アドベンチャー H動画


TOP >>> アドベンチャー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98



タイトル
紹介
ヴェルディア幻奏曲(プリティプライスシリーズ)
十年かぶりに足を踏み入れた故郷『ウィーネフェルト』。街と人の存在を支える大樹が花を咲かせ、更にはお祭り『ヴェルディア祭』を控え、活気に溢れていた。空腹と疲れによって行き倒れになる、なんていう頭の痛い到着は、僕に貴重な出会いをくれた。というのも、行き倒れた僕に手を差し伸べてくれた少女は不思議な力を持っていたのだ。『フィーナ』、彼女は楽器を召喚するという、普通にはあり得ない力の持ち主だった。呼び出されたハープから奏でられる、優しくて温かい音色…………胸の中に広がる音に、僕はしばらく我を忘れて聞き入っていた。ヴェルディア祭では、大樹に感謝を捧げるための演奏会がある。その予選に参加を決めていた僕は、一緒に出てくれるメンバーを探していたんだ。こんな娘を誘わない手はないんだけど……同じように演奏会を目指すライバルたち。降り始めの雨のように、ぽつぽつと街で起こり始める異変。最初は奏でる楽器の音色で掻き消せていたそれも、何も聞こえないほどの土砂降りになっていく。僕らの音を街に響かせることはできるのだろうか。

ワンダリング・リペア!(プリティプライスシリーズ)
年頃ゆえの反発心から家を飛び出し、亡き祖父が営んでいた時計店に住み込んでいる主人公『槙島 萩介』。自分も将来は時計屋になりたいと思いながらも、まだ先のこととのんびり構え、平穏かつ退屈なぬるま湯の日々を送っている。ところがある日の夜深く、小さな女の子が店へとやって来たことから事態は一変する。「この時計を修理して」と必死で訴えてくる女の子の頼みを断りきれず、祖父の見よう見まねで渡された懐中時計をいじる萩介。その時計を身につけた女の子は突然、萩介と同年代の少女に大変身!どうやら萩介が中途半端にいじったことが原因で、少女の時間が狂ってしまったらしい。時間を固定するためには、二人で作った“楽しい記憶”が結晶化した歯車を使い、時計を完全に修理しなければならない。こうして萩介は、アミリと名乗る不思議な少女と思い出作りに励むことになる。果たして、見た目の年齢がコロコロ変わる少女の正体は!?また、時を同じくして周囲で起こりはじめる“時間”に関する事件との関連は!?

ふぃぎゅ@メイト
『阿騎馬町』……全国のオタクたちが聖地として巡回することを望む場所。通称アキバロード。ごく一般的なオタク『渡馬 景護』は毎日のようにアキバロードに入り浸り、同人誌を値踏みし、エロゲーを物色し、美少女フィギュアを買い漁る充実した日々を送っていた。中でもお気に入りは現在絶賛放送中のアニメ『恋するシルクハット〜マジ狩る怪盗メメ子〜』関連のグッズ。そんな彼が手に入れたメメ子フィギュアは……本物の魔法少女が乗り移ったメメ子フィギュアだった。禁断魔法を使ったせいでこの世界に来たという魔法少女は、問答無用に自己中心的に話を進め、しまいには元の身体に戻るために「そのセイエキとか言う液体を私にかけて」と言ってくる始末。大好きなキャラクターに生では言われたくない言葉に、困惑する渡馬はどうするのか!?そして二次元にしか存在しない魔法少女が、オタクの集まる町阿騎馬町に降り立たてば、一体どうなってしまうのか!?奇妙なフィギュア魔法少女とオタクの、熱く濃い夏が始まる。

乙女恋心プリスター FANDISC
合計19本のAfter&Anotherストーリー!!「乙女恋心プリスター」本編で12人のヒロイン達とエンディングを迎えた後の「After」と、あのサブキャラクター達との「Another」が描かれたストーリーを収録!イチャラブエッチなシナリオが19本詰まった大ボリューム!!

淫触の辱夢
僕の名は間越信雄(まごしのぶお)。自慢じゃないが、僕は学園で女子のグループに苛められていた。担任教師や家族も、僕の言葉なんか聞いてくれやしない。だが、僕は【自分で好きな夢を見る事が出来る枕】を手に入れた。ククク……この枕さえあれば、僕は夢の中で、あの忌々しい雌豚どもを苦痛と快楽の極致に貶めてやる事ができるのだ。早速使ってみると、思い通りの夢を見る事ができた。僕は無数の触手を自在に操り、あの雌豚どもの口を犯し、体中の穴という穴を犯し、悶絶するまで白濁液を注ぎ込んでやった!ククククク……素晴らしい!だが、僕の復讐はまだまだこんなものじゃ終わらない……。僕を虐げ続けてきた女子、僕の訴えを無視した女教師、それに家族……どいつもこいつも、僕の触手で壊れるまで犯しつくしてやる!!!

マジカルチェンジゆうきくん
都心から離れた自然が多くある地方都市。ベッドタウンながらも商業施設が充実してきている街で、都心からの注目を浴びていたが、事件がほとんど起こらない静かな街だった。主人公、高瀬勇希は、外見が女の子と間違われるほど優しげで繊細なためにクラスでも女子扱いされて、自分の外見にコンプレックスを抱きながら日々を過ごしていた。ある日、外で授業を受けていた時に、空から降ってきた硬い何かが頭にぶつかり、クラスメイトの藤美姫子に助けられて保健室へ向かう。保健室には幼なじみで先輩の吉崎美夏がいて、二人に心配されながら体を休めることにしたのだが、全身は痛くなるばかり。あまりの痛さに呻いていると、突然、勇希の体は女性化してしまうのだった。驚いている一同に、勇希が来ていたジャージに引っかかっていたらしい人形のような大きさの少女が語りかけ、元の体に戻るためには少女に協力しないといけないことになってしまう。とても常識では信じられない出来事に遭遇してしまった勇希は、男に戻りたい一心で少女の手助けをすることになるのだが……。

桜花繚乱
戦国の時代も終焉を終えて長き時間が過ぎ太平の御世は、人々に戦というものも忘れさせていた。しかし太平の御世にも争いの種は尽きぬ。世は安穏とした泰平に慣れ、狡猾なもの達により乱されていた。この状況に、憂いと懸念を持つ幕府は、独自の機動性と大きな権限を持つ特警を設立。凶悪な賊の群れを取り締まるのであった。その特警に、主人公『桂木恭介』が新人同心として配属されるところから、物語は始まる…。

姫×姫 DL版
「私立桜花林学園」上流階級の紳士淑女が通うその学園には、姫と呼ばれる生徒を中心に学園を仕切る絶対王政の自治制度があった。主人公はひょんなことから庶民の身から上流階級に仲間入りし、その「桜花林学園」に通うことになる。ところが初日からトラブルで寮に入れず、現在の姫「九条院咲姫」と生活することに。わがままな咲姫の生活に振り回されたことから、すっかり姫の下僕と勘違いされることになる。破天荒な生活を嫌がっていた主人公だったが、想像とは裏腹に姫と共に行動することで振り回され、衝突しつつもそれなりに学園のことを考えていることを主人公は知り、心から楽しい学園生活を送れるよう考え始めていく……

Elle:Prier 〜しあわせの欠片をさがして 〜DL版
未来都市、宙市で学園生活を送っていた主人公、江戸川菱。だがしかし、彼の日常は父親が連れてきた幼い顔立ちの少女『門真このみ』の登場で一変する。その少女は科学者の父親によって作られたサイボーグボディのアンドロイドであると告げられたのだった。メモリー記憶が欠けているという『門真このみ』は父親の提案により、菱の親戚と名乗って一緒に暮らし学園生活を送ることになる。『門真このみ』のメモリー記憶を戻すべく、奔走する菱。色々な想い出の場所に回ったり、会話をしたり、時にはHなことも……何故、菱は彼女の記憶を取り戻すのか?そして『門真このみ』とは一体何者なのか?少し未来の少し不思議な街に起こるハートフルラブストーリーが始まる。

妹恋〜しすこい〜
俺こと笹山優一には双子の妹がいる。病弱だけど元気な未優とツンとしている優衣。未優には迫られ、優衣には怒られながらも、朝の弱い俺たち兄妹の面倒を幼なじみの愛美に見てもらいながら過ごしている。今日も未優のさりげない誘惑をかわす日々なのだが、妹になんて女の子として意識するわけがない。優一はそんな思いをため息に変えて過ごしていく。ある日、文芸部室で如月穂花の着替えを覗いてしまい、それをきっかけに文芸部に妹たちと入部することになる。さらに、騒がしく過ごしていたところに父親から突然の電話。しかもいきなり、「どちらかの妹は血がつながってないんだ」とカミングアウト。ちょっと待て!どういうことだ!?と戸惑うが、内緒で頼むと言われてしまう。そのせいで妹たちを意識してしまって、あたふたすることに。やめて、裸で迫らないで!頼むから下着姿で歩かないで!あ〜もう……どうすればいいんだ!

My Friends
高校を卒業し、初めて迎える夏休みを前に、徹の周辺は慌ただしくなり始めた。いままで友達だと思っていた女の子からの告白。返事を言い出せないままに、親戚の経営するペンション「ミステル」から旅行の誘いが。幼い日に憧れた女性、早苗との再会。美咲、由利恵、智子との多角関係に混乱を掛ける真弓の告白。大自然にかこまれたペンションでの日々の中、徹はどのような決着をつけるのか?ペンションから帰る時、彼の隣に腰かける女性は?ドキドキハラハラなペンションでの恋愛劇の幕が今開く!

はぷにんぐJOURNEY
二学期の終わり、主人公の正晴は悪友の一己からスキーに行かないかと誘われる。まだ一回しかスキーに行った事がなく、その時にあまり良い思いをしてなかった正晴は良い返事をしないが、一己の「声を掛けにくいだろうから、夕季は俺の方から誘っておくから・・」の言葉についついOKしてしまう。その代わり、一己が好意をよせている美紀を、テニスでペアを組んでいる正晴が誘う事になった。美紀は正晴が声を掛けると即OKの返事。一己の方も夕季を上手く丸め込み、四人で旅行に行く事になるはずだったが、そこに話しを聞いていた和乃が参加したいと言い出してきて、それにつられて麻衣も来ると言いだした。更に、担任の理香も来ることになってしまい、波乱含みのまま冬休みに突入、北海道スキー旅行へ出発する事に…

それでもオレはやってやる!Vol.1
主人公、笹元市朗(ささもと・いちろう)はどこにでもいる普通のサラリーマン。妻と娘がおり決して裕福ではないものの、幸せな家庭を築いていました。しかし、ある日その状況は一変します。主人公は会社への通勤途中、痴漢の容疑をかけられてしまうのです。必死に冤罪を訴え続け、証拠不十分で釈放されたものの、すでに家族や知人には知れ渡ってしまった後。久しぶりに家に帰った主人公を待っていたものは、「実家に帰ります」と書かれた手紙と離婚届だけでした。職場でもOLたちに陰口を叩かれ続け、やがて自主退社に追い込まれてしまいます。全てを失った主人公は家に引きこもり、そこでインターネットの裏サイトを発見します。「痴漢の巣窟」そのサイトは、痴漢を行った時の状況をアップロードしたり、次のターゲットを公開、仲間を集う集団痴漢のサイトだったのです。(こいつらがいるから…!!)最初は怒りを覚える主人公でしたが、ターゲットの中に見覚えのある女たちを発見して怒りの矛先が変わります。そこには、主人公を痴漢呼ばわりした女と、そして職場でその噂を言いふらした女もいたのです。「今さら失うモノもないしな…せめてこいつらに」主人公の中の悪魔が囁きます。彼はサイトに登録し、この二人の集団痴漢に応募したのです。こうして、彼の狂った人生が動き始めます。

それでもオレはやってやる!Vol.2
主人公、笹元市朗(ささもといちろう)は痴漢容疑の冤罪によりすべてを失ってしまいます。そんな中で偶然見つけた裏サイト「痴漢の巣窟」。痴漢を行う人々に最初は怒りを覚えた主人公も、ターゲットの中に彼を痴漢呼ばわりした女を見つけたことから報復のために自ら参加して行くことになります。そして、報復を果たした主人公は気づきました。復讐の喜びよりも、痴漢行為そのものに大きな快楽を覚える自分に…。こうして、サイトの住人達とともに痴漢を繰り返していたある日。新たなターゲットとして一人の女性が挙げられます。「高梨麗子(たかなしれいこ)」。主人公がかつて勤めていた会社のOL です。彼が仕事を辞めなければならなくなったのは、彼女による陰険なイジメがあったからにほかなりません。「今度はお前から全てを奪ってやる…」こうして、主人公はさらなる深みへと転がり落ちていくことになるのです。

他人妻 〜誘淫〜
とある企業に勤める木崎(主人公)は、営業としてトップの成績を挙げていた。今月も大手企業との取引を成功させ、他の営業部の面々の度胆を抜かせた。そんな木崎には裏の顔があった。それは凌辱者としての顔……。木崎は、営業部のアイドル的存在であるOL・吉野望を狙っていた。彼女は先月、同僚である部下と結婚し、人妻となった。木崎は、彼女の夫を罠に嵌めて、仕事のミスをでっちあげると、それをネタとして望に関係を迫り、その媚肉を味わうが……。

好きだよっ!
痴漢電車誤爆!?何の罪もない多くのサラリーマンが恐怖するその体験を、主人公の淳は経験することとなる。それがヒロインの新橋美奈との出逢いだった。「オレじゃねーっ」と、一応は犯行を否認したものの、結局その時は、淳は駅員に引き渡されてしまう。翌日。淳は真犯人の痴漢オヤジを捕まえ、美奈の前に突き出す。それによって、美奈も素直に非を認め、頭を下げたのだったが、結局淳の口の悪さが引き金となって、またしてもケンカ別れしてしまうふたりだった。このように、最悪の出逢いを果たした淳と美奈。だが、何の因果か成り行きで、淳は美奈の姉・玲奈の所属する同好会へと入部することとなってしまう。部員は淳と玲奈のふたりっきり。玲奈の身を案じた美奈も、淳から姉を護るという名目で入部した。かくして物語は始まる。クールでぞんざいな性格の主人公・神田淳。明るく活発で世話焼きながら、素直じゃない新橋美奈。優しく温厚な性格ながら、盲目というハンデを背負う新橋玲奈。後に入部することとなる玲奈と美奈の妹・新橋梨奈。淳の悪友・池田遼太郎,美奈の親友・目白聖…。楽しい学園生活を送るためにも、彼らは、同好会運営のための部費を稼がなくてはならない。つまり、他部の手伝いのバイトに奔走することとなるのだ。陸上競技大会・修学旅行・試験勉強・樟華祭(夏の文化祭)・夏合宿…。そして、夏休みの末、とんでもない事件が巻き起こる。何と、淳の父・神田芳夫と新橋3姉妹の母・新橋京子が再婚したのだ!!いきなり義理とはいえ、姉兄妹となってしまった淳と新橋3姉妹たち。お互いの立場に戸惑うも、それでも無情に日々は流れてゆく…。

神語〜かんがたり〜
物語はそろそろ秋も終わりに近づき、いよいよ寒さも本格的になってきたころに始まる。いつも通り日常を過ごす主人公。だがしかし、主人公の気づかないうちに何かが起きていた。発端は学院の生徒の一人が、魂の抜け殻のようになって発見された事に始まる。医師にも原因不明としか判断できず、心臓などの器官は正常に動きながら、一切の知的・反射的反応を示さないその様は、まさしく『抜け殻』というより他に無かった。この出来事は、学院にちょっとした恐怖とほのかな興奮、そして大いなる好奇心を巻き起こした。そんな出来事とは関係なく、主人公はいつものように適当に時を過ごし、天気のいい日の昼休みは屋上に寝転がり、興味の無い授業は寝て過ごした。だがそんな主人公の元にも異変は訪れた。以前から会えばケンカばかりの腐れ縁、『黒川龍也』の豹変であった。それまで辛くも龍也に全戦全勝だった主人公は、ある日突然人間とは思えない『力』を手に入れた龍也に叩きのめされ、まったく手も足も出なかった。命の危険すら感じるほどだった。主人公はこの時初めて自分に負け続けていた龍也の暗い執念を知り、その日から主人公の世界は変わり始めた。日に日に『抜け殻』は増え続け、主人公も目の当たりにするようになり、そして主人公の気を許す教師である『新条巴』や『大石力也』の謎めいた行動。理事長や教頭の不審な動き。事件に巻き込まれていくうち、主人公は理事長や教頭達の、愚かながらも危険な計画を知る。その計画に龍也が利用されている事も……。関われば危険な道。だがすでに片足を突っ込んでいた主人公は、仲間達と共に逃げずに立ち向かう。その先に何があるかも知らずに……。

我家に魔女がやって来た!
魔法界──。そこは、人間達の住む物質界とは違う世界。科学ではなく、魔法によって秩序が保たれる世界である。キリは、若いながらも魔法界で屈指の『黒の魔女』だった。だがキリは、自ら起こしたとある事件により、魔法界を脅かす元凶とされてしまった。魔法界の法王庁から追放されたキリは、法王庁に対して復讐を誓う。法王庁は、宣戦布告を打ち立てたキリに対し、二人の『白の魔女』を差し向ける。結果、『白の魔女』達はキリを魔法界から追放することに成功した。キリが追放された先は、物質界。正規の手順を踏まずに物質界へ来た魔女は、姿が縮んでしまう上、人間と契約しないかぎり魔法が使えない。そこでキリは、主人公である『椎名優輝』という青年に目をつけた。優輝は人のいい青年。キリはそこにつけこんで強引に迫り、契約を結んでしまう。優輝に止められれば魔法を行使できなくなるキリは、まず優輝を丸め込むことから始めようとする。キリの目的は、魔法界に舞い戻り、復讐を果たすこと。だが優輝と接しているうちに、少しずつキリの心は変化を遂げていく。そこに、キリの完全なる討伐を命じられた二人の『白の魔女』もやってきて──。

ふ・た・ば
佐々木慎(主人公)は、あまり両親からの愛に恵まれて育ったわけではなかった。幼い頃に両親が離婚し、大学教授の父親と暮らし始めたが、数年後にはその父親からも見放され、親戚の家に預けられてしまう。それから十数年後、慎は大学院生になっていた。そんなある日、突然、父親が再婚することになった。しかも相手は、幼い頃に母親代わりだった隣人の春野おばさんだった。関係ないこと――、と思っていたが、再婚から僅か半年後に父たちは事故で他界し、慎はその義母の連れ子だった双子の姉妹の保護者として一緒に暮らすことになった。しかし、以前、随分と慕ってくれていた双子の姉妹は慎に対して余所余所しい態度で…。

魔世中ハ我ノ物
主人公は邪悪な人間。悪魔より黒い魂を持ち、悪魔をも恐れさせる人物。ヒロインは政府の『内閣直属特殊事態特別対策室』に所属する正義のヒロイン達。『内閣直属特殊事態特別対策室』とは、密かに設立され、一般には隠されている部署で、主に現実に影響を及ぼす超常現象等の調査・解決を主任務とする。さぁ、正義の女どもを堕として手下にし、やりたい放題してしまおうではないか。

NOISE
主人公は人でなしの父親に幼少時に捨てられ、育て親に犬と呼ばれ虐待を受けて育った。だが育て親の元を飛び出し、実の父親へ復讐するため暴行と犯罪を繰り返しながら日本中を放浪するようになった。ある日、いつものようにレイプと窃盗を行うが、その現場を通りがかりの少女に見られてしまう。取り逃がしてしまうものの少女の定期入れを拾い、翌日少女の家を探り当てる。そこでその家の長男の義明と出くわし、主人公はあっさりのされてしまう。その後、主人公は自分と瓜二つの顔をした義明から説明を受け、義明と主人公が兄弟であることが判明する。また、父親はすでに死亡していることも分かり、目的を失った主人公は落胆した。そんな主人公を見かねた義明は、主人公を暫くの間匿うことを提案する。主人公は義明の家族の女性三人を観察した後、父親に向けられなかった復讐を、この家族で果たすことを考えつく。しかし、油断していたとはいえ自分を簡単にのしてしまった義明のこともあり、暫くは居候しながら様子を見ることにした。

巫女は狂宴の中に
『若本五郎(わかもとごろう)』は大学教授。務める大学は一流だが、何事も大雑把で面倒くさがりの五郎はその中では落ちこぼれだった。講義は適当、研究は他人任せ、無断欠勤多数など、問題を数え上げればキリがない。それでもこうして五郎が今の地位にいられるのは、元々五郎が無能なわけではなく、ひとたびやる気になればその研究意欲と成果は目を瞠るものがあるということを現理事が知っていて、五郎を気に入っているからだった。そして『立川勝也(たちかわかつや)』という有能な助手に支えられているのも、その要因の一つである。そのワイルドながらどこか愛嬌のある風貌と大雑把な性格が学生の人気を集めているということも関係あるかもしれない。だが、当然ながら五郎の存在に納得できない人物もいた。五郎と同じく考古学の研究を行う女教授、『畑山実路(はたやまみゆき)』もその一人だ。ある日、実路は五郎の大学内における実態をレポートにまとめ、提出した。五郎を大学から追い出すためだ。レポートは会議の場で取り上げられ、教授達の間で問題となった。そのことによって話は理事会でも持ち上がり、こうなっては理事長も庇いきれず、五郎の進退問題にまで発展した。結果、一定期間内に新たな研究とその成果を発表できなければ、大学を追放になることが決定した。五郎は「冗談じゃねえ」と頭を抱えたが、決定事項である以上、なにはともあれ結果を出さなければどうしようもない。勝也の手を借り、すぐさま大学の資料室を漁り始めた。生活がかかっていることが幸いしたのか、久しぶりに五郎の灰色の脳細胞は活性化を始め、膨大な資料の中から気になる記述を見つけ出した。それは、ある男が二つの不思議な玉を使って潮の満ち干きを操ったという伝承だった。しかし、五郎はこの伝承とよく似た話を知っていて、その話は宮崎県の伝承だ。─なぜこんな離れた島に、宮崎県に存在するものとそっくりな伝承が…?長らく沸き起こらなかった研究意欲がこみ上げる五郎。その脳裏には、今まで自分を見下していた実路の悔しそうな顔が描き出されていた─。

魔人星四郎シリーズIII 魔世中は終わらない
巨大コンツェルン「緒方グループ」の総帥である緒方星四郎(主人公)は、やがて生きとし生けるものの頂点に立つべく、悪事の限りを尽くしていた。そんな彼が最近、興味を注いでいるのは、日本政府直属の非公式な組織「内閣直属特殊事態特別対策室(通称:特対室)」。「特対室」とは、これまでも何度となく渡り合い、そこに所属する特殊な力を持つ女性構成員たちを奪い、支配し、忠実な下僕に仕立て上げてきた星四郎だったが、「イシュタル」と呼ばれる「特対室」のリーダーの特定だけは、高い情報収集力を持つ「緒方グループ」の力を持ってしても出来ずにいた。そこで星四郎は、ターゲットを「特対室」のリーダーに絞り、暗躍を始めるが…。

Another Dimension〜箱庭の中の人間達〜
主人公の『守谷賢護(もりやけんご)』は、特別変わったところもない、一見するとごく普通の学生。ある日、クラスに女の転校生がやってくる。『神原未影(かみはらみかげ)』。仏頂面で、明らかに周囲に馴染めない転校生。しかし、賢護はちょっとしたきっかけから彼女とよく話すようになる。ある日、いつものように周囲の奇異の視線を適当に流しながら未影と軽口を叩き合っていると、クラスメイトが大慌てで飛び込んでくる。『おい、学院から人間が消えてるぞ!』調査した結果、なぜかこのクラス以外の人間が消滅していることが判明する。クラス委員長で賢護の友人である達也は、混乱するクラスメイト達をまとめながら、ちょうど日直だった賢護と未影に学院内の探査を命じる。その結果、なぜか学院から一歩も出ることができないと判明し、完全に世界から孤立した状態にあることを知る。不可思議な閉鎖空間に、学院と共に取り残された賢護とクラスメイト達。忍び寄る不安は、彼らを段々狂気へと導いていく。

Under Ground
三年前…両親が交通事故を起こし他界し、妹の香澄と共に叔父に引き取られた日…叔父は、私を前に自らが裏社会で生きる調教師だと明かして言った。「私の後継者となれ…でなければ、お前たちの生活は保障できない」と…戸惑う私に、叔父は確信を持った顔で続けた。「大丈夫だ、お前には素質がある。何も考えず、まずは一歩踏み出せばいい」その言葉に、私は裏の社会へと足を踏み出した。牧師として生活し、調教師として糧を得る世界へ…叔父の教育が良かったのか、本当に素質があったのかは分からないが仕事を覚えるのに一年程、裏の組織から調教師として認められるのに三年とかからなかった。そして、三年が経った、ある日…「来週から、お前一人に仕事を任せることになった、できるな?」叔父から初めて仕事を任されることになったのだ。ミッション系の学院へ赴任する事になり、見知らぬ街での生活が始まる。そう…今日から、可愛い子羊たちを神の教えに導く牧師として…

尋問姦
戦争が敗戦で終わって5年ほど経った国、リンガス。ある程度落ち着いた状態にはなったものの、未だ多少の混乱が残っている情勢。国は軍警察を組織して保安部隊を結成し、テロや暴動に対処している。主人公は保安部隊の支援要員を装いながら、反抗組織と思わしき人間を捕獲・尋問する秘密警察の任務を行う。数日前、保安部隊内の1分隊が反抗組織の襲撃を受け、多数の死傷者が出た。この件により、軍内部の情報がリークされている可能性が出てきた為、秘密裏に調査が開始される事となった。任命されたのは、内務省・治安局・財政部・第三課。表向きは保安部隊の装備や備品関係の調達を行う部署だが、その実態は反抗勢力の狩り出しを行う”秘密警察”である。主人公のケンは、早速反抗組織と関係があると思しき人間を洗い出した。街の有力者であるクラウセン、保安部隊へ物資を納品しているスー、ジャーナリストの女性・レナ。有力な証拠を掴み捕獲する為、ケンはこの三人のマークを開始した。

永遠となった留守番
霊ヶ岳学院に勤務し始めて、まだ二ヶ月の体育教師『風間勝利(かざまかつとし)』。彼は半年前に妻を事故で亡くし、男手一つで娘を育てていた。ある日、勝利の祖父が事故に合い、全身を強打して動けなくなってしまった。勝利は身寄りのない祖父を引き取ろうとするが、祖父はその申し出を頑固に反対する。仕方なく、勝利は動けるようになるまで祖父の元で看病することにした。だが、娘がようやく友達のでき始めた学院を離れたくないことに気づき、勝利は悩む。これといって親しい友人も同僚もおらず、親戚すら連絡がつかない。自分の人付き合いの悪さを今更ながらに嘆いていた、そんなとき。ひょんなことから、勝利は『緒方星四郎(おがたせいしろう)』という保健医に出会った。酒を酌み交わしながら悩みを相談する勝利は、星四郎にしばらく自分が娘の面倒を見てもいいと持ちかけられる。そして自分が学院の経営者であることを明かした星四郎は、驚く勝利に職員の寮として使っている、自分の住むマンションの隣室に、引っ越してくることを勧める。星四郎の申し出に強い感謝の意を表す勝利。そして勝利は、愛しい愛娘『琴子(ことこ)』を星四郎に預け、安心して祖父の看病へと向かう。だが、勝利は気づいていなかった。『緒方星四郎』は、この世で最も極悪な、この物語の主人公であることに──。そして、永遠に終わることのない琴子の留守番が始まる。

ひよこストライク!
普通の現代日本。普通の授業風景。主人公・真(シン)がいつものように学園でつまらない授業を漫然と受けていると……「は?」突然見たこともない女の子が窓から教室の中へと飛び込んでくる。そう、二階の窓から。そしてそのまま「暑いっ!」と愚痴をこぼしながら授業が行われているその教卓の上で、女の子は突然に服を脱ぎだしてしまう。あまりのことに、あっけにとられる真。視線に気がついた女の子は「どうせ見えないくせにぃ」などと呟きながら、真の顔へといたずらを施そうと近づいた。とっさにその小さな手を捕まえると……「な、なんで!?」素っ頓狂な声を上げて、逆に女の子の方が驚いているのだった―――こうして、姿が認識されない暴走少女「ウタカタ」と真を中心として、奇妙なドタバタ恋愛劇は突然に始まる。

逃避行GAME
「うん、いいね。どっか行っちゃおうか?」とある日の授業中。夏と秋との境目にある10月の空をぼんやりと眺めながら、退屈な時間を過ごしていた俺、北条彰人(ほうじょうあきと)は「どこかに、逃げ出したいなぁ」なんて無責任な独り言をつぶやいていた。すると不意に届いてきたのは、先のそんな返事。ふと見れば、となりの席に座るクラスメイトがこっちを見て微笑んでいる。今まで会話をしたことも無い様な彼女からのその一言で、俺は密かに胸の中に宿していた願望を、強く自覚する。それがキッカケだったのかはわからない。でも確かに、その日から俺の日常は大きく変わる。路地裏で、誰かに追われている不思議な女の子と出会い。道端では、見知らぬ外国人から突然好意を寄せられ。通りがかった旅の途中のお嬢様とは、勢いで友達になり。そんな様子がおかしい俺へと、妹は必要以上に警戒しはじめて。そして声をかけてきた、となりの席に座るクラスメイトとは『逃避行ゲーム』なんて名前をつけた妄想ゲームで、日々の退屈な時間を紛らわせることになる。でも、俺の胸の中に眠る密かな願望は消えない。いつか俺は、この退屈な日常をかなぐり捨て、大切な誰かの手を引き、共にどこか遠くへと逃げ出してしまうのだろうか。

真夏の夜の雪物語 -MIDSUMMER SNOW NIGHT-
6月中旬、すっかり真夏日よりになった炎天下の中。トンネルを潜れば、そこは雪景色だった。一年中、雪が降り続けるという奇怪な現象に見舞われ続けている観光地・青女町。そこは雪女伝説が今も根強く語り継がれている日本一不思議な町だった。温泉街やスキー場、ビーチなどもあり様々なレジャーが楽しめる町として有名であり、また古くからの街並みや自然の多さからも人気のスポットとして楽しめる場所。そんな町にある『青女学園』に、主人公である銀髪の青年・風祭夕也は転校してくる。親戚が経営しているペンション『スノーフレーク』に住むことになった夕也は、これから不思議な出来事に遭うことになる少女たちと出会うのだった。幼い頃は明るかったのに、今はすっかりクールな印象になった従姉妹の妹の風祭愛奈。幼い頃は男勝りだったのに、今はすっかり落ち着いた美人になった従姉妹の姉の風祭衣。生真面目で融通のきかない、夕也を何故か目の敵にする風紀委員長秋ヶ瀬希美。そして、夕方の学園でしか出会えない不思議な透明感のある少女、神城優樹菜。彼女たちが抱える不思議な『秘密』とはなんなのか。そして、夕也はそれらをどう解決していくのか?雪が降る真夏日。彼と彼女たちの『雪物語(フェアリーテール)』が始まった。





〜 出会い系女性会員募集 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット