ノベル H動画


TOP >>> ノベル 1 2 3



タイトル
紹介
フェチ2 表の記憶
主人公・諏訪吉雪(名前変更可能)は全国ネットTV局『北半球テレビ』の人気プロデューサーである。新社屋への移転を控え、まもなく取り壊される旧社屋を歩き回りながら、ここで過ごした日々を思い出す諏訪。駆け出しのAD修行、難問山積みだったディレクター時代、地位と責任のプロデューサー稼業。そして当時付き合っていた女性達の、面影。紫煙に霞む涙。笑顔の陰の涙。顔も見ずに伝えた、別れの言葉。裂いた絆、裂かれた絆。何もかも、取り戻せない過去の残り香。思い出へ変えざるを得なかった、記憶。煙草を燻らせながら、諏訪はひとときの回想に沈んでいく。甘く、また苦い、追憶。

淫縛家族
主人公舞阪崇(まいさかたかし)は、至極普通の家庭の長男として育てられていた。表向きは何の問題もないごく普通の家庭に見えるが…その裏で、崇は姉に性的な虐待を受けていた。ただの悪戯にしては度の過ぎる姉の行為に、崇は過敏に反応してしまう…。そして、彼は禁断の感情を抱き始める自分自身を嫌悪していた。そんなある日、崇に『本当の親』から手紙が届く。そこに綴られていた内容…それは、『舞阪家とは血縁関係がない』という事実。覆したくとも疑いようのない真実が、一夜にして暴露されてしまった瞬間だった。支えになっていた家族の喪失…それと同時に、呪縛から解き放たれたという奇妙な解放感…。その夜、いつものように姉に呼ばれた崇は、ついに復讐を決意する。狂った情念の赴くままに義姉との禁断の行為に及ぶ崇。崇の瞳からはすでに理性の光は失われていた。それからというもの、崇は昼夜、場所問わず姉を辱める。やがてその狂った欲望の矛先は、母にも…そして自分を慕ってくれていた妹たちにも向けられた。欲望にまみれ、陵辱の限りを尽くす崇には、道徳心の欠片も残っていなかった。そして崇は、今日も怯える家族を縄で戒め、白濁で汚し尽くす。陵辱の際に、用いられる『束縛』の道具は、何を意味するのか。心の何処かで、家族との離別を恐れるのか。それとも嗜虐に歪む狂心の現れか…。

なみだ橋をわたって
三輪正吾は、明るく朗らか……というよりはおちゃらけの過ぎる少年で、悪友たちやクラスメイトたちと毎日を楽しく過ごしている。しかし正吾には、誰にも明かしてはいないがちょっと人とは違う能力が備わっていた。人には見えないものを見てしまう『目』である。この世ならざるものが見えてしまう目。正吾は、漆黒の闇のような少女を見かける。楽しかったはずの毎日が、次第に不穏な空気をまとい始める。それでも正吾は持ち前の明るさで、そんなものは吹き飛ばしてしまうつもりだった。そんな正吾を取り巻くのは、3人の少女。ソフトボール部のエースにして、正吾のことを嫌っている同い年のイトコ。家に匿うことになってしまう、記憶を失ったらしき正体不明の少女。学校はおろか町の人間で知らない者はいない、呪い師の家柄の先輩。正吾は自分でも気付かないうちに、1人の少女に深く心を惹かれていくことになる。それが、自分の「命」を脅かすものだとも知らずに――少女との恋が、愛が、そのささやかな時間が、深く心に染み渡る――残暑にきらめく静かな町で、ちょっと不思議で、とても愛おしい物語が幕を上げる。

堕楽
主人公のシンジは私立学校に通う2回生。親友のサトシの勧めで、彼と一緒に星が丘学園に進学した。通学の為両親から離れてアパートで一人で暮らしている。成績は中の上、特に問題行動を起こした事もない。部活動はせず、授業が終われば真っ直ぐに帰宅する。取りたてて目立つ事も無い平凡な一学生だ。だが、シンジは他人には言えない秘密があった。自らが主導権を握り、女性を陵辱するという状況でしか性的な興奮を得られないのだ。その為、性的な欲求を十分に満足させる事が出来ず、胸の内にはどろどろとしたものが溜まっていた。サトシから女性のリストを渡されたのは、ちょうどそんな時だった。目の前にいる女性を力で陵辱する。欲望にまかせその肉体を弄ぶ。本能のおもむくままに嬲る。これまで何度も想像してきたこと。決して許されない行為。その時彼はポツリと言った。「欲望のままに自由にオンナを犯す……そういう事ができる場所があるよ。」今まで一度も見た事がない顔をした、サトシが言った。「君は秘密を守れるかい?」





〜 車検一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット