シミュレーション H動画


TOP >>> シミュレーション 1 2 3 4



タイトル
紹介
すたどる!
いまNIPPONはアイドルブーム真っ只中!全国には所狭しと、ご当地アイドルが活動中で、アイドル群雄割拠の時代を迎えていた!その大勢のアイドルの中に、頂点を目指す5人のアイドルの卵とプロデューサーがいた。彼女らはアイドルユニット『サンクドール』を結成したが、いまいち鳴かず飛ばず。彼女らの将来性を見込んで、ユニットを組ませたのはいいのだが、リーダー不在と彼女らの力量不足が災いして人気低迷中。ここはリーダーシップが取れる人材を決めて育てなくては――そうだ、ファンの人気でリーダーを決定しよう!!個別に全国を巡り、各地でファンを獲得して、ファンに決めてもらおう!俗にいう「アイドル総選挙」だ!かくしてアイドルプロデューサーとなったアナタは、“彼女”をリーダーに、そして世界のトップアイドルに育て上げることができるだろうか?

大悪司
「わかめ組」の次期組長として英才教育を受けてきた主人公・山本悪司。文武両道に秀でて、さらに女をこましていいなりにさせたり、ありとあらゆる悪事を働くが、弱肉強食の世界でそういう行為が当たり前と育てられたので罪悪感は一切無いのだ。プレイヤーはそんな山本悪司として、同業者の他、進駐軍、怪しげな宗教団体や、さらに賄賂を要求してくる政治家達を相手に自分のシマを増やすべく金と部下と女を使い戦後の荒れた土地を奪い合い、殺って、犯って、やるまくる!! 最終目的はオオサカ統一だ!

DARCROWS-ダークロウズ-
大陸にまたがるコルデージュ平原には五つの国がありました。…オロシャ…アストリア…リクレム…そして特に大きい、レーベンとカルネアという二国は、永く人格者の王に治められ、人々は平穏無事な日々を送っていました。しかしある日、レーベンが突如として均衡を破りカルネア国に侵攻を開始します。二国間の戦争は半年を越えてなお続き、そのさなかカルネア国王ドトールは重い病に倒れました。その日を境にカルネア軍の戦局はじりじりと傾いていきます。近隣国に助けを求めても、レーベンのにらみが強く、どの国も首を縦に振りません。前線では兵たちが疲弊し、もってあと1ヶ月…。王のいないカルネア城で、降伏か否かと、残された王妃と王女たちが困り果てている所に、一人のぼろをまとった男が現れました。彼は8年前、こつぜんと城から姿を消したカルネア騎士団副長、クロードでした。居合せた者たちは、余りにも印象の変わった彼に、いぶかしげな視線を向けながらも、彼の話に耳を傾けます。彼はこの窮地を救うために、他国からの傭兵団を雇う事を提案します。傭兵団ならば、国家の意志とは問題ありませんし、実戦経験も豊富です。金さえ払えればなんら問題はありません。だが、現在のカルネアには、既に傭兵を雇い入れる資金がありません。そこでクロードは、王妃にその身体を使ってお金を得ることを提案します。王妃はその提案を受け入れます。その日から、クロードによる王妃と二人の姫への調教が始まるのでした…。

大帝国
統一宇宙暦0年以前、人類は広大な宇宙のごく一部の星域(せいいき)に点在し、それぞれに独立国家を築いていた。通常航行による他星域への移動には数百年以上の時間が必要であり、他国との接触は事実上不可能だった。統一宇宙暦0年、エイリス帝国で「星域内に存在する不思議な空間」の研究が進み、その空間を利用して他星域へ一瞬で移動できることを発見した。ワープゲートと名づけられたその空間は、それまで孤立していた多くの星域を結びつけた。大航海時代の始まりである。複数の星域を領土とする国家が築けるようになった人類は、侵略や征服、服従や滅亡を繰り返し、星域ネットワーク図――世界地図を刻々と塗り替えていった。そして、統一宇宙暦939年。三つの大国の首脳がそれぞれの理由で戦争を求め、開戦を目論んでいる。世界最大の国家・エイリス帝国の議会では、混乱する世界をエイリスが鎮圧し、統治すべきとする世界管理プランが議決された。世界最古の国家・日本帝国は、長引く中帝国との戦争で疲弊しており、大国から狙われつつある。世界を巻き込む大きな戦火が宇宙に灯ろうとしていた。

大番長
200X年。突如として日本の中心に開いた大穴、通称「魔界孔」。魔界孔の出現に伴ない発生した天変地異により、大地はねじ曲がり、海は分かたれ、日本は列島の姿を失った。時を同じくして各地に現れた漆黒の結晶「Bクリスタル」から発生した、Bパワーは人間の肉体に超常の能力を呼び起こした。能力者は「特体生」と呼ばれ、一般人の恐怖の対象となり、日本は暴力と恐怖が支配する闇黒の時を迎え、諸外国からも隔離された。しかし魔界孔出現から一年後、強力な意志と戦闘力を持った一人の男が、全国の特体生をまとめて学生連合を作り上げ、日本に秩序を蘇らせる。だが、その秩序も仮初めに過ぎなかった…

戦国ランス 廉価版
大陸の東の端にある島国JAPAN。複数の戦国大名が覇権を争う第4次戦国時代の真っ最中。鬼畜と呼ばれ大陸で暴れたい放題をしてきたランスは、魔法使いのシィルを連れてこのJAPANにやってきます。温泉旅行?いえ違います、温泉には行きますが、ランスの目的は、美しいと評判のJAPANの姫や女侍や巫女や女忍者や村娘とかをやりまくる事。特に最大勢力の織田家の香姫を狙っています。ランスがJAPANの世界にやってきて戦うシミュレーションゲームです。

虜囚 -RYOSYU-
人生に失敗し恋人にも逃げられ、絶望した男が自殺を決意する。いよいよ死のうと踏み切りの前に立ったとき、男は見知らぬ女に声をかけられた。女は、男に一粒の薬を渡し「それがいつでも楽に死ねる薬」だという。男は、その薬と引き換えに、女に一人の少女の調教を依頼される。この世に別れを告げようとした男が、隔離された山荘での調教生活を持ちかけられた。用意された山荘に居た調教ターゲットも自殺を考える少女だった。男と違い無理やり連れて来られた少女は、辱めを受けながら気丈にその状況に抵抗した。少女を二週間で堕とせというのが、謎の女から与えられた指示だった。そして、屋敷の地下には調教部屋が……。自ら人生に終止符を打とうとした二人の男女の、調教という名の奇妙な交流が始まる。

虜縛〜背徳のアトリエ〜
裕福な芸術家一家に生まれた倉田章。自らも画家であり、評論家が好みそうな絵を描くことで、生計を立てていた。そんな彼は、ある日、母校の講演会で自分の絵を批判した少女・美咲と出会う。彼女の感受性の強さに興味を抱いた章。父の遺産『緋の女』を自分の絵として取り込むために、美咲の存在が不可欠だと考えた章は、彼女を自分が持つ秘密の別荘へ連れていく。そして、章は彼女をアトリエに閉じ込め、指導をドローイングと称し、美咲を自分の作品とすべく企む。それは、彼女の明暗を描き出したうえで構築し、塗り染める行為であった。

淫虜日記〜少女は如何に壊れたか〜
主人公はリストラの憂き目にあって貯金を食いつぶして暮らしている。就活もろくにしないまま日々がすぎていたが、ある日ひとりの少女・大崎理沙と出会う。死期も近い父親を持つ理沙は、父親の、この世への心残りを断つために主人公に復讐の代行を依頼する。恨みを持つ相手の娘・浅海由梨を陵辱しその成果を見せるというものだった。一週間の期間を与えられ、主人公はヒロインを性奴隷とすべく調教を始める。法外な報酬は、これを成功させなければ自らが犯罪者として糾弾されるというリスクを背負う代償でもあった。主人公には成功させる自信があり、賭ける価値があると感じて理沙の話に乗ることにする。

尊厳破壊〜背徳のリヴェンジパーティー〜
幼い頃両親を無くして、里親に引き取られて育った主人公・博人。里親は、両親の死因が無理心中だったことを知り、博人に辛く当るようになる。学校ではイジメられる事が何年も続いた博人。何度も死のうと思った彼を思いとどまらせたのは、実の両親の死が心中だという事実と、ただ一人彼に優しい、里親の実の娘「真姫」の存在故だった。しかし、博人は真姫の裏切りと偽善を知るようになり、彼を支えるものはなくなった。自殺を計った博人は一命を取り止めるが、脳死しかけた彼は人格がすっかり代わってしまった。しかしそれは、むしろ彼には喜びであった。復讐を遂げる勇気と、武器となる残虐性を与えてくれるものだったからだ。主人公の復讐の矛先は真姫に向かう。モラリストのいい子ちゃん……。彼女の心を自分と同じように壊して同じ闇に引きずり込むため、真姫を拉致し山中に監禁した。昼夜を問わず、過激な責めで「真姫」の精神を苛む博人。真姫の身体は容赦なく傷つけられ、苦痛に満ちたセックスで開発されてゆく。辱められ人格を否定されながらも、真姫は抵抗しモラルを取り戻すことを博人に訴えるが……。背徳とモラルのせめぎあいの果てにやってくるのは絶望か、復讐の成就か。

虜讐〜女学生調教〜
理想を抱き、教師の職に就いた高森燐。しかし、すぐに現実に打ちのめされ、無気力で淡々と教本を読み上げるだけの教師へと変わっていった。ある日、そんな彼を無邪気に慕う水泳部の教え子が、部活中の事故に遭い、頭を打って死んだ。しかしそれは、いじめの結果であることを彼は知る。その事実は緘口令が敷かれ、隠蔽されてしまった。いじめの隠蔽に協力するための取引条件として、燐は学園長の姪を捉え、学園に閉じ込め調教する。それは、腐敗した教育現場に復讐するかのように背徳にまみれたものだった。

3D少女カスタムエボリューション
テックアーツ新ブランド“BULLET”の第1弾タイトルは、3D少女を自分好みにカスタマイズし自由な視点で勧賞したり、デートしたり、少女の体をいじってHしまくる画期的な3Dカスタムシミュレーターです。

Trans"2〜僕とあたしと恋人と〜
大学に入ったことをきっかけに、親元を離れ幼なじみの瑞樹と2人暮らしを始める忍(主人公)。引っ越しの日の晩、新居で片付けをしていた忍は、たまたま開けた瑞樹の荷物から、膨大な量の女物の服や化粧品を見つけてしまう。問いただされた瑞樹は、観念して自らの女装趣味を告白。忍にも女装の楽しみを教え、仲間に誘ってくる。初めての経験に戸惑いながらも、自分を美しく装う快感に目覚めた忍は女装世界の深みにはまっていく。「男」と「女」の二重生活で巡り会う人々。自分の女装趣味を隠しながら送る平穏な生活と偽りの姿であることを隠しつつ送る刺激的な日々。偽りの人間関係を続ける中で感じる罪悪感と、だんだんと曖昧になっていく、性に対する意識。揺れる気持ちの狭間で忍が感じたものは、大好きなあの人への、ただひたすらに純粋な愛だった…

Trans"〜僕とあたしの境界線〜
クリスマスイブ。多くのカップルたちが、お互いの愛を確かめ合いほんのひとときの幸せな時間を過ごす夜。 はじまりは、そんな聖なる夜におきた。これから幸せの時間を共有するはずであった彼女との突然の別れ。部屋に残された、彼女の服。本当に小さな衝動でしかなかった。それまで、こんな事は考えもしなかったし、考えても、ちょっとした軽い考えのはずだった。ずっとそのはずだった。「この服を着てみたい…」しかし、それだけでは衝動はおさまらなかった。「この服を着て、外に出てみたい」「もっと似合う服がほしい」「もっと綺麗になりたい」あふれてくる自分の中の少女のこころ。 社会に認められないがための苦しみ。人々の冷たい視線が少女のこころを男と女の間で揺れ動かす。「もっと綺麗になればいいの?」

癒されご奉仕〜夢の館で賢者タイム!〜
200X年、わが国のアダルト産業は外圧や過激な人権団体によって抑圧され、壊滅の危機に瀕した。その結果、行き場を失った欲望が爆発し性犯罪が年々増加していくことになった。時を同じくして、少子高齢化にともなう労働人口の減少が国際競争力の大幅な低下を引き起こし、世界同時不況の追い打ちによって、わが国は未曾有の危機に瀕していた。その危機の中で人類が生み出したのは生産力を補う最後の希望、『ファーレイド』と呼ばれる人工生命体である!これはファーレイド誕生から、およそ30年後のお話――。『ロナミア』は2ヶ月ほど前に夢の館≠ナ働くことになったファーレイド。ここでの仕事内容は、主に性的なご奉仕である。まだ恥ずかしさを感じるロナミアは、本番経験すらなく不慣れなご奉仕しか出来ないでいたが、それでも同じ夢の館≠フ家族と一緒に、日々を一生懸命に過ごしていた……。

BLOOD ROYAL
『隻眼の悪魔』として恐れられる海賊の主人公。彼の元に、ある日黒衣の女性が訪れ、某国の姫を調教して欲しいと告げる。

EXILE BLOOD ROYALII
貴方は、もうすぐ魔王となってしまう運命の、呪われた王子。その力を恐れた某国の王から、ある日二人の美姫が献上される。姫から「真実の愛」が得られれば、王子は人間に戻ることができるのだが…。

DOUBLE
近未来。天使や悪魔と呼ばれる、羽のはえた人間、ジュエラー(能力者)。彼らによる犯罪が勃発しているという噂がたっている首都、千葉シティ(千葉特別行政府)。主人公は、ADAMAS(千葉防衛学院)に通う、学生である。彼は平凡な毎日を送っていたが、ある日犯罪現場にて1人の天使の少女と出会う……。

Darling〜ダーリン〜
新妻みゆきちゃんと協力してエッチな漫画をつくっちゃお!!貴方は有名なエロ漫画家。 奥さんとの日々のHを漫画にして描きおろし単行本をつくることに!

KYRIE〜BLOOD ROYAL3〜
美姫調教SLG第3弾!!貴方は「銀狼」と呼ばれ、人々から恐れられている軍人。軍命によって、100年に一度あるという『儀式』のために、『天女の都』に招集される。そこで行われる儀式とは、二人の姫を汚し、凌辱・調教することだった…!!※本編には、『対談』は含まれておりません

クリーク・クリーク 〜先生、私も戦います!〜
物語の舞台、備波市は都市内にあった5つの学園を統合して巨大学園都市として整備された街である。各地に様々な学術施設が建設され、国家をリードする人材の育成が期待されていた。しかし、計画は頓挫しかかっていた。本来、学園を円滑に運営するために旧学園の教師間で連携を深めたものがクリーク(派閥)であり、そのまとめ役が教頭であった。学園都市全体を統括する立場としては、「学園統合局」が旧学園長や市長を中心に設立され、運営・管理体制が確立されるはずだった。だが、教頭たちは自己の権力維持のために保身に走り、「学園統合局」内では政治的な駆け引きが行われた。結果として学園にはキャパシティを大きく越える学生が溢れかえることとなった。旧学園の教頭であった“天ヶ瀬彫”は、このことによる教育の質の低下を憂い、教育環境の保護を目的に、施設を無理矢理占領してしまった。この事件をきっかけに、他の教頭たちも互いに争いを始めるようになり、今では争いが日常化してしまっている。これに対して「学園統合局」は、治外法権化して警察の介入が行えない学園に、市長により推薦された“黒川和泉”を新任の教頭として送り込むことで事態の収集を試みるのであった。果たして、この混沌とした学園に秩序を取り戻すのは誰か……?

淫刻の虜姫 〜囚われた没落の姫姉妹、淫教の果てに〜
昔、『伝説の調教師』と呼ばれていた男がいた。彼に堕とせない女はいない≠ニまで言われ、その道で彼の存在を知らぬ者はいなかった。やがてその男も年老いて引退が囁かれ始めた時、彼の口から一つの事実が語られる。「俺の知る調教≠フ全てを記した書を、とある洞窟の最深部に封印した。俺の伝説を継ぎたい奴はその書を目指せ」と。裏世界の野望を持つ男たちは、みんな我先にとその洞窟に挑戦した。だがその洞窟は迷宮になっているばかりか、魔法によって『探索するための条件』が仕掛けられ、さらには魔物までが徘徊するという危険極まりない場所だった。それから五十年。今もってその書物を手にした者は現れず、やがてその信憑性さえも疑われるようになっていた。そんな中、まだ半人前の調教師であるハインは、突然舞い込んだお姫様調教≠ニいう大仕事をこなすため、この洞窟の攻略に乗り出すのだった。

獣ノ躾 〜本能と理性の狭間で悶えるケモノ〜
人と獣人が共に暮らす世界。俺は工芸の才能を生かして、変わった雑貨を売る生活をしていた。便利な道具だと注目され、人並みに慎ましく暮らしを送っていた。しかし、町の支配者達は組織に属さずに名を上げる俺を危険視し、自分たちの安寧のために俺を排除する行動に出た。商売妨害・工具の破壊・商品の窃盗…仕事がまともにできない俺の評判は次第に落ちていき、借金ばかりが膨らんでいった。そして…遂に借金の取立てに奴らはやってきた!奴らは俺の恋人を無理やり犯し、借金のかたに彼女を連れ去ってしまった。告げられた借金の返済期限は1ヶ月。払えなければ、恋人を娼館に売り飛ばし、俺は殺されるらしい…無理だ…仕事すらまともに無い状況でどう足掻いても返せる額では無い。奴らは完全に俺を消す気だ…ふざけるな!!「……絶対に許さない!」だが、金さえあれば俺と彼女は助かる…だったら逆にあいつらの大切な人を攫って犯し、快楽漬けにして娼婦にしてやる!!娼館で客を取らせれば俺の借金は一気に返せるはず…。これは復讐だ!!俺と同じようにあいつらの大切なものを奪ってやる!!

ラブリー・ラブドール
とある2流大学に通う翔平のところに届いた“巨大な宅配便”。送り主の名が、猿股博士であるのを見て、訝りながらも開いた箱からは──“ベッド”とその引き出しの中に入った“少女・アイリ”が現れた。アイリは猿股博士が開発した最新型ラブドールで、独自に開発されたAI機能により思考能力と感情を持つも、ほとんど運動能力を持たない“人形”だった。翔平は半ば無理矢理、この人形の製品化に向けた“様々なテスト”につき合わされることになるのだが、徐々にアイリの見せる感情の色に戸惑いを感じるようになっていく。さらに主人公の従妹・桜 弓音や、猿股の姪で主人公の大学で講師をしているAI研究者・菱形緑子も巻き込んで展開するドタバタ劇と、ちょっとだけせつない(?)物語。その結末は果たして──

メタモルファンタジーSP
ここは魔女や妖精や奇妙な生き物達が共存する魔法の世界、アンゴルノア――と、言っても我々が住む世界とそんなに違いがあるわけではなく、子供達はちゃんと学校に行っているし、大人達だって日曜日と盆と正月以外は勤労にいそしんでいたりする。その上、魔法を使える人も一部の人間だけだったりするし、“ふぁんたじ〜”な生き物達も今や、絶滅の危機だったりする世界。そして、徐々に“本当の魔法”が忘れ去られつつある世界…そんな魔法界アンゴルノアでの憧れの職業ナンバー1はプロの“魔女っ娘”と“使い魔”!魔法の力で、人々を助けてくれる魔女っ娘やその使い魔達は魔法を使えない多くの人達にとって、憧れの的だった。当然、この世界にはそんな人々の憧れを実現してくれる学校だってある。私立聖泉エンゲル魔法学院。プロの魔女っ娘、使い魔を養成するための専門学校である。

英雄×魔王
そこは人間と魔族が存在するファンタジー世界。フィーリス城の主、フェルザーもその魔族の1人である。ある日、うさ晴らしのため一暴れしに行った町で人間たちのこざかしい妨害にあってしまう。フェルザーは、完全に自分の支配下に置くべく、ついに立ち上がる!まず手始めに、すべての人間たちに真の恐怖を植え付けようと計画するが手下の兵はまるで役に立たず、人間にまで負けるというトホホな有様。だがそのとき、城に攻め込んできた女魔族を捕まえて襲ったところ、偶然生まれた子が手下に比べて優れていることが判明。かくして、史上最大の侵略と繁殖が開始されることになるのだが他の地域を支配する魔族や人間たちがこれを黙って見過ごすはずもなく、次々に攻撃をしかけてくるのだ。はたしてフェルザーは、行く手に立ちはだかる魔族や人間を倒し世界を恐怖のドン底に突き落とすことができるのだろうか?

彗聖天使プリマヴェール Zwei
皇帝マルカス・ジェネイルに率いられた悪の秘密結社マルクジェネ。その世界征服の野望の前に敢然と立ち向かった彗聖天使プリマヴェール。悪と正義の戦いは一進一退の均衡を保ったまま続いていた。度重なる戦いにより追い詰められていたプリンス・レオンハルトだったが、プリマヴェールの力の源を抑制する「魔装結界発生装置」の開発により、ついにプリマヴェールを倒し、その一人である花京院サクラを捕虜にする事に成功する。しかし、帰還した彼に皇帝マルカス・ジェネイルが与えた次なる作戦は意外なものだった。完全なる支配を実現するためには、人々の心から全ての希望を奪い去らねばならない。そのためにプリマヴェールを汚し、犯し、屈服させ、その姿を全世界に見せ付けるのだ。かくして、マルクジェネの最終作戦となる「Z作戦」が発動された……。

乙女恋心プリスター
空に光のリングがあり、大地に巨大な城がそびえ立つ、名もない世界。そこには女の子の分身となる不思議な生き物『プリスター』がいる。凶悪な可愛らしさと、特殊な能力を持つプリスターの活躍により、名もない世界に国が生まれ歴史が刻まれていった。古い時代が急速に衰え、緩やかに新時代が変化していく時代……その先駆けとなったのが、リリカルプロダクションが送る『マホウ少女』の存在。マホウと呼ばれる輝かしい力を持った自らのプリスターを繰り、自在に空を駆け、国境を越えて活躍するマホウ少女の姿は、凛々しく美しい新たな時代の象徴となっていた。メディアはマホウ少女たちの活躍を連日取り上げ、瞬く間に世の女の子たちの憧れの的となりそのマホウ少女になるための世界的ビックイベント『マホウ少女決定大会』に、女の子たちはこぞって参加するのだった。大陸にある3つの国からそれぞれ代表チームを決め、決戦の舞台『キンキン城』にて新たなマホウ少女を誕生させる大会。だが、女の子だけではプリスターは輝けない。熾烈な戦いの中では、華奢な身体と心は挫けてしまう。頂点を目指す女の子とプリスターを導く存在、サモンディレクターが必要不可欠なのだ!

幻燐の姫将軍
魔神と人間の血を受け継ぐリウイ・マーシルン。迫害による母親の死、解放と称した人間族の勇者に土地を奪われ、決して復讐を許さなかった父・魔神グラザも倒された。リウイは故郷メンフィルを滅ぼすため闇夜の眷属を率いて残虐の限りを尽くすことを誓うが、彼の前に立ちはだかったのは、人間としてのもう一人の自分だったことを感じた。人間に対する憎悪の転機となったのが、人間族との干渉を嫌った父が、飽くなき名声を欲するままに乗り込んできた人間の勇者によって殺された事件である。これによって、リウイ自身が母親から受け継いだ温もりとこれから出会う愛情との葛藤に苦しみながら、闇夜の眷属を率いて大きな戦いに挑まなくてはならなかった…。

幻燐の姫将軍2
魔族の血を引く半魔人として生を受けたリウイ・マーシルンは、人間族の暴力と勇者の侵略によって両親を失った。その復讐を終えてから四年…。魔族と蔑まれるリウイが王となったメンフィル王国は、カルッシャ王国を始め諸国によって封鎖となる。やがて側近の尽力によって大封鎖は解除に至るものの、和平会談に赴いた先でテネイラ師殺害の罪を着せられるのだった。心の中の光と闇に翻弄されながらも、王として決断を迫られるリウイ。それによって導き出される未来。寄り添いながら見守る王妃イリーナや、時には敵味方になって戦っていく戦士や姫達。幻燐戦争…。後にそう呼ばれる戦いは、カルッシャ王国の姫将軍エクリア・テシュオスに隠された、誰にも明かすことのできなかった真実へと至る。





〜 原付・バイク保険一括見積もり 〜

動画 アダルト動画 ライブチャット