近親相姦 H動画


TOP >>> 近親相姦 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168



タイトル
紹介
親子姦通 大森節子
「聡の友達とSEXしているうちに、息子の聡としたくなったんです…。」5年前に夫と別れた節子の浮気相手は何と息子の聡の友達雅男だった。節子は雅男と浮気を重ねるうちに聡と親しくなった。節子はある日、雅男とSEXしているところをビデオに撮り、それを聡の部屋に置いた。聡の嫉妬心を煽るためだった。その夜、聡は母の部屋に来た。聡も母としたかったのだ。

親子姦通 西峰藤子
隆は熟女好きでいつも熟女ビデオ熟女エロ本でオナニーしていた。藤子は隆の部屋を掃除してそれを見つけエロ本を自室に持って帰る。夜、この本を見ながら隆がオナニーをしてると思うと藤子も堪らなくなりオナニーしてしまう。しかしこれを隆に見られてしまう。若い欲望をぶつける隆に初めはあがらいつつも大きく足を開き、迎え入れる藤子だった。

親子姦通 立花さくら
中学3年の卒業式を明日に控えた夜、息子は童貞を自分の母に捧げた…。さくらは36歳と言う高齢出産で三男坊を産んだ為、長男(32歳)と次男(31歳)の時よりも幼い時より猫可愛がりの溺愛ぶりだった。三男の中学や高校の催し物には欠かさず出席し、ガールフレンドが来ると何かと難癖を付けて交際を壊したと言う。息子の方もそんな母をうざったいとも思わず、父と母のSEXを覗き見たり母を思いオナニーしていた。中学3年の卒業式前夜、母親を相手に童貞を喪失する。

親子姦通 永堀慶子
亭主が死んで3年後のある夏の日、暑くて寝苦しい夜だった。「とうちゃんがいなくて、うち寂しかった」「おかん、俺ではあかんのか」獣となった母と子の愛欲と色情の地獄絵図!肉体の悪魔が騒ぐ道頓堀の夜!

親子姦通 吉永香織
夫の目を盗んで密かに行われる気険な情事。SMの調教をされたかった女がいた。SMの調教をしたかった男がいた。ただ、この二人…実の親子だった。獣となった母と子の愛欲と色情の地獄絵図!

母子交尾 【秩父路】
母さんは過去に何度か結婚している。事情が複雑な結婚ばかりで息子・娘と呼ばれる子供がたくさんいる。僕もその一人だ。小さな頃からいろんな経験をしてきた母さんはちょっと変わっていたんだと思う…多分。その母さんに育てられた僕はよくマザコンと呼ばれていた。17歳の時、僕は童貞を捨てた。その相手は母さんだった。そんな僕も来月結婚する。だから、その前に…最後にもう一度だけ…。ぼくにとって思い出深い秩父で結婚を前に心ゆくまで母さんを抱きたい…。

母子交尾 【甲斐路】
友達と温泉旅行に行くという宏彰を「男と温泉旅行に行くなんて、ホモなんじゃないの?」と懸念を抱いていた母美津は、友達が来られない事をいいことに宏彰と旅行する計画をたてる。その計画が徐々にエスカレートしていき、ついには親子のタブーを犯す事となった…。超豊満ボディで根っから痴女の絹田美津が見せる過激SEX!そんな過激セックス三昧の温泉旅行の行く末は…。

母子交尾 【伊香保路】
朋子は、現在22歳の娘と26歳の息子と3人で暮らしている。息子とは過去に何度もSEXした。しかし、夫にバレてしまい離婚してしまった。それ以来、息子とはしていない。したくとも切っ掛けが掴めずにいた。今、娘は大学の卒業旅行中だ。私達もたまには温泉にでも行こうと息子を誘った。久しぶりに息子と交わる切っ掛けを作りたかった。そして昼も夜もいくらでもやれる。2人きりで伊香保温泉に行くことにした。

母子交尾 【伊勢路】
役所勤めのみさきは仕事が忙しく、雅生が小さい頃から、ほとんどスキンシップを取ることが出来なかった。もちろん2人で旅行なんてしたことも無かった。私のせいで雅生が引きこもりになってしまったと思い悩むみさきは、息子を何とか更生させようと2人で伊勢へ旅をする事に。伊勢へ向かう途中「僕は母さんが好きなんだ…女として」と突然雅生に告白される。成人として身も心も大人になった雅生の告白を、戸惑いながらも受け入れてしまうみさきだった…。

母子交尾 【鬼怒川路】
東京に状況してしまう宏彰を鬼怒川温泉へ旅行に誘った。嫌がる宏彰を半ば強引に…。思えば二人で旅行したことなんてなかったし、思い出作りのつもりだった…。でも今日が一生忘れられない思い出になるとは、思っていなかった…。

母子交尾 【熱川温泉】
息子がアルバイトで貯めたお金で伊豆の温泉旅行に招待してくれた…。息子と二人だけの旅行は初めてかも知れない…。そんな息子と肉体関係に陥ったのは3年前。いけない事とは知りつつ今でもその関係は続いている。そして二人のセックスはいつも中出し、まだ一度も当った事はないが…。

母子交尾 【秋川路】
秋子は和明を溺愛していた。和明が20歳になってもその溺愛ぶりは変わらず、和明はフリーターとも二ートとも呼べるような生活を続けては秋子に甘えてばかりいた。父・誠一郎は仕事ばかりで家庭に関心を持っていなかったが、さすがに不安になり、2人の様子を見ようと家族旅行に誘った。家族旅行なんて初めてと言っても過言ではなかった。気まずい雰囲気のまま始まった家族旅行。旅館についてそうそう、誠一郎は仕事で会社に戻るはめになった。父がいなくなった事を内心喜ぶ秋子と和明。まるで新婚気取りでお互いを求め合い、神聖な御神滝の前や、露天風呂で近親愛を貪りあうのだった。

母子交尾 【河口湖路】
母子家庭の美玲と恭平。恭平は美玲と不倫関係だった男との間に生まれた子供だった。父は恭平を認知をしなかったため、美玲はシングルマザーになったのだった。美玲は恭平を溺愛していた。恭平が大学生になっても、子供にスキンシップを取るようにキスをした。恭平も美玲が大好きだった。そんなある日、恭平の父が恭平を今更自分の子供として引き取りたいと言い出したのだ。美玲は当然断るのだが、引き下がらない父と口論になった。口論がエスカレートし、美玲は父を包丁で刺し殺してしまった。美玲は動揺して朝方に帰宅する。自分も死のう。そう考えていた時、恭平が起きてきた。ふいに美玲は旅行に行こうと恭平を誘う。“一緒に死のう”そう思いつくと頭から離れなかった…。そして2人は河口湖へと旅だち、燃えるような近親愛に溺れていくのだった。

母子交尾 【伊豆路】
息子信夫が大学進学で東京で一人暮らしを始めた。母のみゆきは寂しい思いをしていたが、信夫が久しぶりに帰郷する日、親子二人でゆっくりできるようにとみゆきは温泉旅館を予約した。その旅館は今は亡き父(夫)と泊まった旅館であった。めくるめく想いがかけめぐり、いつしかみゆきの心は母としてでは無く、一人の女として息子信夫を見つめていた。そして禁断の親子愛が始まるのだった…。

母子交尾 【芦ノ湖路】
酒乱で暴力的な夫(父)から逃れるため、家を飛び出してきた多喜子と和明。両親も亡くし、行き先がない多喜子は旅館に一泊して行き先を考えようとしていた。二人は不安を隠すように道中からキスを始める。旅館に着くと、同情した友人が露天風呂付の高級部屋を用意してくれていた。二人は不安な気持ちを忘れ、幸せな一夜を過ごすのだった…。

母子交尾 【奥多摩路】
一人暮らしの美熟女「萌」と孤独な若者「悟」。出張風俗妻で生計を立てる萌の元に一本の出張依頼が…。それは何の因果か生んですぐ生き別れた息子悟からの偶然の依頼だった。1泊の旅をオーダーした悟は母親であることがすぐにわかり、萌もまた気付く。そして血統が交じり合う禁断のSEXに発展する…。

母子交尾 【信濃路】
東京で一人暮らしをしている宏彰の元に、突然、母(恭子)から手紙がきた。恭子と宏彰は15年前に生き別れていた。「大きくなった宏彰の姿を一目みたい」と書かれた手紙。宏彰はなぜ今更手紙をよこしたのか疑問に思いつつも、松本行きの列車に乗った。久しぶりの再会で緊張する二人。松本の自然を見て周りながら、徐々に恭子の口から真実が語られる。「今晩だけは一緒にいて欲しい」と恭子が言い、二人は温泉旅館に泊まりに行く。母子が打ち解けるのに時間はかからなかった。宏彰は「本当は寂しかったんだ」と甘え始め、ついには、禁断の関係を結ぶのだった……。

母子交尾 【館山路】
母子家庭の奈々子と浩之は、特別な“愛”を築いた二人だった。大学卒業後、浩之は東京の会社に就職が決まった。それは、浩之が母を守る強さを手に入れる為に、一時的に母から離れようと考えたからだ。上京当日、奈々子は就職祝いに温泉旅行をプレゼントした。行き先は思い出の館山だった…。館山の美しい海を見つめながら、早速キスを始める二人。二人は、人目を気にする事無く愛を確かめ合った。旅館に着くなり、激しいセックスを始める二人。やがて夜も更け、別れの時が近くなっていく…。二人の感情は徐々に寂しさに支配されていく。「これが肌を重ねる最後の夜になるかもしれない…」口には出さなかったが、二人はお互いの寂しさをぶつけるように、体を貪り合った。次の日、果たして二人は離れる事ができるのだろうか…?

母子交尾 【那須路】
高校を中退して10年近くひきこもっている宏彰。女手一つで宏彰を育ててきたみどりは、このままではいけないと一泊二日の旅行を計画した。宏彰の気は進まなかったが、大好きな母とずっと一緒にいれるならと旅行に行く決心をした。宏彰がひきこもったのはみどりに原因があった。宏彰が寂しがる度に甘やかし、体の関係まで築いていたからだ。みどりもそれはわかっていたのだが、旅行中も宏彰を甘やかす。道中でも人目を避けてキスをし、フェラチオし、旅館に着くなりセックス三昧。それでも、宏彰に変化が起きた。「僕、お母さんを守りたい」と、宏彰が言い出したのだ。

母子交尾 【鬼怒川路その後、そして渋川へ…】
前作より一年後…東京で生活しているはずの宏彰から、手紙が届いた。田舎の風景写真だけが入った手紙だった。朋美は写真の風景をたよりに、宏彰を探す旅に出た。宏彰を心配する気持ち、驚かせたい気持ち、そして、鬼怒川での夜を再び…様々な感情が入り乱れたまま、朋美は家を出発した。カメラマンになる夢に挫折しかけて自分探しをしている宏彰の元に、朋美がやって来る。「ウチに帰っておいで」と言う朋美。宏彰は朋美に甘えた。宏彰が泊まっている旅館に朋美も泊まる事になり、二人は自然と肌を重ね合わせた。次の日、宏彰が朋美の写真を撮る事になった。宏彰は感情が昂ぶるのを感じた。それは今まで写真を撮ってきて感じた事のない感情だった。部屋に戻るなり、宏彰は朋美の裸を撮り始めた。感情のままにシャッターを押し続ける宏彰。朋美も感じ始め、二人はファインダー越しに愛し合った。そして、二人の行く末は……?

母子交尾 【甲州身延路】
ある日、夫の誠一郎がリストラされた。リストラされてもなお高圧的な態度を取る誠一郎に、妻ちづこと息子和也は不満を抱いていた。そんな中、誠一郎が家族旅行に行こうと提案した。道中でも高圧的な態度を取る誠一郎に、ちづこと和也は業を煮やし逃げ出した。ちづこと和也は二人だけで旅館に泊まる事にした。二人きりになれた二人はお互いの気持ちが高ぶってしまい、築いてはいけない親子関係に堕ちていくのだった…。

母子交尾 【武州名栗路】
専門学校卒業を控えた息子を誘っての旅行、愛子が連れて行った場所は蕎麦畑の美しい名栗の村。母は自分の想いを息子に伝え、二人は夢のような一泊二日を過ごした…。

母子交尾 【山中湖路】
夫と死別し、息子とも離れて何年も一人で暮らしているすみれ。この度、上京して会社員をしている息子・宏彰が帰省することになった。再会した宏彰は想像以上に大人びた姿になっていた。そんな宏彰から告げられる告白「俺、母さんの事、ずっと好きだったんだ」。二人はその夜、父が亡くなってからの辛い人生を振り返り、思いを馳せながら体を重ねる…。

母子交尾 【石和路】
三年前に父が亡くなり、二人で暮らしていた母、小百合と息子の宏彰。宏彰は父が死んでからも危機感を要せず、コンビニのアルバイトを続けていた。看護師の小百合はそんな宏彰を心配し就職して欲しいと思っていた、そんな母から逃げるように一人暮らしを始めた宏彰。一年後、宏彰から久しぶりに連絡があった。「クリスマス旅行で温泉に行こう」と誘われた。小百合は宏彰から連絡がきて嬉しかった。そして舞台は冬枯れの石和温泉へ…。

母のお仕置き 関口恵都子
女手一つで息子・大介を育てている恵都子は、大介が成人した今でも毎日のように厳しいしつけを施していた。友人の健二がいる前でも当たり前のように尻を丸出しにし、容赦なく引っ叩く。恥ずかしがる大介をよそに、健二はその折檻を羨ましく見ていた。健二には親がおらず、叱られるという事に憧れを抱いていたのだ。そして「僕を叱ってください」と恵都子に懇願する健二に、恵都子はエロ折檻を施していく……。

母のお仕置き 石橋ゆう子
父のいない家族三人で暮らしている母・ゆう子と二人の息子。兄の剛史は大学生で素直ないい子に育ったが、弟の耕太はイタズラばかりするヒネクレ者になってしまっていた。そんな耕太に対し、ゆう子は毎日のようにお仕置きをしていたが一向に性格は直らない。そんなある日、耕太にオナニーを覗かれたゆう子は、お仕置きと称し耕太をベッドの上に誘い、体を弄んでいく。そしてそれを覗き見ていた剛史は、嫉妬に狂い出していく…。

美熟母淡澪生出し 本田英里子
英里子は息子二人と三人で暮らしていた。英里子と兄の竜司は近親相姦の関係だったが、竜司は一人暮らしを始めてしまう。英里子の欲求不満は弟の宏彰に向けられる…。

美熟母淡澪生出し 岩本良美
亡き夫と同じく、料理人である息子の拓哉の料理さばきを見て、毎晩のように股間を濡らしている良美。「この子も、あの人と同じくテクニシャンなのだろうか……」そう妄想せずにはいられない良美は、ある日性欲の堰を切り、拓哉の寝込みを襲い母子の一線を越えてしまうのだった……。

美熟母淡澪生出し 川原小百合
母・小百合と共に暮らす弟・宏彰からの連絡を受け、実家に帰って来た拓也。仕事を休んでまで帰省してきた拓也に告げられたのは「実家に戻って母さんと暮らして欲しい」という宏彰からの願いだった。宏彰は家を出て一人立ちをしようと考えていたのだ。しかしその夜、拓也が見たものは小百合と熱烈にまぐわう宏彰の姿だった…。弟の真意とは、そして兄の母への、家族への愛の形とは…。一家の真愛を描いた官能秀逸ドラマ。

美熟母淡澪生出し 山口美花
女手一つで自分を育ててくれた美熟母の美花を心から愛している息子のかおる。彼は毎晩のように美花との性行為を繰り返す淫夢を見ていた。その夢のせいでかおるは日に日に性的欲求を募らせていた。ある日、友人の沖田が美花を組み敷いてしまい、それをきっかけに美花の理性は崩壊してしまう。そして実の母子による禁断の関係が始まった。





〜 引越し一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット