バラエティ H動画


TOP >>> バラエティ 1 2 3



タイトル
紹介
古今亭菊六「火焔太鼓」
古今亭菊六『火焔太鼓』商売が下手な道具屋さん。貧乏でいつも女房に愚痴を言われてばかり。ある日勝負をかけて古臭い太鼓を買ってくる。こんなもの売れるわけがないと女房に怒られる。しかし店先でほこりをはたいているとお大名の目に止まり、屋敷に持ってくるように言われる。実はその太鼓は「火焔太鼓」という世に二つという名器であった。昭和の名人古今亭志ん生の十八番。孫弟子の菊六が現代に受け継ぎます。

古今亭駒次「公園のひかり号」
役目を終えた新幹線ひかり号の車両が遊具になっている公園。たかし君がある日遊びに行くと、車掌ごっこをしているおじいさんがいた。仲良く遊び始める二人。楽しい日々が永遠に続くと思っていたが、別れの日はごく間近に迫っていたのだった。思い出をいっぱいに乗せたひかり号はどこへ旅立って行くのか。公園のひかり号を舞台にしたハートフルコメディ。古今亭駒次「2009年東西若手コンペティション」グランドチャンピオンに輝いた壮大な新作落語。

古今亭菊六「短命」
伊勢屋に若くて美しい奥様がいる。しかし、来る亭主来る亭主みんな早死にをしてしまう。どういうことかと八っぁんが隠居に聞くと、どうやらセックスのやりすぎで死んでしまうらしい。直接言うのも気が引けるので、遠まわし遠まわしに言おうとするが、勘が悪くてとんちんかんな受け答えをしてしまう。ようやく気付き、家に帰るとそこには女房がいて…。

古今亭菊六「豊竹屋」
豊竹屋節衛門は大の義太夫好き。朝から晩まで目の前の出来事を義太夫にしてしまう。ご飯を食べながら味噌汁を飲みながら。奥さんはあきれ顔。そこに口三味線を得意とする男がやってきて、掛け合いで義太夫をやることに。その義太夫の間抜けなこと。古今亭菊六2009年NHK新人演芸大賞受賞ネタ。

あした順子・ひろし「米寿漫才」
「首投げ」で一世を風靡した元祖・どつき漫才「あした順子・ひろし」の全てをここに集結!あしたひろし米寿記念。最近は高齢のためめったに寄席出演することもなくなってしまった。元気に漫才をしている最後の作品になるかもしれない。





〜 原付・バイク保険一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット