだった……。そんなある日、和彦は五月家での生活の中で雅子・真希の秘めた想いと彼女達の痴態を目撃してしまう。そして次第に明らかになっていく失われた記憶……。さらに謎の女性の出現により、和彦の歯車は狂いだし、魔の手が五月家へと忍び寄る……。

いつか降る雪
人里離れた山間にそれは今もある……。「白亜館」……戦前に建てられた建造物としては、豪華すぎる白亜の大理石がふんだんに使われたサナトリウムで物語は始まる。白と黒の市松模様の大理石を今日も怪老は音をたて、一歩一歩歩む。彼は狂った半生をたったひとつの為に捧げてきた。しかし、それもまもなく終焉を迎える。(そう、まもなく愛しき人に出逢える……)彼は足を止めると、ひとり薄暗く湿った地下室で笑った……。男は乗客のいない車内で命溢れる山の緑を眺めていた。最初、若々しい新緑に感嘆を漏らしたが、いい加減飽きてきたところだった。(今日から勤めるサナトリウムはどんなところだろう…どんな患者がいるのか…?)そんな思いを乗せ、一両編成の電車は古びた無人駅に辿り着こうとしていた……。

でもんず げ〜と
悪魔を封じ込めたデモンズゲート。それを解放出来れば、魔界から人間界への侵攻は容易い。人間界に神が実体化していない現在、大魔王ベリアルは人の世への再侵攻を画策した。だがゲートの解放方法に問題があった。ゲートは人間の巫女の体内にあるのだ。しかもそれは、巫女が自らが望んで処女を捨てなければ開く事は無い。大魔王は、神の監視の目を欺いてゲートを開く為、巫女の身近な人間に憑依させる悪魔を人間界へと送り込んだ。魔界の貴公子ロシエルと女悪魔のリリム。二人は兄妹として巫女の神戸志乃の家に居候する事となり、毎夜志乃を淫蕩へと誘うべく奮闘するのであった。

ひなたぼっこ
自宅から、少し離れた大学に通う学生、速水 夏樹。三年前に両親を亡くし、その後を義妹の小春と二人で生活していた。大学の方は三年目にして、卒業に必要な単位はほぼ取り終えている。そこでふと、無為に過ごしていた二年間に気付く。それは両親を失ってから、久しぶりに自分自身について考えた瞬間でもあった。大学にきた目的も忘れかけていた夏樹は、残りの二年という時間を、少し自由に使ってみようと決意する。とはいえ、簡単には目的を見つける事の出来ないある日、夏樹は学園時代の恩師に出会う。今は、教職を離れた柊 日向は、実家で喫茶店を営んでいた。人手の足りない喫茶店で、バイトを申し出る夏樹。それは恩返しと、胸に残る初恋の残滓。突然の夏樹の行動に、戸惑いを隠せない義妹、小春。そんな兄妹を、優しく見守る友人たち。都会から、少しだけ離れた静かな街で、物語は動き始める―

スクールぱにっく!
学生会会長によって復活した厳しい校則により、窮屈な生活を送る主人公たち。そんな厳しい校則から逃れる方法が一つ…「こ〜そくシステム」校則を変えようという男女がペアとなり一定期間の生活を共にしながら、学生会より出される試練を乗り越えるのだ。さて、衣食住が完全共同になる苦境(?)を見事にクリアし主人公、そしてペアになった女の子は校則を変える事が出来るのか?

雪語り。
私立常盤学園に通う二年生、新見孝志は、雪女の伝承が残る「姫神山」で行われるスキー教室に参加することになった。雪道を走るバスに揺られ、目的地の姫神山が見えてきた。すると孝志は、初めて訪れる場所にも関わらず、何処か懐かしいような、例えようのない不思議な感覚にとらわれる。バスはそんな孝志のことなど知る由もなく、目的地に向かってひた走る。そして、現地に到着した孝志は、気分を取り直して白銀のゲレンデを初挑戦のスノーボードで滑り出すが……。

ねがいの魔法。
『まなぶくんの“おまじない”って、ほんとうにすごいねっ!』幼い昔……“おまじない”は本当にあると信じていた。“おまじない”は小さな魔法。 ちょっとした願いなら、かならず叶えてきた。それが幼い頃の小さな誇り。そんな少年時代から、10年以上の歳月が流れ 今では“おまじない”のことも、過去の記憶になりつつあった頃。学園最後の夏休み。のんびりと流れていた筈の時間は、知らぬ間に加速していた。――クラスメイトの転校。――隣に引っ越してきた同級生。別れと出会いをきっかけに、気になり始めた女の子たち。彼は、忘れかけていたモノを試そうと考える。果たして“おまじない”の力は……彼女との未来へ導いてくれるのだろうか?

彼の為に出来ること
真城沙綾は滝川春と付き合っている。しかし彼がひどい虐めにあっていることを知り、何とか助けてあげたいと思った。彼女は、虐めをしているグループの男たちに言った。「もう彼を虐めないで。私はどうなってもいいから」と。彼女は知らなかった。この年齢の男たちが、女性に対してどんな欲望を渦巻かせているのかを……そして男たちの暴欲は、沙綾だけに留まらず、彼女の姉妹たちにまで魔手を伸ばし始めた。

催眠淫行 〜もう一人の淫らな私〜
男の告白を断った、一人の女の子がいた。彼女は清純で大人しい子で、告白を断ったのも、彼女なりに悩み考えた結果のことだった。だが、男は彼女に逆恨みをした。「僕の想いを断るなんて許さない……。そんな女は、誰にでも股を開く“淫乱”のレッテルを張られてしまえ!」彼は“催眠術”という特殊な力を使い、彼女にもう一つの人格、『淫らな人格』を植え付ける。その人格は彼女の知らないところで発現し、たびたびイヤらしいことを繰り返す。やがて彼女は知らぬ間に、周囲から性的な視線を向けられるようになっていった……。

淫欲操作 〜密室での性欲実験〜
隔離された密室。その中に多数の男と、1人の美少女が閉じ込められていた。彼らは何の説明もされず、とつぜんこんな場所に連れてこられて、監禁されていた。そこで同時に開始されるのは、一つの生体実験。『隔離された密室の中で、男はいつまで性欲を抑えられるか』というもの。密室の中では定期的に、男の性欲を刺激するような映像が流される。男たちは最初の内は、みんな女性に気を遣い、不安にさせないようにしているが、次第に邪な気持ちが膨らんでいく。日々揺さぶられる性欲。その中で、寝食を同じ部屋で共にしている美少女がいる。やがて男たちの理性は限界を超え、この狭い密室の中で、秩序が崩れていく。

繁触学園 〜少女達を餌に繁触が始まる〜
草華部女学園は突如、謎の巨大な「モノ」に喰われる…。学園の周囲は肉襞の壁に覆われて、無数の触手が少女達を襲う…。突然起こった異常事態にパニックになり、少女達は無残にも触手に生け捕りになり犯される。静寂の中に女を犯す淫らな音があちこちで聞こえる。男は1人残らず虐殺され、女は触手の苗床となりひとり残らず犯された。肉襞の壁は少女達を犯すと膨張し、ついには学園を押しつぶす勢いで、学園を覆い尽くす。奇跡的に生き残ったヒロイン達。触手は尚も学園内に、魔の手を伸ばして、少女達を捕まえては犯し続ける…。静寂の世界で聞こえてくるのは人であった雌達のアエギ声のみ…。そして触手生物はあらたなる進化を遂げる。果たして終わる世界で彼女達が見たものとは…。こうして、喰われて、触手の姦獄となった学園からの脱出劇が始まった…。

寝取られ彼女 〜義父の肉棒を咥え込む、愛する俺の彼女〜
サッカー部のエースとして活躍している青年、冬夜。母親の再婚を機に転校してきた従兄妹の少女、秋文乃。幼い頃より思い続けていた冬夜と秋文乃は、再会を機に付き合い始める。ある日、怪我をして保健室に向かった冬夜は、養護教諭の雪峰閏夜から秋文乃の母と結婚したことを告げられる。彼は秋文乃の父親になっていたのだ。気さくで優しいと評判の彼ならば安心できる、そう思っていた。学園からの帰り道。長年の思いを遂げ、恋人として初々しく歩く二人。新しい家族、大好きな恋人を手に入れ、幸せそうな秋文乃。しかし、冬夜は全てがうまく行き過ぎて逆に不安を感じていた。所詮は杞憂。秋文乃を思うばかりに心配性になっているだけだ。そう思い、憂いをはらう。気がつくと分かれ道。幸せな時間はあっという間に過ぎ去っていく。もっと一緒にいたい……。思いが重なった二人は別れ際に初めてのキスをする。また明日も明後日も、その先もずっと今の幸せが続くと、そう信じて。その影で秋文乃に劣情を抱く存在がいるとも知らずに。順調だった二人の幸せは、音を立てて壊れようとしていた。

快楽恥帯 −謎の性物に汚された街−
西暦2012年10月20日、人類は死滅した──昨日10月19日、人類は空想上の生物だと把握していた地球外生命体、政府の呼称通称「EBE(イーバ)」と交流した。東京市の上空に円盤が出現し、人類は未知との交流に心を踊らせた。しかし、円盤から光の波紋が広がったと思うと、水は蒸発し、木は枯れ、人類の大半は一片も残らなかった。一面灰色の絶望の世界──それが今の私達の世界だった。東京市は一瞬で、壊滅地帯となってしまった。そんな中で生きている人間がいた。私達、つまり若い女性だけである。生きているという表現は語弊かもしれない。ここでは、女性は奴らの性奴隷なのだから……。もう、東京に人類と呼べる物はいない……。私達の世界は1日にして、快楽恥帯と化した──

性騎士アテナ ―メス豚へと堕ちる戦女神―
現在、プロトエオナス大陸最大の王国パロンと帝国テロスは対立状態である。戦争において通常戦力では勝ち目は無い帝国テロスには秘策があった。工作部隊を派遣してアルヒ王国の主戦力である聖騎士団の騎士を何人か拉致したのである。大陸最大であるが故、国民の顔色を伺い下手に仕掛ける事が出来ないパロン。その結果としてパロン王国は騎士達を見捨てる事になった。テロスに捕まった騎士は自害を封じられ、敵の戦力として調教されようとしていた。しかし清き騎士の誓いは凄まじい物で、どんな拷問にも耐えていた。テロスは騎士の戦力化を諦め、捕虜の騎士達は処刑されようとしていた。そんな中テロスの調教師レオハルトは提案を出す。「騎士ではなく晒し者としてパロンの指揮を下げましょう」それは騎士を戦士ではなく女として調教し、パロンに晒すという刳い提案だった。その任を任されたレオハルトは、早速騎士達の調教に取り掛かるのだった。

姦獄女 −脱出不可能の淫辱施設−
絶対に脱出不可能と呼ばれている監獄島がある。かつての重犯罪者達が投獄され、今まで何人もが脱獄しようとしたが、無数の厳重な警備、及び島という事もあり、全て失敗に終わる。この監獄からの脱出は不可能だった。投獄者達は脱出を諦め、代わりにある計画を立てる。脱出が無理ならば、看守だけでも屈辱を与えて死のう──という自殺めいた計画である。3年後──ついに計画は実行される。投獄者はグルとなり、音もなく鍵を開けて檻から出ると、巡回中の看守を刺殺。各設備を研究し尽くした投獄者らは、僅か1時間程で監獄島を制圧。しかし船もなく、陸まで30kmの海が広がっている。脱出はやはり不可能だった。投獄者達は監獄島内に戻り、数少ない女である看守を縛り上げる……脱走不可能な監獄島は、脱出不可能な姦獄施設に変貌した──

魔法少女ホーリープリンセス!
私立夢見学園に通う二人の美少女、山ノ辺麻耶と川神優菜。ある日、二人は「ドリームランド」からやってきた妖精・ルルと出会う。ドリームランドは人間の夢や希望を糧になりたっていた。しかし、悪の組織「マーダクア」と名乗る組織が、人間の夢と希望を奪おうと企んでいた。ルルは麻耶と優菜を魔法少女に変身させ、マーダクアと人知れず戦っていた。しかし、マーダクアの幹部・マッドサイエンティストの「クラーク」が二人の前にあらわれる。クラークは自分が開発した触手で二人を調教し、自分の部下にすることを企む。クラークの調教に耐え、二人は悪の組織を打ち倒すことができるのだろうか!?

家族崩快-目の前で奪われていく俺の家族-
優しい父、優しい継母、可愛い妹。そして、自慢できる優しい姉……贅沢もできないが、とりとめのない普通の毎日を暮らしていた、主人公。しかし、父親の会社の突然の倒産。残ったのは多大な借金……借金を返済するために、主人公のクラスメイトの所に奉公に行くことになる、主人公達家族。しかし、それは主人公の姉を手に入れるためにクラスメイトに仕組まれた策略だとは気づきもしなかった……

くノ一葵、悪ニ堕チル
時代の正義を影から支える女性の忍者『くノ一』そんなくノ一の3人チームである『影花組』影花組のリーダー「右京葵」は、現在、潜入対象の屋敷である黒川代官屋敷に潜入していた。しかし葵は、捜索対象、黒川魔桜の娘である「黒川魔耶」に捕まってしまう。奥歯の毒を抜かれて自害も出来ず、葵は魔桜に処女を散らされ、魔耶の手により拷問を受け続けた──。一方、影花組の「服部椿」と「猿飛篝」は、葵が期間内に帰還しない事で任務は失敗だと諦めていた。そして椿と篝の元に、葵から情報を聞き出した魔耶の手が迫る──

絶頂成長!魔法少女ハルカ
2人の選ばれし魔法少女、ハルカとリノ。今回も2人の華麗な活躍により怪人を倒し、暗黒組織「アビス」から尊い平和は守られていた。一方、アビスの幹部で脳筋なスタークは、部下のデーモンに命令して異世界から「カオス」と呼ばれる化物を大量に召喚させる。召喚したカオスに魔法少女を襲わせ、女として屈服させようとするスターク。魔法少女は淫らな力で強くなると知らずに──かくして20XX年、世界は異種に包まれた。犯されながらも進め!魔法少女達!





〜 車検一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット