素人 H動画


TOP >>> 素人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245



タイトル
紹介
青春18きっす 三矢真木
写真愛好家が集まるネット掲示板で新しい友だちができました。彼女は風景を。僕はヌードをそれぞれ撮りたい被写体は違いますが、写真を愛する気持ちは同じ。趣味の話で盛り上がればデートに誘うことも可能なのです。それでは真木ちゃんのプロフィールを。身長も胸も平均より小さめな彼女は、都内の看護師専門学校に通う18歳。シュッとした顔つきのためキツそうな性格に見られがちですが、実はオシに弱いドMちゃん。あ、ちなみに彼女を引っかけたのは、毎度おなじみm●xiです(笑)。

美少女23区 Tokyo顔射デート 涼宮真琴
「じゃあ、まずはヨーロッパにでも行ってみますか?」駅南口で待ち合わせた後、案内されるままにマリクレール通りの並木道へ。街路樹の木陰で涼む人たちを横目に、道沿いのカフェで購入したジェラートを二人でつつきながら、東急大井町線の踏切を渡る。数分もしないうちに、人通りはまばらになっていき、ジェラートを食べ終わるころには、街並みはにぎやかな商店街から、閑静な住宅地へと移り変わっていた。彼女が「ほら、ちょっとスゴくない?」ショッピングモールがあった。モール中央に流れる運河を模した水路。その水面に映る異国情緒たっぷりの街並みとオープンテラス。まさに箱庭式のヨーロッパだった。「はやく食べたくないっ!?」それはこっちのセリフである。彼女オススメのスウィーツショップが軒を連ねている。その一角でかれこれ15分近く、彼女はショーケース越しにケーキとにらめっこを続けたすえ、小さなチョコレートケーキとフルーツたっぷりのタルトをセレクトした。ビルから出ると、マリクレール通りの街路樹はすでに夕焼け色に染まっていた。二人は交差点を左に折れ、駅の反対側にあるプチホテルにチャックインする。ホテルでケーキを食べ終え、彼女の前開きになっているワンピースのチャックを下ろす。形のよいオッパイがあらわになり、パンツにはすでにシミができていた。シミを指でなぞると、彼女ははずかしそうに顔を伏せたので、そのままグイグイと指を押しあててやった。彼女は長い脚をバタつかせて悶えた。

もう一度あの子に会いたい 麻宮未来
言えなかった言葉がある。伝えられなかった想いがある。それは取りもどせないはずの青春の一ページ。もし、片想いだったあのコとエッチができたなら…。これはハメ撮り雑誌の本誌だからできる、かなわなかった恋のお手伝い。−CASE9−伊藤祐くん(21)の場合【想い出:夏の始め、恋の終わり】夏は恋の季節というが、そのなかには悲しい結末を迎えた恋もたくさん含まれている。本誌読者の伊藤くんから編集部に寄せられたお便りには、自身が経験した夏の海にまつわる失恋話がつづられていた。伊藤くんが失恋したのは中3の夏休み。相手は同じテニス部の後輩女子部員だった。当時、1年生だった彼女と、夏休みの練習をサボって八景島で初デート。しかし、そこで強引にキスを迫ったせいで彼女は伊藤くんを避けるようになり、その関係を修復をできぬまま、伊藤くんは卒業を迎えてしまったという。【作戦:あの日のデートのやり直し】「白いワンピースがメッチャかわいくて。もう、なんていうか舞い上がったみたいな」晴れわたった八景島の海を見ながら、照れくさそうに笑う伊藤君の背後からひとりの女のコが缶ジュースを差し出した。あの日にはもどれないけれど、あの日のデートをやり直すことはできる。きらめく海も大きな入道雲も、彼女の白いワンピースもすべてあの日と同じ。ただ、缶ジュースを握った彼女の指を彩るグリーンのネイルだけが時の流れを思わせた。伊藤くんの忘れられない恋の相手麻宮未来ちゃんはネイリストになっていた。【初めてのイッパツ:あの日のキスのやり直し】「突然のキスでビックリして。先輩を避け出したのもどんな顔して会えばいいのかわかんなくて」同じように夏の恋の失敗を悔やんでいた。伊藤君と未来ちゃんはその失敗を忘れるかのように砂浜ではしゃぎ続けた。デートのやり直しのあとはキスのやり直し。休憩用にとっておいた海沿いのホテル遊び疲れて眠っていた未来ちゃんに、伊藤くんがそっとキスをすると彼女は少しはにかんだあと、それを待っていたかのようにキスを返した。

もう一度あの子に会いたい 藤井美久
言えなかった言葉がある。伝えられなかった想いがある。それは取りもどせないはずの青春の一ページ。もし、片想いだったあのコとエッチができたなら……。これはハメ撮り雑誌の本誌だからできる、かなわなかった恋のお手伝い。−CASE10−岩下健太郎くん(24)の場合【出会い:図書館で見かけた君】岩下健太郎は、誌編集部出入りのけ出しライター。ライターといえば聞こえはいいものの、おもな執筆活動といえば風俗体験ルポとアダルトDVDのレビュー程度。つまりはエロライターというヤツだ。そんな生業の男にふさわしくというべきか、岩下は女性のカラダにしか興味がなく、まともな恋愛経験はゼロ。そんな男が初めてひとりの女性に心を奪われた。その女性は資料探しに訪れた図書館で見かけた女子大生だという。【作戦:図書館前で待ち伏せ】岩下には時間がなかった。彼女を見かけて以来、毎日のように図書館に通い詰め、軽く言葉を交わせるようになったものの、そこで彼女から聞かされたのは藤井美久という名前と焦らざるえない事実。美久ちゃんは名古屋の美大に通っており、現在は東京の実家に帰省中で近々、また名古屋にもどってしまうという。そこで、本企画担当が考えたのは、ち伏せしてデートに誘う直球勝負。図書館の入口で待つこと1時間、ようやく出てきた美久ちゃんに勇気を出して岩下は声をかけた。【初めてのイッパツ:美術館帰りのホテルで】生まれて初めてのまっとうな恋愛。しかも、相手は図書館に通う美大生。そんな岩下の恋が成就する確率はおそらくゼロに等しかった。しかし、恋愛にミラクルは付き物。美久ちゃん希望の美術館デートの帰り道、そのままイッパツをお願いした岩下に、美久ちゃんは少し恥ずかしがりながらも、小さくうなずいた。彼女が顔見知り程度の男に初デートでカラダを許した理由。そんなことは激しく乱れる彼女を見るうちどうでもいいような気がしてきた。

Love Life生Live 中川あやの
彼氏のいる女のコを口説くには、うまくいってないときに声をかけるのが鉄則ってもんです。とはいっても、そんなタイミングを女のコが教えてくれるわけでもないので、彼氏待ちの女のコには、ウザがられない程度に声をかけ続けるわけです。んで、そんな僕の活動が実った一例がこのあやのちゃん。ひと夏放置してたので久しぶりに連絡とってみたら、彼氏にも放置されっぱなしだったらしく、「なんで誘ってくれないの〜!」なんて、僕に怒り出す始末。実家は東北の大きな農家で、月にン十万も仕送りもらってるという彼女。お金がない時に遊ぶ相手としてはうってつけだったので、ちょうど給料も底をつきそうな月末に呼び出して、遊んでくれない彼氏のグチを聞きつつ、話をエッチなほうにズラしつつ、ついでに服もズラしつつ、しっかりナマでいただいてきたしだいです。

Love Life生Live 後藤諒子
出会いの場として不純な動機で通い始めた英会話学校で仲良くなったのが、この諒子ちゃんだった。俺とは逆に勉強熱心な彼女は、初めのうち、食事に誘い出すのもひと苦労だったのだ。いつしかカラダの関係になったのだが、会うたびにいつもバッグの中には参考書が入っていた。そんな彼女はガンバリの甲斐あり、このたび卒業を控えた最後の夏休みにカナダに短期留学することが決まった。同年代、学生としか付き合ったことがなかった彼女が、初めて経験した人回りよりも年上との浮気。自分の快感を優先する若い男のガッついたセックスと比べたら、おじさんの愛撫はねちっこく&ツボを心得ていたらしく、たしかに彼女はハマってくれました。しかしそれも一時だけ。最初はもの珍しさと背徳感(?)がまさった行為も、留学という大事を前にして彼女のテンションは次第に下がっていったのです。もうきっと、会うのはこれが最後なのだろうな…そんな最後のデートを記念にビデオカメラに収めました。TOEIC830点、短大生のみずみずしい肢体の思い出です。

新人どうでしょう 美里麻衣
何も知らぬ純真無垢な20歳の女子大生の麻衣ちゃんをダマし込み、食欲、スポーツ、そして性欲の秋をタップリ楽しむ旅行に行ってまいりマシタ!!「麻衣ちゃんのクリを拾って俺のマツタケを……。ぐふふ」というドス黒い♂先輩の命令に逆らえず、バニーコスプレで出発することになった麻衣ちゃん。股間を見ると、チョロ毛がハミ出ておりま(笑)。「やっとハミ毛処理できる!これで恥ずかしくない!!」と大よろこびの麻衣ちゃん。☆剃り方はサイコロが決める!?んー、残念。俺はそんなに甘くはないんだ。剃り方はサイコロで決めるから♪「ツルツル剃り剃り」なんて選択肢もボードに書いてあるけど、出さなきゃ大丈夫だからさ。出さなきゃ(笑)。孫の後、スポーツを十分に楽しんだから、今度は食欲!というわけで、国○寺のぶどう園に向かって移動です♪果汁豆(=クリトリス)にとびっこを押し当てられた女子大生は、「これスゴすぎますぅ」と、下のお口でもぶどう狩りを堪能したようです(笑)。この企画ではもはや恒例となりました、ドライブしながらの電マプレイ。サイコロの結果、今回は目隠し付きでさらにパワーアップ♪視界を奪われた女子大生は、♂先輩2名の言葉責めと電マの振動によって、2分に1回というハイペースでの絶頂を味わうこととなったのでした。スポーツ→食欲→性欲を楽しむデジスタ流・秋の行楽研修、いかがでしたでしょうか?「私がオモチャにされてるだけじゃないですか(泣)」という麻衣ちゃんのもっともな意見は無視して、ナマ挿入でお別れでございます。あ、そういえば「芸術の秋」もありましたよ♪動画では麻衣ちゃんが、吹いた潮で北海道を描くというアートを披露してくれてますので、ぜひ確認してください。いや〜、秋って本当にいいですね♪

新人どうでしょう 藤井なな
デザイナーとして弊社でバイトすることになった専門大学生。誌面からムービーまで、「編集ならなんでも!」という頼もし発言で編集部の期待を一身に背負うも、どうもエロのカンどころがない様子。「デザイナーだから企画は専門外」と整った顔でツンツンするもんですから、そりゃイジメられます(笑)。当然のことではありますが、アダルト誌を作るにあたっていちばん大切なのは、何がエロいか理解すること。どーも最近の新人は、そこんとこがわかってないみたいなんですよねぇ……。というわけで今月は、新人デザイナーのななちゃんをロケハンに連れ出し、ズブッと肉棒指導することにいたしマシタ!「ノーパンメイド」「ノーブラ陸上部」などのハレンチコスプレを選択肢に並べたにもかかわらず、ななちゃんが出したのは1/6の確率の「普段着のまま出発」。んー、空気の読めない奴だ……。コスプレイヤですと言うななちゃん(笑)1投目でコスプレを回避し、調子に乗る新人。「運がいいから大丈夫」と余裕発言をかましていたので、2投目は何を出してもエロネタに引っ掛かる選択肢を用意しました(笑)。後輩になめられるわけにはいきませんからね♪ 結果、乳首を透けさせた陸上ランナーが、サービスエリアを激走することになったのでした。一見するとロゴマーク?いいえ、乳首です(笑)ななちゃんは勃ってませんよと涙目……(泣)電車待ちの時間を利用して、駅のホームでスケッチをすることに。被写体はズバリ自分のマ●コ! 「ちゃんと見たことないし!」という新人に、細部・色まで完璧に描かせましたよ〜♪「グラビア撮るなら雰囲気のあるローカル鉄道!そして制服は必須!!」という鉄ヲタにしてロリコン編集部員Yの提案により、JKコスプレで電車に乗ることになった新人デザイナー。しかも、その股間にはとびっこがズッポリ挿入されております(笑)。乗客の冷たい視線を浴びながら、ロケハンの旅は続くのでした。ロケ場所が見つかったら、次はカメラテスト。もちろんモデルは、JKコスプレのままのななちゃんです。「カメラテストで、なんで脱ぐ必要あるんですか?」とグチりまくりの新人デザイナーに、「先輩命令は絶対だ!」と喝を入れ、パンチラ&尻出しを強制してまいりました♪タッチ禁止ですっ!この企画ではもはや恒例となりました、車で移動しながらの電マプレイ。サイコロ指令により、今回は助手席オナニーとなりました。新人デザイナーのアエギ声をBGMに、なんちゃってロケハン隊は最後の目的地へと向かうのでありまーす。労をねぎらいスキを突く悪魔の姦計。酒を飲ませて肉欲の晩餐会へ教育に必要なのはアメとムチ。というわけでイジメすぎたおわびに、焼き肉を食わせてやることにしました。何も疑わず、極上カルビとビールをたっぷり楽しみ、「あ〜、お腹いっぱいで幸せ♪」と満足気な新人デザイナー。その背後で、性獣と化した先輩Nが静かに笑うのでした。食欲を満たしたらお次は……ロケハンで遠出をしたため、本日は3名で山奥のバンガローに宿泊。なぜホテルじゃないかというと……。ぐふふ。ココなら獲物に逃げられることがないからです。そして、どんな悲鳴やアエギ声を出しても、周囲に迷惑がかかる心配なし!「酔っ払ってぇ、よくわかりまふぇん」とヘベレケな新人デザイナーの運命やイカに!?山奥のバンガローで逃走も命令拒否も許されず……生挿入されて初めて当社の一員 by編集長

トビッコメモリー 木下知里
旅に同行してくれた破康恥ナビゲーターをご紹介。木下知里ちゃんは、大分県臼杵市在住のペットショップ店員。ご覧のとおりのロリキャラですが、バストはDカップとなかなかのもの。某携帯ゲーム系SNSにて「明日暇だから遊ぶ人募集」と書き込んでいたのを鬼畜編集部員が発見し、出演の運びとなったのでした…。というわけで久しぶりに来ましたロリ+巨乳の王道キャラ。しかも超変態(笑)。店で飼っているトイプードル、アソコを舐めさせた経験もあるってんですから、手加減の必要もなさそうです。本人も、「ふつうじゃできないことがしたい」と言っているので当企画とは相思相愛でしょう。地獄の鬼よろしく、金棒代わりにとびっこのリモコンを握りしめたら準備完了。変態ちゃんを引き連れ、別府名物ぶるぶる地獄めぐりに出発チンコー!貸切露天で汗を流したら、和室に連れ込みシャブリタイム。とびっこでジラされ、ウズウズしていたのは知里ちゃんだけではありません。恥ずかしながら、ワタクシもロリ巨乳をモミたいと辛抱しておりました(笑)湧き立つ湯のように抑えていた欲望があふれ出し、ついでにガマン汁もあふれさせ生挿入。ああ、別府に天国あり。突けばDカップの胸が大きく揺れ、「中に出してもいいよ」と御仏のやさしき言葉。ありがたやありがたやと念じつつ、カボスのごとくパンパンにふくれあがった睾丸から、妊娠するには十分すぎる量の果汁精子を膣内発射。こうして、10時間に及ぶ旅はフィナーレを迎えたのでした。いやー、大分娘最高♪このクラスの上玉はなかなかお目にかかれません。というわけで、帰り際に交際を申し込んでみたのですが…。結果は、「無理だから」とバッサリ。中出しまでOKだったのになぜ?女のコってよくわかりません(涙)。

新人どうでしょう 持田ひろか
スポーツの秋、芸術の秋、性欲の秋などなど。季節感を出した企画を立てようと思ったのですが、秋はテーマが多すぎます……。もう面倒だから、全部ひっくるめて勝負にしちゃおうぜ!というわけで今月は、バイト歴2週間のデザイナー見習いモッチーと、入社半年のペーペー野郎U田に白羽の矢を立て、「デジスタ秋の陣、炎の5番勝負」と題し、新人2人に対決をさせてみました。ちなみに、モッチーが負け越した場合は生ハメでーす。

デリバリーロリ巨乳 田咲真琴
困っている人を笑顔にしたくないかい?そのためには君のおっぱいが必要だ。そんな感じでボランティア少女をダマくらかし、「裸のボランティア活動をする」という言質を取ることに成功。本日は、創刊以来弊誌を愛読してくれている貝瀬さん(42)のもとへ、奉仕活動にうかがった次第。Eカップの胸をプルプルさせながら困惑する真琴ちゃんを素っ裸にし、風呂場でローションプレイを楽しむ貝瀬さん。読者のよろこびは編集部のよろこび。デリバリーに来たカイがあるというもの。露骨で挑発的に提供されるものではなく、控え目に差し出される母性にオトコは萌えるもの。幼さや経験不足からくる戸惑いのパイズリは、おおいに貝瀬さんを興奮させ、それは未成熟な縦スジに挿入される男根の太さにも反映されていた。古来より、人間が乳房に捧げてきた飽くなき情熱を想像させる、大量の精子が真琴ちゃんの顔へ飛び散り、裸の強制ボランティアは終了。繰り返された絶頂により放心状態となっている1名を除けば、みなが笑顔になる、よい読者サービス企画であった。

トビッコメモリー 陽向さつき
当企画3度目となる福岡遠征です。誌面的には、日本全国まんべんなく周遊するのがよいのでしょうが、福岡の女の子はみなレベルが高く、エロいのでしかたがありません(笑)。それではさっそく、旅の同行者を紹介いたしましょう。福岡市に本社を置く某医療機器メーカーで働く陽向さつきさんは、23歳の新米OL。「バレなければ大丈夫」と同棲している彼の目を盗み、撮影に来てくれたことからもわかるように、たいへんスケベなお姉さんでして、とくにアナルプレイが大好き。17歳の時に付き合っていたオヤジに仕込まれ、今では菊門でしかイケないほどの穴ニストなのです。アナリストじゃないですよ(笑)。今回は、そんな彼女を引き連れて、大宰府天満宮へ行ってきました♪てか、どっちの穴にとびっこ挿れるか悩みましたわー。大宰府天満宮から始まった無限とびっこ地獄がそうとうこたえたのでしょうか、「早くHしたい…」と玄界灘を背に、限界状態であることを半ベソで訴える陽向さん。もう少しでホテルだというのに、ジーンズの上からチンコを触りだし、ベロチューおねだりですから困ったものです(笑)。そんな困ったちゃんが、チェックインして真っ先にしたことは、膣に入っていたとびっこをアナルに挿れ替えてオナニーでした。ローターを菊門でキュッキュと締め上げ、「やっぱりこっちがいい!」とわずか3分でピクピク昇天。それだけではあきたらず、チンコを舐め舐め奉仕しながら、挿れっぱなしのとびっこを指でグリグリ腸の入口まで押し込み、「赤ちゃんの種が欲しいよぉ…」です。そこまで言うなら、遠慮しなくてよかろうもん♪というわけで、膣と肛門にそれぞれ濃厚精子を一発ずつぶっ放し、3度目の福岡旅行は終了したのでした。

新人どうでしょう 三上みつば
秋も終わりに近づき、人肌恋しい冬の到来です。寒い日が続くと、湯治にでも行きたくなりますねー。どんな人間でもこの季節に、「温泉行こうよ」と誘われれば悪い気はしません。ついでに、「丼飯が食えるぞー」なんてダメ押しすれば、断われる者など皆無。というわけで今回は、丼サミット&露天風呂の豪華釣り餌で新人バイト・みつばを一本釣り。サイコロを握らせ、ついでにチンコも握らせることに性交、いや成功いたしました。ルール説明!一、サイコロを振る。二、出た目の指示にしたがう!以上!どうにでもな〜れ!かわいいけど仕事はダメダメな三上みつばが出向命令を受け、親会社から「いろんな意味でデジスタさん向けですよ」とのメッセージ付きで異動してきたバイトちゃん。根はマジメだが、仕事ではヘマばかりしているので、左遷ではないかと噂されている。身長164cm。3サイズは、B83(Cカップ)/W62/H85。

出入りの女性営業 桃川恵美
コピーリースサービス、桃川恵美(23)現在求職中。兼雑誌専属モデル。今回でハメ撮りに目覚めてしまった桃川さんがお相手を募集!!国勢調査ふうにコクゼ調査を行います。質問は一つ。「桃川さんとヤリたい?」Yes or NO。質問に答えて、このコでコクぜ!サァ野郎ども精子を出してハガキも出すんだ!夢も希望もなく、弱きが弱きの肉を食う。うまく立ち回れない一生懸命なコにかぎって標的にされちゃう、生きづらい時代でやんす。さてここに弊社に出入りの営業さん、恵美という娘がおる。仕事にまじめだったのに、会社にいづらくなったという皮肉。きっかけは女であることが原因で出くわした不運。そのため彼女は女としての自分を否定しかかっていた。カワイイからこそモテたのに、おかしな男におかしな好かれ方をしたもんだから、自信を喪失していたのである。そこで弊社は考えたな。自分の魅力に気づいてもらおうと。そしたらあんた、自己を解放しすぎてフェラは根元までくわえるわ、おまけドM体質のようで、自分からノド奥まで突っ込みイラマチオするわ。着やせが脱いだらGカップだし。こっちの仕事がよっぽど合ってるんじゃないのなんて。生きづらい世間がとたんにイキやすくなったという。殺伐とした現代のおとぎ話だったな。

トビッコメモリー 津久田理紗
待ち合わせ場所である札幌駅に向かう途中、「体調不良だから行きたくない、熱があるし…」と撮影拒否の電話が。こちとら精子をパンパンに溜めて北海道まで来てるんです。「アナルに座薬ブチ込んで来なさい!!」と一喝し、呼び出してやりました。ま、ビビッて座薬を挿れちゃうようなコですから、ドMちゃんに決まってます。観光途中に2本目の座薬を挿れてやりました。会ったばかりのオジサンに菊門をまさぐられるは、耐えがたい屈辱なはずです。ここまで調教を施せば、ホテル内でナマ挿入をしても文句は言われません。発熱と快楽でホテる彼女のカラダは、いつも以上に正直になっているようで、「気持ちいいから!気持ちいいから!」と絶叫し腰をグイグイ押し当ててきました。

トビッコメモリー 花沢希里
和歌山県の某国立大学で、バレー部のキャプテンを務める22歳で、身長172cm、バスト90cmのEカップ。某梅干しメーカーのCMや、県の観光大使として活躍した経験もある現役女子大生モデルです。「簡単な撮影だと思ってました…」などと、あくまでグラビア撮影を希望する彼女に、「和歌山のPRもできるからいいでしょ!」とたたみかけ、暴れん坊玩具を突っ込むことに成功!吉宗公ゆかりの地にて、晒し者にしてやりました。ホテルではロケットオッパイを上下にゆらし、「イッちゃう!」ですから。カメラアングルを変える合間には「ハメ撮りって楽しいですね」と発言しすっかり上機嫌だったので、これはイケると確信。通告なしで中出ししてやりました。

メール即ハメ便 浦安
横浜のかすみちゃんから紹介された女のコ、葵ちゃんと、抜けるような青い空の下、その空の色より鮮やかに青いIK○Aの裏で待ち合わせ。ヌケるような葵ちゃんと出会えることを期待しつつ向かう。現れた彼女はパ○ュームのあーちゃん似。表情ゆたかなうえ、服の上からでもわかるくらい胸もゆたか。楽しくドライブして葵ちゃん希望の撮影場所・葛○臨海○園へ。撮影をすませ少しゆっくりめの昼食へ。とにかくよく食べる彼女に大きなおっぱいの秘密をかいま見る。昼食後、予定よりちょっと遅れてホテルへチェックイン。この時点ではまだ自分がハメ撮りされるなんて気づいてなさそうな彼女。「ホテルがスタジオ代わりなんですね」本当に気づいていないかどうかは怪しいところ。夕方、僕にどんどん脱がされていつの間にか全裸でアソコをいじられながら「どこまでするんですか?」って気づかないふりをしながらアソコはすでにヌルヌル。パイズリの要求も拒まなくなった彼女を、さっきまで普通に撮影していた公園を見下ろすベランダでバックでハメる。挿入しながら友達を紹介してくれるように要求すると2つ返事で了解。どうやら早くイカせて欲しいらしい。彼女が胸を激しくふるわせてイッたあと、ブッかけて終了。葵ちゃんが紹介してくれたのは山梨は甲府市在住の同級生。彼女もバックが好きなのだろうか。

メール即ハメ便 郡山
新潟の血さちゃんとは、運転免許の合宿で知り合ったというここなちゃん(通商:ココア)。「ナンドルを握ると性格が変わっちゃうんです」と話す彼女は、やっぱナニを握っても豹変して…。「郡山にカワイイ友達がいる」と新潟のちさちゃんからと紹介され、期待に胸躍らせながら東京駅に着いたのは11時。「MAXやまびこ113号」に乗り込み、一路、福島県郡山市を目指す。12時半ジャストに郡山駅に到着。駅前は整然としており、ひと気もなかったので、難なく心菜ちゃんを見つけることができた。寒さから逃げるようにして入ったラーメン屋で昼食をとり、13時55分、市内観光するべく開○館へ。歴史の重みを感じさせる建造物たちに感動しつつも、なぜかムクムクとエロ心がわいてくる。で、心菜ちゃんにお願いして、パンチラ撮影に成功。「なんでこんなとこで〜?」と言いながらも、彼女はまんざらでもない様子だ。それなら事は急げと、15時5分、タクシーに乗って駅近くのホテルにチェックイン。周囲に高い建物がない8階の部屋であることを確認し、窓の外に向かって服を脱ぐように伝える。彼女は恥ずかしさのためかなかなか脱ごうとしなかったが、最後には根負けしたのか裸になり、大きな窓に向かって両手をついた。外に向かって、見せびらかすかのように乳房を揉む。彼女は抵抗をやめ、ときおりうつむきながらもされるがまま。「誰かがこっちを見ているかもね」と囁き下着に手を入れると、そこは暖かく湿っていて糸を引いていた。ならば、と大きく両足を開かせ挿入。ピストン中、部屋の影に映った自分のシルエットを見ても感じてしまうほどにM体質な女のコだった。

メール即ハメ便 鎌倉
2月某日、小雨の降る渋谷の編集部を出て、湘南新宿ラインに乗って鎌倉へ。12時45分、駅前で待っていたまきちゃんと無事合流。驚くことにこの寒空の中、まきちゃんはショートパンツだった。13時5分、小町通りを通って鶴岡八幡宮へ。13時40分、とろろ専門店でヘルシーな昼食。甘いものが食べたいとまきちゃんが言いだしたので、昔ながらのぜんざい屋へハシゴ。14時半、海の見えるホテルにチェックイン。部屋に入るなりサーファーの彼女はテンションが上がっていた。こんなロケーションでエッチをするのが夢だったという。足を大きく開かせ、電マでパンツのうえから刺激すると、すぐにスイッチが入ったのか吐息を漏らし始めた。今度はパンツを脱がせて刺激すると、自ら電マを持って激しくあてがい、明らかにノリノリの様子。フェラを頼むと、いとおしそうにイチモツを取り出し、上目づかいで舐めはじめた。緩急のある舌使いに思わずイキそうになるのを耐えつつ挿入。正常位から騎上位に変えると、よほどノるのが好きなのか、自分から積極的に動いてくる。日ごろのサーフィンのたまものか、その腰づかいはサスガのひとことだった。

メール即ハメ便 軽井沢
2月某日、天気は良いが風が強く肌寒い。東京駅から電車に乗り込み軽井沢へ。12時半、軽井沢駅前であいみちゃんと合流。抜けるように肌が白く、はにかんだ笑顔が印象的で純朴そうな女の子。駅近くのアウトレットモールをチラ見したあと、旧軽井沢にあるおいしいと評判の蕎麦屋で昼食。くるみ蕎麦に舌鼓を打つ。食後の腹ごなしにとスナップを撮りつつ周辺を散歩。シーズンオフのせいか人の姿がまばらだったため、木立の美しい車道沿いで「パンツを見せて」と持ちかける。突然の提案にかなり動揺していたあいみちゃんだったが、「いいですよ」と赤面しながらも見せてくれた。15時10分、ホテルにチェックイン。通りに面している部屋なのでカーテンを開ければすぐ向こうに人が歩いている。それならばと、通りに向かってあいみちゃんを立たせ、服の下から胸に指を這わせる。体はビクッ、ビクッと震え感度良好。形がよくハリのある胸を揉みしだきながらパンツに手を伸ばすと、股布にはシミが。興奮をあおるような体位で挿入すると、我慢しきれなくなったのか抑えていあた声をもらい始め、最後には絶叫して果てていた。

メール即ハメ便 御宿町
3月某日、東京駅から御宿へ。閑散とした駅前で待つ梨杏ちゃんと早速合流。カメラをなかなか直視しないシャイは女のコのようだ。御宿といえば?とたずねたところ、「海!」らしいので、さっそく海へとワープ。ひと気のない海は貸し切り状態。スナップを撮ったり走り回ったりと、へとへとになるまで満喫する。15時10分、海岸近くのホテルへチャックイン。部屋から海が一望でき、ロケーションは最高。いざビデオを回し、かおりちゃんの話をふると、「メールは来たけど詳しいことは何も聞いていない」という。さすがはマイペース!一瞬、スタッフのあいだに「今日は大丈夫か!?」という不穏な空気が流れたものの、わりとすんなりOKしてくれたので胸を撫で下ろした。この天真爛漫な梨杏ちゃんは、どうやら中よりもクリトリスを責められるのに弱いらしく、電マを当てられた途端、それまで黙っていたのに急に喘ぎ始めた。それならば、とクンニすると、「ヤダ、ヤダ」を連発。しかし、空いた手でしっかりチンコを触ってくるので、本気で嫌がっているようでもない。素直にならないオシオキとしてピンクローターを当てると、「もうやめて〜」と感じていた。最後はザーメンまみれのピースマークで終了。

メール即ハメ便 前橋市
静岡のおっとり姫、歩ちゃんからのバトンを受け取ったのが、前橋在住のみなみちゃん。14時前と少し早めに、地元の高○生しか乗らないという上毛電鉄の中央前橋駅近くにあるホテルにチェックイン。怠惰な感じでベッドに横たわるみなみちやんの足をおもむろに広げて股間を弄ると、明らかに風邪の症状とは異なる吐息が漏れ始める。パンツを脱がせると、一晩お風呂に入ってないというみなみちやんのアソコからは熟を帯びた粘液が湧き出していて、たまらず生でグチュつとナマ挿入すると、「風牙がうつるよ」と気づかいみせたものも束の間、「マンコがえぐれるよぉッ!」と何度も絶叫するカカアだったのでした(笑)

メール即ハメ便 軽井沢町
長野県・北佐久間郡軽井沢。堀越なのか19歳。前号の癒し系純情派、栃木のみれいちゃんからメールバトンを受け取ったのは、日本を代表する避暑地・軽井沢在住というなのかちゃん。14時30分、白樺の森深く、静寂に包まれたホテルにチェックイン。と、ここからが大変だった。もともと栃木のみれいちゃんに聞いてたはずなのに、とにかく服を脱ぐのを拒みはじめるなのかちゃん。ビデオを止め、女子スタッフが説得すること1時間。ようやくシャワーを浴びることになり、撮影再開。ハンパなく恥ずかしがるなのかちゃんに、無理やり電マをあてがってみると、とたんにスイッチが入ったのか妖精から妖魔へ豹変。軽井沢は枯れた沢だったはずなのに、派手に潮まみれのアソコに、そのままなナマで突っ込むと、ひと突きするたびにグチョっと音をたてるほど。森の精ならぬ漏りの精に、最後はたっぷり精子をかけてあげました。

メール即ハメ便 川崎市
神奈川県・川崎市武蔵小杉。凪沢あおい、19歳。多摩川をはさんでギリギリ東京外になる武蔵小杉。趣のある古都・川越のアリスちゃんから、この再開発の真っただ中にある新興都市に住む女の子を紹介されたのは、はたして偶然でしょうか?もちろん偶然です、ハイ。2009年12月23日午後12時30分、編集部のある渋谷からクルマでわずか30分ほどの距離にある、武蔵小杉の駅に到着。まさに再開発途中にあるという駅前は、古さと新しさが同居した妙に中途半端な景観だが、近い将来、59階建てという国内最高層となるブルジュ・ドバイならぬブルジュ・コスギもできるというだけあって、活気に満ちた感じだ。暮れも押しせまって、そんなせわしない駅に、あおいちゃんは一人のんびりした空気に包まれていた。13時15分、市民のいこいの場でもある多摩川河川敷で撮影。パンチラを撮っているときに、パンツの陰部あたりに大きなシミができているのを確認して、中原街道近くのステーキ屋に移動。15時前、すぐ近くに完成したばかりのホテルにチェックイン。多摩川の見える部屋だからってタマの側をいっぱい舐めさせてから、お返しとばかり責めたててみたら、武蔵小杉の杉はイキすぎのすぎであることが判明。クンニで2回、手マンで1回、挿入で6回の計9回もイッちゃう絶頂少女だったのでした。

青春18きっす 葉月美奈
題字を書道家の先生に依頼したら、ギャラ問題などで交渉が難航した末、先生から紹介を受けたのが美奈ちゃんだったのです。「書道十段です」と本人は言っておりますが、いかんせん若いですからね、どの程度実力があるかまずはテストを…、と思って会ってみたらこれが美少女なんですよ!しかも18歳!!もうね、題字とかはどうでもよくなりました。目的変更でございます。半紙のごとき純白な心を持つ彼女の顔に、墨汁ならぬ白汁をぶっかけたい!!というわけで、実力テストと称して彼女を和室に連れ込んだのであります。

青春18きっす 上野めぐ
ナマ好きドM劇団員が演技なしの10連絶頂!「金はないが夢はある」そんな言葉がピッタリくる18歳です。昼は演劇の学校、夜は劇団で稽古三昧。そんな頑張り屋さんをとびっこで野外調教、そして、たっぷりとホテルでチンコでサポートしてあげました。

青春18きっす 真下由芽
「日本語使わないと韓国人と間違えられる」というほど完璧な韓国語を使う由芽ちゃんは、某外語大学に通う大学1年生。高校時代の3年間、交換留学という形でお隣の国へ行き、韓国語をマスターしたのだそうです。このルックスでバイリンガル。萌えますぅぅぅ!

青春18きっす 小杉静香
ロリロリ切り絵師、恥ずかしい全裸の初仕事!!エッと驚くような美少女の登場です!!!某芸術大学デザイン科に通う静香さん!!切り絵が得意というクリエイティビティにあふれた18歳を騙して採用する事にしました!!!

青春18きっす 黒崎千晴
はんなりウブ舞妓と秘密のお茶会!ピンッと伸びた背筋にたおやかな表情。タダものではない雰囲気の彼女は、京都嵐山で働く現役の舞妓さんなのです。いやー、世の中にはいろんな18歳がいますね。

メール即ハメ便 川越市
埼玉一の城下町、小江戸・川越に住むアリスちゃん。情緒ある蔵造りの街並みを散策するが、どうもノッテこない。何をするも心ココにあらずといった感じがしたので、早めにホテルにチェックインして聞いてみると、どうやら物凄く緊張しているという。一緒に布団に入って、優しくゆっくり緊張を解いてあげると、パンツの上からクレパスの上に這わせた指にじっとりと熱い湿り気が。あとは一気。電マで狂ったように身を捩らせて絶頂を迎えたあとは、もうすっかり、自ら跨って腰を下ろしナマのまま騎上位で挿入するのでした。





〜 ペット保険無料資料請求 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット