アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
せんせいあのね… 〜寝取られ少女と放課後の体育倉庫〜
「鈴原ゆい」は、クラス担任である主人公とこっそりお付き合いをしていた。ある日ゆいは、体育教師の「東郷」に呼び出され、誰にも内緒だった主人公との早朝デートの写真を見せられ脅される。みんなにバラされたら主人公と離れ離れになってしまう――『わ、わたし……何でもいう通りにするから……』何でも――幼さゆえに、その本当の意味を理解していないゆいは、そう東郷に約束してしまう。混乱するゆいに構うことなく、性的行為を強要する東郷。主人公のために言われるがまま、身体を開発されていくゆい。そしてまた、少しずつ様子がおかしくなっていくゆいに対して、主人公はしだいに不信感を抱いていく……。

魔法姫士アリカ&リン
愛彩ありかと鈴倉りん。2人は仲の良い親友。日々、平和な日常生活をおくっていた。しかし、そんな2人の前に突然現れた異星人たち。彼らは『食事』と称して女の子たちを凌辱し、快楽から得られる生命エネルギーを集め始める……!そんな異星人たちを止めるべく、同じ異星人であるモルルから彼らに対抗しうる力を託されるアリカとリン。人々を守るため、魔法姫士として変身したアリカたちと異星人との闘いが今始まる!

巨乳魔王の敗北 〜勇者にヤられた魔族の女王と姫君〜
人類は、強大な力を誇る女――魔王によって支配され、家畜としての日々を過ごしていた。そんな折、ひとりの勇者が現れ、並み居る魔物を打ち倒し、魔王と対峙する。「よく来たな……この時を待ちわびていたぞ、勇者よ!」「勇ましいのは結構だがよ、コイツの命がどうなっても構わねぇのかい♪」しかし魔王は、ひとり娘――姫君を人質に取られてしまい、勇者の言いなりにならざるを得なくなってしまう。かくして魔王とその娘である姫君は、外道な勇者の卑劣なクエストによって、その身と心を踏み躙られる事となるのだった。

巨乳大魔王のドスケベクエスト
長く苦しい旅路の末、魔王へと決戦を挑んだ少年勇者は、圧倒的な力の差によって、敗北を喫してしまった!「んっふふ〜ン♪魔王サマに歯向かったらどぉなるか、ナマイキな勇者クンを堕として、人間どもへの見せしめにしてあげないとねぇ……♪」「くっ……やっ、やめろぉっ!魔王め!いったいボクに、ナニをするつもりだ――ああっ!?」かくして、ドスケベでエロエロな魔王サマによる、少年勇者クンへの、エロ堕ちクエストが開幕するのであった。

エンコーJKとサポおぢさん ラヴパコ放課後ぶかつどう
Hがダイスキで、お小遣い稼ぎのエンコーを楽しむJK、ギャルな“玲於奈(レオナ)”と清楚系の“まゆ”は、夜の繁華街で、中年へと差し掛かったサラリーマンのあなたと出会う。「ねーねー、お・ぢ・さん♪」「わたしたちと、えっちシよっ♪」ラブホでの制服セックスに始まり、私服やコスプレはもちろん、挙句の果てには、ゴム無しの生ハメもおっけーしたりと、身体だけじゃなくて心も通わせていって…?癒やしとえっちに満ちた、ラヴでパコなエンコーストーリー♪

爆乳人妻メード 〜癒され乳母孕ませの館〜
莫大な遺産を継ぎながらも、心は満たされないでいた小説家『向野清一郎』。ある日、ふとした拍子に古くから仕えるメード『早房美和』に接近してしまい、憧れであった彼女に対し女性であることを意識し始める。そこに継母である『向野紗雪』は有り余っていた母性と、持て余した性欲もあってか、母親でありながら美和に対抗心を持って清一郎に接し、やがて2人はそれぞれ清一郎と肉体関係を結んでしまう。禁断の行為はエスカレートし、やがて妊娠へ…キケンで甘美な毒が回っていく向野家の行方は……?

ちびパイア! 〜吸血姉妹とエッチでビッチな同棲性活〜
夢もない。彼女もいない。このまま一生モテることもなく寂しく一人で生きていくのだと、全てを諦めていた主人公。そんな彼が、倒れていたところを救った少女は……吸血鬼!?『お、ねがい……ちゅー、させてほしい、の……』言われるがままに血を吸わせた瞬間、主人公の中から、異常なほどの性欲が湧き出してくる。そう、吸血鬼の唾液には、性欲を高める効果があったのだ!!彼女の妹だという、もう一人の吸血鬼も家に押しかけてきて、吸血鬼姉妹との同棲生活がスタート!二人のちっちゃな吸血鬼に囲まれて、彼の明るい性生活が始まります。

妹アナル 〜恋するHなピンクのつぼみ〜
田舎で一人暮らしをする主人公『鷲一』のもとに、8年間離れて暮らしていた妹『千鶴』が、従妹の『スワナ』とともにやって来た!男一人、田舎の一軒家では不便だろうということで、身の回りのお世話をしに来たらしいが、本当は大・大・大好きな兄に猛烈な恋のアタックをするためだった!昼夜を問わずグイグイ迫ってくる妹たちに、困りつつも嬉しい鷲一だったが、いくら可愛い妹でも……いや、妹だからこそ肉体関係を結ぶ訳にはいかない!そこで彼が編み出した苦肉の策は…?

爆乳温泉 〜淫乱女将悦楽の湯篇〜
代わり映えしない毎日の生活に嫌気がさしていた主人公『名黒誠二』は、以前宿泊したときに目を付けた女将『江永百合絵』のことが忘れられず、彼女を墜とすべく万全の態勢を整えて、長期滞在を決め込み、あの手この手を駆使して豊満な肉体を持つ女将を手籠めにしていきながら、さらに、他の妖しい宿泊客『大善稜子』と新妻『笠崎木霊』にも手を出す!?爆乳桃色温泉遊戯は危険な方向へエスカレートしていく!

淫シリーズ 淫触痴漢電車
物語は、主人公である亮輔が痴漢をされている女性を見つけたことから始まる。ところが、この女性はなぜか抗おうとしないのだった。不思議に思った亮輔は自ら痴漢行為に及ぶが、やはり女性は明確な意思表示をしない。他の女性もそうなのだろうか―そう考えた亮輔は、次ぎに気の弱そうな少女に痴漢行為をしてみるのだった。が、少女もまた嫌がらなかった。それどころか、意図的とも取れるような形で生徒手帳を落とし、立ち去った。悦んでいるのか、誘っているのか…。さすがにそれはないだろうと思いつつも、亮輔は淫靡な行為に嵌っていくのであった。

淫シリーズ 淫縛●●調教
監禁とは何か――。中吊り広告にあった見出しの一文は、亮輔の興味を引くのに十分だった。そう、その手の事件は表沙汰にならないものの、後を絶たない。世間を騒がせているそれは、なぜ人を魅了して止まないのか。亮輔は考えていた。今の自分であれば、やってやれないことはない。そうだ、やってみればいいのだ……。なに、何年も監禁しようってわけじゃない。次第に従順になっていく美佳。どことなくいとおしさも沸き上がる。だが全ての相手がそうとも限らないようだ。問題はサキだ。どうすれば彼女を落とせるのか。亮輔は策を巡らせ、深みに嵌っていくのであった。

淫シリーズ 淫辱淫肛開発
肛門。その淫靡な響き。なかなか意に従わないサキに対し、亮輔はなにか良策がないかと模索していた。とことん辱めるべきか。そう考えた亮輔は性器に続きサキの肛門を開発することにした。手伝わせた美羽の方はアナルに強い興味を示し、ついには肉奴隷になることを自ら望んでしまうほどであった。しかし、やはりサキの方が落ちきらない。だがそんな折り、サキが実弟を可愛がっているのだということを知り……。そう、自分が義姉を犯したいように、実弟とはいえ弟は姉に対し恋慕しているのだった。これは、使える――。近親相姦と肛門開発。弟たちは沸き上がる性欲を抑えきれなかった。

淫シリーズ 淫乱露出調教
兄嫁は堕ちた。きっかけなど些細なものだった。義姉のバイブを見つけてしまったのだ。使った形跡もなければ本人の物ですらないようだが、利用できるものはなんでも使ってしまえ。そしてそのきっかけさえ掴めれば、後は亮輔の独断場である。もとより墜としたかった兄嫁、そして新たに犯されることになる芳野千景。見られ、注目されることに情欲を隠せない美佳。自分が淫乱であることを本人に認めさせなければ。認めれば、人はさらに貪欲になるはずだ――。他人の前で、他人に見られながら犯される快楽。女たちは抵抗を示しながらも、しかし次第に亮輔との肉欲に溺れ、自分の気持ちを誤魔化せなくなっていくのだった。

淫シリーズ 淫獄公衆●●
肉欲。堕ちた兄嫁は、それでも肉欲を否定しようとし続けた。だがそれは、亮輔の思惑通りであった。恥じらい、抵抗を続けながらも一度ペニスが体内に侵入すればイヤでもよがってしまう身体。弟に犯され希望を失ったサキはやられるがまま。対して美羽は喜んで男達をその肛門に次々と受け入れていく。そして沙耶――。精神的には抵抗感があるものの、それでも見ず知らずのペニスに欲情し、自らの欲望に負けてしまう媚肉へと拡張されていく。

淫シリーズ 特濃生中だし
そしていよいよ状況は大詰めへと差し迫った。亮輔のペニス無くして日常生活を送れないほどに肉欲の味を占めた沙耶は、大輔の誘いを遠回しに否定しだした。だがそこへ、子供を作らないかと誘われてしまうのだった。それは亮輔にとって、またとない機会だった。そうだ、兄がそれを望むなら、妊娠してもらうのもいいだろう。執拗に亮輔にこだわる美羽の一方で美佳はすでにペニスがついた男なら誰でも良さそうな肉奴隷へと変貌を遂げており、千景は生徒達の慰みものへと身を落とし、サキに至ってはもはや……。男達の様々な欲望が交錯する中、雌肉はただ、そのペニスを貪るばかりであった。

姉さんのカレシ
季節は、初夏。主人公は自慢の姉・姫川伊織と、幼い頃からの親友・田上星児とともに、平凡ながらも楽しい学園生活を送っていた。理想の異性として姉を強く意識しつつも、同時に、決して手が届かない存在なのだと諦めかけている主人公。弟に好意を寄せながらも、彼の将来を案じ、その想いを決して表には出そうとしない姉、伊織。資産家のひとり息子として生まれながら、歪んだ家庭環境で育ったため愛情に飢え、伊織に邪な感情を抱いている親友、星児。それぞれの心に歪みを抱えた3人は、それでも表面上は仲良く、良好な関係を続けていた。ところが、夏休みを間近にしたある日。そんな3人の関係に変化が訪れる。主人公の部屋を訪れようとした伊織は、偶然にも、彼が自分をオカズにしてオナニーをしている場面を目撃する。彼に自分への気持ちを諦めさせることは出来ないか……苦心の末に彼女が導き出した答えは、男女交際の経験が豊富な星児にそれを相談することだった。子供の頃から伊織を自分だけのものにしたいと考えていた星児は、彼女の相談に乗るフリをして自分の欲望を遂げようとする。「弟の将来のため」と言葉巧みに伊織を説得した星児は、一ヶ月間という条件のもと、彼女に自分との交際を認めさせる。こうして、恋人としての交際を始めた伊織と星児。主人公は伊織の弟として、星児の親友として、2人の仲を応援しようとするものの……次第に彼好みに染められていく姉の姿に、悶々とした日々を過ごすことになる。そんな主人公への当てつけのように、星児による伊織への「恋人レッスン」は次第にエスカレートしていくのだった。

いけない子作り
8月……夏休みの終わりまで、残り1週間ほどに迫ったある日。親友の家に泊まりに来ていた主人公・高階律≪たかしなりつ≫は、ぷにぷにとした太股の感触に目を覚ます。「ふふ、ごめんなさい、起こしちゃった?」膝枕をしたまま、柔らかく、無防備な笑顔を見せる女性の名前は、鷺宮由良≪さぎみやゆら≫。律にとっては幼い頃からの想い人であり、親友、昌樹≪まさき≫の母親でもある女性だった。由良への想いを胸の内に秘めたまま、これまで悶々とした日々を過ごしてきた律。しかしこの日、彼は偶然にも、寝室でオナニーをしている由良の姿を目撃してしまう。「ごめんね、りっくん……はぁぁ、おばさんを、許して……」夫との性生活がうまくいっていなかった由良は、下着に染み付いた律の精液の匂いを嗅ぎ、絶頂する。興奮した律は寝室に駆け込み、そのまま彼女に想いを告白。由良は突然のことに驚きつつも、その真剣さにうたれ、一度だけなら、と彼を受け入れてくれるのだった。好きな人との、初めてのセックスに夢中になる律。行為が終わった後も、由良への想いをあきらめきれない律は、彼女にひとつの提案をする。「旦那さんが出張から帰ってくるまでの間、1週間以内に、由良さんを妊娠させてみせる!」もし、それが叶わなかったら、この日のことはすべて忘れる――この無茶な提案を、由良は悩んだ末に受け入れる。こうして、2人の“いけない”子作り生活が幕を開けるのだった。

父娘愛(おやこあい) 〜いけない子作り2〜
主人公・谷原聡(たにはらさとる)は、少しばかり性欲が強いことを除けば、ごく普通のサラリーマン。美しい妻と娘、それに待望の長男にも恵まれて、世間的には順風満帆といえる生活を送っていた。……しかし、そんな彼にも他人には言えない悩みがあった。それは、妻である夏海(なつみ)と、娘の愛海(まなみ)のこと。長男が生まれてからというもの、夏海は作家の仕事と育児に追われ、3人目を作ることには猛反対。夫婦仲は決して悪くないものの、セックスのほうはすっかりご無沙汰になってしまっていた。一方、愛海は日を追うごとに綺麗になり、大好きなパパに過剰なまでのスキンシップを求めてくる。――このままでは、近いうちに娘に手を出してしまう!危機感を覚えた主人公は、ありあまる性欲を抑えようと、毎日のようにオナニーに耽るようになる。ところが、その場面を愛海にバッチリ見られてしまったことから、事態は急変しまうのだった。両親のセックスレスと、大好きなパパの願望を知った愛海は、ニッコリと微笑んで宣言する。「パパの赤ちゃんなら、私が産んであげる!」美しく成長した娘に迫られ、ついに父娘(おやこ)としての一線を越えてしまう主人公。……こうして、父と娘のインモラルな子作りセックスライフが始まった!

母さんのオトコ
主人公・高坂慎一(こうさかしんいち)には、他人に言えない秘密があった。それは、彼の母親である瑞穂(みずほ)と、男女の関係にあるということ。表向きは仲の良い親子として振る舞いつつも、互いに愛しあい、禁断の関係を続けてきた二人。永遠に続くかに思われた母子の幸せな生活は、ある時、ひとりの男によって突然壊されてしまう。男の名は鬼沢重彦(おにさわしげひこ)。以前から瑞穂の美貌に目をつけ、母子のもとをたびたび訪れていた粗暴な男だった。母子の秘密を知った鬼沢は、それを公表しない条件として瑞穂に肉体関係を要求する。愛する息子との生活を守るため、鬼沢に身を委ねることになってしまう瑞穂。やがて彼女は、熟れたその体を鬼沢の手によって開発され、快楽の虜となっていく……。

母子愛2
主人公・瑞森一樹は、母親の雪恵と幼い頃から二人きりで暮らしてきた。美人で優しく、けれど少しだけドジな所もある、自慢の“母さん”。いつの頃からか、そんな母親を異性として意識するようになった一樹は、同時に、叶うことのないその想いに苦しむようになっていった。やがて一樹は、母親への想いを断ち切るために家を出ることを決意する。懸命に勉強した彼は、県外にある全寮制の有名進学校に合格するのだった。……それから1年と数ヶ月後。あれこれと理由をつけて一度も実家に帰っていなかった一樹だったが、親戚に諭され、夏休みを利用してついに里帰りをすることになる。ひさしぶりに帰ってきた実家。そこにあったのは、母親の変わらない笑顔と――。息子を想って自分を慰める、彼女の淫らな姿だった。

イケナイ子作り3
お隣さんのひとり娘、秋月優奈。学園で教職についている主人公にとって、彼女は大切な教え子であり、また娘同然の存在だった。ある日、主人公は息子の康一から二人が恋人として付き合い始めた事を聞かされる。息子の報告をおおいに喜んだ主人公は、父親として二人の仲を応援すると約束する。ところが、それから数日がたったある日のこと。主人公はほんの出来心から、息子の部屋でセックスをしている二人の様子を覗き見てしまう。息子に抱かれながら絶頂する優奈。少女が見せた“牝”の顔を初めて目にした主人公は、彼女に欲情してしまっている自分に気づく。二人の将来を考え、どうにかその欲求を隠し通そうとする主人公。しかし、優奈の体に刻まれた性交の痕跡を目にした瞬間―ついにその感情が爆発してしまい、主人公はなかば強引に彼女と肉体関係を結んでしまうのだった。

僕の大好きな叔母さん
美人で優しくて、しかもGカップの美巨乳の持ち主。自宅の近所に住んでいる篠田郁美というその女性に、主人公・楠木裕太は幼い頃から恋心を抱いていた。……しかし、裕太にとって彼女は“叔母”にあたる女性。しかも結婚までしている彼女に、自分の気持ちを打ち明けられるわけがない。悶々とした日々を過ごしていた裕太は、ある日、ソファでうたた寝をしている叔母の姿を見つける。ずっと憧れてきた叔母のパンツを目にしてしまい、衝動を抑えきれなくなる裕太。思わずその場で自慰をしてしまった彼は、目を覚ました叔母にそのことを知られてしまうのだった。「くす。叔母さん相手におちんちんをこんなに大きくするなんて……ユウくんは本当にイケナイ子ね」「でも、わたしはもっと悪い女ね。ユウくんにこんなに想ってもらえて、嬉しい……そう思ってしまってるの」精を終えてもまだ勃起したままのペニスをうっとりした眼差しで見つめながら、叔母はそんな言葉を口にする。裕太が思いきって自分の気持ちを伝えると、叔母は躊躇いつつも優しく彼を受け入れてくれるのだった……。

いけない子作り4
主人公・鈴谷廉は、姉の霞と東京のマンションで一緒に暮らしつつ、予備校に通う毎日を送っていた。弟である自分にだけ傍若無人な点に目をつむれば、容姿も能力も完璧すぎる姉。廉はそんな姉を異性として意識しつつも、自分の感情を素直に認めることが出来ずにいた。そんなある日、早めに帰宅した廉は自分の部屋でオナニーをしている姉の姿を目撃する。「ふはぁ、はぁ、んん……廉、廉の匂い、んぅっ……」姉は廉のパンツの匂いを嗅ぎながら、うっとりした顔をして股間を弄っている。そんな姉の姿に極度の興奮を覚えた廉は、思わず彼女をベッドに押し倒し、そのまま生中出しセックスをしてしまう。セックスの後、自分のことが好きなのかと廉に問われた姉は顔を真っ赤にしつつ、「私は廉の匂いが好きなだけよ」と恋愛感情を否定する。廉はその言葉を残念に思うものの、これからは匂いを利用して生意気な姉貴を好き放題に出来る!と喜ぶのだった。

責められて〜パック〜
主人公、橘秀一は自堕落な日々を過ごしていた。当然のことながら貯金は底をつき、家賃の支払いも滞ってしまう。そんなある日、下宿の家賃を待ってもらうかわりに、大家さんから娘、ひかりの家庭教師を引き受けることになった。気を引き締めて真面目に勉強を教えようとする主人公だが、ひかりも色んなことに興味津々なお年頃。真面目に勉強するだけで終わるはずがなく……「男の人ってどうして勃起するんですか?」「男の人って一人エッチって毎日するんですか?」と、過激な質問をして、勉強もいつのまにかHな相談へと変わっていく。可愛い容姿のわりには大胆な質問を投げかけてくるひかりに主人公は次第に劣情をもよおし、あらぬ思いをいだき始めてしまう。登場人物の倉橋ひかりは、育ちの良い清楚で大人しいお嬢様だ。そんな彼女も主人公との会話でどんどんHで、積極的になっていくぞ。家庭教師でふたりっきりという立場を利用して、ひかりをHな方向に導いてやろう!

近衛騎士ラティス
王国を滅ぼした魔王ハーネット。捕らえた姫エリーシアを、どう料理しようかと思案していた魔王のところへ、姫を取り戻しに乗り込んでくる、近衛隊長を務める女騎士ラティス。しかし魔王はラティスを返り討ちにし、これみよがしに姫の眼前で凌辱する。だが、これはまだ始まりに過ぎない。姫と女騎士。信頼し合う2人の美少女を呑み込む恥辱と凌辱の嵐。人外の快楽が、高潔な少女たちを淫らな牝へと変えていく…

孕ませ催眠プリンセス
主人公は交易都市の片隅にある、小さなホテルの雇われ支配人。ホテルに来るドレスの美少女とマント姿の麗人。それは隣国アラディアの宝と誉れ高いジュエリ皇女とアラディアの宮廷騎士団団長リッテだった。皇女は政略結婚で悪名高きバルタージュに嫁ぐ筈だったが、リッテの助けで逃げ出していたというのだ。小さなホテルに立ち寄ったのは、旅慣れぬ皇女を休ませ、身を隠すのが目的らしいが……主人公はふと、先日手に入れたとあるアイテムを思い出す。「プリンセスダスト」…お姫様でも従順な牝奴隷に仕立ててしまうという、この街の暗黒街で密かに流通する禁忌薬だ。所持しているだけで死罪は確定、ましてや相手は本物のお姫様だ。一瞬の逡巡を経て、主人公は皇女に届けるワインに秘薬を落とす。それは、至高の皇女と誇り高き麗人の騎士が、淫らに落ちてゆくプロローグでもあった。

淫触の退魔巫女 楓
遠く東洋の地「マホロバ」の国から魔物退治の修行にやって来た歩き巫女の楓。この大陸で出会った抜け忍のアヤメと旅を続ける楓は、とある交易都市にたどり着く。この街では「エトラム」というヒヒジジイが幅を利かせており、今日も若い娘が借金のカタに屋敷に連れて行かれたとの話。同時に「エトラムがとんでもないお宝を手に入れた」との話を聞き、色めき立つアヤメ。その晩アヤメは宿を抜け出しエトラムの屋敷に忍び込む。お宝と聞いては黙っていられないし、何より相手は悪党。むしろ天罰だ。屋敷を物色するも、なにやら厳重封緘してある箱を発見。が、いきなり飛び出してきたそれは、タコの足のようなヌメヌメとした触手だった。ろくな抵抗も出来ずに何本もの触手に絡め取られるアヤメ。全身を滑った触手でなで回され、恐怖と嫌悪で息も絶え絶えに。きっと楓が助けに来てくれる……そう思いつつも、すでに触手の催淫効果の虜になりつつあるアヤメなのだった……

公衆快楽施設 Macht Frei.
2046年6月19日。人が人でなくなり、ただのヒトとなった未来。しかし、日常は現在と変わらず繰り返され……ただそれだけが続いていた。この日が「桜桃忌」であると記憶している人間が何人、いただろうか?三島冴子…彼女はその数少ない例外だった。何故なら、彼女は文学者の作品を全て憶えさせられることだけを課せられた「生体文庫」なのだから。だが、彼女はある日、死を選ぶ。そして彼女が桜散り、実が成る季節にその名を捨て「桜桃」(みざくら)と名乗る時に着るは「喪服」。それらを身に纏うとき、彼女が向かうのは、この世界で許された唯一つの例外的な快楽を得るため場所「公衆安楽施設」。「Macht Frei.」と書かれた門を潜るとき、ただ少女は、刹那的な死と永久の快楽を望む……。

ジュエルスオーシャン
──現代、煌びやかに輝く夜の街まるでデコレーションケーキのようなビルの谷間を一機のヘリが疾走していた。……なにかから逃げるように。それは突然のことだった。近代的な街並みと対照的な黒き竜が現れ──ヘリは墜落した。その積荷と共に……翌日、花月 洸は不思議なペンダントを手にしていた。石の中に黒い虹を閉じこめたようなその宝石はなんと、昨夜、空から降ってきたのである。その宝石──魔石、キューピッドペドロスは叶うはずがないと思っていた願いを次々と叶え、洸を驚かせる。しかし、時を同じくして現れた奇妙な男、2人──魔石の元の持ち主たる、ジュエリーシンジケート“我がカルテル”──そして、カルテルの裏切り者、叢神 八尋とその一派──それぞれが派遣した、お互いを滅ぼすための刺客否応もなく2人の戦いに巻き込まれる、洸そして、同じく魔石を手に入れた少女達──

流聖天使プリマヴェールV
プリンス・ガーランドは、秘密結社「マルク・ジェネ」の若き幹部。しかし、今の地位を得られたのは、組織内で圧倒的な支持を集める彼の兄、ジェネシス将軍の影響が大きく、常に偉大な兄への強いコンプレックスに悩まされていた。そうした中、地上の人間たちに味方し、組織に仇なす聖天使・プリマヴェールの捕獲に成功する。ガーランドは捕獲したプリマヴェールを実験分析し、聖天使の力を組織に利用する計画を進言、見事、その大任を仰せつかる。早速、実験を開始するガーランドだったが、それは実験というより、むしろ淫靡な“調教”と……。





〜 引越し一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット