ヒロイン H動画


TOP >>> ヒロイン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35



タイトル
紹介
新・帰ってきたスーパーヒロイン マグナマン 後編
ヒュダリアン女王に呼び出された銀河の傭兵 ブンドリ魔王。だが、やつにはマグナマン壊滅の他にもうひとつの狙いがあった…。一方、女王に刻み込まれた快感が疼きだし、毎日凌辱される夢を見るマキは精神的に疲弊していた。パトロール中に、ヒュダラー一族の戦闘員を発見したマキはあとをつけ、戦闘状態に!!しかし、弱っているマグナピンクは力を発揮できず、ヒュドリア将軍に痛めつけられ、絶体絶命のピンチに陥った!!しかし、他のマグナマンメンバーを手引きし、撹乱させたブンドリ魔王がピンクを救出しヒュダラー一族のアジトが記されたチップをピンクに与える。やつの狙いはいったい何なのか?!アジトに乗り込むピンクを迎え撃つヒュダリアン女王のレズ凌辱!!何度も絶頂を迎えるピンク!!マグナマン派は世界を救えるのか?!ピンクは女王の快感刺激から抜け出せるのか?![BAD END]

高飛車ヒロイン羞恥責め
今日もお茶の間に流れるお馴染みの顔。帝都テレビの人気ニュースキャスター・霧島エリカの裏の顔は人知れず悪を討つ正義のダークヒロイン・レディーミラージュその人。「私を舐めるんじゃないわ!」を口癖に高圧的で高飛車な攻撃が今日も火を放つ。そんなある日、それまでにない強敵の出現に相撃ちとなりながらもそのまま気を失ってしまうLM。そんなナイスバディーのスーパーヒロインを物陰からひそかにうかがう下級戦闘員がいた…数日後、収録終わりのエリカを呼び止めるのは万年ADの山本大樹。煮え切らない大樹の態度にイラだつエリカ。大樹をいつものように怒鳴りつけようとした彼女の眼に飛び込んだものは!…バカにしていた相手に罵倒され、弱みを握られてしまう屈辱…それは恥辱的な命令へとつながってゆく。オナニー視姦・愛欲フェラ・口内射精。ついに大樹から自分がLMである証拠を奪還することに成功したエリカ。しかしそんな彼女を待ち受けていたのはなんと…こともあろうに自分の看板ニュース番組【ニュース・アクティブ】での全世界衛星生中継による痴態ショーだった…!淫語ナルシスト原稿読み・オナニーアクメ我慢・電マ羞恥ショー・羞恥ポージング遠隔バイブ連続アクメ…いったいどうなる!?僕らのレディーミラージュ!!??[BAD END]

ミスエクシード総集編
仮面とハイレグの人気ヒロインの魅力を凝縮&超結集!!ミスエクシードばかりを詰め込んだ総集編が登場!仮面に隠された素顔の中で悶える吐息。レオタードの極薄生地に栄える肢体をご堪能ください!!

レンジャーピンク(変身前) ドミネーション編 凌辱編
【ドミネーション編】敵基地への潜入に成功したレンジャーピンクこと桃井レン。敵の情報を盗みとった瞬間いきなり響き渡る警告音!焦るレン!!脱出を試みるも目の前で閉まってしまう扉…その時、噴出す煙…罠にはまったレンは煙によって意識を失ってしまう…。意識を取り戻し立ち上がるレン。その時何者かの声がする。「君とこれからゲームをしましょう!今から現れる怪人と戦い勝つことができたのならあなたを解放しましょう!健闘を祈る!!はっはっは!!!」襲い掛かる怪人!レンは変身し、怪人と戦おうとする。しかし、腕にいつもあるはずの変身ブレスレットが無くなっている。レンは襲い掛かる怪人と変身できないまま戦わなくてはならない!!怪人に痛めつけられていくレン…彼女は最後の切り札を使い怪人を…。【クリトリス責め編】拘束され身動きの取れないレン。目の前に現れる下級兵士達。彼らは身動きの取れないレンの敏感な部分を弄くっていく。果てしなく続くクリトリス責めに彼女は吐息を漏らし、腰をビクビクとさせていく。そして、彼女は下級兵士達によって…。【凌辱編】新たな怪人が現れレンの体を嬲っていく。クリトリスを散々弄くられ敏感になっているレンの体は少し触られただけでも激しく悶えていく。その時、目の前に映し出される長官。長官の声を聞き我に返るレン。長官は苦しそうにしているレンを心配する。「ほらっ!我慢しないとお前が感じていることが仲間にばれてしまうぞ!」怪人はレンを辱めていく。長官に悟られたくないレンは必死に耐える…。しかし、ついに我慢しきれなくなったレンは長官が見ている前で絶頂を迎えてしまう。そして、怪人の肉棒によって犯されていく。【くすぐり拷問編】両手を吊り上げられた状態で拘束されているレン。そこへ現れる下級兵士。「お前の仲間はお前の事を見捨てたみたいだな…もう必要の無くなったお前は我らの玩具となるのだ!はっはっはっ!!」レンを玩具にしていく下級兵士達。彼女は下級兵士達に全身をくすぐり続けられ壊れていく…。

ヒロインキラー 〜徹底討伐〜4 ウィングピンク
結界の張られた街で仲間との接触もできずにウィングピンクこと美空桃香は次元伯爵バディスと一人で戦っていた。強敵であるバディスはウィングピンクを容赦なく甚振るが、彼女が女である事がバディスの油断となりウィングピンクは大逆転の勝利をする。彼女は自分が戦士として成長したと慢心の毎日を送っていた。だが、バディスは瀕死の重傷から科学の力でロボバディスとして甦り、ウィングピンクへの復讐を誓う。次元魔獣との戦いの最中ロボバディスは現われウィングピンク美空桃香に徹底討伐を始める…!桃香は自分が強くなったというのは自分の自惚れだったとボコボコにされぶっ飛ばされて気付くのだった。彼女は恐怖し失禁する。ロボバディスは美空桃香を徹底的に甚振り討伐し最後は電磁ペニスを美空桃香の性器に挿入し100万ボルトの電流を流し処刑するのだった。[BAD END]

ヒロイン大輪姦 スーパークイーン
地球から300光年離れた辺境の星ヌードル、この星は250年前、宇宙の開拓者たちに侵略された忌まわしい過去を持つ星だった。ネイティブヌードルの因習を今も受け継ぐこの星に悪霊怪人モンスーンが現れ村人が次々と惨殺される。壊滅状態のこの村に唯一残された希望…それこそが正義のヒロイン、スーパークイーンなのだ!村長のサマンサは村の若人、ウーラを使者として地球へ送る事に。新聞記者であるアスカは「辺境の星ヌードルを救うスーパークイーン」の特ダネを口実に使者のウーラと共にヌードルへ…。生贄を餌に悪霊怪人モンスーンをおびき出す事に成功し、スーパークイーンの活躍でモンスーンを退治する事に成功したヌードルの村人だったが、ヌードルの忌まわしい秘密を暴かれる事に恐れた村人たちはスーパークイーンを輪姦し、村の守り神として調教しようと画策する事に…。[BAD END]

ヒロインぶっかけ凌辱 セーラードルフィン
セーラー戦士の一人、セーラードルフィンに的を絞った幹部コーラルは、怪人テンタクルを送り出す!妖気を感じたまりもが向かうと、そこには不良たちが倒れている。その時!まりもの首に触手が巻きつく!触手攻撃で危機一髪のまりもは、セーラードルフィンに変身する!形勢逆転したかに見えた戦いの最中に、先程の不良たちがドルフィンを押さえつける。そう、コーラルは不良たちを洗脳したのである。抵抗出来ないドルフィンはテンタクルの触手に囚われ、体中に溶液をかけられる!!次第にセーラースーツが溶け始める!さらにテンタクルは触手をドルフィンの陰部へと挿入していく!!初めての感覚に朦朧とするドルフィン!力を出し切れないドルフィンの前にコーラルがやって来る。そしてドルフィンを拘束し、凌辱を開始するコーラル。ドルフィンの口から吐息が漏れ、テンタクルの液体で敏感になった身体はビクビクと感じてしまう!さらにコーラルは、ドルフィンの精神を破壊すべく洗脳した一般人を使いドルフィンの顔に精液をぶっかけさせたのである。屈辱に打ち震えるドルフィンに対してテンタクルの溶液が絶え間なく降り注がれるのであった!!![BAD END]

新・帰ってきたスーパーヒロイン マグナマン 前編
マグナマンに数々の作戦を邪魔されてきたヒュダラー一族では、強力な催眠波を操る人間パイソンを魔物マインドラーに改造し、彼の呪いで人々を苦しめる作戦が実行されていた。マグナピンクことマキ以外のメンバーも呪いに苦しめられ、今まさに彼女もマインドラーに打ち倒されそうになったその時!!マキの美しさがマインドラーの中に残っていた人間の心を動かし、彼はトドメを刺さずに去っていった…。仲間たちの呪いを解くためにもマインドラーの正体を探るマキ。だが、彼女の前に現れたマインドラーは念動力で彼女の自由を奪い、催眠術で気絶させ、自らの隠れ家に連れ去るのだった。マキの美しさに心を奪われたマインドラーは、自分に従えばマグナマンを壊滅させてもマキだけは生き永らえさせてやると条件を出すが、誰のものにもなるつもりはない!!とマキは強く抵抗する。マキの体を弄ぶマインドラーは氷の刃で体中を刺激していく…。しかし、一刻も早くマグナマンを壊滅させたいヒュドリア将軍に邪魔され、マインドラーは反逆の罪で斬り殺されてしまう。マキを始末しようとするヒュドリア将軍にヒュダリアン女王からテレパシーが届く。「そやつに私の刻印を埋め込むのだ…」刻印を埋め込まれたことでマキは女王とつながれ、女王のねっとりとした快楽責めの餌食となっていく…。[HAPPY END]

スーパーヒロイン絶体絶命!! Vol.49
正義を心から愛し悪の権化魔族を憎む美少女戦士セーラーエルメス、師でもあり姉とも呼べるセーラーファルセットに心身とも鍛えられ、セーラー戦士達の調和をもたらし地球に真の平和をもたらす運命にあるセーラー戦士だ。セーラーファルセットは罠にはまり大切な仲間を殺してしまう。彼女の罪の意識は、心の隙を与え魔族長エリピアに洗脳され魔女メタメレイアとなってセーラーエルメスに襲い掛かるのだった。手ごわい魔獣に胸のクリスタルを破壊され絶対絶命の窮地に落とされ犯されてしまうセーラーエルメスは性洗脳され肉体は崩壊し魔族に忠誠を誓ってしまう。哀しいセーラー戦士達の愛憎劇が展開する…[BAD END]

ヒロインイメージファクトリー53 アンドロクロス
誰にも邪魔されずに、ヒロインを独り占めしたいアナタへ…!!「ヒロインイメージファクトリー」シリーズ第53弾!!背後から首を絞められるアンドロクロス!!胸を揉まれたり、ワキを舐められたり、口にボールギャグを噛ませられ、電マで責められたりします。

ヒロイン凌辱 Vol.68 SPANDEXER The MASK
10年前に最愛の夫を亡くした三姉妹の長女ムーンエンジェル。シングルマザーとして一人娘を育てながら異星人の侵略から地球を守るスーパーヒロインとして戦う日々に、その肉体は疲労の極致にあった。その日、宇宙監視機構からの出動要請に飛び立つ彼女を待ち受けていたのは極悪異星人兄弟のシグマとオメガ。痛手を負う身体で闘うムーンエンジェルに最強の敵。スパンデクサー凌辱と殲滅の祭典が始まる![BAD END]

ヒロインバトル チャイナヒロイン レイラ
悪の組織「死神帝国」と日夜戦う麗羅。彼女は死神帝国にさらわれた父の行方を追っているのだ。父に掛けられた身代金は100万ドル。なんとか自力で救出するが、脱出する方法が麗羅にはない。そこに地下プロレスの首領・闇のプロモーター「ミスターエックス」があらわれ、地下プロレスのスーパーエキシビジョンマッチ「ブラッディーサバス」に参加し、勝ち抜いて優勝すれば父の身代金がわりの賞金100万ドルが稼げると話をもちかける。だが試合に負ければ、男は死、女は筆舌に尽くしがたい程の凌辱を受けることになるという条件があった。それでも凶悪な男レスラーを次々と撃破し、遂に決勝戦へ駒を進めた麗羅。しかしプロレスとは名ばかりの殺し合いに麗羅は力尽きてしまう。その後の凌辱は目を覆わなければならない程惨めなものであった。[BAD END]

スーパーヒロイン危機一髪!! Vol.53
オメガ星のプリンセス、スパンデクサーは地球ではスーパーヒロインとして悪と戦っていた、そんなある日地球が突然氷河期になるという異常気象が起きる。それは氷の惑星パルナスからやって来た悪の帝王スノーザが地球をパルナスと同じ氷の世界にするための恐るべき謀略だったのだ!スパンデクサーはスノーザの居場所をつきとめ戦いを挑むが、銀河最強と言われる戦士、スノーザに軽くあしらわれてしまう事に。その時、危機一髪のスパンデクサーに強力な助っ人チビリンが現れ共にスノーザに立ち向かう。しかしスパンデクサーはクリープナイト鉱石から造られた狩猟網にかかり捕獲される。力が弱ったスパンデクサーはスノーザに凌辱され拷問を受ける事に。果たしてスパンデクサーは地球を救う事ができるのか![HAPPY END]

グラマー仮面大参完 神面幸二 最後の闘い!の巻
5人の姉妹たちがグラマー仮面として捕らわれた!学園長からも認められた男装女生徒「神面幸二」は、柔道部顧問の猛烈教師「花田」が沙耶に特別講習と称した破廉恥行為から救おうと挑むも逆に屈辱的敗北から撤退。後を追うサド教師たちの前に現れた最後のグラマー仮面。疾風のヌンチャクが唸り一網打尽。しかしそれはすべて学園長が仕組んだ卑劣な囮作戦だった!![BAD END]

セーラーファイターズ 触手怪人丸呑み凌辱消化地獄 前編
セーラーファイターズの一人、セーラーフレアが行方不明になった。ありす(エリアス)とヒカル(シャイン)が捜索を開始する。すると、ありすが辿り着いた場所に、妖魔・デストマが現れる。そしてデストマが差し出したものは、フレアの遺品のブローチであった。怒りが込み上げるありす。変身してデストマに攻撃を加える。しかし、デストマの触手により捕らえられてしまう。必死に振り解こうとするエリアスにデストマの液体が降り注がれる。その液体を身体全体に浴びてしまったエリアスのセーラースーツが溶け始める。さらに触手はエリアスの口、そして陰部に進入する。ヒロインとしての強い心が折れないエリアスに対して、デストマはフレア同様、飲み込んでしまう。デストマの胃袋で更に触手凌辱を受けるエリアス。セーラースーツはボロボロである。一方、エリアスの異変を感じたヒカルはようやくエリアスを飲み込んだデストマを発見し戦う。苦戦しながらもデストマの弱点を集中攻撃していく。すると、突然デストマが苦しみだし、エリアスを吐き出したのである。一命を取り留めたエリアスは!?そして二人の運命は如何に!![BAD END To be continued]

女戦闘員PLATINUM Tango
世界征服を目論む悪の組織「ナラク」は、対抗する正義の戦隊トライレンジャーにことごとく計画を阻止されていた。もともと悪の組織の幹部だった蜂女怪人ルガールは、作戦失敗の責任を負わされ、海外支部からやってきた女改造人間カルラの計画により処刑されてしまう。が、辛くも一命を取り留めたルガールは、自分を捨てた組織とカルラを憎み、復讐を誓うのだった。ルガールの思惑通りに一見ことが運んでいるようにみえたのだが、それもつかの間、謎の女戦闘員が割り込んできてナラクの組織は混乱を極めるのだった。それぞれの思惑の犠牲となり、物語の陰でひたすら儚く散ってゆく女戦闘員たち。彼女達は、今日も必死に目立たず倒されていく、まるで花びらが散るように…[BAD END]

KUNOICHI 焔 討伐編 オナニー編 失禁編 凌辱編
【討伐編】魔変化の法で敵忍を蹴散らす「焔」!しかし、禁断の法である魔変化の副作用で痛む心ノ臓。苦しむ焔の腕に突如絡みつく触手…痛む心ノ臓に耐えながら何とか腕に絡みつく触手を解こうとするが、更に飛び来る触手に両腕とも掴まれ動きを完全に封じられてしまう。敵忍は禁断の魔変化の巻物の在り処を聞き出すために焔を痛めつけていく。絶体絶命の状況に焔は痛む心ノ臓に耐え再び魔変化の法を使う。触手の主を蹴散らす焔…。しかし、そこへ現れる敵首領…焔は再び使用した魔変化の副作用で思うように体が動かず捕らわれの身となってしまう。拘束された焔を痛めつけていく敵忍。「魔変化は禁断の法…貴様らに渡してなるものか!!」口を割らない焔に敵首領は…。【オナニー編】「お主、自慰をしたことはあるか?」焔に問う首領…。「な…何を言っている…そ…そんなこと…」首領の問いかけに顔を赤らめ顔を背ける焔。そんな焔に首領は呪いの縄人形を使い強制的に焔に自慰をさせていく。「み…見るな…」敵忍達に自慰行為を見られていく焔。そして、指は敏感な部分へと達し更に刺激する。敵忍達が見ている前で淫らな声を出していく焔は遂に彼らの前で絶頂に達してしまう。自慰によってネットリと濡れている焔の指先…そして、陰部から床に溢れこぼれ落ちた液体…。そこへ伸びていく触手…。現れる触手の主!「貴様は?!倒したはず…?!」愕然とする焔に首領は告げる「あの程度ではこいつは死なん!しかも、女の体液をすすることで力を増していくのだ!!」その言葉に焔は…。【失禁編】魔変化の法の在り処を喋らない焔に薬を投与する首領…。体の異変に気付く焔…。「どうした?体をモジモジさせて」首領の問いかけに「な、なんでもない…」自らの異変を首領達に悟られないように振舞う焔…。首領はそんな焔を嘲うかのように告げる「少しばかり尿意を催す薬を投与した…小便臭い幼子ならすぐに放尿してしまう薬だが、お主ほどの強者ならば簡単に耐えることができるであろう!はっはっはっ!!」しかし、徐々に尿意は焔を苛む…耐える焔の腹部を押していく首領。必死の抵抗も空しく焔は敵の前で失禁をしてしまう。「まさか、幼子でもあるまいて!はっはっはっ!!」恥辱に苛まれる焔…。「人前で失禁してしまう淫らな女の素顔を見てやろう!」焔の覆面に手をかける首領…そして…。【凌辱編】魔変化の巻物の在り処を吐かぬと言うのなら貴様の体液を全て頂こう!やれっ!!」敵忍に体を弄くりまわされ陰部から淫らな体液を出してしまう焔…。その体液を蝕む触手…。呪いの縄人形によって体の自由を奪われた焔は何度も何度も敏感な部分を責められる。その度に淫らな体液を流していく…。終わらない陰部への刺激に体をビクつかせる焔…。首領は触手怪人に命令する「お前の性器で直接、体液を吸い取ってやれっ」その言葉を聞き抵抗しようとするが、縄人形の呪いによってそれは叶わず触手怪人の性器によって姦通を許してしまうと…。

アイアンハート
地球のパワーを集める装置アース・コレクターを装着して、アイアンハートという強化スーツを装備することが出来る須田杏は、一人でそのスーツの完成を進めていた。アイアンハートは、杏の父須田博士が仲間の桐田博士と共同で開発したスーツ。アイアンハートは完成に近づいていたが、スーパーパワーをもつスーツの使い方をめぐって様々な問題が起きていた。杏は、父の意思である正義方向での使用を模索しているが、その力を軍事的に利用しようとする者たちが次々とアイアンハートを狙う。彼らは、アイアンハートの力を戦争で利用しようと考えており、それによって世界を支配しようと考えていた。杏は、アースコレクターを守り、アイアンハートが悪用されて人々が苦しめられないためにアイアンハートを装着し一人悪に立ち向かうのだった。そんな中、アイアンハートの共同開発者である桐田博士の息子ウィッパーが現れ、アース・コレクターを分析して作り出したメタルスーツ、アイアンゴッドを誕生させる。[BAD END]

ヒロインイメージファクトリー54 セーラールージュ
誰にも邪魔されずに、ヒロインを独り占めしたいアナタへ…!!「ヒロインイメージファクトリー」シリーズ第54弾!!巫女姿で触手に陵辱されているシーンやカメラ目線のオナニーシーンなど見所満載!じっくりとご堪能あれ。

セーラーファイターズ 触手怪人丸呑み凌辱消化地獄 後編
ブローチを失ったありすの看病をするヒカル。自分がどうすれば良いのか…。その時、ありすから言葉をかけられるヒカル。「戦って!私は大丈夫、ミンナを守るために」ヒカルは戦いを決意しデストマと戦う!しかし、デストマの得意とする触手攻撃でピンチに陥るシャインであった。ブローチを取り戻すために、一か八かの賭けに出たシャインは、デストマを挑発してわざと飲み込まれることに!シャインは胃袋の中でブローチを発見するも、触手に囚われ窮地に陥ってしまう!そんな状況を察し、病魔に侵されたありすがデストマの元に!変身出来ないありすはデストマとの戦いに敗れ再び胃袋に!!デストマの胃袋で再会した二人は脱出を試みるも思う様に行かず苦しむ。そんな時、シャインが自らのブローチをありすに託す。パワーをもらったありすは、セーラーエリアスに変身して脱出に成功する。仲間のパワーをもらったエリアスの前に立ちはだかるのはボスのダークウィン!全ての力を出し戦うエリアスであったが敗北を味わう事に。そしてシャイン、エリアスは!!![BADEND]

色仕掛けヒロイン
宇宙機捜ディアーナはパートナーの男性宇宙機捜ルークバンとこの星の平和を守っている。ガーラーの戦闘員が集まる場所に単身乗り込んだディアーナは女の武器「色仕掛け」を使いガーラーの戦闘員・怪人を追い込むのだが、相手の目的を聞き出せないまま相手を倒してしまうのだった…反省するディアーナはルークバンと仲間割れの芝居を打ち単身ガーラーのアジトに乗り込む事を決意した。見事ガーラーのゼロデビル将軍を誘き出し秘密基地に潜入することに成功…得意の色仕掛けでゼロデビル将軍を手玉に取ろうとするのだが、潜入捜査がばれ捕まってしまうのだった…なんとか見張りの戦闘員を色仕掛けで倒し脱出する事には成功するのだが…ガーラーの魔の手がディアーナを襲う…ディアーナの運命は如何に…[BADEND]

キモオタ集団 ヒロイン体液・体臭採取地獄
ネット動画に映る一人の美少女戦士…悪と戦うピュアセイバー。その姿を盗撮し動画をアップし興奮している二人の男…撮影を終え帰ろうとした時、彼らは見てしまう。そう!ピュアセイバーが変身を解くその瞬間を…。制服からピュアセイバーの正体がエレガンス学園の女子生徒だと断定した男達は学園のサーバーにハッキングし、ピュアセイバーの正体をつきとめ…ある計画を企てる。ピュアセイバーこと白鳥美汐が帰宅中に悲鳴を聞きつけ現場に急行すると、一人の男性が暴漢達に襲われている。美汐は男性を助けようと暴漢の攻撃をかいくぐり男性のもとへとやって来る。「大丈夫ですか?」「あ、ありがとうございます…白鳥美汐ちゃん!」何故か男性は自分の名前を知っていた。おかしいと思った瞬間!自分の口を塞ぐ布切れ、何故か遠退いていく意識…美汐は意識を無くすまいと必死に変身アイテムのピュアブローチに手をかけるが…。男達に捕らわれ拘束された美汐…彼女が意識を取り戻すと何人もの男達が自分の体を弄っている。嫌悪感を抱く美汐の前に現れる神と名乗る男達…。自分がピュアセイバーであると悟られ動揺する美汐に彼らは独自の理論を展開する。[BADEND]

ヒロイン洗脳 聖戦美少女アルテミスZ
女捜査官ハルカは凶悪サイボーグウルギアスに襲われ瀕死の重傷になるが星野博士によって救われ、サイボーグ戦士・アルテミスZに生まれ変わり悪と戦う事に。そしてついにウルギアスと対決を迎えるがウルギアスが仕掛けた電磁波によって機能停止状態になりウルギアスに捕獲されてしまう。脳内麻薬エンドルフィンが無ければ苦痛に襲われるウルギアスはアルテミスZをメス奴隷として支配するために洗脳を開始する。洗脳マシーンによって意識を支配されたアルテミスZはついに星野博士を手にかけてしまう。最後の手段、生体エナジー集積回路のリミッターを解除し反撃に出ようとするが、体内に侵入したナノマシーンにより身体の自由を奪われ、ウルギアスの命令に抗う事が出来なくなり、ついにウルギアスのアレを自ら咥えだすアルテミスZ…[BADEND]

ヒロイン討伐42
電波妨害され仲間と通信不能となった“ナイトフィーバーファイブ”の紅一点ミスエクシードは、たった一人で戦っていた。戦闘員を倒してゆくミスエクシードの前に怪人が現れ、怪人のスライム攻撃で視界を奪われた彼女は窮地に落とされる。首をロープで絞められもがき苦しむミスエクシードは辛うじてアジトから脱出するが、敵はしつこく彼女を追いかけるのだった。野外においても必死に戦うが両手足を引っ張られボディーブローを連打され、再びアジトに連れ戻されハード鞭責めで強化スーツをボロボロにされる。さらにミスエクシードは電気ショックで泣き叫び傷口にスライムをかけられる…しかし、ボロボロの彼女にもう一度変身するチャンスが…!外に出て仲間との合流を目指すが、怪人との戦いで力尽きてしまう。ミスエクシードは悪の組織のボスの前に連れてこられ、今まで必死で戦っていた事が無意味だった事を思い知り絶望する。彼女は巨大生物に飲み込まれ、強化スーツをすべて食べられ哀れな全裸となり永遠に晒される…。

ヒロイン生贄3
竹刀打ち、ハードスパンキング、人体実験で性器をいじくられ悶絶するハルカ嬢。屈辱の小便姿まで見せてしまい最後は狂ったように腰を振り、あえぎ声をあげながら朽ち果てる…。知的なバイリンガルの女がいやらしく変貌する様は興奮!

ヒロイン生贄4
艦長にまで昇進した天才少女ルリ。天才ゆえに、ある男から怨みをもたれ容赦なき復讐をうける。オマンコにバイブ、股縄に少女の顔は嫌がりながらも恍惚に…。しかし無理矢理小便までさせられ、そして浣腸で糞をブリブリと排泄する。天才少女ルリの顔は苦悶でゆがむ…。

ヒロイン白目失神地獄 美少女仮面オーロラ編
2309年、人口増加と資源不足に悩む未来政府は、犯罪要素のある人間を産まれた時に特定し下界に落とした。下界で生き残りゾンビ化した修羅と呼ばれる人間達はクーデターを起こしタイムマシンで現代にやって来た。目的は犯罪要素識別システムの発案者の抹殺…。未来政府はこの陰謀を阻止するために、正義のエージェント美少女仮面オーロラを現代社会へ送り込む。ずば抜けた戦闘センスで修羅達を倒し下界の皇帝を追い詰めるが、皇帝の力は彼女より強かった。未来政府を憎む下界の皇帝はオーロラを殺さずに何度も何度も失神させる。ドミネーションによる白目失神と失禁、白目失神した顔に精液をぶっかける修羅…。そして、未来のために戦うオーロラはもう一度、皇帝の激しい攻撃に耐えるが、立ったまま白目失神する。白目失神するオーロラを犯す皇帝。挿入中に目を覚まし抵抗するオーロラだが、容赦ない皇帝の激しいピストンに、またも白目失神してしまう。彼女は中出しされ満身創痍となり白目でのアクメ顔を晒してしまう。最後は全裸にされ、電気拷問での白目失神。彼女の任務は完全に失敗するのだった…。【BAD END】

ヒロイン凌辱 Vol.34 ガードレンジャーイエロー
ガードレンジャーのコアなファンである一般人たちに催眠をかけられ体を弄ばれてしまったガードピンクの桃木さゆりは、凌辱されている場面を隠し撮りされ、その素材をネタに脅されてガードイエローを呼び出してしまう。激しい敵との戦いの直後に連絡を受けたガードイエローの黄崎かおるは、戦いで疲れている体をおしてピンクのいるであろう現場に向かった。マンションの一室にたどり着いたかおるだが、ピンクはそこにいなかった。ピンクを心配するかおるが部屋を出ようとしたそのとき、いきなり背後から襲われる。待ち構えていた一般人たちだ。抵抗するガードイエローのかおるだが、なんとそこには悪の組織ダロンの戦闘員も混ざっていた。戦いの直後で力を発揮できないかおるは、多勢に無勢で取り押さえられてしまう。かおるはしょうがなく変身ブレスレットに目をやり、変身しようとするのだが…果たしてガードピンクはどこに?そしてガードイエロー・黄崎かおるの運命は…[BAD END]

ガデス 討伐編 電マ責め編 凌辱編 ふたなり編
【討伐編】次々と現れるバケモノ達を倒していくガデス…しかし、戦う度に激しくなっていく動悸、息切れ…全てのバケモノを倒しきると消失するマスク…。しかしその時、彼女の首に鎖が纏わりつく。彼女を嘲うかのように現れる新手。奴等は彼女の力が弱まる時を狙っていた。鎖で首を絞められ、何度も何度も殴られていく…そして、体の自由を奪われ電撃によって…。【電マ責め編】そこには気を失っている彼女が映し出されている…そこへ気味の悪い姿をした者達が入ってくる。すると、体の自由を奪われた彼女の体を振動器具を使って弄り始める。敏感な部分を刺激され必死に耐える彼女も徐々に声を荒げていく。体に得体の知れない何かを塗りたくられ、敏感な部分を刺激されると更にその声は激しくなり遂に…。【凌辱編】度重なる責め苦によって弱っていくガデスの体を愛撫していくバケモノ…ガデスはその愛撫に悶え苦しんでいく。そして、拘束を外されると必死に立ち上がり反撃を試みる…。しかし、彼女にはもう反撃する力は残されてはいなかった。体を棒で殴られ乱雑に乳房を揉みしだかれていく。抵抗しようとすると殴られ、体を弄り回されていく…。【ふたなり編】犯され続け放心状態の彼女。頭に機械を付けられ、気味の悪い生物を性器に挿着され、薬を投与され、電撃によって刺激を与えられる。すると彼女は股間部分に違和感を感じていく。見ると何かが自分の股間部分に現れている。バケモノにそれを刺激されると自分のモノでは無いはずなのに激しい感覚が彼女を襲う…。そして、直接触られていくと我慢し切れず淫らな声を出していく。バケモノに無理矢理、腕を掴まれ自分で扱かされていく彼女。扱き続けると今までに感じた事のない感覚が彼女を襲い手の動きを止める…しかし、バケモノに無理矢理刺激されると激しい吐息と共に自分の中から白く濁った液体が放出される。何度も白濁液を放出した彼女の肉棒にバケモノは細い棒を近付けると尿道に…。

ドギーイエロー 討伐編 電マ責め編 ふたなり編 凌辱編
【討伐編】行方不明になったドギーピンクの捜索をして見つけ出したドギーイエロー。だが、それは女宇宙犯罪者カミュラスの罠だった。不意打ちで首を絞められ囚われたドギーイエローは、カミュラスの弟たちにボディブローや鞭打ちの拷問を受けて、エネルギーを吸われてマスクオフになってしまう。さらに殴打や鞭打ちを受け、コブラクローで胸や股間を責められ気絶してしまう。だが責めはそれで終わらず、踏みつけ、背骨折りなどでさらに責められ、再び気絶してしまう。【電マ責め編】満身創痍のドギーイエローは、電マで胸や股間を責められイッてしまう。【ふたなり編】弟たちに下ごしらえをさせたカミュラスは、魔力でドギーイエローにオチンチンをつけていたぶりはじめる。股間を責められ、イエローのあそこから我慢汁が溢れ出る。カミュラスはそれを美味そうに指でぬぐって舐めてから、次に我慢汁でぬらした指をイエローの口に強引にいれてこねくりまわす。そしてイエローの我慢汁がまざった唾液を美味そうにすすり、そのまま唇を蹂躙するのだった。カミュラスに弄ばれオチンチンを硬くしたイエローは、オチンチンをあらわにされてしゃぶられ悶え泣く。そして、カミュラスの手コキで射精してしまい、自分の精液を口移しで飲まされるのだった。【凌辱編】カミュラスたちに弄ばれ動けなくなったイエローは、さらにカミュラスに責められる。強化スーツの上から乳首を弄ばれ、上半身をあらわにされ、乳首や脇の下を執拗にしゃぶられる。これまで経験したことのない刺激に喘ぎ泣くイエロー。カミュラスは戦闘員を使って犯させて、自分は犯されて感じているイエローの口、胸、脇の下を執拗になぶる。上半身と下半身を同時に弄ばれ、イエローは何度もイカされ、壊れてしまうのだった。





〜 引越し一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット