アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
落ち葉の舞う頃
落ち葉舞う十一月。山間の少し寂れた地方都市・美坂市で平穏な学園生活の日々を過ごしていた天海晃司は、二人の少女との出会いから奇怪な事件に遭遇することに。

黎明のラヴェンデュラ
人類が宇宙へ大進出を果たし、銀河全土をその活動範囲に収めた時代……。統合宇宙機構の防衛軍に所属するケイン大尉は、AMPと呼ばれる戦闘ロボットの敏腕パイロット。しかし、軍の枠に収まらない性格で、人事部からは煙たがれ、とうとう訓練学校の教官職に格下げに…。そんな彼が辞令を受けたのは、若い娘の訓練生ばかりが集められた訓練航海の引率。前代未聞の女の子ばかりの部隊を引きつれ、練習艦・ラヴェンデュラ号は宇宙へと飛び出す。しかし、ラヴェンデュラ号に謎の密航者、リュナが乗り込んでいたことで単なる訓練航海は一変。機構軍の敵対勢力であるリベラル軍との戦いに巻き込まれていく・・・。

塔ノ沢魔術研究会
三上恭介は二年の目立たない男子学生。片思いの女子羽柴なつみから、誘いの手紙が届く。手紙の文句に誘われた恭介は、指定された夜の8時に学校の教室へ行き、そこで魔術研の魔法儀式の生餐にされてしまった。翌朝、いつもの朝勃ちが来ないことに不安を覚えていた恭介は、千歳先生から儀式が失敗したあらましを聞かされ、パニックに陥る。クラスメートの男子を性的不能にしてしまった…。羽柴なつみら魔術研の少女たちは、恭介の精力を回復するための「リハビリ」を、責任を持ってすることを約束した。そのかわり身体が完全に回復したら、千歳先生に協力をして欲しいとも。リハビリと言うのは、もちろんソッチ方面の刺激をペニスに与えることであり、ここから恭介と少女たちの混乱した夏休みが始まるのであった……。

Witch"s Slave 〜ワタシの脚をお舐め〜
「今日からアナタは私の下僕よ!」 ボク、『相羽タクマ』が借金のカタにあずけられたのは、古めかしい洋館の主。今では忘れられてしまった魔法を操る魔女……『媛乃木リノン』。ボクは高慢な彼女の下僕として、調教漬けの淫猥な日々を送ることに……。昼は学園で、御主人様のジャマ者相手に、命じられるままエロい魔法でムリヤリえっち。夜は彼女に、ボクの心も身体も弄られて、素直にかしずく下僕に調教される。こんな毎日いつまで続くの!?

マーブル★ブルマ
今や絶滅危惧種としてその存在が危ぶまれている「ブルマ」をこよなく愛する学生・館山ヒロキ。体育祭も間近に迫り、大好きなブルマを間近で見たいがために、ヒロキは体育祭実行委員になった。そんなヒロキには気になる女の子が二人。一人は、ブルマの着こなしがタダモノではない同じ実行委員の朝霧ルナ。もう一人は「……好きですっ!」と告白されたクラスメイトの成川サキ。ヒロキはどちらのブルマ……いやさ女の子を選ぶのだろうか?

フリフレ
都心から少し離れた海近くの町、碧ヶ丘。彼はそこにある碧ヶ丘学園の教師である。近年の目に余る学園生徒のモラル・秩序の低下と、関係の冷え切った妻との生活で過剰にストレスを抱え、彼は苛立っていた。今日も妻の居る自宅から逃れるように歓楽街方面に足を向けると、その場に居るべきではない女学生達の姿をちらほら見かける。中には碧ヶ丘学園の制服も見かけた、本来なら教師として注意すべきであろうがそんな気力は湧かなかった。しかし彼女らはこんな時間に何をしているのだろうか?ふと教師間で最近話題になっていた出会い系の掲示板『フリーフレンズ』のことを彼は思い出す。家出少女やニート♀などが身体と引き換えに、その日の宿や遊ぶ金を得ているらしい。本当にそんな簡単に若い女が引っかかるのだろうか?そう興味の湧いた彼は、自分の携帯電話を取り出した・・・・・

CURE GIRL
「コミュニス」と呼ばれる国内でも有数のソーシャル・ネットワーキング・サイト(SNS)がある。同好の士が集い、趣味の話題を繰り広げているこの「コミュニス」中に、『人間失格』というコミュニティがある。参加資格はいわゆる――ダメ人間。『人間失格』……やたら重々しいコミュニティだが、名前ほど重いものではない。そこは、コミュニケーションが上手く取れない残念な人間たちが集まっている……。ダメならダメなりに出来ることはあると集まった者たちは、自分たちのかわいそうな現状を打開しようとある作戦を決行する。つまりは――オフ会。そんな残念な環境で出会った“彼ら”。果たしてそこで出会った男女が繰り広げる真夏の思い出とは――?「アナタの想い、つながってますか?」

フリフレ2
俺は自宅へと向かいながら、携帯電話を手に取ると、あの掲示板へとアクセスする。……ここ数年、インターネットの世界で話題になっている掲示板。家出少女や不登校少女が、見知らぬ男と身体の関係を結び、その日の宿、そして金を得る。そんな目的の為に使用されている掲示板。そこでなら、恋人のような深い人間関係を築くのが苦手な俺でも、金を使うだけで自分の欲望を満たすことができる。その行為を援助交際と揶揄する奴もいるかもしれないが、俺にとってはまさに最高のコミュニケーションツールだ。「さてと、今日の相手は誰かな」やがて、携帯電話の画面が移り変わり、その掲示板の名前がディスプレイに表示される。その掲示板の名前は……FreeFriends(フリフレ)

ラブesエム
優しくて頼りになる姉、水城彩華。年下の幼馴染でいまは恋人の、鶴谷あやか。俺は二人と仲良く楽しく暮らしながら――満たされていなかった。俺には打ち明けられない趣味があったからだ。SMが、したい。こっそりと隠れて専用の道具を買い、眺め、触れる。そうして衝動を晴らしていたある日、気付いた。誰かが俺の部屋に入り、その秘密に近付いたことに。「罠でも張ってみるか」誰に見つかったのかを、俺は暴き出す。そして俺達の、アブノーマルな付き合いが始まった。

雨恋
主人公の安井希は仕事のため、かつての故郷を訪ねる。到着早々土砂降りに遭って廃小屋に逃げ込み、彼は少女と出会った。二人で身を寄せ温め合う内に、互いに熱を求めて契りを結ぶ。情事の後、少女の家に泊まることとなった希に彼女は告げた。「私、一志瑞希っていいます」その名前と笑顔が希の初恋だった――一志瑞穂に似ていた。20年前、憶病で告白できなかった希の初恋相手。その娘と出会った希は、雨の降る故郷でもう一度、恋をする。あの時できなかったことをしよう。あの頃言えなかったことを言おう。あの日逃した青春の続きを――彼女と。

妹いじめ
俺には妹がいる。可愛い可愛い、義理の妹の鈴(りん)。親が再婚して俺たちは家族になった。けど、最近の俺はどうもおかしい。鈴に対して劣情をいだいてしまうんだ。お前の体ばかり見てしまう、触れると勃起が止まらなくなる…ああ…鈴、可愛い鈴。俺はそろそろ我慢の限界…だ。

イキヌキッ茶 〜隠し味に愛を〜
いらっしゃいませ、恋人喫茶「プラトニック(仮店名)」へようこそ。ここはお店の女の子達を恋人として、甘い一時を過ごす事が出来ます。え?もっと女の子と仲良くなりたい?それはあなた次第ですね。積極的にアプローチをすれば、女の子達とプライベートでも仲良くなる事は可能ですので…本物の恋人になれるかもしれません。……では、あなたの恋人の名前を教えて頂けますか?

オタ姫凌虐サークル 〜病み姫の男事情〜
ある大学のオタクサークルに入会した杉浦夏樹。そのサークルには一人だけ女の子…水城薫子がいた。メイクっ気はなくとりあえずロリータのような服を着た典型的なオタク女子。同期なため、お互いよく話し仲良くなって、ついはずみでHをしてしまったことからなんとなく恋人のような関係になっていく。しかし「カレシもち」というステータスを手に入れ気が大きくなってしまった薫子は大学内でも少々調子にのった態度を取るようになってしまい、周りの女子の反感を買う。ついには自分のテリトリーであるはずのオタクサークルまで侵食される。自分の居場所を奪われると思った薫子が取った行動は、唯一自分をちやほやしてくれるオタクサークルの正真正銘の「姫」になることだった。

女体淫換〜移り変わる恥辱的好奇心〜
ある日、学園行事で野外学習に行くことになり主人公、上田太一は窮地に立たされていた。班を作る友達が、居ないのだ。クラスから浮き気味なせいで友達もおらず、話し相手といえば幼馴染の松戸沙希だけ。しかしクラスには同じように浮いた存在の女の子がちらほら居た。そうして出来上がったのは所謂、“余り者”の班。嫌な予感がヒシヒシと伝わる中、そんなメンバーで野外学習へ。些細な揉め事がきっかけで、太一たちは博物館の「呪の壺」という展示物を壊してしまう。そして翌日…問題が起きないわけが無かった。いつも根暗な真理子が髪を染めて厚化粧をしたり、元気でまじめな沙希まで学園を休んだり。見た目のギャルっぽさで敬遠していた絵梨が自分の事を“沙希”だと主張し始めたり…。どうやら呪いのせいで、彼女達の中身が入れ替わってしまったらしい。太一たちは元の体に戻るため、呪いを解こうと奮闘するのだが…。

学園催淫獄〜狂気と孕ませの宴〜
日本を震撼させる事件が起きた。「恵ヶ丘学園の女子学生、多数が妊娠」新聞の一面にそう綴られたこの事件は、連日テレビやネットのニュースでも取り上げられ、ニュースキャスターが次々と新しい情報を電波に乗せる。犯人は既に捕まっている、とのこと。だが、どうやってこんな事をしでかしたのか、それは分かっていない。犯人は同学園でいじめを受けていた男子学生らしく、その報復として始めたことが学園全体へと広まっていったとされている。結果、大勢の女子学生が孕まされたのだ。“彼”がこの学園に入学してから僅か9ヶ月の間に一体何があったのか…これは、その大事件の真相である…

混濁の心魂
俺の姿が女の子になっている。それも、雪音でもない、俺でもない、なんだこれは…!?ある日、主人公「藤本蓮」がいつも通り幼馴染と下校していたところ、突然上から降ってきた少女、「櫻井雪音」と激突してしまう。頑丈な蓮は奇跡的に数日の入院で助かったが、雪音は意識不明となってしまった。それからというもの、蓮と雪音の体と心は混在してしまい…しかも、性別がころころ変わってしまう体質になってしまった。体が男ならば、その体を操るのは雪音で、体が女ならば、その体を操るのは蓮。決して交わるはずのなかったものが交わり、混ざってしまった。二人で一つになってしまった彼らは、日々を奮闘するのだった…

性反転症の「俺」が「私」になるまで
主人公「保科稟」は鏡に映った自分の顔を見て驚いた。そこには、美少女が映っていたからだ。医者が言うに稟は「変性」という特異体質らしく、一年後には完全に女の子になってしまうらしい。そんな体質の稟は今まで通りの日常生活を送るのも難しくなり、医者の勧めで女学園へ転入する事になった。ゆくゆくは女の子になるので、今のうちから女らしさを身につける為…との事だ。だが、体はまだ男のまま。女になるまで女装をして誤魔化しながら生活していかないといけない。果たして彼はバレずに学園生活を送れるのだろうか…。

性換姉妹
主人公、常磐由宇が目を覚ますと見慣れぬ天井が広がる部屋だった。そして彼は鏡を見て悲鳴を上げる。「な、なんで俺…女になってるんだ?」しかも鏡に映るのは従姉である麻莉奈の姿。由宇は祖父の怪しい機械による実験で常磐麻莉奈が、従妹である常磐雫と体が入れ替わる体質になってしまったのだ。すぐに元に戻そうとするも実験により機械は壊れ、その上どうして入れ替わったのか理由も分からない。仕方なく由宇はしばらく入れ替わったまま女の子として過ごす事になったのだが…。

束縛彼女の三重奏 〜偏愛:重愛:狭愛の果てに〜
バレンタインの日。主人公、一条翔也は東條静香と偶然知り合う。どうやら彼女は片思いしてた人にチョコを受け取って貰えなかったらしい。そんな彼女を慰めると、代わりにそのチョコを貰う事になる。それから二人は仲良くなっていくが…静香の愛はどんどん過剰なものになっていった。さらに猟奇的な愛を抱える幼馴染、翔也を運命の相手だと信じて疑わぬ電波女子、二人のメンヘラヒロインが加わり翔也達の関係はとんでもないことに。翔也の人生は大きく変わっていたのだ。チョコを受け取った、あの瞬間から…

感染催眠ウイルス〜ただいま精液で拡大中〜
ごくごく平凡な男子学生であった主人公、島村翔吾。そんな彼の運命を分けたのが、とある事故だった。その事故をきっかけに翔吾は“催眠ウイルス"に感染してしまった。このウイルスに感染すると催眠に掛かりやすくなり、特定の方法により催眠状態になってしまうというもの。しかもこのウイルスは体液感染もするという。翔吾は学園の女子にこのウイルスを感染させ、催眠の力で好き放題してやろうと計画する…。

白濁娘 〜気になるあの娘にマーキング〜
主人公、白井凌は女好きだが全くモテず自身の内に秘める性欲を解消できずに居た。ある放課後、クラスでも一目置かれる存在の西墻みことが居眠りをしていた。声を掛けても揺すっても起きない彼女を前に、魔が差してしまった凌は…自分の体液をみことにぶっかけた。自身がしでかした事にビクビクと震えた凌はその日眠る事が出来なかった。だが、みことは凌がした事だとは気付かず…また誰にも話さなかった様子。味をしめた凌は“ぶっかけて女の子を汚す”快感に目覚めてしまう。その行動は変態的にエスカレートするのか…それとも暴力的に?まさかの改心?凌は女の子達を白濁液まみれにしていく……。

家出少女と泊め男 〜少女の願いと男の欲棒〜
人は誰かから産まれた存在。必ず親が居て、家族が居る。帰る場所があるはずだ。だが、「帰る所が無いんです……おじさん、泊めてくれませんか」出会い系で知り合った女子学生、椎名凛生(しいなりお)はそう言った。家に帰りたくないと景吾の家に棲み付いてしまう。女子学生を家に泊めるだけでも問題だ。だが、宿代と称して提示された体の関係…それがより二人の間を複雑なものにしていった。彼女達との関係を密に過ごすか、邪な欲望に任せるか……

どろどろ 妻×娘の秘密
若妻“渡良瀬操”がレイプされている現場を目撃した“神代恭介”。その時から彼の日常は非日常へと変化を遂げていく。操を襲ったストーカーは、現場に『秘密倶楽部』と書かれた怪しげなカードを落としていく。そして、操のバッグにはバイブレーターや鞭など怪しげな道具の数々が……。レイプされた事実を夫に隠すために、身を委ねる操。その妖艶な色香に惹かれていく恭介。そして、義父に羞恥ないたずらを繰り返されていると、恭介に救いを求める清純な美少女“渡良瀬みさき”。渡良瀬操とみさき親子にどっぷりと嵌っていく恭介……そして今、『秘密倶楽部』の入り口が濡れた蕾と共に花開く。

君がいたあの日
あの夏の日、片田舎の海が見える小さな診療所に研修医として山川渉はやって来た。そこで渉は、難病で入院している少女「涼風小唄」と出会う。何時訪れるとも解らない死の恐怖に脅えていて、心を開こうとしない小唄に渉は特別な気持ちを抱いてしまう…渉の情熱は小唄に届くのか…?そして彼女の運命は…?小唄の妹で好奇心旺盛な「涼風小道」や、熟れた身体を、片田舎で持て余している女医「長内凛子」と繰り広げられる、ちょっと甘くて切ない恋愛AVG。

抜かせろ ナース・人妻・女子校生
街に潜むレイプ魔・皮先きんぎょくが「女子校生」「ナース」「人妻」らを犯しに犯しまくっていくフルポリゴンAVG!頭のネジが何本かぶっ飛んでる(笑いの方向に!?)、そんなレイプストーリーが楽しめるぞ!!

淫烙の巫女
かつて大妖怪として我が世の春を謳歌していた妖・白鬼丸。日がな一日、浚った女と淫蕩に耽り、快楽に溺れる日々を過ごしていた。だが、そんな享楽の日々もついに終焉を迎える。その身を賭してでも妖を封印せんと決意をした一人の巫女により、白鬼丸は封ぜられてしまったのである。白鬼丸を封じたと伝えられる大きな岩は、公共工事の名の元に砕かれてしまう。「ふはははははははは!礼を言うぞ、人間共!」数百年の時を超え、ついに復活を果たした白鬼丸。だが、彼には一つ、大きな難題があった。その身を封じられた際に、己の妖力の核を引き剥がされていたのである。その核は、彼を封じた巫女の血を引く者の魂に、今も封ぜられているという。しかも、清浄なる霊力を誇る巫女から、己の妖力を取り戻すのは至難の業。「面白い。ならば当代の巫女よ、貴様の肉体を快楽に溺れさせ、魂を汚し尽くしてやろう。さすればその霊力も、消えうせるだろうよ、ははははははははは!」

ニセ教師 〜性活指導ADV〜
学園に通う女学生や女教師をターゲットにするニセ教師。女学生に指導という名目でエッチを強要したり、弱みを握って女教師を凌辱したりする。

超外道勇者
苦難に満ちた旅路の果て、ついに魔王の元へ辿り着いた勇者は、激戦の末、ついに魔王を打ち倒す。しかし、あと一撃で勝負が決まるというその時、思いも寄らない事態が起こった。「聞いてたとおり、オマエ、良い女じゃないか。それなら、せいぜい楽しませてもらおうか!」「えっ?な、何を…きゃああっ!?」抵抗することも出来ず純潔を奪われた魔王は、それでもなお毅然と「気が済んだのならサッサと殺せ」と告げる。しかし勇者は、魔王の想像を超える鬼畜外道な男だった。「おいおい、まさか1回で終わりだと思ってるのか?オマエのような美人には、使い道がタップリあるんだ。これから、嫌と言うほどそれを教えてやるよ」楽しげに話す勇者の口元には、魔王を遥かに凌ぐ邪悪な笑みが浮かんでいた…。

Knight Carnival!
剛王ウーゼルの死後、群雄割拠となったアヴァロニアの大地は千々に乱れた。そこに野望を剥き出しにした魔女モルガンがつけ込み、国土の再統一は最早不可能かと思われていた。だがそこに、一人の騎士が立ち上がる。彼女の名は、アーサー。ウーゼルの遺児にして、預言された“運命の王”。そして今、アーサーは伝説の剣を前にしていた。伝説は言う。“混乱の世を治めるべく、真の王がこの剣を抜くであろう”と。そしてアーサーがその剣に手をかけた時、光が溢れ出し……その光が収まった時、アーサーの手に剣はなく、代わりに目の前に一人の男がいた。その男こそ、戦神カレドヴルフ。神代の昔、放蕩が過ぎたために、地上に封印された神である。「お前が聖剣の精……いやさ、戦神カレドヴルフだな?お前の力を、私に貸して欲しい」ふ〜ん?俺の封印されていた剣を抜いた奴が、王様になる、ねぇ……。いいだろう、この際だ。お前の頼みを聞いてやる。ただし、条件があるがな」カレドヴルフの出した条件。それは、アーサーの貞操!?

林間島
何かが、おかしい。本土から船で2時間の離れ小島。母子家庭に育ちながら母を亡くした結城七海は、伯父である晴彦に引き取られ、初めてその島へとやってきた。晴彦の家は島では“本家”と呼ばれており、七海もまた“お嬢様”として島民たちに受け入れられていっていた。しかし近頃、妙な視線を感じることがある。まとわりつくような、粘つくような視線が肌を撫でていく。考えすぎかと思っていたが、それは決して気のせいではなかった。ある夜、晴彦に呼び出された七海は、祭りに使うからと巫女装束を着させられた。信頼を寄せる伯父の言葉に、素直に従う七海。だが次の瞬間、七海は晴彦に組み伏せられていた。恐怖よりも驚愕に、七海は悲鳴を上げる。その七海をいつの間にか、島民たちが取り囲んでいた。助けを求めようとした時、七海は気が付いた。自分を見つめる、島民たちのその視線。ここしばらく自分を悩ませていた視線の主が、島のどこにでもいる島民たちだったということに。そうして七海は悲鳴も懇願も虚しく、島民たちに観られる中で晴彦に処女を奪われるのだった。だがそれこそが悪夢の始まりであることを、破瓜の痛みにすすり泣く七海は、まだ気付いていなかった……。





〜 出会い系女性会員募集 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット