ノベル H動画


TOP >>> ノベル 1 2 3



タイトル
紹介
僕は天使じゃないよ
舞台は震災の影響まだ色濃い大正末期から昭和初期の東京…希望に満ちた華やかさもいつしかズルリと腐り落つ。出口の見えない不景気とジワリと近づく軍靴の響き。時代はくだんの『漠然とした不安』にドロリと沈み込みゆく。社会不安は知識人に重大な知性の危機をも引き起こした。深刻な自己喪失に直面した彼らは刹那の刺激に逃げ場を求める。麻薬のように刺激を渇望し、酸鼻極むる倒錯の世界へ身を投じる男女の狂態。不安を仮面に隠した紳士淑女が群がるサドマゾ恍惚の宴。打てども打てども、この絶望は消えぬ。ひたすら堕ちゆく、投げ込まれし小石の如く。甘美な『死』の誘惑と、苦渋に満ちた…しかし決して捨てえぬ『生』への執着。表裏一体の自己愛と自暴自棄。退廃の鈍い光に照らされ浮かび上がる、エゴの歪みのグロテスクな美しさを見よ。悦虐の果てに魂の救済はあるのか?人間の業に刃を突き立てるSMゲームの新しいアプローチ。表現の全てが未体験の世界。退廃に彩られた絢爛なる舞台。まるで踊るように人物が絡み合う。彼らのたどる数奇な運命。醜悪さに潜む背徳的な美しさ。反道徳的であることへの快感。初めて体験する混乱と興奮。徹底した唯美快楽主義。

フロレアール 〜すきすきだいすき〜
「燈台守」の青年ジャン・ロタールと、彼と一緒に暮らす少女メルンが送る日常を描いた物語。潮騒が聞こえる。開け放った窓からは、潮と新緑の香りが微風とともに舞い込んでくる。穏やかな春の陽光が部屋に差し込んでくる。平和な春の日々。そんな日常の中を、ジャンとメルンは生活している。一緒に食事をし、他愛のない会話をし、ふざけ合う、平和で平穏な生活。ここ何年か続くそんな日常に、ジャンは満足していた。ジャンは、昔受けた心の傷を癒すためにここにいる。けれど、その傷は、ふとしたことで再び傷口を広げる。傷を癒し、幸福な日常を維持することができるのか。それとも、広がった傷口……精神の負荷に耐えかねて、メルンをも巻き込んで破滅するか。その境界は、微妙で微細だ。そして、その境界上に、ジャンは立っている。優しく日常を逸脱する、リリカル・ラヴストーリー。

ホシツグヨ
俺が住むのは、単線が1本あるだけで他には何もない小さな町。いや、耳が潰れるほどにやかましく鳴くセミたちもいたか。俺・高村由利は、この町で姉のほのかと二人で暮らしている。天体観測が趣味で、将来宇宙飛行士になりたいと考えている、平凡な学生だ。この町は何もないが、それだけに空が綺麗で、夜になると満天の星空になる。特に、裏山にある池の畔で見る光景は、どこの空にも負けないぐらいの光景だ。澄んだ水面が星空を写し、宇宙にいるような気分になる。今日も、星を見るために裏山へと足を伸ばしてみたが、俺しか知らないはずの秘密の場所には既に人影があった。和服を着て雰囲気は違っていたけれど、彼女はクラスメイトの九龍明日羽に間違いない。しかしそこにいた彼女は、普段の内向的なお嬢様ではなかった。那美。そう名乗った彼女は、嘲りにも似た微笑で俺に告げる。「その瞳、大事にするが良い。遠からずおぬしの運命に関わるであろうからな」それが全ての始まり。俺が住んでいた“日常”から“非日常”へ踏み出した最初だった。

memento 少女のカラダに刻まれた、催眠と快楽の記憶
レオニードは北欧のとある寂れた街で探偵業を営んでいた。ある日、覆面の女性が1人の女の子を連れて彼の元へやってくる。「彼女にかけられた催眠を解いて欲しい」畑違いの依頼内容だと断るレオニード。しかし覆面の女性はRevolverを取り出すと、それをレオニードに向ける。「今し方、1人殺してきた所だ。聞き入れられないのなら、貴方もここで死ぬことになる」やむを得ず、レオニードは盲目の少女の催眠を解きに掛かる。彼女の記憶を取り戻していくウチに、一つの大きな真実に行き当たる。

ONE2 〜永遠の約束〜
俺――貴島和宏は夏休みの終わりに単身赴任中の父親の元に引っ越してきた。訪れたことのない町、名前も知らなかった学校、誰ひとりとして知り合いのいないクラス。俺はそこで新しい生活を始める。初めてのことばかり――だけど、ありふれたどこにでもある学校生活の中で、俺は思いもしなかったことを経験することになる。――人を好きになり、そしてその相手を失うことを。

夕緋ノ向コウ側
私立創陽学園のオカルト研究会に所属する森口和人はある日奇妙な夢を見る。そしてその夢を見た日を境に身の回りに起り始める不可解な出来事。それら不可解な出来事に見え隠れする、“夕日の少女”という創陽学園に伝わる怪談めいた都市伝説。それは魅入られた人間を異界へ引きずり込むというものだった。そして、ついに彼らの前に“夕日の少女”が具現する。都市伝説“夕日の少女”に伝わる“最後の日”には何が待ち受けているのか。はたして彼らは都市伝説の怪異から逃れることができるのか。―イザナウハ緋色ノ異界ノ物語―

ろーでび 小悪魔的偏愛論
関東近県にある地方都市、天満市。御厨こずえ、くるみら、登場キャラクターの多くは、元譲学園という中高大一貫校に通っており、そこはローデビル1の舞台になった妙才学園の兄弟校でもある。私立校だが、偏差値は標準程度。ごく普通の共学校であり、活発な部活も特にない。主人公である下級悪魔のクレムシャンティーは、この町で修行を積むために降りてきた。クレムの目的は、人間の煩悩パワーをステッキにできるだけたくさん溜めてくること。煩悩パワーというのは、人間が世俗的な欲望、特に性欲を感じたときに発散されるオーラのようなもので、悪魔たちにとってはとても便利なエネルギー源。しかし、修行を積むために来たものの、逆に御厨家の姉妹にいいようにあしらわれ、しまいにはHなことなども強要され…、彼女たちの煩悩パワーは集められるものの、こんなことでは修行にはならない!さらには悪魔払い師の霧子まで絡んでさあ大変。クレムは無事、修行を終えてレベルの高い悪魔になることができるのか。それとも…。

JKと淫行教師〜夜回り先生編〜
主人公は某校教師。その学校では教師達が交代で夜の繁華街を回り、生徒達が非行に走らないように注意や指導をしていた。どちらかと言うと後ろ向きな主人公は、その役割を適当にこなしていた。ある夜、繁華街で自校の女子生徒を見つける。話を聞けば、母親が再婚して、自分の居場所が無いという。その場に置いておく訳にもいかず、自宅へ連れてくる。食事の後、くしゃみをする生徒に風邪薬を渡すが、薬を飲んだ生徒は、疲れもあったのかすぐに寝てしまう。その無防備な寝姿に欲情の炎を燃え上がらせてしまう主人公。教師と生徒の越えてはいけない一線。主人公の葛藤の夜が始まった。

JKと淫行教師2〜痴漢電車編〜
主人公は某校教師。毎朝満員電車に揺られて憂鬱に出勤する日々。ある日、駅に止まった時、すぐ近くで搾り出すような女性の大声が響き渡った。「この人っ…痴漢です!!」痴漢?どうせ手がちょっと当たったとかそんなのだろ、朝から憂鬱にさせるなよ…。と思っていたらびっくり。声を上げた女子校生が掴んでいたのは俺の腕。えっ!?俺!?俺が痴漢っ!?「ちょっと待て!俺は何もやっていない!!」周囲からの嘲笑と、痴漢を見る嫌悪の目。生き地獄。ギャラリーは誰一人俺を庇ってくれない。駅員も飛んできたが、状況から女子校生の誤解であることが分かる。その時、主人公の中でなにかがキレた。誤解で済ませられる訳ないだろう!主人公の怒りが女子校生へと向けられ、男性トイレへと引きずり込む。そして、主人公による狂育的指導が始まる…。

JKとエロ議員センセイ〜旧家のお嬢様JKを愛人にして〜
主人公は某与党のうだつのあがらない二流議員。所属している派閥は主流派ではなく、地盤も薄く、内心忸怩たる思いを秘めつつ、議員活動をする日々。今回は当選したけれど、次回は……と噂されるような状況。愛人も囲いたいが、そんな甲斐性も無いし……。そんなある日、地方の旧家からの陳情のお願いでひなびた旅館へやってきます。旧家の主人から、なんとかその地方へ交付金を流して欲しいという話でした。普通ならスルーしてしまうような話でしたが、その旧家には美しい娘がいるという噂を聴いていた主人公は一目見てみたいというスケベ心でやってきたのです。交付金を流す交換条件として、その娘を一夜、夜伽の相手として差し出すなら考えない事も無いと伝えた所、それでもかまわないという話でした。そして夜のお相手をしてくれたのは、旧家のお嬢様であるJKの初音。一夜の逢瀬とするにはあまりにも濃厚な体験をした主人公は、再会した時に初音を愛人にすることを心に決め、東京に連れ帰ります。実はその初音は一億人に1人とも言われる究極アゲマンだったのです。エッチをするごとに主人公のやる気は上がるわ、選挙は勝つわ、政敵は失脚するわ……でとんとん拍子の大出世!……となるかどうかはゲームをプレイしてのお楽しみです。

JKとエロリーマン2
主人公は中年間近の独身サラリーマン。姪っ子の「美冬」とのラブホデートが続いているある日、美冬と別れた後、もう一人の姪っ子「愛菜」が待ち伏せていたのです。「美冬お姉ちゃんを返して!」愛菜は、自分の母(主人公の妹)から「ダメな兄」という噂を聞いていたので、美冬が主人公を好きな理由が分かりませんでした。このまま愛菜を放っておくと、美冬との関係が親戚中にバレてしまう。美冬も説得しますが、どうしても愛菜は聞き入れようとしません。ほとほと困った美冬は、最後の手段を思いつきます。「それじゃこれから3人でホテルに行きましょう!」美冬との愛の生活は、終わりを告げてしまうのか?三人の関係は今後どうなるのでしょうか――

JKとエロ医師〜清純美少女JKを言葉巧みにハメたい放題〜
主人公はある産婦人科の中年医師。やってくる患者は普通の主婦妊婦、ヤンママ、更年期障害のおばさん等々。地域柄なのか主人公の好みの若い患者などまったくといっていいほど来ない。そんなある日、珍しく来た現役JKの患者。ここら辺では見掛けないお嬢様学校の制服を来ていた。「産婦人科」という事で、あまり流行っていない、学区から少し離れたこの病院を選んでこっそり来たようだ。しかも、診察時間を少し過ぎた時間に来たので他の看護婦達は皆帰り支度を始めていた。ここ最近では珍しい黒髪のロングヘアで清純そうなJK。しかもまさに主人公好みで可愛らしい。「ここ2〜3ヵ月生理不順で…どこか悪いんでしょうか?」恥ずかしがりながらも、不安な顔で尋ねてくるJK。調べてみると、なんてことはない。思春期特有のホルモンが安定しないが故の生理不順だった。ホルモン剤を投与すれば、すぐに解消するだろう。しかし、ここで主人公の奥底に潜んでいた獣欲が顔を覗かせ始める。日頃溜まっていたストレスと性欲が、今にも爆発しそうだった。今この病院にいるのは俺と、このJKだけ。ならば、ヤルことは……決まっているだろ?

JKとエロ戦闘員〜可愛いあの子は正義のヒロイン?!〜
ドッカーーーーーン強大な爆発と、数秒後に衝撃音と爆風が押し寄せる。「きゃああああ!」さすがのキューティア達もあの爆発をまともに食らったら無事では済むまい。「探せー!」「イー!」怪人イカデーモンの命令を受け、俺達戦闘員は爆心地へと向かう。ガレキの影で気を失っているキューティアピンクを発見。俺達をさんざん苦しめてくれたにっくき敵だ。女の子「う……ん……」胸に輝いている変身アイテムから光が消え、変身が解ける。主「こ、この娘は!」まだ年若い女子校の制服姿のその娘は、オレが毎朝通勤で使っている電車でよく見かけている子だった。老人や困っている人に親切で、痴漢には容赦しないその姿を密かに見守っていた。この娘が、キューティアの一人だったのか。「いたぞー!」その声に驚いて振り向くと、仲間のキューティア達が撤退していた。それぞれキズを負いながら、必死に逃げている。捕まったら、そりゃ俺達の組織に酷い事をされるのは必至だからな。女の子「う……うぅ……」俺は……俺は………………

Inclusion
老朽化のため、取り壊しが決まりながらもいまだ着工されずにいる鳴島団地3号棟。物語の舞台はそんな最近みかけるようになった、日常の風景から始まる。愛犬ガッツとの散歩の途中で出会ってしまった「千紗」。組織に追われ、たどり着いてしまった「龍哉」。見てはいけないものを見てしまった「遥」。大切な欠片を探し続ける「史佳」。真実を手に入れたかった「喬」。真実を知りたくはなかった「奈依」。出会いたかった「裕紀」。信じ続けた「佐里」。絡み合い交錯しあう人々の想い。真実の糸。新生ブランド「ブーストオン」が贈るマルチサイトノベルル。

めぐり、ひとひら。
人とはちょっと違うモノが見えてしまう以外はごく普通な主人公。しかしそれゆえ、世間から異端の目で見られることも多く、彼の唯一の救いは妹の「こま」の存在だった。…しかし、その「こま」は今はいない。主人公を守るため3年前に死んでしまったのだ。人生にちょっと疲れて訪れたひなびた田舎町、生業としている絵をのんびりと描く地を探してやってきた。そこで出会ったのが古い寂れた縁結びの神社。その縁結びの神社に祭られている御神体は死んでしまった「こま」に瓜二つだった。縁結びの神、である「由」は主人公の願いである妹との再会をかなえるため、ご進退にこまの魂を封じ込めこまは再び主人公の前に姿をあらわす。そこに主人公を兄と慕う許婚「燕子花こりす」や刀の精やメイドの幽霊などおかしなメンバーが自然と集まり、共同で暮らすことに…。片田舎の寂れた神社で突如訪れたにぎやかな家族のような生活をはじめる主人公。しかしそんな主人公を思いがけない出来事が襲う事になるのだった…。

氷堂伊吹 〜完璧伊吹会長が拘束ドM!?な理由(わけ)〜
氷堂伊吹。容姿端麗頭脳明晰且つ生徒会長の完璧美少女。それが僕の憧れの先輩だ。ここ氷王学園に入学した僕の前に現れた彼女に一瞬で心奪われた僕は、そんな彼女に少しでも近付きたくて、空きのあった生徒会書記にガラにもなく立候補した。運良く他の候補がいなくて書記になった僕は、自分でも驚く程に伊吹会長のためにがむしゃらに働いたんだ。その甲斐あって、彼女の信頼を少しでも得られた僕は、事あるごとに会長のお供をするようになり、そんなある日、旧倉庫の作業を一緒にすることになって……そしてあの衝撃の事件へと遭遇することになるんだ………晴れた昼下がり。生徒会作業として旧倉庫の片づけを伊吹会長とすることになった僕。二人きりの作業が嬉しくて心躍らせながら作業に従事していた僕の前で、伊吹会長は旧倉庫の壁の落書きを消そうと小さい脚立に乗っていた。目の高さに来る彼女の短めのスカートから伸びる生足に気を取られちらちら凝視してしまう僕。作業に集中しなきゃと思うんだけど、すぐ側で無防備つき出されたヒップの丸みに気を取られてしまい……それが良かったのか悪かったのか……神様の悪戯のごとく吹いた突風が、彼女の短めのスカートをふわり浮かせたかと思うと、その下に隠されていた彼女の……そう、僕はノーマルだ。好きな女性だから、勝手に妄想していた。美少女に似合うのは白い清楚な下着。可愛いピンクの下着。恥じらいとともに僕の目に飛び込んでくるラッキースケベ。そんな淡い期待を見事なまでに裏切ってくれたのは彼女のヒップにぴっちりと、纏わり食い込むように覆っていた漆黒の、艶のある、生地だった……それから数日。僕の頭の中は、彼女の丸いむっちりとしたお尻を覆っていた艶のある漆黒の生地でいっぱいになって……悶々としたまま粛々と生徒会作業をこなしていたけれど……今日、思いがけずその正体を知ることになるんだ。

やりたい女 ツンデレ・ティーチャー
主人公、勇次は予備校に通っている浪人生。季節は初夏。いつも受ける英語の春香先生がみょうに厳しい。特に自分だけに厳しいと勇次は思っている。同じ予備校に通う加奈とは、高校の頃の同級生で彼女である。でも、まだHはしていない。早くしたいと思う勇次だが、キスはさせてくれるが、その先は大学に合格してからと言われてしまう。ある日、例によって、春香先生の授業を終えた勇次は、むしゃくしゃして人気のない予備校内で加奈に強引にHを迫る。加奈は仕方なく、口で奉仕してくれた。その現場を春香先生に見られているとも知らずに。後日、春香先生に呼び出される勇次。春香先生の逆セクハラが待っていた。嬉しいような悲しいような。勇次は春香先生の虜になってしまうのか?それと魅力ある春香先生を振り切り加奈の元へ行くのか?いやいや、うまくすれば両方とも?

生娘、
マジメぶった外面とは裏腹に超淫乱な恋人「薫」に嫌気がさしていた矢先、主人公が出逢った清楚可憐な美少女――「瑞穂」田舎から出てきたばかりの彼女は、純真無垢の箱入り娘だった。主人公は恋人「薫」との汚れた関係を捨て「瑞穂」との純愛を目指すが、ことごとく裏目に…さらに、主人公を誘惑する謎めいた女「里美」らを巻き込み、事態は狂気と淫欲に色どられていく。舞台となるのは、とあるミッション系スクール。だがそこに響き渡るのは、祝福ではなく口汚ない罵声、讃歌ではなく美少女の悲鳴。聖なる学びの園は、背徳と狂乱の失楽園と化していく。物語は、悪意と陰謀に引きずられ、破局へと突き進むことに…汚濁と混迷の果てに、主人公が見るも――?人でなし度において前作『逆吊』をも超える、無惨と凌辱の世界に、あなたは耐えられますか…?

逆吊
しかし、最近ではこいつが億劫でならない。とにかく俺の行動をいちいち把握していないと気が済まない、ストーカー寸前のオンナなのだ。 それが面倒で、実は麗奈とは別にちょっと前から榊原美穂と付き合い出していた。こいつがまた軽くていいオンナなのだ。独占欲は皆無、セックス大好きで、もう俺好みっ!俺は、美穂だけと付き合いたい。俺は、考えた…。ダチの仲田に相談して、麗奈と別れる計画を立てたのだ。この仲田、俺が考えていた以上にとんでもない非道なヤツだった。 手始めに、町のホームレスに犯させるなんて、俺にはとても考えもつかないような様々な計画を実行し始めたのだ。オイオイ、やばいって…。そんな折り、麗奈の親友、東丸彩という女がこの事を嗅ぎつけ、俺との仲を元に戻す為に麗奈に色々とアドバイスし始めたのだ。が、俺の気を引かせようと麗奈を仕掛けるもんだから、これがまたこっちには好都合だった。ある時は、教師も加わってすごい数の男の精液を浴びたりして、彩の健気な協力とは裏腹に麗奈はドンドン悲惨に…。彩ってばさぁ…オマエってなんて可愛いんだ!あれっ?俺って、彩の事が好きなのか?極悪「仲田」H大好き「美穂」悲惨な「麗奈」全て裏目の「彩」移り気な「俺」この5人の腐った関係は、いったい何処に向かうのだろう…。きっと…

L"HeureBleue〜ルール・ブルー〜
20世紀初頭−フランスの片田舎。姉妹の前に現れた男。その男、何らかの戦闘に巻き込まれつけられたであろう後頭部の傷によってから…以前の記憶がまったくない。しかし、姉妹はまるで以前からそうであったかのように自宅に迎え入れ、何気ない日常が始まる。そう、男の記憶が蘇えるまでは、実に平凡な日常だったのだが…。久しぶりのHARDCOVERより本格派ザッピングAVGの登場。

こなたよりかなたまで
あまり大きくない地方都市。そこにある一軒家に1人で住んでいる遥彼方。両親は他界し天涯孤独の身だったが、そのことにめげる事無く丘の上の小さな学園に通いながら友達に囲まれ楽しく過ごしていた。ある時、彼の上に思ってもみない事実が圧し掛かる。驚愕し混乱するものの、何とか心の平静を取り戻した彼は1つの決断を下す。可能な限りこの現実を守ろう、と。

円交少女 〜陸上部ゆっきーの場合〜
ゆっきー、いま暇なんだよね?お願いだよ、わたしのこと助けてくれない…?陸上部のホープであった悠希は、怪我により、全国大会への出場を断たれてしまう。気晴らしにと遊びに来た渋谷で、中学時代の友人、真子に再会する。真子は、援交でお金を稼いで生活しているという。ホストの売り掛けを返済するために、悠希は一緒に援交して欲しいとお願いされるのだが…?意に沿わぬ援交に、すこしずつ蝕まれていく少女。止めどない興奮の行きつく先は…?ごく普通の学校生活を行っていた少女、悠希。しかし、ほんの僅かな切欠で、処女の身のまま援助交際に手を染めはじめてしまう。すこしずつ崩壊していく日常。やがて嫌悪感を抱いていた行為が、すこしずつ少女の心を蝕んでいく……。

清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…?
学生時代からの彼氏と清い付き合いを続けている少女、及川美羽。大学に入学したばかりの彼女が加入したのは、インカレテニスサークルとは名ばかりの、関東最凶のヤリサー『ラブオール』だった。証拠写真を撮られ、集団で、彼氏の前で、ところかまわず繰り返される行為。止めどなく与えられる快楽の日々は、少しずつ少女に変化をもたらしていく…

パコマネ 今日から名門野球部の性処理係になります…
性奉仕と快楽に支配された日々が…今、プレイボール!野球の全国大会への出場経験もある地元の名門校、箱峰学院。1年生の伊波咲は、たまたま観戦した試合で興味を持ち、野球部のマネージャーになる。面倒見がよく親切な先輩マネージャーの栗宮希実や爽やかな野球部員達。これからはじまるチームメイトとの青春の日々を期待し、胸を躍らせる咲だったが…『部員が万全の状態でいられるように何でもケアするのが、マネージャーよ』そこに待ち受けていたのは、汗と肉欲の伝統だった。汗臭い部員達を労るため、当たり前に行われる性処理係としての毎日。ところ構わず行われる性奉仕は、処女だった少女に忠誠と快楽を植えつける。歪んだ伝統に翻弄されながら、やがて咲は、心と身体、すべてを部員達に捧げていく…『清楚で真面目な彼女が、最凶ヤリサーに勧誘されたら…』に続き、早くもアニメ化が決定!原画『伊倉ナギサ』とシナリオ『巽ヒロヲ』のコンビで贈る、エロスと倒錯が渦巻く世界をあなたのもとへ。

円交少女2 〜JKアイドル真鈴の場合〜
Jrアイドル業界で、価値があるのはJKまで。18歳でBBA、20歳になったら産廃だ。私は今日、18歳になる。二度と取り戻せない時間が、終わる。私は産廃になりたくない。このクソみたいな世界から一秒でも早く逃げ出さなくちゃいけない。でも、どうやって?

月染の枷鎖−the end of scarlet luna−
「あなたは……誰?」――――。夕暮れ時の砂浜。波打ち際に佇む彼女は、静かにそう言った。これが……彼女との初めての会話――。義父の仕事の都合で片田舎に引っ越しして来た“鏡蓮耶”は、その田舎……波洲美村の風景に馴染めずにいた。歩道は舗装されておらず、田舎道の横に広がるのは大きな田畑。見上げれば山々が連なり、少し歩けば潮の匂いが鼻腔をくすぐる……。蓮耶は隣町の学校に通うようになり、“柊なずな”、“笹百合小夏”、“錦悠莉”と出会う。仲間を得ながら、徐々に村に溶け込んでいく蓮耶。平穏な日々のなかで、蓮耶は一人の“少女”と出会い、彼女と一つの約束を交わす。そして「村祭」の日……いつものように仲間と過ごす蓮耶。そこで聞かされる「村の伝説」。それは、四十四年周期に行われる、神への祈りにまつわる伝説だった。祭りが終わり、静まりかえった神社で蓮耶は約束を果たすため“彼女”の元へ向かう。神社に行き、ようやく約束を果たしたその先で蓮耶が耳にしたものは―――。

ゴスデリ【DL版だけの特典付き】
それは、月の明るい夜のことだった。新米教師である不可咲貴路は、自分のクラスの荒れようを思いながら、失意の中で帰路を辿っていた。しかしその途中で、奇妙ないたずらに出会う。そのいたずらを仕掛けた少女・ローは、自分は人間では無いと主張し、<僕>を見つける旅の最中だと語る。そして、何者かに追われているのだとも。嘘をついているようには感じられないものの、荒唐無稽すぎるその話へ、困惑する貴路。ただ、とにかく夜中に一人で放っておけるはずもなく、少女を交番まで送り届けることにしたのだが…

ものべの DL版
「ここがものべの!?なーんにも無いねぇ」高知の山深い寒村、茂伸村へと六年ぶりに帰省した主人公、沢井透と、ふるさとのことをすっかり忘れてしまったらしい妹・夏葉。都会はおろか、他の人里からさえ隔絶された古びた空気の中、家守妖怪“あかしゃぐま”のすみ、おさなじみのありす、傘妖の飛車角――懐かしい面々との再会は、錆ついていた記憶の時計を動かし始める。大掃除、山遊び、水普請、畑仕事、牛鬼の来訪……少しも変わらぬ茂伸の暮らしを重ねるうちに、やがて、村に伝わる土着信仰“ひめみや流”の夏祭りの夜が訪れる。夜行市ににぎわう境内に響く触太鼓は、祭りのクライマックス“面舞い”の始まりを告げるもの。ちぐらとヒトカタとに守られた舞台に浮かび上がるは、七面頬なる大妖と人間たちとが織りなす歴史。その舞の最中、夏葉は突然倒れてしまう。「おにいちゃん……夏葉……体がヘンだよう」一晩にして十センチ以上伸びた身長、体型の変化、下腹部からの初めての出血。夏葉の体を襲ったものは、まぎれも無い異常成長だった。このまま、異常成長が続いてしまえば……夏葉の命は!)果たして原因は病か祟りか――焦燥の中、すみとありすとの力を借りて、透は、夏葉を救うための手掛かりを探し始める。

春萌
『変わらない景色と、春の呼び声が聞こえる』3月。卒業式を控えたその青年は、彼の最後のフィナーレを迎える事無く田舎へ送還されることとなる。凍るような風に東京からうっかり薄着で着てしまった主人公、藤川通明。そこは北西部の外れにある小さな小さな町。この町に戻ってきたのは実に5年ぶりだった。けれど其処には懐かしい顔ぶれ。「おかえりなさい」「ただいま」何気ない挨拶もどこかぎこちないけど、彼は何処か居心地のよさを覚えた。お姉さん気取り、同い年な幼なじみ。元気と無邪気がとりえの従妹。そして彼の記憶に無い少女。通明はこの地で想い出の少女たちと再会し、或いは出会いそして恋に落ちる。なにもないこの町で、この土地で。そして終わってしまったこの町で…。少女と出会い恋をするあったかくてちょっぴり切ないおはなし。『ここには何も無いけれど、恋愛ができるよ』

寝盗られ女教師 〜美幌先生○×日誌〜
主人公、首藤暁は深い絶望のふちに立たされていた。自身が女神とあがめる女教師、神名木美幌に婚約者がいたことが発覚したからだ。このままでは美幌先生は、どこの馬の骨ともわからない、男のものになってしまう……!!焦った首藤は、藁にもすがるような思いで呪術関係のwebサイトを調べ上げ、胡散臭い男から、《魔導書マビ・ラギ》を手にいれる。ラテン語で書かれたそれを解読してみると、簡単な呪術で人心を思うままに操れるらしいが……?半信半疑のまま、首藤は美幌の姉で、やはり教師である神名木茉莉絵にその呪術をかけてみる。すると茉莉絵は、首藤に命じられるままに服を脱ぎ始め……!





〜 インターネットでキャッシング 〜 キャッシング・ローン比較

動画 アダルト動画 ライブチャット