ヒロイン H動画


TOP >>> ヒロイン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35



タイトル
紹介
ヒロイン腹責め 怪盗ナイトパンサー編
亡くなった芸術家の父の遺作を手に入れるため、不法な手段で芸術を手に入れ、美を独占している悪党達から美術品を盗み出す怪盗ナイトパンサーの今回の標的は、影で暴力団とのつながりを持つ蛇沢という男が狙う宝石・聖者の涙。絵画修復家に変装して蛇沢の屋敷に乗り込んだナイトパンサー。しかし、用心棒の黒崎という男に催涙スプレーで目潰しされ、胃液を吐くまで徹底的にボディへの攻撃を受けて倒れてしまう。ナイトパンサーによって偽物の「聖者の涙」をつかまされた蛇沢は巨漢の怪力男を使って徹底的に彼女の腹を責め上げる。そして、自由を奪った彼女に挿入し、その腹の上に熱した蝋をたらして反応を楽しむのであった。その後も有刺鉄線で腹を巻き上げて傷つけたり、鉄球を腹の上に落として責め苦しめたりと変態的な蛇沢の拷問に苦しむナイトパンサー。だが、彼女の相棒の機転により蛇沢たちの包囲をかいくぐることに成功。改めて奪った宝石を元の持ち主に返却しようとしたその矢先、彼女には絶望としか呼べない未来が待っていたのだった。[BAD END]

巨大ヒロイン(R) サンウーマン
瀕死の重傷を負った地球守備隊の隊員、湊ミライは巨大ヒーローサンガイザーと合体し巨大ヒロイン、サンウーマンとして悪と戦っていた。そんなサンウーマンもこれまでの怪獣との死闘で肉体は限界に近づいていた。これ以上の戦いは死を意味するのだ。しかし時同じくしてシズマ社のDrシズマは怪獣を倒す事が可能な兵器サイクロンビーム砲の開発に成功する。これで湊ミライと分離し巨大ヒロインの引退を決意する湊ミライだったが、地球侵略を画策するエポック星人の襲撃が始める。サンウーマンに負担をかけたくない思いから地球守備隊の大介は単身エポック星人に戦いを挑む事に。そしてサンウーマンは大介の救出に向かうがそれはサンウーマンを捕獲するための罠だったのだ。その上怪獣襲撃の黒幕はDrシズマだったのだ!怪獣退治で巨大ビジネスを画策するDrシズマはサンウーマンを洗脳し街を破壊させ、サイクロンビームでサンウーマンを倒すというデモンストレーションをたくらんでいたのだ!果たしてサンウーマンはDrシズマの野望を阻止できるのか!【BAD END】

ヒロインバトルロワイヤル
銀河系第三惑星国家リトルアース、全十区から構成されるリトルアースは、善と悪とが絶妙なバランスで成り立っていた世界。そんな中、毎年現れるヒーロー・ヒロイン達に様々な悪の組織が壊滅されようとしていた…。増え続けるヒーロー・ヒロイン達によって、絶妙な世界のバランスが崩れつつある近未来の世界。そんな中リトルアースを統治する国家リトルアースでは、善と悪のバランスを保つ為に、毎年一回各地区からヒーロー・ヒロインを無作為に選抜し、見世物的イベントとして、最後の一人になるまで戦わせるサバイバル・ゲーム「バトルロワイヤル」が開催されていた。第34回「バトルロワイヤル」その裏には、国家リトルアース大統領の思惑が潜んでいた。ヒロイン達に迫る魔の手…。【BAD END】

ヒロイン白目失神地獄 ウィングフォース編
2314年…人口増加と資源不足に悩む未来政府は人間の優劣をDNAから判断し犯罪要素の高い人間は下界に落とし一般社会から疎外した。しかし下界の反逆者達は組織を結成しタイムマシーンで300年前の現代に逃げ出した。未来を変えるために修羅と呼ばれる獣達は現代社会の支配を企む。だが、未来政府は美しきバード戦士、コードネームはウィングフォースを送り込み、その陰謀を阻止するために戦わせるのだった…。だが、セレブな美人戦士の彼女は追い詰められた者達の狂気を知らなかった。戦いでの敗北白目失禁、首絞めで白目、餓えた修羅の白目顔面精液発射地獄、ハード凌辱でアクメ白目地獄…美しい女戦士の顔は白目で失神し地獄の亡者のように苦しみ続ける…。[BAD END]

ヒロインM男戦闘員 逆チクビ凌辱
月の国のプリンセスでありながら地球の平和のために戦うギャラクシー仮面は、今日も地球を支配しようとするヴァンプデスの一味と戦っていた。ヴァンプデスの部下の怪人を倒し、気絶した戦闘員二人を捕らえたギャラクシー仮面は、ヴァンプデスの基地に先制攻撃を仕掛けようと考えて、戦闘員からヴァンプデスのアジトを聞き出そうとする。だが、口を割らない戦闘員に対して、ギャラクシー仮面は乳首をいたぶる尋問を始める。最初の一人は、乳首を噛んだり、つねったり、乗馬鞭で叩いたりして責めたが口を割らない。そこで、もう一人の戦闘員には、快楽責めを始める。指や口で愛撫のあと、筆、羽、ローターなどで責める。それでも吐かない戦闘員に対して、ギャラクシー仮面は、乳首を口で責めながら手コキを始めるのだった。ギャラクシー仮面は戦闘員の口を割ることができるのか?これバッドなのかな?基地の場所を聞き出せなかったと言う点では、バッドだしヒロインが勝ってるという点ではハッピーだし[BAD END]

ヒロイン拷問7
ピチピチしたロリータ美人仙女が淫猥な拷問にかかるはめに…。「いやっ!やめてぇ!」と悲鳴をあげる仙女。どんどんエスカレートする下半身の責めに苦しむが、とうとう悩ましい声をあげてしまう。強制放尿させられ、ペニスをオマンコに根元まで押し込まれ歓喜の声をあげながらよがり狂ってゆく。

ヒロイン妊娠強制腹パンチ中絶磔処刑
相澤詩織…彼女の正体は仮面の騎士ルビーナイト!その正体を暴こうと一人の雑誌ライターが詩織につきまとう。その時、現れる暴漢。そして、詩織はルビーナイトへ姿を変えるとその暴漢を退治する。しかし、その戦いの中で事故が起こる。心に深い傷を受けるルビーナイト…。会社で一人落ち込む詩織の前に現れたのは以前より憧れている先輩…片山。片山は詩織に優しい言葉をかけ嫌な事なんか忘れられるとお酒を詩織にすすめる。会社でお酒などと一度は断るものの片山の優しい言葉に傷心の詩織はついつい承諾してしまう。元来お酒に弱い詩織はちょっと飲んだだけですぐに酔っ払い意識を失ってしまう。そして、片山は詩織の体を…。お酒のせいとはいえ、淫らな行為に及んでしまったことを深く反省する詩織…。二ヵ月後、片山との子を身籠ったことを知る詩織。そして、産む決心をする詩織は片山との生活を夢見、微笑む。その事実を知る片山…。実は既婚者であった片山にとって詩織との事は言わばただの火遊びに過ぎない。一人で勝手に将来の事を楽しそうに話す詩織を疎ましく思う片山はある時、詩織の正体がルビーナイトである事を知ると悪巧みを思いつく。片山に嵌められたルビーナイトは怪人によってそのお腹を何度も何度も殴られていく。必死に耐えるルビーナイトは怪人の一瞬の隙をつき何とかその場から逃れる…。お腹の子も何とか無事で一安心の詩織。片山は怪人によって中絶させられたと一人上機嫌。しかし、無事であったと知ると再び悪魔のような策を講じる。そして、片山の罠に落ちていくルビーナイトは片山自身の手によってお腹を激しく痛めつけられ…。[BAD END]※特典映像として、臼井あいみさん出演の「仮面救護天使ユテリュス 失禁」が収録されています。

巨大ヒロイン(R) ウルティマー
遥か銀河の彼方、アルティマ星から地球を守るために来た正義の巨人ウルティマー、地球上では舞星葵と名乗り地球防衛隊の隊員として日々侵略怪獣や宇宙人達と戦っていた。そして、数々の侵略獣と戦ってきたウルティマーの肉体はもう限界に来ていた。そんな時、彼女の故郷アルティマ星を滅ぼした、もっとも残忍なスラグ星人が地球に目をつけるのだった。地球だけは私が守るという気持ちだけでウルティマーこと舞星葵は戦うのだった。スラグ星人の罠にはまり、四次元アクアリウムと呼ばれる死の水槽で、すべてを餌にする獰猛な鮫型宇宙怪魚とボロボロの肉体のウルティマーは戦う事になる。過酷な水中戦は、ウルティマーを更に弱らせるのだった。ウルティマーは身体をかじられ丸呑みされそうになり苦しむのだった。そして動けなくなったウルティマーをスラグ星人達は凌辱し犯すのだった。そしてウルティマーのタイマーと眼の光は消え完全敗北死し、地球人の生きる希望も無くさせるのだった。☆物語は分岐しマスクが消滅してしまい舞星葵の苦しむ表情をしっかり撮らえたマスク無し凌辱シーンとなり物語はエンディングに進んで行く![BAD END]

女戦闘員&女幹部 ふたなりハードレズアクメ洗脳
暗黒帝国「デスデビル」ふたなりの女戦闘員49号。歪な女戦闘員は「デスデビル」の中でさえ日々虐げられていた…。そんなある時「デスデビル」は戦隊ブラックに潜入を許し迎え撃った多くの女戦闘員が全滅の危機にさらされる!生き残った女戦闘員49号は見てはいけない者を目にしてしまう…戦隊ブラックが絶命した女戦闘員・瀕死の女戦闘員を次々と犯していくところを…。呆然と見ていた49号は見つかり仲間の女戦闘員と同様に犯されそうに!胸を弄られ次は下半身…破られあらわになったのはなんと、反り立った男性器!ブラックは絶句し一言「バケモノ…」その瞬間ブラックへの大きな衝撃!男性器をあらわにすることで力を発揮した49号の強烈な一撃…絶命しても殴り続ける狂気の49号…女戦闘員ながら戦隊ブラックを絶命に追い込んでしまったのだ。その後49号はブラックと同様に女戦闘員を殺し犯しはじめるのだった…気付けば「デスデビル」の女戦闘員を束ねる女幹部。戦隊ブラックを絶命させた、女戦闘員を犯し続けた衝動…蘇る性的衝動を抑えられず欲求を満たすべく、次々に女戦闘員を犯し続け改造し、また新たな女戦闘員を誕生させ、さらに犯すのだった。繰りかえされる諸行無常…蘇る性的衝動…その果てには…。[BAD END]

サイキックソルジャーアスナVSカオスファイターズ
若き女性格闘家、サイキックソルジャー『麻宮アスナ』は異次元格闘大会への出場を考えていた。しかし大会で勝ち進む為には強いタッグパートナーが必要である。彼女は旧知の仲であるキャットウーマン『フェリッサ』を甘い誘惑で口説き落とし、パートナーに迎え出場を果たす。ついに大会は開幕、戦いの火蓋が切って落とされ、無敗の格闘家『Mr.ブドー』戦う政治家『ラガー』タッグとの戦いではお互い一進一退の攻防で試合が進んで行く。アスナとMr.ブドーがお互いの手の内を見せ合った中、突如空から赤い悪魔が現れアスナ達を襲いはじめた。圧倒的な力で窮地に追いやられるアスナだが、眩い光に包まれ天界の守護者としての力が覚醒する。赤い悪魔はアスナを魔界に連れ、アスナと死闘を繰り広げる。ダメージを受けつつも凌辱の限りを尽くす悪魔、凌辱に耐えられず失禁をしてしまうアスナ。そして、最後の力を振り絞って戦うアスナの前に現れた者は!?残されたフェリッサがとった意外な行動とは!?彼女を待ち受ける先は絶望の二文字しかない…。[BAD END]

ヒロインハードピンチ凌辱 後編 シャドウレディ
かつて電磁人間アタックも餌食となったデモンキングダムの人間狩りが再び始まった。鈴川嵐子はデモンキングダムが放った戦闘員・デスポーン達が追う人間たちの一人に入ってしまう。多少腕に覚えがある嵐子は、デスポーン達に抵抗するのだが、やはり多勢に無勢で追い詰められてしまう。その時!嵐子の影が実体化しデスポーン達を見事に倒すのだった。突如不思議な力を手に入れた嵐子は、驚きと同時にその力を使いデモンキングダムを倒すと心に決めたのであった。そのカゲの実体化したヒロインこそ、正義の戦士シャドウレディだったのだ!しかし、迫り来る悪夢を嵐子、シャドウレディはその時はまだ知る由もなかった…。[BAD END]

巨大ヒロイン(R) ルーシア 前編
地球防衛隊EGTのアキラ隊員の正体は、G55銀河からやってきた宇宙人ルーシアで、凶悪怪獣や宇宙人から地球を守る宇宙パトロールの一員なのである。地球侵略を企む女宇宙人マーラ星人はルーシアを抹殺するために一計を案じ、石油コンビナート付近に巨大ロボット・ディカイザーを送り込んでルーシアにけしかける!!ディカイザーの硬い装甲を相手に、海辺で戦うルーシアは苦戦を強いられるも何とか勝利を得た。しかしその時、黒い霧に包まれたルーシアは十字架貼り付けの状態で山岳地帯へワープさせられる!!そして、ついに現れたマーラ星人の魅惑の腰使いに思わずイチモツを勃起させてしまったルーシア。マーラ星人の舌使いと手コキで何度も何度も強制射精を繰り返したルーシアは半分女体化してしまうのだった。このままでは基地に戻れないという思いから、銀河サインを使ってマーラ星人に決闘を申し込むアキラ隊員。1対1の決闘のはずが、出現した双子怪獣ミギラーとダリラーの触手に捕まり、バキューム触手で再び射精を繰り返す!!ルーシアのイチモツはホルモンの現象により縮小化し、完全に女体化してしまう…。果たしてルーシアは元の肉体に戻ることができるのか?マーラ星人との勝負の行方は?![BAD END]

巨大ヒロイン(R) ルーシア 後編
マーラ星人の計略にはまって犯され、命を落としたルーシア…。しかし、故郷の惑星G55銀河から送られた生命エネルギーを受けたルーシアは拘束から脱出し、マーラ星人の宇宙船を撃墜。海の決闘でついにマーラ星人を倒すことに成功した。そして女体化してしまった彼女はアキ隊員と名を改め、別人としてEGTへ入隊するのだった。ある日、地球のエネルギー資源が次々と消えていく事件を追っていたアキ隊員はボロド星人を発見し、銃撃戦の末左足を負傷してしまう。さらに、現れた怪獣デトラドンを撃退するため巨大化して戦うも傷ついた体ではかなわず、怪獣に犯されてしまう。数日後、夢の中に現れたボロド星人はアキ隊員に語る。彼は資源の乏しい惑星へ地球のエネルギー資源を送る慈善事業をしているのだと…。心を乱されるアキ隊員だったが、再び現れたデトラドンを前にそれでも地球を守ると硬く決意し戦いへ向かう!!だが、デトラドンとの戦闘の最中、ルーシアの攻撃で石油貯蔵庫が破壊され、ボロド星人は彼女のやり方に激しく憤り、戦いは1対2の不利な状況に?!はたしてルーシアはデトラドンとボロド星人を撃退することができるのか?![BAD END]

ヒロイン脚フェティシズム セクシー仮面編
沢渡しずかは岬が丘学園の女教師、セクシー仮面に変身して学園の腐敗と戦っていた。そんなある日、教え子が正義感から不良グループの麻薬密売を告発する。しかしそれが原因で不良グループにリンチされる事に。間一髪の所でセクシー仮面に変身したしずかは教え子を救出するが、戦いの中で太ももを負傷してしまう。そのうえ戦いの現場を謎の男に目撃され、素顔を見られてしまう。正体がばれたと焦るしずかだったが、男は盲目だったので一安心するしずか。ところが男はしずかの負傷場所を嗅ぎつけ太ももにすりよって来る。女性の脚に異常な執着を持つ男はしずかの脚を舐め匂いを嗅ぎ続ける。何とかその場をしのぎ保健室で治療しようとするがそこに現れた医者は先ほどの盲目の男だったのだ。男は匂いですぐにしずかの正体をつきとめ不良グル―プと結託してセクシー仮面をおびき寄せる。セクシー仮面は不良グループを圧倒するが、保健室で脚に塗られた媚薬のせいで気を失ってしまう。意識を取り戻したセクシー仮面は拘束され脚フェチの男達に脚を徹底的に凌辱される事に…[BAD END]

ヒロイン顔面騎乗 SUPERLADY編
「帰って伯爵に伝えなさい…【三流ザコ怪人の子守はもう飽きた】…と!」絶対的な強さと絶大なる自信に満ち溢れた我らのスーパーヒロイン・SUPER★LADY。ハラワタの煮えくり返る想いの策士・バトラーがその自信を破砕すべく張り巡らせたワナとは…人質をとられてもなお余裕のS★L。1秒もあれば敵など殲滅出来る…しかし、それはいつもと違う展開となってゆくのだった!…バトラーが仕掛けたのは『フェロモン兵器』とでも言うべきモノ。S★Lの遺伝子を組み込んだ恐るべくバイオ兵器…それが絶対ヒロインの自信とプライドを粉々に砕いてゆく!!!居並ぶ戦闘員たちの前、内股でモジついているS★L。抑えきれない陰部のうづきを止める方法はただひとつ…それこそ顔面騎乗!!!ありとあらゆるガンキがS★Lの陰部の暴走をさらに加速させてゆく!「しッ…舌の先端がッ…あ…あそこを…アソコをかき混ぜてるふゥうううッ!!!!!」白目をむき大量のヨダレを撒き散らしつつ、徐々にヒロインの道を外れてゆくS★L…そして…決して足を踏み入れてはならない禁断のゾーンへの扉がいま開くのであった…負けるな!僕らのSUPER★LADY!!![HAPPY END]

ヒロイン拷問ファック ギャラクシーレディ編
ギャラクシーレディは日夜正義の為、宿敵死神帝国と戦っていた。ギャラクシーレディの正体は出版社に勤務するOL。あろう事か敵の戦闘員に正体を悟られてしまう。変身前の姿に襲い掛かる戦闘員達。しかし、正体が露見するのを恐れた彼女は戦えず、その姿のままで敵に捕らわれてしまい拷問を受ける。情け容赦ない敵の暴力に、美しい顔は見る見る痣だらけに。終いには戦闘員に強姦されてしまう。しかし何とか変身して脱出するが、怪人ギルティーの触手攻撃の前に屈してしまい、今度は変身した姿で捕らわれの身となってしまう。殴られ、激痛のあまり白目を剥き、顔は痣だらけで鼻血が滴り、コスチュームを切り刻まれ、電気マッサージ器やこぶ縄で凌辱された後、イラマチオをさせられ性器に極太バイブを突っ込まれてしまう。圧巻は戦闘員に犯された状態で、ドミネーションを受けるギャラクシーレディ。最後は戦闘員に中出しされてしまう。[BAD END]

スーパーヒロイン狂乱拷問 バードホワイト編
宇宙から地球を襲撃してきた悪の組織ギャンガラー。それに対抗するために白鳥博士は、特殊忍者隊バードファイターを作ろうとしていた。そして、その最初のメンバー、バードホワイトに白鳥博士の娘、白鳥霞が決まっていた。出撃したい霞に対して博士は「バードファイターは5人そろって初めて力が発揮できる。他の4人が見つかるまで待て!」と命令する。だが、殺戮を行うギャンガラーに我慢できず、霞はバードホワイトに変身し、一人で出撃しギャンガラーの基地に潜入する。基地の中でギャンガラーの怪人に襲われる。苦戦しながらも倒したが体力を使い果たし、ギャンガラーの幹部バルダ伯爵にとらわれて拷問にかけられる。必死に耐える霞だったが、苦痛に屈しない霞に、バルダ伯爵は凌辱拷問に切り替える。壮絶な快楽拷問に耐える霞だったが、徐々に霞の理性は壊れていってしまう。理性が無くなったバードホワイトは自らオナニーをし、女の性を制御できなくなる…。[BAD END]

ヒロインくすぐり拷問
仲間と群れて行動することを嫌う孤高の女戦士バードブラック・不知火黒羽は、人間を狂気に導く宝石・魔光石を盗み出す任務についていた。だが、魔光石を集めて人間界を魔界にしようと企む超魔会の幹部ベルルバの罠にはまって捕らわれてしまう。レズでサディストのベルルバは、これまで黒羽が盗んだ魔光石の在り処を吐かせようと拷問にかけるが、苦痛では口を割らないと判断し、一晩かけてあらゆる方法で黒羽を責めさいなみ弱点を探り出す。そして、黒羽がくすぐりに弱いことを知ったベルルバは、黒羽をくすぐりマシーンによって拷問にかけて地獄を味合わせる。隙をついて脱出した黒羽だが、出口を探している間に、別の幹部ダンキの部屋に迷い込んでしまう。バードブラックに変身して戦うが、ベルルバの拷問で弱っていたこともあり、敗北し捕らわれの身となってしまう。そこに現われたベルルバの提案で、黒羽はダンキとベルルバに交代交代にくすぐり拷問にかけられ、執拗なくすぐり拷問に耐え切れず口を割ってしまう。だが、黒羽を待っていたのは壮絶なくすぐり処刑だった。(BAD END)

ヒロイン白目失神地獄 宇宙特捜アミー編
地球の平和のためにシラヌイと戦う宇宙特捜シェスターとその相棒アミー。だが、シェスターの武装アーマーを手に入れようとたくらむ銀河商人Xは、シラヌイの大神官バールとともに二人の宇宙特捜を陥れようと作戦を実行に移す!通信の途絶えたシェスターを追ってやってきたアミー。その前に現れたXとバールによって、シェスターが空間牢獄ゴドルフィンに幽閉されていることを聞かされる。シェスターを人質にとられたアミーは手出しのできない状態のままシラヌイの怪人3体によって痛めつけられ、何度も白目をむいて失神しながらも耐えていく…。そして、一対一のチャンスをもらったものの体格の違いすぎる相手の前に何度も失神してしまう。だがその時、Xがバールに反旗を翻し、異空間へ強制移動させる。アミーを救ったXは彼女の父親の助手ゼクスターであり、同じ惑星セシリアの生き残りであった。さらに、惑星セシリアの壊滅はゼクスターが絡んでいたのだ!彼は父親の手によってアミーの体内に隠された高エネルギー体を取り出すため、口と膣から強制的にエネルギーを吸収!!あまりの衝撃に何度も白目をむいて失神してしまうアミーをたたき起こしてはエネルギーを吸い出すゼクスター。はたしてアミーはこの白目失神地獄から抜け出せるのか?![BAD END]

ヒロインお尻責め −アテナ・プロミス編−
アテナ・プロミス[レベッカ]は突如現れたインベーダー、ドノヴァンによって侵略された地球を取り戻すために結成された人類最後の希望「コクーン」その中でも精鋭部隊と言われるアテナの一員として闘う伝説の戦士。ある日ドノヴァンに殺されそうになったチャイルドレジスタンスを助けた事が縁で彼らのリーダーとなるが不審者として受けた恥辱の身体検査が原因でお尻を辱められる快感に目覚めてしまう。そんな時、捕虜のドノヴァン人からある取引を持ち掛けられる。凶悪な少年ゲリラに捕まった科学者のドノヴァン人を救出する代わりに反体制派のドノヴァン人を味方につけられるというのだ。想定外の事態で窮地に陥るレベッカ達だが、なんとかドノヴァン人救出に成功する。レベッカは凶悪だが戦力として貴重な少年ゲリラを説得し仲間に迎え入れる事に。しかし少年ゲリラのリーダー、タイロンは抑圧された生活で欲求不満になっているレベッカを言葉巧みに騙し性奴隷として調教を開始する…。[HAPPY END]

完コスヒロイン羞恥責め −リュウセイブルー編−
スーパーヒロインの身も心もボロボロにすることを得意とする女拷問人ジルバ。セシルピンクの拷問の依頼を受けたジルバは、まず激しく責め立て、拷問により汗をかき体臭の強くなった体を、戦闘員に激しく侮辱させる。弄ばれながら体中の臭いを戦闘員にかがれ、臭い臭いと言われてセシルピンクの心は壊れ、情報を吐かせることに成功する。そしてジルバはすぐ次のターゲットを拷問するために地球に向かう。そのターゲットはリュウセイブルー。ジルバはリュウセイブルーを襲撃し、激しく痛めつけて捕らえる。ジルバの拷問に耐えるリュウセイブルーだったが、ジルバは一般人を捕らえて連れてきて、リュウセイブルーを責めさせようとする。最初は躊躇していた一般人だが、悶える姿に興奮し、電マを使って責め始め、やがて臭いを嗅ぎ、体を舐め回し、何度も電マを使ってイカせ始める。リュウセイブルーもまた、心が壊れていくのだった。[BAD END]

巨大ヒロイン(R) アポロニア
地球守備隊の紅一点、サクラ隊員は巨大ヒロインアポロニアに変身して地球の平和のために巨大魔獣と戦っていた。その頃ケロリアン星人は地球侵略の障害となるアポロニアを倒す恐るべき計画を目論んでいた。早速、サクラ隊員と親しい少年守備隊の昌介少年を誘拐、洗脳し、サクラ隊員をおびき寄せる事に成功する。表面的には友好的なケロリアン星人に騙されたサクラ隊員はケロリアン星人に性奴隷として調教される事に。しかしそれはケロリアン星人の計画の序章に過ぎなかったのだ!調教によって戦闘能力が著しく落ちた隙にアポロニア抹殺計画のために結託した極悪宇宙人が街の破壊を開始したのだ。満身創痍の身体でアポロニアに変身するサクラ隊員。しかし、それこそがケロリアン星人の真の目的だったのだ!調教され敏感になったアポロニアを民衆の前で凌辱し、人々に絶望を植え付けようというのだ!果たしてアポロニアはケロリアン星人の恐るべき計画を阻止できるのか!![BAD END]

眩神RAIKA 後編 凌辱編
ヴァーティゴの魔の手からなんとか脱却したRAIKAは、ピースシールドと激しい戦いを繰り広げる。二人の戦いは、いつしか周りの街をも巻き込むほど激しさを増していた。その戦いを見ていたヴァーティゴ装着前の女保安官の一人カヤノは、ある計画を秘めていた。ピースシールドを世間の敵に仕立て上げ、悪の根源であるライビングゲート社のフィクサーをも利用した街の支配の計画だ。カヤノの計画が進む中、人々の正義を守るためライカが悪に立ち向かう!!RAIKAシステムのスーパーパワーでカヤノの計画を潰したかにみえたライカだったが…。[BAD END]

マスクヒロイン4
正義の志し高き、凄腕の未来女忍者ライアン。その素顔を仮面で隠し、暗黒の一族と闘う。ある日、仲間の忍者が人質に…。闘う術を無くしたライアン。両手を束縛されカラダをいやらしく虐待され苦痛と快楽にもだえるライアン…。そして残酷な魔邪姫ドーベルは、ライアンの仮面をはずし人質の忍者にライアンを無理矢理姦通させる。未来忍者ライアンは、暗黒一族の前で昇天してしまう。

ヒロイン生贄10
『森脇由美』19歳。一年前にデビューした新進気鋭のアイドルタレント。そんな彼女に地底人の魔の手が…!か弱いアイドルにボディブローの連発、灼熱拷問、生殖モルモットに…。そしてアイドル由美に小便採取、強制飲尿!変なドロドロの液までかけられ最後は狂ってオナニーしてしまう。彼女の白き人生アルバムに生贄物語が刻まれる…。

シャドーウーマン危機一髪!!
普段は地味なOLの春香はある日、瞳の形をした謎の石・ブラックアイズを拾う。その石は触れた瞬間に春香の体に入り込み、彼女を超人的な運動神経の持ち主に仕立て上げた。以降、春香はシャドーウーマンと名乗り、世の中の悪事と戦う事を決意する。しかし、彼女の活躍を憎み、ブラックアイズを狙う国際保安機構の捜査官・牛山に狙われてしまう。牛山は国家に影響力を持つ財団の差し金で、科学機関によって自分を超人化させ、戦闘員を使ってシャドーウーマンを追い込んでいく。猫のように華麗な体さばきで戦闘員を倒していくシャドーウーマンだが、牛山の卑怯な攻撃の前に無念にも捕獲されてしまう。大型の棍棒で体中を痛めつけられながらも、彼女は悪人にブラックアイズを渡す事を許さず、かたくなに耐え続けるのであった…。シャドーウーマンが痛みに強いことを悟った牛山は、恥辱をもってして屈服させる手段に出る。戦闘員に唇を奪われ、体中をいやらしくまさぐられるシャドーウーマン。しかし、必死に屈辱に耐えるも、エネルギーを吸う蟲や振動を発する球などで体中の敏感なところを責められては、やはり女として生まれてきた体の仕組みを呪うしかなく、敵の前でイカされてしまう…。さらに、牛山や戦闘員に犯され、その秘部の中にたっぷりと大量の精液を放出されてしまう…。果たしてシャドーウーマンはブラックアイズを守り通せるのか?人間のプライドを守り通せるのか?

アーマードヒロイン緊縛破粋ドミネーション −ANGELA−
《 Anti crime for Next Generational Exterminate Lady type Armor 》通称《ANGELA》。それは【対犯罪者駆逐用次世代女性型アーマー】と呼ばれ、極東開放秘密裏【FELS】によって極秘裡に開発が進められてきた。ところがある日起こった未曾有の内乱未遂事件「アロンダイトの惨劇」を機に開発は頓挫。開発責任者であった眞城賢治は姿をくらまし、手柄を焦った警察はANGELA開発に協力したという事実だけをもって賢治の恋人でもあり、警察官でもある剣真結を逮捕。わずか4週間の裁判の結果は懲役217年。そう…真結は帝都重犯罪刑務所に服役中の囚人だったのだ。あの日までは…。「事件の首謀者が誰なのか、君は眞城賢治とどのような関係だったのか…私に興味はない」突如真結の前に現れた謎の男エックス。恋人の濡れ衣を晴らし、何としても彼を見つけ出したい…そして真結は引き受ける。ANGELAを装着し、帝都の治安を守ることを。手始めに着手するのは《ハウンドウルフ》と呼ばれる媚薬の販売ルートの解明。しかし捜査のため潜入をした先になぜか情報は漏れていた…裸同然のレオタードと純白のアイマスク姿で緊縛されてしまう真結。そんな彼女の前に現れるのは黒マスクの漆黒の男たちだった…。満を持してANGELAへと変身を遂げる真結。しかし、それは地獄への序曲でしかなかった…漏洩された情報をもとに、いとも容易くANGELAの基本システムを打ち破ってしまう男たち。文字通り裸同然と化したANGELAを襲う銃器ドミネーション。対戦車ロケット・時限爆弾・手榴弾…黒くすすけアーマーがみるみる破砕されてゆく。高圧電撃・ヘッドアーマー爆破…そしてむき出しの女と化した。真結を見舞うバラ鞭。ラオの巧みな指使いに心ならずも何度も何度もシオを吹いてしまう。そしてついに…。負けるな!僕らのANGELA!!![BAD END]

ヒロイン拷問 〜テイルズアフロディーテ〜
「そなたたち二名のうち、より武功をあげた者に最高元老院入りをしてもらう」…いよいよ自らの地位固めのためのバトラーとファルカスの熾烈な戦いも中盤。今回のターゲットはテイルズ第五の戦士・テイルズアフロディーテ。仲間の治癒を専門とする癒し系魔法の名手に対し、二人はハナから相手になどしていなかった。大事なことはただ一つ【どちらの方がよりこのオンナに苦痛を与えられるか】そして男のエゴを満足させるためだけの残酷すぎるゲームがついに幕を開ける。先攻のバトラーはTAの美しき巨乳を徹底的に破壊。注射器を差し込み電撃を食らわしさらに乳房を焼き尽くす。戦意を喪失しボロ雑巾のように醜く焼けただれた乳房を弱々しく見つめるTAに治癒武器をわざと与え傷の回復をさせるファルカス。「…フッ。まるでガキの遊戯だな。リセットボタンでやり直し…か?」TAの治癒能力すら彼らにとってはゲームの余興に過ぎないのだ…。後攻は静かなるサディスト・ファルカス。バトラーとは真逆の羞恥アプローチがTAの心を徐々に侵食してゆく。酸に皮膚を焼かれ、得体の知れない器具を恥部に突っ込まれてしまう…。「こんな仕打ちを受けるだなんて…これなら…これなら死んだほうがましです!」TAを人間テーブルにし酒を傾ける男たちに共通する心変わり…TAを陥落させた武功をなぜか互いに譲るふたり。そう…彼らの美学こそは強い者しか自らの手柄にしないという確たるポリシー。TAはそれにすら値しないと判断されてしまったのだ。そしてTAを待ち受けるのはあまりに残忍な終焉…。「我がヴァスティナーブに…栄光あれ!」二人が口を揃えて唱えた瞬間…さあ!?どうなる!?テイルズアフロディーテ!!??[BAD END]

巨大ヒロイン(R) 快楽人形化計画
遥か10万光年の彼方から新天地を求めてやって来たサラロム星人。地球という惑星を発見し、早速、怪獣を使って侵略攻撃。しかし地球にはエキサイトレディーという守り神がいた。怪獣をピンチになりながらも倒す様を見て、サラロム星人はエキサイトレディーを靡下に従えようとその科学力に物を言わせ、地球防衛機構に所属する変身前のカタリナという少女を拉致し洗脳する。エキサイトレディーとなり、地球上の都市施設を破壊する映像を見せることにより、強烈な性的興奮が脳内を刺激する装置にかけられたり、彼女の性感帯を刺激して、脳内エクスタシー物質が分泌されると、逆に破壊してしまうというバーチャル洗脳のあげく、彼女は実際に破壊行為を行うと強烈な快楽が脳内を支配するという状態に追い込まれるどころか、破壊行為や性的行為を絶えず行い続けなければならない「快楽人形」にされてしまうのだった。サラロム星人の支配下に置かれた彼女は地球上の都市を徹底的に破壊し続けるのであった。[BAD END]

ヒロインパンチラ
【宇宙捜査官アリー篇】アリーは宇宙捜査官シェイザーの相棒。宇宙凶悪犯罪者集団ボラストス一味を追って地球にやってきた。敵を追い詰めたシェイザーとアリーであったが、今回の敵は一筋縄ではいかなかった。敵を捕らえる罠を仕掛けるシェイザーとアリーだったが…。【BAD END】【マツナガ・マキ篇】マツナガ・マキはスーパーロボット・ジェットガロンと共に戦うSSP(シークレット・サイエンス・ポリス)の一員。地球征服を狙う肉面党の陰謀に立ち向かう。肉面党の破壊ロボットにより街がピンチに陥ってしまいジェットガロンが出撃するが、肉面党の重電磁波に捕らわれて操縦不能になってしまう。敵アジトにある重電磁波装置のメイン回路を破壊するためにSSP隊員たちは出撃するのだが…。【BAD END】【葵七海篇】葵七海は宇宙侵略大軍団ガジューマの一味に対し、チャージマーメイドに変身して戦うチャージマンの一員。ある日、街に現れた宇宙怪人に襲われている人を助け戦い、怪人を退ける七海。助けた相手を見ると、どこかで見覚えがあるような顔の男性だ。男は七海の幼馴染のアキオであった。転校して離れ離れになってから久しぶりの再会である。後日、七海の同僚、鳳真央に促され、アキオとデートに出かける七海。七海は、アキオを守るため戦おうとするのだが…。【BAD END】【ディアナ篇】ディアナは宇宙の悪の軍団マーラーに滅ぼされたクリトリー星の生き残り。幼馴染のスペルマンとともに地球に侵攻してきたマーラー軍団と戦う女戦士だ。戦いの中でマーラーのメカ怪人メガポイズン怪人の攻撃でスペルマンが毒に侵されてしまう。このままでは24時間以内に彼の脳が死んでしまう。解毒剤を求め、ディアナは秘境の森へ向かうのだが…。【BAD END】





〜 インターネットでキャッシング 〜 キャッシング・ローン比較

動画 アダルト動画 ライブチャット