近親相姦 H動画


TOP >>> 近親相姦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168



タイトル
紹介
たびじ 母と子 野宮凛子
日除けの傘を差し、白い帽子を被り、胸の開いたワンピースの女が一人、樹の下で佇んでいる。息子を大事にしてやれなかった思いが凛子の時間を停止させてしまっている。あの時は、一番大事な息子を守る為に仕方無かったと自分に言い聞かせて…息子が切り盛りしている民宿に訪れた凛子は久しぶりの再会に心弾ませ、とびきりの笑顔を向けるが、息子と気まずい雰囲気になってしまう。緩やかに温かな温水に身を委ね凛子は今までの自分を顧みるのであった…。

たびじ 母と子 真弓あずさ
風光明媚な場所で、母・真弓あずさが一人で佇んでいる。風景を眺めながら、意味深に物思いにふけている。そして、高速道路のパーキングで、何かを思い出したのか、カバンの中をガザゴソと探している。そこに、息子・秀一がやって来る。息子・秀一が十歳を迎える前に旦那が亡くなって、それ以来息子の幸せが自分の幸せと思いながら、女手一つで秀一を育て上げた。今日は、親子二人、水入らずの旅行の日だった。立派に成人し、男らしく運転する息子の横顔を見ながら、優しい笑顔で楽しそうにしていた。

母にはセフレがいるようだ 汝鳥すみか
母子家庭。年頃を迎えた息子・ダイスケは母の事が大好きだった。働き者で貞淑な女性とばかり思っていた母親に、なんとセックスフレンドがいた。その事実を知ってしまった年頃息子ダイスケの苦悩の物語は始まった。それは、いつもと変わらない日だった。早朝。古き良き和風家庭。縁側の開放された窓。拭き掃除をしているエプロン姿の女性が、ダイスケの母親・すみかだった。ダイスケが起床して、眠そうにあくびをしながら、大好きでたまらない母親・すみかの所に来た。ダイスケは進路の事で悩んでいた。女手一つで育ててくれた母親に、これ以上苦労はさせたくないと思いつつも、希望の進路は進学だったのだが…

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 峰岸洋子
東京都内某所。閑静なる住宅街。そこに立つ、平穏なる一軒家の台所。エプロン姿の女房が、ひとり、鼻歌まじりに、旦那・ダイスケの朝飯を作っている。程なくして、旦那が眠そうに入って来る。寝ぼけながらも台所のイスに座るダイスケは、妻の手作りの朝食を食うのだが、妻が改まって言い出した事があった。それは、明日、お義母さんがやってくるとの事だった。翌日、遠路はるばる汽車に揺られて、東京のにぎやかな喧噪の中、きょろきょろとしながら、大通りを歩くオノボリお義母さん。娘の東京の住所が手書きで書かれた、チラシの裏面を見ながら、徐々に娘夫婦の住む、一軒家へ訪ねてきた田舎のお義母さん・洋子50歳。しかし、実の娘を尻目に繰り広げられる、義母と義息との、禁断の関係が、徐々に巻き起ころうとしていた…。

はいれぐ母さん 上原千尋
「言いなり母さんの恥ずかしいハイレグ生活」をテーマに、「くいこみ」「ぷりケツ」「ハミ毛」辺りの描写を、じっとりと楽しませる。羞恥にうつむく顔。赤く染まった頬。恥ずかしそ〜うにくねらせる女体。こぼれおちるぷりケツ。収まり切らない陰毛。はみ出してしまう、恥ずかしい部分。「引きこもりの暴君息子・太郎ちゃん」の命令で、日常生活のすべてを、「ハイレグレオタード」で、送らねばならない母の苦悩。今日も、母子家庭の母親として、この、キレると怖い暴君息子・太郎ちゃんに、恐る恐る話しかけるのだが…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 真弓あずさ
閑静なる住宅街。そこにたつ、平凡なる和風家屋。一階玄関、ドラマ冒頭にイキナリのW拭き掃除ケツ。義母と嫁。色違いのエプロンにデニム。四つん這いの前傾姿勢にて、上機嫌に、廊下の拭き掃除をしている。揺れ動くふたつのケツ。真弓家は二世代で、嫁の家に住んでいる。そこに婿として来たのが、ダイスケだった。今日も、義理の父と一緒に彼は出勤する。そんなある日の夕刻。仕事を終えて帰宅したダイスケがひとっ風呂浴びていると、シャンプーが切れている事に気付く。シャンプーが切れた旨を、大声で訴えていると、お義母さんが入ってきてしまったのだったが…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 岩下京香
話題沸騰!タカラ専属美人母「岩下京香」。ファン待望の第二弾です!愛する女房を尻目にその母と絡み合う禁断の家族ドラマを情感込めて艶じて魅せます。暮れ。嫁の里帰りに同行した旦那・マスオは久しぶりに見る義母・ゆりかの熟れた肢体に目を奪われる。そして、深夜。便所に向かったマスオが偶然覗き見してしまった、お義父さんに抱かれるお義母さんの艶やかな乱れっぷり。美しくも優しい女房の母にドキドキし始めてしまっているマスオが、嫁の居ない隙に…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 柳田和美
平成二十六年夏。青年ゲンタは、久方ぶりに実家へと里帰りをしたいと言う女房に付き添って、県外にある彼女の実家へと訪れた。玄関をくぐると、女房の母親であるカズミさんに笑顔で迎えられた。「んまあ遠い所よく帰ってきてくれましたね二人とも」リビングに通され三人であははと談笑していた。ふと、ふたりで何か探し物をしている母子の姿が視界に飛び込んで来た。無防備なる前傾姿勢。女房と、その母親の、あまりにも肉感的なまん丸の臀部が、目のやり場に困る程に、ぷりぷりと揺れていた。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 水樹まや
純朴なる青年ケンイチは、先週末から我が家へとお泊まりに来ている女房の母親「まや」さんの熟れた色香にドギマギし続けていた…。朝の光景、むっちりとした尻肉隆起を浮かび上がらせるお義母さんの拭き掃除姿。思わずボーッと見とれていると、女房に早く朝ご飯食べてと急かされた。義母の滞在予定は三泊四日だった。ドキドキハァハァの同居生活。ケンイチの下半身はいつしか、もはや制御不能なほどにいきり勃っていた。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 寺林伸子
週末。久方ぶりの休暇を利用して温泉旅行へと訪れた青年ケンイチは、はしゃぎまわる女房に苦笑を浮かべつつも、そっとその脇でしっとりと佇むお義母さんの浴衣姿に見とれていた。ひょんな事から決まった小旅行。女房の母親ノブコさんも一緒に行くと決まった時から、ケンイチは今日の日を内心待っていたのだ。「ホント…いい湯だったわ…」熟れた女の色香をムンムンに漂わせつつ、浴衣からうなじを覗かせているお義母さん。決して褒められた感情ではない事は重々承知の上で、ケンイチはお義母さんの女体への性的興味を押さえつける事が出来なかった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 工藤留美子
純朴なる青年ダイスケは先週末から我が家へとお泊まりに来ている女房の母親留美子さんの熟れに熟れた完熟色香にドキマギし続けていた。朝の光景。むっちりとした尻肉隆起を浮かび上がらせるお義母さんの拭き掃除姿。思わずボーッと見とれていると、女房に早く朝ご飯食べてとせかされた。義母の滞在予定は三泊四日だった。ドキドキハァハァの同居生活。ダイスケの下半身は、いつしか、もはや制御不能なほどに、いきり勃っていた。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… 8時間
女房の目を盗んでべろれろと繰り広げられる、義母と婿との禁断姦通劇。大人気シリーズ「お義母さん女房よりずっといいよ」から珠玉のベスト盤が登場!どれもこれもの目移り必至な、8時間たっぷりお楽しみいただける悶絶愛蔵版総集編です!

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 黒柳美沙子
平成26年秋。久方ぶりに女房の実家へと里帰りした青年ダイスケは、ずいぶんと久しぶりに顔を合わせた女房の母親・美沙子さんの熟れた色香に到着早々その股間を熱くした。二泊三日の旅程で泊まる事になったその一つ屋根の下で、青年ダイスケはいよいよ辛抱堪らなくなって、お義母さんの背後にハァハァと立ってしまう…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 榊みほ
盆の頃。久方ぶりにまとまった休暇を得る事が出来た僕は、女房に連れられて遠路はるばる彼女の実家へと訪れた。相も変わらず美人で肉感的な、女房の母親みほさんに優しく出迎えられた。「どうぞゆっくり過ごしてくださいね」そう微笑みつつ世話をしてくれる、義母の女体隆起に、ここのところ随分と女房との行為が無かった僕は、イケナイ事とは分かりつつも、下半身のムラムラを押さえる事が出来なくなっていった…。

代理出産の母 桐島綾子
結婚三年目を迎えて尚もなかなか子宝に恵まれぬ娘夫婦は、ある日、市内の婦人科にてあまりにも無慈悲な一通の診断書を突きつけられた。先天性の不妊症。その事実に愕然としつつもそれでも何とか子供が欲しいと願う娘夫婦は、ある日、貞淑なる美人義母・桐島綾子の前で、緊張で顔を強ばらせながら、こう言ったのだった。「お願いお母さん!私の代わりに、ダイスケさんの赤ちゃんを産んで欲しいの!」と。

いい日旅勃ち 肆の湯
母の妹である叔母さんと旅に出ることになった。両親が幼い時に離婚し、母が働きに出なければならなくなり、近所に住んでいた叔母さんに面倒をみて貰うことになった。学校から帰ると叔母さんの家に行き、宿題をしたり、夕食を食べたり、風呂に入った。授業参観も運動会も叔母さんが来てくれた。叔母さんには子供がいなかったので、僕を息子のように可愛がってくれた。だから、僕は叔母さんには頭が上がらない。実は母には内緒だが、僕と叔母さんには秘密がある。それは、学校から帰った時だった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 石橋ゆうこ
週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年であるマコトは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく、慌ただしく屋内の片付けをしていた。女房の母親。田舎で暮らす娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーン言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石橋ゆうこの肉感的な女体隆起に、マコトは思わず息をのんだ。

代理出産の母 澤村レイコ
結婚3年目を迎えたマスオとえりな。仲睦まじく幸せに暮らす若夫婦のふたりに、ある日、あまりにも無慈悲な一通の診断書が突きつけられた。「お願いお母さん…私の変わりに、マスオさんの赤ちゃんを産んで…」美熟女界の最重鎮ヒガシの正横綱澤村レイコが情感込めて艶じて魅せた、泥沼愛憎近親相姦代理出産エロ絵巻。

あそこが疼いてしょうがないんです…… 通野未帆
夫の実家へ帰省することになった通野夫婦。妻の未帆は気がかりな事があった。義父の茂雄との事だった…。将来は夫の実家に帰り住むのか?と夫の一茂に相談するが「まだわからない」と素っ気ない返事が帰ってくる…。そんな折…スケベ義父の茂雄が未帆にちょっかいを出してくるのであった…。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 宮前幸恵
週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が、娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・宮前幸恵の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

はいれぐ母さん 井上綾子
爽やかな朝。貞淑なる美人母・井上綾子はその日も、もうすぐ起床してくる息子・タツオちゃんの為に、朝食の支度に追われていた。早くに夫を亡くし、母子家庭にて暮らしていた。年頃を迎えた愛する息子が引き篭もりの不登校になってしまったのは、私の育て方が間違っていたのかしらと、母は胸を痛めていた。今朝もまた、不機嫌そうにトーストを頬張りつつ、至極当然のような顔をしてこう訊かれた。「母さん今日もハイレグ着てるよね?どんなのか僕に見せてよ!!」…と。

あそこが疼いてしょうがないんです…… 白咲碧
愛する夫の命は《余命半年》、と医者から宣告された妻・あおい。夫のために、少しでも空気がきれいな所がいいのでは…。…と夫を気遣い、閑静な住宅街にある夫の実家に住む事を決めたマスオとあおい。義父の勇に夫の命の事をつげる。自分のセガレが余命半年と知った父・イサムはショックをうけるが、その先の生活を考え、あおいとの生活を…と考えた父・勇。その時あおいは…?

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 石野真奈美
週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ぴんぽーんと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石野真奈美の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

ホテルの部屋で筆下ししてもらった 水元恵梨香
数年ぶりに墓参りで再会した雄一は帰りの駅で従姉の姉と途中下車し、幼い頃に共に住んでいた故郷の街を従姉の御姉さん<恵梨香>と2人で観光することになった。久々に再会した恵梨香は昔とは違い爆乳でお色気ムンムンな大人の女性になっており、社会人になった今でも童貞のまま女性に免疫力のない雄一は思わず興奮してあらぬ想像をしてしまうのであった。そして、街の観光も終わり帰ろうとした時、急な雨が降りだしそれがきっかけで電車が運休になってしまい2人でホテルに一泊する事になってしまった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 牧園百合子
週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員青年である旦那は、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・石野真奈美の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ… 篠宮千明
週末。都内某所にて女房と二人で暮らす働き者の会社員である旦那・シンタロウは、もうすぐ訪ねて来るであろう女房のお母さんを迎えるべく慌ただしく屋内の片付けをしていた。田舎で暮らす女房の母親が娘夫婦の様子を見に、遠路はるばる汽車に揺られて上京してくれるのだ。ピンポーンと言うドアチャイムの音を聞いて、間も無く屋内に入って来る上京義母・篠宮千明の肉感的な女体隆起に、義息は思わず息をのんだ。

息子に揉まれた母達 8時間
卑猥で愛おしい僕のお母さん。そのふくよかで柔らかい胸の谷間に僕はのめりこんでいく。息子の手を包み込む様に押し返す弾力。母から伝わる羞恥の快楽。母は今日も息子に揉まれてしまうのであった。

お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ…… 8時間
義母…愛する妻の母。妻の面影を残しながらも熟れた色香を醸し出している。僕の下半身は我慢ならない所まできていた。嫌がりながらも娘婿の逞しい身体に溺れてゆく義母。8時間でお届けする禁断の行為。どうぞご堪能ください。

ホテルの部屋で筆下ししてもらった 西山あさひ
数年ぶりに墓参りに行った帰りの駅で従姉の姉と途中下車し、幼い頃に住んでいた街を従姉の御姉さんあさひと2人で観光することになった僕。久々に再会したお姉さんは昔とは違い成熟した大人の女になっており、社会人になっても未だ童貞で女性に免疫のない僕は興奮してよからぬ想像を色々してしまうのであった。そして、街の観光も終わり帰ろうとした時、急な雨が降りだしそれが暴風雨にまで発展し電車が運休になってしまい2人でホテルに一泊する事になってしまった。

お母さん、かっ彼女よりずっといいよ… 石橋ゆう子
とある、息子の物語。都内の大学に行き一人暮らしをしている息子・タツオは、都内での学生生活を楽しんでいた。間も無く彼女も出来た。だが、初めての一人暮らしで内心ホームシックになっていた。離れてみてやっと気付く母の素晴らしさを噛み締めながら生活していた。そして、彼女が昔の写真を見たいと言い出したから帰省する理由も出来た。そして、彼女と一緒に帰省してみると、今まで気付かなかった、母・石橋ゆう子の魅力に心を奪われてしまう。それは、彼女なんか足下にも及ばない位、狂おしいほどに女性的な魅力を放っていたからだった…。





自動車保険一括見積もり ★500円分商品券プレゼント

動画 アダルト動画 ライブチャット