近親相姦 H動画


TOP >>> 近親相姦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168



タイトル
紹介
うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 かなで自由
世界中を旅する義兄が帰国し、我が家に遊びに来てくれる事になりました。健婚式の時にはお会い出来なかったのでどんな方なのか、自由はドキドキしていました。夫とは真逆のワイルド系、頼れる兄貴って感じでした。夫も久しぶりの再会に喜び、リビングで色んな話を聞いていたのですが、それよりも自由は、ズボンの上からも主張するアレが気になって仕方ありませんでした。というのも夫はあっちの方が小さいし、弱いし、最近ご無沙汰だったんです。旅の疲れを癒してもらおうと勧めたお風呂場で、ナマでアレを見てしまった時、自由はアソコがキュッと疼いてしまい、深夜アレを想像してオナニーしてしまいました。それでも疼きが止まらない自由はつい出来心で、義兄のアレを見ようと、触ろうと、匂いを嗅ごうと、舐めようと、出来れば入れてみたいと、いや、入れてめちゃくちゃに突いて!と思い、寝室に忍び込みました。夫くんごめんね、自由は義兄さんの馬みたいにおっきいアレにメロメロになっちゃいました。

親父と嫁が… 森高かすみ
義母が愛想をつかし出て行き、男所帯になった森高家。次男の夫と妻かすみが同居し始めたのは最近の事だった。親の遺産を食いつぶす義父、定職を持たずフラフラしている長男。同居をきっかけに夫との関係も少しギクシャクしていた。そんな中、かすみは義父から向けられたいやらしい視線を感じていた。義父と二人きりのある日、家事に勤しむかすみは不意に下半身を弄られる。抵抗虚しく襲われるかすみ。しかし親父特有の粘っこく執拗な責めと、年を感じさせないいきり勃つ肉棒が、かすみに夫では味わえない充足感を与えた。義父の性欲は凄まじく、夫との性生活もなかったかすみは義父を受け入れていく。夫を仕事に送り出した後、義父に求められるまま体を重ねるかすみだったが、その行為を長男に覗かれてしまい、長男とも関係を持ってしまうのだった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 羽生ありさ
僕の妻の母、つまりお義母さんは、数年前にお義父さんが亡くなってから元気がなかったみたいですが、最近は電話口でも笑い声が聞こえるようになってきました。で、僕達夫婦がやっと揃って休めた事もあり、久しぶりに妻の実家にやって来た訳です。出迎えてくれたお義母さんは相変わらず美しく、一瞬時間が止まったように感じました。その夜、久々に妻と子作りをしようとしましたが、断られてしまいました。次の日、朝早くから妻は出かけてしまい、義母と二人きりに。掃除を始めたお義母さんが不意に見せた太ももに急激に欲情した僕は、つい出来心で襲ってしまい、最後までしてしまいました。

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 小西悠
夫は資産家の次男だが、その生活が嫌になり上京。悠と出会い結婚した。今まで夫の実家に行った事がなく、今回初めて夫婦で顔を出した。実家には義兄がおり、金持ちを鼻にかけた物言いに悠はいい気分ではなかった。夫から、そんな性格の為女性と付き合った事がないという事を聞き、悠はすこし溜飲が下がった気持ちになった。翌朝、パンツ姿の義兄を目にした悠は戸惑った。義兄は嫌な男だが、アソコが、凄くデカイのだ。夫のモノに不満はないが、アレを見てしまったら、しかも義兄は童貞かもしれない。アレを咥えたら、挿入したら、童貞を奪ったら、など悠はふしだらな妄想を抱いてしまった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 風間ゆみ
妻とは先日入籍しました。結婚の挨拶を後回しにしてしまった事を後悔しておりましたが、妻は和かに大丈夫としか言ってくれません。そして遂に妻の実家へと伺ったのです。妻の言う通り笑顔で出迎えてくれた義母ゆみさん。ん?どこかで見た事がある?あ!AV女優の風間ゆみだ!僕は、つい二度見してしまいました。なんせ僕は風間ゆみさんのファンなのですから。妻は義母の仕事を理解しておらず、目の前には風間ゆみがいて、軽く混乱してしまいました。万が一違っていたら義母に失礼と、持ち歩いている風間ゆみDVDをこっそり見てみることに。妻が出かけ、ひっそりDVDを再生し、ついでに息子スティックをシコシコの最中に義母が、ゆみさんがこう言いました「ねぇ、本物かどうか、試してみる?」

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… 8時間
タカラ映像大好評シリーズ「お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…」の美味しいところだけをギュギュ〜っと詰め込んだ、熟女マニアの為の最強愛蔵版!貴殿の股間を直撃する!見どころ満載の8時間!!

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 市原絵美
妻の実家に帰省するのは何年ぶりだろうか?仕事がひと段落し、久々の連休、お義母さんも寂しがっているだろうと帰省した。義母、絵美は二人を優しい笑顔で出迎え、娘夫妻の好物を食卓に並べて持て成した。婿が席を外し、娘母の団欒。母は娘に孫の顔が見たいと言った。娘は夫は好きだが、性行為をしたくない、夫はしたがっているが、私は嫌いと言い、怒って席を立った。娘が性行為が嫌いでも婿さんは違うだろう、溜まってしまうでしょう、娘夫婦は大丈夫なのだろうか、母は困惑してしまった。あくる日、娘が出かけてしまったので、婿さんにお手伝い願おうと寝室へ向かうと、自慰をしている婿の姿を見てしまう。慌てて隠す婿の姿を不憫に思った絵美は、私のせいでごめんなさいと婿の自慰を手伝った。久しぶりに手にした勃起するアレに、絵美は少し興奮し、お互い気持ちよくなってしまう。さすがに娘に対して罪悪感を覚えた絵美は、娘には内緒と婿に告げるのだが…。

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 佐々木あき
夫は大好きだが、アレのサイズが物足りなく、夜の生活に満足できていなかったあき。田舎から義兄がプロテストを受けるために上京してきたところから始まるお話。夢を諦めず頑張る義兄が上京してきた。義兄との再会に喜ぶあきと違い、夫は自身のコンプレックスからか拗ねてしまう。翌日義兄の部屋にいったあきは、パンツ一枚でトレーニングする姿、パンツの中で主張するアレを見て驚いてしまう。アレのサイズが夫と大違いだったのだ!つい凝視してしまったあきは不意に淫らな妄想に…その夜、あきは義兄に寝室に忍び込んだ。アレを自分の目で確かめる為に。静かに布団をめくり、息を飲みながら義兄のアレを触る。自然と勃起してゆくアレ。たまらずフェラしようとするが、大きくすぎて収まりきらない。興奮したあきはそのまま口の中で白濁した液を受け止めうっとりとしてしまうのだった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 今井真由美
娘夫婦の自宅に遊びに来た真由美。娘、婿の元気な姿に喜んだ。娘夫婦は、ゆっくりと滞在を楽しんでもらおうと、上京の疲れを癒してもらうべくお風呂を勧めた。まだまだ若い義母・真由美にオンナを感じていた婿は、こっそりお風呂場へと近づき、真由美の下着を手に取り、匂いを嗅ぎながら自慰に耽った。深夜、真由美の寝ている寝室に夜這いに向かった婿。寝ている義母へちょっと悪戯していたが、激しくなってしまい義母が起きてしまう。しかし、興奮している婿を止められぬ義母・真由美。久しぶりの行為に感じてしまい、遂に婿のチンポを受け入れてしまう。婿の熱く硬いアレを何度も何度も叩きつけられ、おかしくなってゆく真由美。義母の優しく包み込む蕩けそうな秘部へと何度も杭を打ち込む婿は、義母と繋がれた喜びで溢れるほどの白濁液を発射させるのであった。

親父と嫁が… 夏希結愛
結愛は夫との行為が淡白過ぎるのを悩んでいた。定期的にしてはいるが、結愛が満足することはなかった。今日もこっそり自慰をし、ストレスを解消していた。その姿を見ていた義父はついに結愛をキッチンで犯してしまう。しかし、夫に物足りなさを感じていた結愛は義父の激しいピストンに体を奪われてしまい、夫のいない日中は義父と行為を繰り返してしまう。そして今日も疼く体を満たす為、義父に抱かれる。たまたま早く帰宅した夫は、妻が親父に抱かれている姿を目にしてしまい絶句してしまい…。

優しい母さん僕目線。 円城ひとみ
「僕はお父さんとお母さんと3人で暮らしています。お父さんはちょっと怖いけど、お母さんはいっつも笑ってて、いい匂いで、優しいです。」何処にでもありそうなほのぼの一家、しかし、子供がいじめられたと聞き、狼狽えるひとみ。詳しく話を聞くと、性的な話に息子がついていけず、いじめられたらしい。ひとみは悩んだが、母親として息子の為に性教育を行うことにした。全編主観息子目線でお届けする僕目線。優しく淫らに息子を教育する母親は『円城ひとみ』。さぁ、貴方もひとみお母さんから柔らかく発せられるママ淫語に包まれてみませんか?

おやじが性転換したら。。風間ゆみ!?
妻に先立たれ、男手一つで育てた息子。可愛かった時期も過ぎ、不自由はさせまいと頑張ってきたが、反抗期か今は荒れてしまった。なるべく息子と会話を試みるが、避けられてしまい参っていた。ある日、息子がこっそりAVを見ながらシコっていた。大きくなったなと実感しつつ見ているAVをみて驚いた。所謂熟女モノ。風間ゆみで若い息子がシコっていたのだ。そこで私は気付いてしまった。息子は母親を求めているのだと、母性を欲していると!私は息子の気持ちがわかった喜びで即行動に出た。旅に出ると書き置きして3ヶ月後。私は家に帰ってきた。汚れていた部屋を片付け、愛情たっぷりの料理を作り、息子の帰りを待った。久しぶりに対面した息子にお帰りというと、息子は「あ、あの、どちら様ですか」と他人行儀な返事。そうだ、息子は知らなかった…私が、性転換して風間ゆみになった事を。いいんだ息子よ、ここにいるのは父であり、母になったお前の好きな風間ゆみだよ!思いっきり甘えていいんだよ!私は今まで以上に深い愛情で包む事を心に誓い、しっかりと息子を抱き締めたのであった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 白石蓮
妻の実家に久々に帰省した。実家には義母・蓮さんと義弟が二人で暮らしていて、義弟というのが内弁慶で僕にはまだ余所余所しい感じ。義母はというと、年齢の割に綺麗でムチムチしてて、僕はちょっとだけエロい目で見てしまっていた。その日の夜、僕はイケないものを見てしまった。義母が義弟の性処理、フェラをしている場面を目撃してしまったのだ。義弟との行為が頭から離れなかった僕は、深夜義母の部屋へと向かった。寝ている義母を静かに襲い、艶かしい局部を弄っていると、義母が目を覚ました。義弟との行為を見てしまった。僕にもして欲しい。義母は嫌がってはいたが、受け入れフェラをしてくれた。義母のエロい行為に我慢できなくなった僕は、義弟とはSEXはしていなかったらしく、入れてはダメという義母だが、僕は中へと一気に差し込んだ。凄まじい快感が僕を包んだが、義母もどうやら同じようで、快感に身悶えていた。たまらず中へと精を放つと、義母はうっとりしつつ中で受け止めてくれた。その顔は義母からオンナの顔に変わっていた蓮の姿があった…。

ネトラレーゼ 連れ子と実の息子に寝盗られた話し。
涼子とはバツイチ同士の再婚で、お互い連れ子がいる。二人とも男の子だ。俺の方の子はすぐに涼子になついたが、涼子の方の子とは少しギクシャクしている。彼が大きくなってから再婚したので、仕方がないことだと思うし、それでも俺は家族を愛している。事件がおきたのは、体調が悪く早退した時、男女の卑猥なあえぎ声がした。恐る恐る近づくと、なんと涼子と息子がシテいた。あまりの驚きに自室に逃げてしまいました。その夜、私は涼子を問い詰めました。なぜ息子とシテいたのか。涼子はゆっくりと話し始めた。俺の息子との関係、しかしその根本が涼子の息子との近親相姦の関係からだと聞き、俺は目の前が真っ暗になってしまった。

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 蓮実クレア
夫は優しく私を愛してくれています。私も夫が大好き。でも夜の生活は…夫は早いし、弱いし私を満足させてくれていませんでした。夫の実家に行った際、私は出会ってしまったんです、義兄のチンポに。肉体労働をしている義兄は体も大きく豪快で、夫は正反対のタイプです。帰省した日の夜、お風呂場で見てしまいました…義兄のパンツからハミ出さんとするアレを。私は目を疑いました。あんなサイズ、凄い。私は堪らず寝ている夫のアレを確認しました。兄弟であれほど違うものかと。次の日、友人と出かけると出て行った夫。義兄はと言うと、だらしない格好で寝ていました。風邪をひくといけないと、毛布を取りに行こうとした矢先、昨日見たアレよりも大きくなっているアレがあるではありませんか!私は惹きつけられる様に義兄のパンツからアレを取り出し、愛おしむ様にしゃぶってしまいました。私は自然の流れの様に、義兄のモノを咥えながら、いつもより激しくアソコを弄ってしまいました…。

うまなみの兄貴にめろめろにされた俺の嫁 8時間
15センチ…18センチ…まさかの20センチ?!巨根だけが取り柄の俺の兄貴の股間に俺の嫁が興味津々のようだ。妻の肉壷があのデカチンで押し広げられたところを想像しただけで…。全く抗えない俺の粗ちんを呪うしかなかった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 神崎清乃
義母『清乃』さんと同居するようになって1年。妻と義母が甲斐甲斐しくお世話をしてくれ、楽しく暮らせていた。ただ、妻とはセックスレス…久しぶりにと誘ってみたが断られてしまった。悶々としながらリビングにいると、清乃さんがどうしたの?と聞いてきた。悩みがあるなら聞くという義母に、ついセックスレスの事を話してしまった。気まずくなった僕は席を立とうとした。が、義母清乃さんから腕を掴まれ、妻の事を謝罪してくれた。そして今回だけ特別と言うと、僕にキスをしてきた。義母のキスはイヤらしく、堪らなく興奮した。義母のねちっこく絡みつくフェラに、我慢できず出してしまった。少し恥ずかしそうに微笑む義母の姿は熟女とは思えない可愛さを感じた。その日から僕は義母とSEXする事しか考えられなくなった。義母の事を考えて寝れない夜、僕は夜這いを決行する。義母の部屋の前、かすかに聞こえる吐息、そこには一人慰める義母がいた。堪らず義母を抱きしめると、義母に熱く滾った股間を押し付けた。

この夏兄嫁にむらりとキたはなし 石川明日美
兄の家に居候中の次男、三男。いい歳して働かない。兄としては自立して欲しいところである。真面目に働けば、俺のように綺麗な嫁さんもきてくれるし、頑張れって言ってます。まあ自慢じゃないですが、私の妻『明日美』あいつらからしたら兄嫁がいい女で、ヤりたくなる気持ちもわからなくはない。三男がヤッた事ですが、寝ている妻をいたずらしてムラムラしてしまったらしく、ハメまくった。次男がシた話ですが、妻が自慰行為をしている所を盗撮していた所、やはりムラムラしてしまったらしく、ガンガン突いてしまった。妻は勿論ダメダメ嫌々と言っていたのですが、びしょびしょ濡れ濡れで自ら腰を振っておりました。正にさっきの話ですが、次男三男に飲めない酒を飲まされた私は眠っていたのですが、これ幸いと妻を二人がかりで手篭めにされてしまい、まあ妻もそりゃあ激しく興奮して抱かれておりました。私は飲まされてぐったり、妻はイカされてぐっすり、弟達はバレなくてラッキー、実は酔ったフリをして薄眼を開けていた私はボッキー!弟達がいなくなったので、濃厚な白濁汁を妻の顔めがけて発射しちゃいました。私だけでなく弟達までムラつかせる妻は本当にいい女です!

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 村上涼子
僕は、妻と妻の母『涼子』さんと3人で暮らしている。妻は最近ヒステリック気味で僕を攻めてくる。妻のイライラもわからなくはないし、そんな時は涼子さんがやんわりとフォローしてくれるので、色々我慢している。涼子さんはおっぱいが大きくて、たまに悩ましい表情なんかしていて、僕はつい見とれてしまうのだが、これは妻に内緒。今日も洗濯物の事で怒鳴られた。涼子さんの服をタンスにしまっていると、中からバイブが出てきた。義父はとうにいないし、寂しいのか?これで慰めているのか?と少し興奮したが、その姿を涼子さんに見られてしまい慌てて逃げ出した。涼子さんは微笑みながら近づくと、僕の手を取り、ひとり寝の寂しさをバイブで紛らわす事、玩具じゃ満たされない事、妻には黙っておくからと言われ、唇を塞がれてしまった。義母の唇は柔らかく、妻ともご無沙汰だった僕の息子はギンギンに勃起し、涼子さんと最後までしたのは言うまでもありませんでした。

優しい母さん僕目線。 井上綾子
僕にはお父さんがいません。でもお兄ちゃんと、優しくて大好きなお母さんがいるから幸せです。最近お兄ちゃんがいろいろ口うるさく言うからちょっとキライ。この前の事だけど、家に帰ってきたら、なんか唸る様な音がした。行ってみると、お兄ちゃんとお母さんが裸でチュッチュしていた。僕は仲間はずれにされた。だからお外にも行きたくないって思って、お布団から出なかったの。そしたらお母さんがごめんねって言いながら、お兄ちゃんにしていた事を僕にもしてくれた。おちんちんをペロペロしてくれた。なんかおちんちんが凄くなってびっくりした。入れるのがダメってお兄ちゃんに言ってたけど、僕にはしてくれたんだ。ぬるぬるしてて凄く気持ち良かった。お兄ちゃんには言ったらダメだってお母さんが言ってた。僕はお母さんが大好きだからお兄ちゃんには言わないよ。僕は寝ようと思ったんだけどおちんちんがムズムズしたからお母さんのところに行った。お母さんは一人でアンアン言ってた。一人でするって何?お母さん一人でして見せてよ、僕見てるから!!

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 清城ゆき
ゆきは、夫との性行為に満足できていなかった。淡白な上、サイズが物足りないからだ。しかし夫を愛しているので、我慢していた。そんな時、珍しい果物を探し輸入する仕事をしている義兄が帰国する事になり、自宅に招待した。久々にあった義兄は以前の面影がないほど変貌しており、それは、果実のせいだという。お茶を用意するため席を外したゆきは、久々の再会で盛り上がる兄弟の話を壁越しに聞いた。どうやら、義兄の風貌を変えた果実は股間にダイレクトに効くらしく、粗チン家系だが、大きく逞しくうまなみになったとの事だった。ゆきは衝撃を受けた。うまなみのチンポが頭の中を駆け巡る。もううまなみのチンポの事しか考えられなくなったゆきは、義兄の就寝中を襲った。目の前に飛び込んできた夫と違うBIGサイズ。つい頬ずりしてしまうゆき、そっとパンツをおろし、うっとりと口づけする、口に入らないほど大きく勃起したチンポ、ゆきはもう既にイッてしまいそうなほど興奮してしまっていた。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 小原たか子
義母は妻の兄と二人暮らしをしています。久しぶりに義母達に会うため帰省しました。義母はぽっちゃりで優しくて可愛い感じのお母さんです。帰省の度に良くしてくれるので、今回も楽しみにしていました。いつもの優しい笑顔で出迎えてくれた義母でした。僕に早く子供が見たいと言った事で、妻の機嫌が悪くなり、気まずい空気が流れました。妻が席を外したので、妻との行為がない事、妻は子供が欲しくなさそうな事を伝えると、謝られてしまいました。その日の深夜、不意に目を覚ました僕はトイレへ。なんとそこで義兄のチンポを咥える義母の姿が。バレないように息を殺し、義兄が放出していなくなったので、寝室へ引き返そうとしましたが、義母に見つかってしまいました。しかもさっきの行為を見たために僕は勃起してしまい、なんと義母は僕の逸物までも奉仕してくれたのです。昨日の事があり眠れない僕は、こっそり義母の元へ。やはりというか、義兄と繋がって喘いでいる。僕は覗きながら興奮が抑えられなくなりました。すっきりした義兄は自室に。行為の余韻に浸る義母が一人になった事で、義母へ半ば強引に挿入しました。肉付きの良い義母のアソコは纏わりつき離さず、また僕の熱い股間は義母を何度も絶頂へと導きました。義母との熱い夜が明け、数日。遂に帰路に着かなければなりません。帰りの時間までもう少しの所で、妻と義兄は外出して行きました。義母と二人、静かな沈黙の後、私たちは別れを惜しむがごとく乱れたのでした。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 前田加奈子
義母・加奈子さんと妻は年齢があまり離れていない、何故なら義父の後妻だから。普通ギクシャクしそうだが、妻と義母は本当の親子の様に仲良しだ。今日も二人仲良く僕の面倒を見てくれ、気持ち良く出勤しました。そんな義母なので、少し年上のお姉さんといるような感じで少しドキドキしております。ある夜、そろそろ子供が欲しいと思い、妻と営もうとしましたが、拒否され下半身が悶々としていた所、義母の部屋から灯が。覗くと一人慰め身悶える姿が。たまらず抱きつきました。しかしやんわり拒まれそうになったので、我慢できない私は義母に懇願し、今日だけ特別だからと言う義母に口でスッキリしてもらいました。翌日、妻が外出する時間を見計らい早退した私は、掃除をしている義母に声を掛けた。私の姿に焦る義母を強引に引き寄せると、昨日の続きを、昨日出来なかった挿入を果たした。久しぶりの受け入れという義母だが、秘部はすっかり潤っており、ゆっくり差し込むと柔らかく私を包んだ。味わうように締め付けてくる義母に私は我慢できなくなり、大量の精を義母の中に放った。それから数日は妻の目もあり何も出来なかったが、義母にイタズラを仕掛けた。私は義母を弄り、火がつきそうな所で止めた。その日の夜、義母が私の寝室にそっと忍び込んできた…。

母のマ●コを愉しむ8時間 美熟淫母40人
嗚呼、母さんのオマンコ…最高だよ。僕のチンポはどう?父さんよりも気持ちいい?お願いだから、今夜だけは僕だけの母さん、僕だけの恋人になってよ…。母子は肉欲を貪り尽くそうと無我夢中で互いの肉体を求め合い乱れていた…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 宮本沙央里
義父が亡くなって数年、妻の実家には行っていなかったが、今回妻の同窓会もあって帰省した。義母の沙央里さんは僕たちの帰省を喜んでくれた。その夜、お風呂に入った僕はボディソープがない事に気づき、お風呂の中から妻へ持ってきてと言った。待っていると扉が開き、なんと義母が!義母はニコニコと詰め替え、僕の背中を流してくれるという。遠慮もあり拒んでいたが、義母の押しに負け流してもらう事に。義母はそろそろ孫が見たいと言ったが、ここ1年妻との行為がない事を言うとしばし沈黙の時間が流れた。義母から前も洗うと言われた、つい勃起している僕は恥ずかしくなったが、娘としていないんだものねと、私でよかったらと義母にいわれ、はい、と言ってしまった。義母は硬くなった勃起棒を優しくしごき、味わうように舐めて行った。たまらず僕も義母のあそこに口づけし、溜まりに溜まった精を義母にぶちまけた。すっきりした僕に「二人だけの秘密よ?今日は特別だからね」と囁いた。僕はすっかり義母に夢中になってしまい、その日の夜は眠れなかった…。

肉便器のお母さん、僕専用。 8時間
今日から母さんは僕専用の性処理専用肉便器になるんだ。こんな育て方をしたのは母さん自身なんだからね、自業自得なんだよ。早くこっちにそのデカい尻を向けなよ、僕のギンギンチンポをぶちこんでひぃひぃ言わせてやるからさ!

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 米倉里美
義母『里美』と妻と僕。3人で暮らすようになって随分時間が経ちました。義母は僕に気を使ってくれるので、不自由のない生活を送れていました。今日は珍しく義母が食事を作ってくれたので、少し大げさに喜んだところ、妻の逆鱗に触れてしまい、僕と落ち込んでしまいました。寝室に戻ると妻に謝りましたが、赦してはくれず、仕方なくリビングに。義母が心配そうに僕に話しかけ、僕はついここ1年生行為がないことを言ってしまいました。慌てて立ち去ろうとしましたが、義母が僕の腕を掴むと、娘がゴメンなさいと言い始め、僕に優しくキスをしてくれました。その時から僕は妻より義母に興味が出てしまいました。数日後、妻が寝たのを見計らい、義母の寝室へと向かいます。寝ている義母に静かに襲いかかりました。最初は抵抗していましたが、義母も先日僕にイカされたことを思い出すかのように徐々に体が開いていきました。恥ずかしいほどに濡れた義母の股間へ少し強引に深々と差し込むと、義母は快感に体を弾ませた。僕は夢中になり腰を動かし、義母もまた喜びに震えていた。すでに義母はオンナの顔になっていた…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 横山みれい
東京観光をする為、娘宅に宿泊することにした母みれい。娘の幼なじみの結婚と妊娠の話をした所、娘の顔が曇り、席を外してしまった。娘婿によると夫婦仲は良いが、夜の方が無いとの事。みれいは色々と心配になったが、夫婦の事なのでと、心にしまった。お風呂上りに娘の部屋を開けると、婿がみれいの下着で自慰をしている場面を目撃してしまう。突然の事に慌てる婿、みれいは娘としていないのだから溜まっているのだろうと可哀相になってしまい、婿を口淫でイカせてしまう。深夜、先ほどの婿にした行為を思い出しながら悶々としていると、突然婿が抱きついてきた。婿の勢いに押され、嫌がりながらも体を開いてしまうみれい。婿の激しい行為は、みれいのオンナを目覚めさせ、久しぶりの快楽にみれいは酔いしれるのであった…。

優しい母さん僕目線。 桐島美奈子
僕は学校でいじめられている。でも僕にはお母さんがいるから、嫌な事なんてすぐに忘れちゃう。今日も悔しくて泣きながら帰ってきた。お母さんは優しく僕を抱きしめてくれた。お母さんのいい匂いが僕を癒してくれる。夜トイレに行こうと起きたら、お母さんの寝室で、お父さんがお母さんにイヤラシイ事をしていた。お母さんはうっとりとして気持ちよさそうだった。僕が見た事のないお母さんの表情、オンナの顔だった。僕は悔しかった。次の日、お母さんに昨日見た事を話し、僕も気持ちよくなりたいとお母さんに迫った。お母さんは抵抗したけど、次第に力が抜けていったみたい。興奮した僕は硬くなったオチンチンをお母さんに見せた。お母さんは一瞬びっくりしてたけど、僕は我慢できなくなってお母さんの口に僕のオチンチンをねじ込んだ。お母さんのお口は気持ちよくて直ぐに出しちゃった。

うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 枢木みかん
夫は優しくて大好きなのだが、アレが小さく弱い為、行為に満足できていない妻・みかん。ある日、夫の兄、義兄が試合の為、自宅に宿泊するという。突然の事に慌てるみかんだが、久々の再会を喜んだ。義兄を迎え入れると、義兄は準備をするといって部屋に向かった。みかんが義兄の部屋へと入ると、短パンTシャツの義兄がなにやら行っていた。イメトレらしく、さすがプロと思うみかんだったが、あるモノに気がつく。短パンから激しく自己主張しているアレ。みかんは自分の目を疑った。夫のモノに満足していないみかんは、アレにアレされたらとドキドキしながら凝視してしまう。みんなが寝静まった夜、昼間みたアレを確認する為こっそりと義兄の部屋を訪れたみかんは、義兄の布団を捲った。最初は見るだけと思っていたが、触れたくなり、触りたくなり、目の前で大きくなっていくアレに興奮し遂にはベロレロとしゃぶってしまうのであった…。





〜 ペット保険無料資料請求 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット