アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
精神性愛パラフィリア
主人公の本虫草太は175cmと長身で攻撃的な性格をしているにも関わらず他人の前では弱腰で臆病者。図書委員の瀬名依津美を眺めるため、毎日図書室に入り浸るが本は暇つぶしに読む程度の、軽くストーカーのような行動を行う。とある日、今日も草太は依津美を眺めていると、目の前の机に大量の本が投げ出される。図書委員のヒロイン、瀬名依津美が書庫の整理をしていた。書庫に入るたびに大量の本を抱きかかえてくる瀬名は、図書室の机を次々に占領していく。本に被った埃で咽せた草太は、目の前に積み重ねられた本の一冊に目をとめた。その本は、頭の下に敷いて眠ると他者の心に忍び込めるという不思議な本だった。本を家に持ち帰った主人公はその夜、半信半疑に頭の下に本を敷いて床につく。ふと気がつくと、眠っていたはずなのに迷路の様な場所にいることに気がついた。この迷路は、草太が恋い焦がれていた瀬名依津美の心の中だった。リアルな夢と解釈した草太はそうとも知らず、迷路を進んでいくと瀬名によく似た全裸の人物と遭遇する。それは彼女の人格性欲の心≠セった。夢の中ならば何しても良いだろうと、草太は全裸の性欲の心を犯す。しかし2発、3発とHを重ね、犯すはずだったのに犯されていると気がついた頃には、草太はヘトヘトになっており、なんとか逃げ出した。――次の日。図書室で瀬名を眺めながら、昨晩に見た夢がリアルだったことに思い耽る。すると書庫から僅かに艶めかしい声が聞こえることに気づく。そっと覗いてみると、瀬名が書庫で自慰行為をしていた。彼女の自慰中のひとりごとを聞くと、瀬名は突然性欲が我慢できなくなったらしい。精神の中でHをした瀬名は現実でも性欲が強くなっていた。その事に気がついた草太は、心の中に入れるという本の力が本物であると認識し、瀬名に伝えられない恋心と思春期の欲望を満たすため、再び瀬名の心に侵入するのだった。

エルフと淫辱の森
舞台は剣と魔法のファンタジーの世界。その世界のとある森に、エルフと呼ばれる種族が存在した。彼らは、多種他者との接触を拒み、自分たちの文明以外を拒絶し、森の奥に集落を作ってひっそりと生活をしていた。そのエルフの集落を、突然化け物が襲う。他種族に子孫を産ませる、スライムエルフ狩りをする支配と欲望の塊、人間。長年、森でエルフと対立していた種族、オーク森の奥底に住み、多種から栄養を搾取する、触手大量発生した他種にタマゴを産み付け守らせる、蟲髑集落に訪れた災厄とも呼べる化け物たちの襲撃に、二人のエルフが立ち上がった。

淫習村〜淫靡な風習に堕ちる家族〜
これは、とある村のお話。村唯一の医療機関である国保診療所を、一人の医者が短期間で辞職してしまった。その後任に選ばれ、一定期間着任となった医者が本作の主人公である。家族を連れて村へ引っ越してきた主人公達は、電波が届かずネットも通じない山村の田舎具合に不安を覚えるも、村民に歓迎され、一生懸命仕事をすることを決意する。しかし、彼らを待っていたのは奇妙な習俗だった。『村に住まう女子は村の男達の妻であり、男達は村の女達の夫である』この慣わしで、毎夜のように行われる淫猥な宴。昼夜問わず行われる牡と牝の行為。喘ぎ。主人公たちもまた、例外ではなく村に共有されることになった。

恥辱の女狩人 〜怪物の子なんか、産みたくない〜
その村は、モンスターに犯された──男は獰猛な牙に食い殺され、女は獣の苗床として犯された。村を襲ったのは雑魚の群れを従えた巨大な翼を持つモンスター。村の獣士と呼ばれる強力なハンターを総動員しても、遠く及ばなかった──そして、1晩で瓦礫の山となったインケラート村の跡地で、新米獣士「アーニャ」と「ノエル」はモンスターに犯されていた。彼女らは誓う。「いつか……狩り返す」と──

異触の檻 あんな化け物に孕まされるなんて絶対に嫌っ
有意義な休暇を過ごすため、沖田美岬は友人の君嶋莉夏、雨宮渚と共にバカンスに来ていた。しかし海路の途中、突如船が転覆し、乗客全員が海へ投げ出された……みさきが目を覚ますと、海岸に寝そべっていた。どうやら気絶していたようだ……近くに倒れていた莉夏と渚を起こし、周辺を探索する。しばらくして深い木々の中、女性の甲高い声が聞こえた。近づき、3人が見た光景は……地面に無残に転がっている男性の死体と触手の化け物に犯される女性の姿……船の乗客ではない人だが、この島の住人か、他の観光客だろうか……等と考えていると、先の化け物は美岬達に襲いかかってきた……

豚便器 〜醜悪オークに子種を注がれる女子校生〜
現代。ありふれた日常、ありふれた日々……。彼女たちはいつもの毎日を送っていた。授業中、突然鳴り響く警報。突如としてオークたちが街にあふれだした。圧倒的な力を持つ化け物を相手に、少女たちはなすすべもなく犯されてしまう……。オークから逃れるべく、街からの脱出を決意するが、異常事態に街は封鎖され、高い壁に覆われてしまっていた。彼女たちは逃げ道を探して街を奔走するのだった……。

破瓜の連鎖に捕らわれた処女
通勤途中の電車。隣りに乗ってきたヒロインの絵莉夏に対し、つい魔が差してしてしまった初めての痴漢。抵抗しない絵莉夏に、気を良くした主人公の辰彦は、自分のテクニックはすごいのだと勘違いして、さらに痴漢を続けようとするが――「この人、痴漢です!」思わぬ反撃にあい、捕まってしまった辰彦は、先の無い人生に絶望して、電車に飛び込み、意識を失う。しかし――次に目覚めたとき、そこにあったのは昨日と同じ朝だった。不思議に思いながらも、昨日と同じように隣に乗ってきた絵莉夏。この先のことを知っている辰彦は、このチャンスを生かし、捕まるギリギリまで痴漢を楽しむことにする。そして翌日。目覚めた朝は、昨日と同じ物だった。「同じ一日が繰り返されている?」今日がリセットされるのならば、何をしても問題ない――それなら。「あの女に復讐してやる……」

冷淫
久しぶりに生まれ育った町へと帰ってきた主人公。そこはいつからか、銀色の雨が降り注ぐ土地となっていた。神秘的な光景に、メディアも大騒ぎ…と思いきや、町の外には意外に知られていない様子。再会した幼馴染が言うには、雨に触れると元気になるらしい。雨の中、はしゃぎまわっている彼女を信じられなかったが、ためしに雨を浴びると、確かに元気が出てくる気がした。そしてそのまま雨の下、幼馴染に誘われ、青姦をする。それは一見、恵みの雨…しかし雨を受けるにつれて、性欲がどんどん強くなり、やがて主人公は町の女性を襲うようになるのだった。

膣内の異物−リモコンバイブで強制命令−
赤城元哉は、学園で数学教師をしている。そんな彼の趣味、それは様々なバイブを使用し女を自分の思うがままに操ること。狙った女の弱みを握り、そこにつけ込んで言うことを聞かせる。それが彼の手口である──元哉の教え子、日野菜奈美は元哉に好意を抱き、元哉の手伝いをしていた。しかし、元哉に媚薬を盛られ、校内で自慰をしている所を盗撮される。弱みを握られ、好意を裏切られる形で更に脅される菜奈美。さらに教師や他の生徒をも巻き込み、元哉の遠隔調教はエスカレートしていく──

アヘ顔アクメ中毒−人体改造で狂ってイク私を見ないで−
硬木製薬──日本で最先端の技術を有し、一般用医薬品から医療用医薬品まで幅広く参入している大手企業である。そんな一流企業の社長“硬木康平”自ら率いる、新規プロジェクトが始動しようとしていた。HumanEffectMedicine──人体に影響を与える薬物、通称HEMと呼ばれている新薬。HEMが実用化される事で高コストな整形等が簡易的に行なえるようになり、強力なシェアを獲得するというプロジェクトである。硬木製薬の全技術を導入し、HEMは動物実験をクリア、治験に移れる段階にあった。康平は早速サンプルの人材を集めるべく、HEMのテスター募集を命じた。硬木製薬のテスターという安心感もあるのか、良質なサンプルが揃った。堅物で強気な女学生“高見澤翔子”家系に苦しむ専業主婦“宍戸麗子”家出中の無口少女“乾智香”彼女らを見て康平は眼を細めた。それは、獲物を見つけた強者の眼だった──

クトゥルフ姦話
主人公の彩希は古い神社の守り神。1000年前から変わらない少女の姿で、人間を脅かす存在と戦っていた。脅威が無いときは、人間の生活に混ざり、普通の女学生として生きていた。だが最近になり、学校に黒い噂が流れるようになる。話を聞くと、魑魅魍魎の類のようだが……。調査のために、夜の学校に赴くと、そこにいたのは、見たこともないグロテスクな化け物だった。「何だ、こいつは……」こんな妖怪は今まで見たことも――。いや、知っている。こいつらは……クトゥルフだ!!!彩希は友を守るためにクトゥルフと戦い、そして、堕ちていく――。

寝取られ続けた人生
彼女ができて、仕事でも大きなプロジェクトを任されて、公私ともに順風満帆だった主人公・鷲沢秀一。クリスマスの夜、自分たちにはまだいっぱい時間があるんだと、小さく笑ってくれた彼女の雪乃。折れた心を繋ぎ止めてくれ、将来を約束しあった妻の冬佳。目に入れても痛くないくらいの愛情を注ぎ、この子の将来のために、自分の人生を捧げて育てた娘の美優。そんな大切なヒロインたちは、知らないところで、自分以外の男に抱かれていた。目の前で、他人のモノを咥えて、よがり狂い、憐れんだ目で見てきた。掴みかけた幸せが、手のひらをすり抜けていく。痛み。苦しみ。絶望にまみれた、一人の男の人生――。寝取られ続けた人生が、ここにあります。

狂艶の館 ―罠に捕わる、雌の嬌声―
西暦2100年。地主『矢方豪三郎』は、裏の稼業である売買にて、門外不出である数々の性的拷問具を手に入れた。誰かに試してみたい…芸術的なその装いを見れば見るほど、その欲求は強くなる。豪三郎は自分の館に“罠“を仕掛け、女どもを誘いこむことにした。そして罠にはまった女を――当然、犯す。罠にハマり、無理やり犯され、心身ともに弱り切っていく女たち。「くっくっく……良いぞ良いぞ、次はどんな音を奏でてくれるんだ!」加虐性愛者である豪三郎の欲望が、ますます膨れ上がる。そしてまた一人、泣き顔をさらしている女がいた。豪三郎は罠にはまった女を眺めに、罠の場所へと向かった。「クハハッ……たまらんな、この、絶望に満ちた女の顔は!」そして、いきり立った肉棒を取り出し、女に突き立てるのだった。

魔触少女マナ
2014年、突如として大都市に現れたモンスター『ネクロ』数十体のネクロたちは逃げ惑う人々を喰らい、都市は一日にして地獄と化した。男は喰われ、女は犯される中、『マナ』と名乗る少女が現れる。マナはテレビアニメに出てくるような可愛い服に身を包み、不思議なチカラを使い、ネクロを『浄化』していった。しかしネクロの頭を名乗る『パンドラ』に破れ、人々の前で犯され、身体に触手を生殖されてしまう──マナを犯し満足したパンドラは、全てのネクロと同時に、街から姿を消した。少女の身体という犠牲を払い、この大都市は化け物から守られたかに思えた。数週間後、再びパンドラ率いるネクロが現れた。ネクロを浄化しにやってくるマナだが、その服の下は、触手に犯されていた──

神待ち少女はもう帰れない
がやがやと騒々しい教室で、主人公−義弘−は怒りに震えながら授業を行っていた。「この糞馬鹿女どもが……ッ!!」彼は過去のトラウマから世の女性達を憎み、復讐の機会を探していた。決めた、こいつらに俺が人生の厳しさを教えてやる家出して知らない男の家に泊まるような頭の悪いクソガキに遠慮はいらねえ。ここ─神待ち掲示板─は女が男を便利に利用するサイトじゃない。お前らカスを俺がブチ抜くためにある最高の狩場だ。覚悟しやがれド腐れ頭のメスガキどもめ!!

オナフォ〜矯正操作で雌に変えてしまうアプリ〜
ある日、スマホに怪しげなアプリをダウンロードした恭介。「狙ったオンナを意のままに操る!究極のアプリ誕生」といういかにも怪しい物だった。半信半疑の恭介だったが、試しに、電車に乗り合わせた美人女学生をスキャンし、チャットに「スカートをたくし上げる」と記入。すると女の子は書き込んだ通りに行動した。『命令』とはどこまでの強制力を持っているのか。効果が持続する時間は?同時に複数の人間を管理下に置くことは可能なのか?どこまでの行動を強制することが出来るのか。恭介の目は次のターゲットを捉えていた──

牝・束・縛
今年、私立聖光女学院に新たな教師が就任した。搾羅雅史──才色兼備で、非常に頭のキレる男だ。誰にでも優しく接し、女生徒から見れば、正しく理想の男性教師であった。しかし、雅史には裏の顔があった。獲物となる女を見つけ、調教し、裏社会のVIPに高額で売りつける商売をしていたのである。呪縛の搾羅。彼の仄暗い目には多くの女生徒が写りこんでいた。笑顔で生徒と会話しながら、彼は奴隷を探している。そして、その仄暗い目に、ついに標的となる女が写りこんだ──此処、私立聖光女学院は、女を牝へと変貌させる狩場と化した。

便女
国内でも有名な進学校である私立・桂華学園。企業のトップや財政界に多くの卒業生を輩出しており、桂華学園に入学出来た生徒は将来を約束されるとまで言われている。しかし……桂華学園にはまことしやかに黒い噂も流れていた。その噂とは、桂華学園には通称「便女」と呼ばれる制度があるというものだった。「便女」とは全生徒から無作為に選ばれ、勉強で溜まったストレスを性欲で発散させるために用意された女生徒達の事である。「便女」に選ばれた女生徒は授業中でも休み時間でも、いついかなる時も男子生徒達の性欲を穴という穴で受け止めなければならず、拒否する事を許されない。そして今年もまた新たな「便女」が三名選ばれるのであった……

寝取王 ―ネトリキング―
大手商社の部長である山崎。趣味はゴルフ、そして凌辱と寝取りという鬼畜。人のものを奪うことに最高の快楽に変え、今日もまたハンターのような目つきで獲物を狙う。それが例え、自分の部下の大切な人であっても――窓際社員で間もなく定年を迎える有住。その一人娘である優希。新婚2ヶ月で若手社員の宝田。その新妻である瞳。次のターゲットはこの二人。奪うのが大切なものであればある程、山崎の欲求は高まるのであった。そして山崎は動き出す――

姉妹遊壊
私立高階学園にフランスから帰国子女として編入した葉山姉妹。日本の学園に憧れていた姉のエミリー。大好きな姉と同じ学園に通えることを喜んでいた妹のアン。しかしこの高階学園に希望などなかった……。学園理事長の息子、高階悠誠(主人公)。彼こそ極悪非道な生徒会会長である。父の裏稼業の継承者として悪行修行中の身であり、その最終試験が行われる事になった悠誠。ターゲットは帰国子女の姉妹。そして悲劇は始まった――。

人妻魔法処女セイント・ティアーズ
平和な町に突如魔物が現れる。暴れまわり、好き放題する魔物を次々と討伐していく影があった。影の正体は異世界からきた魔物を倒す正義の魔法少女だった!魔物の群れは倒したものの脅威は去っていない。親玉である「リベルア」を倒さなければこの世界に平和は訪れないのだから。三人の魔法少女達は魔物たちが拠点としている洞窟を発見する。そこは町のはずれにある小さな洞窟だった。意を決して洞窟へと足を踏み入れる三人。洞窟内はリベルアの魔力で空間が歪んでおり、魔界へと繋がっていた。そこで繰り広げられる魔物の凌辱の数々。彼女たちは魔物の苗床として犯され、堕ちていく……。彼女たちに救いはない。

寄生触手男に寝取られ悶える家族
主人公はごく普通の学生。主人公は母と、妹と、そして彼女と一緒に暮らしていた。ある日、空から人間に寄生する生物が降ってきて、主人公の学校の後輩に寄生した。翌日、いつものように学校に向かう主人公。何故か、主人公の後輩は学校に来ていなかった。彼は知る由もなかった。主人公の後輩が、女を襲う恐ろしい触手生物に寄生されてしまったことを。それから、主人公の後輩は、主人公の母、妹、彼女を次々とその毒牙にかける。媚薬の含まれた液体を身にまとう触手によって、母、妹、彼女は快楽の渦に飲み込まされていくのだった。

あらぶるおっぱいさん
おっぱいの神様である七乳神。ペ似寿、大黒棒天、ぶしゃあ門天、膣奥寿、遅漏人、玉布袋。そして紅一点でありながら残念なおっぱいの持ち主、貧パイ天。おっぱい神社を訪れた一人の少女、宇賀神小鳥。巨乳で悩む彼女の願いは『おっぱいが小さくなりますように』だった。 貧乳で悩む貧パイ天はグレた。それを見て呆れかえった七乳神達は、貧パイ天に呪いをかけ、 少女のおっぱいに貧パイ天を封印してしまう。呪いを解くには七乳神達をHで満足させなければならないという。そして一人の巨乳少女と、残念なおっぱい神様の物語とおっぱいが動き出す――

妹尻
俺はお尻が好きだ。よく買う雑誌やAVはお尻モノが8割を超えるくらいお尻が好きだ。そんな俺には可愛い妹がいる。海外で働くことが多い両親に代わり、妹の面倒は俺が見てきた。そんな妹に最近ムラムラすることが多くなってきて、よく妹のお尻を眺めている。家の中で無防備に振られるお尻に無性にむしゃぶりつきたくなる。それを感じたのか妹は妙に俺を避けるし、理由を聞いても「話しかけるな」の一点張り。もう完全に取りつく島もない。完全にゴミを見るような目で俺を見てくる。ここまで嫌われてるなら俺のこの欲望を全て妹にぶつけてやる!そして妹を俺だけの尻奴隷にしてやる。

無法恥態〜格闘美少女達の淫辱バトル〜
各所からの不良達を集め、まとめて更正させる目的で作られた矛峰学園。創立当初の目的とは大きく離れ、今では日本最強の学生を決める場所となっていた。勝った者には賞賛と称号を、負けた者には絶対的な屈辱が与えられる。そして今二人の美少女格闘家がそれぞれの思いを胸に秘めその門をくぐり抜けた――「プロレスこそが最強である」という、亡き父の意思を受け継ぎ、並々ならぬ努力で力を手にし、自らの力でその事を証明し続けている姫神響。一方、編入してきた理由は「退屈な毎日に飽きたから」だと、平然な顔で言ってのける天賦の格闘センスを持った藤城菖蒲。プライドを折られ、辱めを受け、それでも尚立ち上がり、彼女達は学園最強の名を手に入れる事が出来るのか。ぶつかりあう白と黒のカリスマ。獲物を狙う男達の魔の手。最強の称号を賭けた淫辱バトルが今始まる――

普通だった俺が調教されてドMになったワケ
パッとしないどこにでもいそうな、特徴がないのが特徴とまで言われるような男、「鈴原誠」そんな彼も高校デビューを果たし、多くの友人と共に学校生活を満喫する誠。そんな彼は同じクラスの「佐渡瀬奈」に気に入られてしまう。瀬奈が誠に目を付けた理由。それは単に自分の言うことを素直に聞きそうだったからだ。瀬奈相手に強く出れない誠は瀬奈のオモチャとして下僕に調教されていく。誠のことが密かに好きだった「四葉黒江」は瀬奈に奪われないよう、誠を自らのものにするため行動に出る。それは誠を調教して自分のものにするという、瀬奈と同じ手段だった。そこに面白半分で参加した「姫路桜花」も加え、誠を中心に歪んだ関係が幕を上げたのだった。

気取った女に不細工遺伝子を種付けさせろっ!!
某商社で勤務していた主人公。父親の急逝により会社を受け継いだ若き女社長、鷹村芽愛により、ある日突然リストラ対象にされてしまった。リストラの理由は「あなたの顔、ブサイクだから」そんな馬鹿な……そんな理由で……。リストラ後、職を失った主人公。ひょんな事からリストラされた会社のビルで清掃員のバイトを始める事になった。そこで偶然通りかかった女社長に、藁をもすがる思いで土下座をする。しかし――「あなた誰?それにしても醜い顔ね」と嫌味を言いながら立ち去られる。「あぁ、そうかよ。この顔一生忘れないようにしてやる!」醜いと言った俺の遺伝子をお前におすそ分けして孕ませてやる!!お前が醜いと言った俺とお前の間に子供が出来たらどうなるんだろうなぁ?半分がお前の嫌いなこの顔になったら……楽しみだなぁおい!!

箱入娘〜無垢な少女は白濁く染まる〜
「鴉宮愛鳥(からすのみやあいか)」は良家のお嬢様。生まれた頃から一度も家の敷地外に出たことがなかった。異性も父親しか知らず、男というものを理解していない。姉の代わりに愛鳥の家庭教師役となった鷲一。無防備に胸を押し付けたりする彼女のスキンシップに理性が壊れ、欲望のままに押し倒してしまう。鷲一「俺のチンポの形になって気持ち良くなっているはずだよ。ほら、ほらッ!」愛鳥「私っ、チンポっ…なんて…知らないですぅ!」そして、汚れを知らない箱入りお嬢様は淫らに快楽を貪る一匹の雌へ変わっていく…。淫らな行為に耽る中、やがて姉の「嵐野翠」も巻き込み、夏休みという短い期間で、三人の歪な関係が幕を上げる。

ふしぎ電車
駅前の酒場で酔いつぶれて目を覚ました主人公。そこはふしぎな路面電車が走る、ふしぎな町だった。不条理に満ち、常識では考えられない町。「お客さん、どちらまで?この路線は、この電車だけ。一日一本の片道運行だ。どうする?乗る?最終電車だぞ」――“少女車掌”と名乗る少女車掌にせかされて、路面電車に乗り込んだ主人公。彼は、そこで様々な物語とあらゆるエッチな出来事を体験していく。ふしぎな体験をしながら終着駅に着いた主人公。しかし、そこに着いた時はもう夜が遅く、駅前の酒場で夜明けを待つ。またもや酔いつぶれ、目が覚めるとそこは路面電車の走る不思議な町……そして、それまでの記憶を無くした主人公は再びふしぎな路面電車に乗り、ふしぎな町を巡ることになる。この無限にループする路面電車の旅は一体いつまで続くのか?主人公は、いつになったら家に帰れるのだろうか?

EXOR〜マリアのゆりかご〜
とある学園の一教師である主人公“柊道孝”。彼はかつて優秀な退魔師であったが、仕事中のトラブルでパートナーであり恋人でもあった“如月美咲”の命を失った過去があった。その時、同時に退魔師の力も失くしてしまった彼に残されたのは、素性不明の小さな子供だけ。道孝はその子を“太一”と名付け、自分の手で育てることとなる。それから数年後、道孝の前に突然、美咲の妹“凪沙”が現れた。彼女は廃校寸前となっていた「マドレーヌ学院」を買い取り、退魔師の養成所として再興させたという。凪沙は道孝を、その学院の退魔師養成のために主任講師としてスカウトしに来たのだった……。





〜 サイドビジネスサーチエンジン 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット