アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
NTR48 〜俺の家族が寝取られるまでの48日間〜
ご近所でも有名な仲良し家族の日下部一家は、毎日幸せに過ごしていた。しかし、その幸せは影で少しずつ…少しずつ…壊されていくのだった…。『良い人』だったはずの人間達によって、知らない内に寝取られていく家族達。――家庭崩壊の危機が訪れる。一体、この一家はどうなってしまうのか…。

ムスメ生存遊戯1/5
一代で富を築いた所謂成り上がりの男。そんな彼の命は病魔により散り掛けていた。精神を病み、男手一つで必死に働き育てた愛娘達を、死んだ嫁と錯覚してしまう。男は思考と本能の入り混じる状況で『愛娘』に手を出してしまった。娘達は当然の様に嫌悪した。しかし、それが…彼女達の運命を左右する、文字通り生き残りを賭けた…無慈悲なゲームの始まりとなってしまったのだ…。

お前は獣人肉便器〜タネヅケ無限ループ〜
伝染病により世界の人口は大幅に減少してしまった。人類滅亡を危惧し、女達に子供を強制的に産ませる計画が立ち上がる。短期間で大量に子供を産ませ人口を増やすため、人間と動物を掛け合わせ“獣人”を作る研究が行われる事になった。それが「獣人化計画」と呼ばれるものだ。

雨音スイッチ 〜やまない雨と病んだ彼女そして俺〜
運動も勉強も平均的で普通の生活を送っていた水島慎二は、とある女の子と知り合いになる。里中雨音。学園に転入してきたばかりで、まだそれ程親しくはない彼女。雨の中、傘も差さずに『あめふり』の歌を口ずさんでいた。雨に濡れる姿はこの世のものとは思えぬほどに美しく、不思議な雰囲気を纏っていた。驚き駆け寄った慎二の胸に、雨音はゆっくりと倒れ込む。腕の中の少女に惹かれ、関わりを持った事で慎二の生活は徐々に変化していく…

シオリノコトハ 〜密室図書館の生贄〜
深い森を抜けた先には、洋風建築の大きな図書館があった。東賢治(あずまけんじ)は暇を見つけてはその図書館に寄っている。普段余り本を読まない彼がそこまでするのは、図書館で働いている女の子が原因。朱鷺田栞(ときたしおり)彼女に一目惚れした賢治は今日も図書館に行き、栞の姿を眺めながら読書をしていた。そんなある日、読書中に居眠りをした彼は、けたたましい非常ベルの音で目を覚ます…辺りは真っ暗になり、扉も開かず…図書館は完全な密室へと変貌する。彼女に関わった事で、賢治の人生は、大きく変わっていくのだった…

心壊少女〜僕は彼女が ××× されるのを目撃した〜
――僕は、彼女がXXXされる所をもくげきした。○月×日…婦女暴行事件発生…テレビからそんな事件のニュースが聞こえる…憂鬱だ。これから通う事になった学園でも、同じ様な事件があった。まだ記憶に新しい、その事件の被害者である少女に…僕は出会ってしまった。あの時から…静かに、人生の歯車が狂い始めたのだろう…。

パトガール
──20XX年。1500万人が暮らす首都・トーキョー。華やかな発展と成長を遂げる一方、この街の犯罪件数は年々増加の一途を辿っていた。多発する凶悪な都市犯罪に警察は事態に上手く対処しきれず、治安は急速に悪化。政府は、警察機構の一部を分割、民間にその業務を委託することを決定した。 堅苦しい規律に囚われる事なく、臨機応変な活動を許された組織−Security and Business Enhancement Resident-通称『SaBER』社の誕生である。 厳しい訓練の末に選び抜かれたエリート集団であるSaBERの構成員だが、その中でも特に問題…もとい優秀ということで名を挙げているコンビがいた。主に首都警護を任務とする女性のみの部隊・パトガール隊隊員の<美浜 明日香>と<一宮 鈴花>である。首都の安全を司る守護女神として日夜パトロールに励む彼女達。だがその背後に、恐るべき狂気と悪意の罠が 音も無く忍び寄っているとは、知る由も無かった…。<『明日香編』導入部>女性拉致事件発生!明日香と鈴花は被疑車両を追跡を開始する。だがあろうことか犯人は、車から拉致した被害者を放り出して逃走。かろうじて保護された被害者の女性は何と、SaBERの新人隊員だった…。<『鈴花編』導入部>明日香、鈴花が追跡する不審車が、カーチェイスの末に事故を起こし大破。運転席にはドライバーの姿は無かったが、トランクから手錠をかけられた女性が発見される。二人は受け入れてくれる救急病院を探し、岬医大を訪れるが…。

しまぱん学校霊と擬人化H
主人公は霊感体質のネクラな男の子。ある日学校に幽霊があらわれはじめ、オカ研の連中とオバケ退治をすることに。擬人化した霊もオカ研仲間も、みんな美少女だった!?Hなハプニングエロシーン満載のKur-Mar-Ter10周年記念作

Sっ娘お嬢様とドM男
主人公はフツーの男の子。ある夏、親の都合で全寮制の学園へ転校することに。そこは日本有数のお嬢様学校で、男子は主人公ただひとりだった!!なんでも今春共学になったけど、だれひとり合格者がいなくて、たまたま転入試験に受かったのが主人公だとか。イヤでも目立つ彼は女学生たちの好奇心の的になり、“Sッ気のあるお嬢様”たちに振り回されまくり!!しかも、彼女たちは“性知識が乏しい”だけに大胆過ぎたり、時にシャイだったりでチンプンカンプン!?

淫辱診察室〜愛欲のカルテ
俺の名前は中井英寿。事故で入院生活を送ることになった不幸な男だ。その日、淫らな妄想で頭をいっぱいにしていた俺は、赤信号を無視して大通りに足を踏み入れていた。その結果、突っ込んできた車にはねられて頭を強打し即日入院が確定したというわけだ。幸い外傷は軽かったが精密検査で脳波をとったりするということでニ週間の入院生活を余儀なくされた。聖ルイス病院の中でも特に人気のナース栗山美由紀。入院自体は運の悪い出来事だったが、美由紀の看護を受けられるのはラッキー…そんな気持ちで俺は浮かれていた。午後の診察室では毎日検診を受けなければならない。面倒と思いがちな検診も俺にとっては第二の楽しみだった。なぜなら担当の神林梓はセクシーボディの知的美人女医だったからだ。「栗山美由紀を陵辱して牝奴隷にして欲しいの」予想だにしなかった要求…そして俺の股間は梓の口含まれる。背徳の入淫性活は始まったばかりだ…。

体育調教師 〜鬼畜授業ブルマー遊戯〜
俺の名前は古山貫一。三度の飯よりも食い込みブルマーが好きだ。どうせならブルマー美少女に囲まれた仕事がしたかったんで猛勉強して体育教師の資格をとった。赴任した学園にはむしゃぶりつきたくなるような若い肉体があふれていた。そのなかでも、とりわけ俺の視線を釘付けにしたのが学園一注目されているお嬢様の平川麻里亜。廊下ですれ違っても愛想笑いひとつせず、俺を冷たい目で見下しやがった。近いうちにこいつの肉体を無理やり汚してやる…俺はドス黒い欲望を胸にいただきチャンスを伺っていた。そんな中、学園に落ちていた一枚の写真を手に入れた。俺の受け持ったクラスの癒し系美少女である葛西忍が一人寂しくオナニーに耽っていた…。俺はこの写真を突破口に学園美少女の凌辱調教を企てることになる…。

超満淫 〜女子性奴車内調教〜
俺はしがない探偵事務所の所員だ。浮気調査からペット捜索まで何でも引き受けている。聞こえはいいが、ドラマや映画のように決して儲かる仕事じゃない。そんなある日、破格の仕事が入った。単なる素行調査と思っていたが、どうも一筋縄じゃいかないようだ。『国性調査』???少子化の一途を辿るこの国の将来を担う少女達。そんな彼女達の性知識と肉体に関する調査らしい。『国勢調査……の間違いじゃないのか?』あまりの依頼内容に俺は不信感を抱かずにいられなかった。しかし、手渡された写真を見て、即決した。無作為に選ばれたという二人が美少女だったからだ。こうして俺は犯罪すれすれの仕事をすることになった……。主人公が依頼された「調査」によって、二人の美少女が淫猥な性奴に調教されていく。満員の車内で繰り広げられる美少女調教。強制的に快感を与える痴漢行為から、やがてあるまじき行為に至るまで調教された二人の美少女はやがて……。

隷属秘書〜牝犬オフィス調教課
初心な新入社員と牝奴隷秘書を徹底調教!「初めてなのに…こんなのって!」初心な新入社員かおりの処女膜を破り淫乱な隷属秘書に調教せよ!「濃くて臭いザーメン体中にかけてぇ…!」先輩社員の綾子…白濁液なしにはいられない牝奴隷秘書の痴女誘惑プレイ。淫乱牝奴隷の綾子を調教に参加させ3P肉感調教を遂行せよ!

家政夫鬼平〜潜入!未亡人一家女体まみれ
亀田鬼平(主人公)は、炊事、掃除、洗濯なんでもござれのハウスキーパー(=家政夫)。しかし、この仕事はかなりの重労働。ストレスも溜まれば、ザーメンも溜まる。鬼平は従順な家政婦を演じながら、奥さんや娘さんの弱みを握り、肉奴隷として可愛がってそのストレスを解消していた。今回の家庭は、未亡人とその娘さん二人の美女三人で凌辱するには絶好の環境だ。鬼平は、来るべき凌辱の機会に期待と股間を膨らませながら、満面の笑顔で主人となる三人の美女に尽くすのだったが……。

家庭訪悶
草月学園の臨時採用の枠に入り込んではや3ヶ月。こんな俺でも多くの女学生にからかい半分にコクられてきた。中でも学級委員の白石ひかりはどうやら本気のようだ。しかし、俺にとっては少しもありがたい話ではない。なぜなら、俺の好みは「年上人妻一筋」……他人の理解は得られないマニアックな趣向なのだ。それからしばらくして、俺は白石の家庭を訪問することになった。成績優秀だったはずの白石が、このところ試験で悪い結果を残すようになった原因を探るためだ。白石家の玄関の扉が開くと、ここには大人の魅力をもった女性が立っていた。俺は一目惚れしてしまった。教え子の母親だというのに…。

姦熟姉妹〜母ふたり乳搾り
尾並祐樹は大学受験に失敗して浪人として予備校と家を往復するニートなりかけの青年。母である尾並桜子に対する劣情が日々大きくなり予備校教師として教えを乞う薗田麗佳にその悩みをこっそり打ち明けていた。麗佳は母桜子の実妹だが性格はまるで反対。しかし姉妹とも男性の目線を集めるほどの官能的なボディラインをもっていた。退屈で先の見えない日常。生産性のない母親への劣情が日々大きくなって歯止めが利かなくなりそうな今、祐樹自身が思いもよらなかった背徳行為を重ねる「非日常」のシナリオが幕を開ける…。

淫辱スタジオTAKE2〜姦獄鬼畜ショータイム
アダルトゲームの収録現場。「若手人気声優」片瀬忍の不用意な一言が「ベテラン声優」早川沙織のキャリアを踏みにじる。「一生エロゲー声優なんて絶対にイヤ!」逆恨みした沙織は自分の肉体を報酬として忍の凌辱調教を鬼畜ライター神野憲一に依頼した。「自分の作品のネタにするか……」軽い気持ちで引き受けた神野だったが、凌辱調教の黒い魅惑の虜になりその行為は次第にエスカレートしていくのだった。

家政夫鬼平〜住み込み女子寮で酒池肉林
家政夫って知ってるか?俺の名前は亀田鬼平。男女雇用均等法、職業選択の自由。家政婦=ハウス・キーパーも男の仕事としてアリなわけ。家事全般が得意な俺は、男手が足りない、主婦がいない、そんな家庭に雇われる。掃除、炊事、洗濯なんでもこなすしがない「お手伝いさん」だ。しかし、この仕事は究極のサービス業だ。ストレスが溜まりまくり、ザーメンも溜まりまくり…。俺は従順な家政夫を演じつつ、赴任先の女性の弱みを燻り出して肉奴隷にするのが隠れた趣味だ。今回はお嬢様学園の女子寮からお呼びがかかった。ぎっくり腰で動けなくなった調理部の婆さんのかわりに半月ほど住み込みでご奉仕ってわけだ。『女の園』……いいねぇ!男っ気がないところで牝が好き放題やってやがる……こいつは堪らんぜぇ……さっそくパクリとつまみ喰いだ!

淫辱スタジオ最終テイク〜薄汚ねえシンデレラ
「アナタは……売られたってことよ」俺の肉奴隷声優……氷室小夜子が冷たく言い放った相手は、昨日まで大手プロダクションの社長令嬢だった柏原恵美莉。父はキャリア40年の大物声優、柏原秀夫。彼の事務所であるKプロは多額の借金を負って倒産した。柏原とその妻は失踪。ワガママに育った娘の恵美莉だけが残された。恵美利はこれまで業界で力のあった父親の威を借りて収録スタジオでやりたい放題だった。俺もかつて取引メーカーからの圧力もあり、恵美莉と何度か仕事をした。その時はほとほと手を焼いたものだ。しかし……今は違う。恵美莉は俺のもとにやってきた。「声優としてやっていきたいので面倒を見て欲しい」と。俺にとって声優は単なる肉奴隷。このはねっ返り娘は仕込み甲斐がありそうだ。俺の商品を買ってくれるユーザーのためにもたっぷりと艶技を叩き込んでやるか……。

女囚騎士セリシア
親衛隊を分隊長として率いる屈強の女騎士セリシア。彼女は高潔な人柄が仇となり謀計によって失脚、娼婦の館に送られてしまう。そこで待っていたものは、辺境砦のリーダー・ゾーゲムによる徹底的な凌辱調教だった。ゾーゲムに寄り添う魔道女・ヴァーラの秘術によって大人の身体から初心な身体まで自在に操作され、終わりなきかのごとく繰り返される淫靡な凌辱調教。次第にセリシアの精神は蝕まれ、快楽の虜として堕落を始める……。

姦熟女教師〜肉欲に濡れる罠〜
今日から私立聖貞学園で教育実習が始まる。卒業生でもある俺は、恩師である風祭由美子先生との再会に想いを馳せていた。大学生活中でも由美子先生の思いは消えることなく、むしろ肥大化していた。そんな中、受け持ちのクラスの生徒であり、由美子の実の娘である風祭紅音に声をかけられる、クラスの人気者である紅音は、今の俺にとってもささやかな心のオアシスとなっていった…。ある日、紅音は俺に対して無邪気な好意を口にする。「先生になら……何をされたっていい……それくらい大好きなんだから……」憧れの女教師、愛くるしい教え子……複雑に絡み合った絆の迷宮。俺の心の奥で秘められた情欲が暴走を始める。

姉妹巫女〜恥辱の緊縛卍責め〜
神に仕える巫女は邪神“オロチ”への最高の供物だった。邪神“オロチ”の復活を目論む男“屋木坂 玄人”は「美那神姉妹」の妹「さつき」に目をつけ、“傀儡術”を掛け、“八百岩戸の御守役”の姉「はづき」を罠に掛ける。はづきとさつきの二人をそれぞれ監禁し、邪神オロチへの供物として調教を開始。厳しい責めについに心を砕かれる姉妹巫女。だが、そこからさらなる調教が昼夜を問わず繰り返される。肉奴隷へと身をやつした二人の運命や如何に!?

モリガンの憂鬱〜淫堕の女王〜
神話の時代に生きた、槍を携えた英雄『クーフリン』。百戦錬磨の強き騎士であると同時に、絶世の美少年である彼に惚れたモリガンは、力づくでクーフリンを手に入れようと、彼の故郷の街を焼き尽くし、両親や婚約者を奪い去った。全てを失い、呆然と立ち尽くすクーフリンの前に、モリガンの使いである『オイフェ』が現れ、モリガンの元で暮らすよう告げる。自らが愛する街や人を奪われたクーフリンは怒り、オイフェを倒して、モリガンの元へ案内させる。オイフェがクーフリンをうまく手懐けて連れてきたと思っていたモリガンは、油断して捕らえられてしまう。クーフリンのモリガンへの復讐が始まった。

痴女の館〜痴的な女主人〜
大学進学に伴い、下宿先を訪れる比嘉祐樹。そこで待っていたのは不気味で不思議な古びた洋館とメイド、そして妖艶な女主人だった。軽作業を手伝うだけで家賃が不要という破格の条件と、美しい女主人とメイドと共に生活できるということもあり、新たな生活に胸を膨らませて、眠りにつく祐樹。しかし真夜中、腰の辺りに奇妙な感覚を覚え目を覚ますと、そこには驚くべき光景が広がっていた。四肢をベッドの四隅に縛られた自分と、淫らな笑みを浮かべながら腰を振る女主人の姿が。そのあり得ない光景と経験したことのない快感に、祐樹はただただ震えるのだった。背徳的で官能的な物語で貴方の願望を叶えます。

叔母穴〜オーバーホール
葛城裕也は、父と母との三人暮らし。親友の澤田一輝と遊んだり、平凡な日常を過ごしていた。ある日、母・瑞穂が一輝と関係している所を目撃し、ショックを受ける。そして、瑞穂が一輝の家に入り浸っているであろう日に、瑞穂の妹・叔母の千尋が訪ねてきた。瑞穂と千尋の姿がダブって見える裕也。ここ数日渦巻いていた黒い情動が湧き上がる。「母さんはもうすぐ帰ってくると思うから、ちょっと待ってて」そう言って差し出したコーヒーカップの中には、ある薬が入っていた―。

妹辱
同じ学園に通う妹の篝火(カガリ)は、元アイドルという肩書きを持つ学園の人気者。そんな妹と血がつながっているとは思えないほど、兄である宙(ソラ)はイマイチ風采があがらない。口の悪いやつは、「いいところはすべて妹が持っていって、お前は出涸らしだな」とはばからない。もっともその通りなんで、なにも言い返すことはできないが……。ある日、宙が好意を向けている女生徒から一方的な文面のメールが届く。怒らせたり嫌われたりするような行為をした覚えの無かった宙は、わけがわからず篝火に相談。すると、篝火が一枚噛んでいることが判明。他人には媚を売るくせに、いつもいつも俺の前では生意気で我が儘で、俺をバカにしやがって……。それでも可愛い妹だからと大目に見てきたが、もう我慢ならんっ。激怒した宙は、篝火への仕置きを開始する。

裏就活〜何でもシますから挿入れてください!
今をときめくグローバルIT企業“フェイグルス”で働く、人事部の山玉雅彦(やまたま・まさひこ)は今年初めて新入社員の面接官に選ばれた。人事部長からの指名ということもあり、絶対にいい社員を採用しなければならない……そんな気持ちで望んだ就職面接だったが、あまりにも態度のデカい十文字亜由美(じゅうもんじ・あゆみ)に対して心のリミットが外れてしまった。面接官という立場を利用してパワハラによる淫行を試みたのである。亜由美攻略の糸口を掴んだ雅彦は、さらに気の弱そうな就活女子、片倉由貴(かたくら・ゆき)にも、その魔の手を伸ばすのだった。欲望に駆られた裏就活はどんな結末を迎えるのか――?

臨姦副都心線〜止まらない痴漢連鎖〜
公共の場所で相手に羞恥心を抱かせ不安にさせる行為、『痴漢』。その痴漢行為が、『斉京線』では平然と行われていた。毎日のように痴漢行為が横行し、多くの女性客がその被害に遭い、その身体を欲望の手に弄ばれていた。巧みな連携に寄って助けの手は遮られ、身体を悪戯されるのは当たり前として、時には性交渉にまで及んでいた。そして極めつけは、今なお伝説とも呼ばれ、その手の人間の語りぐさとなっている痴漢パーティ。何人もの痴漢者達がその欲望を貪り、多くの通勤客をも巻き込んだ集団痴漢行為は、取り締まりを強化するきっかけともなったが、同時にその路線をこう呼ばせることとなった。―『臨姦副都心線』と。

娘辱
遠く日本を離れた地で講師をしていた俺のもとに届いた、妻の容態悪化の報。取る物も取り敢えず帰国したが、一足遅く看取ることは叶わなかった。それから半年後……。ふたりの娘が通う学園で講師をする悟は、ある日、理事に呼ばれ、姉である依鈴の結婚話を打診される。ふざけるな!依鈴が結婚だなんて、まだ早い!そういえばこの前、仲睦がしけに男子生徒とふたりで歩いている瑠乃を見かけた。まさか、彼氏なのか?くそー、娘たちふたりと俺が一緒に住めるのは、妻が最期にくれたプレゼントだ。それを見知らぬ男に壊されてたまるか!誰にも渡してたまるものか!依鈴と瑠乃のふたりはオレのモノだ!!

サナトリウムの雌豚
そう、少女は生きながらに、「雌豚」とされてしまったのである。仄暗い昭和の歴史の最初の二十年。世界の全てを巻き込んだ戦争が終わりに差し掛かろうとしていた、最後の数ヶ月。戦争の残照ともいえる忌まわしい研究は未だに続いていた。「傷痍軍人ノ前線復帰ノ為ノ予備研究」帝国軍の秘密機関で行われていたその研究は、戦いに傷つき、人としてすら生きることをままならぬものとなってしまった者達を復活させるための研究でもあり……そして、それらを最後の肉の一片まで使い潰す研究でもあった。幸いにして、そして不幸にして、その研究の「成果」はただ一人の少女でしかなかった。零号被検体・零(れい)彼女はとある重病を生来背負って伊豆にある修道会系サナトリウムに収容されていた少女だった。余命幾ばくもない彼女が、この全てが終わろうとしていた季節まで生きていられたのは若き天才科学者、尾崎のおぞましい研究の成果のため。彼は先天的な免疫不全を利用して、ヒトと異種動物間の臓器移植を実現しようと彼女を利用した。その結果……。彼女は命と引き替えに、少女としての全てを失うこととなってしまった。尾崎が移植に利用したのは、人間とその臓器の配置と大きさが似通っている「豚」。そう、少女は生きながらにして、「雌豚」とされてしまったのである。そしてこれは、その不幸な少女と、その周囲で起きた出来事の、最後の数ヶ月間の記録である。





〜 車検一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット