アニメ H動画


TOP >>> アニメ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



タイトル
紹介
義妹
終夜(よすがら)家の兄妹(兄…光留、妹…水音)と過原(すぎはら)家の兄妹(兄…白郎、妹…秋水)は幼馴染みの仲。水音(みおと)と白郎(はくろう)は交際しており、今日も二人は水音の部屋で激しいエッチに興じている。覗き穴からその様子を壁に額を貼り付けて、息を荒げ自分の股間を擦っている兄・光留(ひかる)の姿があった。二人がイクと同時に射精する光留。そして寝転がり体を丸めつぶやく「水音…」。光留は妹の水音を愛していた。夜になり一人ベッドで白郎と水音のエッチを思い浮かべる光留。その時、窓ガラスをノックする音がして、秋水(あきみ)が部屋に上がり込んで来た。秋水は光留に相談があると言う。その相談は、白郎と水音を別れさせる協力をしてほしいという内容だった。秋水も、兄・白郎を愛していたのだった。協力することを断る光留に、秋水は「同類の癖に…」、「二人のエッチを覗いて…したりしてたの見てた…」と言う。カッとなり秋水を押し倒す光留。無理矢理関係を結んだことを黙っている条件で光留は、秋水に協力することに…。

義妹×2
心音(ココネ)が机に向かって勉強していると、心音の双子の妹である出流(イズル)がドタドタ足音を響かせ帰宅した。足音を聞くたびに心音の気が重くなる。出流はそのまま兄である歩の部屋に飛び込む。出流はすぐさま歩の股間を弄り始める。歩も出流を優しく愛撫する。双子の間で、痛みや快感が共有されてしまうため、出流が感じると、同様の快感を感じてしまう心音。そして、それに抗えず自分の股間を弄ってしまい、出流と心音は隔てられた部屋で同時に絶頂に達するのだった。心音はベッドの上でいちゃついてる二人の部屋に怒鳴り込む。「二人ともいい加減にしてよね!帰ってくるなりアンアン大きな声で盛っちゃって!うるさくて勉強できないじゃない!」キョトンとして全く悪びれない二人に、心音は歩を出流から奪う決意をした…。

どんぶり家族 前編
真面目で逞しい夫、美人で優しい妻、そしてイケメンの息子と可愛い娘。「理想的な家族」と皆が言う家族なのだが…。「本物欲しいっ!おっきいの欲しい…」巨大バイブで自慰に耽る妻雪子、「さびしい!なぜ、してくれないの!あなた」。巨乳で熟れた肉体の妻を相手にしない夫幸一は、若い女と浮気中。一方、今がしたがりの息子裕樹は妹の「りお」にSEXのおねだり…「いいだろ…血の繋がり無いんだからさ…」「…わかった、優しくしてね…」そんな欺瞞に満ちた仮面家族が、訪ねて来た幸一の父・権蔵によって「どんぶり家族」に変えられる…!まずは雪子の仮面を剥がす。雪子のびしょびしょに濡れた前と後の穴にズブリ!ズブリ!!

どんぶり家族 後編
自室に引き篭もり外に出てこなくなるりお。心配する裕樹の呼びかけにも答えない。だが、他の家族はそんなりおの様子をあまり気に留める様子も無く、日常生活が営まれる。そんな家族に対して裕樹は「なんだよ、皆して。一応は家族ってことになってるのに…」そんな裕樹の様子を伺っている雪子。「ねえ、裕樹。お母さんね、りおが引き篭もった理由分かっちゃったかな〜、なんて」「何、母さん」「きっとね。りおは旦那様とお義父さんとの3P現場を見てびっくりしちゃったのよ」そう言いながら、裕樹の股間をさする雪子。りおの部屋の前ということも忘れて激しく交わる二人。翌日、雪子が独りになった所に詰め寄るりお。雪子は、りおを抱きすくめて「りおの事もこんなに愛しているの」雪子とりおはレズプレイに…。

医辱 前編
愛犬といちゃつく看護婦の望美…。放水銃を喰らっている竜樹…。先輩看護婦のるみが紗里奈を裸にして縛り上げている。「あんた、点滴もろくすっぽ出来ないの?あんたの身体でしっかり覚えなさい」そう言いながら、紗里奈の身体に点滴針を刺す。紗里奈の痛がる様を見ながら、自分の股間を弄る。カテーテルを尿道に刺されて呻く竜樹…。霊安室で香を焚いてオナニーをしている変わり者の看護婦燐華…。院長の卑弥子に土下座している竜樹。「すいません。何でもしますからここに置いてください」竜樹を見下ろす卑弥子。「そこまで言うのなら、屋上の倉庫に住まわせてやるわ。その代わり病院の雑務を全てやりなさい」竜樹の顔面を蹴り上げる卑弥子。夜、病院全体が寝静まった頃、望美は竜樹の住む倉庫をふらふらと訪ねる。望美がそこで見たものは紗里奈を凌辱する竜樹と竜樹をご主人様と呼ぶ紗里奈の姿だった…。

医辱 後編
燐華が霊安室で香を焚いてオナニーしている。過去を思い出し不完全燃焼に終わる燐華。不完全にしかいけなかった身体を引きずり病院内をうろつく燐華の前に赤い顔をした紗里奈の姿が歩いてる。紗里奈は突然へたり込んでお漏らしをしだす。そこには竜樹の姿があった。「紗里奈、お前途中でお漏らししたな」「すいません。ご主人様」「これでは、今日はお前にぶち込んでやれないな」その様子を覗き見する燐華。「あいつら何やってるの?」次の日、燐華はそのことを紗里奈に問い詰めようとするが、紗里奈ははぐらかすばかり。霊安室に戻った燐華は、昨日見かけた光景を思い出し、股間に手がのびてしまう。そこに突然入ってくる股間を膨らませた竜樹。ごくりと喉を鳴らす燐華…。

痴漢物語 前編
白式銅が会社に誰よりも早く出勤するのには理由があった。職場で一番厳しい女上司の七枷七々美が就業時間前のまだ誰もいないオフィスで毎朝オナニーをしているのを偶然発見してからは、それを鑑賞するのが彼の日課となったからであった。その日も鑑賞を終え、満足し仕事に従事していた銅だったが、何故か今日は七々美の指導が厳しい。そして、二人きりの残業を命じられた。残業中も執拗に罵倒される銅。たまりかねた銅は、「俺はあんたがまだ誰もいないオフィスで何をやっているか知ってるんだぞ!」と言い返す。急にオロオロしだす七々美。それを見て性交を強要する銅だった…。一方、銅の弟・鈴丸とその幼馴染みの火爪夏音は今日も放課後に二人だけの秘密の儀式を行うのだった。「ねえ、こういうのもうやめようよぉ」、「うるさい!あんたは私の子分なんだから言うとおりにしてればいいのよ」。二人が行っているのは、委員長である夏音に普段迷惑をかけるクラスの連中の机に罰として鈴丸の精液を塗りつけるという嫌がらせであった。鈴丸が抗いきれず、その行為をおこなっていると夏音が顔を赤らめて…。

痴漢物語 後編
楓のショッピングに付き合わされている赤緒。既に両手は買い込んだ荷物で一杯である。ファミレスで一息ついている二人。振り回されつつもまんざらでもない様子の赤緒。楓は「今日は荷物持ち頑張ったから、帰ったらご褒美をあげるね。」その言葉に対して、何か悪戯を思いつく赤緒。赤緒は足で楓の足をいじりだす。「ちょっ、こんなとこで…、ひぁっ」足先から次第に股間へと上がっていく赤緒の足「我慢できなくなっちゃった。ここでご褒美」「こら…、駄目だってば…、んぁぁっ」楓は抵抗しつつもぐったりしてしまう。周囲に対して白々しく楓の体調を心配するように横に座る赤緒。今度は楓の身体を触りだす。「やぁ、皆に見られちゃうよ」「大丈夫、こんなの痴漢と一緒だよ」そんな行為が周囲にばれて赤緒はお詫びとして楓に貴金属をねだられる。赤緒が家に帰ってくると玄関にはふわりが待ち構えていた。「な、なにかな…、姉さん…」「楓から聞いた」「な、何を…」「あたしが言わなくても分かってるだろ?」裏庭で全裸にされ、ふわりにお説教をくらう赤緒…。

奥様は魔法使い 前編
ごく普通の男・玄陽とごく普通の女・アナスタシアは、ごく普通に恋に落ち、ごく普通に結婚しました。しかし、普通ではない事がひとつありました。「ん、どうして?こうやって口でしてあげてるのに」「だって、それは…君が魔力を維持するために必要だからだし…しかも、玄関で帰ってくるなりってないよ…」「だって、仕方ないじゃない。今日は、たくさん魔法使っちゃったんだから」そうです。奥様は魔法使いだったのです。

奥様は魔法使い 後編
罰谷さんを夢の世界に導くために、強力な魔法を使ってしまい、自分の存在を隠す結界を破ってしまったアナスタシア。そして、アナスタシアの居場所を知った母・アーニャは、アナスタシアの夫・玄陽に有無を言わせず責めまくり。これぞ魔女の親子丼。そして、アナスタシアと玄陽の出会いが明らかになって行く…。

辱アナ 前編
平凡なADとしてテレビ局に入社した間野和也。和也は収録中、取材中、中継・ロケ中と、あらゆる手をつくして女子アナに近づく。そして弱みを握り、肉欲を貪り、出世の道具にして幹部へと成り上がっていく…。

辱アナ 後編
楽屋で和也の欲望を満たす為だけに犯される優妃。だが、その中で交合に悦びを覚えていく優妃。「なんであの人相手に…、嫌なはずなのに、私を強姦した相手なのに…。今だって…」昨日のセックスを思い出して股間を濡らし、ニュースを不自然にとちる優妃。周りのスタッフが怪訝な顔をする中、楽屋に駆け込み自分の股間を弄りだす優妃。そして、いつの間にか和也をご主人様と呼ぶようになっている優妃…。

クラスメイトのお母さん 前編
ごく普通の学園である誠京学園。ここに通う五十嵐准も、ごく普通の学生らしく恋愛の悩みに悶えていた。ただし、その恋愛対象は一般的ではなく、親子ほども年の離れた南雲恵子先生だ。恋のライバルなどいないが、彼女の左手薬指に光る指輪がその想いを阻んでいる。そんなある日、クラス替えで隣の席になったクラスメイト・紗依との会話が准の背中を押すことになる。なんと紗依は、准が想いを寄せる恵子先生の娘で、彼女の家は母子家庭だというのだ。恵子先生は未亡人…この秘密を知った准は、すぐさま恵子先生の元へ告白に走る…。そこで准が見たものは…。

クラスメイトのお母さん 後編
准が電話に出ると相手は恵子だった。「准君?あぁ…、なんで貴方なの…。そんな事されたら、私…。あの明日…、駅ビルの喫茶店で…」、それだけ言って切れる電話。准は電話のことを紗依に訊ねられるが、恵子からの電話であることを告げられず誤魔化してしまう。待ち合わせの時間も決めていなかったのに、申し合わせたかのように、同じ時間に現れる恵子と准。会えない時が無かったかのように身体を重ねる二人。恵子はもう紗依の元には戻れないと言う。恵子はすがり付こうとする准を振り払って去っていく。その姿を偶然見てしまう紗依。次の日、昨日の事を引きずり元気の無い准。紗依は准のことを気遣う振りをする。准は気の無い返事をするばかりだ。紗依はひきずるようにして准を自宅へ連れて行くのだった…。

相姦遊戯 前編
「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!そうとは知らずに主人公は、若くて巨乳のお母さんとゲームを始めてしまった。「赤いマスに止まったらカードを引くんだよ、お母さん」「わかったわ、ゆうちゃん」お母さんの出た目は3。「えっと、赤いマスよ!」引いたカードには「抱擁」と書いてある。ゆうじをギュッと抱きしめて頬ずりする母。おかしな気持ちになってきたゆうじ。「今度は僕の番だよ」引いたカードには「接吻」と書いてある。いつの間にか、ディープキスをする二人。どんどんエスカレートしていくカードの指令は???僕とお母さん、そしてお姉ちゃん、もうやめられない相姦遊戯!

相姦遊戯 後編
「遊んだ人が仲良くなれる」と言われてもらった試供品のボードゲーム。それは不思議な強制力を持ったエロ双六だった!ゆうじと母あおいが、ゆうじの部屋で激しくからんでいる…「やめて!やめて!ゆうじ!…」見ていた姉のゆりが泣き叫ぶ…!がばっと飛び起きたゆり。「また、この夢だ!」寝汗をかいたゆりはシャワーを浴びる。すると、ゆりの足が自然に開いてシャワーを股間に当ててそのまま指で股間を撫でつける。「あー、だめ!おしっこ出る、出る、出る…」放尿して絶頂を迎えるゆり。「なんで、こんなになるんだ…。あの双六をゆうじがもってきてから何かへんだ!」そしてゆうじの部屋に入ると双六のカードが床に転がっていた。カードを手に取るとわなわな震えてしまった。そのカードには「自慰」と書かれていた。始めたら止まらない相姦遊戯がまた始まった!

辱妻 前編
裏社会でも指折りの闇金融を経営している男・加賀美重樹。返済を滞らせる相手からは情け容赦なく取り立てる。その姿はまさに鬼そのものである。相手が返済能力の低い人妻の場合、加賀美の非道ぶりはさらにエスカレートする。返済を待つ代わりに体を要求するのは当たり前だ。相手に絡み付いて自由を奪い、身も心も完全に支配していく。そして今日も人妻たちが餌食に…。

辱妻 後編
借金の返済を滞らせる相手には容赦なく取り立てる鬼の闇金融業者、加賀美重樹。その罠に捕まる人妻達『辱妻』!入院中の夫のベットで、夫のモノをくわえて頭を上下させる妻、晶子。そんな晶子を加賀美が病院のトイレに呼び出す。「あ、あ、だめです…そんな汚いとこ…」かまわず責め続ける加賀美。すでに限界を超え、遂に壊れる晶子。「もっと…もっとそこも、その下も全部にしてください!」院長室で、その痴態をモニターで見ている、まどか「つまらない…」。今度は、加賀美の会社の地下室。晶子は二人の男に徹底的にいたぶられている。「してください…もっと、もっと、ください…!」そこに、母を心配する娘、真衣が助けにきたのだが…。

館熟女 前編
主人公・辰巳亮(たつみりょう)は、人には言えない悩みを抱えていた。女手ひとつで自分を育て、大学まで進学させてくれた義理の母親・円(まどか)を、ひとりの女性として見てしまうようになっていたのだ。円は事故で両親を亡くした亮を引き取り、女手ひとつで育ててきた。ある朝、円が消えた事を知る亮。そして、亮を訪ねてきた四谷家のメイド・フミに理由を説明され愕然とする。亮は、円が作った四谷家に対する借金の返済に少しでも足しになるようにと、四谷家に自分の身体を預ける決心をする。四谷家の女主人・晶江(あきえ)の部屋に呼ばれ、晶江とフミの絡みを見せられる亮。晶江の性器を口で掃除するという日々の習慣を亮も行わされる。そして、晶江に童貞を奪われる亮。晶江への肉体的な奉仕も含め、召使としての日常をこなす亮。そんな日々の中、晶江の妹・玲子が屋敷を訪れる。玲子は亮に興味を抱いたらしく、亮に絡み自分を抱かせる。そして、玲子が部屋に呼び入れたのは、亮が慕う円であった。

館熟女 後編
円は玲子の中に挿入している亮の姿を直視することが出来ず、部屋から逃げ出す。次の日、もやもやする頭を抱えながらも日々の仕事をこなそうとする亮。しかし、円とまともに顔を合わせられない。夜、いつものように晶江の部屋に呼びつけられる亮。そこでは服を剥がされ、椅子に括り付けられている円の姿があった。亮は晶江に促されるまま円を刺し貫く。玲子が何故か円に酷く当たる姿を見るようになる。玲子と円は学生時代に同級生で、その頃のコンプレックスが酷く当たる理由と判明する。晶江はそんな玲子を咎めて罰を与えるのだった。玲子にSM的な行為やアナルセックス等の痛みを伴う行為が、日夜問わず続けられるのだった。

失楽園 前編
真夏の校舎の屋上にいるアキノとエリカと女教師の氷室の三人。突如、不思議な光に飲み込まれ、気が付くとエリカはコンクリートに覆われた部屋でベッドに寝ていた。ドアが開き軍服姿の男二人が現れ、エリカに猿轡を咬ませ、手錠を掛けて連行する。廊下を歩くエリカは、独房からのあえぎ声、すすり泣き、暴行の音が聞こえ息を呑む。半開きのドアの隙間から部屋を覗くとアキノが男達に凌辱されていた。そして部屋に着くと、そこへ目隠しされた氷室先生が連行されてきた…。

失楽園 後編
モンスターの手助けにより命からがら占領軍から逃げ出したエリカ。しかし、占領軍による拉致・暴行のショックからエリカは悪夢に悩まされていた。それを優しく見守るカイヤとアキラ。だが長老はエリカを占領軍に差し出してしまう。カイヤはエリカを助けるために、ひとり占領軍に向かうことに…。モンスター対決・拉致・暴行・核兵器…衝撃のクライマックスに!

十二人の女教師 前編
理事長室で、理事長から話を聞かされている真と圭。理事長「…という訳で、二人に…」圭「要はうちの学園の女教師を調教すれば良いってことっしょ?楽しめて、尚且つお金も貰えるなんて最高じゃん!やるよ」真「何で、叔父さん自身でやらないんですか?僕らに頼まずとも…」圭「真、何言ってんのさ、女とヤッて金貰えんなら最高だろ?」圭「こうして俺と真は12人の女教師調教を始めることになった。そして、最初に三沙子というクラス担任を落としたって訳。家族の愛に飢えてます。転校したてで不安です〜、なんて感じにしたら簡単に引っかかってくれちゃって、本当に世間知らずな感じで可愛いよな。最初はメソメソしてたけど、ちょっと優しくしてやったらアンアン喘いでくれるとこも可愛いってのよ」

十二人の女教師 後編
真が古淵小百合とトイレの中で…。小百合「やだやだやだ…、トイレの床なんて…」真「まだ、僕に隷属するって事の意味が分かってない様だね。僕が便所になれって言ったら、小便を飲み干すのが奴隷の役目なんですよ?」小百合「おしっこ…、御堂君のおしっこ…、いやぁ!」真「そうですか。そんなに喜んでもらえるなら…」一方、圭が真理に乳首ピアスをしようとするが、真理は必死で抵抗する。真理「やだ、やめて…、そんなの聞いてないよ!」圭「御主人様が奴隷の都合なんか聞くわけないじゃんよ。三沙子しっかり押さえてろよ〜」三沙子「は、はい、御主人様」圭「お〜し、良い返事。後でたっぷり可愛がってやっからね」

必殺痴漢人 前編
朝の混雑した電車の中、花音は痴漢を目撃する。擦るというレベルではない。服は剥がれ、パンツを摺り下ろされる激しい痴漢。それに気付くのは花音だけだったが、他の人に知らせることも出来ずただその光景を見つめるばかりだった。痴漢が射精を終え、電車から降りて行く時に痴漢と目が合う花音。花音は痴漢の顔を見てしまったという恐怖と期待が綯い交ぜになった感情を覚えるのだった。その日の帰宅時、夕暮れの人気の無い車内。席に座る花音の前に朝の痴漢の姿。花音は声も出さず、その男のなすがままにされる。「あぁ、私この男に痴漢されるのね…」尻、胸、股間。花音は、弄ばれて絶頂、放尿に至ってしまうのだった。へたり込む花音をそのまま置き去りにする男…。

必殺痴漢人 後編
痴漢と訴えられて全てを失った男の復讐は止まらない!復讐の相手、三姉妹のうち三女の花音は調教に成功。次女の奈緒、長女の恭子への復讐がはじまる!無人のデパートの家具売り場、縛られて失神している奈緒。ふと気が付くと、横で花音が男と激しくからんでる。「花音、あなた、なにやってるの!」「あン、あン…お姉ちゃんがなかなか気が付かないから…先にしてもらっているの…」男は冷ややかに言い放つ「次はおまえだ!めちゃくちゃにしてやる!」前の穴も後ろの穴も男の執拗な攻めが続く…強烈な快楽に奈緒も陥落。次は長女の恭子へと向かう!男の復讐は遂げられるのか…?

人工少女 前編 〜変身セックスアンドロイド〜
道端で謎の老人とぶつかり荷物を間違えてしまった拓也。その荷物を開けてみると小さな生物が入っていた。説明書には「このセクサロイドは、どんなご希望の姿にでも変身して、貴方にご奉仕致します。なお、5分で成長をはじめ、約一週間で…」と書いてあった。

人工少女 後編 〜変身セックスアンドロイド〜
巨大化したセリの中に入り、さんざん楽しんだ拓也。今度はセリをお人形サイズに小さくして玩具のようにもてあそび始めた。そして拓也の欲望は際限なくエスカレートしていった。「日替わりで色んな女と楽しめるなんて良いのかよ!」

息子の友達に犯されて 前編
穏やかな毎日を送る芹宮蓉子は幸せだった。仕事に没頭しがちだが妻を労わる夫と、少し内気でも心優しい一人息子に囲まれたごくごく平凡な家庭。でもほんの少しだけ蓉子には不満があった。「ねぇ、あなた…今日は、久しぶりに…」「…すまない、蓉子。明日も朝早いんだ」近所でも評判のおしどり夫婦が実はセックスレスだなんて誰がわかるだろうか!スカートをたくしあげ下着の上から股間をいじりだす蓉子。いつも自分で慰めるしかなかった。こうして夫しか男を知らない貞淑な蓉子は、若く熟れた身体の暴走を押さえ込んでいた。そんなある日息子が家に友達を連れてきた。息子の友達は美しくなにより優しかった。だが蓉子は知らない。その友達は蓉子を貶める「悪魔」だったのだ!!

息子の友達に犯されて 後編
良き夫と優しい息子にめぐまれた蓉子。しかし満たされない身体は、息子の友達である亮人を受け入れてしまう。尻をスパンキングされ身体をのけぞらして反応し放尿する蓉子。「蓉子さんはお尻を叩かれるのが好きなんだね。」「やめて!イクッ、イクッ」亮人の肉奴隷と化す蓉子。しかし、本当に求めているのは息子の友達ではないのだ。一方、亮人の母・操に弄ばれている息子の一志。「もう僕やめにしたいんです。」「うふふ、一志君の身体は、そうは思ってないみたいよ。」操の口でいかされる一志。「こんなことしたら亮人君に顔向けできないよ。それに母さんにも!」そんな二人を、冷徹な亮人は最後の罠にはめていく…。





〜 サイドビジネスサーチエンジン 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット